« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

一転、釣れねぇ~っ!@増沢池 with Kさん and 岡ジャミザわさん

NHK風に言うと「大型連休」2日目。昨日は風が強くて竿を出す気にもならなかったが、今日はOK。いつもより早めに家を出る。どうだろう、増沢は混んでるかな?しかぁ~し、9時頃に着いた駐車場で会ったへら師が、今日は人が少ないと言うではないか。好天なのに・・・。まあ、私も好きなところに入れそうなので、グー。急いで荷物を降ろして池に向かうと、橋の上から見て、確かにへら師は10人くらいか。今日は「トロ掛け」をやるつもりで来たが、それでは日向側橋の下(しも)にでも入るとするか。橋を渡り、坂を下りると看板横に1人これから準備をするところ。挨拶して、私は橋の下へと向かう。気温がDscf6979上がらないとの予報?で防寒ウェアを着て来たが、暑い暑い。さあ準備しよう。竿は9尺、餌は、と。そうだ、まずは「グル宙(正しくは短バリスでの両グルテンか)」で様子を覗ってみよう。ハリスは前回のまま。どうせ後半には短くするのだから、今は伸ばさない方がグー(オイオイ)。餌はα21+わたグル+新べらグルテン。段差のバラケも少々。予報どおり風はやや出ている。水は泥色?やや深めの「たな」での開始は9時21分。様子見でウキを見つめるが、全く動きなし。と、ここでKさん登場。鳳来では凸だったとの事。今日は旧流れ込みで深宙をやるつもりだが、風があるので迷っているところ。奥の方へ様子見に行った。さて、開始30分経ってウキがちょっと動き、やったと合わせるが「かじり」。すると、その後はウキが動かなくなる。開始1時間頃に、思い切って「たな」を深くしてみたら、何とウキが動き出したではないか。しかぁ~し、掛かって来たのは今年初めてかブルー。ガクガクッ。さっさとご退場いただいた。その後もしばらくウキは動いたが、全くかすりもしないので、再び「たな」を浅くして行くと、前回終わり頃とほぼ同じ「たな」でウキに動きが。ただ、寄っている感じはなく、あたりらしきウキの動きも断続的でしかも掛からない。まさにトホホが続く。11時頃になって、ウキの消し込みも見られるようになったが、やはりカラ。う~ん、どうしたら・・・。多分午前中のGTなのだろうが、前回のようにはならず首を傾げるだけ。遂に開始2時間が経過。これはどうやら凸まっしぐらか。この時期に・・・?しかぁ~し、神は私を見捨てなかった。大きなあたりでやったとうDscf6980とう掛かりましたよ!う、嬉しかぁ。おおっ、サイズもまあまあではないか。やれやれ、これで後半は「トロ掛け」が出来るぞ(もし凸で終わったら、意地になって後半も「グル宙」いや両グルテンでやったかもしれない)。ただ、その後はやっぱりシーン状態に。残念ながら11時56分にDscf6981餌が尽きて終了。結果、「グル宙」ならぬ両グルテンの宙では実釣2時間半で1匹。これは厳しい。釣り方が合っていなかったのか、それとも状況に変化があったのか(それともアームが・・・)。12時のサイレンも鳴った事だし、一旦休憩してKさんの様子でも見に行ってみよう。うわっ、遊歩道Dscf6982は草ぼうぼうになっているぞ。ちょっと前までとはかなり違う。まさに青葉の季節。Kさんは予定通り旧流れ込みにいた。底でやっているが、餌を忘れたので調子が良くないとの事。深宙まではまだまだか。釣り座に戻って昼食を摂っていると、ザわさん登場。昭和池には1回行ったが、風が強くて竿を出す気にならず、引佐天池でやったとの事。話をしながら、さあ次の準備。予定通り「トロ掛け」で行こう。ハリスを交換して10cm+15cmくらいにセット。餌は特Sのバラケと食用格安トロロ。「たな」は変えずに12時26分に再開。風・波は最初から出ていたが、「トロ掛け」の頃には結構流れも出て来た。それで、何となくウキが動いているように見Dscf6983えても手が出ない。それに、前半で書くのを忘れたが、今日はトンボあたりが連発してイライラも。ただ、それでも開始30分経たないうちに、シモッたウキが小さく入るのを見逃さずに合わせれば、やった掛かりましたよ!これは嬉しいでしょう。ちゃんとトロロを食っているし、サイズもDscf6984グー。更に、1時を過ぎて今度はズバッと入るあたりで2匹目。これこれ、この調子ですよ。このまま行けば・・・と淡い夢を抱くものの、ウキの動きはなくなる。時折あたりらしき動きも出るが、全く掛からないのは「グル宙」ならぬ両グルテンの宙の時と同じ。2匹目から30分以上穴がDscf6985空いたが、ズバッというあたりで3匹目。これは竿先が水中に引き込まれたりして、スレの予感もあったが、上鈎がへらの体に掛かってしまったためだった。まあまあ、「たも」に納まったから良しとしないと。しかも釣れない中、トータルでの第2目標にリーチまで漕ぎ着けたぞ。しかぁ~し、呑んでいる鈎を外そうとしてハリス切れ。ガクガクッ。更にそれをサルカンから切ろうとして上ハリスも切ってしまうアクシデント。まさにトホホ。結局総交換でかなりの時間のロス。しかもハリス段差がそれまでより広がってしまった。すると、モタモタしていたせいか段差の変化のせいか、ウキの動きがなくなって2時。ザわさんは帰った。来週末にB♭でライヴがあるとの事。時間に余裕がある方は是非。お疲れ様でした。さあ、そろそろ午後のGT、何とかあと1匹。しかぁ~し、今日の予定数終了なのか、ウキの動きはなくなってしまった。それでも餌を打ち終えなければと、ただそれだけ(もちろん万がDscf6986一にも釣れればという期待を持ちながら)で餌を打ち続けると、2時半を過ぎて、再びのズバッ!でやった4匹目ゲット!トータルでの第2目標もクリアだ。それからしばらくしてバラケが尽きたので「トロ掛け」は終了。時刻は2時45分。結果、「トロ掛け」では実釣2時間20分で4Dscf6987匹。トータルでは実釣4時間50分で5匹。時間1匹とは、前回の調子は何処へ?こちら日向側は一時期10人以上いたが、今は私とKさんだけ。対面日陰側は15人くらいが並んでいた(最高時は両側で30人くらい)ものの、今は10人はいない。やはり釣れないのか皆さん早仕舞いのようだ。私も終わろう。片付け。いやぁ、サイズはそこそこの地べらばかりとは言え、数が出なかったなぁ。特に両グルテンの宙は時合ではない感じ。次回は「トロ掛け」から始まって、気が向いたら両ダンゴの宙でもやってみようか。片付けを終え、Kさんの様子を見に行くと、片付けの最中。全然釣りにならなかったとの事。どれだけ釣れたのかは聞きそDscf6988Dscf6989びれた。また宜しくとその場を離れ、道具を持って駐車場に戻る。気温が上がって帰りがしんどくなってきた。やはりこれからは日陰側だね。さあ、今日は久し振りのベイシア詣で。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
最近釣りに対するテンションがやや下がり気味
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月28日 (木)

ソナーボール

Sb魚群探知機「ソナーボール」とやらがあるようだ。
ここのブログ()に実際のヘラブナ釣りへの試用(まだ試用の段階)の様子が出ていた。ようつべにも試用の動画がある。
スマホを bluetooth でモニターとして使うようだ。
価格はアマゾンで約1万8000円。懐具合に余裕のある方は是非とも。

以前紹介した「うみなかみるぞう君」もいいけどなぁ。

邪道と言うはたやすいが
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

見に行っただけ@増沢池

今日は曇りで気温がそれほど上がらない。まさに釣り日和なのだが、午後の遅い時間から雨らしい。いつもながらの出遅れで終了時刻が4時頃になりそうなので、万が一雨に降られると傘のない私は困る。それで、止む無く岡ジャミに。
Dscf6975池に着くと、Kさんの車はない。Oさんは車を変えたらしいので、どれかは不明。とりあえDscf6976ず橋まで行って池の様子を覗うと、どうやらOさんはいないようだ。へら師は日向側は橋の上(かみ)に3人だけ。日陰側は5人(後から1人来た)。ちょうど消防車の訓練が始まるところ。ダム?の上でなにやら準備中。そのうち放水する筈。
それでは池を半周して帰るとするか。鶯の鳴き声を聞きながら歩く。途中、池の流れ込み付近で藤の花を見たが、相変わらず写真が綺麗に撮れない。カメラが安物だからなのかは不明。
Dscf6977Dscf6978ツツジはそこそこ撮れた。テクノポリスはもうツツジが満開近い。
さあ、用事も済んだ事だし、帰ろう。そろそろと池を離れた。
 
今週末から世間はゴールデンウィークとやら
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年4月25日 (月)

日向側で前半ダンゴ後半グルテン@増沢池 with Kさん、Oさん and バンビさん?

今日も好天の予報だったが、出遅れてしまい、ついでに途中の郵便局で熊本地震の募金を済ませてからの到着は10時半過ぎ。Kさんの車を見つけたが、はてさて何処にいるのだろう。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、あれれ日向側には橋の上(かみ)にも下(しも)にもたった1人のみ。多分Kさんでは?後は日陰側。私のかつてのいつものDscf6950場所にはいつもの人。ちょうど放流を釣ったところ。これで今日は決まった。暑くても日向側だ。車に戻り、荷物を降ろして橋を渡り、坂を下りて橋の下(しも)へと向かう。あれっ、東屋の真下にいるのはバンビさん?雰囲気といいそっくりだ。向こうもこっちを見ているが、お互い視力が悪いのかハッキリしない。後でメールしよう。荷物を降ろしてから、Kさんの元へ。今日はへらの寄りが悪い。5匹釣ったうち放流は1匹。先日は4時間くらいで地べら15匹だったとの事。それでこちらに来たんですよ。釣り座に戻って、さあ準備だ。あれっ、対面塩ビ管手前はOさんDscf6951では?先日と同じく大きな声を出したくないので、バンビさんと同じくメール。さて、竿は9尺で行く。予定では「トロ掛け」だが、何故か急に両ダンゴがやりたくなった。「トロ掛け」は後半に取っておこう。餌はガッテン単体を作りっ放しで。ハリス長は前回のまま25cm+35cm。「たな」はやや深めで開始は11時7分。ウキの馴染み具合を見ながDscf6952ら餌付けを変えて行くと、開始20分経たないうちに、いきなりウキがズバッ!慌てて合わせればやった早くも掛かりました!しかも地べら。これこれ、これのために暑さを我慢しているんだよ。ウキの動きはそれから出て来るものの、グッと入るあたりでカラとは面白いなぁ。「グル宙」では味Dscf6953わえない。それからしばらくして、またも大きなウキの動きで2匹目をゲットするが、そこからはまさにカラツン天国。クーッ、痺れるぅ。じきに12時のサイレン。休憩のKさんが飲み物を買う途中で寄ってくれたが、残念その時にはあたらず。その後も痺れる展開だったが、2匹目から40分!Dscf6954Dscf6955経ってやっと3匹目。12時半過ぎに4匹目。遅れて来た午前中のGT?何とか第2目標は行けそうだ。しかぁ~し、次第にあたりに合ってもバラシが多くなり、1時近くになってやった第2目標クリアかと思ったあたりは、今日初めてのDscf6956Dscf6957スレ。ガクガクッ。しかも、しばらくして出たあたりで第2目標クリアしたのは、これまた今日初めての放流。ガクガクッ×ガクガクッ。救いだったのは、1時を過ぎてもまだウキが動いていた事。そして1時半までに掛かってきた3匹も地Dscf6958Dscf6959Dscf6960べら。手応えが違う。しかぁ~し、後少しで餌が終わると言う1時半過ぎの「上がりべら」Dscf6961では、おそらく去年の放流か。まあ、掛からないよりはグーと言う事で、1時38分に終了。結果、両ダンゴでは実釣2時間半で9匹(地べら7放流2)。ハリス長をいじらず、ウキも変えず、餌付けだけでの対応。へらの食い気があれば何とかなると言う事(オイオイ)。これ以上釣るにはそれなりの対策が、ね。さあ、急いで昼食。腹が減っては何とやら。続いては「トロ掛け」。いDscf6962や、あれだけのウキの動き、「グル宙」でやったらどうなるのだろう。と、これまた予定外の「グル宙」に変更。ハリス長はそのままと言うのが面白い(釣れれば、ね)。餌はα21+わたグル。バラケはなし。カラツンが出そうな餌だが、果たして。そうそう、12時過ぎにバンビさんからメール。増沢にいるのはご本人ではなかった。失礼しました。Oさんからは返信はなかったが、昼食休憩で対面に行ったKさんからOさんだと知らされた。さて、「たな」も両ダンゴのままで再開は1時43分。どんなウキの動きをするのか楽しみだったが、打ち始めてしばらくDscf6963はシーン状態。既に何処かへ去ったのか。しかぁ~し、そのうち弱くウキがモヤモヤ。そして開始10分ほどでウキがグッと入り、これに合わせて1匹目ゲット!トータルでの第3目標クリア。おおっ、サイズは両ダンゴと変わらないぞ。これは行けそうか。すると、2時を過ぎて「グル宙」のあたりらしきウキの動きが多くなる。が、これに掛かるのがが残念放流ばかり。わずか30分ほDscf6964Dscf6965Dscf6966Dscf6967Dscf6968どで5匹連続(連荘ではありません)の放流(トホホ)。とりあえず「グル宙」だけで第2目標クリアなのだが、地べら狙いで暑さを我慢して日向側に来たのに、最早これまでか。餌の違いが地べらと放流を分けたのか。それとも単にちょっとの休憩中にへらが入れ替わったのか。3時半を過ぎて1回は地べらになったのDscf6969Dscf6970Dscf6971だが、その後は再び放流。気が付けば「グル宙」だけで第3目標にリーチ。だが、放流主体ではなぁ(一応地べらだけでもトータルで第3目標にリーチしていますが、何か)。時間的には午後のGT、何とかもう1匹、いや2匹。3時を過ぎ、Kさんが終了。午後は放流はなかったとの事。明日は鳳来詣でだそうだ。対面Oさん達もそろそろ終了か。お疲れ様でした。残るへら師はこちら日陰側では私1人。対面では橋の真下にご夫婦と浅場Dscf6972Dscf6973に1人だけ。まだ午後のGTは続いていそうなのだが、なかなかあたらず。それでも終了の3時42分までに地べら2匹をゲットとは嬉しい限り。結果、「グル宙」では実釣2時間で11匹(地べら4+放流7)。短いハリスでも釣れたぞ。トータルでは実釣4時間半でジャスト20匹(地べら11放流9)。今が一番良い季節Dscf6974なのかも。片付け。今日は「トロ掛け」をやるつもりで来たが、自分でも良く分からない方針転換だった。まあ、それなりの結果が出たから良しとしよう(ハァ~?)。そう言えば、ハリストラブルがなかったのも素晴らしい。いつもこうならイライラもなくハリスも減らずに済むのに。片付けを終え、車に戻る。今日もベイシア詣ではありません。さっさと池を離れた。
 
これから5月末くらいまでは釣れそうだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月23日 (土)

前半グルテンに後半ダンゴ@増沢池 with 対面にKさん and 午後からじゃがにぃさん

昨日は風が強いとの予報(実際にはそうでもなかった)で見学に留まったが、今日は風がそこそこなので、早起きした事もあってゴー!駐車場着は9時頃か。好天とあって車が多いぞ。あっ、Kさんの車ハケーン!車を停め、荷物を降ろして橋まで向かうと、私の(かつての)いつもの場所が空いているではないか。急いで戻り、日陰側に向かう。先Dscf6908客に挨拶して、さあ準備だ。柳の木の奥にはⅠ尾さんか。私の右、橋の下にも先客。対面坂の下の先客とは知り合いのようで、お互い竿が曲がっている。へら師の多くはこちDscf6931ら側深場整地された辺り。対面橋の下(しも)には2人くらい?もう暑いもんね。Kさんがいたが、対面なので大きな声は出せない。電話を掛けてみると、出られないとのメッセージでガクガクッ。後で掛け直そう。さて、竿は9尺でまずは「グル宙」からやるぞ。前回旧爆釣ポイント(私の左。今日は先客あり)でウキの動きを見分けられなかったので、今日はそのリベンジ。餌もカラツンの少なさそうなわたグル+新べらグルテンで行く。段差のバラケも少々。一応底を簡単に測って、宙である事を確認してから開始は9時27分。先客は底で2匹との事。宙で釣れるか?最初はバラケを付けて打つが、経験上あまり打つと逆にあたらなくなるようなので、しばらくしてウキが動き出したら両グルに。後はずっと両グルで通した。その後開始10分を過ぎ、馴染んだウキの小さな動きで1匹目。サイズも小さめだったが、まDscf6909Dscf6910Dscf6911ずは凸でなくなって気が楽に。更に連荘で2匹目。9時台にはもう1匹追加するものの、先客と同じくそれまでは放流のみ。前回よりウキの小さな動きが見Dscf6912Dscf6913Dscf6914えるので、文句はない。その後10時を過ぎると地べらも出るようになって、10時半までに地べら2Dscf6915匹放流2匹をゲット。まずは第2目標クリア。しかぁ~し、次のバッチリのあたりでは、手応えも充分だと思ったらグーなサイズのスレでガクガクッ。10時半を過ぎてもウキの動きはなくならず、11時までにカラやバラシを挟みながらも放流4匹を追加して数の上では第3目標もクリア。後はどれDscf6917Dscf6918Dscf6919だけ数を伸ばせるかだ。しかぁ~し、11時前に再びのスレ。しかもDscf6920ハリスが絡むトラブル。根気で解いて再開すると、わずかのタイムロスであってもあたりが遠のいて、いつもの穴。バラケを打ちたい気持ちを抑えて打ち続けると、午前中のGTなのか11時20分から30分までの間に4匹をゲット。この調子で頑張って20をDscf6922Dscf6923Dscf6924目指したくなったが、世の中そんなに甘くなDscf6925い。ウキの動きはまだあるものの、ポツポツと2匹を追加した後にスレでまたも穴。その後12時までには1匹しか追加出来ず、グルテンが尽きた12時6分に無念の終了だ。バラケだけが余っているが、省資源釣法でもこれは捨Dscf6926Dscf6927Dscf6929てよう(オイオイ)。何故なら、後半は両ダンゴでやるつもりだから。結果、前半は実釣2時間40分で18匹。私Dscf6930にしては上出来だが、何か工夫すればもう少し釣れたかも(いつものタラ・レバでした)。隣の先客は帰った。竿は頻繁に曲がったが、放流がほとんどでスレが多かったとの事。お疲れ様でした。さて、まずはトイレ休憩。日陰側は寒いのか、今日はやたらと・・・。それから、Kさんに電話。ダメだ、同じ。こちらを見ている様子はない(集中していると思われる)ので、手を振っても分からないだろう。それでは昼食の後に餌を作ろう。しかぁ~し、持っているのは特Sだけだったので、これを単体で。袋に書いてあるような練りは加えず、作りっぱなしに。これを手揉みで調整するつもり。ハリスは30cm+40cmのつもりだったが、出来上がりは25cm+35cmくらい。「たな」は前半と同じで再開は12時21分。すると、へらはまだ残っているのかウキはすぐに動き出す。さすが両ダンゴ。ただ、あたりだしても掛からDscf6932ず。これが両ダンゴのやり方かっ!餌を小さく付けるにはなかり練らないとダメだ。それでも開始20分で1匹目。やっぱり放流かよっ!ただ、その後はカラばかりなので、思い切って少量を小分けにして餌ボウルに押し付けるように練ったものを小さく付けてDscf6933Dscf6934Dscf6935使ってみると、1時を過ぎて何と放流3連荘!とりあえず両ダンゴDscf6936では第2目標にリーチ。トータルでも20を越えたので、良かった良かった。しかぁ~し、それからしばらくして5匹目をゲットするが、ハリスがグチャグチャに絡んでしまった。これはさすがに解けそうにないので、カットして交換すると、やはりのタイムロスであたりがやや遠のいたが、1時半を過Dscf6937Dscf6939ぎてポツポツと2匹を追加。と、ここでじゃがにぃさん登場だ。奥の整地されたDscf6938辺りに行ったので、後を追って写真だけ。釣り座に戻って再開すると、今度はじきにウキの動きが出て来て、2時までに1匹。もう餌は練って使う事にした。たDscf6940だ、餌付けが小さいので、予定より長く餌打ち出来そう(これは良い事なのか?)。両ダンゴを練って小さく付けたおかげなのか、ハリスを詰めたのが良かったのか、午後のGTなのか(おそらくはGT)、その後もウキの動きはなくならず、2時半までに4匹Dscf6941Dscf6942Dscf6943を追加。両ダンゴだけで第3目標クリアと同時に、トータルでも30とDscf6944なった。う、嬉しかぁ・・・。しかぁ~し、2匹を追加した後にDscf6946Dscf6945残りの餌を練る際に手水を多めに加えてしまったのか、餌がちょっと柔らかくなり過ぎた気が。すると、それがすぐに結果に表れ、Dscf6947Dscf6948あたりが遠くなってしまった。3時までに2匹を追加した後は、餌の持ちが悪いのかあたりもなくなってしまい、3時24分に無念の終了。最後の最後にガクガクッが待っていようとは。結果、両ダンゴでは実釣3時間で16匹。トータルでは実釣5時間40Dscf6949分で34匹。内訳は放流26地べら8だった。ココだけの話だが、やっている最中には40を超えているかもと余計な心配?をしていた。まさにトホホだ。片付け。Kさんは帰ったが、話が出来なかったので、メールで連絡しておいた。遠くにいるじゃがにぃさんにもメールで終了を報告。片付けを終え、車に戻る。あたりに合わせる回数が多かったのか、疲れた(いつもの事では?)。今日はベイシア詣ではないので、さっさと池を離れた。
 
P.S.夜になってKさんから電話があった。今日は浅い「たな」でトロ掛けだったが、地べらばかりで放流は来なかったとの事。暑さを我慢すれば・・・。
 
次は「トロ掛け」でもやってみようかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

今日の増沢

今日は予報で風が強いとあったので、とりあえず様子見で午前中は大人しくしていた。
が、午後になってやはり増沢の様子が気になって仕方ない。
それで、気温が上がって暑い中出掛けてみた。
P1000303駐車場には多くの車。Oさん(そう言えば最近車を変えたとか)Kさんの車はない。へら師はどれくらいいるのかな。
橋まで行って池の様子を覗うと、10人くらいなか。とにかく暑いが、とりあえず池の周りを半周しよう。今日は藤の花を見るために、いつもとは逆方向、ダム?方面に行く。
意外と風がなく、湖面の波も小さい。これなら竿を出せたかもとは思いつつも、この暑さではなぁ(傘もまだ買ってないし)。
ダム?まで行って、下流方向に咲いている藤をパチリ。携帯ではうまく映せなかったのが残念。
帰りは坂。ハアハアは言わないものの暑くて汗。
さあ、さっさと帰ろう。エアコンを点けて池を跡にした。
 
真夏のようなムッとする感じ。日陰しか行き場所はない
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

昨日でなく今日にすればまだましだったか@増沢池 with 岡ジャミザわさん

昨日の消化不良に耐えられず、今日は用事があっても何とか時間を作ってやるぞ!って、そんなに熱があったっけ?駐車場着は10時近く。急いで荷物を降ろして池に向かう。今日は気温が上がらないので、日向に行くつもり。橋の上から見ると、日向側には2人くらい?坂の下に1人。日陰側は整地された辺りからワンドに向かって数人。さて、何処に入ろうかな。まあ、いつもながらの橋の下(しも)にでも。坂の下の先客に挨拶して、Dscf6889陣取る。しばらく来ないうちに草がぼうぼうだ。まずは仕掛けが掛からないよう簡単な草刈り。それから釣り台をセット。曇っているが結構暑いぞ。汗が滴るのを拭きながら準備。昨日のリベンジとばかりに竿は9尺、餌はα21+新べらグルテン。段差のバラケも少々。やや深めの「たな」での開始は10時17分。ちょうど坂の下の先客が見えるが、かなりの頻度で合わせていた。空振りが豪快だったが、2桁は優にいっていたと思う。さて、餌打ちを始めたものの、昨日のようにウキは動かない。それでも開始して30分くらいからウキに弱い動き。来たかと張り切るが、ウキの動きは断続的。「たな」を変えるとその都度動くものの、じきにシーン状態。1回だけ軽くスレたが、そのまま11時を迎えDscf6890る。これはひょっとして凸もあり得るかもね。しかぁ~し、時刻は11時。午前中のGTが「♪来るぅ きっと来るぅ~♪」。すると、それは正しかったようで、開始1時間が経とうとする頃に1匹目。しかも地べらですよ。これで一息つけた。その後もう1匹釣れた11時半過ぎにザわさん登場。お久し振りです。GWは仕事三昧だと言う事で、釣りはなかなか出来ないようだ。ザわさんが見ている前で何とか1匹と思っていると、午前中のGTは間違いないようで、ウキは動きDscf6891Dscf6892Dscf6893続ける。そして12時のサイレンが鳴るまでにもう2匹。1匹は放流だったが、気にするな。しかぁ~し、午前中のGTはもう打ち止めなのか、そこからさっぱりの状態に。あたり自体がグッと少なくなった。まだ判断は早いかもしれないが、新べらグルテン入りはバラケが強くて餌持ちが悪いのかもね(ウキは馴染みを出しているので大丈夫とは思うけれど)。後半はそれを確かめるためにα21+わたグルでやってみよう。坂の下の先客は帰った。我々が騒ぎ過ぎたせいかな。もしそうならゴメン。その後、ウキの動きは出て来Dscf6894たが、スレバラシで数を増やせず。開始2時間を過ぎた12時半過ぎにやっと1匹をゲットして、何とか昨日並みの結果に。やれやれ。しかぁ~し、じきに餌が尽き、12時49分に終了。結果、実釣2時間半で5匹。「たな」と餌付け以外には何の対策もない私(ハリス長の変更はあるが、面倒でDscf6895やらないだけ・・・)、後半はどうなるか?と、その前にまずは昼食。それから、予定通りα21+わたグルを作る。バラケはなし。実を言うと、バラケの打ち過ぎではないかと思っているので。ただ、グルテンだけでは何となく心許ない。それでも再開は12時58分。すると、何と言う事でしょう、すぐにウキが動き出したではないか。餌持ちの良さ?それとも坂の下の先客が帰って、へらがこちらに来た?とにかく、こんな嬉しい事はない。ただ、釣れなければ何もならないDscf6896ので、懸命に合わせれば、開始10分で1匹目ゲット。放流だったが気にするなPART2。ここまで放流2+地べら4と好調だが、私の数少ない経験上この餌特有と言っても良さそうな、大きなあたりのカラが出始めてちょっと間が空いた1時半に2匹目はまたも放流。これはマズそうだ。放流がDscf6897Dscf6898寄ってしまったか。しかぁ~し、じきに3匹目地べらをゲットして、まだ地べら優位は続いている。と、ここでザわさんが仕事に戻った。長時間の岡ジャミお疲れ様でした。さあ、トータルでの第3目標にも近くなった。ここからスパートだ。しかぁ~し、次第にウキの動きが弱くなってきた。それで、合っているかどうかは分からないが、餌に水を加えて柔らかくする。もちろんあまり練らずに。かなり柔らかくなってきDscf6899たが、それでもまだグルテンの粘りは残っている。それでかどうかは?ではあるが、2時前にやっと4匹目。単独での第2目標、更にはトータルでの第3目標にリーチ!しかぁ~し、2時を過ぎて掛かって来たのは、サイズは問題ないが何処かを向いている感じ。腹も見えたぞ。「たも」にDscf6900納めたら鈎が外れてしまったのでハッキリしないが、スレでしょう。ノーカウントでガクガクッ。すると、それを機にウキの動きがますます弱まってしまった。時間的には午後のGT、頼む、何とかもう1匹。すると、まさに時合だけの男とは私のためにある修飾語。2時半を過ぎてすぐに5匹目。あっけなく2つの目標クリア!ウキの動きは急に良くなって、今までは一体何だったのかと言いたくなる(言ってますが、何か)。こうなると人間の欲には限りがなく、もっともっDscf6901Dscf6902Dscf6903とと餌を打つ私。3時までにもう2匹追加すれば、それまで考えもしなかった、後半だけでの第3目標が見えてきたではないか。3時を過ぎてもウキの動きはなくならず、ポツポDscf6904Dscf6905ツと2匹を追加すれば、いよいよ単独での第3目標が見えてきたぞ。しかぁ~し、GTは去ってしまったのか、またも空白の時間。残り少ない餌を打つ・打つ・打つ。ダメだ・・・。いよいよ最後の1投。祈りを込めて、更には「たな」をグッDscf6906と深くして打てば、馴染んだウキがグッ(あっ、同じだ!)と入り、やった「上がりべら」ゲットだ?あっ、外れた・・・ガクガクッPART2。終了。時刻は3時34分。結果、後半戦は実釣2時間半超で9匹。トータルでは実釣5時間で14匹。あと1匹が遠いのはいつもの事とは言え、無念だ。片付け。対面の常連へら師は皆さん終了。こちら側も深場の1人だけになってしまった。ご夫Dscf6907婦で来ている方は、最初対面にいたが、今は坂の下。片付けを終え、ご夫婦に挨拶して車に戻るが、途中ツツジの花をパチリ。そう言えば、この池(公園)内外には藤の花も咲いている。自生なので手入れされておらず綺麗ではないが、季節感たっぷり。さあ帰ろう。帰れば用事が待っている。へら師の皆さんが私の車に興味津々なのか、見学にきてくれた。いやぁ、大したものではありませんよ。お先にと挨拶して家路に就いた。
 
昨日よりは釣り環境も良かった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

行かなきゃ良かったか@増沢池 with Oさん and 岡ジャミ?Kさん

震災もあって我慢していた釣行。前回から1週間で禁断症状が出たのか、風が強いのは分かっていてもゴー!今日は何としても日陰に入るぞ。多少の防寒対策はしていく。駐車場着は9時頃か。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、私の(かつての)いつもの場所、それから浅場方面に先客。挨拶するが、こちらを見ただけ。まあまあ、とりあえず義理は果たした。柳の木の奥と更にその奥が空いていたが、何故かわざわざ旧爆釣ポイントに入る事にする。しかぁ~し、後で分かった事だが、先客は「あたりさわり」のグループだった。それでか・・・。でも、今更場所を変えるなんて面倒だ。準備しよう。竿はDscf68829尺で「グル宙」。餌はα21+わたグル。もちろん段差のバラケも。しかぁ~し、途中で気が付いた。確かウキは極小タイプ。強い風が吹いてくると振れないのでは?まあ、それはそれとして(オイオイ)、餌も作ってしまったし、とりあえず準備が出来たので、9時27分に開始。へら師はこちら側奥の整地された辺りとその奥のワンドに数人。対面はポツポツ。隣は風対策でドボンのようだ。さて、開始したのは良いが、風が強く仕掛けが振り難いのは元より、体感温度がグッと下がってきた。先客はやたらトイレ休憩していたので、かなり寒かったのだろう。それでも数投でウキに動きが。そして、この餌特有?の、大きなウキの動きが出始めるが、一向に掛からず。何処でも同じか。それでも開始Dscf688315分でグッと入るウキの動きで1匹目。先客がボヤいていたように放流。でも、とりあえず結果が出てホッ。写真を撮っていると、遠くの「あたりさわり」の人が何か言っている。訊きたければハッキリ訊けば良いのに。こそこそ聞こえよがしとはこの事。無視して続行すると、すぐさまDscf6884Dscf68852匹目の放流。これは順調な滑り出しか。更にしばらくして、今度は地べら。10時前までに3匹をゲットとは素晴らしい。しかぁ~し、次の空合わせでスレバラシが出ると、状況が一変。しかも、左の木の影が伸びて来てウキを覆うようになると、視認性が一気に悪化。と、そこへOさんがやって来た。今日は奥のワンドに入るとの事。「あたりさわり」グループとも知り合いのようだ。さて、その後はウキが見辛く、また動きもなさそうな感じで、ひたすら餌を打つだけのルーティーン状態に。グループで一番浅場にいた人は、状況に嫌気が差したのか、さっさと帰ってしまった。残った2人はポツポツと底で竿を曲げ続けるが、宙の私だけシーン状態。10時半頃Kさんが登場して、奥の方へ様子を見に行った。その後姿が見えなくなったが、帰ったのかは不明。ウキの動きはやっと11時前に戻り始めた(見えるようになった?)が、カラの後にこれまたスレで竿が伸され、ハリス切れ。手応えは放流ではなかった。クッソー・・・。急いでハリス交換するが、ちょっとでも間が空くと再びのシーン状態にガクガクッ。しかぁ~し、影の隙間から当たる陽光でウキの視認性が上がった11時Dscf6886Dscf6887半近くに、急にあたりが見えて、地べらと放流をゲット。やった、第2目標クリアだ。さあどんどん行こう。しかぁ~し、5匹目の放流ゲットの際に、ウキの動きはそんなにないのに、ハリスがグシャグシャに絡んでいる。釣れそうになると出てくるトラブル。どう見ても解ける感じはしないので、さすがに気長?な私も急いで交換するが、やはりと言うかウキはシーン。時間的には午前中のGTなのに・・・(もう2匹釣ったからおしまいなのかも)。12時のサイレンを虚しく聞くはめに。予報どおり風が強くなって、突風のような風も出て、やる気がなくなる。他のへら師で帰りそうな人はいないので、私だけがヤグイ(方言?)のか。しかも、途中から気になっていたのが、隣の独り言。私が言える立場ではないが、何か聞こえてそちらを見ると「あたりさわり」の人と話しているのかと思いきや、正面を向いて誰に言うとでもなくボソボソと話し続ける。かなり変だが、立場を変えれば私もそんな風に見られているのだろDscf6888うか。ちょっと辛い。それもあって、餌が尽きたのを機に終了だ。時刻は12時18分。結果、実釣2時間50分弱で5匹。これはトホホでしょう。先客2人は多分2桁は釣っているので、底にしていればとは言っても叶わぬタラ・レバでした。片付け。今日は途中の空き時間がダメダメだった。何だろう、何で空くんだろう。見えないからだけではないと思うが、これを何とかしないと。片付けを終え、車に戻る。暑いくらいの陽気。さあ、今日は久し振りのベイシア詣で。さっさと池を離れた。
 
久し振りの短時間だった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

小さな話

今回の震災での募金、Tポイントと楽天のポイントでも出来た。
金額的には微々たるものだが、ほんの少しでも足しになるなら。
他にも手段はあるが、自分に合ったものがあれば使って行きたい。
 
あまりにも小さいが、数が集まれば大きくなる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

もうかなり暑い@増沢池 with Oさん

竿は出さなくてもこの陽気、見に行くくらいなら良いでしょう。と言う事で、昼食後に増沢へ。
好天とあって車は多い。あっ、Oさんの車ハケーン!土曜日は珍しいのでは?急いで車を停めて橋に向かうと、やはりへら師は池に満遍なく並んでいる。さて、Oさんは何処にいるのかな?見当を付けて橋を渡り、坂を下りて遊歩道へ。
P1000301おそらくはOさんであろう人の背後から(ハッキリしないので)、どうですかと声を掛けてみるが、返事がない。しばらく待ったが埒が開かないので、電話。やっぱり鳴ったぞ!やっと本人確認が出来た。
釣りに集中していて気付かなかったらしい(私も遠慮がちに声を掛けたから・・・)。
それにしても暑い。Oさんも薄着になっている。これからは日陰だ。Kさんも来ていたらしいが、流れがキツイと言って帰ったとの事。
しばらく見ていたら、バッチリのあたり!そして掛かりました!地べらだ。1匹釣るのを見たから充分。それに暑くていられないので、また宜しくとその場を離れ、帰りは池を半周(暑い!)して車に戻るが、我慢出来なくなって炭酸飲料を買ってしまった。
これをグビグビやりながら家路に就いた。
 
明日明後日と雨の予報。竿を出す予定がない私にはノー・ビジネスだが・・・
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

嫌な記事

今朝、更に大きな地震があった。先日のは前震とか言う前触れだったようだ。最初の被害に追い討ちをかけるような大きな地震。多くの方が亡くなった。謹んでご冥福をお祈りします。
 
そんな中、更に気分を悪くするような記事があった。他にもまだあるかもしれないが、そんなの探すだけ精神安定に良くないので止めた。青色下線部をクリック。本文は少し下のほうなので、スクロールしてください。
 
こちら → コメントを読むと韓国人の考え方がよくわかる。
 
来週早々にも募金に応じよう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

カーナビのソフトウェアアップデート

カーナビのソフトウェアアップデート、現状のものでも別に使えない訳ではないので、以前からやろうやろうと思いながら先送りしてきたが、やっと重い腰を上げる。
HPから該当するヴァージョンのものをダウンロードして解凍。USBメモリに移して車に持って行く。
指示に従って挿入し、後は読み込むだけ。しかぁ~し、カーナビがアップデートファイルを認識しないのだ。USBメモリ上に見つけられないとのメッセージ。
USBメモリは指示どおりNTFS形式にしてあるし、メモリ上にはアップデートファイル以外はない。
解凍が上手く出来ていないのではと、違う解凍ソフトでやってみるが同じ。
遂にギヴ・アップしてディーラーへ向かう。
ディーラーで症状を確認し、試乗車で試してみるが同じ症状。
ディーラーでアップデートに成功したUSBメモリを貸してもらうが、やはり読み込めない。
さっぱり分からないので、最早お手上げ。
しかぁ~し、ディーラーが持っている別のUSBメモリを用いたら認識したと言うので、そのままアップデートしてもらう事に。
約40分待ってアップデート終了。ヴァージョンアップを確認した。
原因不明なので、今後のアップデートも心配だが、とりあえず帰宅。
実は更なるアップデートがあるので、今度はそれで試してみる。しかぁ~し、再び同じ症状。USBメモリを再度フォーマットしアップデートファイルをコピーしたが、ダメだ。
どうしようかな。普通の使用上は今のところ問題ないので、そのままにしておこうかな。

P.S.ダメ元で、家にある別の古いUSBメモリでやってみたら、何と出来た。違いはフォーマットとコピーをパソコンの前面のUSBソケットでなく背面のもので行った事。それではと、同じように元のUSBメモリでやってみたが、ダメだった。相性でもあるのかな(まだ自信はないが、ひょっとしてUSB3.0に対応するかしないかが関係ある?)。
 
パソコン上ではファイルを確認出来るのに・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

今日は止めよう

昨夜九州で大きな地震があり、多くの方が被害に遭われた。心よりお見舞い申し上げます。
 
今日は好天だが風が強い。竿を出すのはどうしようか迷っていたが、地震の事もあって気持ちが乗らない。今日は中止にすると共に、しばらくは休竿にしよう。
 
代わって、やろうと思いながら先延ばしにしていた事をコツコツこなすとするか。
 
被災地では週末から雨が降るようだ。2次災害が出なければよいが
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

急に暑くなった

P1000299昨日からの雨が上がったら、急に暑くなった。釣りには絶好かと思ったが、何故かダラダラして午後になる。
そうだ、竿は出さなくても見に行こう。行き先は増沢。しかぁ~し、着いてみるとOさんもKさんもいない。へら師らしき車は数台あるが、時間的にも2時を過ぎているので、皆さんそろそろ終了か。
橋まで行って池の様子を覗うと、やはり数人くらいしかいない。うわっ、暑い!もう日向は無理そうだ。明日はそろそろいつもの場所(最近は「かつての」いつもの場所になっている)にでも入ってみようかな。
桜が散って、気が付けば新緑が目に付く。初夏の感じ。いきなりこれでは体が付いて行かない。無理をせず、竿を出そう。
 
水は泥色。へらの動きはどうなっているのか
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ


 

| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

状況が変わったのか@引佐天池

明日から天気が悪くなるとの予報。それでは出掛けないと。さて、何処へ行こうか?気温が上がらないので増沢では日向側か。ちょっと遠いな(オイオイ)。それなら車から近いところ。そうだ!引佐天池に行こう。前回の素晴らしいカラツンに対応する術を考えるのも楽しい(自虐的になりそうだけど)かもね。9時半頃に到着すると、先客は1人だけ。バルブの右にいるので、多分前回と同じ常連さんだ。車を遊歩道入り口付近に停め、前回と同じオーバーフロー右に入る事にする。まずは挨拶。こっちを向いたので聞こえたのDscf6867だろうが、返事はなし。まあまあ、とりあえず義務は果たした。さあ準備するかな。着込んで来たのが仇になるくらい暑いので、ジャンパーだけ脱ぐ。竿は9尺でもちろん「グル宙」。餌はα21+新べらグルテン。段差のバラケを少々はいつも通り。「たな」は西ノ谷の時より深くして開始は9時45分。前回並みにすぐにウキが動き出すかと思ったら、そうは問屋が卸さない。それでも開始15分、10時を過ぎる頃からウキがモヤモヤ。来たかな?しかぁ~し、空合わせでスレてしまい、いきなりのハリス切れ。ガクガクッ。急いDscf6868で交換すると、へらは寄って来たのは間違いない。ウキがモヤモヤ。そしてウキが盛り上がった感じからズバッと消し込み、やったと合わせれば掛かりました!しかぁ~し、残念スレでした。ガクガクッ。ここで、残念な?お知らせ。最近右の肘が痛くなって、「たも」でへらを掬うのが厳しくなっている。何だろう、以前にもあった気がするが、自然に痛みがなくなっていた。それがまた出て来たような気がする。これはなかなか辛い。さて、スレで場が荒れたのかと思いきや、ウキの動きは残っていて、それからしばらくして同様のウキの動きで、今Dscf6869度こそ1匹目ゲットだ!やれやれ、これで気持ちが落ち着いた。さあ、前回のようなあたりよ、出でよ!しかぁ~し、そこからは大きなウキの動きはなくなり、先日の西ノ谷のような、新べら相手のような小さなあたり(モヤあたり含む)に絞って合わせて行くしかなくなった。が、これがほとんどスレバラシに。前回のようなスパッと入るカラに対応すべく(特に対策はないが)始めたのだが、全く違う展開になってしまった。バラシで場が荒れてウキの動きが悪Dscf6870くなり、バラケを打ってウキの動きを出すと再びスレバラシが出ると言う悪循環。数を数えた訳ではないが、体感的には10回以上バラシが出たように思う。それでも11時前に2匹目。11時を過ぎて11時半頃までにもう2匹と、何とか第2目標にリーチまで漕ぎ着けるが、4匹目のDscf6871Dscf6872際にハリス絡みのアクシデント。最近は気が長い私、一旦は何とか解こうとしたが、どうにも無理なのでカットして交換。しかぁ~し、このタイムロスが響いたのか、モヤあたりさえも少なくなってしまった。何とそこから餌が尽きた12時40分までに1匹も追加出来ず、無念の終了だ。結果、1回目のDscf6873「グル宙」では実釣3時間弱で4匹。オーバーフロー左には1人入った。この人も常連さんなのか、右の先客とは知り合いのようだ。さあ、一旦休憩して気分転換しよう。どうせへらもいなくなった事だし。昼食。それから、後半はどうしようかと考える。が、特に思いつかないので(オイオイ)、とりあえずは餌を変えて。α21+わたグル。バラケは天々を少々。12時53分に再開。間を空けたつもりなので、ウキはすぐに動くとは思わなかったが、何とじきにモヤモヤ。バラケのせいなのか、それとも時合か。しばらくしてあたり!残念掛からなかったが、随分早いなぁ。しかぁ~し、そこから今日の予定通りの展開が訪れた。ウキが馴染みながら、または馴染んですぐに大きく入るあたり(ズバッという消し込みも含む)が出るものの、一向に掛からない。これこれ、これですよ。これを待っていました。ただ、実際に出てDscf6874みると熱くなってしまい、ひたすら餌を打つだけの繰り返しになってしまった(トホホ・・・)。1時半近くに何とか1匹を追加出来て、やっとトータルでの第2目標クリアだ(オイオイ)!しかぁ~し、その後も同じようなカラ、更にたまに掛かってもバラシの、一向に変わらない状況。前回も同じような展開になったのはこの餌。何か関係がありそうだ。持ちが良過ぎると出るのかも。ただ、餌付け(大小と圧)以外には対策らしき対策もないまま、2時を過ぎる。と、ここでやっと2匹目が掛かったか?しかぁ~し、沖に逃げられて懸命に堪えていると、「ブチッ!」と嫌な音がすると同時に手応えが失せた。見れば、おそらくはサルカンのところDscf6875から道糸が切れている。ガクガクッ×ガクガクッ。ウキを何回も動かしたので、その部分の道糸が弱くなっているのなら理解も出来るが、何故サルカンから?う~ん・・・。と、それはさておき、まずは仕掛けの補修をしなければ。サルカンを付けてハリスもそれまでとほぼ同じの40cm+60cmくらい(あくまで個人の感覚です)。後はオモリ。そうだ、せっかくほぼ作り替えるのだから、ウキも替えてみよう。持っているウキの中で一番小さく、オモリをほとんど背負わないカッツケ用?のウキを採用だ。以前増沢で12尺でやった記憶があるが、その時には効果はなかったような気がする。でも、とにかく何かやらないと。餌落ち目盛の合わせに難儀しながら、何とか再開は2時27分。もちろんへらは散ってしまっただろうと打ち始めるが、何とじきにウキに動きが。さっきまでもそうだったように、バラケが良いのかな。そDscf6876してさっきまでのような大きなあたりはほぼなくなったので、難しそうな小さな弱いあたり?に手を出すと、開始10分でやった掛かりました!これは面白い。今日の意図とは変わってしまったが、小さなウキで餌の落下の不自然さを少しでも解消出来ているのかもしれない。元々Dscf6877これが「グル宙」の狙いだった筈なのに、我流で視認性重視でやって来たのが良くなかったのか?それはこれから分かる?バラケは尽きたので、両グルだけで打ち続けると、時間的にGT(この池でも同じ?)なのかウキの動きはなくならず、連荘こそないがポツポツとあたりを拾うDscf6878Dscf6879事が出来て、2時台にはもう1匹。3時を過ぎてもウキは動き続け、もちろんカラも出たが、餌が尽きた3時49分までには3匹をDscf6880追加。最後には残念「上がりべら」ではなく「上がりスレバラシ」だったが、後半の小ウキだけで第2目標クリアだ。結果、2回目の「グル宙」では実釣2時間半余(トラブル対応含まず)で6匹。トータルでは実釣5時間半で10匹。意図したところは出来なかったが、餌の違いでウキの動きも変わるようだし、小ウキでも楽しめた。増沢でもやってみよう。片付け。今日はDscf6881陽が当たっている時は暑いくらいだったが、翳って風が吹くと震えた。終了時は寒いくらいで、左のへら師は1枚着込んだようだ。片付けを終え、隣に挨拶して車に戻る。肘の痛みは普通にしていれば出ないので、日常生活に困る事はなさそうだ。でも、医者に診てもらった方がいいかな。そろそろと家路に就いた。
 
振り出し9尺が使えなくなってしまった。残念だ。
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

手打ちそば処 ふじ花

家人の用事で外出したついでに、最近気になっていた蕎麦屋さん「ふじ花」に行って来た。フラワーパーク西にある結構有名な店のようだが、さてどんな感じなのか楽しみだ。
ちょっと時間的にはまずそうな12時過ぎに到着すると、駐車場はほぼ満杯。狭くて停めP1000289P1000290難いが、ここまで来て帰る訳にもいかず躊躇していたら、ちょうど出る車があったので、ラッキーと停めて店内へ。
システムが分からないので、店員さんに訊くと、まずは名前を書いて2階(飲食スペースは1階)の待合で呼ばれるのを待つ。待合には我々の前に3組7名。
P1000291P1000294待っている間はなかなか長く感じてしまうが、手作りの品(売り物)が置いてあって、それを見ているうちにやっと呼ばれた。テーブルの数が少ないので、相席に。
P1000292P1000295そうそう、我々の後から来た人達は品切れと言われて帰った。我々が一番最後だった。P1000296まさにヒヤヒヤものだが、間違いなく食べるためには予約が必要だと店の人に言われた。予約は2組が後から来た。
食べたかった「田舎そば」は売り切れのため、ざるそばの大盛を注文。ついでに天ぷらも。
写真を撮ってもよいかと確認して(既に撮ってるけど)から蕎麦の写真。店内も。
P1000297蕎麦はしっかりしていて汁は辛め。先日行って来た「百々や」の田舎そばと比較したかったのだが、残念だ。
順番どおり客は我々と予約の客のみになった。店の人に聞いたら、この時期はフラワーパークの桜とチューリップを見に来た客が寄るので混むらしい。それにしても11時半開P1000298店で12時半前に品切れで終了とはビックリだが、前述したように、確実に食べるには予約が必要との事。
大盛は必要ないくらい満足して会計。ざるそばの普通と大盛、それに野菜天ぷら1つで2、500円也はまあまあではないか。
外に出たら涼しくて気持ち良かぁ。店内はちょっと暑かったもんね。
カーナビで自宅まで帰ろうとしたら、何故かとんでもないルートを示したのにもビックリだ。ホント、役に立たない奴だなぁ。
 
次回来る事があれば、「昼のそば膳」(要予約)を頼んでみよう
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2016年4月 9日 (土)

上手の間に挟まれて@西ノ谷 with バットさん and ジョニーさん

用事があってバットさんにメールしたら、今日は西ノ谷にいると言うので、それでは出掛けましょう。9時半頃に池に着くと、バットさんはジョニーさんと一緒にお立ち台にいた。Dscf6833下りていってまずは挨拶。それから用事を済ませて車に戻り、荷物を降ろして再び池へ。お立ち台の空いているところに入らせてもらう。奥の方にはヨン様と言う人。短い竿と玉ウキで竿が曲がっている。さて、私はどうしようかな。皆さんは明日の大会の試釣をしているようだが、明日用事で不参加のバットさんは特別な事をしていてビックリ。詳しくはバットさんのブログで。私はやり慣れた「グル宙」でもやってみるとするか。魚はいるよと言われているので、まずは何とかDscf68341匹。竿は12尺、餌はα21+わたグル。段差のバラケも少々。少し深めの「たな」で開始は10時13分。すると、流石に西ノ谷、すぐにウキが動き出し、大きなあたりも。しかぁ~し、最初はカラ。何となく引佐天池を思い出して嫌な感じになったが、気持ちを切り替えて、新べら相手のような、弱く入るモヤあたりを攻めてみたら、やった掛かりましたよ!その後もポツポツあたりを拾うが、桟橋だと竿が振り難いし、空いていた右隣にDscf6835Dscf6836Dscf6837Dscf6838Dscf6839Dscf6840人が入ったので、これはマズイと6匹目を釣ったところで9尺に変更。まだ開始30分くらい。しかぁ~し、竿が短くなって振り易いのは良かったが、ウキの動きがちょっと変わった(気がする)。それで、それまでのようなあたりの取り方だと全く掛からないかバラシ。Dscf6841とにかく合わせ続けて11時頃にやっと1匹目。右隣の人は長めの竿で底。二段合わせが気になるが、バシバシとへらを引っ張っていく。途中ウキの動きを見たが、ビックリするくらい動いていた。さて、私の左、明日の試釣のへら師は私の倍以上のタイミングでへらをゲットしている。それに気後れしてしまったのか、合わせがまたまたおかしくなって、カラを連発。スレバラシDscf6843Dscf6844Dscf6845Dscf6846Dscf6847でハリスも絡んでしまってOH MY GOD!何とか解いて続行すれば、11時半までに5匹を追加して、1時間余で第3目標クリア!私的にはグー・グ・グー(もちろん他との比較は出来ないが)。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなってDscf6848Dscf6851きた。12時のサイレンが聞こえるまでには1匹しか追加出来ず、12時を過ぎてもバラシ連発と食いが悪くなった。ハリストラブルも頻発してイライラが募る。それでも何とか1匹をゲット。1匹釣るのに1時間弱掛かってしまった。12時半過ぎに仕事で中座していたバットさんが帰って来て、状況を説明すると、餌に慣れてしまったのではと教えてくれた。なるほど。でも、私にはやりようがないので、とにかく今Dscf6852Dscf6853Dscf6854の餌を打ち終えなければ。12時半から1時までに3匹を追加して、1時3分に終了。結Dscf6855果、「グル宙」では実釣2時間50分で17匹。途中の1時間弱がポイントだった。間が空かないようにするにはどうすれば?右隣は相変わらず私よりハイペースで竿が曲がっている。それで、次は私も底でやってみようかなとスケベ心満載。竿はそのままで仕掛けをウキを交換。餌は夏・冬・段差のバラケ。何故段差のバラケかと言えば、余っているから(オイオイ)。午後になって風・白波が多少出て来た。それでウキの視認性が悪化したので、視認性重視のウキを採用したが、ウキの立つ位置は結構手前だったので、普通のウキでも良かったような。昼食を摂ってからの再開は1時20分。底取りの際に気が付いてはいたのだが、左隣から9尺では底の状態が良くなく、ゴミが掛かると言われてガックリ。12尺以上でやったDscf6856方が良さそうらしい。でも、私は9尺でやります。そして開始すると、ウキはすぐに返すようになったが、あたらない。焦れる。でも1時半過ぎに何とか1匹。一応底の面目は立った。しかぁ~し、その後はあたりらしきウキの動きが出るようになったものの、「変わり身の術」で木の枝やら落ちDscf6857Dscf6858葉やらが圧倒的になって、2時までにもう2匹を追加したのみ。2時になって右隣が終了。おそらく私の倍は釣ったのでは?お疲れ様でした。左隣もそろそろ終了か。2時を過ぎると、近くのゴミは掃除出来たのか、掛かりはなくなってきたが、逆に?へらの寄りがきつくなったのか、ウキが馴染み難くなる事も。ウキがフワッと返した後はなかなかあたらず、あたったかと思えばカラ。餌を重くするとか鈎を大きくするとか対策はあるのだろうが、今日のところは省資源釣法の都合?もありご勘弁Dscf6859Dscf6860Dscf6861Dscf6862Dscf6863願いたい(誰に言ってる?)。そのまま続行して、5匹をゲット。最後は「上がりスレ」で3時9分に終了。結果、底では実釣1時間50分で8匹。トータルでは実釣4時間40分で25匹。両側に上手がいる中では健闘した方ではないか(ヴェリー・スイートです)。片付け。左隣も終わり、お立ち台ではバットさん、ジョニーさんDscf6865Dscf6866と私の右側1人の計3人が続行のようだ。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。疲れたが、釣りではなく気疲れのようだ。さあ帰ろう。そろそろと池を離れた。
 
帰宅してすぐに洗車。初めてコーティング車専用洗剤を使ってみる。空が曇ってきたので良く分からないが、きっと綺麗になったのでは。しかぁ~し、相変わらず洗車の度に細かな傷を見つけてしまい、ガクガクッ。洗車が終わって風呂に入ったが、疲れがドッと出て来た気がしてならない。トホホ・・・。
 
P.S.人の顔を覚えられない私がまた失態を犯してしまった。キアヌさんと書いていたのは、実はジョニーさんだったのだ。誠にお恥ずかしい次第。ジョニーさん、キアヌさん、本当に失礼しました。次回からは多分間違えませんので、ご勘弁のほど宜しくお願いします。本文は元より、大楽地の記事も訂正します。
 
来週木曜にはまた雨だそうだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

森の石松

Docu0046ドラッグストアに行ったら、ワゴンに格安?CDが並んでいたので、買うつもりもなく手に取っているうちに、つい買ってしまった。
他に落語の10枚組CDが990円!であったので、そちらもと思ったが、全4巻。これ以上衝動買いをしてはと気持ちを引き締めて、何とか買わずに済んだ。やれやれ。
さて、明日はどうしようかな。今日やる筈だった洗車も先送りしてしまったので、それもあるし。尚且つ竿も出したい。
まあ、明日になったら考えよう。
 
江戸っ子だってね、スシ食いねぇ(だったかな?)
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2016年4月 6日 (水)

何処の池でも同じか@引佐天池

昨日の終わり方が辛過ぎて、今日は増沢に行けない。それで、何処に行こうかと考えたら、前回パッとしなかった引佐天池が頭に浮かんできた。さっさとゴー!ちょっと出がDscf6819遅かったので、堰堤は混んでいるかもと心配しながら池に着くと、あれれ先客は2人だけ。オーバーフローの左側とバルブの奥。車を遊歩道出口付近に停めて、荷物を降ろしてオーバーフロー右に向かう。途中、何か取りに来た先客と挨拶。オーバーフローの右に荷物を置き、バルブの先客に挨拶するが、無視。まあいい、準備しよう。池にはゴミがかなり浮かんでいる。風が弱いので、ゴミが目の前をうろうろ。面倒臭そうだ。さて、どうするかな。左の先客は底で竿が曲がっDscf6820た。右の先客はセットの宙。それでは私は「グル宙」で行こう。前回は本当にパッとしなかったので、今日は第3目標くらいを狙ってみるとするか。竿は12尺、餌はわたグル+新べらグルテン。もちろん段差のバラケも忘れずに。少し深めの「たな」で開始は10時59分。すると、何と言う事でしょう、数投後にウキが馴染みながらズルッと入ったので、Dscf6821まさかと思いながらも合わせると、やった早くも掛かりました(早過ぎる?)!サイズはグー。バラケを食っているが、ノー・プロブレム。それにしてもビックリしたなぁ。でも、思ったより高活性かも。爆釣の予感。しかぁ~し、世の中そんなに甘くない。それに、早い1匹目でどうしてもウキを見つめてしまう。それでウキの動きが良くならず、へらはいる事はいるのだが、妙なウキの動きに手を出してしまい、バラシ連発で更にウキの動きが悪くなる悪循環。でDscf6822も、最初は特に何もしないぞ。「たな」の上下を餌付けだけ。やっと2匹目が出たのは12時間近。しかぁ~し、そこから爆釣かと思いきや、ウキの動きは芳しくない。たまに出るあたりらしき動きも、カラばかり。昨日に比べて竿が長い分だけ、疲れが溜まる。それでも餌を打ち続けると、何処に行っても時合だけの男は健在で、12時半過ぎに連荘!でいよいよ第2目標Dscf6823Dscf6824にリーチだ。この池、今がGTなのかも。その後、少し間が空いたものの、ウキの動きはなくならず、目の前にまで寄せてのバラシは絶対に食っていた(と思う)。更に次の餌打ちであたりは連荘?しかぁ~し、寄せてDscf6825みれば目にスレでガクガクッ。どうやら「上がりスレ」のようだ。1時ジャストに餌が尽きて一旦終了。結果、1回目の「グル宙」では実釣2時間で4匹。ウキの動きは増沢よりは大きいが、掛からないし掛かってもバラシとは同じ状況だ。さあ、次も「グル宙」だが、今度は同じ事はしない。竿は9尺に変更。餌はα21+わたグルで、バラケはなし。そうそう、仕掛けは昨日のトDscf6826ラブルで絡んでしまい、新たに作らなければ。と、その前に昼食。それからちょっとイライラしながらも何とか出来た。ハリス長は40cm+60cmのつもりが、段差が10cmくらいしかない。でも、面倒なのでそのまま。さっきまでとほぼ同じ「たな」での再開は1時40分。グルテンのタッチがさっきまでと全然違う。これなら小さく付けても持ちそうだ。すると、ビックリした事に、2投目でウキが斜めにズルッと入ったではないか!まさかと慌てて合わせるが、カラ。でも、短くしてもOKならやりやすい(実は去年も9尺でそこそこ釣れている。詳しくは右側カテゴDscf6827リー@引佐天池を参照)。その後もウキは動き、2時前に早くも1匹目。やっとトータルでの第2目標クリア。よ~し、後半はガンガン行くぞ!しかぁ~し、そこからが今日のハイライト。さっきまでとは違って、あたりらしきウキの動きが素晴らしい?毎回のように馴染んでじきに、または馴染みながらグッとトップが水中に入る(消し込みとまでは言えないが)!これがほぼ掛からない。たまに掛かってもバラシ。まさに一体何をやっているんだろうと思うが、どうして良いか分からないまま時間だけが過ぎる「痺れる」展開。左の先客は午後から感嘆のセットで始めると、カラに悩みながらもポツポツとあたりを拾っている。釣り方が違うので比較しても仕方ないが、裏山鹿~。さて、まだハリス長には手を付けない。とりあえず「たな」を上下と餌付け。多少柔らかくした方があたりが出やすい気がして。そうこうしてDscf6828いるうちに、開始1時間が過ぎる。一向に釣果が伸びず、普通なら中だるみしそうだが、ほぼ毎回ウキがグッと入って掛からないの繰り返しは飽きません。そしてようやく掛かったと喜べば、何とまたもや目にスレで一気に脱力。そこで、やっとハリス長に手を付ける気になった。大体5cmくらい短くしたつもりだが、もう少し短くなった気がしてならない(測っていませDscf6829ん)。でも、一旦短くしてしまえば元に戻らないので、そのまま(オイオイ)。そして再開。3時になって、右の先客が帰った。それと同期するかのように、急にウキの動きに合って2匹目ゲット。そろそろ午後のGTなのかな。そう、その後も動きこそ地味になった?が、ウキは動き続Dscf6830Dscf6831ける。そして、3時半近くになって連荘(何故か釣れる時はこうなる)で後半だけの第2目標にリーチ!左の先客が終わり、話し掛けてきた。内容は途中に書いたとおり。私のあたりを見ていたようで、あんな良いあたりで釣れないとはヘボだなぁ、とは言わなかったが、「グル宙」でやっているのには驚いていた。お疲れ様でした。さて、何とかもう1匹をと頑張ってみるが、太陽の位置が悪くなったのか翳ってしまい、体感温度が急に下がった。それに伴い、ウキの動きも少Dscf6832なくなり、3時54分に餌が尽きて無念の終了。結果、後半の「グル宙」でも実釣2時間10分余で4匹。トータルでは実釣4時間10分余で8匹。あたりの感じは後半が抜群でした(釣れないけどね)。片付け。今日は増沢を凌ぐあのあたりで釣れないという状況の打破が出来なかった。ハリス長なのか、餌のタッチなのか。もう少し通わないといけないのかもしれない。片付けを終え、車に戻る。前半竿が長かった分だけ疲れた。さっさと帰ろう。そろそろと池を離れた。
 
明日の雨の後、何処に行こうか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

最後の最後に・・・ガクガクッ@増沢池 with Kさん and Oさん

予報どおり昨日は雨。今日はとりあえず雨はなさそうなので、大会後の増沢へ出掛けましょう。駐車場着は9時半過ぎ。あっ、Oさんの車ハケーン!隣が空いていたのですかさず停める。Kさんの車もあるぞ。ちょうど車から降りてきたので、まずは挨拶。日向側整地された辺りでOさんが地べらをゲットしているようだ。今日は日陰側でやってみようかと思っていたが、やはり釣るなら地べらでしょう。あっさり方針転換。車から荷物を降ろDscf6803Dscf6804して池に向かう。Kさんは日陰側に入る。橋の途中で私のかつてのいつもの場所に午前中で帰る人を見つけたので、橋の上からではあるが挨拶。坂を下り、最近良く入る橋の下(しも)に荷物を置いて、Oさんのところへ。Kさんが言っていたとおり9尺の底で地べらをゲットしているようだが、私が行ったタイミングでは放流だった。釣り座に戻り、さDscf6805あ準備だ。今日は元々底をやるつもりはなく、一昨日出来なかった「グル宙」で通す。竿はOさんの言うとおりの9尺。餌はα21+わたグル。もちろん段差のバラケも少々。少し深めの「たな」での開始は10時20分。ウキが馴染みきったら切る、を繰り返すが、なかなかウキが動き出さない。桜はほぼ満開で一部は散り始めている。薄曇りなのが残念な気もするが、「花曇り」とでも言うのだろうか。さて、それでも30分くらい餌打ちしていれば、やっとウキが動き出した。そしてあたりらしき動き。しかぁ~し、全く掛からない。ほぼ毎回いろいろなウキの動きに合わせるのだが、本当はあたりではないのか。それでも1回だけバラシたものの、この手応えは放流ではない。しかぁ~し、その後もカラはDscf6806続き、ようやく1匹目は開始してほぼ1時間経った11時12分。最早合わせ疲れてヘロヘロ。しかぁ~し、その後も懸命に合わせ続けるが、もう1回バラシが出ただけなので、何かしなければと、まずはハリスを詰めてみる。40cm+60cmを35cm+55cmくらい。う~ん、これでもウキの動きは同じで結果も同じ。しばらくして再度5cmくらい詰めるが、それでもカラは続く。今度は「たな」を上下して、一番ウキの動きが良いところを探すが、それでもカラで12時のサイレン。午前中のGTとやらは最近とんと聞かなくなってしまった。昼休みのOさんが通りがかりに声を掛けてくれた。地べら10枚だと。底の方が釣れそうとアドバイDscf6807スしてくれたが、今日の私は「グル宙」と心中のつもり。ハリス長と「たな」、最後は餌付けか?でもこれも既に試しているので、最早これまでか。しかぁ~し、思い切って「たな」をグッと深くしてみたら(底には着いていません)、小さなあたりでやった掛かりましたよ!しかもグーなサイDscf6808Dscf6809ズ。更に「たな」をさっきまでの一番良く動くところに戻してみると、何と連荘で地べらと放流。更に1投おいて地べら。12時のサイDscf6810レンの後、あっという間の4匹ゲットで、第2目標クリアだ。まさに時合だけの男の面目躍如。しかぁ~し、それ以降は特に何もなく、12時38分にグルテンが尽きて終了。結果、1回目の「グル宙」では実釣2時間20分で5匹。結果オーライか。さあ、次も「グル宙」だが、1回リDscf6811セットしてハリス長を40cm+60cmに戻す(私にしては珍しい)。もちろんハリス長があたりに関係していたか確認するため。餌はα21を使い切ってしまったので、わたグル単体を大体2時間を目安に作る。バラケは作りません。ついでに昼食を済ませ、「たな」はそのままで再開は12時54分。さあ、今度はどんな具合になるのか、楽しみだ。対面は通常どおり帰った。Kさんは流れがキツイとぼやいている様子。さて、そんなに期待せず始めたのだが、何とじDscf6812Dscf6813きにウキに動きが。休憩してもまだへらは残っていたのか。更に、しばらくして1匹目!どうだろう、ハリス長は関係ないのかな。すると、それからじきに2匹目!一体前半と何が違うのかと言えば、餌がわたグルDscf6814単体だと言う事くらい。これかな?1時半を過ぎて3匹目と、まだGTでもないので、ひょっとするとそうかもね。あたりの感じは前半と変わらないのに、掛かる(数は大した事ないけど)。「たな」かも。2時前に4匹目。2時を過ぎて5匹目と、1時間ほどで第2目標クリア。前半に並んDscf6815Dscf6816だ。更にはトータルで第3目標もクリア。残念なのは放流の数の方が多くなってしまったが、まあいいか。どれだけ一所懸命に合わせたのか、餌がそろそろ尽きる。それで、餌ボウルに水を入れて横に置こうとしたが、位置が悪くて安定しない。困ったなと思っていたら、ガタッと言う音!パッと前を見Dscf6817たところ、竿がスーッと竿掛けから水中へと向かっていくのが見えたが、全く手が出ず見送るのみ。OH , MY GOD ! 何でこんな時に限ってあたるんだと思ってもアフター・フェスティヴァル。竿はへらが付いたままどんどん遠ざかる。一旦は橋の上(かみ)方面に向かったが、それから向きを変えて私のいつもの場所付近を通って深場へと向かう。私は為す術がないので、とりあえず荷物を片付ける。と、ここでT林さんがO石さんのリール竿を借りて私の竿をゲットしてくれた。急いで対面に向かう。T林さん、O石さん、ありがとうございました。お二人にお礼Dscf6818を言って竿を受け取る。へらは付いていましたが、もちろんノー・カウント。それにしてもグッドサイズだなぁ(オイオイ)。荷物を持って走ったので、ハアハアゼイゼイ。ちょうど終わったKさんと車に戻る。途中、竿を仕舞おうかと思ったら、濡れていて引き出されたまま仕舞えなくなってしまった。まさに泣きっ面に蜂状態。そのまま車に積み込み、トホホと餌を買いに東海釣り具へと向かうのだった。
 
明日も行けたら行くぞ!って、何処へ行こうか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

2016年放流協賛増沢池へらぶな釣り大会(春の部)

天気がどうだろうと関係者をやきもきさせた釣り大会だが、最新の予報でとりあえず雨はないとなったので、今日は見学がてら出掛けてみようと9時半過ぎに家を出る。駐車場はさすがに混んでいて、楽な場所はない。やや離れたところに停め、事務局になってDscf6781_2Dscf6782いる東屋に向かうと、あれれ誰もいないぞ。トロフィーとか賞品とか並んでいるが、大丈夫か。まずは知り合いが何処にいるか探さなければと橋まで行くと、橋の下(した)から声が。見ると、じゃがにぃさんが橋の上(かみ)で竿を出していて、それを見ているバンビDscf6783Dscf6784さんとmasaさんハケーン!橋の下まで移動すれば、橋の真下には竹さん。皆さんに挨拶して様子を訊くと、今日は50人くらいが竿を出しているとの事。バットさんは対面ジャDscf6785カゴ寄りのワンドか。とりあえず参加費を払って参加賞を貰わなければ。masaさんと一緒に東屋に戻り、登録。参加賞のタオルとボールペンを頂く。それから、急な話ではあるが竿を出す事になったので、車に戻って荷物を降ろし、空いていると言われた日陰側いつもの場所付近に向かうと、私のかつてのいつもの場所と柳の木の奥に1人ずつ入っているので、挨拶して旧爆釣ポイントに入った。頭上の木の枝が気になるので、短いかなと思いながらも12尺を出す。「グル宙」か底か迷うところだが、まずは底から入り、まずければ「ドボン」。途中気が向いたら「グル宙」もやってみよう。餌はいつものバラグルセット。曇っていて白波も出ているので、視認性重視で太いトップのウキを採用。餌落ち目盛からささっと底を取って、と思ったら、何と底取りの最中に放流がスレて来たではないか!これは喜んでいいのか、それとも最悪の事態の前触れなのか。開始は10時59分。目標は凸でない事。更には、釣果があった前々回の1匹(ホントは2匹)を越える事が出来れば素晴らしい(オイオイ)。しかぁ~し、風のせいなのかウキが右から左へと流される。太いトップでは尚更だ。しかも、思ったよりウキの馴染みが出ていない。ウキ下を微調しながら打ち続けると、5、6投くらいでシモッたウキにバッチリのあたり!ビックリDscf6786して合わせたがカラ。でも、今までこういう大会でこんなに早くあたりを見た事がないので、これはひょっとして釣れるかも。すると、底取りの際のスレは意味があったのか、開始10分を過ぎる頃に1匹目!サイズはさておき、やったぁと大きな声を出したい気持ちを抑えて続行すると、何と11Dscf6787Dscf6788時半までに2匹を追加して、早くも前々回を越える事が出来たぞ。もう何も怖いものはない(凸でなくなったので)。フラシも下りて1人前のへら師になった気分。そこへ、Kさん登場。岡ジャミのようだ。しばらくして奥の深場に向かっDscf6789Dscf6790た。さて、その後もあたりは小さいが捉える事が出来、12時のサイレンまでにもう2匹。大会とかではありえない筈の第2目標クリア!今日はやるつもりはなかったので、昼食の用意はない。それで、腹が減っているが続行だ。すると、12時のサイレンからわずか15分の間に3匹!第3目標まで視野に入って来て、最初Dscf6791Dscf6792Dscf6793の頃にはなかった「欲」がむくむくと頭をもたげて来た。すると、私の心を見透かすかのように、それまで出ていたウキの動きがバッタリ。上空雲の動きが激しくて、湖面は明るくなったり暗くなったり。細い白波も出て来たので、ひょっとしてあたりを見過ごしているのかもしれないが、どうしようもなく餌打ちを続けるのみ。もちろんこれは私にだけ起きている訳ではないので、単に個人の感想です。途中気分転換にトイレ休憩を挟んだりするが、事態は変わらず1時を過ぎてしまう。ここで、私の勘違いが発覚!何と終了は3時だと思い込んでいたのだ。実は2時終了で、とても「グル宙」などやる余裕はなかった。Dscf6794Dscf6795もう底で通すしかない。しかぁ~し、ここで急にウキの動きが良くなって2匹を追加し、何と嬉や第3目標までクリア出来たではないか。もう何も言う事はありません。ただ、「欲」を言えば大きなのが欲しいなぁ・・・。その後もあたりDscf6796Dscf6797は出て、まだGTには早い時間帯だが1時半までにもう2匹。場所が良かったのか、私のアームなのか(それはない)。今日は大会というより、いつもの釣りをしている感じだった。多分早い時期に凸を解消出来たからだと思う。さあ、1時半を過ぎたぞ。いよいよラストスパート。すると、何と言う事でしょう、大きめに付Dscf6798けた餌のおかげなのか、シモッたウキのスッと入るあたりで、欲しかったグーなサイズのへらをゲット出来たではないか。検量の際に測ってもらったら、34cmDscf6799だった。大物賞にはもちろん届かないが、嬉しかぁ・・・。ウキの動きは再び悪くなって来たが、それでももう1匹追加出来て終了。ちょうど検量の方が廻って来たので、ドキドキしながら結果を訊くと、何と2.76kg。初めて1kgを越えた(前々回は確か200gくらいだったかな)。Docu0045Dscf6800検量を終え、片付け。雨がなかったのが本当に良かった(雨なら途中棄権だもんね)。片付けを終え、車に戻って荷物を積み、飲み物で喉を潤しながら東屋へと向かう。皆さん三々五々集まって来て、いよいよ結果発表。さすがに優勝者は10kg越え。大物賞も39.5cm。何処で釣ったらこんDscf6802Dscf6801                     な結果が出るのだろうか(アームの違いだよ)。私も賞品を頂き、ホント参加して良かったぁ。しかも結果まで出て。皆さんそれぞれに今日の結果を噛み締めて解散。masaさんを始めとする幹事の方々、本当にお疲れ様でした。大会の詳細につては、masaさんバットさんのブログでご確認願いたい。心地良い疲れと共に池を跡にした。
 
今日の結果はたまたま。次回も同じような気持ちで臨んではダメ!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2016年4月 2日 (土)

羽生君、残念

フィギュアの世界選手権は、ハピエル・フェルナンデスがフリーで高得点を挙げて、ミス連発の羽生君を逆転!最終的には20点の大差となった。
宇野君は7位。2人の順位の合計が13位以下なら、出場枠が3つになるらしいので、とりあえずそれはクリアしたようだ。
 
フェルナンデス選手は美姫ちゃんの彼氏?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »