« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

久し振りの釣行で気持ちが逸ってしまい@増沢池 with Kさん and Oさん

5月は釣行回数の稼ぎ時だったが、旅行という嬉しい誤算で1週間が過ぎてしまった。確か最後の釣行は20日だったような?今日は5月最終日なので、何としてもゴー!駐車場着は9時過ぎか。あっ、Kさんの車ハケーン。Oさんの車はまだ分からないので、来ているかどうか不明。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、私の(かつての)いつもの場所にはいつもの先客。旧爆釣ポイントから柳の木の奥の奥まで空いているが、Kさんの姿はない。どうしよう、何処に入ろうか。そうだな、やはり旧爆釣ポイントにしよう。塩ビ管付近から奥に先客(おそらく常連さん)がいるから、独り言で邪魔にならないよう。いつもDscf7279の場所の先客に挨拶して様子を訊くと、底でまだ2匹との事。しかぁ~し、私の準備中に竿が曲がり、そんなに悪そうな感じはしないので、私も底から始めようかな。竿は9尺、餌は夏・冬・段差のバラケ。何かわくわくする気持ちと、緊張が混じる。ちょっと白波があるので、底を丁寧に取っての開始は9時27分。う~ん、ウキが動かないぞ。しばらく打ち続けるが、芳しくない。やはり久し振りなので気持ちが逸ってしまい、早くあたりが欲しくて堪らない。しかぁ~し、開始20分くらいでウキが動き出したかなと思ったら、何と1発目のグーなあたりを見逃すチョンボ!その後もウキは何となく動いているような、Dscf7280そうでないような・・・。10時を過ぎ、やっと1匹目をゲットする。これはなかなかグーなサイズ。久し振りの引きにも感動だ。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、何故かそこからウキの動きが悪くなる。しかも、お約束のトンボ攻撃も出てくれば、集中力など何処へやら。更には開始1時間を過ぎ、大きなあたりで両ハリスをロストするアクシデントで、最早気持ちのコントロールは不能に。急いでハリス交換するものの、両方とも切れてしまったので、参考にする長さがなく、適当。しかも底取りをせず、大体の雰囲気でウキ下を調整。これで釣れる筈もなく、時間だけが過ぎるお決まりの展開に。隣も何匹か釣った後は私と同じくシーン状態。奥の方はどうなんだろう。そうそう、Kさんは対面階段下付近にいた。が、電話をしても出ず、手を振っても反応なし(トホホ)。白波と風流れで気持ちはかなりトーンダウンしていDscf7281た私だが、1匹目からほぼ1時間が経とうとする11時前になって、午前中のGTなのかどうかは分からないが、やっとそれなりのあたりが出て2匹目ゲット!いやぁ、きつかったなぁ。さあ、今度こそどんどん行くぞ。しかぁ~し、あたらず、また変なウキの動きにも手を出してしまい、ダメだこりゃ(長さん風に)。Kさんが昼食休憩なのかこちらにやって来た。いきなり背後から大きな声がしたのでビックリ。奥の方へと向かった。隣はグーなサイズの「上がりべら」をゲットして11時半頃帰った。お疲れ様でした。さて、特に何もなく底は11時38分に終了。2Dscf7282時間以上やってたったの2匹。幾らなんでもひど過ぎる。再度底をやってリベンジしたいところだが、雰囲気的には返り討ち濃厚なので、ここは宙にしよう。そうしよう、双子葉植物。と、その前に奥にいるOさんに電話。奥の方での会話でOさんが出て来たので、いる事は間違いない。ん、やっぱりいました。車のナンバーも分かって、これからは安心だ。それからトイレ休憩と昼食。ウキと仕掛けを交換し、餌はガッテン単体。「たな」は前回のままで再開は11時56分。まずはウキの馴染み具合を見ようと第1投。すると、何と言う事でしょう、馴染み切Dscf7283ったウキがチクッ!これに合わせれば、やった1匹目!ビックリしたなぁ、もう。しかぁ~し、ハリスが絡む。普通ならカットした方が良さそうなのを、根性で解けば12時のサイレン。ハリスにパーマが掛かってしまったが、ノー・プロブレム(オイオイ)。そのまま続行すると、またも小さなチクッ!Dscf7284で、おおっこれは・・・。何となくマブナライクだが、カウントカウント。こりゃぁ宙で爆釣間違いないか?しかぁ~し、またもハリスが絡んでしまった。でも、今度は解けそうにないので、そのままで続行(コラコラ)。風・白波が一気に大きくなり、それに従ってウキの視認性が悪化。動いているのかどうかの判定は無理。でも、餌は打ち続けないといけないので、せっせと打つ・打つ・打つ。時折ウキが入った気がして合わせるが、カラ。何だろう、これ。風・波は一向に収まる気配を見せず、結局2匹目から1時間以上経った1時半を過ぎて、一時的に湖面が穏Dscf7286やかになれば、やはりウキが動いていました。そしてウキがスパッと消し込んだのに合わせて、やっと3匹目。トータルでの第2目標クリアだ。いやぁ、長かったし辛かった。まだ午後のGTには早い気もするが、その後もバラシが出てウキの動きはなくならない。2時近くになり、同じくスパッとDscf7287Dscf7288いう動きで4匹目。それからじきにもう1匹をゲットして、宙単独で第2目標クリア(あまり褒められた事ではないが)!と、ここでまたもやハリス絡み。もう餌が残り少ないのに・・・。それでもさすがに今回は交換します。しかぁ~し、段差がちょっと変わってしまった。が、ノー・プロブレム?そして2時24分に餌が尽きて終Dscf7289了。結果、宙では実釣2時間半で5匹。底と併せれば実釣4時間40分で7匹。最近にない貧果。まさにトホホ。Kさんはいつの間にか帰り、こちら側の常連さんもほとんどが帰り支度。まだ早いのに。そうだ、まだ2時半近い、もう1回だけ餌を作って1時間ほど残業しよう。その心は、何としてもトータルでの第3目標をクリアしたいから(もちろんサイズは問いませんが何か)。餌はわたグル単体。そうです、「グル宙」です。ただ、ハリスはさっきまでと同じ。これは「グル宙」ではなさそうだ。両グルテンの宙だろう。再開は2時半。まだ餌は作りたてなので、ウキの馴染み具合を見ながら調整しよう。と思っていると、何と2投目から連荘!で早くDscf7290Dscf7291も目標達成か?しかぁ~し、餌が落ち着いてきたのか、ウキの動きが悪化。これは難しい。練ってもダメ、水を加えて軽く混ぜ、軟らかくしてみよう。すると、今度は餌付けが難しくなる。まさにトホホ。しかも再びの風・白波。3時を過ぎ、常連さんは帰った。対面坂の下付近には猫関連のブルー釣り人。私も目標達成が無理っぽくなってきた。早く餌を打ち切って終わろう。しかぁ~し、時間帯なのか風・白波が弱まってきた。それに、午後のGTなのかウキも動き出してきたぞ。そして3時20分過Dscf7292Dscf7293ぎにポツポツと2匹をゲット。トータルでの第3目標を無事クリアして、おまけが1匹。3時38分に餌が尽きて今度こそ終了だ。結果、両グルテンの宙では実釣1時間余で4匹。トータルでは実釣5時間50分弱で11匹。地べら4匹放Dscf7294流7匹だった。片付け。常連さんの具合は分からないが、途中Oさんと話した時には、あたりはあっても乗らない厳しい状況と言っていたので、そんなに多くは釣っていない筈。前回とは比べようもない数字だが、良しとしようかな(ヴェリー・スイート)。ただ、底での気持ちの逸り過ぎは困ったものだ。次回はもう大丈夫だろう。片付けを終え、車に戻る。今日はこれまた久し振りのベイシア詣で。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日から6月。梅雨の合間にどれだけ釣行出来るか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年5月29日 (日)

オバマ大統領が抱擁した人

オバマ大統領の広島滞在は1時間程度だったと聞いている。
そんな中、話題になった抱擁。
抱擁された方の記事を見つけたので、リンクしました。
記事は少し下の方なので、スクロール宜しく。
 
オバマと抱擁した森重昭氏は、40年以上かけて米軍捕虜被爆兵士の遺族全員を探し出し、米軍兵士のための慰霊碑を建てた人(みずきの女子知韓宣言)
 
謝罪と賠償を求めるだけの人たちが何処からかやって来たが・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年5月28日 (土)

福島旅行記その5/5月25日

いよいよ最終日。朝風呂で気分をリフレッシュし、荷物を整理してから朝食バイキングへと向かう。風呂に入っている時にはパラついていた雨も上がったようだ。
食事を済ませてホテルを出る。まず向かったのは「鶴ヶ城」。会津の城なので大きい。城Dscf7253Dscf7255中に駐車場があるくらい。浜松城とは比べようもない。
駐車場から歩いて天守閣に向かうが、雨の後なのか気温は上がらないが蒸している。
Dscf7259中は全て階段。1階2階は写真撮影NGなので注意が必要。昨日までの疲れがどっとDscf7261出たのか、しんどい。
Dscf7262最上階から外に出れば、風もあって生き返る感じ。福島ともあと少しでお別れか。
順路に従って行けば、今までと同じく最後には売店。義弟は呑めないがお土産に酒を買うようなので、私も思い切って高い酒?を買ってみようかな。ただ、ここでは買わない。この後2つばかり蔵元を廻って、予め決めてある酒を買うとの事。Dscf7263と、その前に、郡山に本店がある洋菓子店「ままどおる」でお土産購入。通販でも買えるのだが、せっかく来たのだから。
それから、蔵元「宮泉銘醸」と「鶴之江酒造」を巡る。私は「宮泉銘醸」で純米大吟醸備前雄町(生酒)を購入。まだ呑んでないDscf7264が、楽しみだぁ。
しかぁ~し、「鶴之江酒造」では写真を撮り忘れた。疲れていたんだろうか。
義弟が家人へのお土産にと漆塗りの箸を買ってくれた。気を遣わせてしまい、本当に申し訳ない。
その後、地元でも有名な和菓子店「柏屋」Dscf7265で薄皮饅頭を購入。店内で1人の職人が作っているのが見えるようになっていたが、もちろんパフォーマンスなのだろう。1人で作れる訳ないもんね。
これで全てのお土産は買った(既に食べ尽くしましたので、悪しからず)。
さあ、朝が早かったせいか、そろそろ腹も減って来た事だし、昼食だ。今日は「大内宿」で「高遠そば」。会津西街道にある宿場町らしいが、詳しくはネット等で調べてチョーダイ!
Dscf7266何か心寂しそうな道を5kmほど進むと、いきなり開けた場所に出る。駐車場には車が一杯。藁葺き屋根の家(元は旅籠だったのでは?)がずらっと並ぶ。今通って来た道を来たとは思えないほどの観光客。中国語も聞こえて来る。
我々が入ったのは「三澤屋」。昼食時とあって混んでいる。我々に渡された番号札は40番。しばらく待つと、来ました高遠そば。葱を箸代わりにして食べるのだが、無理。それで、ちゃんと箸も付いてくる。
Dscf7269Dscf7271蕎麦をすすりながら左手に持った葱を薬味としてかじるのだが、美味い!美味いよ!
観光地にありがちな、デロデロに伸びた麺かと思ったが、失礼しました。普通に美味い。
ただ、蕎麦湯が出て来ても、単体でしか飲めないのはどうかな。
さあ、遂に福島旅行も最後の目的地となった。それが「塔のへつり」。「へつり」の漢字はうかんむりにドル。
Dscf7272Dscf7273「へつり」とは、この地方の方言で、川に沿った断崖や、急斜面という意味らしい。
えらい昔に水流にえぐられた河床の地層が、地盤の隆起と共に風雨にさらされ、軟らかDscf7275い部分が流されてへこみを作り、固い部分が庇状に張り出して、更に縦の節理に沿っても侵食が進んだため、何層にも重なる塔状の形になった、とはパンフレットに書いてあっDscf7278た。自然の作り出す絶景に感心して、いよいよ帰途に就く。
2日間運転しっ放しだった義弟には感謝しかない。少しではあるが私も運転させてもらう。
帰りは東北道から圏央道、そして東名から横浜インターへと。大体4時間くらいだったが、普段高速には乗ることがない私、隣の義弟はヒヤヒヤもので、運転するより疲れたのでは?
妹夫婦の家で一泊し、翌26日には帰宅となった。2人には本当にお世話になり、ありがとうございますの一語しかない。尻が重い私、これを機に少しでも遠出をしてみよう。なんて殊勝な事を思った旅行だった。
 
福島は蔵が多い。これ初めて確認した
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

福島旅行記その4/5月24日PM

それから喜多方へと向かい、昼食は「喜多方ラーメン」。数ある店の中で我々が入ったこの店は、醤油と味噌の醸造元がやっているようだ。
Dscf7224Dscf7223客は我々の他にお婆さんが1人だけ。そう言えば、ソースカツ丼の時も客は我々だけだったし、観光客はそこそこいるのに、皆さんなにを食べてるんだろう?
それはさておき、肝心のラーメンはと言えば、平打ちの醤油味で特にこれと言った特徴がない。ただ、価格は460円と安い。
スケジュールが少し早めに推移しているらしく、続いては 柳津にある虚空蔵尊。景色Dscf7226Dscf7227が素晴らしいとの事。ここも歩きます。歩きますが、何か。
Dscf7229こういう渓谷風の景色は確かに素晴らしい。3日目でも絶景にお目にかかる事になる。
さあ、いよいよ本日のメイン・イヴェント「飯盛山」。ここも歩くんだろうなと思いながら向かうと、何と階段のそばに動く歩道!もちろんタダではありませんが、すがるように乗り込んでゴー!
Dscf7230Dscf7231白虎隊の面々が見たであろう同じ場所から鶴ヶ城を望むと、ゲゲッ、小さ過ぎてよく分からない。昔の人は目が良かったんだなぁと妙な納得。
Dscf7233Dscf7235Dscf7236Dscf7240昨日からの疲れと今日の強行軍?で、いよいよ疲れがピークに。それでも義弟に勧められて「さざえ堂」に入る。一方通行のらせん状通路を登って下る間、人と出会う事がない不思議な塔と言う事で有名らしい。
Dscf7238実は高校の修学旅行先が東北で、飯盛山にも寄った記憶(かなり薄くなっている)があるのだが、この堂にも入ったような入らなかったような・・・。
しかぁ~し、それよりもっと重要な事が。実はかなり疲れていたので、肝心の白虎隊記念館をスルーしてしまったのだ。ここまで来Dscf7241_2て、それはないだろうと言われそうだが、本当にきつかったんです。ただ、この後もっとキツイのが待っていたんですよ(トホホ)。何とか根性で廻りきるぞ!
そして、これが今日最後の訪問先「会津武家屋敷」。こちらも移設ではなくて再現(だと思う)。ゲゲッ、また登るのか・・・。でも、さっき白虎隊記念館をスルーしたので、今度もスルーは出来ないよなぁ。根性で廻りきろう。疲れたせいか写真の枚数もグッと減っている(気がする)。銅像は姿三四郎のモデDscf7246Dscf7247Dscf7251ルと言われた西郷四郎のもの。
遠く鶴ヶ城が見えるが、さっきの飯盛山の時と同じくらい小さいぞ。せっかくだからとカメラで撮ってみたが、悲しいかな3倍ズームではこれが精一杯。中央2つの電柱?の左に見えるでしょうか。
強行軍?も無事にクリアして、今夜の宿へ。東山温泉の「東鳳」。さっさとチェックインして部屋へと向かう。シングル相当2部屋P1000311Dscf7252と言う事で予約していたが、何と和室10畳が2部屋与えられた。これはサービスが良いなぁと瞬間的には思えたのだが・・・。カーテンを開くと、あれれ景色は隣の建物の壁。まあまあ、これはまだ我慢の範囲。
さて、ここの露天は開放感に溢れているのだが、残念今は女風呂になっている。明日の朝5時から男風呂と切り替わるので、これは是非とも早起きして入らねば。
P1000310食事はバイキング形式で、特に何かあると言う事はなかった。
ところが、食事を終えて部屋に戻り、テレビを観ながら寛いでいると、8時過ぎになって突然モゴモゴと音が聞こえてきたではないか。まさか、と思いつつもテレビを観ていると、次第に音は大きくなり、しかもそれがカラオケである事が分かった。瞬間湯沸かし器のようにカーッと頭が熱くなった。家でもカラオケにイライラしているのに、旅先でも同じ環境になるなんて考えられない。すぐさまフロントに電話すると、どうやらこの部屋の下が宴会場になっているようで、一応扉は閉まっているようだが、やはり音が漏れてくるようだ。フロントからは後30分ほどで宴会が終わるので、何とか我慢して欲しいと言われ、分かりましたと紳士的に対応するが、腸は煮えくり返ったまま。
一応9時を過ぎる頃から静かにはなったので、それ以上何か言う事は止めた。訳アリの部屋だったんだ。最初に言ってくれれば良かったのに・・・。
その後就寝したのだが、疲れている筈なのに、昨夜と同じく寝付けない。何度となく目が覚め、朝を迎える。よし、こうなったら朝風呂だ。しかぁ~し、予報どおりなのか雨。開放感溢れる風呂もちょっと残念。出る時に、起きて来た義弟と会ったが、昨夜のことは朝食の時にでも話題にしよう。
 
いよいよ最終日。天気は何とか持ちました
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

福島旅行記その3/5月24日AM

まず立ち寄ったのは「野口英世記念館」。猪苗代湖の湖畔に建つ。9時開館だが、我々Dscf7196Dscf7197が到着した9時半頃には既に先客(オイオイ)。大丈夫、釣り座ならぬ駐車スペースはたっぷり。
野口英世と言えば、子供の頃偉人伝で読んだ内容が頭に残っているが、ここはそれを更に深く理解出Dscf7198Dscf7199来たと思う。生家が移築されており、幼い頃に起きた不幸な事故の現場とか、19歳でDscf7200Dscf7201上京を前に柱に彫った「志を得ざれば再び此地を踏まず(写真は複製)」を目の前にして、新たな感動が湧き上がった。
館内には本人そっくりのロボットがあって、ボタンを押すと簡単な説明をしてくれるが、これはまあどうでも・・・。
さあ、次は皇族ゆかりの「天鏡閣」。別荘のようなもので、昭和天皇も利用したらしい。Dscf7202Dscf7203当時は周りの木々も少なかったようで、猪苗代湖が見えたとの事(wikiより)。Dscf7204続いて向かったのは、白虎隊ゆかりの地「戸ノ口原古戦場跡」。あれっと思うくらい何もDscf7207Dscf7208Dscf7209なく、気付かず通り過ぎてしまっても不思議ではない。たまたま地元の人がいて、簡単な説明をしてくれた。近くにある橋を落とせず官軍に攻められて、敗走。水路を通って飯盛山まで行くが、そこで遠くに見える鶴ヶ城から煙が上がるのを見て、落城と勘違いして自刃してしまう悲しくも切ないストーリーは有名。
続いては、白虎隊の学び舎「会津藩校 日進館」。これは移築ではなく、新たに再現さDscf7214れたもの。
Dscf7215Dscf7216Dscf7217いやぁ、広いなぁ。しかも高いところにあるので、これはなかなかしんどいですよ。グルッDscf7218Dscf7219_2Dscf7221と見て廻るだけで、かなり疲れる。それで、後の方でガクガクッとなるのだが・・・。
今日は朝から強行軍?で、午前中相当歩いたような気が。こまめに水分補給しながらやっと昼食にありつけそうだ。
 
昼食と午後の部は次にまわそう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年5月27日 (金)

福島旅行記その2(四季彩一力)/5月23、24日)

Dscf7194初日の宿泊先は磐梯熱海温泉「四季彩一力」。部屋は5階、洋間に2つのベッドと和室。私の豪快なイビキで寝れなくなる事がないように、義弟は洋間のベッドに、私は和室にふとんを敷いてもらって寝る。
と、その前にまずは風呂。温泉と銘打っているので、どんなものか楽しみだ。そうそう、館内には安倍ちゃんとお父様の晋太郎さんのサインがあった。
風呂(温泉)は熱い湯と「ぬる湯」の2つがあって、それを交互に入る事で疲れを抜くらしい。「ぬる湯」は大体30度くらいかな。
Dscf7175Dscf7176露天になっている部分はあるものの、やや開放感に欠ける造り。それでもゆっくり入って、最後にはサウナの横にある冷水でふくらはぎを締めれば、後でグーンと血流がアップ。疲れが取れたような気がした。
Docu0047夕食は部屋で頂く。この旅館は食事が良いらしい。汗が引いた6時頃に仲居さんが用意をしてくれた。どれも美味しい。見た目もグー。
Dscf7181Dscf7182Dscf7177Dscf7179Dscf7186Dscf7187Dscf7188Dscf7185追加料理の馬刺し、私は初めて食べたが、なかなかの弾力。にんにく醤油で頂けば、これはいける。陶板焼きは別々のものを頼んでシェア。
Dscf7183Dscf7184Dscf7189食事の後、布団を敷いてもらってゴロゴロ。義弟は疲れたらしく(ずっと運転してくれた)、一旦寝て深夜風呂に行くと行って洋間へ。私もテレビを見るより寝た方が良いかもと布団へ。
しかぁ~し、幾ら疲れたとは言っても、家では8時過ぎに寝る事はないので、旅の興奮もあって寝付けない。その後数時間毎に目が覚めてしまい、結局熟睡出来ないままにDscf7190朝を迎える事となった。
Dscf71912日目も好天。朝は涼しくて気持ち良い。
Dscf7192ここは真下に見える日本庭園も売りの一つらしい。正面の山には水力発電所らしきものが見える。
義弟が起きて来た。昨夜は予定通り風呂に行ったそうだ。
朝食は1階のレストランで摂る。半バイキングとやらで、まずは食べたいものを皿にわんさか取って席に向かうと、何とそこにも朝食が並んでいるではないか。これは・・・。でDocu0049も、出されたものを残すなんて私のポリシーにはない。ご飯のお代わりをして食べきったP1000307ぞ。本当はこのおかずの量ならご飯5杯はいけるんだが(オイオイ)。
疲れも取れ(本当に疲れが出るのは明日という話もあるが)、充分満足してチェックアウト。今日も立て込んだスケジュールが待っている。わくわくしながら乗車してゴー!
 
2日目は朝9時から開館している野口英世記念館から
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

福島旅行記その1/5月23日

義弟のお誘いで、23日から2泊3日で福島に行ってきた。天候にも恵まれ、楽しい時を過ごしたが、釣りで荷物を運ぶ以外に普段体を使う事が少ない私、結構疲れた旅でもあった。
Dscf7150道に疎い私と違って、下調べも行程表作成もバッチリの義弟。都内を抜けて常磐道でいわき付近まで北上、そこから磐越道で最初の目的地福島三春に向かう。
ここでは、既に花は終わっているものの、巨大な桜の木(三春滝桜)を見る。幹が結構な太さである事にビックリ。満開の頃には多Dscf7153くの観光客が訪れるようだ。
それから、今日の昼食。何処をどう走ったのか記憶にないが、、本宮市にある有名店「柏屋食堂」へ。行程表より早めに着いたので、開店時刻まで数分待ってから入店。この辺りの名物「ソースカツ丼」を頂く。
Dscf7157Dscf7156個人的には卵でとじたカツ丼が好きなので、あまり期待はしていなかったが、揚げたてのカツ2枚と、それに絡むやや甘めのソース、更にはご飯との間にあるキャベツとが絶妙のマッチング。いやぁ、美味かったなぁ。ただ、もう少しキャベツの量があればとは、個人的な要望でした。
次は二本松市にある「霞ヶ城址」に行く。道中、除染の看板を見て、まだ福島第一による汚染の状況が改善されていない事に気付かされた。
Dscf7159Dscf7160Dscf7162Dscf7167Dscf7170霞ヶ城址には、二本松少年隊の像がある。福島は歴史のある土地だ。明治維新の頃に幕府軍として多くの戦いがあった跡をこれから巡る事になる。
続いては福島市内にある「旧堀切邸」。東京市長も輩出した事がある由緒ある家。途中、高村光太郎の妻で「智恵子抄」でも有名な智恵子の実家と生家と記念館の横を通ったが、これは通っただけ。
Dscf7172Dscf7173
旧堀切邸のすぐそばにあるお菓子屋さんで、有名?な「ゆべし」をお土産に購入。私の頭の中では、柚子の実の中をくり抜いた中に詰められた食べ物かと思っていたが、それはこの地方ではなかった。浅学でスミマセン。
初日の行程はこれで終了。結構なハードスケジュールだった。
宿泊は常磐熱海温泉の「四季彩一力」。詳しくはその2で。
 
記憶がどんどん薄れて行くので、早くアップしないと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年5月26日 (木)

本日帰ってきました

日曜に家を出発し、月曜から水曜まで旅行。本日帰ってきました。
数日間ブログ更新がなかったので、ひょっとしてまた入院?かと心配して電話をいただいた方がいらっしゃいましたが、ありがたい事です。多少疲れてはいますが元気です。
帰宅早々やっちまいましたが、それは後日明らかにすると言う事で、とりあえずこの後旅行の詳細を何回かに分けて記したいと思います。
 
今回は2泊3日。移動日も入れれば5日間の不在だった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

いよいよパソコンの替え時か

XPパソコンを後生大事に使ってきた私だが、今夜CDのコピーをしようと思ったら、全く書き込めないトラブル。
アプリがおかしいのではと、違うものを使ってみるが、効なくガックリ。
そう言えば最近、以前コピーしたCD-Rの読み込みの際にエラーが多くなったので、CD-Rの寿命かと思っていたのだが、どうやらドライブのパワーが落ちているような気がしてきた。
試しに、秘蔵のCD-RW(まだこんなディスクを隠していたとは!)でやってみると、何と書き始めたではないか。
確かCD-RWの方がCD-Rより強いパワーが必要な筈(記憶が定かではないが)。ただし、書き込みの速度が、CD-RWでは4×、CD-Rでは16×になっているので、CD-Rの方がよりパワーを必要としているのかもしれない。
それではドライブ単体の買い替えという選択肢もあるが、今更CDドライブを買い換えるなんて、ね(メモリは増設したけど)。いよいよパソコンも買い替えの決断が必要になってきたか。年金が入ってくるようになったら考えるとするか。
 
と、書いていてふと思ったのが、CD-Rで書き込みの速度を落としたらどうだろうかと言う事。今日は疲れたので、明日以降にしよう。そうしよう、双子葉植物。
 
今月は釣行回数を稼ぐのに絶好の月だったが・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

やはり同じだった@増沢池

今日は曇りで涼しい。それならゴー!駐車場に着いたのは9時半過ぎか。OさんKさんはいないようだ。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、先客は日向側にダム?そば、旧流れ込み、階段下の3人。日陰側は先日と同じく柳の木の奥の奥まで誰もいない。整地された辺りとその奥のワンド、それから流れ込み付近にあたりさわりグループ。湖面はまだ泥色は抜けないが穏やかで、水の流れ込みはほぼない。いつもの場所に入っDscf7117て、さあ準備しよう。今日は底でこれと言う良いあたりを取りたいなぁ。竿は9尺、餌は夏・冬・段差のバラケ。太いトップのウキはオモリの変更が面倒なのでそのまま使う。ささっと底を取っての開始は10時6分。う~ん、ウキの馴染みが思うように出ない。ウキ下をちょちょっといじって良しにする。すると、じきにウキが小さくではあるが動き始めた。Dscf7118まだ最初なので、あまりウキを見る事はせず餌打ちを続ければ、10時半を過ぎてウキが動いたかどうかハッキリしないのに反応して1匹目。サイズもそこそこでまあ満足と行きたいが、あたりが気に入らない。しかも、その後はウキは動くがあたりらしきそれに反応してもカラ。今日はトンボ攻撃が気温が低いせいかあまりなかったが、ウキの動きは芳しくないまま。それで、11時Dscf7119前に思い切ってウキを交換。トップが細いがオモリは背負うものに変更。すると、それは目盛も細かかった。見辛いなぁ。しかぁ~し、底取りの最中にあたり、そして掛かってしまいました!餌も付いていない空鈎なのに。まあいい、カウント。さあ、どんどん行こう。すると、再開してじきに今Dscf7120Dscf7121Dscf7122Dscf7123Dscf7124Dscf7125Dscf7126Dscf7127度はちゃんと餌を食っての3匹目。あれれひょっとして早めのGTか?11時を過ぎても好調は続き、11時半までに何と7匹を追加して、早くも第3目標クリア!しかも、中には私が望んでいたグーなあたりもあって、それに合った時にはサイズが放流でも「そんなの関係ねぇ~っ(そりゃぁサイズが良いにこした事はないけどね)」!しかぁ~し、その後は次第にウキの動きが悪くなる。GTは何処かに行ってしDscf7128Dscf7129Dscf7130Dscf7131まったようで、スレてのハリス切れ(手応えはグッドサイズ?)も出て、思うように数を増やせない。12時のサイレンまでに4匹。11時半までの状況なら20も楽勝かと思っていたが、やっぱりなぁ。12時を過ぎても状況は好転せず、グッドサイズを1匹追加しただけで12時19分に餌が尽きDscf7132Dscf7133て底は終了。結果、底では実釣2時間10分余で15匹。放流13匹地べら2匹だった。さて、次はどうしようかな。このまま底を続けて(餌は変更)みるのも面白そうだが、前回パッとしなかったガッテンの宙でもやってみよう。と、その前にトイレ休憩と昼食。それからウキと仕掛けを交換して、餌はガッテンを袋に書いてあるとおりに作る。作りっ放しはちょっとボソな感じだが、手水とネリネリで変えて行こう。「たな」は前回のままで再開は12時36分。まずはいつも通りウキが馴染むように餌付けして打つ。ちょうど風・波が出て来て思うように打てず、しばらくは我慢の餌打ちが続く。それでもウキが動くようになって、あたれ!と念ずればあたるが、カラ。それで、このDscf7134Dscf7135対応で良いのかどうかは別にして、とりあえず「たな」を深くしてみると、ウキの動きがグーンと良くなり(個人の感想です)1時前に2匹をゲット。Dscf7136Dscf7137Dscf7138Dscf7139Dscf7140更に1時を過ぎてもまだまだウキの動きはなくならない。1時半までに5匹を追加して、宙だけで第2目標を楽々クリア。しかぁ~し、餌の経時変化なのか、それともハリス切れが出て間が空いたのが良くなかったのか、時合はGTに向かって良くなる筈なのに、状況はじわじわと悪化。2時までに3匹を追加して、宙だけDscf7141Dscf7142Dscf7143で第3目標をクリアしたまでは良かったのだが、2時を過ぎると、あたりそのものがグッと減ってしまう。それで、ついウキを見る時間が長くなって、余計にウキが動かなくなる悪Dscf7144Dscf7145循環。2時半をまたいで2匹をゲットして、まだまだ何とかなりそうかと一瞬喜んだ?ものの、再びウキの動きは悪くなる(モヤモヤのうちに餌が落Dscf7146ちる)。3時前に1匹追加したのが精一杯か。3時5分に餌が尽きて宙は終了。結果、宙では実釣2時間半で13匹。放流9匹中途半端1匹地べら3匹だった。トータルでは実釣4時間40分余で28匹。時間5匹クリアだけが収穫か。今日も最近の結果とそんなに変わらない。これ以上の爆Dscf7147釣を望むなら、何かしらの対策が必要だろう。でも、私には到底思い付かない。逆にこれくらい釣れれば充分との思いもある。片付け。日向側は皆帰り、橋の上(かみ)ワンド付近に1人いる。こちら日陰側もあたりさわりグループと常連さんの一部は帰ったようだ。片付けを終え、車に戻る。今日はベイシア詣でもビッグ富士詣でもないが、ちょっとした買い物があるので、さっさと池を離れた。
 
次回から柳の木の奥にでも行ってみよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

思うようにはいかないね@増沢池

今日は好天。かなり暑くなりそうだ。とりあえずゴー!駐車場着は9時半頃か。Kさんの車はない。Oさんは車を替えたようなので、来ているかどうか分からない。とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、やった私のいつもの場所から柳の木の奥の奥まで誰もいないぞ。塩ビ管手前付近から整地された辺り、更にその奥に先客。日向側は旧流れ込みに1人だけ。まだ山から水が流れ込んでいる。湖面は泥色。風・波は少しある。さあ準Dscf7094備しよう。竿は9尺で両ダンゴの宙。餌は特S単体。袋に書いてあるとおりに作ったのだが、どうもタッチが気に入らない。それでも捨てたり作り直したりはしません。手直しして(ダメでも)使い切る。前回と同じ「たな」での開始は9時54分。うわっ、結構粘りがあると思ったのに、餌が持たない感じ。それにかなり流される。これは困った。困ったが、さっきも書いたとおり使い切るぞ。指でコネコネしつつ餌打ちすると、10時を過ぎてウキに動きが。ただ、あたっても掛からず。餌が気に入らないまま続けるのは精神衛生に良Dscf7095くないが、さっきも書いたとおり・・・。それでも開始30分で、やっと掛かりました1匹目。サイズは放流でもとりあえず餌の面目は立った。さあ、あまり芳しくないがどんどん行こう。しかぁ~し、ウキの動きは改善されず、あたってもカラ。更に30分ほど経ってようやく2匹目。そろそろ11時。Dscf7096Dscf7097午前中のGTがあるかもと、ちょっとだけ期待すると、じきに3匹目。やった放流ではなくなったぞ。でも、前回のような35cmくらいではなく、泣き尺(本当はもう少し小さい?)。やはり時合が来たのかも。最初はどうなる事かと思ったが、何とか第2、いや第3目標まで行けそうか。しかぁ~し、そこからバラシの連続。そして両ハリスが竿に絡まるアクシデント。これを懸命に解こうとするが、絡みがひどくて、もし解けてもハリスにパーマが掛かるのは目に見えている。それで、泣く泣くハリス交換。ついでに、ハリス長を25cm+35cmから20cm+30cmに変更だ。ちょっと時間をロスったか、再開してすぐにあたったものの、やはりバラシ。その後はウキの動きが悪くなる。何とかこの状態で結果を出したいと続けるものの、時間だけが過ぎるお約束の展開に。「たな」を上げてみるが効果なし。開始1時間で3匹の後はさっぱりのまま更に30分以上が経過して、第3目標はおろか第2目標も危うくなってきた。それで、思い切ってDscf7098Dscf7099「たな」を深くしてみると、1回目の餌打ちでバラシが出たが、その後4、5匹目。あっという間に第2目標クリア。それまでは何だったのかと言いたDscf7100くなる。でも開始2時間で5匹とは、最近にない貧果?ウキの動きはかなり良くなり、カラを交えながら12時のサイレンと共に6匹目。「たな」以外は特に何かした訳ではないが、一体何故・・・?これがひょっとして午前中のGTかも。12時を過ぎてもウキの動きはなくならない。餌の方も確かに手水とコネコネで持ちが良くなっている(カラツンも出ている)が、トンボを追い払うために竿を引くのが誘いになっている事もあって、餌が尽きた12時54分までに、何と6匹をDscf7101Dscf7102Dscf7103Dscf7104Dscf7105Dscf7106追加。第3目標まで達する事が出来た。結果、1回目の両ダンゴでは実釣3時間で12匹。放流6匹地べら6匹だった。タッチが気に入らない餌ではあったが、何とか最近のそDscf7107こそこ結果になってホッ。さあ、一旦休憩してトイレと昼食。それから、今度は餌をガッテン単体にする。袋に書いてあるより少なめに作って再開は1時6分。うん、これはなかなか好タッチ。これを指でモミモミして打つ。「たな」は最初の頃のような浅ダナ。すると、開始してじきにウキに動きが。そしてグッと入るあたりも出るが、これがカラばかり。トンボもやって来て募るイライラ。こちらも開始30分ほどで、「たな」を深くする。餌のネリネリは増すばかり。すると、前半と同じようにあたりが力強くなった気がして合わせ続ければ、ポツポツと3匹をゲット。そうDscf7108Dscf7109Dscf7110そう、これでいいんです。餌のタッチが前半よりずっと良い(個人の感想に過ぎません)ので、このまま行けば前半と同様の結果が出てもおかしくないぞ。しかぁ~し、トンボ攻撃は午後になってますます悪化。竿を引いてばかりでは餌が落ちてしまう。2時を過ぎ、それでも2匹を追加して、ガッテンでも第2目標クリア。更に2時半を過ぎてもう1匹。しDscf7111Dscf7112Dscf7113かぁ~し、やった7匹目と思った消し込みでは、確かに掛かっている筈なのに、寄せる途中でのハリス切れでガクガクッ。急いで交換するが、何となく段差が広がった気がしてならない(間違いありません)。そのせいかどうかは分からないが、再開しても釣果はDscf7114増えず、力強いあたりのカラにはビリビリ痺れるぅ~。3時を過ぎ、「たな」を少し上げてみると、午後のGTが来ている(不明確)事もあるかもしれないが、1匹を追加。6匹目からかなり穴が開いた気がするが、これからGTなら第3目標まで行けるのではと甘~い考えがムクムク。しかぁ~し、トDscf7115ンボとカラに責められて1匹しか追加出来ず、3時19分に終了。結果、ガッテンでは実釣2時間10分余で8匹。放流1匹地べら7匹だった。トータルでは実釣5時間10分で20匹。放流7匹地べら13匹かぁ。前半の2時間まででは考えられなかったトーたる20匹、まあまあかな。ただ、餌のタッチが自分好みでなかった前半の方が、好タッチだった後半を上回る結果とは皮肉なDscf7116ものだ(皮肉ではない?)。片付け。奥の整地された辺りの常連さんも終了の様子。湖面は凪いでまだまだ出来そう。でも、今日は終わり。片付けを終え、車に戻る。日陰側ではあっても時折日が当たり、結構暑かった。やはり傘を買わないと。でも、今日は買いません。そろそろと家路に就いた。
 
どんな餌でもどんな釣り方でも変わらないそこそこの結果
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

またも衝動的に買い物

Clean既に書いたかどうかも忘れたが、3月に車用の掃除機を購入。釣りの道具は結構ゴミを運んでくるので、フロアマットにラゲッジルームマット、重宝している。一応サイクロン方式なのだが、効果的なのかは不明。フィルターがすぐに詰まりそうだ。
 
Matそれと、これまた意味があるのかどうか分からない衝動買い品の、インテリアマット。さっき届いた。
大体車の小物に金をかける事がなかった私、何故こんな風になったのか。暇だからかな。
さあ、雨も上がった事だし、洗車でもするか。オイオイ、先日洗ったばかりだろう、って?そうです、手洗いの洗車など前の車では記憶がないのに、やはり暇なんだね。
 
P.S.今掃除を終えたが、やはり傷を見つけてしまった。自分で付けたものでない事は確かだと思う。多分増沢やスーパーマーケットで隣の車(またはその持ち主)に付けられたのだろう。そろそろ小さな傷なら仕方ないねと思いたいが・・・。
 
入梅したらどうしようか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

用事で早上がりも、まあまあ楽しめた@増沢池 with Kさん and ジョニーさん

今日は何とか雨にならずに済みそうだと言う事で、やって来ました増沢。ただし、家の用事で1時くらいまでしか竿を出せない。あっ、駐車場でKさんの車ハケーン!曇っているので日向側に行っても良いが、やはり楽な日陰側へと足は向く。いつもの場所、柳の木の奥とその奥に先客。あっ、奥の奥はKさんだ。まずは旧爆釣ポイントに荷物を降ろし、いつもの場所に最近いつも入る先客に挨拶。今日は今のところ3匹だと。それからKさんのところに行くと、塩ビ管奥から声が。あっ、ジョニーさん!もう間違えませんよ。これDscf7077Dscf7078までの失礼を詫び、写真。Kさんもね。カッコ良く撮れなくてゴメンなさい。さあ、釣り座に戻って準備だ。せいぜい3時間くらいしか出来ないので、準備は楽な方が良いが、「グル宙」ばかりでは面白くないので、ここは両ダンゴでやってみよう。竿は9尺、餌はガッDscf7079テン単体。これを作りっ放しで、餌付けの際にモミモミして使う。「たな」は前回のままで開始は9時43分。う~ん、風・波があってウキが左に流される。右の先客が竿を曲げる。底も調子良さそうだ。さて、まずはしっかりウキが馴染むよう餌付けして打つ・打つ・Dscf7080打つ。すると、ほどなくウキに動きが。そして開始10分ほどで、グッと入るウキの動きに合わせれば、やった早くも1匹目。しかもサイズはグー。自分でもビックリだが、大体こんな事の後はウキが動かなくなるのが私の釣り。まあ、1匹目は気分的にはなかった事にしないと、ウキを見Dscf7081Dscf7082つめる時間が長くなってしまうので、最初と同じく打ち続ければ、10時を過ぎてポツポツと2匹を追加。放流になってしまったが、Dscf7083Dscf7084文句は言いません。更に、カラに悩みながらも10時半までにもう2匹。あれれ第2目標も簡単に(もちろん私にとって、だが)クリア。今日はトンボ攻撃も顔の周りの虫攻撃もないので、非常に気持ち良く釣りが出来ている。ただ、ちょっと涼しさがキツイので、皆さんトイレが近くなっているようだ。しDscf7085かぁ~し、10時半を過ぎてもう1匹追加した頃から、ウキの動きが悪くなる。そして遂に鱗とかバラシとか。そろそろ午前中のGTなのに、何故かは不明。ただ、今日は竿、「たな」、ハリスには一切手を付けなかった。唯一餌に手水とモミモミだけ。単に時間の関係で面倒と言う事もある(オイオイ)が、餌付けだけでどれだけ雰囲気が変わるか見たかった。しかぁ~し、釣れた際に、その時の餌付けの具合を覚えていないという体たらく。これでは何もなDscf7086Dscf7087らない。まさにトホホ。それでも11時までにもう2匹追加(地べら出ました!)して、何やら第3目標も視野に入って来たDscf7088ぞ。そこから再び穴が開くものの、11時半までに何とか1匹をゲットして、第3目標にリーチ!ただし、カラ・スレバラシがポツポツ。スレて上がって来たのがゼロと言うのは素晴らしいの一語(もちろん私にとって、だがPART2)。ウキの動きはそんなに良くならないものの、右の先客がDscf7089Dscf7090帰った11時40分頃までにもう2匹。やった第3目標クリア!更にはまだ時間5匹のペースは何とか維持している。先客はポツポツ竿を曲げていたが、トータルで2桁になったかどうかは不明。お疲れ様でした。さあ、餌も残り少なくなってきた。とりあえず第3目標もクリアした事だし、さっさと餌を打ち終えて終わろうか。すると、時合だけの男の面目躍如?、12時のサイレンが鳴るまでDscf7091Dscf7092に更に2匹をゲットして、まだまだ行けるぞ!しかぁ~し、ハリスが絡むトラブルを、コツコツ解いたまでは良かったが、その間に時合が消滅?ウキの動きが相当弱くなってしまった。そして最後の1投も虚しく、12時25分に終了だ。結果、実釣2時間40分強で13匹。地べら3匹中途半端2匹放流8匹だった。計算上は時間5匹は残念ながら未達成となってしまった。悔しかぁ・・・。Dscf7093片付け。最近はへらの食いがかなり活発になっている感じ。私の釣果も、底であろうと「グル宙」であろうと今日の両ダンゴであろうと、それほど結果に差がない。つまり、どんな餌でも食ってくるので、そこそこに釣れると言う事。もちろん更に上を行くためには、それなりの何かが必要だが、今日もそこそこ楽しめました。片付けを終え、Kさんジョニーさんに挨拶して車に戻る。一応晩まで雨は来ない予報だが、上空雲の様子が怪しかったので気になっていた。何とか持ってくれてサンキュー!さあ、帰ろう。さっさと池を跡にした。
 
明日からまた雨。車を洗っても洗っても汚れてしまう・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年5月15日 (日)

こんな記事

私が見に行くサイト「日本と韓国は敵か?味方か?」にこんな記事があった。
他国の食文化をどうこう言うつもりはないし、欧米のこういう記事には彼らの相当な差別意識がある事は否めない。
いわゆる、頭の良い動物(鯨・イルカ等)、愛玩動物を食べるのは野蛮。牛・馬・鶏は人間が食べるために存在する動物。
かつてはこれが人間にも適用され、いわゆる遅れた人種(南米・アフリカ・アジアに住む人々)は人間以下であり、殺す事に何のためらいもなかったようだ。
そんな連中が動物愛護とかちゃんちゃら可笑しい。捕鯨・イルカ漁で日本を責めるのも、元はそんな人種差別意識が根底にあるとしか考えられない。
とは言っても、この記事の解説では、犬を食べる文化云々ではなく、殺す際の残酷さが問題だと言っているのだ。
残酷に殺せば殺すほど肉が美味しくなるという論理。全く理解不能。
日本国内でも「犬鍋(ボシンタン)」を提供する店が増えているとか。他人の嗜好をとやかく言うつもりはないので、興味のある方はどうぞ。
 
何となく憂鬱になる記事ではある
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

今日もまた

明日から天気が悪くなりそうなので、本来なら何処かの池へ出掛けるところだが、ゴロゴロしてしまいアウト。
やはりテンションが下がっているのだろうか。
まさか五月病とやらでは?
来週には旅行が控えているので、何とか気力だけは回復させないと。
 
♪知らない街を 歩いてみたい 何処か遠くへ 行きたい♪
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年5月14日 (土)

まあまあの結果ではないか@増沢池 with 看板横のmasaさん

この記事は都合により1日遅れでアップしています。
 
今月は4日以降竿を出していない。釣りに対するテンションが下がっているのか?いやいやそんな事はないよと出掛けました増沢。駐車場着は9時過ぎ。あっ、masaさんの車ハケーン!今日も鳳来かと思った。何処にいるのだろう。まずは橋まで行って日陰にDscf7047入れるか確認。やった、私の(かつての)いつもの場所が空いているぞ。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。既に汗。水は泥色、湖面はやや波。さあ準備しよう。釣り台をセットして前を向くと、看板横にmasaさんハケーンPART2。まずは挨拶。準備中だ。私もさっさと続きを・・・。しまった指を拭くタオルを車に忘れてきた。せっかく引きかけた汗なのに、もう一度。さあ、今度こそバッチリの筈。竿は9尺で底から入る。餌は夏・冬・段差のバラケ。ウキがトップの太いものDscf7048になっているが、交換してオモリを調整するのが億劫とそのまま採用。ささっと底を取っての開始は9時45分だ。まあ、最初からウキが動くとは思っていないし、多少の流れでウキがシモるのは我慢出来るが、我慢出来ないのがトンボ。今日も思い切りやってくれました。少しは良い事あったけど。それでも開始してじきにウキの返しが出る。これDscf7049は・・・。ウキが流されるので、底をなぞっているのかもしれない。それでも餌打ちのインターバルには留意しつつ餌打ちを続けると、開始10分ほどで馴染んだウキがムズッ!これに合わせれば、やった早くも掛かったでしょう!サイズもそこそこ。更に10時を過ぎ、ポツポツとあたりを拾って、10Dscf7050Dscf7051Dscf7052Dscf7053時半までに4匹を追加。早くも?第2目標クリア。餌付けが極小なのが功を奏しているのかな。しかぁ~し、ちょっと穴が開いた気がし始めた10時半過ぎ、やはりスレが出てしまいました。何故かアナルに掛かるんだよな、これ。ただ、手応えは30cmクラスに感じたのは私だけだろうか(そうでDscf7055Dscf7056しょう)。11時までに2匹しか追加出来ず、第3目標は夢のまた夢か。餌も残り少ないぞ。しかぁ~し、そろそろ午前中のGT、何とかなるのではとDscf7057Dscf7058Dscf7059Dscf7060ヴェリー・スイートな考え。すると、カラツンに悩みながらも11時半までには4匹をゲットして、とりあえず第3目標もクリア。しかぁ~し、ラス前の11匹目ではハリスがグチャグチャに絡んでしまった。どうみてもカットした方が良さそうなのだが、これを丁寧に解く私。一体どうしたのだろうか。結Dscf7061局ハリスはよれよれになってしまい、多分次回には総交換だろう。終了時刻は写真を撮り忘れたので不明だが、おそらくは11時40分頃。結果、底では実釣2時間弱で11匹。地べら3匹放流8匹だった。前回が12匹だったから、まあまあではないか。それにしても時期とは言えトンボ攻撃は凄かった。でも、トンボを追うために竿を引くのが誘いになるのか、2、3匹は誘った後のあたりだった。さあ、次は宙。しかも両ダンゴではなくて両グル(「グル宙」)。と、その前にトイレ休憩と昼食。日陰は涼しくて申し分ないのだが、やはりちょっと冷え気味なのか、トイレが近くなってしまう。さて、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21+わたグルと思いながらも、何故かα21単体になってしまった。後は段差のバラケも少々。前回のままになっている「たな」よりやや深めでの再開は11時53分。まずはバDscf7062ラケを付けて打つ。しかぁ~し、第1投からトンボ。ガクガクッ。めげずに第2投。やはりトンボ。それで、竿を引いては2、3回トンボを追い払ったかと思った次の瞬間にウキがグッと入った!慌てて合わせれば、やった早くも掛かりましたよ!サイズはさておき、この調子が続けばと思いたいところ。しかぁ~し、そうは問屋が卸さない。ウキは動き続け、それらしい動きも出て来るが、これがカラ。すぐに12時のサイレン。その後も空振りの連続で、クソッ!と言う独り言が池に響き渡ったかも・・・。とにかく合わせまくって、やっと2匹目が出ると、不思議Dscf7063Dscf7064Dscf7065なもので、それから12時半までにバタバタと2匹を追加出来、何だか分からないが第2目標にリーチ!しかぁ~し、私が好調になりかかると出てくるのが「穴」。ただ、そのDscf7066Dscf7067Dscf7068「穴」もバラケを打って解消。1時までに3匹を追加して、「グル宙」だけでも第2目標をクリアしたぞ。さあ、次は第3目標。しかぁ~し、1時を過ぎる頃からウキの動きが悪くなDscf7069Dscf7070る。それで、少し待つ釣りになってしまい、餌打ちのインターバルがバラバラに。1時半までには2匹しか追加出来ず。第3目標は目前なんだけどなぁ。ただ、これも餌打ちのインターバルを短めにする事で何とか対応出来?2時までDscf7071Dscf7072Dscf7073に3匹と、ようやく第3目標をクリアだ。さあ、この辺りから午後のGT、更なる高みを目指そうではないか。しかぁ~し、モヤモヤからダッと消し込むあたりがほぼカラになってしまDscf7074い、今日初めてのスレバラシ(これホントにホント)まで出る始末。やっと1匹を追加した2時半頃にmasaさんが終了。これから車検に行くと言って帰った。釣れたかどうかは訊かなかった。お疲れ様でした。さあ、私もさっぱりのままなので、早く餌を打ち終えて帰りたい(本音は釣って帰りたい)。遂に最後の1投。しかぁ~し、弱く入るあたりに手を出してしまい、カラで終了。でも、せっかくのGT、このまま帰るのは癪だ。かと言って、後ろの予定は決まっているので残業も出来ず。それではと、鈎に付いているグルテンカスだけで打ってみよう。すると、時合とは恐ろしいもので、何とあたり!残念掛からず。まだカスが付いているからもう一度。あっ、またあたった!残念掛からず。もうカスはほとんど付いておらず、幾らなんでも次で終わりでしょう。それでも打ってみると、あたり!そして掛かりました!執念のDscf7075Dscf7076「上がりべら」、しかもグーなサイズ。時刻は2時43分。結果、「グル宙」では実釣2時間50分で14匹。地べら3匹放流11匹だった。トータルでは実釣4時間50分で25匹。地べら6匹放流19匹かぁ。まあ、時間5匹を達成出来たのは良かった良かった。片付け。湖面は凪いできて、時合もあるのでまだまだ釣れそうだ。でも私は終了です。片付けを終え、車に戻る。今日もベイシア詣ではあるのだが、多くは買わない。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
今が1年で一番高活性かも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

久し振りに呑み会

さっき帰ってきたばかり。日付は変わってしまったが、とりあえず報告と言う事で。釣りの日記はこの後。

Img_1128KA氏が生まれ故郷の袋井に帰ってきたと言う事で、歓迎会を名目に呑み会。有楽街の「てんくう」で開催された。
2時間呑み放題のコースだったが、開始1時間で料理が終わってしまい、ビックリ。後は酒だけ呑んで終了。
続いてはカラオケ。これまた客引きが多くてビックリだ。カラオケに限らず、居酒屋なども店の前で店員が客引き(法律で禁止されているので、強引ではないが)。
これも2時間やって11時過ぎにお開き。しまった帰りのバス(ウィークエンドライナー)も終わっている。仕方なくタクシーで帰宅した。
 
行きのバスも週末のせいか道路が混んでいて大幅に遅れた
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

業務連絡

これから呑み会に出掛けるので、今日の釣行日記はその後に書きます。

概略:底も宙も前回並みだった。masaさんが看板横で爆釣?
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

ノンアルコールワイン

Dmc3_2衝動的に買ってみたノンアルコールワイン。
まだ赤しか呑んでいないが、当たり前ではあるがちょっと違う感じ。砂糖が入っていて奥の方で甘く感じる。よくよく考えたら、家で呑むのにノンアルコールは意味がなかった。まさに衝動的。
価格も1本あたり約1000円なので、それなら安いワインが数本買えそう。まあ、お試しでどんなものか分かっただけでも収穫だとしなければ。
 
リカーマウンテンがなくなって、さて何処で酒を買おうか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年5月 9日 (月)

不景気なのか

6日の朝、プラを出しに行ったら、近くのサークルKが閉店しているのを知ってビックリ!外側が全て剥がされて、コンクリートがむき出しになっていた。私はたまにしか利用していなかったが、そんなに流行っていなかったのか。
ただ、これで振込みが簡単に出来なくなったのが痛い。少し離れたところにセブンイレブンがあるが、そこまで行くのも億劫だ。弱った・・・。
なんて思っていたら、今日、たまたまリカー・マウンテンの横を走っていたら、こちらも閉店していた。
確かにそんなに客がいた事はないが、私も会員の1人だったので、これまたショック。
市内にはもう1店舗あるので、今まで貯めたポイントが無駄になる事はないだろうが、こちらもちょっと遠いので、そこまで行くかどうか・・・。
 
世の中不景気なのだろうか
    ↓       ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年5月 7日 (土)

今日の出来事

さっきB♭から帰ってきたところ。これから今日の出来事を記す。
Payokuまずは書籍の紹介。7ネットで購入。著者は私の知る範囲では、高橋由美子さん主演の「南くんの恋人」に出ていた、千葉麗子さん。
元は反原発の運動から左翼に引きずり込まれ、更には「ぱよぱよちーん」なる者との不倫。そこから足抜けするまでの道のりが書かれている。
そんなに目新しい内容は感じなかった。私が若気の至りで一時シンパシーを感じていた某政党についても書かれているが、別にそんなものでは。
さて、午後になって洗車。どうせ数日後には雨になるので、やっても無駄という考えもあるが、放置で汚れが取れにくくなりそうで、水洗いだけではあるが綺麗になったぞ。
Dscf7046Dscf7039汗をシャワーで流し、夜を待つ。そうです、以前書いたザわさんのライヴが7時半からあるのだ。少し早めにB♭に着いたので、小一時間待って開始。客はいつも通り20人くらDscf7042いか。写真にはギターの人は腕だけ。スマン。
やはり生はいいなぁ。第一部と第二部の間には、ザわさんのサプライズがあった。ビックリしたなぁ、もう。
第二部では、途中数分間意識が飛んだような気が。ひょっとして寝てしまったのかも。イビキは出なかったか心配だが、周りの誰にも訊けず、終了と同時にさっさと店を跡にした。まさにトホホ。
 
いよいよGWも明日を残すのみ。私にはノー・ビジネスだけどね
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2016年5月 6日 (金)

森まで新茶を買いに

P1000305今日は午後から天気が下り坂らしいので、10時頃に家を出る。目的地は森。毎年恒例の新茶の買出しに。
まずは小国神社参道にある「太田茶店」。ここでお茶とお菓子を買い、次は「おさだ苑」へと向かう。この2店でそれぞれ買って飲み比べだ。
P1000306「おさだ苑」では湯呑みも購入。ちょっと可愛かったので。
帰りには天浜線遠江一宮駅構内の「百々や」で昼食。時間的に厳しいかと思ったが、何とか入れた。前回とは変えてざる蕎麦を頂く。なかなかグー。剛直な感じの田舎蕎麦とは全く違う。
ちょうど雨が降ってきたので、早めに家を出て良かったなぁ。満足して家路に就いた。
 
美味しいお茶を呑んで幸せだぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年5月 4日 (水)

やっと日陰側に入れたが、風が強くて@増沢池 with ちょっとだけ見たKさん

連休中は何となく混みそうで行き辛かったが、雨上がりでもあるし出掛けてみようとゴー!もちろん行き先は増沢。駐車場着は9時頃か。まずは急いで橋まで行って池の様子を覗うと、やった日陰側が空いている。車に戻り、さっさと荷物を降ろして池に向かう。旧爆釣ポイントの先客に挨拶すると、昨日はどうだったかと訊かれ?誰かと勘違いしているようだ。さあ準備しよう。いつもの場所、いいなぁ。水量が多く、また多少の濁りがDscf7012あって、何となく釣れそう(個人の感想に過ぎません)。ただ、風が強くて竿が振れるか微妙なので、とりあえず9尺を出す。まずは久し振りの底をやるぞ。餌は夏・冬・段差のバラケ。木の影でウキが見難そうと太いトップのものを採用したが、これはあまり良くなかったかも(流され、またトンボの絶好の標的)。私の準備中に先客が2匹をゲット。それまで5匹(35cmクラス2匹含む)だったのに、ウキ下を微調したら急に好調に。私の方は底取りに不安を抱えたまま、開始は9時39分。う~ん、やはり底が取れていない感じがする。ただ、シモリがひどいのでハッキリしない。先客はもう1匹ゲット。まだまだDscf7013行けそうだ。私の方もしばらくしてウキに動きが出たような。そして開始10分ほどで1匹目。放流だったが、気にするな。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、風・波は更にひどくなる。これではあたりを拾うのはかなり難しいぞ。10時を過ぎ、先客が片付け開始。こんな状況ではやる気が失せたようだ。7時からやっていて、そこそこ釣れたから帰ると言う。お疲れ様でした。私は始めたばかりなので、帰れまテン!ウキ下を微調しながら続ければ、先客が帰ってほどなく2匹目。更にもう1匹。多少風・波が弱くなったか。そういう場合だけウキが動いているDscf7014Dscf7015Dscf7016のが分かるので、あたりも取れる。10時半を過ぎて4匹目。いずれも放流だが、釣れなDscf7017ければ放流よカモンと言いながらも、釣れてしまえば地べらよカモン。すると、何と言う事でしょう、それからじきにグッドサイズで第2目標クリア!これこれ、これを待っていたんですよ。カラにスレにバラシと難儀しながらも、湖面が穏やかな時にポツポツとあたりを拾って行く。11時までにもうDscf7018Dscf70192匹。さあ、これから午前中のGT(最近はそうでもなさそう?)、頑張って第3目標を目指したいところ。すると、11時を過ぎても同様の状況は続Dscf7020Dscf7021Dscf7022Dscf7023Dscf7024き、約20分で難なく4匹をゲット!第3目標もクリア!しかぁ~し、ハリス絡みで時間をロスると、一遍に状況が悪化。何とか1匹をゲットするものの、その後がなく餌も尽きて11時46分に底は終了。結果、実釣2時間余で12匹。ウキを変えるとか、ハリス長を変えるとか、鈎を重いものにするとか、考えるだけでやらDscf7025なければこんなものか。さあ、一旦休憩だ。と、ここでKさん登場。私の状況を訊くと奥に向かったが、こちらに戻る事はなかった。さて、昼食後に次の釣りを考える。宙は仕掛けが「トロ掛け」になっているが、それはやりたくない。かと言って、前回のように竿を長くする事も、風が強いのでやりたくない。と言う事で、思い切って9尺の仕掛けの両ハリスを交換して「両ダンゴ」の宙でやってみよう。ハリス長はまずは30cm+40cmで。状況を見て詰めて行く。餌はガッテン単体。やや深めの「たな」で再開は12時12分。最初は作りっ放しを指でしっかり揉んで打つと、しばらくしてウキに動きが。いいぞいいぞ。そして開始10分ほどで、Dscf7026Dscf7027Dscf7028グッと入るウキの動きで1匹目。12時半を過ぎてポツポツと2匹を追加するが、そこからどうもへらが寄り過ぎたのかウキの動きがおかしくなる。それらしい動きに合わせてもカDscf7029ラばかり。餌付けを変えてみるが、それよりハリス長が気になって仕方ない。1時を過ぎ、このままではマズイとハリスを5cmほど詰めてみる。それで何とか開始1時間で4匹目。ただ、これも続かず。カラに加えてバラシが出始める(手応えはグーなサイズばかり)。それで、今度は餌に手Dscf7030Dscf7031水でヤワネバにしてみると、1時半を過ぎて連荘!第2目標クリアだ。ただ、これも続かない。ハリス長のこれ以上の変更は気が弱くて?出来ないので、餌をいじくりまわしているうちに2時。すると、まだ午後のGTには程遠いと思うのDscf7032Dscf7033Dscf7034Dscf7035だが、あたりらしきウキの動きでなんとか掛かるようになった(ただしスレ・バラシもそれなりに)。2時半までにグーなサイズばかり4匹を追加して、見事?両ダンゴだけで第3目標クリア。もう少し行けそうな感じになるものの、残念餌が残り少ない。終了間際にこれまたグーなサイズを1匹追Dscf7036Dscf7037加したものの、最後の1投は見事なズバッ!でカラ・・・。2時42分に終了。結果、両ダンゴでは実釣2時間半で11匹。トータルでは実釣4時間半で23匹。日陰側は放流が多いというのも満更嘘ではなさそうだ。ただ、それならもっと放流をゲット出来ても良さそうなのに、それが出来ないところが私の限界。片付け。今日はベイシア詣ではないが、帰宅してからビッグ富士詣でがあるので、残業はなし。片付けを終え、車に戻る。あまり書かなかったが、今日もトンボ攻撃は止まず(風の強いうちは出て来ないが、風が弱まってウキの視認性がグッと向上すると同時に出て来る。トレードオフの関係が辛い)、追い払うために竿を引いてばかりで餌を落としてしまうイライラ。だが、これも我慢するしかない。さあ帰ろう。そろそろと家路に就いた。
 
日陰はかなり涼しいが、トイレが近くなる
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年5月 2日 (月)

日陰に入れなくて暑い暑い@増沢池 with Kさん

今日は一般的には平日らしい。それでは出掛けようかなと部屋に行くと、ザわさんからメール。七曲りに来ているとの事。私も行こうかと思ったが、よくよく考えると道を知らない。以前1回だけ行った際に掛川インターで下りるところまでは分かっているのだが、その後がね。多分モタモタして時間をロスするだろうから、涙を呑んで断念。代わりに増沢へとゴー!9時頃に駐車場に着くと、Kさんの車はあるものの、へら師と思われる車はそんなに多くない。これなら日陰に入れるかもと、まずは橋まで行って池の様子を覗うと、ゲゲッ、日陰側は私のかつてのいつもの場所、旧爆釣ポイント、柳の木の奥と更にその奥、塩ビ管手前まで5人。定員が満席だ。その奥の整地された辺りから深場にも先Dscf6990客がいるが、そちらには行かない。日向側はダム?そば、旧流れ込み、階段下付近の5人。旧流れ込みがKさんのようだ。それでは仕方ないが前回と同じ橋の下(しも)にでも入ろう。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。既に陽は燦燦と降り注ぎ、どうみても暑そうだ。傘がないので、果たして凌げるか。と、準備の前にKさんのところへ。今日は両ダンゴで深宙。見ればウキが動いている。何となく期待出来そうだ。釣り座に戻り、さあ準備しよう。まずは9尺で前回の続きDscf6991「トロ掛け」。餌はバラケにガッテンを単体で。ちょっと深めの「たな」での開始は9時38分。すると、すぐにトンボがウキに寄って来た。もうそんな時期なのだ。また、坂の下付近では第何弾から分からないが、バシャバシャとはたいている。さて、最初のうちは打てども打てどもウキに動きなし。ヤバイ、前回も午前中はパッとしなかった(凸寸前とも言える)が、今日も同じ展開か。それでも10時を過ぎる頃からウキが動き出した。やれやれ。しかぁ~し、トンボ攻撃も止まない。むしろそちらの方でイライラが募る。更にはあまりに暑くて帽子だけでは凌げそうにないので、風が弱い事もあってかぶるタイプの傘Dscf6992(おそらく鮎用では)を使ってみると、多少動作が制限されるものの、暑さは少しは凌げそうだ。これで行こう。すると、じきにあたり!そして掛かりました!まさかブルーではと危惧するが、放流でした。凸脱却。へらが寄って来たのが分かるくらいウキが動き始め、10時半までに地べら3匹をDscf6993Dscf6994Dscf6995ゲットして、早くも第2目標にリーチ。いずれもあたりはズバッ!3匹目はバラケを食ってDscf6996いたが、ドンマイドンマイ。あたりらしきウキの動きは断続的ではあるが出続け、カラが大半ではあってもたまには掛かり、10時半を過ぎて5匹目。開始1時間で第2目標とは素晴らしい(もちろん私にとって、だが)。しかもスレとバラシはなし。しかぁ~し、何故かそこからバッタリ状態に。暑くてバラケが経時変化したのかな。一応餌ボウルには覆いを掛けてあるが、そんなの関Dscf6997Dscf6998係ねぇ~!ってか。手水で柔らかくして続行すれば、11時を過ぎて連荘!そろそろ午前中のGT、まだまだ釣れるかも。しかぁ~し、再び間が空Dscf6999Dscf7001く。何だろう・・・。それでも11時半までにもう2匹を追加して、第3目標にリーチ。GTかな。残念またも穴。午前中のGTは最近効かないようだ(個Dscf7002人の感想です)。何とか12時のサイレンの前までにもう1匹出て、ようやく第3目標クリア。が、残念放流とはこれ如何に。しかも、それから今日初めてのバラシが出てしまい、もうガクガクッ。12時のサイレンの後はGTなのかあたりが復活するものの、合わせても合わせても掛からず、Dscf7003じっと手を見る・・・。それでも「上がりべら」をゲットして12時24分に餌が尽きた。結果、「トロ掛け」では実釣2時間45分で11匹。地べら9匹放流2匹だった。まあまあでしょう。さあ、一旦休憩して昼食。対面5人はKさんが来た7時頃には席が埋まっていたらしいので、2人が帰った。今かDscf7004らでも移動しようかな(言ってみただけです)。さて、後半はどうしよう。違う釣り方をするならハリス交換をしなければならない。ちょっと「グル宙」をやってみたいのだが、仕掛けの交換は面倒なので、竿を変える事に(どちらが面倒?)。12尺だ。餌はα21+わたグル。段差のバラケも忘れずに。うわっ、ハリス長が40cm+60cmくらいあるぞ。これは振り難そうだし、へらの活性からも長さを変えた方が良いのではと一瞬思ったが、これまた面倒でそのまま。「たな」を下げて再開は12時46分。すると、今度はさっきまでよりウキが大きくトップも太めになったので、トンボの目に留まり易くなったのか、トンボ攻撃が激しくなる。何しろウキが立つ前から待っているんだもんね。そんなに休みたいなら飛ぶな!と言いたくなるのは止むを得ないだろう。すぐに1時。ウキは動き出してはいるものの、「グル宙」らしいウキDscf7005の動きではさっぱり掛からない。それでもとにかく合わせ続けると、やった1匹目は地べら。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。ガクガクッPART2。交換するついでに、気になっていたハリス長を35cm+55cmくらいに縮めてみる。もちろん無駄な動きを減らすため。すると、そのせいなのか、それとも間が空いたからなのか、ウキの動きがなくなってしまった。バラケを付けて打てば、しばらくして動きが復活。しかぁ~し、再びのカラツン。2時前にやっと1匹をDscf7006Dscf7007追加。めげずに合わせ続けた成果です。更に2時を過ぎてもう1匹。あれれ午後のGTかな。しかぁ~し、世の中そんなに甘くない。そこから先は、合わせても合わせてもとにかく掛からないのだ(もう手は見ませんが、何か)。たまに掛かったかと思えばバラシ。トホホ。それでも3時近くになって、あたりに合い始めた。やっぱりGTだ。しかぁ~し、これが放流ばかり。手応えが良い(多分地べら)のは全てバラDscf7008Dscf7009Dscf7010シ。3時までに2匹。3時を過ぎて1匹と、「グル宙」だけで一応は第2目標クリアしたものの、放流ばかりと言うのはなぁ。3時になり、Kさんは帰った。お疲れ様でした。対面もガラガラだ。橋の上(かみ)には2組(1組はご夫婦)いたが1人は帰った。竿が曲がっていたかは不明(自分の事だけで精一杯)。それからしばらくして餌が尽き、3時23分に終了。結果、「グル宙」では実釣2時間40分で6匹。地べら3放流3だった。数は少ないDscf7011ものの、何故か満足。トータルでは実釣5時間半弱で17匹(地べら12放流5)かぁ。片付け。かぶる傘、なかなかグーだった。風が強いと使えないし、傍から見ると格好が悪いので、イシグロで買ったは良いが使ってこなかったが、これからはどんどん使おう。片付けを終え、車に戻る。最近は暑くなったので、距離がある日向側は本当に帰りがキツイ。早く日陰側でやるようにしないと。今日はベイシア詣ではしたくないので、さっさと池を離れた。
 
今月は回数を稼がないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年5月 1日 (日)

予報が変わった?

今日は好天。よっぽど出掛けようかと思ったが、グズグズしていて昼になってしまったので中止。
それでは明日はどうだろう。おおっ、まあまあではないか。
Weatherあれっ、3日と4日の予報が変わっているぞ。確か少し前に見た時には両日とも雨。浜松祭りも台無し(大体この時期は雨が絡む)かと思っていたが、これなら期間中は何とか凧が揚がりそうだ。良かった良かった。
でも、急に変わるかもしれないので、とりあえず明日の釣行は大丈夫そうだが、それ以降は最新の予報をチェックする必要がありそうだ。
 
さてさて明日は何処へ行こうかな?
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »