« オバマ大統領が抱擁した人 | トップページ | 冷静な判断 »

2016年5月31日 (火)

久し振りの釣行で気持ちが逸ってしまい@増沢池 with Kさん and Oさん

5月は釣行回数の稼ぎ時だったが、旅行という嬉しい誤算で1週間が過ぎてしまった。確か最後の釣行は20日だったような?今日は5月最終日なので、何としてもゴー!駐車場着は9時過ぎか。あっ、Kさんの車ハケーン。Oさんの車はまだ分からないので、来ているかどうか不明。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、私の(かつての)いつもの場所にはいつもの先客。旧爆釣ポイントから柳の木の奥の奥まで空いているが、Kさんの姿はない。どうしよう、何処に入ろうか。そうだな、やはり旧爆釣ポイントにしよう。塩ビ管付近から奥に先客(おそらく常連さん)がいるから、独り言で邪魔にならないよう。いつもDscf7279の場所の先客に挨拶して様子を訊くと、底でまだ2匹との事。しかぁ~し、私の準備中に竿が曲がり、そんなに悪そうな感じはしないので、私も底から始めようかな。竿は9尺、餌は夏・冬・段差のバラケ。何かわくわくする気持ちと、緊張が混じる。ちょっと白波があるので、底を丁寧に取っての開始は9時27分。う~ん、ウキが動かないぞ。しばらく打ち続けるが、芳しくない。やはり久し振りなので気持ちが逸ってしまい、早くあたりが欲しくて堪らない。しかぁ~し、開始20分くらいでウキが動き出したかなと思ったら、何と1発目のグーなあたりを見逃すチョンボ!その後もウキは何となく動いているような、Dscf7280そうでないような・・・。10時を過ぎ、やっと1匹目をゲットする。これはなかなかグーなサイズ。久し振りの引きにも感動だ。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、何故かそこからウキの動きが悪くなる。しかも、お約束のトンボ攻撃も出てくれば、集中力など何処へやら。更には開始1時間を過ぎ、大きなあたりで両ハリスをロストするアクシデントで、最早気持ちのコントロールは不能に。急いでハリス交換するものの、両方とも切れてしまったので、参考にする長さがなく、適当。しかも底取りをせず、大体の雰囲気でウキ下を調整。これで釣れる筈もなく、時間だけが過ぎるお決まりの展開に。隣も何匹か釣った後は私と同じくシーン状態。奥の方はどうなんだろう。そうそう、Kさんは対面階段下付近にいた。が、電話をしても出ず、手を振っても反応なし(トホホ)。白波と風流れで気持ちはかなりトーンダウンしていDscf7281た私だが、1匹目からほぼ1時間が経とうとする11時前になって、午前中のGTなのかどうかは分からないが、やっとそれなりのあたりが出て2匹目ゲット!いやぁ、きつかったなぁ。さあ、今度こそどんどん行くぞ。しかぁ~し、あたらず、また変なウキの動きにも手を出してしまい、ダメだこりゃ(長さん風に)。Kさんが昼食休憩なのかこちらにやって来た。いきなり背後から大きな声がしたのでビックリ。奥の方へと向かった。隣はグーなサイズの「上がりべら」をゲットして11時半頃帰った。お疲れ様でした。さて、特に何もなく底は11時38分に終了。2Dscf7282時間以上やってたったの2匹。幾らなんでもひど過ぎる。再度底をやってリベンジしたいところだが、雰囲気的には返り討ち濃厚なので、ここは宙にしよう。そうしよう、双子葉植物。と、その前に奥にいるOさんに電話。奥の方での会話でOさんが出て来たので、いる事は間違いない。ん、やっぱりいました。車のナンバーも分かって、これからは安心だ。それからトイレ休憩と昼食。ウキと仕掛けを交換し、餌はガッテン単体。「たな」は前回のままで再開は11時56分。まずはウキの馴染み具合を見ようと第1投。すると、何と言う事でしょう、馴染み切Dscf7283ったウキがチクッ!これに合わせれば、やった1匹目!ビックリしたなぁ、もう。しかぁ~し、ハリスが絡む。普通ならカットした方が良さそうなのを、根性で解けば12時のサイレン。ハリスにパーマが掛かってしまったが、ノー・プロブレム(オイオイ)。そのまま続行すると、またも小さなチクッ!Dscf7284で、おおっこれは・・・。何となくマブナライクだが、カウントカウント。こりゃぁ宙で爆釣間違いないか?しかぁ~し、またもハリスが絡んでしまった。でも、今度は解けそうにないので、そのままで続行(コラコラ)。風・白波が一気に大きくなり、それに従ってウキの視認性が悪化。動いているのかどうかの判定は無理。でも、餌は打ち続けないといけないので、せっせと打つ・打つ・打つ。時折ウキが入った気がして合わせるが、カラ。何だろう、これ。風・波は一向に収まる気配を見せず、結局2匹目から1時間以上経った1時半を過ぎて、一時的に湖面が穏Dscf7286やかになれば、やはりウキが動いていました。そしてウキがスパッと消し込んだのに合わせて、やっと3匹目。トータルでの第2目標クリアだ。いやぁ、長かったし辛かった。まだ午後のGTには早い気もするが、その後もバラシが出てウキの動きはなくならない。2時近くになり、同じくスパッとDscf7287Dscf7288いう動きで4匹目。それからじきにもう1匹をゲットして、宙単独で第2目標クリア(あまり褒められた事ではないが)!と、ここでまたもやハリス絡み。もう餌が残り少ないのに・・・。それでもさすがに今回は交換します。しかぁ~し、段差がちょっと変わってしまった。が、ノー・プロブレム?そして2時24分に餌が尽きて終Dscf7289了。結果、宙では実釣2時間半で5匹。底と併せれば実釣4時間40分で7匹。最近にない貧果。まさにトホホ。Kさんはいつの間にか帰り、こちら側の常連さんもほとんどが帰り支度。まだ早いのに。そうだ、まだ2時半近い、もう1回だけ餌を作って1時間ほど残業しよう。その心は、何としてもトータルでの第3目標をクリアしたいから(もちろんサイズは問いませんが何か)。餌はわたグル単体。そうです、「グル宙」です。ただ、ハリスはさっきまでと同じ。これは「グル宙」ではなさそうだ。両グルテンの宙だろう。再開は2時半。まだ餌は作りたてなので、ウキの馴染み具合を見ながら調整しよう。と思っていると、何と2投目から連荘!で早くDscf7290Dscf7291も目標達成か?しかぁ~し、餌が落ち着いてきたのか、ウキの動きが悪化。これは難しい。練ってもダメ、水を加えて軽く混ぜ、軟らかくしてみよう。すると、今度は餌付けが難しくなる。まさにトホホ。しかも再びの風・白波。3時を過ぎ、常連さんは帰った。対面坂の下付近には猫関連のブルー釣り人。私も目標達成が無理っぽくなってきた。早く餌を打ち切って終わろう。しかぁ~し、時間帯なのか風・白波が弱まってきた。それに、午後のGTなのかウキも動き出してきたぞ。そして3時20分過Dscf7292Dscf7293ぎにポツポツと2匹をゲット。トータルでの第3目標を無事クリアして、おまけが1匹。3時38分に餌が尽きて今度こそ終了だ。結果、両グルテンの宙では実釣1時間余で4匹。トータルでは実釣5時間50分弱で11匹。地べら4匹放Dscf7294流7匹だった。片付け。常連さんの具合は分からないが、途中Oさんと話した時には、あたりはあっても乗らない厳しい状況と言っていたので、そんなに多くは釣っていない筈。前回とは比べようもない数字だが、良しとしようかな(ヴェリー・スイート)。ただ、底での気持ちの逸り過ぎは困ったものだ。次回はもう大丈夫だろう。片付けを終え、車に戻る。今日はこれまた久し振りのベイシア詣で。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日から6月。梅雨の合間にどれだけ釣行出来るか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« オバマ大統領が抱擁した人 | トップページ | 冷静な判断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オバマ大統領が抱擁した人 | トップページ | 冷静な判断 »