« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月30日 (金)

せっかくの雨なし日なのに@増沢池 with Kさん and Oさん

今日は予報でも雨はない。ただ、次第に空が暗くなって来たので、雨から逃げられそうなところに行こう。と言う事で、いつも通りの増沢へゴー!駐車場着は9時前。あっ、OさんKさんの車ハケーン!何処にいるのかな。急いで荷物を降ろして池に向かうと、こちら側は柳の木の奥と深場に先客。対面には階段下付近と整地された辺り、それに看板横P1000668に入っている。旧爆釣ポイントに荷物を降ろして早速Kさんに電話だ。しかぁ~し、出ない。まあいい、後でもう一度掛けてみよう。それでは準備だ。今日は前回と全く同じ設定でやるぞ。餌も同じ。結果がどうなるか?まずは底。と、準備中に電話。対面Kさんが多分Oさんらしき人のところへ移動中に掛けてきた。今日は厳しいようだが、Oさんは肩が痛くなるくらい釣れている?との事。ホンマかいな。さて、底も取れ、開始は9時22分。上空黒い雲、風・波もあってウキが見難いかと思ったが、太いトップでノー・プロブレム。ただ、あたるかどうかは無関係。しかぁ~し、数投でウキが返した。これは前回同様あたりっきりなのか?ところが、1回黒帯が震えるようなあたり(カラでした)があった後からウキの返しが次第になくなってきた。ゲゲッ、どうして?早くも上ずってしまったのか?いや、しばらくしたら戻ったが、かなり流されるので、ひょっとしたら底をなぞっているのかも。と、開始20分過ぎに、馴染んだままのウキがチクッ!やったと合わせるが再びのカラ。更に10時までにもう一度同じようなあたりが出たが、これもカラ。カラでも出れば嬉しいが、それにしてもあたりの回数が少な過ぎる。まさかとは思うが凸必至?ウキ下の微調もやってみるが、何故か効果が出ない。更には連続してのバラシ(ガクガクッ)。そうこうしているうちに、遂に10時半P1000669を過ぎる。これはヤバイ、ヤバイですよ。と、ここで、シモッたウキがスッと入るのに合わせてみたら、やったようやく掛かりました!サイズは放流でも嬉しかぁ。しかぁ~し、何故か「たも」の中でハリス切れ。専用の「たも」でないとダメなのかな。急いで交換して再開すると、何と馴染P1000670み際でムズッ!これに手を出せば、やった連荘だ。しかもサイズアップ。しかぁ~し、ここから再びウキが動かなくなる。そろそろ午前中のGTなのに、どうして?その後もあたりらしきウキの動きは数回あったが、いずれも掛からず11時。と、ここで餌打ち後にちょっと下を向いてから顔P1000671を上げたら、何とウキがない!慌てて合わせれば、やった掛かりましたよ!うわっ、凄い引き。まさかのスレ?何とか堪えて寄せてみれば、やった横ではあるが口に掛かっている。いやぁ、疲れたなぁ。さあ、GTの恩恵に与らないとね。しかぁ~し、それだけ。その後もウキの動きが良くなる事はないままに餌が尽きて底は終了。時刻は11時47分。結果、底では実釣P10006722時間半弱で3匹。あたりそのものが少なかったので(セッティングに問題あり?)、結果としてはこんなものかもしれない。上空は相変わらず黒っぽいものの、雨は開始直後に霧雨のようなのがあっただけ。湖面も凪いで来た。昼食の後、さあ次は両グルの宙。まさか西ノ谷のような美味しい思いが出来るとは思っていないが、せめて前回並みの2桁には届きたいところ。仕掛けは一切触らずに再開は12時6分。すると、数投でウキに動きが出るのは底と同じ。更にあたりP1000673らしき動きに合わせてもカラ、というのも同じ。それでも開始20分で1匹目ゲット。こりゃぁ幸先が良いぞ。爆釣とまではいかなくても、何とか2桁にならないかな。しかぁ~し、ウキの動きが弱くなるのも底と同じ。どうやら前回並みとかを望んではいけないようだ。とにかくどんどん餌打ちして、少しでもウキが動けばビシッ!と「無闇流」で合わせ続けると、12時半を過ぎてP1000674P10006752匹目。更にしばらくして3匹目と、一応トータルでの第2目標には達した。しかぁ~し、ここでウキの動きがバッタリ。更に1時頃、確かに掛かった筈の1匹をバラシでロスト(口に掛かっているのを見た、と思うけど・・・)すると、そこからは全くウキが動かなくなる。懸命に餌打ちすると同時に「たな」P1000676の上下も試みるが、思うようなウキの動きは出ない。1時半近くになって、やっと4匹目。合わせ続けてかなり疲れた。T林さんが様子を見に来たが、残念その時には釣れなかった。湖面は凪いで来た感じで、そろそろ午後のGTも近くなったので、何とかもう1匹。すると、2時前にやっP1000677と5匹目。両グルだけで第2目標クリアだ。深い「たな」で釣れた。ひょっとすると午後のGTが早まったのかも。しかぁ~し、確かにウキの動きが出て来たものの、今度は餌が残り少ない。最後の1投ではカラが出たので、未練がましく鈎に付いたカスで打ってみると、2回あたったがこれまたカラ、で2時15分に無念の終了。結果、両グルでは実釣2時間余で5匹。トータルでは実釣4時間半超で8匹だ。前回の半分以下だね。ただ、何かしらの工夫があP1000678ればもう少し釣れた気がする(いつものタラ・レバです)。片付け。見ると、対面Kさんが終了してOさんのところで岡ジャミか。片付けを終わったら電話してみよう。しかぁ~し、片付け途中にKさんが帰ってしまったので、片付け後にOさんに電話すると、今日は17匹釣ったそうだ。う、裏山鹿~。また宜しくと電話を切り、車に戻ると、ちょうどKさんが戻ってきた。開始から2時間半釣れなかったそうだが、その後どうなったかは聞きそびれた。お疲れ様でした。さあ、私もベイシアが待っている。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
9月も終わり。回数を稼げなかった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年9月29日 (木)

ちょっと様子見に@増沢池 with 柳の木の奥Kさん

今日は予報が雨だし、家人の送迎もあるので釣りは出来ない。
が、ひょっとして増沢にはへら師がいるかも、と合間を縫って見に行く事に。
駐車場に着くと、へら師らしき車が数台。あっ、Kさんもいるぞ。
P1000666まずは橋まで行って池の様子を覗うと、日向側に1人いるがKさんではなさそう。Kさんは柳の木の奥にいたので、足元が悪い中池に下りていく。
まずは挨拶。昨日も一昨日も来たようで、昨日は皆さん釣れたとの事。今日はまだ始めたばかりで、8尺の底。
奥の整地された辺りにも常連さんがチラホラ。
上空は予報どおり今にも雨が来そうな感じなので、ちょっと岡ジャミしただけで退散した。
明日は予報によると雨はなさそう。頑張って来てみようかな。
そうだ、その前にハリスを巻かなければ。
 
ちょっとパラついただけで、雨はなさそうだ
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

3連荘はなかなかキツイがウキが動きっぱなしで@西ノ谷

今月はもう晴れの日がないかも。と言う事で、回数を稼ぐためには多少キツくても出掛けなければ。増沢では昨日まあまあの結果だった(もちろん私にとって、だが)ので、今日は違う池に行ってみよう。最初は大楽地と思っていたが、移動時間が勿体無いので、ここは西ノ谷にしてみよう。ところが、池に着いてビックリ。駐車スペースに車がない。まさか釣り禁止になっているのでは?慌てて車を崖?の上に停めて池を見渡すと、いましたP1000624P1000623道路下に2人。やれやれ、それでは何処に入ろうかな。崖?の上に停めたのだから、その近くがいいな。それで、赤い階段を下りて道路下の左端に入る事にする。バサーがいたが、譲ってくれた。申し訳ない。さあ準備だ。今日も12尺長ハリスの両グルテンでやるぞ。餌も同じだが、ウキが昨日水を吸って餌落ちが変わった気がするので、今日は新しいのを出す。オモリはほぼ合っていたので、「たな」も変えずに開始は9時36分。しかぁ~し、肝心な事を忘れていた。それは、増沢と違ってここはジャミの宝庫(東ノ谷も同じ)だったのだ。開始早々ウキが動いても、掛かるのはジャミ。ハリスも長いしグルテンだし・・・。でも、ここを我慢すれば、へらに切り替わるに違いないと打ち続ければ、ジャミを数匹の後、開始10分ほどで1匹目。あたりは小さい方が良さそうだ。その後10時P1000625P1000626P1000627P1000628までにポツポツと3匹を追加して、第2目標にリーチ!その後もとにかくウキの動きに合わせ続けて数を増やすが、12尺でも合わせ続けるとしんどいので、ちょうど第3目標に達したら竿を替えよう。その後、カラとジャミとバラシとを織り交ぜて(何故かスレて上P1000629P1000630P1000631_2P1000633P1000634がってくるのはなかった)10時38分までに目標を達成出来たので(時間あたり10匹。私にすれば素晴らしいの一語)、予定通り一旦休憩。崖?の下には2人組が入っている。かつて私もあの辺りに入ったものだ。合わせがキツイので、頭上の木に掛けないよう合わせの練習をしていたのだった(あまり効果がなかった?)。そうそう、この場所には巨鯉が居付いていて、正面に1mくらいのが3匹。なかなかの迫力だが、餌はやりません。さて、それでは竿を9尺にしよう。仕掛けが「トロ掛け」になっていたので、総交換。ハリス長は30cm+45cmくらいにする。そして「たな」も仕掛けのままで再開は10時54分。すると、何と言う事でしょう、第1投からあたり!そして掛かりました。途中風・波P1000635P1000636P1000637P1000638P1000639P1000640P1000641P1000642P1000643P1000644が出て来たが、その後も最初と同じくカラにジャミにバラシにスレを絡めながらポツポツと釣れて、予定通りほぼ1時間で10匹をゲット。時刻は11時54分。実は最後の最後に10匹目が出たのだった。まさに「最後の1投」。ここに来ると自分が上手くなった気になP1000645るのが恐ろしい。さあ、再び休憩して昼食。それから、ハリスを20数cm+30数cm(適当なので・・・)に変更。餌はガッテン2+マッハ3に水1のダンゴでやる。両グルの際に、ダンゴの方がもっと釣れそうに感じたから。「たな」は変えずに再開は12時6分。しかぁ~し、結果から言って、ダンゴはやはり私には難しかったか。両グルの時よりジャミが寄って来たのが見える。それでも開始10分経たないうちに1匹目。まあまあ、最初はこんなものでしょう。多分次第に釣れなくなP1000646P1000647P1000648P1000649P1000650るのは目に見えている(デジャヴ?)。しかぁ~し、12時半までの20分間弱に何と4匹をゲットして、早くも両ダンゴ単独での第2目標クリアだ。餌なんて何でも良くて、ただ付いていれば釣れるのか!と暴論を吐きたくなる感じだったが、それもこの辺りまで。その後も順調に数を増やす感じで推移(カラにバラシにスレにジャミ・・・)するが、1時前にP1000651P1000652P1000653スレでハリスが絡み、ついでにハリスを15cm+20cmくらいにして、水面直下に見える奴らを「カッツケ」で釣り込んでやろうと変な欲を出したのが運の尽き。バラシ連発でハリストラブルも連発。これを解いたり交換したりとイライラが募る。ただ、これも練習と思えば我慢出来るかもね(ホントか?)。しかぁ~し、毎回のような絡みはどうにも我慢出来ず、それではとハリス長を15cm+25cmにすると様相が変わり、再び良い感じでP1000654P1000655P1000656P1000657P1000658釣れるようになった(10分間で5匹!)。第3目標も楽々クリアだ。しかぁ~し、「たな」とハリスの関係なのか、ハリスががウキ止めに絡むアクシデント再来に大型化したジャミ(バスも時折ガバッと出る)とで間が空くものの、2時前から再度のチャージが掛かる。しかぁ~し、残念ながら両グルの時のような時間10匹は無理そうだ。それでもあたりにP1000659P1000660P1000661P1000662P1000663P1000664合わせ続けて、何とかあと2匹で20の大台達成というところまで来たが、ここで物凄い引きのあたり!これを堪えに堪えるが、途中で力がやや弱まった。しまった、バラシか・・・。いや、まだ引きは残っていて、寄せてみればガッチリ掛かっているが、もう一方のハリスが切れている。もしかしてダブルだったのか?そして片方が切れた・・・。急いで交換して再開するが、残念餌がもうない。そして2時27分に無念の終了。結果、両ダP1000665ンゴでは実釣2時間20分で19匹。増沢では絶対にお目にかかれない数字(個人の感想です)なので、本来は喜んでしかるべきだと思うのだが、悔しさだけが残るとは贅沢だ。両グルと併せたトータルでは、実釣4時間20分で39匹。素直に喜んでおこう。そうそう、新東名真下の階段にはへら師と岡ジャミがズラッと並んでいる。あちらに入らなくて良かったぁ。さて、両グルでは長ハリスにも拘らず1回もハリス交換がなかったのが素晴らしい。両ダンゴでは癇癪の爆発もあって、ブチブチ。今夜はハリス巻きをしなければ。片付けを終え、車に戻る。途中から太陽の直射を浴び続けたので、かなり疲れている。さっさと帰ろう。そろそろと池を離れた。
 
明日はどうかな?雨のマークも見えるが・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2016年9月26日 (月)

昨日のリベンジは果たせたか@増沢池 with Kさん、Y川さん and 後で気付いたパラソルさん and masaさん

昨日の日記に書いたように、何としても同じ場所で12尺で釣りたい。と言う事で、天気も良さそうだからやって来ました増沢。車の数はそんなに多くなさそうで、常連さんも今日はお休みかな。さっさと池に向かうと、柳の木の奥に1人。深場整地された辺りはガラP1000603ンとしているのに対し、対面には10人くらい(いつもの場所にいるKさん含む)が並んでいる。よくよく見ればフラシが下りているので、何処かの例会のようだ。さあ、宣言どおりいつもの場所で12尺を振るぞ。湖面は穏やかだが、景色が映り込んで多分ウキの視認性は悪いだろう。それで、昨日使ったウキは縁起が悪い(オイオイ)ので、もう1本ある太いトップのウキを採用だ。餌は昨日と同じバラケに、今日はわたグルだ。多分これで良さそうと底を取り、開始は9時55分。まずは馴染み具合を見ようかと餌打ちすると、数投でウキが返したではないか。これにはビックリ。昨日の今日なのに・・・。そしてあたりも!しかぁ~し、カラ。最初からこれは厳しいなぁ。でも、いきなりウキ下をいじる事はしない。もう少し様子を見て、と続けるが、カP1000604ラ・カラ・カラ。これは一体何だろう。それでも開始20分経たないうちに1匹目ゲット。放流でも嬉しかぁ。久し振りにへらの顔を拝んだ感じ。とりあえず凸の連鎖はなくなって、まずはホッ。すると、しばらくして2匹目。あたりは出ているので、とにかく合わせるだけだ。しかぁ~し、次第にウキのP1000605P1000606動きが複雑になってくる。そして掛かったのがブルー。ブルーもいるんだね。10時半を過ぎて3匹目をゲットするが、何故かウキの動きが悪くなってくる。そして、あたったかと思えばカラ。遂に業を煮やしてウキ下をいじる。しかぁ~し、あまり効果がない感じ。実はハリス段差が10cm以上あるのだが、直すのが勿体無くてそのまま使用しているのがマズイのかもね。11時頃にY川さんがやって来た。今日は夜勤なので、それまで竿を出すらしい。奥の方に向かった。さて、11時を過ぎるとウキの動きが戻って来たが、あたっても連荘でバラシ。ハリス段差なのかなぁ・・・。それでP1000607も午前中のGTとあって、11時半近くにようやく4匹目。1時間近く間が空いた、キツイなぁ。さあ、後1匹で第2目標クリアだ。最早昨日のショックは薄れているが、ここで第2目標をクリア出来るかどうかは大きい。すると、あと少しで餌が終わりそうな11時半過ぎに、やりました「上がりべら」P1000608ゲットだ!♪もう何も言う事はありません♪(誰かの歌)。11時48分に終了。結果、底では実釣2時間50分超で5匹。ダメでも昨日はいつもの釣りをすれば良かったと、言ってもどうにもならないタラ・レバでした。さて、一旦昼食休憩して次は両グル。竿はそのままで餌はわたグル+新べらP1000609グルテン。ウキもオモリを背負わずトップがやや太めのものを採用だ。あれっ、気付けば深場整地された辺りには10人以上?が並んでいるように見えるぞ。いつ来たんだろう。さて、仕掛けにセットされている「たな」で再開は12時8分。すると、何と言う事でしょう、第1投からウキがグッと入ったではないか。慌てて合わせるがカラ。でも、これまた昨日とは全く違う様相だ。ハリスが35cm+50cmくらいあるので、長過ぎるかと思ったが、あたりが出ればグー・グ・グー。動きが変になったら詰めれば良いでしょう。すると、それから数投後に、馴染んだP1000610P1000611ウキが1目盛入るのに合わせて1匹目!ウキは動きあたりらしき動きも出るが、大きな動きや消し込みでは掛からない。しばらくして2匹目。と、ここでKさんから電話。私にスマホを車内に置いていても仕方ないと言われたせいか、スマホを持つようになったようで、これで対面に大声を出さなくても良くなった。めでたしめでたし。あと少しで帰るとの事。今日はハリスを10数本飛ばしたとも言っていた。お疲P1000612_2れ様でした。その後12時半に3匹目と、両グルなかなか捨て難いぞ。昨日は昨日、今日は今日?さて、底の時もそうだったが、調子が良いのは最初だけで、そろそろウキの動きが悪くなるのでは、とビクビクしていると、どうして悪い予想は当たるのか、次第にウキの動きが悪くなってきた。P1000613何とか宙でも第2目標をクリアして、トータルで第3目標まで行きたいところだが、果たして・・・。すると、1時近くになって4匹目。あまり待たず、弱かろうが何だろうがウキが動けば合わせ続けた結果だと思うよ。一応両グルだけでの第2目標にリーチとなったが、ウキの動きが復活すると、P1000614P1000615P1000616結構合わせに合う事が多くなり、1時から1時半までに3匹。これで予定の目標はクリアP1000617P1000618P1000619P1000620出来たが、今日はまだ続きがある。そう、両グルだけでの第3目標が見えてきたのだ。すると、1時半から2時までに何と4匹を追加して、両グルだけで第3目標をクリア!これはなかなかありません。う、嬉しかぁ・・・。更に2時を過ぎて「上がりべら」までゲット出来れば、昨日の憂鬱は晴れP1000621た事に間違いはない。何故今日がこんなに良いのかは不明だが、これだけ釣れれば御の字だ(少なくとも私にとって、だが)。2時21分に終了。結果、両グルでは実釣2時間10分超で12匹!「たな」もハリスもいじらなかった(ハリスは何度も絡んでよれよれだったけど)。トータルでは実釣P10006225時間余で17匹。対面の例会にも負けない数字だと思うよ(あくまで個人の見解です)。さあ、気持ち良く帰ろう。片付けを終え、午後からやって来て隣に入ったご夫婦に挨拶して車に戻る。あっ、masaさんとパラソルさんの車ハケーン!来てたのか・・・。とりあえず終了をメールで報告し、そそくさと池を跡にした。
 
実は今日朝から体調が優れなかったのだが、結果が出て気分爽快(オイオイ)!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

放流協賛増沢池ヘラブナ釣り大会

P1000594今年2回目の増沢池釣り大会。昨日までの雨はなくなり、曇り勝ちではあるが絶好のコンディション。しかぁ~し、駐車場着は8時過ぎ。既に多くのへら師が入釣している。まずは本部がある東屋で受付。それから橋まで行って池の様子を覗うと、日向側はほぼ万遍なくへら師で埋まっているが、日陰側には空きがあるようだ。おっ、私のいつもの場所も空いているぞ。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。途中竹さんが荷物を持って橋を渡ってきた。日向側に入ったが、P1000595P1000596あたりさわりがないとの事。やはり人が多く入ると言うのはキツイのか。竹さんはそのまま帰ったように見えたが、後で気付いたのだが、日陰側奥の整地された辺りに入り直しP1000597たようだ。さて、先客に挨拶して荷物を降ろすと、橋の真下辺りにいるパラソルさんとじゃがにぃさんに挨拶に向かう。と、ここでパラソルさんから半数くらいが凸状態だと聞いて、ムムム・・・。釣り座に戻り、準備。さてどうしようか。今日は12尺か15尺で底、それであたらなければドボン。後半は両グルと大体の予定を組んでいたが、ざっと数えたところ50人は超えているへら師の半数が凸では予定変更だ。竿は15尺でいきなりドボンから入ろう。餌は夏・冬・マッハのバラケとα21。しかぁ~し、ウキの調整をしている途中でハリスが絡む。これを解く時間が勿体無いので、さっさと交換して開始は8時50分だ。湖面は凪いでいてウキの視認性はバッチリ。あとはあたるだけ。しかぁ~し、ウキに動きなく、すぐに開始30分が経過。いや、まだまだこれから。しかぁ~し×しかぁ~し、その後もウキが動く気配もないままに時間だけが過ぎる平常運転。餌を両ダンゴや両グルに変えてみるが、全くウキが動かない。実は、早く結果が欲しくて、餌打ちのインターバルがやや早めになっていたのは間違いなく、たまに待つ事があると、黒帯くらいがモヤとするのが見えたりして、何かがいるんだろうと思えるが、それ以上にはならない。10時を過ぎても何ら変わらず、どうも底ではダメなんじゃないかと思えてくるが、餌がまだあるので、何とか打ち切りたい気持ちもあって続行。すると、10時半頃になんとブラックの小さいのがスレてきた。何かがいる事は間違いないが、へらではないのかも。更にその後1回だけウキがビヨーンとトップの付け根くらいまで戻す事もあったが、ウキのハッキリした動きはそれだけ。そしてそのまま11時近くなったので、最早我慢の限界?餌がまだ残っているし、午前中のGTP1000598近くでもあるが、ここはドボンを終了しよう。時刻は10時55分。勿体無いが餌はアウト。結果は言うまでもありません。さあ、次は予定通りの両グルで行こう。と、その前にパラソルさんとじゃがにぃさんの様子を見に行くと、パラソルさんが宙から底に変更しているところ。と、ここでKさんが岡ジャミにやって来た。最近は日向側でやっているが、底で2桁当たり前らしい。しかも型が良いと言うので、そろそろ日向かな。さて、トイレ休憩と早めの昼食、それから、α21+新べらグルテンで餌を作るが、ちょっと張り切って多く作り過ぎてしまった。どうみても使い切るのに3時間くらいは掛かりそう。更にガッテンも少量作ったので、前半の事もあって餌を残さない省資源釣法では餌打ちのインターバルが短くなるのは止むを得ないところか。ハリス長はそのまま、やや深めの「たな」での再開は11時14分だ。餌は大きめに付けて打つ。しかぁ~し、ウキがオモリを背負うので、餌が早く「たな」に届いてしまう。前回やって分かっていた筈なのに、何故この仕掛け?でも、今から仕掛けを変更するのは面倒だし、前回も釣れたから・・・とそのままで続行するが、状況に変わりなく、「たな」を上下のこれまた平常運転。12時のサイレンが鳴ってしばらくして、やっぱりハリス長を変えよう。30cm+45cmくらいから、45cm+60cmくらいに。段差は微調して。すると、餌の浮遊時間は延びたものの、状況には変化なし。いや、待ちに待てばウキが黒帯くらいモヤモヤする事がある。何かがいる(さっきまでと同じですが、何か)。ただ、あたらない。両グルでは辛抱強い筈の私も、早く1匹が欲しくてつい早めの空合わせをしてしまうのが良くないのは重々承知(たまには待ってみるけど、変わらないね)。1時を過ぎ、いよいよ凸が必至となってきた。両隣は竿が曲るが、バラシが多いようだ。私もとりあえずウキに動きが欲しい。と、1時半頃になって、ウキが馴染みながらモヤ。これに手を出すと、やった掛かりましたよ!あっ、外れた・・・。反動で仕掛けが絡む。今になってトラブルとは・・・。でも、これを根性で解き再開すると、遠くでパラソルさんの竿が曲るのが見P1000599えた!う、裏山鹿~。しかぁ~し、亀との声。しかぁ~し×しかぁ~し、再度竿が曲り、今度は今物のようだ。う、裏山鹿~×裏山鹿~。その後しばらくして餌が尽き、無念の終了となった、時刻は1時53分。結果は言いたくありません(見れば一目瞭然)。それからじきに終了の合図。検量が廻って来たが、ゼロを書いて提出は辛い(トホホ)。片付け。結構竿が曲るのが見えたので、凸は半分以下になっているだろう。何とか1匹は欲しかったが、これが私の実力。あえてタP1000602ラ・レバを言えば、ここはいつも通り12尺でやっていれば、沈没しても納得した気がする。片付けを終え、車に荷物を積んでから東屋へ。2時半過ぎに結果報告。1位の人は2位以下を引き離して素晴らしい結果。パラソルさんもBB賞をゲットした。私は予定通りの参加賞。釣りキャップが入っていたので、早速使わせてもらおう。

P.S.そうそう、肝心な事を書き忘れていた。masaさんを始めとする幹事の方々、本当にお疲れ様でした。今後もよろしくお願いします。
 
明日また増沢に行って、同じ場所で12尺だ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年9月24日 (土)

今日も竿を出せず

何とか午前中くらいは竿が出せるのでは?と思っていたが、雨が来た。
予報では3時頃に雨となっているが、最近の予報はなかなか厳しい。
明日は間違いなく晴れになる。割り切って今日は少雨の中墓参りに行って来た。帰りには椿で鉢植えを貰う。
それでは仕掛けのメンテでもするかな。
 
しばらくパッとしない天気が続き、今月はもう回数を稼げない
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年9月22日 (木)

ノーベル症候群

毎年これくらいの時期になると、隣国ではノーベル症候群が発症する。
文学賞には詩人の高銀(コ・ウン)氏が10年以上ノミネートされたらいいな、を継続していて、毎度毎度の大騒ぎ。

ご本人はどれだけ傷つけられているか。 → こちら
 
ただ、このコ・ウン氏、書いた詩がビックリの内容。訳が悪い訳でもなさそうだが・・・。
 
一杯のバケツ

肉のスープが一杯で溢れそうだ
スプーンでフーフーして啜ると喉に染み渡る
全て平らげると用足ししたくなる
今度は糞尿でバケツが満たされる
裏の畑にまいた後は雑巾を絞る
明日もまたこのバケツは肉のスープで満たされるだろう
嗚呼幸せだ
 
これが隣国の日常。日帝が衛生観念を教えるまでは、こんなものだったのだろう。
また、名前についても、偶然とは言えビックリ×ビックリ。
 
食事中に読んで具合が悪くなっても関知しません
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

視聴?市長?@増沢池 with いつもながらのKさん

このところ雨の予報ばかりだが、実際にはどうなのか?今日は終日曇りとあるが、思い切って出掛ける事にした。もちろん行き先は増沢。急な雨でも多少は凌げるから。駐車場着は9時頃か。ちょっとお腹の具合が優れないが、何とかなるだろう。Kさんの車があったが、やっぱり対面なのかな。まずは荷物を降ろして池に向かうと、いたいた対面P1000582にKさん。一応電話してみるが、出ないのがデフォルト。それでは準備するか。涼しいがちょっと湿気が多くて、動かなくてもジトッとする。湖面は凪いでいて、これならウキの視認性もノー・プロブレム。さて、竿は12尺でいつも通りの両グル。餌はα21+新べらグルテンと、少しのガッテン。前回の東ノ谷と同じ「たな」での開始は9時27分だ。すると、何となくではあるがウキの馴染み具合がスッキリしない感じ。餌付けをしっかりしても馴染み際でモヤ。ここで早くも「たな」をいじる。すると、浅くするより深めの方がウキの動きが良さそうだ。そして開始15分くらいで、空合わせをしたらスレてしまい、鱗。更に次の餌打ちではいきなりの消し込みでまたも鱗。雨で水が変わり、意外と高活性なのか?両ダンゴの方が良かったのかも。と、P1000583しばらくしてウキがグッと入る動きで1匹目!これはこれは・・・。サイズもグーだし、何より早いうちに凸から逃れられてまずはホッ。しかぁ~し、その後が良くない。ウキのモヤモヤはあってもなかなかあたらないのだ。焦れて、あたりかどうか分からないウキの動きでもバシバシP1000584合わせる、所謂「闇雲流」で対応すると、10時を過ぎて2匹目。東ノ谷よりはグルテンが合っている感じだ。しかぁ~し、我慢していた腹の具合が我慢の限界を超えそうだ。急いで不定期便。帰って時刻を確認すれば、ジャスト開始1時間。再開すると、すぐにウキに動きが。そしP1000585P1000586て間もなく3匹目。その後も「闇雲流」を続けると、11時までに1匹を追加して、やった第2目標にリーチ!しかぁ~し、そろそろ午前中のGTになろうとしているのに、どうもウキの動きが良くなりそうにない。相変わらずの「闇雲流」で餌の消費が思いの外激しいようで、多めに出来たと後悔したグルテンP1000587P1000588も順調に減っている。すると、11時半をまたいでバタバタッと2匹をゲットして、やった第2目標クリア!11時47分に終了だ。結果、両グルでは実釣2時間20分で6匹。比較対象がないので分からないが、私P1000589的にはまあまあ満足か。さあ、後半はどうしよう。いつもなら竿は同じで両グルまたは両ダンゴ。または竿を短くしてトロ掛けとか「お」(仕掛けがそうなっているから・・・)。しかぁ~し、今日は思い切って竿を長くするぞ。頭上が開けているので、万が一バラシても安心だ。と、その前にトイレ休憩(またかよっ!)と昼食。それから、15尺を出す。ウキも底釣り用ではあってもトップが太くて見易いものを採用。おおっ、ハリスが40cm+60cmくらいになっているではないか。しめしめ、だ。餌はわたグル+新べらグルテンで、バラケはさっきの残り。しまった、風が出て来たぞ。太いトップのウキにしておいて良かったぁ。が、竿が重く、また振り辛い。果たして最後まで振り続けられ、またあたりがあっても合わせ続けられそうか?さあ、「たな」もさっきまでと同じにして、開始は12時10分。すると、何と言う事でしょう、P1000590第1投からあたり!残念カラだったが、それでも3投で1匹目をゲット。放流ではあるが、そんなの関係ねぇ~っ!てか。しかぁ~し、その後はウキは動いていてもあたらずさわらず。餌付けの大小やら圧では多少の動きの変化はあっても、あたらないのは同じ。また、たまにあたっても合わせがしんどいのぉ。その後も「たな」を浅くしたり、とにかく「闇雲流」で対応する(これが疲れる)が、ことごとくカラ。あっという間に1時を過ぎる。既に開始1時間。ここで、決断。ハリスを縮めよう。最初の頃とほぼ同じ30cm+45cmにしてみるぞ。ウキの動きが悪いのは、ハリスが長くてなかなか張らない間でのあたりだからでは?と考えたP1000591から。すると、その変更が正しかったのか、再開してすぐにウキに動きが。そして1時半過ぎに2匹目ゲット!放流であっても釣れたのは嬉しいが、本当にハリスを縮めた結果なのか?確かにウキの動きはさっきまでよりは良くなったが、強いあたりは出ないまま。それで、またもやP1000592「闇雲流」での対応で2時前にやっと3匹目。何とかトータルでの第3目標にリーチまで漕ぎ着けたが、疲れるぅ。最初に長ハリスで餌の持ちが悪かったので、やや大きめに餌付けした結果、餌が残り少ない。今更の小粒なグルテンだが、残念あたりがあっても乗らず、2時14分に終了。Kさんはいつの間にか帰った。対面の状況を訊きたかったが、次回にしよう。さて、2回目の両グルでは実釣2時間で3匹(しかも放流オンリー)。トータルでは実釣4時間P1000593半弱で9匹。竿を長くすれば良いというものでもなさそうだが、日曜の大会ではどうなるか?とりあえず長竿に慣れておくのも大事と言う事で。片付け。まだ深場整地された辺りには常連さんが頑張っている。片付けを終え、車に戻る。涼しくてもしんどい。さあ、今日もベイシア詣でが待っている。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
何が釣れて何が釣れないのか・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年9月20日 (火)

あれっ?

午後3時くらいに強い雨が来たが、その後は静かに推移している。台風、何処を通ったのかな?と予報を見たら、確かに近くを通った感じだが、今は衰えて低気圧になっているようだ。
こんな感じなら、近くの被害もなさそうだ。
と言っても、実際に被害に遭われた方々がいらっしゃるのも事実。単純に喜んでばかりはいられない。
 
明日は曇りだが、竿を出せるか?
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

雨が強くなってきた

予報どおり3時頃から雨が強くなってきた。
もうじき浜松にも近付くのだろうか。
とりあえず鉢植えの一部を家の中にしまい、スダレの多くは外した。
あとは被害がひどくならないよう祈るだけだ。
 
明日になれば天気が回復するらしいが・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年9月19日 (月)

結局雨はなかった

予報は大ハズレで、結局晩まで雨はなかった。
もったいない1日となってしまったが、まだ分からない。
増沢池は雲の通り道と言われていて(ホント?)、他がなくてもそこだけ雨というのが何度もあった。
今日増沢で竿を出した人がいたら、教えて欲しい。
今後は週末まで台風の影響が続くが、幸いな事に大会がある日曜は今のところ雨はなし。
ただ、釣れない状況が続いているようなので、厳しい結果が予想される。
デコポン必至かも。
 
♪ボンボンバカボンデコポンポン♪
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

雨は降っていない

予報では今日は雨らしいが、起きた時には晴れていたので、どうしようか迷った。
が、出掛けて降られるよりは家にいた方が、と言う事で止め。
しかぁ~し、一向に雨が来ない。これなら午前中は出来たのでは?と今更ながらのタラ・レバ。
いや、きっとこれから雨なんだ。予報もそう言っている。
と自らを慰め、家でパソコンに向かうのだった。
 
何とか今月あと数回は釣行したいが
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年9月17日 (土)

後半の両グルで失速@東ノ谷

今日は終日曇りとの予報。やっと日陰のない池に行けそうだ。と言う事で、やって来ました東ノ谷。うわっ、車の数が半端ない。新しい池も古い池もほぼ満車状態。でも、新しい池はへら師、古い池はへら師とバサー。わずかのスペースにギリギリ停める。小さめの車にして良かったぁ。さっさと荷物を降ろし、先客に挨拶して階段状堰堤の左、一級ポイP1000568ント(私が言っているだけ)に入る。さあ準備だ。あれっ、日が差してきたぞ。これはヤバイ、傘をセットしないと。でも、竿さばきが難しくなりそうだ。さて、竿はいつもながらの12尺で、仕掛けがそうなっているから両ダンゴ。餌はガッテン+マッハ。風がないので竿は振り易いが、暑いね。前回の増沢と同じ「たな」での開始はジャスト9時。すると、第1投からウキがモヤ。更に次の餌打ちであたり!ビックリして合わせるがカラ。でも、多分これはへらではなさそうだ。と言うのも、ジャミが一気に餌の落ちる辺りに湧いてくるのが見えたから。それからしばらくして掛かったのも、思ったとおりジャミでした。でも、両ダンゴではジャミはこの1匹だけ。打ち続けるうちにウキの真下付近にへらの姿が見えてくると、ジャミはあたらなくなった。そしP1000569て待望の1匹目は開始20分くらいにズバッ!。思ったより型が良い。しかぁ~し、元気が良過ぎるのか「たも」の中で暴れてハリス切れ。更にもう一方も道糸に絡まって総交換を余儀なくされてしまった。これから調子が上がりそうなのに・・・。急いで交換して再開すると、またも食いP1000570気のないへらがワッと出て来た。それに触らないように「たな」を深めにしてみると、9時半を過ぎてチクあたりで2匹目。そうそう、こんな感じで行ければ。しかぁ~し、空合わせの後で竿を上げずにいたら、鈎が捨石に引っ掛かってしまうアクシデントで、またもハリス交換(トホホ・・・)。ちょっと間が空いた感じだったが、それでも10時前に3匹目。ウキの動きからP1000571P1000572もっと釣れそうな感じがするのは私だけ(ヴェリー・スウィート)?10時を過ぎて4匹目、それからじきに5匹目と順調に第2目標P1000573クリア。あたりがズバッ!が多いので気持ち良かぁ。しかぁ~し、やはり落とし穴はあって、少し間が空いてしまう。「たな」を上下したりして、10時半過ぎからポツポツと2匹を追加し、もう一度状態が良くなったかと思ったら、次のあたりで確かに口に掛かっていた筈のものが、「たP1000574P1000575も」から逃げた際に外れてしまうと、そこからバラシを連発。実は傘が邪魔で上手く取り込めないので、第2目標達成後から右手で竿、左手で「たも」とスイッチアングラーになっていたのだが、この竿さばきがまずかったのかも(根拠はありません)。この頃は増沢なら午前中のGTなのだが、この池では次第にウキの動きが悪くなって来た。それで、危ないとは思いつつも、上の方の奴らを引っ掛P1000577けてやろうかと「たな」を極浅にしてみる。すると、11時を過ぎてズバッ!やった思い通りの1匹をゲット。ただ、その後はやはり合わせ+ハリス長の問題で絡みが多くなり、残念ながら数を増やせないままに餌が尽き、11時22分に終了となった。結果、両ダンゴでは実釣2時間20分で8匹。何かが足りない、足りないよ。一旦休憩だ。ちょっと早めの昼食を摂り、次P1000578は両グル。餌はα21と新べらグルテンを同量。作った後で思ったのが、同量ではなく新べらグルテン優位で作った方がバラケが促進されて良かったのではと言う事。でも、作ってしまったのだからそのままで再開は11時39分だ。「たな」とハリスはそのまま。すると、第1投からあたり!慌てて合わせるがカラ。するとその後もあたりが頻発するが、一向に掛からない。掛からなければへらなのかジャミなのか不明なので、まずは掛けなければ。と、その前に、ウキの動きと逆行するようだが、ハリスを伸ばしてみる事にする。25cm+35cmを35cm+50cmくらいに。しかぁ~し、下ハリスが短くなってしまったので段差が気に入P1000579らず、上ハリスを詰めて満足。そして再開すると、ガックリウキを動かしていたのはジャミでした。しかもブルーまで掛かってくる。これを何処に捨てようかなと思っていたら、フロートに止まっていたサギがバサバサッと寄って来たではないか。ホント目が良いね。ブルーだけでなく、それから掛かった数匹もあげました。が、次第にそれも掛からなくなると、サギは再びフロートへ戻って行った。現金な奴だ。さて、それでも餌を打ち続ければ、へらの姿が見えて来た。ただ、さっきよりは圧倒的に少ない(個人の感想です)。これで釣れるのかと心配になるP1000580が、ズバッ!でやりました1匹目。やれやれ、両グルで凸だったらどうしようかと思っていたが、まずは安心だ。しかぁ~し、あまりに強い引きだったので、肘の筋肉がいかれてしまい、しばらく餌打ち出来なかった。これにはビックリしたが、回復してホッ。ただし、休みもあったのか、そこから再びのシーン状態に。シーンと言えば、この池は静かだ。増沢のようによく喋る人がいないせいか、私の独り言が響いてしまいそう(これはこれで辛い)。その後「たな」の上下で何とか対応しようとするものの、たまにあたるとジャミ。本命は全く掛からない。堰堤の先客はポツポツと竿を曲げ、後から来たその奥のへら師も長い竿でへらを引っ張っている。私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳状態(久し振りぃ!)。そろそろやる事が尽きて来た(もう?)ので、それでは水草の際にでも打ってみようか。すると、何と言うP1000581事でしょう、第1投でズバッ!そして掛かりました。トータルでの第3目標をかろうじてクリア。何でもやってみるもんだ。しかぁ~し、喜んだのも束の間、そのから先は再びの餌打ちマシン。1時40分頃にやっと餌が尽きて終了(終了の写真を撮り忘れたので、正確な時間は不明)。結果、両グルでは実釣2時間余で2匹。増沢と変わらないね。トータルでは実釣4時間半くらいで10匹。後半がさっぱりだったので、全体的に釣れなかった残念な感じだけが残った。餌の配合を変えてもう一度両グルをやる気力もなく、片付けを終える。さあ、帰ろう。別の池に来ただけでも意味はあったと思って。もちろん帰りにベイシア詣でが待っていますが、何か。そうそう、362の坂の部分が幅広になっていた。これで随分気が楽になったというのはプチ情報でした。
 
両グル、まだまだ奥が深い
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

雨にビビッて早上がり@増沢池 and 入れ替わりにパラソルさん

今日は通院日だが、何となく天気が良さそうなので、予約を済ませてから短時間なら竿を出せるのでは、と医院から増沢へゴー!駐車場着は9時過ぎか。うっ、急に腹の具合が・・・。久し振りの不定期便。それから橋まで行って池の様子を覗うと、最近の私のいつもの場所である旧爆釣ポイントに先客。かつてのいつもの場所は空いているので、そP1000564こに入ろう。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。湿気があって早くもジットリ汗。先客に挨拶して様子を聞くと、まだ開始15分くらいだと言う。それでは状況は分からないね。私は12尺で両ダンゴから入るとしよう。餌はガッテン+天々。「たな」は前回のままで開始は9時52分。いつもどおり、まずはウキがしっかり馴染むように餌付けして振り込むと、何と数投でウキに動きが。最近の雨で水が変わったのが良いのかも。しかぁ~し、なかなかあたらず。隣はブルーをゲットして苦笑い。私の方も次第にあたりらしきウキの動きも出て来たが、カラのみ。しかぁ~し、開始30分くらいで、ウキが少し盛り上がったところからダッと消し込んだ。まさにグッドなあたり、と喜んで合わせるがバラシでガクガクッ。あれでダメなのか・・・。隣も合わせる回数が増えてきたが、私と同じく掛からない。ただ、泡付けは凄い。私の方は状況に変化なく、モヤモヤから弱く入るウキの動きに手を出しては空振り。しかも、開始1時間ほどで小さなウキの動きに反応すれば、やった今度こそ!あっ、バラシた・・・。「たな」を上下してみてもそんなに変わらず、結局は元の位置に。すると、11時を過ぎて、今度こそ掛かったでしょうというあたりでは、グイグイ引っ張られた挙句にハリス切れ。やはりスレてたんだろうなぁ。何となく凸まっしぐらの感じが強くなったが、更に開始1時間半で、今度こそとバッチリ合わせたものの、ご尊顔を拝したとたんにまたもバラシ。サイズはグー・グ・グーだったのに、もうガクガクッ。でも、考えてみれば、今日はカラ→バラシ→ハリス切れ→ご尊顔+バラシと段階を踏んで進んでいる気がする。このまま行けば絶対に1匹は釣れる筈。すると、それからじきに小さなあたりでやっと今度こそと言えP1000565る状況に。う、嬉しかぁ。しかぁ~し、サイズは最近お目に掛からない20cmくらいのジャスト放流。散々ひどい目に遭ってこれかよっ!しかも、予報にはなかった雨粒が。本降りにはならないとは思いつつも、荷物に覆いを掛ける。何とか2時頃までやれれば。と、隣が終了。傘も合羽もないので、最悪の状況を考えての決断だ。私は餌が残り少ないが、とりあえず傘をセット。すると、そんな私の頑張りにP1000566神が味方した(おそらくは午前中のGT)のか、あと数投で餌が終わるという時に、まさかの大きなあたりで2匹目(上がりべら!)ゲットだ!おおっ、サイズも35cmくらいある。これは言う事なしでしょう。雨は小止みになってきたが、ここで考えた。最終的に2時頃終わったとしても、その頃に雨が激しくなっていれば、通院の時刻に支障が出るのは間違いない。大物(少なくとも私にとって、だが)も出たので、ここは大事を取って終了としよう。時刻は11時59分。結果、実釣2時間余でP10005672匹。可もなく不可もなく、かな。片付け。隣は帰った。お疲れ様でした。さて、雨のせいか湿気が増した感じで、片付けて車に戻る頃には汗がダラダラ(多少大袈裟)。車に荷物を積んでいるところへ、声が。あっ、パラソルさんではないか。これから深場整地された辺りで竿を出すとの事。頑張ってくださいと言って池を離れた。帰宅途中、フロントグラスに雨粒が落ちて来たが、大した事はなかった。家に着き、買っておいたおにぎりを食べてからシャワー。これが2時頃の終了だったらこんな余裕はなかっただろう。終了の選択は間違っていなかった。次回は明日か明後日。天気によっては他の池も考えたいなぁ。
 
週末は台風の影響でどうなるか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

今日も出掛けられず

昨日も今日も朝方に強い雨が降った。起きれば道路が濡れている。
予報では日中曇りになっているものの、そのまま信用して良いものか不安。
それで、昨日も今日も釣りは取りやめ。
こんな状況がしばらく続く。台風も接近するとの予報もあって、テンションは下がったままだ。
 
絶対に雨はないとの予報でも出れば・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

もう少し釣れたような気が@増沢池 with いつもどおり対面のKさん

秋雨前線の影響で明日から天気が悪くなる(昨日の予報では今日からだったが)。と言う事で、早速出掛けました増沢。駐車場着は9時頃か。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、かつての私のいつもの場所には久し振りに見たいつもの人。旧爆釣ポイントにも先客がいるので、その奥の柳の木の奥に入るのかなぁ。浅場にも昨日の草刈りで入れそうな場所が出来ているが、足場が悪そうだ。なので、思い切って深場整地された辺りP1000551に入ろう。荷物を持って崖(坂?)を下る。両手が塞がっているので、かなり怖い。岸まで辿り着くと、あれれ先客は深場に1人だけ。とりあえず挨拶すると、何処でも入れるとの返事。対面にはKさん、こちら側ダム?そばにはあたりさわりの人と連れ。それではお言葉に甘えて?適当なところに入る。さあ準備しよう。湿気があって汗が纏わり付く感じ。曇っているが風・波がないのでウキは良く見えそうだ。さて、竿は12尺の両グルから入る事にする。餌はα21+新べらグルテン。天々も少々。実は前回ハリスが絡んだのだが、そのままで使う。いつもながらの少し深めの「たな」で開始は9時23分。すると、数投でウキに動きが。これはひょっとして爆釣の予感?そしてあたりも出始めるが、やはりまずはカラから。それでも9時半過P1000552ぎにウキがチクと入って1匹目。放流チックだが、まずは凸回避で一安心。しかぁ~し、10時頃になってウキがグッと入ったのに合わせたら、グイグイ引っ張られてハリス切れ。見ると、絡まったところが切れている。やっぱりね(コラコラ)。急いで交換して再開。ウキの動きが芳しくないようなので、「たな」を上げてみるが、深めの方が良いようだ。今日はずっとほぼ同じ「たな」で通した。さて、10時過ぎから風・波が出始めるが、全体的には穏やかな湖P1000553P1000554面でウキもそんなに見難い事はなかった。さて、2匹目は開始ジャスト1時間でウキがモヤと動いたのに合わせたら掛かりましたよ。そして3匹目は10時半過ぎにズバッ!なかなかいい感じ。この調子で第2目標P1000555もクリアと行きたいところ。そしてそれから間もない11時過ぎに4匹目をゲットすれば、ますます第2目標が近付いて来た感じ。しかぁ~し、11時半頃に、大きなウキの動きに合わせたら、やった掛かりました!と一瞬は喜んだものの、引きの具合からどうもスレているようだ。しかも外れず、「たも」で受けようとした瞬間にバラシ!そして反動で仕掛けが頭上の木の枝に掛かってしまう。OH,MY GOD!引っ張ったらハリス1本の損害で済んだのでまずはホッ。急いで交換したところ、今度は数投後に仕掛けが穂先から外れてしまうアクシデント。これは隣にいたO石さんが自分の仕掛けに引っ掛けて取ってくれた。ありがとうございます。さあ、いろいろあったが何とかクリアした。いよいよラストスパート。しかぁ~P1000556し、12時のサイレンを虚しく聞くはめに。そして12時3分に餌が尽きて終了。結果、両グルでは実釣2時間40分で4匹。ウキの動き具合から、何かしらの工夫でもう少し釣れた気がするが、まあまあここはこれで良しかな(オイオイ)。一旦休憩して昼食。それから、竿と仕掛けはそのままで餌を両ダンゴ(天々+ガッテン)に変える。ついでにハリスを35cm+50cmから25cm+35cmに変更。さっきまでと同じ「たな」での再開は12時15分。もちろん目標は1匹で、トータルでの第2目標に切り替えだ。隣のO石さんも両ダンゴだが、消し込みあたりが出ても一向に掛からないとぼやいている。でもいつかはきっと掛かりますよ。そうでないと私が両ダンゴにした意味がない(いつかは掛かると信じ・・・)。Kさんは姿が見えないので帰ったようだ。竿が曲るのが見えたので、釣れているんだろう。今日はずっと曇りなので、対面に行く選択肢もあったかな。さて、まずはウキがしっかり馴染むように餌付けして打つ。P1000557すると、何と言う事でしょう、数投でウキに動きが。そして、思いもよらない開始15分で1匹目ゲット!これにはビックリ。こんな簡単に釣れていいのか。この調子なら両ダンゴ単独での第2目標、更にはトータルでの第3目標も狙えそうな気が。すると、12時半P1000558P1000559を過ぎて1時までに2匹をゲット。おいおい、これは一体何だ?隣も午後から調子が上がったようで、ポツポツと竿が曲り始めた。まだ午後のGTには程遠いが、目標達成は楽勝かも。しかぁ~し、3匹目が鈎を呑んでいて、止せばいいのに「指先鈎外し」でハリス切れを起こしてしまう。この余計な時間のロスでしばらくウキの動きがなくなるかと思いきや、ウキは動き続ける。しかぁ~し、1時P1000560を過ぎて大きなウキの動きの後に空合わせしたら、何と「掛かってます!」になったが、どうやらスレているようだ。「たも」に納めれば頬にスレでガクガクッ。今日一番のサイズだったのに・・・。しかぁ~し、今度こそウキの動きが悪くなるかもと観念したが、そうでもなくて1時半頃P1000561に4匹目。まだまだ行けそう。2つの目標はクリア出来そうな気が。しかぁ~し、特に強く合わせた訳でもないのに、次のあたりでハリス切れ(実のところ合わせ切れかもしれない)。急いで交換するが、今度こそのブレーキで、ウキの動きが悪くなった。第3目標はともかく、何とかもう1匹。しかぁ~し、残念その後はウキの動きが回復する事なく2時8分に終了。結果、両ダンゴでは実釣2時間弱でこれまた4匹。何かしらの工夫があればもう少し釣れP1000562たんじゃないかなと、今日2回目のタラ・レバでした。トータルでは実釣4時間半で8匹。右隣は「お」で午後からハイピッチになったので、続行して「お」とか「トロ掛け」とかも一瞬ではあるが脳裏を過ぎったが、昨日の疲れもあって(85歳を見習え!)終了が賢明では。片付け。整地された辺りには10人くらいが並んでいる。昨日は草刈りの後に20人くらいが並んだそうだ。皆さん敬老の日はいらないくらいお元気ですね。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。やはりこの坂(崖?)はキツイ。さあ帰ろう。とっとと荷物を積み、とっとと池を跡にした。
 
次回は対面で?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

草刈り

P1000548今月末の放流協賛ヘラブナ釣り大会に向けて、増沢池の草刈りが行われた。
体力のない私など大して役にも立たないが、それでもと出掛けました。
7時頃に池に着くが、既に始まっている様子。バットさんから軍手を分けてもらい、池に向かう。
空はグッと高くなって、いよいよ秋来るという感じか(♪あれが貴方の好きな場所 港が見下ろせる小高い公園♪ 前にも書いた・・・)。
今日はこの後家人を送らなければならないので、途中で抜けさせてもらう。
鎌を借り、岸辺の草を刈るが、すぐに息が上がってしまう。日頃の不摂生がもろに出た。隣の人が85歳だと言うのを聞いて、ますます自分が情けなくなった。
P1000550P10005498時を過ぎ、ホントPPMオーダーの貢献しか出来なかったが、お暇させてもらう。
そんなに激しく動いたつもりはなくても汗びっしょりなので、帰宅するとすぐにシャワーを浴び、家人を送った。また迎えにも行かなくてはならないので、何処へも行ける訳でもなく家でゴロゴロ。ロコモーティヴ・シンドロームまっしぐらだ。
明日からは秋雨前線の影響とかで天気がぐずつくようだ。もう回数を稼ぐのは無理かもしれない。
 
元気な方々は草刈りの後竿を出すようだ。脱帽
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4)

2016年9月 9日 (金)

「ドボン」でドッボーンと沈没@増沢池 with 対面Kさん、奥にパラソルさん and 岡ジャミザわさん

今日はようやくそれなりの日和となったので、増沢へゴー!やはり日陰がないとね。駐車場着は8時半頃か。あっ、Kさんの車ハケーン!その横に停め、荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、旧爆釣ポイントには先客。柳の木の奥でも準備中だ。それではKさんは対面か。後戻りして、かつての私のいつもの場所に入る。先客に挨拶すると、まだ2P1000538投目だと。そうか、やはり早く来なければ。Kさんは対面暑そうにみえる。随分久し振りに入った。最近ここに入る人にはお目にかからないので、へらがいないんじゃないかな。それと、水温も下がっている感じ。食い気もなさそうな気が。それでは準備するとしよう。隣は14尺底で、ウキが馴染み際であたるのが見えた。よし、底からやろう。と言っても「ドボン」ですが、何か。竿は12尺、餌は夏・冬・天々のバラケとα21。ささっと調整しての開始は8時59分だ。今日は風が強いとの予報だが、それほどでもないし、却って涼しいくらい。いよいよ秋の気配(♪あれが貴方の好きな場所 港が見下ろせる小高い公園♪)。しかぁ~し、ウキに動きなし。どんどん餌を打つという考えもあるが、前回同様待つやり方にしよう。9時半頃隣が竿を曲げたが、ブルーだった。これは厳しいぞ。しかも、最初こそ凪いでいた湖面だったが、じきに細波が出てウキの視認性が悪化。それに加えて対面の映り込みと背後の木の影のトリプルパンチ。太いトップなので今のところは大丈夫だが、後半が心配だ。さて、私の方は開始1時間くらいでやっとウキが動き出したが、小さなウキの動きでは掛からず。かと言って消し込みでもノー。しかも、1回かじっただけでウキの動きがストップ。トホホ。それでもしばらくしてウキの動きが回復したかなと思ったら、じきにシーン。隣は1匹出したようだ。う、裏山鹿~。何もないと時間の経過が早く、もう11時だ。もう餌も残り少ないし、何となくデコポンかな。と、ここで再びウキに動きが。午前中のGTなら、何とか1匹。しかぁ~し、またもかじりでシーン。その後、ウキがビヨーンとボディ付近まで突き上げる”あたり”が出たが、これもカラでガクガクッ。いよいよ餌が終わる。これは放置でしょP1000540P1000539う。それでもウキに動きなく、最早これまでと餌を切ろうとしたら、何と「掛かってます!」、しかもちゃんと食っている。これは一体・・・。時刻は11時28分。結果、「ドボン」では実釣2時間半でお情けの1匹。でも、凸でなくて良かったぁ。とりあえず休憩しよう。ちょっと早めの昼食だ。それから、竿はそのままで仕掛けとウキを交換。そうです、懲りもせず両グルです。餌はわたグル+新べらグルテン。天々も少々。少し深めの「たな」で再開は11時46分。まずはグルテンだけでウキの馴染み具合を見ようかな。しかぁ~し、恐れていたとおり、ウキがほとんど見えず。いや、あるのは分かるがどういう状態なのか非常に分かり辛いのだ。小さな動きはNGだろう。すぐに12時のサイレン。ウキは見難くても餌打ちはこまめに、と餌打ちを続けていると、湖面が穏やかになったところでウキが動いているのが分かった。よし、これからだと再度ギアを入れたところに、奥からザわさん登場。3週間くらい前に肉離れを起こしたそうだ。気をつけてくださいね。パラソルさんが深場にいると教えてくれたので、後でメールしよう。ザわさんの見ている前で何とか釣りたいところだが、なかなか掛からず。しかぁ~し、間もなく1時になろうとする頃P1000541になって、グッと入るウキの動きでやった掛かりました!しかもサイズはグーな地べらだ。これは素晴らしい。しかぁ~し、口に掛かった鈎の先が「たも」に引っ掛かって鈎がへらを縫う形になってしまい、外そうと試みたが切られてしまった。ガクガクッ。急いで交換するが、ついでにパラソルさんにメールすると、奥も厳しいとの返事。へらもいきなり水温が下がればビックリするだろう。さて、再開するが思うようにウキが動かなくなってしまった。まあ、間が空いたんだから仕方ないか。ザわさんはそれからしばらくして帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さあ、何とかもう1匹欲しいところだが、餌が残り少ない。再びウキは動き出したので、頼む(って、誰に?)。何度も合P1000542わせていたら、1時半頃になってやっと2匹目。嬉しかぁ。しかぁ~し、その後は何もなく1時39分に終了。結果、両グルでは実釣2時間弱で2匹。トータルでは実釣4時間半!で3匹かぁ。こんなものかな。一応4時間はやったのでもう終わっても良いが、なんとなくスッキリしないので、前回同様延長しようかな。P1000543餌をα21+新べらグルテンに変更し、バラケは作らない。再開は1時45分。餌が多めなので、最初はどんどん打つ。隣もポツーリポツリと竿が曲り、私と同じくらいか少し上の感じ。底を続ける選択肢もあったかもしれない(凸必至?)。さて、餌を打ち続けると、そのうちにウキに動きが。ただ、掛からない。おまけにバラケ具合が悪くなったせいなのか、ウキの動きも弱くまた断続的。「たな」は合っていると踏んで、餌付けの大きさを変えたり柔らかくしてみたりとやってみるが、どうにもならず。2時頃に対面のKさんが終了。いつの間にかいなくなっていた。また、隣も2時半頃終了。お疲れ様でした。さて、前回同様延長が凶と出た感じ。それでも餌がまだあるので、何とか打ち切らないと。と、急にウキの動きが良くなった。理由はおそらく午後のGT以外には考えられない。これが続くうちに何とか1匹、いP1000544P1000545や2匹(オヨヨ)。すると、開始1時間でやっとあたりに合いました!更にしばらくしてもう1匹!これでトータルでは第2目標クリアとなったのだが、実はこの時、何故かトータルで4匹目と勘違いしていて、何とかあと1匹とあがいていたのだった。まあ、結果的にはそれが良かったのだが、何故4匹目の記憶が飛んだのかは今思い返しても不明。3時を過ぎ、餌の残りも少なくなってきた。いよいよダメか?しかぁ~し、あたりはまだあって、とにかく合わせまP1000546くってなんとか1匹をゲット!これは素晴らしい。まさにネヴァー・ギヴアップ。もし既に第2目標をクリアしていると分かっていたら、こんなに張り切る事はなかっただろう。3時31分に終了。結果、延長戦では実釣1時間45分で3匹。トータルでは実釣6時間余で6匹。苦しんだ結果だった。片付け。3時頃が一番P1000547気温が上がる頃なのに、汗も出ていない。爽やか?だ。対面には看板横と浅場ワンドに午後から1人ずつ。深場は分からないが数人は帰ったのでは。片付けを終え、パラソルさんに終了を連絡。車に戻る。これが一番きつかった。息が弾む。汗も出て来た(今頃?)。ハアハア言いながら荷物を積み、今日も今日とてベイシアへと向かうのだった。
 
明日も好天。行くべきか行かざるべきか・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年9月 7日 (水)

昨日は良く釣れたみたいだ@増沢池 with ちょっとだけ岡ジャミKさん

今日も予報は危ういが、空が明るいので久し振りにゴー!もちろん行き先は日陰と雨が凌げる増沢。ただ、湿気がかなりあるとの予報。熱中症には要注意。駐車場着は9時過ぎ。やはりOさんKさんはいない。車から荷物を降ろしていると、多分Ⅰ藤さん?が話しかけてきた。昨日は水が入れ替わった事もあってたくさん釣れたそうだ。でも、それはいつも人が入っている深場整地された辺りでの話。私がこれから行く旧爆釣ポイントはどうかな?荷物を持ち池に向かうと、案の定階段の途中で蜘蛛の巣が顔にかかる。最近は誰も行かないのが明白。虫は来ないのが不幸中の幸いか。やはり最初は汗が噴P1000531出すが、しばらくすると意外と涼しくなって、汗も引いた。さて、今日は何から入ろうかな。竿は12尺とすると、仕掛け(ハリス長)から両ダンゴだが、まあそれでいいか。餌はガッテン3+天々2に水1。少し深めの「たな」での開始は9時42分。まずはしっかりウキが馴染むように餌付けする。そしてウキが馴染んだら切る、を繰り返すと、開始15分くらいでウキに動きが。どうだ、食い気はあるのか?しかぁ~し、10時頃から白波が出始め、ウキの視認性が悪化。これは終了近くまで続いた。ウキの動きは続き、時に消し込みが出たりするが、全く掛からず。やはりダメじゃないかと、誰にでもなく八つ当たり。とにかく合わせて合わせていくと、10時P1000532半頃になって、ウキがモヤ~と入るのに合いました!しかぁ~し、特にこれだと合わせた訳でもないので、合わせが柔らかかったのか、へらも素直に引かれてきた。「たも」に入れてみれば、嬉やグッドサイズの地べらだ。とにかく凸を回避出来たぞ。グッと気が楽になったが、さあどんどん行こうとはならないのが辛いところ。餌が良くないのか、ウキはモヤモヤばかり。たまにズバッと消し込むのはお約束のカラ。1回掛かったと思ったら、すぐに外れた。そして11時。2時間くらい持つつもりで作った餌が残り少ない。多少大きめに付けたからかな。と、ここでウキがグッと入るP1000533のに合わせたら、やった掛かりました!今まで何回となく出たあたりなのだが、1回もかすりもしなかったのに、今になって何故?きっと午前中のGTになったからでは。サイズは8寸くらいかな。と、ここで橋の上から声が。そうです、Kさんです。今日も竿は出さないらしい。それから奥の整地された辺りで岡ジャミをしていたが、じきに帰ったようだ。さて、餌を打ち切ったのは11時28分。あまり芳しくなP1000534さそうだぞ、今日は。とりあえず凸でなかったと言うだけ。結果、実釣1時間45分で2匹。さあ、次は両グル。と、その前にトイレ休憩と昼食。竿と仕掛けはそのままで、餌だけわたグル+新べらグルテンに変えてみる。従ってハリス長は25cm+35cmのまま。再開は11時39分だ。すると、何と言う事でしょう、第1投の後、まさかウキが動く事はないだろうと高を括って手放しでいたら、ウキが馴染みながらグッと入ったではないか。慌てて竿を持ったがアフター・フェスティヴァル。すると、その後はウキも動かずあたらず。それで、12時のサイレンが鳴った頃からハリス長を25cm+35cmから35cm+50cmに変更だ。すると、すぐに結果が出てウキの動きが良くなった(釣れた訳ではありません)。しかぁ~し、もちろんあたりが頻発ではなく、たまに消し込みが出ても掛からないのは両ダンゴの時と同P1000535じ。それでも12時半近くなって、やっとあたりに合いましたよ。う、嬉しかぁ・・・。ただ、あたりに合ったのはこれだけ。その後も相変わらずモヤモヤだけで、ほとんど出ない消し込みは当然ながらカラ。1回バラシが出たのも両ダンゴと同じ。ならば、もう1匹も釣れるかもとスケベ心満載で餌を打ち続けたが、どれだけ打っても状況に変化なし。「たな」を上下も効なく、1時17分に無念の終了となった。結P1000536果、両グルでは実釣1時間40分で1匹。トータルでは実釣3時間半弱で3匹。とりあえず今まで雨はなかったが、予報ではこれから来そうだ。さっさと終わろうかな。いや、これから来るであろう午後のGTに期待して、延長してみようかな。ハリス交換などしたくないので、次も両グル。ただし、わたグル+α21と、さっきより持つようにする。そして再開は1時20分頃。9月になったのに、油蝉とミンミンゼミが鳴いている。まだ夏は終わりそうにないと言う事か。さて、打ち出してしばらくしてもウキに動きなし。多少バラケないと集魚効果がないのかも、と思っていると、ウキが馴染んでから竿を引いて誘ってみたらウキが入った!残念掛からなかったが、へらはいるみたい。でも食わないんだね。その後はまたも「たな」を上下。だが一向にあたらずさわらず。2時。奥の方ではたまに竿が曲るのが見えるが、全体的には釣れているのかな。こちらはどうにもウキが動かないので、このままでは悪い気分で釣りを終えそうだ。こうなったら早く餌を打ち終えてスッキリしよう。と、餌がほとんど尽きた2時半頃に、ウキがグッと入ってこれに合わせると、やった掛かりました!あっ、バラシた・・・。反動でハリスが道糸に絡まるアクシデント。まあまあ、最近の私は気が長くなったので、これくらいは大丈夫と5分くらい解く努力していたが、ハリスがよれよれになっているので、これは解いても使い物にならない。思い切って両ハリスをカットして交換。無駄な時間を使ってしまった。さあ、残り数投で何とか1匹。しかぁ~し、その後もウP1000537キの動きは良くならず、2時57分に餌を打ち終えた。結果、延長しても凸。まさにトホホ。トータルでは実釣5時間余で3匹。ただただ疲れた。片付け。結構黒い雲が上空を通過したが、雨がなかったのは不幸中の幸いPART2。でも、まだ分からない。さっさと片付けを終えて車に戻る。今日は竿が出せて良かったくらいしか収穫がない。誰かさんの言うような好結果にもならなかった(アームの問題では?)。さあ、気分を変えてベイシア詣でと行こう。とっとと池を離れた。
 
いつかのブログ読者さんに背中を押された。結果はどうあれありがたい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

もうダメだ・・・

今日も朝から雨。せっかく出掛けようと思っていたのに、とやる気を失くしていたが、10時過ぎに外が快晴なのに気付いた。
予報で確認すると、先に調べた時とは様子が一変。一日持つ感じ。
でも、さあ出掛けようとはならないのが今の私。やる気がないのか?
いや、年間釣行100回を目指して今月は回数を稼ぐ時なので、天気に敏感に反応して出掛ける筈なのだが、、雨の予報ですぐにトーンダウンしてしま、そのまま。
そんなこんなで、今日も釣行はお休み。これではいけないと発奮出来るのだろうか?
 
まさかとは思うが、釣りに対するパッションが下がっている?
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2016年9月 5日 (月)

昼頃から天気回復。でも行きませんよ

天気が回復して一気に蒸し暑くなってきた。これは堪らん。
明日も今のところは曇りの予報。そのままなら釣行したいが、湿度が90%近いとは、こりゃ厳しそうだ。
雨で状況が変わっているに違いない(かな?)。バランスの底釣りをそろそろやりたいところ。
 
ついでにおまけの記事。
 
「公園で常習オナニー」~30歳のバーバリーマン捕まる
 
他にも学校の先生が廊下でオナ○ーとか、ホントビックリだ
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

残念雨になった

今日こそ出掛けようと思っていたのだが、起きたら雨。朝方には雷も鳴っていたようだ。
しばらくは天気が悪いとの予報。返す返すも土日に出掛ければ・・・とは、いつもながらのタラ・レバでした。
 
そんな中、こんなニュースを見つけた。性欲を抑えきれないというのはこの国の特徴のようだ。下線部をクリックすると記事が見られます。
 
85歳をレイプしようとしたが失敗し殺害 22歳に懲役25年
 
先進国の韓国、世界中で売春するのは異常
 
今月は天気に左右されて回数を伸ばせそうにない
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

雨が降らなかった

昨日と今日(今日はまだ終わってないが)、日中雨はなかった。
予報では雨マークもあったのだが、それを信じて釣行しなかった自分が悔しい。
まあ、このところ朝方と日中の温度差が大きくなって、体調も芳しくないので無理はしたくないところだが、年間100回釣行のミッションを達成したい気持ちがまだあるので、ここは踏ん張りどころか。
明日はどうかな?今のところ日中曇りとあるが、出掛けようかな。
 
そろそろ違う池にも・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年9月 2日 (金)

やっと「ドボン」の顔を立てる事が出来た@増沢池 with 午前中岡ジャミKさん

台風10号が行ったと思ったら、今度は12号。週末から天気が悪くなるとの予報に、出掛けるしかないでしょうと増沢へゴー!駐車場着は9時頃か。OさんKさんはいないようだ。さっさと荷物を降ろして池に向かい、旧爆釣ポイントに入る。汗がダラダラかと思いきP1000519_2や、風もあって意外と涼しいぞ。さあ、準備だ。今日のミッションは3度目の正直なるか「ドボン」。これがダメならしばらくはやらないつもり。後半は宙。竿は12尺、餌は夏・冬・天々のバラケとα21。オモリを追加して道糸がピンと張るようにする。そして開始は9時26分。風・波でウキの視認性が悪かろうと、太いトップを採用したが、これがバッチリ。あとはあたるだけ。大体3分を目安に餌を切るつもり(個人の感想です)。すると、ハッキリとは分からないが、じきにウキが細かく動いている雰囲気。これはいけそうか?それとも、もう激渋は終わったのか?奥の様子が分からないので、とりあえず結果を出そう。すると、開始20分くらいであたり!消し込みが2回、食い上げが1回出たが、いずれもカラ。何かしら引っ掛かると思うのだが、カラP1000520の連続とはね。後は小さく入るウキの動き。これもカラ。しかぁ~し、10時を過ぎて、グッと入るウキの動きでやった掛かりました!これこれ、この手応えですよ。3度目の正直とはよく言ったもので、嬉しさも2倍2倍(高見山風に)!サイズが放流チックなのは仕方ないか。今までの結果からも、何しろ深いところは大体が小ぶりなのだから(本や雑誌に書いてある事とは逆)。と、ここで橋の上から声が。あっ、Kさんではないか。今日は竿を出さないようP1000521だ。Kさんが駐車場側から深場整地された辺りに向かうまでにもう1匹ゲット。これまた放流チック。しかぁ~し、何故か「たも」の中でハリス切れ。調子に乗りかかると起きるトラブル、何とかならないか。急いで交換するが、しばらくして餌を切ろうとしたら、何かにスレてまたもプッツン!ガクガクッ。これまた急いで交換するが、ウキの動きが覿面に悪くなってしまう。P1000522クーッ。そのまましばらくは我慢の釣りになった(元々そういう釣りでしょう)が、10時半を過ぎてウキの動きが復活。3匹目をゲット。ただ、その後はまたも食い上げ風のウキの動きに翻弄される。何故掛からないのか?11時を過ぎて、餌もそろそろ終わりそう。しかぁ~し、午前中のGTなのかウキの動きはなくならず、ポツポツと2匹をゲットすれば、嬉や久々の第2P1000523P1000524目標クリアだ。まだいけそうな雰囲気はあったが、残念数を増やせず11時37分に終了。結果、「ドボン」では実釣2時間10分で5匹。「ドボン」の顔が立って良かった良かった。さあ、次はどうしよう。宙をやりたいP1000525のはマウンテン・マウンテンだが、前回隣が両ダンゴであたりと結果を出していたので、まずは両ダンゴをちょっとやってみたい気分。本来は今年のミッションだもんね。ただ、ハリスを詰める必要があるので考えもの。そうだ、まず両グルをやって、それから両ダンゴにすればハリスを詰めるのは1回だけで済む。そうしよう、双子葉植物。さっと昼食を摂った後、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はわたグル+新べらグルテン。バラケは作らない。「たな」は前回より深めで再開は11時56分。前回は凸だったから、何とか1匹。すると、何と言う事でしょう、打ち始めてじきにウキに動きが。バラケはない方が良いんだね、きっと(倒置法)。12時のサイレンはあっという間に過ぎ、ビックリするような消し込みも出て来るが、全くかすりもしない。とにかくそれらしいウキの動きに反応して行くが、合わせても合わせても我が暮らし楽にならず・・・。これだけ動くなら、ハリスを縮めるとひょっとして良い事が起きるかも、と思いながらも実行出来ずカラツンを堪能する私。餌付けを変える以外「たな」を探る事もせず、ひたすらに合わせ続けて12時半を過ぎる。困り果てて、やっとP1000526「たな」を20cmほど浅くしてみると、変更後第1投であたり!そして掛かりました!またも放流チックだが、とにかく掛かって嬉しいの一語。さあどんどん行こう、と打ち続けるが、何故かウキの動きが悪くなり、そこから「たな」を深くしてあたる場所を探すが、最初の位置に戻るとあたP1000527りも戻る。が、しかぁ~し、再びのカラ。厳しい~っ(財津一郎風に)!1時を過ぎ、ひょっとすると、と「たな」を20cm浅くすると、何処かで見た光景。そうです、変更後第1投であたり!そして掛かりました!何であれ嬉しかぁ。しかぁ~し、その後は再びウキの動きが悪くなり、「たな」を探る迷走の果てに餌が尽き、1時26分に無念?の終了となった。結果、両グルでは実釣1時間半で2匹。普通なら2時間は持つ餌が、あまりにもあたりらしきウキのP1000528動きに(無闇に)合わせ続けた結果の1時間半。これは疲れました。もう終わっても良さそうだが、両グルの終わりが予定より早かったので、一応は両ダンゴもやらなくては。ガッテン+天々を通常の量作り、ハリスは30cm+45cmから25cn+35cmに変更。「たな」はそのままで再開は1時35分。書き忘れたが、Kさんは帰った。ずっと奥の方で岡ジャミ。竿を出せば良かったのに。さて、餌打ちを始めるものの、餌が思ったより持たない。何かを足せば何とかなりそうだが、ここは押し練りで対応しよう。しかぁ~し、これがなかなか・・・。「たな」も浅めにして、餌は何回押しただろう。開始30分ほどで、やっと納得の馴染みになる。すると、ウキにも動きが。ただ、これも練り過ぎのせいかカラばかり(トホホ)。白波もあってウキの細かい動きは読み取れず、とにかく合わせ続けて(またかよっ!)やっと掛P1000529かりました!サイズもようやく30cmを越え、う、嬉しかぁ。ただ、さあどんどん行こうとは思えない状況。ハリスを縮めるほど良く動く訳でもないので、こうなるとひたすらの餌打ちのみ。一度掛かったが、痛恨のハリス切れでガクガクッ。何とかもう1匹と打ち続けると、3時近くなって浅い「たな」で再びウキの動きが良くなり、「上がりべら」を求めて合わせ続ければ、餌が残りあとわずかで、やった掛かりましたよ!しかぁ~し、何故か今になってのブルー。最早ガクガクッ×ガクガクッ。そのまま餌が尽きたのは3時9分。結果、両ダンゴでは実P1000530釣1時間半強で1匹。トータルでは実釣5時間10分で8匹。最近では健闘した方では?片付け。私の右、かつてのいつもの場所にご夫婦が入ったが、気が付くと浅場に移動していた。私の独り言攻撃に辟易したとしたらスミマセン。片付けを終え、車に戻る。今日はスズメバチに遭わなかったのがなにより。結果も出たし、気持ち良くベイシアへと行ける。さっさと池を跡にした。
 
状況が分からないので、釣れたとは胸を張れないなぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »