« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

甘々娘キタ~ッ!

P1000323意外と早く届いたのでビックリ。ちょっと小ぶりなのが8本入っていた。
体調が良くないので(前に書いたとおり)冷蔵庫にしまっておき、晩になってレンジでチンしてみた。2本ラップに巻いて6分やってみたが、確かに美味しいけど群を抜いてとは感じず。残念だ。
鉛の舌のせいなのか、それともレンジでチンが良くなかったのか。
まだ残りがあるので、いろいろとやってみよう。生でも食べられるとあるので、それも。
 
1日3回更新は、まさにツイッター
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

続報

釣りに行かなくて良かった。今日は家人の通院日だった。やれやれ。
と思っていたら、何と急に腹痛が。これは大変だ。
何故かと思い調べてみたら、どうもアーモンドの食べすぎらしい。
アーモンドを食べ過ぎると、不飽和脂肪酸の影響でお腹が緩くなるらしいのだ。
実は先日塩分を含まないアーモンドローストを購入して、パクパク食べていた。それが原因のようだ。まさにトホホ。
 
ところで、今日森からとうもろこしが届いた。2週間程度は掛かると思っていたのだが、早くてビックリ。
ただ、今の腹の具合ではすぐに食べられそうにない。鮮度が命なのに・・・。
 
相変わらずの食い意地。どうにかならないか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

今日は我慢

起きた時には明るかった空もどんよりしてきた。
ネットで天気予報を見ると、やはり雨はあるようだ。
明日は晴れなので、今日のところは我慢かな。
 
その後、また明るくなって来たが、一度下がったテンションは上がりそうにない。
これがエヴリデイ・アングラーのダメなところか。
 
これではツイッターかよっ!
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年6月29日 (水)

三色

P1000320P1000321P1000322今日も雨。明日は雨はなさそうだ。引佐天池にでも出掛けてみようかな。
椿で貰ったハイビスカスの三色。今日も元気に咲いている。
 
分かってはいても、憂鬱になる梅雨
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年6月27日 (月)

午後のGT以外に釣れる時はないのか@増沢池 with Kさん

6月も残り少なくなったが、天気が悪くて釣行回数を稼げそうにない。でも、今日は行かなくては。駐車場着は9時頃か。知った車はなさそう。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、いつもの場所にはいつもの先客。挨拶して旧爆釣ポイントに入る。既にここが私のいつもの場所になっている感じ。訊くと、先客は既に7匹ゲットしている。13尺底だ。さあ、どうしよう。私も底から入るか、それとも宙?あっ、さっきまで凪いでいた湖面が波Dscf7385立って来た。宙はしんどそうなので、私も底からにしよう。竿は11尺、餌は相変わらずの夏・冬・段差のバラケ。ささっと底を取っての開始は9時31分。しかぁ~し、最初からウキが流され、またシモる。それでも懸命に餌打ちすると、開始20分くらいでウキに動きが。が、あたらない。10時を過ぎる。Kさんがやって来て、前回奥の奥の方に入った時には、3時間で1回もあたりがなかったと言うではないか。これまたビックリだ。今日は柳の木の奥に入ると言って奥の方へ情報収集に向かった。さて、隣はポツポツと竿が曲るが、私は何とあたりに合ったと思えばバラシ。隣から食いが弱いと言われるが、どうして良いか分からず、ひたすら餌を打ち続けると、何とほぼ全てのあたり(10回確認出来たかどうか)でバラシ。残りはカラ。まさにトホホ状態。Kさんが戻って来て開始すると、何とじきに竿が曲った。しかぁ~し、放流はノーカウントらしい。志が高過ぎる!私は放流でも良いから何とか1匹。開始1時間を過ぎ、更に11時近い。どう考えても凸まっしDscf7386ぐら。が、そろそろ午前中のGT、きっと何かあると信じて餌を打てば、やった掛かりましたよ!しかも放流ではない。口の横に掛かっているが、ノー・プロブレムでしょう。う、嬉しかぁ・・・。11時を過ぎて隣が終了。おそらく私が来てから7、8匹はゲットしただろう。お疲れ様でした(裏Dscf7387山鹿裏山鹿・・・)。さて、いよいよ最後の1投になった。これは、餌が尽きてウキが戻すかあたるかのいずれかでしか竿を上げない。じっとウキを見つめると、やったあたった!そして掛かりました!う、嬉しかぁPART2・・・。時刻は11時12分。結果、底では実釣1時間40分で2匹。Dscf7388隣の足元にも及ばなかったし、幾ら釣れないにしても連続してのバラシにはガックリだ。トホホ×トホホ。さあ、ここはガラッと気分を変えて後半戦に挑もう。と、その前にちょっと早めの昼食。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。仕掛けがトロ掛けになっているので、深く考えずに「トロ掛け」を採用。餌は特S+GTS+段差のバラケとトロロ。「たな」はやや深めでもの再開は11時37分。ちょっとバラケの持ちが良くないので、モミモミして打つと、しばらくしてウキに動きが。そしてグッと入るような動きも出るが、残念掛からず。しかぁ~し、12時のサイレンが鳴ってしばらくすると、目にも留まらぬ速さでウキが消し込み、慌てて合わせるがハリス切れでガクガクッ。急いで交換するものの、ウキの動きはバッタリ。何とか動かそうと餌打ちのインターバルを早めたり「たな」を上げたりしてみても、叶わず。Kさんは休憩後再び竿が曲っている様子。奥の方では今日もあたりさわりの人の声。1時を過ぎ、やっとウキに動きが出て来たが、やはり掛からず。1時半を過ぎ、バラケがもうない。まだウキは動いているのに・・・。そして1時47分に終了。結果、「トロ掛け」では2Dscf7389時間以上打ってデコポンでした。バラケもダメだしトロロも古過ぎてアウトだった(今更の言い訳)。トホホ×トホホ×トホホ・・・。さて、もう終わっても良いが、あまりにも悔しいので、まだ時間的に早い事もあるし、ここは残業だ。そして、両グルだ!ハリスを交換。多分40cm+55cmくらい。餌はα21+わたグル+新べらグルテンを2時間を目安に作ったが、結果多め。それで、最初はやや大きめに付けての開始はジャスト2時。長いハリスと軽い餌の利点を活かすべく「たな」は深めで(底に着く事も視野に入れて)。すると、じきにウキに動きが。ただ、あDscf7390たらない。あたっても(個人の感想です)掛からず。しかぁ~し、1匹目は空合わせで「掛かってました」!まだ開始10分くらい。これは行けそうな気がするぅ♪しかぁ~し、そこからはさっぱり状態。とりあえず餌が多い事もあるので、どんどん打つ・打つ・打つ。更に「たな」もやや浅めに。Dscf7391すると2時半を過ぎて、馴染み切ったウキが小さく入るのを見逃さずに合わせたら、やった今度はちゃんと掛けました!しかぁ~し、最初腹から上がって来たので、ガクガクッスレかと思ったが、ハリスが絡んでいるだけだった。やれやれ。しかぁ~し、ハリスが「たも」に絡まって難儀。危うくDscf7392ハリス交換になるところだった。序にと言っては何だが、余計な掛かりを減らすべく段差もやや広めに変更。すると、再開第1投でズバッと消し込み、これに反応すればやった掛かりました!おおっ、ちょっとマー君臭い気もするが、グッドサイズなのでカウントだ(オイオイ)。3時近いので、Dscf7393ひょっとして午後のGTなのか?そうなると私の場合、2匹釣ってジ・エンドが通例。せっかくトータルでの第2目標まで来たのに、それは困る。すると、おまけとばかりに3時前にもう1匹。一応両グルだけで第2目標にリーチ。ただ、サイズが放流ばかりと言うのが気になるところだが、贅沢は敵、志は低めに。3時を過ぎ、奥の常連さんが帰り始めた。Kさんは珍しく頑張っているが、餌を捨ててそろそろ終わるようだ。私はもちろん捨てませんが、何か。餌打ちのインターバルはほぼウキが馴染み切ったら切るくらいの感じで。すると、何やら放流した頃と同じ感じで小さくあたり、そして掛かるようになる。それまでとは全然違う状況の変化にビックリしながらも、とにかく合わせて合わせてみれば、餌が尽きた4時3分までに8匹Dscf7394Dscf7395Dscf7396Dscf7397Dscf7398Dscf7399Dscf7400Dscf7401を追加。全て放流だったが、両グルでは実釣2時間で12匹と第3目標をクリア、GTもあって望外の結果となった。Kさんは既に帰っている。お疲れ様でした。さて、トータルでは実釣6時間で14匹。ほぼ午後のGTの恩恵を受けたDscf7402だけ。片付け。へら師はこちら側浅場にご夫婦の声。対面は浅場ワンドに1人。Kさんも言っていたが、3時を過ぎる頃から湖面が穏やかになるので、日が長い期間は午後から出て来て6時頃までやるのが、GTもあって良いかもしれない。片付けを終え、車に戻る。今日は曇り勝ちで風もあったので、ウキの視認性はさておいて、そんなに汗も出ず快適に釣りが出来たのは良かった(紫外線は別)。さあ、今日もベイシアが待っている。さっさと池を離れた。
 
GT以外の時間帯に釣りたいが、無理か
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

ボーナスセール

Docu0052東海釣り具からはがきが届いた。なんでもボーナスセールと銘打って、3万円購入で3千円の商品券が貰えるとの事。
やったと喜んだが、それも束の間?3万円も何を買うのか?傘に3万円をかけるつもりはないし、かと言って、へらカバンと竿ケースならそれくらいになるかもしれないが、買う予定はあるかな?
オイオイ、見事に引っ掛かってるぞ。もう気持ちが前向きになっている。
 
とりあえず近日中に餌と小物でも買いに行くとするか
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

花とロボホン

P1000319Docu0051雨が上がったので、椿に行って花を貰ってきた。今回はピンクのハイビスカス。
と、ここで驚いたのは、ロボホンがディスプレイされていた事。残念ながら中味は空っぽのようだったが、つい手が出てしまった。
お店の人がカタログを持っていってと言うので貰ってきたが、既にネットで見ているので特には不用。
スマホにしてはちょっと嵩張るので、持ち運びには抵抗があるが、家で使う分には楽しそう。ようつべには既に入手した人の動画が出ている。
やはり気になるのは価格だが、税抜き20万弱(本体価格はあのペッパー君と同じくらい)で、更には何とかクラブに入らないと使えない。毎月幾らか払う。結局その他もろもろで毎月結構な金額が出て行くので、ただ買って終わりではないところが辛い。
まあ、とりあえずは見るだけで良しとしよう。
 
「ピエール瀧のしょんないTV」でも出ていた
   ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年6月22日 (水)

甘々娘から甘太郎

P1000318今日は森までお茶を買いに。ついでにネットで調べた鈴木農園で甘々娘を買えたらと。でも、HPで見たところ9時から売り出しとあるが、既に9時を過ぎている。まあ、お茶がメインだからとあまり深く考えずにゴー!
しかぁ~し、相変わらずの方向音痴というか、道に迷ってしまった。おかしいなぁと思っていたら、もう1台浜松ナンバーの車がうろうろしているので、一応鈴木農園と書かれた場所で声を掛けてみると、私と同様甘々娘を買いに来たようだ。ちょうど軽が来たので訊いてみると、もう少し先との事。そろそろと狭い道を進むと、ビニールハウスの隙間から大通りに直売所が見えた。
ただ、車の数が少ない。嫌な予感がしながらも、店に停めると、案の定売り切れだ。半分ガクガクッ。
店の人によると、9時開店ではあるが、その時には既に行列が出来ていて、今日は出荷する量が少ない事もあって、買えずに帰った客もいたそうだ。土日は6時頃から売り出すが、数時間くらい待つ人もいるらしく、最早どうでも良くなってきた。
が、さっきの人(家族)も入手困難を聞いて更に欲しくなったようだ。今から注文して送ってもらうようにすると、甘々娘ではなく甘太郎という品種に変わるそうだが、糖度その他にはそんなに違いがないということなので、私もつられて自宅と妹のところに送るように手配した。ただし、届くのは2週間以上先なので、それなりに待つ覚悟が必要。
くたくたになりながらも、今度はおさだ苑へと向かう。ここで水出しのお茶を購入して、これも自宅用と贈答用にした。
時間的に合わず、帰りに百々やで蕎麦をとはいかず、トボトボと家路に就いた。
 
他にも違う店の売店があるが、買わずに半分意地で待つぞ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年6月20日 (月)

だんだん釣れなくなって、遂には凸もありか@増沢池 with 遠くにKさん

Dscf7384撮り忘れていた黄色いハイビスカス、今日咲いた。何度も書くが、椿(椿テレビ商会)には感謝感謝。さて、いよいよ暑くなってきた。今日は何処へ行こうか。思いついたのは大楽地。ついでに森まで行ってお茶を買ってくる段取り。そうそう、甘々娘もあったなぁ。しかぁ~し、出掛けたのは相も変わらずの増沢でゴメンなさい。到着は9時半過ぎか。既にムッとする暑さ。傘がない私、大丈夫か?荷物を降ろしてさっさと池に向かうと、いつもの場所にはいつもの先客。柳の木の奥にも。お二人に挨拶して、旧爆釣ポイントに入る。一応曇りなので、何とか暑さは凌Dscf7376_2げそうだが、紫外線は無理。さあ準備しよう。あれっ、奥の整地された辺りにKさんの姿が見える。まさかそこに入るのか?Kさんはしばらく話し込んでいたが、何とそこから更に奥方面、ワンドのその先に入った。ちょっと挨拶には行けそうにないなぁ(何故か電話やメールでは繋がらない)。右の先客に状況を訊くと、時折あたりが出て、今のところ3匹だと。しかぁ~し、私の準備中に竿が曲がると、それからポツポツと竿が曲がったので、勘違いして私も釣れそうな気がしてきた。左の先客は宙で、こちらもポツポツ竿が曲がっているようだ。あっ、奥の方からあたりさわりの人が、前回いなくて陰口を叩かれていた人と並んで談笑する声が聞こえてきた。しかも前回の別の人の陰口を言い合っているではないか。聞きたくなくても聞こえて来る大きな声。最初から気が滅入る。それでも準備だ。竿は11尺で底。餌は夏・冬・段差のバラケ。底を取っての開始は10時1分。ウキの馴染み具合を調整しながら餌打ちするが、なかなかウキが動き出さない。先客から、最初の1時間はウキが動かないと言われるが、分かっていても早くあたりが欲しくて仕方ない。すると、開始40分くらいで、やっとウキに動きが。ただ、あたらず。念のため底を測り直してみるが、問題なし。ただし、餌落ち目盛がちょっと変わっていたので調Dscf7377整。すると、開始1時間を過ぎて、ウキが3目盛くらい入ったではないか!やったと合わせるが、カラ。時間的には午前中のGT、きっと釣れると思いながら餌打ちすると、何と言う事でしょう、次の餌打ちであたり!そして掛かりました!やったぁ・・・。放流でも凸回避で嬉しかぁ。ちょうどそのタイミングで先客が終了。10Dscf7378か11くらい釣れたらしい。お疲れ様でした。左の先客も終わり、あっという間に1人ぼっちになってしまった。何だか寂しいなぁ(釣れないし)。それでもじきに2匹目。黒帯が震えるくらいを取るって気持ちよかぁ。やっぱりGTだ。本当に時合だけの男、トホホ。しかぁ~し、それから間が空くのはいつも通り。Dscf737911時半を過ぎて、馴染み際のムッと入るあたりで3匹目!餌が残り少ないが、ひょっとしたら第2目標まで行けるか?残念、その後もう1匹追加したものの、それ以上のあたりは貰えず、12時のサイレンが鳴ってしばらくした12時10分に終了だ。結果、底では実釣2時間余で4匹。ただ、あたりは6回あって(認識して)Dscf73802回がカラ。右の先客が底で釣れていたので真似っ子してみたが、なかなか厳しかった。さあ、気分を変えて後半に臨もう。と、その前に昼食。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。更には下ハリスをカットして段差を5cmくらいにする。そうです、「トロ掛け」をやるんです。餌は特S+GTS+段差のバDscf7381ラケにトロロ。今日は対面誰もいない。Kさんは昼食休憩と言うか、いつものように岡ジャミ化している。気温は上がっていても曇っているので汗がそんなには出ない(が、紫外線は・・・)。「たな」は前回のままで再開は12時31分。う~ん、トロロの持ちが悪いような。「たな」が深めだからかな。それと、鈎が専用のではないし、と、早くも言い訳。そのせいかウキの動きもないような。それでも1時頃になって、モヤモヤとバラケに来ているようなそのような。そしてモヤモヤからズルッとウキが入るのに合わせると、やった掛かりました!おおっ、サイズもそDscf7382こそこではないか。トータルではあるが第2目標クリアで嬉しかぁ。しかぁ~し、何故か「たも」の中でハリス切れ。急いで交換するが、何となく段差が変わってしまったような。でもそのままで続行。すると、少しの間で状況が一変したのかウキが動かなくなる。それで、バラケの付け方とか「たな」とかいじっていると、2時を過ぎてやや浅めの「たな」でウキがモヤモヤ。今にもあたりそうだ。すると、そこからウキがズバッ!やった掛かりましたよ。こりゃぁ良い手応えだ。しかぁ~し、バラシでガクガクッ。と思ったら、何とハリス切れ。しかも両方。ガクガクッ×ガクガクッ。急いで交換するものの、やはり間が空いてしまったのか、ウキの動きが悪くなる。こりゃぁ困った。とにかく餌をバンバン打ってみると、午後のGTが近くなったのかウキの動きが戻ってきた。しかぁ~し、バラケがもうない。どうやらジ・エンドだな。2時52分に無念の終了とDscf7383なった。結果、「トロ掛け」では実釣2時間半弱で1匹。トータルでは実釣4時間半で5匹。どんどん釣れなくなっている。そのうち凸になるのは目に見えている?片付け。常連さんも帰り始めている。あっ、奥の奥にいたKさんの姿がない。いつ帰ったのだろう。釣れたのかな。片付けを終え車に戻ると、ちょうど1人常連さんが戻って来て、釣れないと言う。2桁は厳しいようだ。すると、右の先客はなかなかだったんだ。素晴らしい。挨拶して池を離れた。
 
他の池でも同じような状況なんだろう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年6月18日 (土)

行かなきゃよかった@増沢池 with ちょっとだけ岡ジャミKさん

何となく行きたい気持ちがないままに今日はゴー!バットさんが西ノ谷にいるのは聞いていたが、10時頃までと言うので、諦めて増沢へ。しかぁ~し、この選択が厳しかった。池に着いたのは9時過ぎ。そんなに車は多くないが、荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、いつもの場所とその左右に先客。旧爆釣ポイントは空いてはいるが、先客のすぐそばになってしまうので、これは入れないでしょう。柳の木の奥は空いているが、その奥から先客。仕方なく柳の木の奥に入る事にする。先客に挨拶して荷物を降ろし、さあ準備だ。まずは台をセットして、それから荷物を何処へ置こうかなと思っていたら、いきDscf7367なり体のバランスが崩れて、あっという間に池の中で逆さになった亀のような状態になってしまった!幸い岸辺近くだったので大事には至らなかったが、ズボンがびしょ濡れ。へらカバンも半分水没。イテテテ、腰を打ったし腕も捻ったみたいだ。でも、草を引っ張って体を起こせば、良かった3年前の二の舞だけは避けられたぞ。車に冬用の防寒ズボンがあるので、着替えて準備続行。左右から釣れないだの厳しいだの声が聞こえるが、さてどんな釣り方にしようかな。左はセットの宙、その奥の方にあたりさわりの人が底でやっているようだ。この人には今日イライラさせられたが、それは後で。よし、今日も両グルの宙でやってみよう。竿は11尺、餌はα21+わたグル+新べらグルテン。段差のバラケも少々。「たな」は前回のままで開始は9時47分。予定より30分くらい遅れてしまった。ちょうど風・波が起こり出したところで、ウキがかなり流されるが、それは我慢と打ち続けると、開始30分ほどでウキがモヤモヤし始めた。そしてあたりらしきウキの動きも出るようになるが、これが全てカラ。左は釣れない放流だと文句を言いながらもポツポツと竿を曲げる。しかぁ~し、私は空振りばかり。こりゃぁひょっとして凸で終わるのかも。と、開始1時間ほどで、急にウキが馴染まなくなった。これは、きっとあたるぞと待っていると、そこからズバッ!やったと合わせるが、少し力が入り過ぎたのか残念ハリス切れ。急いで交換するものの、何とウキの動きが悪くなる。これはマズイ、何とかしないと。とりあえずは餌を打つ・打つ・打つ。すると、11時を過ぎて、ウキが入るのに合わせたら、やった今度こそ掛かりました!しかぁ~し、バラシでガクガクッ。開始1時間半経っDscf7368ても凸のまま。その後、午前中のGTなのかウキの動きはなくならないが、幾らやってもカラ。11時半を過ぎ、開始2時間近く経ってやっと放流が掛かってくれたものの、さあどんどん行こうとはとても言えない状況。その後も時折出るあたりらしきウキの動きに合わせてみてもカラ。右もたまには竿が曲っているようDscf7369なので、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳。奥の整地された辺りも、続々とへら師が入っている様子。皆さん釣れているのかな。と、12時のサイレンと共にズバッ!そして掛かりました!おおっ、これはなかなかのサイズではないか。う、嬉しかぁ・・・。やはり午前中のGTなのか、その後もウキは動く。が、相変わらずDscf7370掛からない。それまで「たな」を上下しているが、どの「たな」も動かした最初だけはモヤモヤするものの、次第に動かなくなってしまう。ちょうどその頃Kさんが顔を出した。昨日は対面階段下で良くなかったとの事。すぐに奥の方へと向かった。さて、幾ら効果薄と分かっていても、「たな」を深くして3匹目。私にはこDscf7371れが精一杯。ただ、餌付け以外にもハリス長の調整をしていれば、ひょっとしたらと言う思いは残った。12時47分に終了。結果、両グルの宙では実釣ジャスト3時間で3匹。これは何でしょう。ちょうど日光の直射が始まったので、後半はどうしようかな。かなり暑いので止めても良いかな。いや、一応やってみよう。最終的には「トロ掛け」でやりたかったが、両ハリスのカットが引っ掛かってしまい、片方だけで済ませられる「お」の宙に変更だ。下鈎は今までと同じですが、何か。昼食休憩後にウキと仕掛けを交換。餌は段差のバラケに黄色の「お」。大体下ハリスが50cmくらいなので、とりあえずはそのままで行ってみようかな。「たな」は変えずに再開は1時2分。すると、何と言う事でしょう、じきにウキがモヤモヤし始めたDscf7372ではないか。ただし、雰囲気的にはバラケに来ているようで、あたりらしきウキの動きでもカラ。数回カラを繰り返した後に放流が出て、やっとトータルでの第2目標にリーチだ。しかぁ~し、ハリスがグルグルに絡んでいる。最近は気長になった私、何とか解こうとするが、残念解けず。それでそのまま再開(オイオイ)。すると、その後もウキの動きはなくならないものの、どうしてもバラケ付近にへらがいるようで、それならバラケを食ってくれば良さそうなものを、合わせても合わせてもカラ、じっと手を見る・・・。それならと、ハリス長を5cmくらい短くしてみるが、モヤモヤとカラは変わらない。ここで、最初に書いたあたりさわりの人の話。奥の方に入った人について、絶対に聞こえるような大きな声で悪口、陰口。自分がずっと話しているのは気が付かないのか、ずっと話し込んでばかりとか、会話が成り立たないとか、或いはここで書くのを憚るような事も。私の左とその奥の人も同調して、ずっと悪口、陰口。挙句の果てには今日はいない人の事も。いつも近くで竿を出し、仲良く話しているような感じに思えていたが、いなければこんななのかと思えるくらい。実は私もこの、あたりさわりの人には引佐天池で、同じような経験をした。宙で竿を曲げていると、遠くから、俺は底が好きだ、あんな宙なんて忙しない釣りはやりたくない(そう言うご自分は増沢で宙をやっている)とか、私がカメラで写真を撮るのを見ていて、何で写真を撮る必要があるのかとか、本人に訊くならともかく、聞こえよがしとはまさにこの事。その時を思い出して、無性に腹が立ってきた。この人は更に、終わってから悪口の相手の背後に行って、ずっとからかっていた。私が奥の方に入りたくない理由はこれが大きい。彼はほぼ毎日来ているから。Kさんも確か同じような事を言っていた記憶がある。さて、こんな精神安定に良くない話はほどほどにして釣りの続き。全く掛からないまま2時を過ぎて、何で「お」専用のバラケを使っDscf7373ているのに釣れないんだと、ほぼ逆切れの雰囲気になって来た頃に、小さいウキの動きではあったが、これに合わせれば、やった掛かりました!サイズもまあまあ。1匹目からほぼ1時間が経つが、とりあえずトータルでの第2目標クリアでヨカッタァ。右の2人はそろそろ終了か。大きな声を出す事もなく楽しそうにDscf7374竿を曲げていた感じ。私の左の人も帰った。お疲れ様でしたと言っておこう。さて、午後のGTが来たのかどうかは分からないが、それからじきに3匹目。これがもし本当のGTなら、私の場合はこれで打ち止めになってしまう。すると、それは案外当たっていて、その後は再びカラばかり。結局バラケが尽きた3時5分までに1匹も追加出来ず、しょんぼりして終了。結果、「お」の宙では実釣2時間で3匹。Dscf7375トータルでは実釣5時間で6匹。決して褒められた数字ではないね。片付け。へらカバンは結局乾かなかった。まだ体の何処かが痛むと言う事はないが、明日にならないとね。片付けを終え、車に戻る。後半は陽に当たったのと悪口を聞き続けてグッタリ。今日はベイシアには寄れません(防寒ズボンでは入れないし)。さっさと池を離れた。
 
釣れても釣れなくても、気持ち良く釣りがしたいものだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

さくらんぼ、キタ~ッ!

P1000316さくらんぼが今日届いた。見かけはまあまあのもの。早速頂いたが、なかなか美味しいよ。
ただ、量が多いので、お勧めの1、2日中に食べきれるかどうか。
それはさておき、またやっちまった・・・(トホホ)。
あまりに腹が立ってここでは書けない。そのうちに。
 
明日は何処で竿を出そうかな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年6月15日 (水)

マスゾエ問題終息 & 前回よりは釣れたけど@増沢池 with Oさん and Kさん

マスゾエ問題がやっと解決しそうだ。いやぁ、引っ張ったなぁ。
あの人、本当に都政をやろうと思って選挙に出たんだろうか。豪遊と見間違えるほどの外遊(都の慰安旅行?)は、それまでの知事もやっていたからそんなに文句も出なかったが、それ以外があまりにもセコかった。
家族旅行を無理矢理会議費で落とそうと思ったり、公用車でお出掛けとか。
確か政治と金の問題で辞職した前の知事を痛烈に批判して当選したのではなかったのか。まさに「目くそ鼻くそを笑う」を地でいったようだ。
 
さあ、次は今日の釣行記。
 
明日は雨の予報。それなら今日は出掛けましょう。しかぁ~し、いつもの増沢ではコメントも付きそうにない(ただでさえ最近コメントがないのに)。大楽地にでも行って、ついでに「甘々娘」でも買うという選択肢がベターだが、気付いてみれば増沢(オヨヨ)。あっ、Oさんの車ハケーン。いつもなら釣り座に荷物を置いてから挨拶に向かうのだが、今日はまず行ってみよう。Oさんの横にも先客。まずは挨拶。今日も良くないとの事。写真を撮ろうとしたら、何と電池切れ。予備はあるが車の中。まあいい、後にしよう。車に戻ってDscf7352荷物を降ろし池に向かうと、いつもの場所にはいつもの先客。まずは挨拶して、私は旧爆釣ポイントに入る。あっ、柳の木の奥にも1人いた。この人は11時頃帰った。さて、先客に様子を訊くと、さっきまでウキがシーン状態だったが、やっと1匹出たところ。まだ厳しい状況に変わりはないというのは、Oさんと一致する。これは困った。どうしよう。今日は底から入るつもりだったのに、底のお二人が厳しいと言うのであれば、何か他の釣り方で・・・。いや、ここは当初の予定通り底から入るぞ。竿は11尺、餌は夏・冬・段差のバラケ。しかぁ~し、水の量を間違えてフニャフニャになってしまった。慌てて段差のバラケを足すが、夏と冬を足りない分補った方が良かったか。でも、やってしまったからそのまま使う。底を取り、開始は9時25分。うわっ、ウキが流される。ただでさえ持ちが悪い餌なのに、底を擦っては簡単に落ちてしまいそうだ。ウキは流されながら上下するが、おそらくは底をなぞっているのだろう。9時半を過ぎてKさん登場。奥に様子を訊きに行ってから、10時半頃に対面階段下で開始した。隣はその後ポツーリポツリと竿が曲り出した。私の方はと言うと、なかなかさわらず、またあたらず。1回だけ小さくチクッとなった気がするが、合わせてもカラ。それでも10時を過ぎ、馴染み際でチクッとあたったが手Dscf7353が出ず、思わず「あっ!」と声が出てしまったが、すぐにあたり返しが出て、これに合わせればやったようやくの1匹目。サイズもまあまあで、隣も褒めてくれたし、ちょうどKさんが駐車場に向かう途中だったので、しっかり見てくれた。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、すぐにバッタリ。何となくへらが餌のそばにいる感じ(あくまで個人の感想です)なのに、これが渋さなのか。餌が持たないような気もして、タオルで餌を押さえ付けて水分を抜くと同時に練る感じ(あくまDscf7354で・・・)。10時半を過ぎて、返したウキが動きそうにないので空合わせ。すると、何と言う事でしょう、掛かってます!しかもバッチリセンター・イン。サイズもグーだし、これには痺れた。もちろんカウントですが、何か。すると、まだ早い気もするが時合になったのか、その後もウキはモヤモヤ。ただ、風・波はずっと出ていて、細かいウキの動きは細いトップもあって見分けられないか。が、11時近くになって、シモッたウキがスッ!ではなく、ススッと(あくまで・・・)入っDscf7355た気がして合わせると、やった掛かりました。しかもダブル!サイズは放流でも久し振りのダブルに秀樹感激!11時前に柳の木の奥の先客が帰った。少なくとも私が気付いた範囲では竿が曲った形跡はない。お疲れ様でした。最初はどうなるかと思った餌だったが、何とか第2目標までリーチとなったので、役目は果たしたのではないか。11時を過ぎた。そろそろ餌が終わDscf7356る。と、ここでビックリするような消し込み!先ほど隣も出たが、残念スレだった。私の場合はどうだろう。おおっ、ちゃんと食っている。第2目標クリア!それからしばらくして餌が尽き、11時17分に底は終了。結果、実釣2時間弱で5匹。数では隣に負けたが、まあまあでしょうか。隣も11時Dscf7357過ぎに帰った。お疲れ様でした。さあ、一旦休憩だ。どうしようかと迷ったものの、結局は慣れた両グルでやる事に。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21+わたグル+新べらグルテン。段差のバラケも少々。準備が終わってから昼食。そして前回の「たな」のままで再開は11時40分だ。まずはバラケを付けて打つ。すると、数投でウキがモヤモヤ。これは行けそうか?そしてグッとウキが入るあたりが出たが、残念カラ。でも、前回と違って今回は釣れそうなDscf7358気がする~。すると、それからじきに、ウキが消し込んで1匹目ゲット!やったサイズもグー!しかぁ~し、バラケを食っていて、しかも鈎を呑んでいる。こういう時は焦らずに鈎外しでと・・・。あっ、切られた!一体何のための鈎外しだったのか。まさにガクガクッ。急いで交換するが、いつも段差が思うようにならないので、今日は確実に採寸して、と(親指と小指の幅ですが、何か)。約20cmの段差は維持出来た。そして再開すると、まだへらが残っているのか、ウキは動く。両グルで打っても馴染み際にチクッ!しかぁ~し、全く掛からない。そうこうしているうちに、次第にウキの動きが悪くなってしまう。12時を過ぎても状況は変わDscf7359らない。ひたすら打つ・打つ・打つ。すると、12時半を過ぎて、やっとそれらしいウキの動きで2匹目。う~ん、どうやったらウキの動きが出続けるように出来るのだろうか。ここからは地獄のようなウキのシーン状態が続き、「たな」を上下する迷走が始まる。1時半近くまで打ち続けると、やっとあDscf7360たりらしきウキの動きで3匹目。いやぁ、参った参った。でも、まだ早い気もする午後のGTなのか、そこからはウキの動きがなくならない。どうも今までは餌付けが大き過ぎたのかもしれない。3匹目もかなり小さめに付けたつもり。ただ、この調子では餌がなかなか減らない。2時近くになっDscf7361Dscf7362て、4匹目。2時を過ぎて5匹目と、宙だけで第2目標、トータルでの第3目標もクリアだ。もしこれが本物のGTなら、まだ続くのではと甘い気持ちにDscf7363なるが、まさにヴェリー・スィート。それでも2時半に6匹目。放流だが、これは「たな」をグッと下げて実現した。その後はパッとしないままに餌が尽きてしまい、2時49分に宙は終了となった。結果、宙では実釣3時間余で6匹。トータルでは実釣5時間で11匹。どうだろう、まあまあと言ってDscf7364も良いのでは(そうかな)?それでは今日はノー残業デーにしよう。片付け。対面Kさんはまだやっている。燦燦と日が差して暑そうだ。状況は不明。片付けを終えてOさんの元へ。常連さんはほとんど帰った。Oさんも片付け中。今日もあまり芳しくなかったようだが、それでも2桁くらいは釣ったのではと。流石です。Kさんの状況は不明のようだ。写真を撮ってまた宜しくと釣Dscf7365Dscf7366り座に帰り、車に戻った。今日もベイシア詣でがあるので、さっさと帰らねば。そろそろと池を離れた。
 
この調子だと今月は回数を稼げそうにない
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年6月14日 (火)

6ヶ月点検

今朝ディーラーに行って車を預けてきた。
ちょっと早いが、6ヶ月点検。それと、リコール対応に異音等の不具合対策、更には部品交換。
実は先月の旅行から帰ってすぐに、車をこすってしまったのだ。
その時の事を思い出すと、ミラーもモニターも全く見ずに車を動かしていた。普段なら絶対にそんな事はしないのだが、何故?まあ、そうでなければこんな事にはならないだろう。
こうなると、車を扱うのが怖くなる。自分は車の運転に不向きなのではと、どんどん自己否定感が強くなってしまい、まさにトホホ。
それでも気を取り直して釣行などしていたのだが、これを機にもっと注意力を高めないとと思った今日の点検でした。
 
代車が可愛いうさぎだった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年6月12日 (日)

雨が来た

予報どおりの雨が降ってきた。明日未明には強くなりそうだ。
さて、今朝のワイドナショーで、アイドル女子大生襲撃事件について話題になった。意識不明の重体から回復基調にあるというのは喜ばしいが、容疑者の精神鑑定とかおかしくないか。まともに決まっている。
また、今日コメンテーターとして出演の女性棋士(高校生)も同様の被害に遭ったらしい。曰く、事件にまでは発展しなかったが、あるファンが勘違いから、女性棋士が自分の思うような発言をしないと言って非難のコメントと同時に、このように発言せよという脅迫?が来たとの事。
女子大生の場合も、時計を贈られてそれを返したのが事件の始まりと言うが、もっともその前に容疑者の大きな勘違い(思い込み)があるのは間違いない。
こういうブログやツイッター等(いわゆるSNS)で、コメントのやりとりをしている間に、何かファンの立場、領域を超えて勝手な思い込みから上から目線になり、自分の思い通りに相手が動くのが当然で、それに反すると烈火の如く怒り出す輩が増えてきたようで、新しい言葉で「説教厨」というらしいが、間違っていたらスミマセン。
被害者本人の意向とは全く無関係な、或いはそれを無視した勝手な思い込みの恐ろしさに加害者側が気付かないのが怖い。こういうのはこれから増える事はあっても減らないのではないか。ネットマナーとやらの教育も必要ではと思う今日この頃でした。
 
車を洗いたいが、すぐまた雨の予報
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

先日の続き

P1000314先日載せた写真の続き。これも椿で貰ったもの。
それはさておき、今日は蒸し暑い。増沢にはどれくらいへら師が来ているのか気にはなるが、用事でドン・キホーテに行ったついでに廻る事もせず帰宅。エアコンを点けて一息ついたところ。
 
来週は釣行出来るかな
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年6月10日 (金)

今年一番の激渋?@増沢池 with Kさん、SM氏? and 岡ジャミザわさん

今日も来てしまいました増沢。前回の「トロ掛け」でさっぱりだったので、今回は是非とも爆釣するぞ!駐車場着は珍しく9時前。いそいそと池に向かうと、いつもの場所にはいつもの先客。塩ビ管手前からは常連さん。いつもの先客に挨拶して、私は旧爆釣ポインDscf7343トに入る。状況を訊くと、13尺底であたりはあるがまだ1匹らしい。う~ん、宙はどうなんだろう。あっ、今まで凪いでいた湖面があっという間に波立ってきた。何となく「トロ掛け」には向いていない気もするが、それでもやるぞ。竿は9尺、餌は段差のバラケ+特Sとトロロ(多め)。「たな」は前回のままで触らず開始は9時23分。とにかく最初は餌を打つ・打つ・打つ。が、なかなかウキが動き出さない。まあまあ、前回も約1時間ウキが動かなかったのだから、まだまだこれから。先客は竿を曲げるが、スレ。この後何度となく竿が曲るのを見たが、私の見ている範囲ではいずれもスレだった。さて、ウキがかなり流されるが、それでも開始20分くらいで何となくウキがモヤ。と、ここでSM氏?登場。訳Dscf7344あって匿名とさせて頂く。SM氏が見ている前で、何といきなりの消し込み!残念その瞬間は見られなかった(いつもの余所見ですが、何か)が、慌てて合わせて10時前に1匹目ゲット!サイズもまあまあだし、これから行けそうか?SM氏はそれを見て奥へと向かった。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、何故かその後もウキの動きは良くならない。何だろう、今日の予定数は終了なのか。10時頃にKさん登場。対面階段下辺りに入ったが、今日は暑いよ。大丈夫か。10時半頃に、今度はお久し振りのザわさん登場。昨日「甘々娘」を買ってきたそうだ。実は私も買いに行かなければと思いつつも実行出来ていなかったのだ。来週早々にも行ってみようかな。モタモタしていると「甘々娘」は終わって「甘太郎」とやらに変わってしまう。頑張って早起きしてみるか。さて、ザわさんの視線を浴びながら餌打ちするが、ウキは一向に動かず。「たな」を上下してみるが、ほぼ動きなし。それでも打ち続けると、11時近くなってウキに動きが。これはザわさんも認めた。そしてあたりらしき動きも数回出るが、バラシDscf73451回とカラ。本当に書くことがないくらいさっぱりの状態だ。しかぁ~し、11時を過ぎて、やっとズバッという消し込みが出て2匹目ゲット!おおっ、これは大きい。37、8cmはありそうだ。う、嬉しかぁ。しかぁ~し、呑んでいる鈎を外そうとしてハリス切れはガクガクッ。急いで交換してもその後は再びシーン状態。業を煮やしたザわさんは奥のSM氏の方へと向かった。それからじきに隣の先客が終了。Dscf7346数は訊かなかったが、おそらくはパッとしなかっただろう。お疲れ様でした。そしてじきに私のバラケも終了。最後の1投で12時のサイレン。結果、「トロ掛け」では実釣2時間半強で2匹。奥の方から聞こえてみる「厳しい~っ!」の声はどうやら本当のようだ。さあ、次はどうしようかな。と、まずはその前にSM氏のところに行って様子を訊いてみよう。おっと、まだザわさんがいたぞ。SM氏のウキは動いていて、そして釣れたと言うではないか。流石ですね。私も背後かDscf7347Dscf7348ら見ていると、ウキが馴染みながらモヤモヤしているのが分かる。やはりセットはバラケですね。午後からは「お」をやろうと思っていたが、急に「トロ掛け」の続きをバラケを変えてやってみようと気が変わった。急いで釣り座に戻り、準備。竿と仕掛けはそのままで、餌は特S+GTS。トロロはまだ充分残っている。昼食後に再開は12時20分。しかぁ~し、バラケが持たない。これを懸命に指で揉んで餌付けすれば、何とかウキの馴染みは出た。出たが、ウキに動きなし。おっかしいなぁ・・・。気が付けば1時。止めよう、「トロ掛け」。午後の結果と併せると、「トロ掛け」では実釣3時間15分で2匹。下ハリスを外し、「お」専用鈎でハリス長55cmくらいにセット。餌はバラケの残りと「お」。これをそれまでと同じ「たな」で再開するが、ウキに動きなしは変わらず。塩ビ管手前の先客が帰った。午前中2匹で午後はゼロ。やはり厳しいんだ。さて、打てども打てどもウキに動きなしと思っていたら、再開してどれくらい経ったか定かではないが、ウキに動きがないままに空合わせをしたら、何とスレてしまいました。そしてハリス切れ。ガクガクッ×ガクガクッ。へらはいたんだね。急いでハリス交換、と思ったら、既にチチワも出来ている40cmくらいのものを掴んでしまった。本当は50cm以上のものを作りたかったが、掴んでしまったものは仕方ない。これでやろう。しかぁ~し、その後もウキに動きなし。たまに小さくモヤッとするのは、バラケにでも来ているのだろうか。途中新ペレをバラケに振りかけてみたが、一応ウキは弱くは動いたものの、それだけ。結局凸のまま2時20分にDscf7349終了。「お」では実釣1時間20分でゼロ。ゼロだっせ!トータルでは実釣4時間半強で2匹。もう終わりたいが、残念ながらまだ2時半前。あまりに悔しくて、残業を決意(大袈裟!)。ここはガラッと戦法を変えて、両グル(「グル宙」から絶賛名称変更中)。ハリス長は40cm+55cm。餌はα21+新べらグルテンを1時間くらいで使い切る量を作ったつもり。再開は2時33分。まずはウキの馴染み具合を見ながら餌打ち。すると、何と言う事でしょう、「お」の時にはほとんど出なかったモヤモヤが出たではないか。これは釣れそう?空は雲、湖面には白波でウキの視認性がかなり悪くなっているが、一応見えるぞ。そして開始10分ほどDscf7350で、ウキを見失ったのでとりあえず合わせれば、やった掛かりましたよ!こりゃぁ幸先良い。ひょっとしたらトータルでの第2目標くらいは何とかなりそうだ。しかぁ~し、最初からウキが動いてしまったので、どうしてもウキを見つめる時間が長くなってしまう。すると、その後ウキの動きはどんどん弱くなって、しまいにはシーン。Kさんは珍しく3時頃までやっていたが、いつの間にかいなくなっていた。さて、予定の1時間が近くなっても餌がまだ残っている。もちろんこれを捨てて帰るという選択肢は省資源釣法にはないので、嫌でも打ち切るしかない。その後もたまにウキが小さくモヤから入る事もあったが、いずれの場合もカラ。1回だけ上ハリスを詰めて段差を20cmくらいにしてみたが、特に状況は変わらず。それでも3時半頃からあたりらしき大きな動きが出て、これなら1匹くらいは何とかと甘い夢を見てしまったが、残念1回もDscf7351かすらず、予定を30分以上オーバーして4時6分に終了。結果、両グルでは実釣1時間半で1匹。トータルでは実釣6時間強で3匹。サイズ的には不満はないが、数が・・・。おそらく春になってから最悪の釣行だったのではないか。片付け。もうへら師は整地された辺りに何人かいるくらい。こんなにウキが動かず釣れないとは、増沢恐るべし。片付けを終え、駐車場に戻る。もうグッタリ。SM氏が帰るところだったので、お疲れ様と声を掛けると、今日は来なかった事にすると言うので、分かりましたと返事。私も思いの外池にいたので、ベイシア詣での時間が少ない。急いで池を離れた。
 
そろそろ他の池にでも行かなければ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年6月 8日 (水)

底釣りの方が安定している?@増沢池 with Oさん and 午後から岡ジャミKさん

そろそろ雨が来そうだが、今日はとりあえず持ちそうだ。で、ゴー!もちろん行き先は増沢だが、他の池に行かないとブログを訪れる人が減りそうだ。駐車場着は10時近い。Dscf7325あっ、Oさんの車ハケーン!いつもの整地された辺りかな。まずは荷物を降ろして池に向かうと、やったいつもの場所から塩ビ管手前付近まで誰もいない。荷物をいつもの場所に置いて、まずはOさんのところに行こうかと思ったが、結構へら師が並んでいるので止める。釣り座に戻り、さあ準備しよう。今日は「トロ掛け」をやるつもりで来たが、まずは底でやってみよう。前回グルテンでさっぱりだったので、宙はセットに変更(予定)。竿は11尺、餌は夏・冬・段差のバラケ。Dscf7326あっ、穏やかだと思った湖面が波立って来たぞ。時間帯が悪そうだ。おまけに今日はウキを替えるので、波で手間取りそう。この細いトップのウキだが、ずっと使っていなかったので、その挙動を掴むまで時間が掛かりそうだ。何とか底取りを終え、開始は10時27分。う~ん、ウキの馴染みは予定通りだが、何だかなぁ。細いトップでもウキが流され、Dscf7327またトンボ攻撃も地味にあるぞ。ただ、しばらく打っていたら、気のせいかもしれないがウキに動きが?いや、確かにウキの返しが出ている。ただ、あたらない。クーッ。しかぁ~し、あたりとは無関係に空合わせしたら、何と掛かってしまいました。ちゃんと口に掛かっていて、しかもまあまDscf7328あのサイズ。1匹は1匹だが、すんなり納得しがたいところ。その後も馴染んだ後のモヤモヤにイライラして合わせたら2匹目。底釣りのカチッとしたあたりを取りたいのだが、これでいいのか?釈然としないままの餌打ちで11時を過ぎて2匹を追加。時間5匹は目の前だが、果たしてそれでいいのかPART2。すると、11時半近くになって、馴染んだウキがチクッ!やったこDscf7329Dscf7330Dscf7331れこそ待っていたあたり?だと合わせれば、ゲゲッ凄い引き。これはマズイ、マズイですDscf7332Dscf7333よ!あ~あ、変な方向を向いて揚がってきた。喜びも束の間のスレでした。ただ、スレても時合が崩れる事はなく、12時までに2匹を追加すれば、Dscf7334今度こその第2目標クリア!ただ、まだウキの動きが気に入らないので、再度底取りすれば、ほんのちょっとだけ違っていた。そして再開すると、12時のサイレンと共に7匹目。その後もGTなのかポツポツとあたりを拾って12時半までに3匹。何と第3目標にクリア!しかぁ~し、目標は確かにDscf7335Dscf7336Dscf7337クリアしたのだが、結局期待していたカチッというウキの動きでゲット出来たのは数匹Dscf7338(しかも放流)。12時36分に終了。結果、底では実釣2時間10分で10匹。まだウキの挙動を掴めた訳ではないので、本来は餌を変えるなりして続行なのだが、今日は「トロ掛け」をやるつもりで来たので、それはまた次回に。ここでトイレ休憩と昼食。さあ、次はお待ち兼ねの「トロ掛け」だ。竿は9尺に変更。餌は段差のバラケ+ガッテンにトロロ。このトロロ、買ってから随分日が経っているが、大丈夫か(今年2回やっているから大丈夫だろう?)。ハリスは10cm+15cmくらいに。「たな」は前回のままで再開は12時59分。う~ン、思ったとおりトロロの抜けが早いぞ。1回持たない時もある。それにウキも動かないし・・・。一旦穏やかになった湖面も再び風と白波で、ウキの視認性もパッとしない。数投打ってみるものの、動きなし。Kさんが岡ジャミにやって来たが、昨日は散々だったらしい。奥の方へと向かった。さて、何とかウキが動かないかと打ち続けるが、風・波もあって定かではない感じ。それでも開始40分を過ぎたくらいから、ウキがモヤモヤし始めた。そしてウキがスッと入るあたり!残念カラだったが、急にやる気が出る。すると、しばらくして小さくDscf7339ウキが入るあたり?でやった1匹目?しかぁ~し、バラシ。見れば鱗。ガクガクッ。Kさんはその頃帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さて、開始1時間が過ぎた2時頃、今度こそはと思えた消し込みで、ガクガクッ・スレ。どうしても釣らせたくないみたいだ(誰が?)。それでもウキの動きは残って、しばらくしてこれまたウキがズバッと入るあたりで、今度こそ今度こその1匹目!更Dscf7340Dscf7341にしばらくして、今度は餌打ちした後に餌ボウルの方を見やってから視線を戻そうとしたら、ウキがない!慌てて合わせれば、やった2匹目ゲット!午後のGTがやって来たかな?しかぁ~し、鈎を呑んでいて、これを外そうとしてハリス切れ。そろそろバラケが残り少なくなった今に、何故?ガクガクッ×ガクガクッ。急いで交換するが、何と下ハリスが2cmくらい長くなってしまった。まあいい、続行だ。すると、それまはほぼ毎回のように付け替えていたトロロが持つようになったではないか。わずか数センチでも?何となくそれが良い事ではなさそうな気がしたが、当然の如くウキDscf7342の動きも悪くなって、2時43分に無念の終了。結果、「トロ掛け」では実釣1時間45分で2匹。トータルでは実釣4時間弱で12匹かぁ。片付け。今日はベイシア詣でがあるので、残業はしません。片付けを終え、今更ながらOさんにメールで終了を報告。駐車場へと戻った。明日は天気が悪そうだが、金曜は晴れらしいので、何とか釣行出来ればなぁ。さっさとベイシアへと向かった。
 
底の方がハズレがない感じ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年6月 7日 (火)

2題

P1000312P1000313椿から貰ってきた鉢植え、今年も元気に花を付けている。大半の植物は枯らしてしまったが、こうして毎年のように花を付けてくれるのがあるのはありがたい。
こうなると、自然に次の買い物も椿でとなるのは当たり前かも。
他にも黄色いハイビスカスもあるが、今日は花がなかったので写真はなし。
 
Book次は今日セブンイレブンで受け取った本。
これはなかなか面白い。自分たちの内紛に外国の軍隊を引き入れる事で有利に運ぼうとするのは、今に限った事ではなく、韓民族の習性なのだと言う事がよく分かる。
こうして被害に遭ったのが日本だけでなく、中国やアメリカ、それにロシアもだ。

それにしても、嫌韓本というのは目にするが、親韓本ってあるのだろうか。日本を腐す本は目にしても、朝鮮半島が日本に良い事をしてくれたと褒める本がもしあれば、偏った見方をしないためにも是非読んでみたいものだ。
 
明日から天気が悪くなる。釣行は無理か?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

グルテンで惨敗@増沢池 with Kさん

いよいよ入梅とやらで、これから釣行が難しくなりそう。出来る間に回数を重ねて何とか6月中に50回を越えたい。しかぁ~し、2日に1回の割で釣行しないと無理。ダメかな。今日はとりあえず晴れているのでゴー!駐車場着は珍しく9時前。急いで荷物を降ろして池に向かうと、やったいつもの場所が空いている。ちょっと湖面が荒れているが、そのDscf7312うち静まるだろう。さあ、準備だ。今日は趣向を変えて両グルで通すぞ。まずは竿は11尺。餌はわたグル+新べらグルテン底(バッグの底の方から出て来た)。段差のバラケも少々。しかぁ~し、道糸がやけに短い。まるで9尺の仕掛けのようだ。確かにハリスは長いけれども、それにしてもなぁ。とりあえずウキを合わせ、仕掛けのままの「たな」で開始は9時16分。うわっ、仕掛けが振り難いぞ。どうしよう、このまま通すか。それとも時間を決めて作り直すか。面倒と億劫が先立ってそのまま続行。しかぁ~し、数投打ったものの、かなりのストレス。それで、やっぱり作り直す事に。予定では道糸の交換だけで済む筈だったのだが、途中で元の仕掛けのオモリを池に落としてしまい、見つからず。結局ほとんどが作り直しとなって時間のロス。ついでにハリスも40cm+55cmくらいになっていたのを35cm+55cmくらいに直して、「たな」は適当だがやや深めにしての再開は多分10時頃(モタモタしたので・・・)。すると、何と言う事でしょう、2投目でウDscf7313キが消し込んだではないか。慌てて合わせれば、やった1匹目ゲット!サイズもまあまあだし、こりゃぁ両グル行けそうか?しかぁ~し、ウキの動きは次第に悪化。かなりウキが流されるのも無関係ではないだろう。餌打ちのインターバルには留意しているつもりなのだが、やはりちょっと見ているか。10時半頃Kさん登場。昨日は対面階段下付近でグーなサイズを10枚ほどゲッDscf7314トしたそうだ。まずは奥の方で情報収集。と、Kさんが奥に向かったタイミングでウキがグッと入り、これに合わせてようやく2匹目。サイズはグッと小さくなったが、1匹は1匹。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、ウキの動きは続かない。やはりグルテンではダメなのか。でも、活性が低いのDscf7315なら、持つグルテンでも良さそうなものだが(実際冬場はそこそこ釣れました)。Kさんは11時頃戻って来た。奥の方も厳しいとの事。駐車場に道具を持ちに戻った。と、またも同じようなタイミングで3匹目。本当にポツポツとはこの事だ。Kさんは荷物を持って下りてきて、11時半頃から柳の木のDscf7316奥で開始。と、またもそのタイミングで4匹目。何とか第2目標にリーチまで漕ぎ着けたが、そろそろ餌が残り少なくなってきた。最近は午前中のGTもないようだし、どうやらこれでジ・エンドかな。ウキは全く動かない訳ではないものの、あたりらしき動きにはならず、12時のサイレンと共にDscf7317終了。結果、1回目の両グルでは実釣2時間余で4匹。仕掛けが流される悪条件ではこんなものか、と自己満足。Kさんは開始してじきに竿が曲がったが、放流との事。放流でも1匹は1匹ですよ。でも、私とは価値観が違うのかもね。とりあえず一旦休憩しよう。次は竿を9尺に変更。餌もα21+わたグル。しかぁ~し、ちょっと多く作り過ぎた気も。いろいろやった後でKさんのところに向かう。今は両ダンゴの底でやっているが、様子を見ながら両ダンゴの宙にDscf7319移行するつもり。が、私が見ている前であたり!そしてグーなサイズをゲットしたではないか。やはり底なのか。いやいや、私は両グルでやるぞ。釣り座に戻り、昼食。それから仕掛けを変更。ハリスが25cm+35cmになっているのを、30cm+45cmくらいに変更。「たな」はさっきまでと同じくらいにしたつもりで、再開は12時35分。午前中に比べて風・波が強くなってきた。予報どおりだ。9尺の仕掛けは小ウキなので、思うところへ振り難い。オーバースロー等で何とか。そして、あまり待たずに餌を切る。それでもウキに動きなく、開始30分ほどで「たな」を更に深くしてみるが、視認性が悪くて小さなウキの動きはまず無理。それにしても、今日はトンボ攻撃がなかったのは何故だろう。開始1時間ほどで湖面がやや穏やかになり、するとウキがモヤモヤしているのが分かって来た。そしてあたりらしき動きに合わせる事3回目で、やった掛かりました!ああっ、バラした・・・。見れば鱗。すると、そこからウキの動きがバッタリ。まさにトホホ状態。多く作り過ぎた餌をどんどん打って行くが、ウキの動きは回復せず。2時頃になってKさんが終了。ウキが見難く、また流されてしまっては釣りにならないとのお話。片付けした後、道具を置いて奥の方へと向かった。私も何かしないとどうにもならないと、「たな」を上下。飛び跳ねるへらを見ていると「たな」は浅そうなのだが、浅くするとウキの動きが出ない。それで、思い切って底に着かない程Dscf7320度の「たな」(どれくらいかは不明)にしてみると、何とすぐにウキが動き始めたではないか。そして強く入るウキの動きで、やったようやく1匹目ゲット。トータルでの第2目標をやっとの思いでクリア。開始2時間近くなっている。寄りが良くないのは、餌のまとまりが良過ぎるのがまずいのかDscf7321もね。適度のバラケを作るのには、新べらグルテン(底)を混ぜた方が良さそうだ。その後、まだ時合は残っているのか、ほどなく2匹目。しかぁ~し、私のGTは2匹が限度。それが証拠には、じきにウキの動きが大人しくなってしまった。3時頃Kさんが奥から戻って来て、帰った。常連さんもほぼ帰ったか。皆さんお疲れ様でした。私も終わりたいのはマウンテン・マウンテンだが、多く作り過ぎた餌はまだある。捨てて帰るのは簡単だが、省資源釣法を謳っているDscf7322以上、それは出来ない。何とか打ち切って終わろう(多分4時頃になる)。黙々と打ち続けていると、午後のGTなのか3時半近くになって3匹目。多分こちら側には誰もいなくなっているのでは。対面には午後から来た2人。暑そうです。その後、ラス前にもう1匹追加して、一応は単独でのDscf7323第2目標にリーチとなったが、無理は承知。最後の1投も効なく、3時58分に無念の終了となった、結果、2回目の両グルでは、実釣3時間半弱!で4匹。トータルでは実釣5時間半(池にいたのは7時間!)で8匹。まさにトホホの結果となった。片付け。長時間の釣りに加えて日の光に当Dscf7324たったせいもあって、かなり疲れている。さっさと帰ろう。片付けを終えて車へ。これからビッグ富士に行く用事があるので、疲れていてもゴー。そろそろと池を跡にした。
 
私だけでなく、だんだん釣れなくなっているらしい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

状況は変わったが結果は変わらず@増沢池 with Kさん and Oさん

昨日は風が強くて釣行せず。今日は気温がやや低そうなので、ゴー!と、途中のコンビニで昼食を買って店を出たら、何とKさんに遭遇だ。お先にと増沢到着は9時半過ぎ。急いで荷物を降ろして池に向かうが、途中で忘れ物に気付いて車に戻ったら、ちょうどKさんが着いたところ。今日も日向側に入るようだ。再びKさんと池に向かうと、私の(かつての)いつもの場所から柳の木の奥の奥まで誰もいない。塩ビ管手前からへら師がポツポツ。日向側はゼロ。私はいつもの場所に入る事にするが、何ともう1つ忘れ物があったDscf7295事に気付いてOh my God!Kさんは奥の方に様子見に行ったまま戻らなかった。私はふうふう言いながら忘れ物を持って帰り、もうありませんよね。さあ準備だ。前回9尺の底でガッカリする結果だったので、今日は竿を11尺に変更。餌は同じ。ただ、ちょっと風・波が出て来た。底取りがやり辛いが仕方ない。開始は10時6分。う~ん、太いトップのウキを採用したのはまずかったか。かなり流される。でも、ウキが上下しているのは単に底をなぞっているだけではなさそうだ。それからしばらくすると、バッチリのあたり!Dscf7296しかぁ~し、カラ。でも、前回よりは状況は良さそうな気がする。そして開始10分ほどで1匹目。たった2尺長さが変わっただけで、引きの強さが全然違う(モーメントって奴でしょうか)。おおっ、グーなサイズではないか。前回ここに入った人が9尺以上(詳しくは不明)でポツポツ釣っていたDscf7297から、竿を長くしたのが良かったのかも。更に10時半近くになって2匹目。風・波なんて関係ねぇ~ってか!そこからバラシによるオモリ脱落で少し穴が空くものの、10時45分から11時までの15分間に何と5匹をゲット!開始1時間経たないうちに第2目標クリアとは、こりゃぁ爆釣間違いDscf7298Dscf7299Dscf7300Dscf7301Dscf7302ない。しかぁ~し、11時頃から風向きがアゲンストになると、急にウキが動かなくなる。いわゆるバッタリって奴ですが、何か。餌打ちのインターDscf7303バルに留意しながら続行すると、約30分経った11時半近くにやっと8匹目。そろそろ第3目標を考えてもいいかな?しかぁ~し、午前中のGTかもしれない時間帯なのに、あたりさわりが出ないまま、時間だけが過ぎるお約束の展開。そのまま虚しく12時のサイレンを聞く。いよいよ最後の1Dscf7304投、頼む(誰に?)!すると、馴染んだウキがズバッと消し込んだではないか。慌てて合わせるが、こりゃぁスレだ。しかぁ~し、寄せてみればちゃんと口に掛かっている。やった「上がりべら」ゲットだ。時刻は12時3分。結果、底では実釣2時間で9匹。残念ながら2桁には達しなかったが、Dscf7305前回の2匹に比べれば素晴らしいの一語。ここで一旦休憩してOさんの元へ。実は着いた際に車を確認してあったのだ。Oさん曰く、先日は皆さん激渋だった。今日は朝方は良いペースだったが、波が出始めてダメになったとの事。なるほど、私のペースダウンも波のせいだったんですね(コラコラ)。Kさんは対面ダム?そばに入ったようだ。私のデジカメではこれが限度。努力すれDscf7306Dscf7307ば見えるかもね。さて、釣り座に戻り、昼食。それから竿を9尺に変更。そうです、後半は両ダンゴで宙をやるんです。餌は特Sとガッテンを半々で。「たな」は前回のままで開始は12時34分。まずはウキの馴染み具合を見ると、餌の持ちが良くないようだ。それで、餌を10回ほどボウルにこすり付ければ、無事馴染みが出た。すると、しばらくしてウキがズバッと消し込み、やった1匹目ゲットか?顔を見れば35cmはありそう。よしよし、トータルでの第3目標クリアだ。しかぁ~し、「たも」に納める手前でバラシ。ガクガクッ。口に掛かっているように見えたが、痛恨の極み。すると、それからしばらくしてまたもズバッ!今度こそと合わせるが、顔を拝む前にバラシでガクガクッ×ガクガクッ。更にしばらくして、またもズバッ!今度こそバッチリでしょう。揚がって来た顔を見ると、残念最初よりサイズダウンして泣き尺かな。でも、これで我慢しようと「たも」を出せば、またも手前でバラシ。ガクガクッ×ガクガクッ×・・・。3連続バラシでは流石に時合も壊れるでしょう。それからしばらくウキは動いていたが、やがてシーン状態に。もちろん餌打ちだけはまめに続けていたが、やはりウキが流されるのがダメみたいで、たまに動くウキに反応Dscf7308してもカラばかり。どうやら宙では凸まっしぐらかも。それでも開始1時間経過の1時半過ぎに、やっと消し込みに合って1匹目。と同時にトータルでの第3目標クリア!さあ、どんどん行こう、と思いたいが、これは珍しく掛かっただけ。その後も同じようなウキの動きで、これが世間で言うところDscf7309の「釣れない両ダンゴ」なんだろう。2時近くになってもう1匹出たが、その後はシーン状態が持続。まさにトホホ。1回あたりに合ったものの、4回目のバラシでガクガクッ。2時半を過ぎ、常連さんの一部とKさんが終わり、Kさんがこちらの様子を見に来た。何と凸だったとの事。ビックリしたなぁもう。Kさんは奥のOさんの方に向かった。さて、午後のGT間近なのか、あたりらしDscf7310きウキの動きが出て来たが、とうとうラス前になってしまった。何とかもう1匹釣って気持ち良く終わりたい。すると、何と言う事でしょう、ズバッというあたりでやった3匹目と同時におそらく「上がりべら」ゲットだ。そして最後の1投では特に何もなく、2時42分に終了。結果、宙では実釣2時間余Dscf7311で3匹。トータルでは実釣4時間で12匹かぁ。片付け。まだ時間が早いので延長は充分出来るが、やりません。次回に期待だ。片付けを終え、車に戻る。あれっ、まだKさんの車があるぞ。整地された辺りで油を売っているのかもしれない。一応Oさんに終了をメールで報告してからベイシアへと向かった。
 
右肩と右の肘の痛みがいつまで経っても消えない。医者に行くべきか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年6月 1日 (水)

冷静な判断

沖縄での、軍属(元海兵隊)による殺人事件。これが反基地運動とリンクして大きな騒ぎに発展している。
私もかつては無条件に賛成出来たのだが、最近ちょっと疑問に思う事がある。
確かに基地がなければ起きなかった事件ではあるが、果たして米軍関係者による犯罪は沖縄県民(米軍関係者除く)の犯罪より格段に多いのだろうか。
ここに、それに関する記事(ブログ)がある。
 
実際、米兵の犯罪って多いんか?(ダーリンはフランス人 in 韓国)
 
答えは私の予測と違わぬものだった。ご参考までに。
 
本当に危険なのは、根拠のない上から目線の国の人
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »