« 手打ちそば処 ふじ花 | トップページ | 急に暑くなった »

2016年4月12日 (火)

状況が変わったのか@引佐天池

明日から天気が悪くなるとの予報。それでは出掛けないと。さて、何処へ行こうか?気温が上がらないので増沢では日向側か。ちょっと遠いな(オイオイ)。それなら車から近いところ。そうだ!引佐天池に行こう。前回の素晴らしいカラツンに対応する術を考えるのも楽しい(自虐的になりそうだけど)かもね。9時半頃に到着すると、先客は1人だけ。バルブの右にいるので、多分前回と同じ常連さんだ。車を遊歩道入り口付近に停め、前回と同じオーバーフロー右に入る事にする。まずは挨拶。こっちを向いたので聞こえたのDscf6867だろうが、返事はなし。まあまあ、とりあえず義務は果たした。さあ準備するかな。着込んで来たのが仇になるくらい暑いので、ジャンパーだけ脱ぐ。竿は9尺でもちろん「グル宙」。餌はα21+新べらグルテン。段差のバラケを少々はいつも通り。「たな」は西ノ谷の時より深くして開始は9時45分。前回並みにすぐにウキが動き出すかと思ったら、そうは問屋が卸さない。それでも開始15分、10時を過ぎる頃からウキがモヤモヤ。来たかな?しかぁ~し、空合わせでスレてしまい、いきなりのハリス切れ。ガクガクッ。急いDscf6868で交換すると、へらは寄って来たのは間違いない。ウキがモヤモヤ。そしてウキが盛り上がった感じからズバッと消し込み、やったと合わせれば掛かりました!しかぁ~し、残念スレでした。ガクガクッ。ここで、残念な?お知らせ。最近右の肘が痛くなって、「たも」でへらを掬うのが厳しくなっている。何だろう、以前にもあった気がするが、自然に痛みがなくなっていた。それがまた出て来たような気がする。これはなかなか辛い。さて、スレで場が荒れたのかと思いきや、ウキの動きは残っていて、それからしばらくして同様のウキの動きで、今Dscf6869度こそ1匹目ゲットだ!やれやれ、これで気持ちが落ち着いた。さあ、前回のようなあたりよ、出でよ!しかぁ~し、そこからは大きなウキの動きはなくなり、先日の西ノ谷のような、新べら相手のような小さなあたり(モヤあたり含む)に絞って合わせて行くしかなくなった。が、これがほとんどスレバラシに。前回のようなスパッと入るカラに対応すべく(特に対策はないが)始めたのだが、全く違う展開になってしまった。バラシで場が荒れてウキの動きが悪Dscf6870くなり、バラケを打ってウキの動きを出すと再びスレバラシが出ると言う悪循環。数を数えた訳ではないが、体感的には10回以上バラシが出たように思う。それでも11時前に2匹目。11時を過ぎて11時半頃までにもう2匹と、何とか第2目標にリーチまで漕ぎ着けるが、4匹目のDscf6871Dscf6872際にハリス絡みのアクシデント。最近は気が長い私、一旦は何とか解こうとしたが、どうにも無理なのでカットして交換。しかぁ~し、このタイムロスが響いたのか、モヤあたりさえも少なくなってしまった。何とそこから餌が尽きた12時40分までに1匹も追加出来ず、無念の終了だ。結果、1回目のDscf6873「グル宙」では実釣3時間弱で4匹。オーバーフロー左には1人入った。この人も常連さんなのか、右の先客とは知り合いのようだ。さあ、一旦休憩して気分転換しよう。どうせへらもいなくなった事だし。昼食。それから、後半はどうしようかと考える。が、特に思いつかないので(オイオイ)、とりあえずは餌を変えて。α21+わたグル。バラケは天々を少々。12時53分に再開。間を空けたつもりなので、ウキはすぐに動くとは思わなかったが、何とじきにモヤモヤ。バラケのせいなのか、それとも時合か。しばらくしてあたり!残念掛からなかったが、随分早いなぁ。しかぁ~し、そこから今日の予定通りの展開が訪れた。ウキが馴染みながら、または馴染んですぐに大きく入るあたり(ズバッという消し込みも含む)が出るものの、一向に掛からない。これこれ、これですよ。これを待っていました。ただ、実際に出てDscf6874みると熱くなってしまい、ひたすら餌を打つだけの繰り返しになってしまった(トホホ・・・)。1時半近くに何とか1匹を追加出来て、やっとトータルでの第2目標クリアだ(オイオイ)!しかぁ~し、その後も同じようなカラ、更にたまに掛かってもバラシの、一向に変わらない状況。前回も同じような展開になったのはこの餌。何か関係がありそうだ。持ちが良過ぎると出るのかも。ただ、餌付け(大小と圧)以外には対策らしき対策もないまま、2時を過ぎる。と、ここでやっと2匹目が掛かったか?しかぁ~し、沖に逃げられて懸命に堪えていると、「ブチッ!」と嫌な音がすると同時に手応えが失せた。見れば、おそらくはサルカンのところDscf6875から道糸が切れている。ガクガクッ×ガクガクッ。ウキを何回も動かしたので、その部分の道糸が弱くなっているのなら理解も出来るが、何故サルカンから?う~ん・・・。と、それはさておき、まずは仕掛けの補修をしなければ。サルカンを付けてハリスもそれまでとほぼ同じの40cm+60cmくらい(あくまで個人の感覚です)。後はオモリ。そうだ、せっかくほぼ作り替えるのだから、ウキも替えてみよう。持っているウキの中で一番小さく、オモリをほとんど背負わないカッツケ用?のウキを採用だ。以前増沢で12尺でやった記憶があるが、その時には効果はなかったような気がする。でも、とにかく何かやらないと。餌落ち目盛の合わせに難儀しながら、何とか再開は2時27分。もちろんへらは散ってしまっただろうと打ち始めるが、何とじきにウキに動きが。さっきまでもそうだったように、バラケが良いのかな。そDscf6876してさっきまでのような大きなあたりはほぼなくなったので、難しそうな小さな弱いあたり?に手を出すと、開始10分でやった掛かりました!これは面白い。今日の意図とは変わってしまったが、小さなウキで餌の落下の不自然さを少しでも解消出来ているのかもしれない。元々Dscf6877これが「グル宙」の狙いだった筈なのに、我流で視認性重視でやって来たのが良くなかったのか?それはこれから分かる?バラケは尽きたので、両グルだけで打ち続けると、時間的にGT(この池でも同じ?)なのかウキの動きはなくならず、連荘こそないがポツポツとあたりを拾うDscf6878Dscf6879事が出来て、2時台にはもう1匹。3時を過ぎてもウキは動き続け、もちろんカラも出たが、餌が尽きた3時49分までには3匹をDscf6880追加。最後には残念「上がりべら」ではなく「上がりスレバラシ」だったが、後半の小ウキだけで第2目標クリアだ。結果、2回目の「グル宙」では実釣2時間半余(トラブル対応含まず)で6匹。トータルでは実釣5時間半で10匹。意図したところは出来なかったが、餌の違いでウキの動きも変わるようだし、小ウキでも楽しめた。増沢でもやってみよう。片付け。今日はDscf6881陽が当たっている時は暑いくらいだったが、翳って風が吹くと震えた。終了時は寒いくらいで、左のへら師は1枚着込んだようだ。片付けを終え、隣に挨拶して車に戻る。肘の痛みは普通にしていれば出ないので、日常生活に困る事はなさそうだ。でも、医者に診てもらった方がいいかな。そろそろと家路に就いた。
 
振り出し9尺が使えなくなってしまった。残念だ。
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 手打ちそば処 ふじ花 | トップページ | 急に暑くなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手打ちそば処 ふじ花 | トップページ | 急に暑くなった »