« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

暑かったり寒かったり釣れたり釣れなかったり@増沢池 with Oさん and 遠くにKさん

昨日はとにかく安静にしてうがいを連発、何とか体調も復活。これなら釣行出来るかも。先週の水曜以降竿を出してなかったので、今日は月末でもあるし、是非とも竿を出そうと言う事で、増沢へゴー!しかぁ~し、今日もまた不定期便。段々条件反射的になってきた感じ。マズイぞ。さて、OさんとKさんの車はあったが、何処に入っているのかな。急いで荷物を降ろして橋まで行くと、Kさんはどうやら日向側ダム?そば、Oさんは日向側整地された辺りだ。橋を渡り坂を下りると、いつもの場所の人が看板横に。挨拶して状況を訊くと、へらは上にいるみたいで、底ではあたらないようだ。そのまま遊歩道に入Dscf7468Dscf7469り、Oさんのところに。今日は8尺の底。ウキが動かないと言っていたが、私が来てすぐに1匹目。ちょうど左が空いていたので、そこに入る事にする。今日は12尺から入ろうと思っていたが、Oさんを見て9尺からに変更。後は状況によって長くするか短くするか。それにしても良い天気だ。風がほとんどなく、10月末にしては暑いくらい。今月の頭にはまだ蝉が鳴いていたのに、最近はめっきり秋めいて涼しくなってきた。と思っていたら、今日は一転して夏。本当に季節の急変には驚かされる。さて、餌はわたグル+新べらグルテン。少し深めの「たな」での開始は9時13分。早く結果を出したいが、果たしDscf7470て・・・。すると、ウキは割と早く動き出したものの、いつも通り合わせても合わせても掛からず。1回掛かったと思っても、瞬時にバラシでガクガクッ。1匹目が出たのはなんと10時を過ぎてから。放流だったが、とりあえず力が抜けた。その後、10時半をまたいで2匹をゲットすれば、こDscf7471Dscf7472りゃぁ第3目標まで行けるかもと、さっきまでとは大違いの張り切りよう。しかぁ~し、時合だけの男にそんな決定権はなく、ただただウキの動きに翻弄されるだけ。空振りする度に大きな声が池に響き渡ったかもDscf7473Dscf7474しれない。11時を過ぎて4匹目、更には11時半にそれぞれ1匹ずつをゲットして、なんとか第2目標には漕ぎ着けたものの、次のあたりでは「たも」まで用意したのに目の前でバラシ。絶対口に掛かっていたのに、何故だ!これでどうやら午前中はお終いかな。しかぁ~し、一応午前中のGTと(私が勝Dscf7475Dscf7476手に)銘打っている時間帯、名前負けはせずそれからじきに6匹目。これは素晴らしい。そして、なんと「掛かってます」で「上がりべら」ゲットだ!これこそ時合だけの男の面目躍如。それからすぐの12時のサイレンと共に餌が尽きて前半は終了。結果、9尺では実釣2時間45分で7匹。第2目標もDscf7477クリアしたし、トータルでの第3目標も視野に入って来た。充分でしょう(もちろん私にとって、だが)。ここで一旦休憩。昼食の後、竿を7尺に変える。餌はα21+新べらグルテン。上空雲の移動が早くて、日が当たれば暑く、翳れば涼しい(寒いくらい)。これでは体調が悪くなっても仕方ないところ。これまた少し深めの「たな」で再開は12時18分。もちろん目標は3匹で、トータルでの第3目標クリアだ。それにしても、7尺ってピンピンしている感じで振りにくい。Oさんはまだ8尺で頑張っているが、その奥の人は6尺?7尺?の底で竿が曲っている。まだへらは近くにいるんだね。Kさんが昼休みでこちらにやって来たが、じきにいなくなった。帰ったのかも。さて、餌打ちしてじきにウキが動き出した。目標の3匹には到達出来そうか。そして消し込みあたり!残念カラだったが、どんどん希望が湧いてくる。しかぁ~し、次の消し込みでは、頑張って堪えたもののハリス切れ。スレていたのかなぁ。急いで交換するが、再開するとウキの動きがバッタリ。ウキが馴染んだら数回誘って様子を見、ダメなら打ち返すを繰り返すが、全く動かない。1時を過ぎ、しびれをきらして「たな」を上下するが、結局ほぼ元の位置が、ウキが弱くではあるが動くようで、これこそ元の木阿弥?その後、餌打ちのインターバルを早めたりするものの、どうにも状況は変わらない。それで、今度はDscf7478ウキが馴染んだ後に執拗に誘いを繰り返す。すると、1時半を過ぎてズバッ!やったようやくの1匹目ゲット!これだけ誘ってやっとなのか。一体9尺の時と何が違うんだろう(場所以外で)。餌かな?α21では持ちが良すぎるのかも。でも、これは使い切ります。それが省資源釣法(キリッ!)。その後もウキの動きは復活せず、誘いの他にもピラミッドパワーとかやっDscf7479てみる(ハリスを長くするのはやりきれなかった)。しかぁ~し、2時を過ぎていよいよ終わりが見えてきた頃、これまたしつこく誘ってズバッ!ホント、疲れるぅ。一応これでトータルでの第3目標にリーチとなったが、とてもそんな大それた事は無理な感じ。本当にへらが口を使わなくなっている。おそらく3時を過ぎれば状況も変わるのかもしれないが、今日はそこまでやるつもりはない。Oさんが用事があると2時頃に終了。お疲れ様でした。さあ、私もラストスパート。すると、午後のGTにはまだ少し早いような気もするが、2時半近くになっDscf7480て、これまた誘って誘って3匹目!やったようやくトータルでの第3目標クリア!もし午後のGTならもう1匹、いや2匹。しかぁ~し、残念その後もウキの動きは良くならず、2時51分に無念の終了。結果、7尺では実釣2時間35分で3匹。なかなか厳しかったなぁ。トータルでは実釣5時間20分で10匹。最近はほぼこんなもの。多分これからはもっと厳しくなるんだろう。Dscf7481これで善しとしなければ。片付け。既に帰っているが、あたりさわりのメンバーはそれぞれ20近く釣ったようだ。かつて「底は忙しくて性に合わない」とか言っていた人がセットの宙でガンガンやっている。なんだかなぁ。片付けを終え、周りに挨拶して車に戻る。日に当たってかなり疲れた。体力の消耗で再び風邪の予感。そうならないよう、今日は体を温めて早く寝よう。さっさとベイシアへ向かった。
 
これを書きながらも凄くだるい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月30日 (日)

風邪?

昨日病院に親戚のお見舞いに行ってきたのだが、夜になって喉が痛くなった。
私の場合、風邪は大体が喉から入るので、これはヤバイとうがい。更には栄養剤を飲んで寝たのだが、今度は寝付けない。ハッキリ寝たという感じがないまま朝を迎えてしまった。体調も優れないまま。
昨日は晴れで、本当は釣りに出掛けたかったのだが、今日にすれば良いと思っていた。それが朝から雨(既に止んではいるが)のうえに体調不良では家にいるしかない。
年間釣行100回は少し厳しくなってきたかも。
 
家でゴロゴロしていても仕方ないが、しばらく安静が必要だろう。
と言う事で、最近気になった出来事でもまとめてみる。
 
元自衛官の自殺テロ?当人が亡くなっているので本当のところは分からないまま。画像で見ると、他人まで巻き込むような感じには見えないが、心の闇までは入り込めないからなぁ。
 
日本シリーズは日本ハム。セールでハムとか安くなるのか。シャウエッセンが半額とか?
 
かの国の大統領、自分の演説原稿等を一般人に見せて相談していたとか。両親を殺されてから人間不信になっていたらしいが、それにしても何だかなぁ。見返りに財団を作って企業から金を募り、それを流用させていたとかなると、韓国ドラマ顔負けだ。まさに事実は小説より奇なり。
事が大きくなる前に、当人は出国。結局うやむやのうちに幕引きとなり、その後ほとぼりが冷めるまで待つか、または恩赦?で帰国となるのかな。有銭無罪、無銭有罪。これまたドラマどおり。ホント、韓国ドラマはためになるなぁ。
 
腹の具合も悪くなってきた。これはヤバイ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年10月26日 (水)

一周忌

NM氏が亡くなってちょうど1年が経った。
増沢への行き帰りにいつも見えるNM邸。外壁が綺麗に再塗装されている。
知り合いの親だけでなくご本人の逝去も意外ではなくなる歳になっている事に驚くが、そう言えばP社の元社長のT賀谷氏やK下氏も既に亡くなって数年が経っている。
T賀谷氏がいつも言っていた「年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず」が身に沁みるこの頃だ。
 
ちょっとしんみりしてしまった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

思ったより釣れないがそこそこ釣れた@増沢池 with 遠くて顔も声も分からないKさん

今日は快晴で気温も上がる。暑くても日向側でやろう。増沢へゴー!しかぁ~し、駐車場に着くと車が多い。この陽気でへら師も早々出て来たか。急いで荷物を降ろして橋に向かうと、日向側は看板横、橋の下(しも)はおそらくダム?そばがKさん、入りたかった旧流れ込みから遊歩道にはずらっと先客。仕方ない、空いたところを探して入ろう。挨拶Dscf7454しながら岸辺を見て行くと、前回入ったところの少し下(しも)が空いていたので、これ幸いと荷物を降ろす。Kさんのところには行けそうにないし、携帯も壊れているので電話も出来ない。それでは準備しよう。迷ったが、前半は12尺、後半は9尺のそれぞれ両グルでやる。餌はわたグル+新べらグルテン。釣り台の平行がなかなか取れず、少し深めの「たな」での開始は9時13分になってしまった。それにしても暑い。予報どおりだ。出したくないが傘。これで竿が一気に振りにくくなってしまったが、とにかく始めよう。そうそう、今日の写真は復活したデジカメで撮りました。さて、隣は底のようだが、私が来てすぐに竿が曲った。しかぁ~し、スレ。なかなか厳しそうだ。それでも10投しないうちにウキが動き出す。遊歩道端付近に固まっているのはあたりさわりの人のグループか。結構釣れているようで、後のほうではあるDscf7455が両ダンゴで7匹とか聞こえてきた。そんなに食いがあるのなら両グルはまずい選択だったかも。それでも開始10分過ぎの9時半少し前に1匹目。意外と早くてビックリしたが、この調子なら第3目標までトントンと行けるかもね。その後もあたりにはなかなか合わないものの、10時Dscf7456Dscf7457までに2匹を追加。まあまあではないか。更に10時を過ぎてもう1匹。開始1時間しないうちに第2目標にリーチとは素晴らしいDscf7458(もちろん私にとって、だが)。しかぁ~し、そこからウキの動きがバッタリ。「たな」を上下したりピラミッドパワーでやってみたりするが状況に変わりなく、全く理由が分からないので、とにかく餌を打って馴染むまでにウキが動けば合わせ、動かなければ2、3回誘って様子を見る、を繰り返すが、たまに弱い動きが出るだけで、やったと思ったウキの動きで2回バラシた。そんな中、10時半頃に隣から大きな音。見ると釣り台がバランスを崩して倒れている。思わず「大丈夫ですか?」と声が出たが、事なきを得たようだ。しかぁ~し、(釣れないうえにこのアクシデントでは)気分が悪いと終了して帰った。お疲れ様でした。さて、1時間があっという間に過ぎて11時。どうやら前半はこれで終わりか。しかぁ~し、11時半近Dscf7459くになって、いきなりのズバッ!でやった5匹目。餌があと少しで終わるところ(ラス前々)での第2目標クリアは嬉しかぁ。さあ、あと2投でもう1匹。しかぁ~し、そんなにこの池甘くなく、11時27分に餌が尽きて終了だ。結果、12尺では実釣2時間15分弱で5匹。途中まではもっと釣れる筈と思っていたが、あの1時間は何だったんだろう。対面日陰側には私のいつもDscf7460の場所付近から塩ビ管まで5、6人入っている。深場整地された辺りには4人くらいか。こちら側にも10人はいるので、計20人ほどが陽気に誘われて来たようだ。さて、次は9尺。餌はα21+新べらグルテン。太陽の位置が右に来たので傘もセットし直し。昼食の後、11時46分にこれまた少し深めの「たな」で再開したが、ウキが動かず。それで「たな」をもう少し深めにしたら数投でウDscf7461キが動き出し、12時のサイレンを聞いた後にチクあたりで1匹目。まあまあのペースだね、今のところ(もちろん私にとって、だがPART2)。ただ、12尺の時よりはウキの動きが少ない。それで、どうしても待つ感じになってしまい勝ち。これはいけないと出来るだけ早めに餌を切るようにしたが、あたりが出るのは餌がぶら下がってから。そしていきなりのズバッ!でDscf7462Dscf74632匹目をゲットするものの、そこから先は12尺同様のシーン状態に。これは厳しい、厳しいですよ。やっと3匹目が出たのは1時前。2匹目と同じく、馴染んでしばらくしてからのズバッ!前触れなしというのが良くない感じ。その後も状況は変わらず、12尺同様竿を引いて誘いを掛けてから餌を切る、Dscf7464の繰り返しで時間だけが過ぎるお約束の展開に。しかぁ~し、GTでもないのに、あたりはいきなりやって来る。1時半を過ぎてズバッ!これで9尺での第2目標にリーチ。Kさんから電話があったが、出られません。申し訳ない。更に2時近くになってまたもズバッ!いずれも前Dscf7465触れなし。何だろう、これ。でも、とりあえず9尺でも第2目標をクリアしたぞ。ひょっとして前倒しのGT?まだ餌があるので、ラストスパートだ。しかぁ~し、残念ながら5匹目が「たも」の中でハリス切れを起こし、交換で間が空いたのが良くなかったのか、その後はさっぱりのままで2時29分に無念の終了。結果、9尺では実釣2時間45分で5匹。トータルでは実釣5時Dscf7466間で10匹。何だかなぁ・・・。何かをすればもっと釣れた筈。いや、私のアームでは上出来なのかも。あたりさわりの人たちと、私の左遠くの先客は帰った。私も終わろう。何だか疲れた。片付け。対面でも竿が曲っている様子。今日は何処でも釣れたのか。今日は暑かったが、明日以降は再び寒くなるようで、へらも人間も対応がしんどそうだ。片付けを終え、バスの写真。これは、釣りのDscf7467最中にバスが「たも」の横に来たので、まさかと思いながらも「たも」で掬ってみたら、何と入りました!もちろん特定外来魚だから、池に戻してはいけません。遊歩道へと退場してもらいました。結構でかくて40cmくらいありそうだ。私を恨むなよ、恨むならここに連れて来た奴を恨め。常連さんに挨拶して車に戻る。今日はベイシア詣でが控えているので、さっさと池を離れた。
 
両グルに代えて別の釣り方をそろそろ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月24日 (月)

明日は雨?

昨日の疲れが多分影響していると思われる、朝起きたら8時近く。これで早くも釣行はなしよ。
明日にすればよいと楽観していたところ、夜になって予報を見たら、何と3時には雨になっているではないか。朝見た時には確か3時は曇りで雨は6時となっていた筈なのに、ガクガクッ。
 
スマホのうち、HONOR8は楽天の独占販売で、キャンペーンで7000円引きとなっており、そろそろこれに決めようかなと思いながら楽天モバイルのHPを見たら、何とZENFONE3も7000円引きになっているではないか。
またまた迷う~。
 
迷っているうちに売り切れになるのがオチ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

7尺の顔を立てるためだけに行った筈が@増沢池 with ちょっとだけ岡ジャミKさん

どうせ行くなら昨日の方が良かったのかもと思いながらも、出掛けました増沢。割と早く家を出たまでは良かったのだが、駐車場に着いてすぐに不定期便。これが定期便になってはマズイ。さて、日曜なので混み込みかと思いきや、駐車場はサッカーの関係なのか多くの車が停まっているが、不定期便のついでに橋まで行くと、あれれへら師は数2016102309170000人しかいないぞ。これなら7尺で爆釣も夢ではない?急いで荷物を降ろして池に向かう。日向側は深場でなければ何処にでも入れるので、もちろん前回と同じところに行く。何と言っても今日は7尺のリベンジ。しかぁ~し、相変わらずのズボラで、まだ仕掛けが作ってない。さっさと準備しなければ。ハリスは35cm+50cmくらいで。そして仕掛けの後は餌。わたグル+新べらグルテンだ。せっかく早く来たのに、開始は9時17分。9時前には始めたかったなぁ。でも仕方ない。餌打ちを始めると、何とじきにウキに動きが。やや深めの「たな」から入ったのが良P1000832かったようだ。しかぁ~し、グーなあたりで掛からないのはいつも通り。それでも開始20分くらいで1匹目。これでとりあえずは7尺の面目が立った(かな?)。しかぁ~し、次のあたりでハリス切れを起こすと、防ぎようのない間が空いてしまう。それでも10時を過ぎて、何と連荘!いいP1000833P1000834ぞいいぞ(今はどうしてる一で二三さん?)。ただし、連荘の後はさっぱりなのが私の常なので、喜んでばかりはいられない。P1000835でも開始1時間で3匹ならまあまあだ(もちろん私にとって、だが)。その後バラシでペースを失いかけるが、「たな」を上下しながらウキの動きを確認して行くと、10時半近くに4匹目。そんな悪いペースではない。7尺もOKかもね。しかぁ~し、午前中のGTの筈が、次第にウキの動P1000836きが悪くなる。それでもその後再びのバラシの後、11時近くに5匹目をゲットして、とりあえず第2目標をクリア出来たので、7尺もこれから使いましょう。11時を過ぎてもウキの動きは良くならず、そろそろ餌が尽きるが、深めの「たな」で勝負すると、何と「掛かってます!」で6匹目。P1000837半分しか嬉しくない(ホント?)が、贅沢は敵、善しとしなければ。それからしばらくして餌が尽き、11時28分に7尺は終了。結果、実釣2時間10分余で6匹。グー・グ・グー!さあ、一応目的は達したので、これからはフリータイム。日向側に来てやりたかった底をやってみよう。竿はP10008389尺に変更。しまった、9尺底の仕掛けも作ってなかった!それでは昼食の後に現場施工。へら師はポツポツと増えて15人くらいになっている。私から離れた左の、少し早く始めたへら師が竿を曲げている。見ると、浅い「たな」だ。両ダンゴなのかな?さて、仕掛けを作りオモリを合わせ、再開は12時12分。ウキの馴染み具合がしっくりしないので、微調しながら打っていると、後ろから声が。あっ、Kさんだ。今日は岡ジャミ。昨日も岡ジャミだったそうな。池のあちこちで情報を仕入れて来たが、今日は渋いのは間違いないとの事。しばらく私のウキを見ていたが、動きそうにないので帰った。お疲れ様でした。さて、打てども打てどもウキに動きなく、そろそろ止めようかなと思い始めた1時頃、馴染んだウキがちょっとだけ動いた。もちろんそれまでにもウキの動きはあったが、全て餌が底に着くまでの出来事。馴染んでしまえばシーンだった。が、やっとさわりが出たので、これからこれからと気持ちを奮い立P1000839たせるが、やはりダメだ。気力が続かない。ずっと宙をやっているので、待てなくなっているのだ。それで、じきに底は強制終了。結果は言うまでもありません。ちゃんとしたあたりを見たかったなぁ。残った餌は両グルで使う。ウキと仕掛けを交換して、やや深めの「たな」での再開は1時15分。すると、やはり宙にいる事は間違いなく、すぐにウキに動きが。そしてグッと入るあたりも出るが、何故か全く掛からず。ウキ下の上下で変化を付けても同じ。何故だ?何故掛からない?大きな独り言が池に響いていたかもしれない。左のへら師はペースは落ちて来たが、それでも竿が曲る。既に2桁はいっているのではないか。私はその後も状況が変わらず、2時半に餌を打ち切って終了。結果は言うまでもないよね。どうしよう、もう終わろうかP1000840な。他のへら師はそろそろ終了モード。今日は元々7尺の顔を立てるためだけにやって来たのだから、9尺で出なくてもいいじゃん!という考えもあるだろうが、9尺で釣れないというのが何となく許せないので、最悪4時を目処に餌を作って残業だ。今日は絶対にサービスしないぞ。餌はわたグル+α21。持ちを良くしてみた(理由は不明)。すぐに再開すると、やはりウキもすぐにP1000841動き出す。が、これまたやはりの掛からず。クーッ、何とかならないか。合わせても合わせても・・・。しかぁ~し、時間的には午後のGT、そろそろ良い事があるかもね。すると、開始20分経たないうちにズバッ!で1匹目ゲットだ。何故急にかかるようになったのかは不明だが、何しP1000842ろ最後に釣ったのが11時台なので、3時間半近く釣れなかったのだ。それが出たのだから、嬉しかぁ。すると、3時前にもズバッ!で2匹目。こりゃぁ午後のGTに間違いない。左は終わっているので、そのへらがこちらへ来たのかも。すると3時を過ぎて、約15分の間にズバッ!P1000843P1000844ズバッ!とグーなあたりにほぼ合って4匹をゲットして、9尺での第2目標、更にはトータルでの第3目標もクリア!まさにGTP1000845P1000846以外の何者でもないだろう。その後一気にあたりに合わなくなった(GTの終了か?)が、それでも餌が尽きた3時57分までにP1000847P1000848ポツポツと2匹を追加して、気持ち良く終了だ。残業手当もしこたま貰えて良かったぁ。結果、9尺の持ちが良い両グルでは実釣1時間半弱で8匹。前の釣れない時間は記憶にありません。トータルでは実釣6時間P1000849で14匹。まさに時合だけの男が爆発?した。餌が何であるかはノー・プロブレムなのかも。片付け。今朝は日差しもあって暑いくらいだったが、今は随分涼しくなった。体調が狂わないよう気を付けなければ。片付けを終え、車に戻る。ゆっくりゆっくり息が上がらないように。今日はこの後ベイシア詣でがあるのだ。そろそろと池を跡にした。
 
こうなると底で釣りたくなるのが自虐的へら師の面目躍如?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

7尺での残業はサービス@増沢池 with こちらは通常残業のKさん

今日は曇りで風も弱いとの予報に、ついつい出掛けてしまいました増沢。今日は両グルの餌について確認するつもり。途中のコンビニでKさんが出て行くのを目撃。今日も頑張るんだ。今日は珍しく早出だったので、駐車場着は8時半過ぎ。しかぁ~し、予定外の不定期便が発生。これはマズイ。さっさと荷物を降ろして橋を渡る。あっ、看板横に入っP1000820ている人は、いつもの場所の人だ。そろそろ涼しくなってきたのでこちらに来たらしいが、今日は終日曇りですが・・・。私は前に入ったところ、Kさんはかなり深場だが遊歩道端ではないところに入った。さあ準備しよう。今日はまずα21+わたグルで攻める。竿は12尺。ささっと準備を終え、やや深めの「たな」での開始は9時17分。すると、開始20分経たないうちにウキに動きが。そしてズバッという消し込みも出るが、カラ。更にしばらくして、今度は一旦掛かったものの、バラシ。う~ん。ハリスが長過ぎるのか。その後もウキは動き続けるが、動いているうちに釣らないと、そのうち動かなくなるのが私の・・・。更に更に、10時近くになって、またもバラシでハリスが道糸と絡む。いつもなら根気良く解くのだが、今日は何故か1匹が欲しくて堪らないので、カットして交換。私から離れた左右のへら師はどんどん竿が曲るのに、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳。厳しい~っ!Kさんも慣れない「お」で苦戦している声が聞こえて来る。さて、多分餌の持ちが良いのでカラばかりが出るのだろう。少しだけ水を垂らしてみたりする。それから、ずっと気になっていたハリスを数センチ詰めてみP1000821る。すると、それが効を奏したかどうかは分からないものの、10時半近くになって、やっと掛かりましたよ!何となく凸の予感がしていたので、それを回避出来ただけで嬉しかぁ。ただ、今日のミッションとは無関係になってしまった。これから何としてもあたりを出していくぞ。しかぁ~し、その後もバラシ1回のみで11時。ここで考えた。もう12尺は止めよう。残った餌は9尺で使う。そしてそれが尽きたら、今度は新べらグルテン単体でやってみよう。と、その前にKさんの様子を見に行くと、1匹は出た(声が聞こえてきた)が、それ以降はなかなP1000822P1000823か・・・。Kさんの右のへら師もその右のへら師も竿が曲っていて、どうやら私とKさんだけがアウト・・・(以下同文)。急いで釣り座に戻り、竿を変更。12尺では実釣1時間50分で1匹だった。そして9尺深めの「たな」での再開は11時20分頃。すると、しばらくしてウキが動き出すが、12尺のときと同様カラのオンパレード。更にバラシも。この持ち過ぎる餌は11時37分頃に使い切ったので、続いては新べらグルテン単体。しかぁ~し、作ってから気が付いたのだが、この餌は袋に書いてあるとおりに作ると持ちが悪過ぎる(個人の感想なんでしょうか?)。大きめに付けてもウキの馴染みが出にくい。いきなりやる気がグッと下がったが、それでも一旦作った餌は捨てません。それが省資源釣法P1000824(餌の方が大事か!)。とにかく餌を指でこねて何とか餌が持つようにすると、ウキが馴染めばあたりらしき動きが出る事が分かり、やる気がやや回復。すると、12時前に馴染んだウキがモヤッとするのに合わせて1匹目ゲット!こんな餌でも(こんな餌だからこそ)釣れるんだ。秀樹P1000825カンゲキ!更に12時を過ぎて、今度はウキが馴染み切ったところでズバッ!と2匹目。そうそう、こんなあたりが欲しかったんだよ。って言ってみても始まらない。その後もウキの動きはあったが掛からず、12時38分に新べらグルテン単体は終了。大体1時間で2匹かぁ。今日はP1000826釣れる人は釣れ、釣れない人は釣れない日だ。私も早く釣れない軍団から抜け出さないと。急いで次の餌、α21+新べらグルテンを作り、「たな」は変えずに再開は12時43分。すると、やはり使い慣れた餌は良くP1000827て(個人の思い込みです)、あたりもじきに出るようになる。そして1時前に1匹目。餌は関係あるかもしれないが、それよりやはり竿の長さが大事だなぁ。1時を過ぎてもウキの動きは好調。なP1000828P1000829かなかあたりに合わないものの、1時半近くになって何とズバッ!の連荘でトータルでの第2目標クリア!しかぁ~し、ここから何故か急に状況が変わる。さっきまでよりウキの動きが悪くなり、しかもあたりらしきウキの動きには合わせても合わせてもカラ。痺れるぅ。合わせても合わせても我が暮らしと、お馴染みのフレーズが頭を過ぎる。しかぁ~し、合わせ続ければ2時近くにやっとP10008304匹目。放流だ。ウキがよく動いていたのはこいつのせいだったのか。でも、そんなの関係ねぇ~っ!と、待てよ、まだ餌が残っているが、ここで急に残業をしたくなった。それは、竿を7尺に変える事。この辺りは短竿の底で結構釣れるらしいので、それなら宙も良いのでは?ついでに今の餌が終わったら両ダンゴもやりたい。もちろん釣れる保証はないが、まだ2時なのP1000831で・・・。一旦終了してKさんのところに行くと、「お」ではなくトロ掛けをやっている。あまりに「お」で釣れないので、遂に結果優先で変えたらしい。残業も厭わないとの事。お互いサービス残業にならないようにしましょうと言って釣り座に戻り、竿を変更。久し振りに出してみたが、7尺は竿がピンピン跳ねる感じだ。ウキはどれにしようかな。しまった、この仕掛け、ウキ止めゴムが馬鹿になっていてズルズルだ。一応下のウキ止めはトンボ用の糸で支えてあるが、これが心許ない。まあ、今から作るのはないので、何とかこれでやるしかない。しかぁ~し、振る度にウキの位置が変わってしまってイライラ。トンボ用の糸を締めればその時はやや良くなるが、じきに緩んで元の木阿弥。「たな」の変更も出来ず、ひたすらの餌打ちで何とかグルテンを使い切り、最後の1投ではあたりも出たが、残念掛からず終了。それでは、今更だがダンゴを作ろう。ガッテン3+マッハ1に水1を1時間で使い切る量作り、ハリスも35cm+55cmから25cm+35cmに変更したと思ったら、段差が5cmくらいになってしまってビックリ。それでも再開は2時44分頃。しかぁ~し、ウキの位置が定まらず、ウキの馴染みまで頭が廻らない。軽く合わせただけでも上下ともずれてしまう。何となくウキに動きがあるようにも思えるのだが・・・。たまにあたりらしきウキの動きはあっても掛からず、遂には帰りたいと声が出る始末。何とか餌を打ち切って終わったのが3時412016102115410000分。ただただ無駄な時間だった。一応結果を纏めると、実釣6時間余で7匹。今夜早速7尺宙の仕掛けを作ろう。片付け。当然ながら残っているへら師は少ない。釣れたへら師は帰り、こちら側ではまだKさんが竿を振っている。こんなに遅くまでいた事はおそらくないだろう。一体どんな心境の変化なんだろうか。片付けを終え、Kさんのところに行くと、Kさんも片付け中だった。残業で何枚か出したそうだ。サービス残業は私だけだったのか。う、裏山鹿~。また宜しくとその場を離れ、車に戻る。かなり気温が下がっていて息もそんなに弾まないが、気持ちはブルー。さあ帰ろう。今日はガリバーの安売りの広告が入っていたので、是非とも買いに行かないと。さっさと池を離れた。
 
次から底をやるか。それとも7尺でリベンジ?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月20日 (木)

鉛の舌が行く蕎麦屋その2:蕎麦忠

すぐそば(蕎麦だけに?)を通る事があっても、なかなか入る機会がなかったホンダの裏にある「蕎麦忠」に、今日初めて入った。
まだ11時半にならない時間だったので、さっと座れた。注文したのは天ざるの大盛。新そばの幟が出ていて、しかも10割蕎麦らしい。
ここは蕎麦を機械で作っている。穴からニュルニュルと押し出す感じらしい(ネット情報)。天ぷらも水を使う「フライヤー」とやらで揚げていて、それで安く提供出来るのだそうだ(これは店内に書いてあった)。
P1000818P1000819私の鉛の舌が言うには、機械出し(打つというのはあたらない?)という先入観からなのか、蕎麦の良い口当たりが感じられない。天ぷらにはサクサク感が乏しい気がする。でも、これも機械という先入観から来ているのかもしれない。知らずに入っていれば、もっとキチンとした評価が出来たかも(元々鉛の舌なんですケド)。
この天ざる(海老2本その他)が800円(蕎麦単体は500円)、蕎麦の大盛が+150円で計950円。確かに安い。が・・・。
我々が入ってしばらくしたら、続々と客が入って来た。人気店のようだ。

午後から楽天モバイルショップがあるケーズデンキに、スマホを触りに行って来た。
ショップは他にイオンモール志都呂(エディオン)にもあるようだが、こちらの方が近いと思ったので。
正直な感想を言えば、何をどうすればどうなるのか、さっぱり分からない。一応狙い目としては新発売の「HONOR8」と「ZENFONE3」だったのだが、それ以外のものも触ってみると、もう何でも良さそうな感じ。
昨日のニュースで、ドコモが650円スマホを出したというのもあって、最早なんだかなぁ。

以前報告した水没デジカメ、今日何気なく電池を入れてみたら、何とCMOSが生き返っていて、写真も撮れた。
これは良い事なのだが、キースイッチのうち幾つかが動かないままなので、設定上不便極まりない(設定出来ない箇所もあった)。
明日、ちょっと使ってみようかな。

1回目から随分間が空いてしまった
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年10月19日 (水)

勇んで出掛けてジャジャジャジャーン!@増沢池 with Kさん

昨日の事を早速試してみたくて、出掛けました増沢。今日もKさんは来てるね。間違いのないよう、最初に挨拶に行こう。荷物を降ろして橋まで行くと、おおっ、今日も看板横P1000806は空いている。場所が同じの方が分かりやすいので、グー。まずは荷物を降ろしてKさんの元へ。今日は10尺で底。見れば、ウキの近くには泡だらけ。そしてじきに竿が曲った。これは素晴らしい。私も早く試してみたくて、さっさと準備。竿はもちろん12尺、餌はα21+新べらグルテン。ウキをオモリを背負わないものに交換してオモリを調整。そして昨日と同じ「たな」での開始は10P1000807時38分。思ったより遅れてしまった。まずはウキの馴染み具合を見なければ。ゲゲッ、目盛の間隔が狭くて見辛いぞ。それに、何となく挙動がおかしい(私の事ではありません)。しかも、今日も晩夏を思わせる暑さで、渋々傘をセット(Kさんは意地でも?出さないようだ)。それでも数投打てば、今までとは明らかにウキの立ちから馴染みまでが違って、これなら相当へらにアピール出来そうだ。しかぁ~し、ここで何と道糸がリリアンから外れるアクシデント。これは1回で回収出来たが、何となく先を象徴するような展開だ。急いで再開すると、ウキの効果が出たのかウキがモヤモヤ。そして大きく入るあたりらしき動きも出るが、掛からずP100080811時を過ぎる。目盛の間隔が狭くても、消し込めば「そんなの関係ねぇ~っ!」。そして11時半近くになって、ズバッ!で1匹目ゲット。とりあえずウキの面目は立ったか。すると、その後もウキの動きはなくならず、11時半を過ぎて再びのズバッ!で2匹目。これこれ、こんな展開をP1000809待ってたんですよ。しかぁ~し、ここから先は、聞くも語るも涙なしにはいられない、バラシと鱗1枚で打ち止め。更には次第にウキが動かなくなってしまう。12時のサイレンが鳴ってもGTが来る訳でもなく、ひたすら餌を打ち続けるのみ。「たな」を変えても何も変わらず。こうなると小ウキとかではなく、単にへらは岸辺近くにいると言う事になってしまう。まさにトホホ状態。それでもめげずに(大分めげてるけど)打ち続けたら、1時近くになってやっとウキが動き始めた。2匹目を釣ってから1時間半、いやぁ長かったなぁ。そしてズバッとウキが入ってやった今度こそ釣れたか?残念バラシ。更にもう一度ズバッ!で今度こそ正真正銘掛かった?残念ハリス切れ。せっかくへらが来ても食わないのだ。本当にキツイ。しP1000810かぁ~し、1時を過ぎて「たな」をやや深めにしたところで、何と「掛かってます!」で3匹目。拍子抜けだが手応えが全然違う。う、嬉しかぁ。やっと3匹目が出たが、その後もシーンは続き、1時12分に無念の終了(最近多い)。結果、12尺では実釣2時間半余で3匹。残念ながP1000811ら小ウキの効果は感じられなかった。さあ、次は9尺だ。餌はわたグル+新べらグルテン。橋の影が迫っているので多少涼しく感じてきたぞ。ただ、昼過ぎから風・波が大きくなる事が多くなって、それも釣れない原因の一つかも。昼食を摂りながらの再開は1時27分。ちょっと餌が柔らかい感じに出来てしまったが、これがどういう結果に繋がるか。開始してじきにKさんが後ろを通った。今日は最初放流だったが、次第に地べらも混じるようになったとの事。数は訊かなかったが、2桁はいった感じ(あくまで個人の想像です)。明日も来るようだが、私は明日は用事でNG。お疲れ様でした。Kさんがいる間にウキが動き始め、あたりも出た。9尺では今までもそこそこの実績があるので、凸の不安はない。小ウキで餌の落下が長く、またP1000812ウキも近くなって良く見え、小さなウキの動きにも対応出来るのが結果に繋がっているように思う。そして2時近くにズバッ!でやった1匹目ゲット!凸の不安がないとは言っても、これでやっと落ち着いた。すると、時合なのかウキの動きは続き、2時を過ぎて2匹目。トータルでの第P1000813P10008142目標をクリアし、何となくまだ釣れそうな感じ。しかぁ~し、次第にウキの動きがなくなるのは私のお決まり。それでもズバッ!で3匹目。さあどんどん行こうと言いたくなるが、実はここからが本番。何故かウキの動きがバッタリ。さっきの12尺とほぼ同じ。とにかく餌を切らさないよう打ち続け、また「たな」もいじってみるが、全くのシーン状態。それでも3時近くになって、やけくそで餌をかなり大きく付けて深めの「たな」で打ってみると、何と馴染み切ってすぐにいきなりのズバッ!ビックリして合わせたが、もちろん掛かる筈もない。何かの間違いではと続けてみると、何とそこから10回くらい連続して馴染み切ってからのズバッ!でカラが続く。ひょっとして午後のGTが来ているのではと思うが、それにしては掛からない。合わせても合わせても・・・(お馴染みのフレーズでした)。何とかGTの恩恵をと合わせ続けると、P10008153時半を過ぎ、そろそろ残りの餌が気になってくる頃になって、やっと掛かりました4匹目!9尺単独でも第2目標にリーチ。しかぁ~し、次のあたりでは凄い引きでスレは間違いないが、一体何処にスレているのかと思えば、「たも」に入ったへらを見ると、何と背びれ。潜水艦はよく引くなぁ。「上がりスレ」も出て、もうクタクタで残りの餌を打つが、残念掛からず3時54分に餌が尽きて終了となった。結果、9尺では実釣2時間半弱で4匹。終わってみればP1000817変わり映えしない数値だ。トータルでは実釣5時間で7匹。この場所に入ってからほぼ同じ結果とはなかなか厳しいが、片付けながら急に、そもそも何で両グルばかりやっているのかと思えてきた。ここ数年採用しているが、そんなに結果が出ているとは思えないのに(たまに良い事もありましたケド)、続くのは何故だろう。性(しょう)に合うんだろうか。今日は12尺で初心に帰る小ウキを試したが、残念効果のほどは不明で終わってしまった。まだ餌の効果について残っているので、次回はそれをやってみよう(少しだけ前向き)。片付けを終え、車に戻る。かなり気温が下がって過ごし易くなった(肌寒い気もする)ので、息もそんなに上がらない。今日はベイシア詣でもないので、ゆっくりと家路に就いた。
 
格安スマホ、早く決めないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月18日 (火)

ぶり返す夏!が、秋も深まる感じ@増沢池 with Kさん、Oさん and プチ岡ジャミザわさん

昨日雨が上がった後に洗車をするつもりだったが、やらず。今日も朝洗車のつもりがやらず。そのまま増沢へゴー!今日は気温が上昇するので、出来れば日陰側に入った方が良いかも。途中、銀杏並木が色付き始めており、つい最近まで蝉が鳴いていた事を思うと、いよいよ秋本番到来か。駐車場着は10時近い。あっ、Kさんの車ハケーン!まずは荷物を降ろし、橋まで行って池の様子を覗うと、結構来てるね。日陰側には入れそP1000795うだが、何故か看板横近辺が今日も空いているので、ついつい誘われるように橋を渡り坂を下りる。Kさんには後で挨拶と様子を訊きに行こう。クソ暑いが、やるしかない。前回より右の草があるところに入る。前方のゴミを掬ってから、さあ準備だ。竿は12尺の両グルとは、もうこれしかやらないのかと言われそうなワン・パターン。餌はわたグル+新べらグルテン。「たな」は前回のままで開始は10時17分。わっ、暑くてダメだ。傘を出さないと。さて、開始したのはよかったが、ウキに動きなし。しばらく打った後に「たな」を変更。すると、開始20分ほどでウキに動きが。そして消し込みカラツン2連発!しかぁ~し、そこから先は何故かシーン。いや、へら(ブルーかも)は確かにいる筈。急にウキが動かなくなるのは何故だろう。傘で餌打ちしにくいが、出来るだけ間を置かずに打ち続けると、11時近くになってやっとウキの動きが復活。そして再びのズバッ!やった掛かりましたよ!あっ、外れた・・・。すると、そこから先は完全シーン状態。打てども打てどもウキに動きなく、気が付けば開始P1000796P10007971時間半になりそうだ。と、ここで何故かあたりに合って1匹目!これが分からない。ひょっとして午前中のGTかも。すると、そこから間を置かずズバッ!で2匹目ゲット!やはりそうだ、そうに違いない。すると、もう今日の予定は終了なのか(私の場合、大体2匹釣るとGTは終わる)。いや、まだウキは動いているので、何かしらすれば釣れる。と、ここで12時のサイレン。よし、何となくではあるが今日は両グルの時合ではない(個人の感想です)としよう。ハリスを詰めて両ダンゴで1時間くらいやってみる。その後、9尺で再び両グル。これなら遅くとも4時前には終われる。まだグルテンは残っているが、それは後半に使うとして、餌はガッテン+マッハを3:1でいつもの半分。これでやるだけやるぞ。そして再開すると、坂の上からやって来ましたザわさん。カインズホームへ買い物に来たついでに駐車場を見たら私の車があったので・・・らしい。話に夢中になりながら餌打ちを続けると、ウキは動いているがあたらP1000798P1000799ない。それで、餌を落とすべく空合わせをしたら、何と「掛かってます!」で1匹目!更に更に、しばらくしてまたも「掛かってます!」。これは何だ?ウキは全くあたりを示さない(ザわさんも確認済み)のに、食っている。まあ、いずれにせよカウントですが、何か。あっという間にトータルでの第2目標にリーチ。ザわさんはそれからしばらくした12時半過ぎに帰った。岡ジャミお疲れ様でした。缶コーヒー、ごっつぁんです!さあ、今まではぼんやり餌打ちしていた(オイオイ)が、これからは気を入れてやるぞ。しかぁ~し、気持ちとは裏腹にあたりは出ても掛からず。両ダンゴは元より、両グル、更にはバラグルセットと打ち分けるが、1回バラしただP1000800け。結局数を増やせないまま1時22分に終了。1時間近く釣れなかった。結果、ここまで実釣3時間余で4匹。さあ、いよいよ本日のメイン・イヴェント。9尺両グルの出番ですよ。餌はα21+新べらグルテン。時間が勿体無いので、昼食を食べながらの餌打ち開始は1時32分。橋の影がやって来て、グッと過ごし易くなった。傘を仕舞い餌打ちすると、じきにウキに動きが。そしてあたり!残念掛からず。でも、気が付くのが遅過ぎるが(うっすらと気付いてはいたが)、やっと12尺と9尺の違いが分かったぞ。それはウキ。9尺の小ウキは本当にオモリを背負わないので、長ハリスと相俟って餌が落ちるまでかなりの時間が掛かっている。これが「グル宙」の肝で、最初の頃は私もそれなりにやっていた筈。12尺の場合は、さっとウキが立ってしまい、そこから餌がゆっくり落ちる範囲はかなり狭まっている感じ。餌打ちを優先してもそこそこ釣れたので、いつの間にか小ウキは何処かに行ってしまったのだ。12尺で小ウキは餌打ちしにくいが、次回から初心に戻ってやってみよう。さて、素晴らしいP1000801あたりが悉くカラを打っていたが、2時近くになってやっと掛かりました!あれだけあたってやっと1匹。やはり両グルの時合ではないのか?ウキが動きすぎるのなら、ハリスを詰める選択肢もあるが、それで釣れなくなったら再び伸ばすのはかなり面倒なので、そのままで続行。しかぁ~し、あたりが遠のいたり消し込んだりと、全く状況が把握出来ない。2時半頃に背後から声が。あっ、Kさんだ。釣りに夢中になって挨拶に行くのをすっかり忘れていた。今日はあたりがあっても乗らないと言って帰った。お疲れ様でした。さて、3時近くになって、やっとハリスを数センチ詰めてみる。すると、すぐには効果がなかった(相変わらずP1000802のカラ)が、3時を過ぎてズバッ!やっと掛かりましたよ。もう疲れるぅ・・・。しかぁ~し、すぐに元の木阿弥状態に。確かに、何かするとそれなりの変化が出るが、すぐに効果がなくなるのも良くある事だ。その後もあたりは出続けるものの、掛からず。そろそろ餌が尽きるが、それでも何P1000803かやってみようと「たな」を少し深くすると、再開後いきなりのズバッ!でやった3匹目。更に3時半を過ぎてまたもズバッ!やった4匹目ゲット?ゲゲッ、凄い引き。これは・・・。残念腹ビレにスレ。どうやらこれが「上がりスレ」のようだ。それからじきに餌が尽き、3時38分に終了。結果、9尺では実釣2時間余で3匹。トータルでは実釣5時間余で7匹。うち2匹が「掛P1000805かってました」ではちょっと辛いか(そうでもないぞ)。橋の影は左に過ぎ去ったが、そんなに暑くない。片付け。と、片付け中にまたも背後から声が。あっ、Oさんだ。車に気が付かなかった。ホント申し訳ありません。今日はあたりに乗らなかったと、Kさんと同じ感想。それでも9匹ゲットは素晴らしい。お疲れ様でした。私も片付けを終え、車に戻る。気温が上がったせいか、かなりしんどい。ハアハア言いながら車に戻り、今日はベイシア詣でがあるのでさっさと池を離れた。
 
今月は稼ぎ時。あと何回出来るか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

看板横は途中から風が強くなって・・・@増沢池 with パラソルさん and U山さん

昨日は体がだるくてだるくて、釣りにも行かず洗車もせず。あまりゴロゴロし過ぎたのか、夜には喉に違和感で風邪の予感?栄養ドリンクを飲んで寝たのが良かったのか、今朝には喉の違和感はなくなったが、相変わらずだるい。しかぁ~し、今日もゴロゴロでは回数は稼げない。老体?に鞭打って出掛けました増沢。パラソルさんが増沢に来ていると言うので、到着後すぐに橋まで行こうとしたが、腹の具合が(オイオイ)。不定期便で時間のロス。急いで橋まで行くが、へら師は多いが何処にいるか分からないので、とりあえず荷物を降ろして橋を渡る。日向側は盛況で、空いた場所がない訳ではないが、P1000786シャイな私にはしんどいので、何故か空いていた看板横に入る事にする。浅場と橋の下の先客に挨拶して、さあ準備だ。日差しが強くて暑いが、風・波は弱い。パラソルさんは日陰側整地された辺りに入ると連絡が来た。寒くてウキが見難いのでは?さて、竿は12尺の両グルテンで行くぞ。餌はα21+新べらグルテン。「たな」は底に着かない程度の深さから入る。開始は9時14分。まずはウキがしっかり馴染むように餌付けしては切る、を繰り返すが、一向にウキが動き出さない。多少右に流れた時に何かしら気配を感じて、場所をずらした方が良さそうな気になったものの、面倒でそのまま。左の先客が竿を曲げた!短竿の底のようだ。あっ、右の先客も。底の方が良かったのかもと、早くも迷走が始まりそう。しかぁ~し、「秋はタナを釣れ」と言うように、少しずつ「たな」を上げて行くと、開始30分ほどでやっとウキが動いた。かなり浅くなっているが、試しにグルテンカスで打ってみると、あたり!P1000787残念掛からず。でも、これでいいのだ。それからウキの動きに合わせる「闇雲流」見参!すると、10時前にいきなりのズバッ!でやった1匹目。いやぁ、今日こそ凸かと思ったが、とにかくやれやれ、だ。その後もウキの動きは残るが、それらしきウキの動きにはさっぱり掛からず。しP1000788かぁ~し、これまたズバッ!で2匹目ゲット。今日こそ午前中のGTの恩恵に与らなければ。しかぁ~し、しかぁ~し、パラソルさんからメールを貰った10時半頃から、風・波が強くなって来た。ここは吹きっさらしなのでキツイ。思うようなところに餌を入れられず、更に流される事でウキの動きもなくなる。まさにトホホ状態。と、右の先客が話しかけてきた。あっ、U山さんではないか。お久し振りです。2ヶ月ぶりに竿を出したとの事。風・波に加えて橋の影になってウキが見難く、あたりが分からないそうだ。知り合いのHRさんは体調が優れない上に怪我をされたようだ。お大事に。さて、風・波であたりが消されるのか、それとも「たな」が変わるのか、とりあえず「たな」を深くしてみるが、変わらず。いずれにせよ、強い風・波ではどうにもならない。11時を過ぎてもさっぱりで、最早やる気も失せそう。たまに馴染み切ったウキが動く事があっても、おそらくはあたりではなく、合わせても掛からP1000789ず。そのまま時間だけが過ぎるお約束の展開で11時26分に無念の終了。結果、12尺では実釣2時間10分余で2匹。前回並みかぁ。1時間以上あたりがなかった(と思う)。と、左の先客はいつの間にか帰り、U山さんもハリス切れを機に終了だと言うではないか。この辺りは私だけになってしまう。寂しかぁ・・・(ひょっとしてへらが廻ってくるかもと、スケベ心もない訳ではなく・・・)。まずは昼食、それから次の用意をしよう。もちろん次も両グル。前回9尺で良い思いをしたので、今日も試してみるかな(既に凸は脱しているから・・・)。餌はわたグル+新べらグルテン。やはり「たな」は浅めで再開は11時46分。小ウキなので仕掛けが軽く、餌打ちがやり難いのはマウンテン・マウンテン。まだ多少風・波は残っているが、それでも開始早々からウキに動きが。あれれ最初から9尺だったらどうだろうと、これまたいつものタラ・レバ。それからじきにあたりも出て、こりゃぁ前回同様良い思いが出来るか?UP1000790山さんは12時前に帰った。お疲れ様でした。さて、12時のサイレンを聞いたすぐ後にズバッ!で早くも1匹目ゲット!これはこれは・・・。さあどんどん行こう。ウキはまだ動いていて、その後もあたりが出る。そして何と連荘!で2匹をゲットすれば、トータルでの第2目標クリアと共P1000791P1000792に、単独での第2目標も見えて来たぞ。しかぁ~し、やはり風・波が強くなるとあたりもなくなってしまう。「たな」を変えても効果がないとやらず、ひたすら餌を打ち続ければ、12時半を過ぎて再びウキに動きが出て来た。そしてズバッ!やった掛かりました!あっ、外れた・・・。どうも餌の近くにはへらはあまりいないようで、またもウキの動きがなくなったが、それでも1時前にズバッ!P1000793でやった4匹目!いよいよ単独での第2目標が見えてきたか。しかぁ~し、風・波が強い時にはやはりダメで、弱くなるわずかの間に何とかあたりを拾って、やった5匹目ゲットか?しかぁ~し、寄せる途中で何故かバラシ。OH,MY GOD!すると、そこからはウキの動きが全くなくなり、打てども打てども我が暮らし楽にならず。じっと手を見る・・・。たまに馴染み切ったウキが動く事はあっても掛からず、更に、遂に私のところにも橋の影。おおっ、日向と日陰では大違い。ひんやりして来たぞ。ウキはその後もたまに動く事はあっても、全くかP1000794すりもせず時間だけが過ぎる・・・もういいか。結局4匹目から1時間以上数を増やせないままに餌が尽き、2時12分に餌が尽きて無念の終了PART2。結果、9尺では実釣2時間半で4匹。トータルでは実釣4時間40分で6匹。今日も後半が冴えなくなったので、気持ち的にはブルー。片付けを終え、パラソルさんに終了をメールで連絡。よっこいしょういちと車に戻る。腰が痛くて痛くて、湿布では改善されないので、何か根本的な原因があるかもしれないなぁ。さあ帰ろう。陽にあたりすぎたせいか、今日はベイシア詣でもしたくないほど疲れた。荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日の雨の後に、今度こそ洗車だ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2016年10月15日 (土)

かの国のビックリ労働組合

かの国ではヒュンダイの労働組合が会社の業績無関係に毎年賃上げ闘争をした結果、組立工が年収1千万を超えている(ある意味、それはそれで素晴らしいのだが?)とか、自分の子供も優先的にヒュンダイに入社出来るような協約を結んでいるとか、これだけでもビックリする内容なのに、最近更に驚かされるニュースがあった。
 
かの国では一応売春が禁止されている。それで、職を失った方々が海外に10万人進出しているとか。日本にも5万人いらっしゃるようで、少なくともG20に入るような先進国で売春婦を輸出しているのはかの国くらいだそうだ。

標題に戻ると、違法な売春婦が労働組合を作るというニュース。
毎年のように「売春させろ」とデモがあるお国柄なので不思議はないのかもしれないが、いやいや違和感満載ですよね。
 
こちらをご覧下さい。日本の捏造ではなく、かの国のニュースですよ。下線部をクリック。
 
まだ合意の履行もせずに何か欲しがってる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年10月14日 (金)

久し振りの日向側で9尺と12尺の両グル@増沢池 with 岡ジャミKさん

昨日は日陰側で2時間しか釣りが出来ず消化不良だったので、今日こそ日向側で爆釣するぞ?駐車場着は9時半頃か。急いで荷物を降ろして橋まで行くと、日陰側かつてのいつもの場所に久し振りに見たいつもの人。挨拶するが大きな声で話すのが憚られ、そのまま橋を渡り坂を下りて遊歩道へ。看板横に1人入っていたが、日向側には深場遊歩道端に1人しかいない。さて、入る場所を探さないと。しかぁ~し、あれだけ草刈りしてP1000773も、また繁茂していて良いところがない。結局整地された辺りの浅場寄りの端に入る事にする。さあ準備しよう。昨日Oさんが8尺底で結構釣っていたのが頭に残っていたので、ここは9尺で両グルだ(何で?)。餌はα21+新べらグルテン。準備中に3人やって来て、私の右隣とその奥に入った。急に緊張。9尺では太刀打ち出来ないのではと思いながらも、少し深めの「たな」で開始は10時14分。どうだろう、ウキは動くのかな。すると、10投しないうちからウキがモヤモヤ。でもまだ何だかは分からない。しばらく打つがあたらないので、試しにグルテンのカスが付いた仕掛けを放ってみると、馴染んですぐにグッと入ったではないか。もちろん?掛からなかったが、これはやる気になりますよ。その後「たな」を上下しながら打っていP1000774ると、11時少し前にやや深めの「たな」でいきなりのズバッ!全くそんなあたりを期待していなかったので慌ててしまったが、しっかりと掛かりました!う、嬉しかぁ。しかぁ~し、上ハリスがグルグル巻きに絡んでしまい、それを解いていると時合?が崩れてしまったのか、再開後P1000775第1投であたりに合ったもののバラシ。次第にウキの動きが悪くなったので、再びグルテンカスで打ってみると、何と馴染むや否やズバッ!でやった2匹目(ノー・プロブレム)。既に開始して1時間が経過。釣れたのは良かったが、このままで推移するならちょっと辛い。時間的には午前中のGT、もっとウキには動いてもらいたいところ。とにかく「闇雲流」で合わせ続けP1000776ると、11時半頃にやっと3匹目。やはり短竿では厳しいのかな。それともこれがGTで、もうお終いなのか?と、ここでKさん登場。今日は朝起きるのが遅かったので、釣りはやらない。ダム?そばに知り合いを見つけたので、そちらで岡ジャミすると言って去った。私はその後、グルテンカスであたりが出るのは餌の落下が遅いからではと、ハリスを30cm+45cmから珍しく40cm+55cmに伸ばしてみる。が、なかなかあたりをもらえず12時のサイレン。そして開始2時間が経過。餌も残り少ないし、やはり短竿では・・・(タラ・レバ?)。しかぁ~し、何故かそこから消し込みカラツン連荘、更にズバッ!のバラシ連荘。もう餌がない状態でこうなるなんて、厳し過ぎる。しかぁ~し、しかぁ~し、12時を過ぎてからがP1000777P1000778本当のGTだった。12時半近くになって、ズバッ!でやった4匹目。更にズバッ!の連荘で5匹目!あっという間の第2目標P1000779P1000780クリア。更に更に、しばらくしてまたもズバッの6匹目!更に更に更に、ラス前にズバッ!で7匹目ゲット。何が何だか分からないままの爆釣?わずか10数分の出来事だった。これこそがGT、素晴らしい。残念ながら最後の1投は叶わなかったが、12時42分に満足の終了となった。結果、9尺ではP1000781実釣2時間半で7匹。この機を逃さず9尺で続行というのが普通だろうが、私は違う。今度は竿を12尺にして、遠くのへらを引っ張ってやる。と、その前に昼食。それから竿を12尺に変更。餌はわたグル+新べらグルテンだ。一応の目標は3匹釣ってトータルでの第3目標クリア。やはり深めの「たな」での再開は12時59分。すると、数投でウキに動きが。ちょうどKさんが岡ジャミを終えてこちらに来たので、何とかKさんがいる間に1匹釣りたいところ。しかぁ~し、グーなあP1000782たりでやった掛かりましたと言いたいところだったが、わずかにアッパー(ガクガクッ)。Kさんは明日来て8尺底を試すと言い、帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さあ、私も何とかして凸状態を脱しないと。ウキの動きはなくならないが、あたりにはならず、「たな」を上下しながらあたりをP1000783探すと、1時半を過ぎてわずかのウキの動きでやった掛かりましたよ!う、嬉しかぁ。さあどんどん行こう!と餌を打つが、やはり甘くはないねこの池。そこから先は相変わらずのモヤモヤだけ。大きなあたりは望めず、小さく入るのは全てカラ。一体何処にあたりがあるのだろう。あっという間に2時。ウキは9尺の時より遥かに動くのに、全くダメダメだ。隣は午後になってセットの宙に変えたようだが、それが効を奏したのか竿が曲るようになった。が、ハリス切れを連発。他の2人もポツーリポツリと竿が曲っているようだ。さっきまでとは大違いの状況に、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳(のように思えた)。それではと、2時半近くにP1000784なって、思い切ってハリスを数センチ詰めてみる。すると、それからしばらくして、ズバッ!でやったようやくの2匹目ゲット!一応トータルでの第3目標にリーチ。やはり何かしらやってみないと。しかぁ~し、その後は再びモヤモヤ。もちろん餌付けを変えたりグルテンカスで打つのも忘れないが、今度はあたりは弱くてまた掛からず。手前と沖では違うのかも。その後1回バラシが出たが、それだけ。残念3時ジャストにカラツン?で終了となった。結果、12P1000785尺では実釣2時間で2匹。あれだけほぼ毎回のようにウキが動いてこれでは、工夫が足りないと言われても仕方ないだろう。新たな方策を考えないと。バット師匠に訊いてみるかな(オイオイ)。トータルでは実釣4時間半で9匹。いつもなら納得の結果だが、後半ずっと釣れなかったので、気持ち的にはブルーだ。片付け。隣も終わったようだ。対面はまだ続行か。片付けを終え、隣に挨拶して車に戻る。帰りの道中の長い事。これさえなければ良い池なんですよ、この池。息が上がらないようゆっくりと歩いて車に戻る。さあ、今日もベイシア詣でが待っている。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日はどうしよう。車も久し振りに洗いたいし
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月13日 (木)

通院日の釣りは午前中だけ@増沢池 with Kさん and Oさん

今日は通院日で普段なら竿を出さないのだが、昨日やれなかった憂さを少しでも晴らそうと、午前中だけ竿を出す事に。しかぁ~し、またもや用事を思い出してしまい、それを済ませてから増沢へと向かう。駐車場着は9時半過ぎ。KさんOさんの車がある。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、日向側にお二人が少し離れて並んでいる。携帯がP1000765使えないので、橋の上から大きな声で挨拶。Kさんが、今日はへらが遊んでくれないと言っている。余程こちらに入ろうかと思ったが、短時間なので移動の時間が勿体無いと日陰側に入る事にする。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。予報どおりどんよりしていて湖面は凪。かつてのいつもの場所に陣取り、さあ準備だ。確かに最近急に寒くなったので、水温もグッと下がり、どんな釣りをしようか少しだけ悩んだが、ここも準備が比較的楽な両グルの宙に決定。竿は12尺、餌はわたグル+新べらグルテン。あれっ、ちょっと餌が柔らかいぞ。グルテン量が少ないのかな。でも作ってしまったので、そのまま使用。ハリスを25cm+35cmから35cm+50cmくらいに変え、「たな」もやや深めでの開始は10時2分。と、ここで先日引佐天池で会った人がやって来て、柳の木の奥に入った。さて、何となく凸の雰囲気満載で開始したが、10投打たないうちにウキに動きが。そしてモヤ・チクとあたりらしP1000766き動きも。ただ、掛からず。餌の持ちと関係あるのか?とにかく合わせ続けると、10時半近くになってやった掛かりました!実はひょっとしてブルーではないかと疑っていたのだが、例え放流であっても良かった良かった。ウキの動きはまだ続き、10時半を過ぎて、ちょっと下を見てP1000767からウキに目を戻したら、ウキが入った!慌てて合わせると、やった2匹目だ。この調子で行けば、短時間でも2桁間違いなしか?しかぁ~し、ここから急にウキの動きがなくなる。これが分からない。餌付けを「オセロ」や「ピラミッドパワー」、更には「たな」を探し続ける(秋は「たな」を釣れってか!)と、結局ほぼ元の位置でウキの動きが復活。そして11時過ぎに馴P1000768染み切ったウキを眺めて3匹目。ただし、ぶら下がった餌に食いつくまで時間が掛かるため、その後も同様に待つ釣りになってしまったせいなのか、またもシーン状態に。これはマズイと餌打ちのインターバルを短めにして打ち続ければ、11時半近くにズバッと消し込んで4匹目ゲッP1000769ト!2桁は無理でももう1匹釣って第2目標くらいはクリアしたいなぁ、なんてヴェリー・スウィートな考えで打ち続けるが、午前中のGTの筈なのにウキはほとんど動かず、餌付けを変え「たな」を探っても状況は変わらず、遂に12時のサイレン。こうなると手の打ち様がなくなり、ひたすら餌を打って終わらせるだけ(トホホ)。12時15分にやっと終了。結果、実釣2時間10分P1000770余で4匹。いずれも放流だったが、中には結構引きの強いのもあって、まあまあ楽しめたのではないか。片付け。今日は午前中曇りで気温も上がらず、半袖シャツでは寒かった。明日は晴れて気温もそこそこ上がりそうなので、明日こそ日向側だ!片付けを終え、柳の木の奥に挨拶して車に戻る。荷物を積んでから再び橋を渡り、KさんOさんの様子を見に行くと、Kさんは6尺底で底の掃除係。Oさんは8尺底で飽きない程度に釣れている(あと一息で「つ」抜け)との事。P1000771P1000772また宜しくとその場を離れ、ちょっとふうふう言いながら車に戻る。日が差して来て暖かくなった。午後は釣りやすい環境になるのでは?さっさと池を跡にした。
 
格安スマホ、どこが良いのか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月12日 (水)

pepper君

P1000764早速ソフトバンクの店に行ってみたが、思うような携帯がなく(私が考えていた携帯は、パケットがアプリの自動アップデート等により、知らないうちに消費されるらしい)、すごすごと帰ってきた。
唯一の収穫は、pepper君に会えた事。見つめていたら急に話しかけてきてビックリ。小さな声でモゴモゴ言っていたら、「聞こえなかったのでもう一度言ってください」と促されてしまったので、周りに人もいるし、恥ずかしくなってその場から離れてしまったが、確かに会話出来るロボットと向かい合う事は、何かしら気恥ずかしさが出てしまう。
そうそう、肝心の代替品だが、まだメール等は使えるので、格安スマホと2台持ちで、2年縛りの解除(あと半年)まで我慢しようかな。
 
わさびテロの続報。私がよく見に行く在日韓国人(今は帰化して日本人)のブログによると、かの国ではジャパン・ディスカウントの一環として利用(訪日外国人を減らす)するため、大々的に報じていると言うのだ。
もう一度書くが、「自分がすればロマンス、他人がすれば不倫」。
暴力事件も、日本のマスコミは詳細を調べて欲しいものだ。
 
韓国人(被害者?とは別人)がTVカメラを連れて寿司屋へ謝罪要求に来て、主人が謝ったそうだ。簡単に謝る(しかも無関係な人間に)事が問題を更に大きくしそう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

今日は良い日だ

今日は3連荘で釣行と意気込んでいたが、用事を忘れていた事に気付く。まさにトホホ。
それで、こんな釣り日和に家にいる。
こうなったら、別の何かを考えないと時間が勿体無い。
そうだ、空いた時間に携帯でも替えに行こうかな。ただ、HPで見たら、携帯の分割が36回(3年)になっている。
3年間は縛られるのか。まあ、今のところスマホにするつもりはないので別にいいけど。
そうそう、今使っている携帯はカメラ専用にでもするかな。
 
ついでにと言っては何だが、最近大阪で外国人(韓国人?)にわさびたっぷりの寿司を提供した(昔観光庁の資料に、外国人にはわさび多めに提供するよう書かれていたとか)とか、電車の車内放送で、外国人が多いので日本人の客にはお騒がせしてスミマセンとか流したとか、韓国人旅行者の子供を蹴った奴がいる(蹴ったのが日本人かどうかは不明)、やたらとテレビで流しているが、うんざりだ。
わさびの件はたった1件の事なのに大騒ぎ。隣の国では国を挙げての日本人旅行者への嫌がらせが横行している(タクシーのぼったくり、日本人と分かると食べ物に唾を入れて提供する食堂、市場で言葉が分からないのを良い事に、ののしる店員など、書き尽くせない)事は置いといて、このわずかの事を大々的に報道している。
まさに「自分がすればロマンス、他人がすれば不倫」を地で行っている。
 
格安スマホには少しだけ興味がある
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

まだまだ暑さが残る中、まあまあの釣りが出来た?@引佐天池

今日は引佐天池か、それとも増沢日向側か悩んだが、増沢は明日にして、今日は引佐天池に行く。池に着いたのは10時前か。既に2人の先客。堰堤の両端に位置している。まずは車を停め、オーバーフローに向かう途中で左端の先客に挨拶。声はなかったが振り向いてくれた。オーバーフロー右側に入り、右端の先客にも挨拶。こちらは返してP1000746くれた。さあ準備するかな。今日は終日曇りの予報だが、晴れていて暑い。湖面は凪。うわっ、ホテイアオイが物凄く繁茂しているぞ。池の左奥や対面遊歩道からは竿が出せない状態。まあ、私はそちらに行かないので(オイオイ)。傘をセットして、さてどんな釣りをしようかな。そうだな、増沢と全く同じ12尺両ダンゴ宙→9尺両グルテン宙で行くか。まずは両ダンゴ。餌はガッテン+マッハ。「たな」は先日の増沢のままで開始は10時15分。すると、3投目からウキに動きが。そして弱くではあるがウキが入り始めた。これは・・・。と、私が開始してじきにに右側の先客が終了。「上がりべら」はゲットしていた。まだ早いのに、何か用事でもあるのだろうか(大きなお世話)。私の方は弱い動きに合わせるが掛からず、10時半近くにいきなりのズバッ!でやった掛かりました!おおっ、サイズもなかなかではないか。しかぁ~し、残念目にスレ。それでも一応写真でも撮っておこうかなと思ったら、何と「たも」がへらを抱えたまま竿の上を滑るように落ちていくではないか。慌てて竿掛けの先っぽで堪え、何とかロストを防いだが、それとは無関係に上ハリスがグチャグチャに絡んでいる。それを癇癪寸前で解き再開すると、何と第1投でウキがズルッと入り、今度は腹にスレ。スレの連荘から始まるなんて、もうガクガクッ。一旦呼吸を整えて再開すると、P1000748まだへらは残っていて、開始30分くらいで小さなウキの動きを拾ってやっと1匹目。これは嬉しいでしょう。一息ついた。しかぁ~し、その後もウキは動くのだが、全く掛からないまま11時を過ぎる。すると、この池にも午前中のGTがあるのか、ポツポツと2匹を追加するが、3匹目をP1000749P1000750ゲットした際に背後から声が。見ると最近増沢でいつもの場所付近でたまに並ぶ人だった。お互い名前も知らないが、顔だけは分かる。増沢で竿を出すK山さん(小山圭造さんではありません。念のため)から聞いて様子を見に来たらしい。今日は道具を持って来なかったので、竿は出さない。しばらくP1000751話をして(消し込みのカラも見て)から帰った。11時半近く、左の先客まで帰ってしまった頃にグーなサイズのへらをゲット。独りぼっちで寂しくなったが、やっと第2目標にリーチ!しかぁ~し、ここからまたもウキの動きが悪くなってしまい、GTは何処に行ったのか?バラシも出る始末。12時のサイレンと共に、今度こそ第2目標クリアしたかと思ったら、またまた腹にスレ。スレと口とが拮抗している辛い現実(トホホ)。しかも暴れられてハリス切れまで起こす。もうガクガクッ×ガクガクッ。急いで交換するが、ここで「たな」を少し上げてみると、そこP1000753P1000754からズバッ!ズバッ!と2匹を追加出来、やった第2目標クリアだ。しかぁ~し、6匹目で再び「たも」の中でのハリス切れ。もう嫌っ!すると、交換後には何故か消し込みのカラを連発して12時24分に無念の終了。結果、両ダンゴでは実釣2時間10分で6匹。何だろう、無駄な時間が多過ぎた気がすP1000755る。両グルではそういう事がないよう注意しよう。先客が帰った左端にはアベック(古~っ!)のバサー。女性は道路から彼氏を見ているだけ。楽しいのか(大きなお世話PART2)?休憩して昼食。それから竿を9尺に変更。餌はわたグル+新べらグルテン。「たな」はこれまた増沢のままで、再開は12時44分。アベックは見切りが早く右端に移動後、じきに消えた。さて、さっきまでと比べてウキの位置が近いので、果たしてこれで釣れるのかな(増沢でも同じ筈だが?)と思っていたら、すぐにウキが動き出した。そしてあたり!残念すぐには掛かりまP1000756せん。それでも開始10分しないうちにズバッ!で1匹目。これは素晴らしい。しかぁ~し、そこから先は毎回のように消し込み、そしてカラ。どうもハリスが長いのではと思い始めるも、一旦短くしてしまうと、伸ばすのが億劫(コラコラ)と躊躇していたが、開始30分くらいで思い切っP1000757て35cm+50cmくらいから5cm縮めてみる。すると、再開第1投でズバッ!そして掛かりました!これこれ、これですよ。しかぁ~し、その後は再びズバッ!→カラの連発。これ以上ハリスを短くすると、両グルではなくなってしまう。もしそうなら、両グルの時合ではなく両ダンゴなのでは?とか考えるが、「下手な考え休むに似たり」。それでも合間を縫うようにポツリP1000758P1000759ポツリと2時までに2匹を追加。トータルでの第3目標にまで漕ぎ着けたぞ。しかぁ~し、ハリス切れで交換するつもりが間違ってもう片方をカットするなど無駄な時間を作ってしまい、その都度少しだけ間が空いてしまうが、元々活性があるのかすぐにウキが動き出すところが素晴らしい。2時頃に右端P1000760に1人やって来た。やれやれ、誰かいるというのは心強いなぁ。そして2時を過ぎて5匹目。両グル単独でも第2目標クリア!この頃からバラシも出るようになるが、スレて上がって来ないのも嬉しいところ。その後はあたり自体が減って来たが、それでもポツポツと2匹をゲットしてP1000761P1000762(6匹目は何と「掛かってました」!)2時42分に終了。結果、両グルでは実釣2時間弱で7匹。トータルでは実釣4時間10分で13匹。次回は9尺両ダンゴでやってみたいが、時合が続く訳でもないので、返り討ちP1000763のリスクもある。リスクマネジメントの見地からは避けた方が良さそう?片付け。大楽地でもそうだったが、堰堤から万が一滑り落ちると、テレビでもやっていたように這い上がるのはなかなか難しいので、ここは充分気を付けて。片付けを終え、右端に挨拶。車に戻る。いつものように腰が痛い。姿勢が悪いのか(多分猫背でウキを見ているから)?さあ帰ろう。今日は場所柄ベイシア詣ではない。そろそろと池を離れた。
 
3連荘明日は増沢?それとも西ノ谷でリベンジ?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

曇っているので日向側に行こうと思ったが@増沢池 with Kさん

今日は祝日、何処の池に行けば良いのか分からないので、とりあえずの増沢へゴー!駐車場着は9時過ぎ。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、あれれへら師が少ないぞ。日向側にはKさんともう1人。日陰側には柳の木の奥に1人と、ダム?そばに3人。あとは深場整地された辺りに誰かいそうだ。最初は日向側に行ってみようかと思ったP1000734が、どうにも足場が悪そう(草でよく見えない)なので、それではと日陰側かつてのいつもの場所(旧爆釣ポイントではありません)にでも入るとするか。車に戻って荷物を降ろし、さっさと池に向かう。先客に挨拶するが、聞こえないようだ。まあいい、準備しよう。Kさんが手を振ってくれたので、つい大きな声で「どうですか?」と訊いてしまった。良くないとの答え。どれくらいが良くないのかな?個人的には凸~2匹くらいが良くないと言えるのだが、もう大きな声は出せないので、結局分からなかった。さて、今日は涼しく湖面も凪。いつものように12尺を出すが、仕掛けが両ダンゴになっているので、まずは両ダンゴから行ってみよう。餌はガッテン+マッハ。やや深めの「たな」での開始は9時41分。すると、5投くらいでウキに動きが。そして10投くらいであたりらしき動き。反射的に合わせるがカラ。まあまあ、そんなに早くは掛かりませんね。しかぁ~し、10時になろうとする頃になって、やっと掛かりました!あれっ、放流にしては引きが弱いぞ。なーんて、お約束のブルー(しかもグッドサイズ)でした。するってぇとなんだい、ウキを動かしているのはブルーって事かい?一気P1000735にショボクれるが、それでも合わせ続ければ、10時半近くになって今度こそ本物が掛かりました!意外とウキが動くので、ひょっとしたらもう少し釣れそうか?しかぁ~し、その後は最初と同じように、合わせても合わせてもカラ、じっと手を見る・・・。あたってると思うんだけどなぁ。と、11時近くになってやっとあたりに合いました!しかぁ~し、今度はサイズ小でピキピキ。でも、さっきと同じようにブルーの後はへらになるかもと、ヴェリースィートな考えで打P1000736ち続ければ、11時を過ぎてまさかの予言的中。やった、やった!しかぁ~し、もう開始1時間が過ぎている。このままだと第2目標など遠くて見えないぞ。ただ、時間的には午前中のGT、きっと釣れるに違いない。しかぁ~し、その後は全くかすりもしない状況が継続。1回掛かったかと思ったら、凄い引きでハリス切れ(ガクガクッ)。これで一旦はウキの動きが減ったが、11時半を過ぎて再び動きが出て来た。やはりGT、何とかもう1匹(いや2匹)!すP1000737ると、ほぼ餌が尽きた頃に、誘いを2回掛けたらズバッ!でやった「上がりべら」ゲットだ。サイズもグーンと良くなった。それからじきに餌が尽き、11時45分に両ダンゴは終了。結果、実釣2時間余で3匹。これはどうなのか。まあまあ?ダメダメ?柳の木の奥の先客は静かに帰った。P1000738さて、次は両グルだが、ここで急に竿を替えようと思い立った。この辺りではずっと9尺か11尺でやって来たのに、最近はずっと12尺ばかり。本当に近いところはダメなのか調べたくなった。と、その前に昼食。それから竿を9尺に変更。ハリスはカッツケから30cm+45cmに。餌はα21+わたグル+新べらグルテン。「たな」は仕掛けのとおりで開始は12時12分。こんな近くで果たして大丈夫だろうかと心配するが、ウキはすぐに動き出した。ただ、両ダンゴの事もあって100%安心出来ない。しかぁ~し、安心してください、ブルーは来ませんでした。ただ、あたりらしきウキの動きにはほとんど合わず、1匹目は12時半近くになってから。すP1000739P1000740ると、まさに時合なのか12時半過ぎに2匹目。早くもトータルでの第2目標クリア!こんな簡単に掛かるのかと一瞬甘くみてしまったが、それは過信。何とそこからあたりが途切れる。バラケもないので、とにかく餌を打ってウキが馴染んだらそれを切る、を繰り返すと、時折あたりらしきウキの動きにP1000741P1000742合って、1時過ぎに3匹目、1時半頃に4匹目。単発だ。しかぁ~し、ここからが本日のメイン・イヴェント。せっかく掛かっても「たも」の前でバラシ。凄い消し込みでのハリス切れ連発。「たな」の上下や餌付けでは対応出来ない。2時頃に、釣りを終えたKさんが見に来てくれたが、ウキが動くところは見せられても掛かるところは見せられなかった。Kさんは奥の方へと向かい、私はただ餌を打つ。2時を過ぎ、そろそろ午後のGT、何とかならないか。既に「たな」の上下は何度となく繰り返されているが、やはり深めが良かったのか、2時半近くになってKさんがP1000743再び岡ジャミに来たタイミングでやっと5匹目!4匹目からほぼ1時間が経過しており、やっと単独での第2目標クリアだ。嬉しかぁ。Kさんは帰った。明日も日向側でやるとの事。お疲れ様でした。さあ、こうなるとトータルでの第3目標が視野に入ってきた?いや、そんなスィートな話はP1000744なく、餌が尽きるほんの少し前にやっと6匹目。ただただ嬉しいの一語だが、じきに餌が尽きて終了。時刻は2時53分。結果、実釣2時間40分で6匹。トータルでは実釣4時間40分で9匹。大楽地と似ているが、サイズは向こうの方がグー。湖面は凪ぎ、まだやれそうだが、最早テンションは下がっており、片付け。今日は気温が上がらず、ちょっと風が吹いた時間がP1000745あったが、寒いくらいだった。1枚余計に持ってきて良かったぁ。片付けを終え、車に戻る。明日は終日曇りの予報。私も明日は日向側に行こうかな。それとも引佐天池にでも行こうかな。今日は祝日で混みそうなので、あまり行きたくはないが、それでも行かざるを得ないのがベイシア詣で。そろそろと池を離れた。
 
底→宙の方が面白いかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月 7日 (金)

個人的には釣れたの思うのだが、釣れない気分@大楽地 with 岡ジャミザわさん

今日は迷いに迷った挙句の大楽地。道中何となく気が重い感じで池に着くと、堰堤真ん中付近に先客と岡ジャミ。挨拶して私はバルブの左に入る。背中に日が当たって暑いので、傘をセット。湖面は凪いでいるが細い藻が岸辺付近に繁殖していて、アオコのよP1000722うなものも浮いている。更に気が重くなるが、そんな事はお構いなしと先客が竿を曲げる。短い竿での底のようだ。へらが見えるとも言っている。どうしようかな、私も同様の釣りで爆釣しようかな?いや、私は私の釣りをしよう。と言う事で、いつも通り竿は12尺、餌は夏・冬・マッハにα21。しっかりと底を取っての開始は10時17分。ウキの馴染みはOK、後はあたりを待つだけ。しかぁ~し、先客のバシャバシャで焦りが出たのか、早く結果が欲しくて仕方ない。開始10分を過ぎてやっとウキに動きが出始めたものの、その後がないまま時間だけが過ぎる・・・(オイオイ)。岡ジャミの人は奥に行って底をさらっている。そして穂先を拾ったようだ。先客は3連荘!も出て、開始1時間半で2桁になっているとの声。「上がりべら」を釣ったら帰るようだ。私の方はたまにウキに動きが合ってもかすりもせず。11時を過ぎ、こりゃぁ大楽地でも凸まっしぐらなのか(先客があんなに竿を曲げているのに?)。と、足元の亀に餌をやっていて時合が崩れたのか、手こずっていた「上がりべら」をやっとゲッP1000723トして片付けを始めた先客に同期するように、私にやっとあたり!そして掛かりましたよ!開始1時間以上経っている。いやぁ、長かったなぁ。サイズもそこそこだし、とりあえずの凸回避でまずはホッ。ただ、先客の足元にも及ばない感じが辛い。さあどんどん行こうと言いたいところP1000724だが、ウキの動きは芳しくないまま。それでも11時半過ぎに、空合わせとほぼ同時のあたりで2匹目。先客は帰り、代わって1人がほぼ同じ場所に入った。私は何故か根掛かりで鈎をロスト。地面を釣っても誰も褒めてはくれません。12時のサイレンが鳴る頃、のっしのっしとやって来たのはザわさん。ブログを見て来たと言うが、一本メールでも打って確認した方が良かったのでは?最近は体調が優れないとの事。お大事に。ザわさんが見ている前で何とか1匹をと思っていると、結構ウキに動きが出て来て、餌が尽きる少し前の12時半頃P1000725に3匹目。サイズは小でもやれやれ、と思っていたら、後から来た人が開始早々から竿を曲げ始めたではないか。竿は先客より長そうだ。場所?それとも肘から先なのか(答えは明白)?私は結局数を伸ばす事が出来ず、12時49分に餌が尽きて底は終了。結果、底では実釣2時間半で3匹。1時間半で2桁の先客、裏山鹿~。さて、そんな事を言っていても始まらない。次だ次!ちょっと迷ったが、後半は両ダンゴでやるぞ(ハリスが25cm+35cmだP1000726から・・・)。ザわさんに断って昼食。そして餌はガッテン+マッハ。少し深めの「たな」での開始は1時5分。見ると、気付かないうちに堰堤奥には2人が入っている。特に声もないので、真ん中の人とは知り合いでもなさそうだ。右側奥にはさっきまで岡ジャミしていた人が入っている。さて、いつも通りまずはウキが馴染むように餌付けすれば、じきにウキがモヤモヤ。そして、しばらくしたら餌が落ちる辺りに口をパクパクさせるへらの姿が見えて来た。これは釣れそうか?すP1000727P1000728ると、開始20分ほどで小さく入るあたりに反応すれば、やった1匹目!更にしばらくして、今度は大きなあたりで2匹目!これは素晴らしい。1匹釣ったら帰ると言っていたザわさんも、あまりの好調?に帰れなくなった模様。しかぁ~し、次のあたりでは目にも止まらぬ消し込みでビーンと糸鳴り!そして残念ハリス切れ。急いで交換するものの、場が荒れたのかあたりも遠のくが、2時を過P1000729P1000730ぎて3匹目。そして開始1時間を過ぎたところで4匹目。と、これを機にザわさんが岡ジャミ終了。長時間お疲れ様でした。隣は既に第2目標をクリアしている感じ(あくまで個人の見解です)。まだまだ行けるのでは?しかぁ~し、増沢ならこれから午後のGTへと進むのだが、何故か私も隣もウキのP1000731動きが悪くなってしまう。2時半少し前に5匹目をゲットして、宙だけでの第2目標をクリアするまではまだ調子が良かったのだが、そこから連続しての消し込み→ハリス切れでどうやらジ・エンド。ほとんどウキが動かなくなる。隣も竿が曲らなくなった。私は3時前に何とか1匹を追加P1000732するが、その後もウキ周辺のへらも姿が見えなくなり、更にほとんどあたりをもらえず、3時18分に無念の終了。結果、宙では実釣2時間10分余で6匹。いつもなら万々歳となるところなのに、先客の様子が頭から離れず、尻すぼみの結果もあって釣れなかった気分だ。トータルでは実釣4時間40分余で9匹。トータルでP1000733の第3目標にリーチという形ではあるが、実情は遠い遠い。片付け。堰堤奥の1人が帰った。遠くなので分からないが、釣れたのだろうか。片付けを終え、隣に挨拶して車に戻る。この池は帰りが下りというのが嬉しい。さあ、今日はシャトレーゼでアイスを買って帰ろう。そろそろと池を跡にした。
 
土日は雨。月曜以降は増沢かな?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2016年10月 6日 (木)

かの国の事

かの国が、去年末に合意した慰安婦問題について、追加措置として安倍ちゃんが謝罪の手紙をおばあさんに書くよう日本に期待?して、それを安倍ちゃんからすげなく「毛頭考えていない」と拒否されてファビョーンとなっている()らしい。日本は既に合意内容を実行しているのにね。
かの国では合意の中に最終的かつ不可逆的とある事が理解出来ないようだ。
もともとこの国には契約とか合意とか法律とは条約とかに対する考え方が、それは自分が守るものではなく相手が守るものだとする考え(世界的には通用しない)があって、それ故に今までも日本は何度となく煮え湯を飲まされてきた。
あの悪名高い「河野談話」でも、これでお終いという約束(口約束だったらしい)が実は始まりだったのであり、何度も蒸し返しては日本からいろいろとせしめてきた。
それで、今回の合意には「最終的かつ不可逆的」と入れてあるのに、かの国では従来どおりのやり方が通用すると思っているのだから、凄いとしか思えない。
かの国の政府はそのあたりが多少は分かっているようだが、マスメディアを始め既に洗脳が済んでいる国民にはどうしても分からないようで、冒頭のファビョーン(火病)になっているのだ。
かの国ではハングルしか使えないために、文章は読めても理解が出来ない人が多くいるようなので、それも関係あるのかもしれない。
 
P.S.リンク先の記事は少し下のほうにあるので、スクロールしてください。
 
まずは自分も合意内容を実行してから
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

小山圭造さん

昨日の西ノ谷ショックに加え、今日は晴れでも風が強いとの予報に竿を出すのを躊躇っていたが、昼過ぎにパラソルさんからメールが来ているのに気付いた。
何と、小山圭造さんが取材で増沢に来ていると言うではないか。慌てて身支度して増沢へと向かう。
P1000719常連さん、小山さんとパラソルさんは日陰側深場の整地された辺りに入っている。日向側も含めて20人以上はいるのではないか。
まずはパラソルさんのところに行って、今日の様子を訊くと、なかなか厳しいとの事。ただ、風は思ったより強くないので、私も竿が出せたのかなぁ。
P1000720小山さんの方をチラチラ見ていたら、T林さんが声を掛けてくれたので、そちらに向かう。昨日の西ノ谷の体たらくを話すと、西ノ谷の耐震工事は業者がまだ決まっていないと言うではないか。あんなに減水しているのにまだなんて、アンビリーヴァボー!と、その時T林さんの竿が曲った!これは写真でしょう。
P10007212時頃にじゃがにぃさんも岡ジャミにやって来た。まだ風邪が治りきっていないとの事。お大事に。そうそう、パンを分けて貰った。ごッつぁんデス!
小山さんは帰りの時間もあって3時には終わりたいようだったが、無事に「上がりべら」をゲット。これ幸いと写真を取らせて貰った。
3時近くなり、へら師もポツポツ帰り始めたので、私もお暇。明日は大楽地にでも行こうかなぁ。
 
多分何処でも釣れないと思うよ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

状況が激変!凸まっしぐら@西ノ谷

昨日は増沢。底でまあまあだったが、今日も同じようにはいかないだろう。と言う事で、やって来たのは西ノ谷。前回良い思いをさせて貰ったので、今日も2匹目の泥鰌を探しに同じ場所へ入る。まだへら師は見渡しても数人。これが午後には新東名橋の下階段P1000712状堰堤から桟橋に掛けて20人くらいが並んだのだから、凄い。ただ、竿が曲ったかどうかは不明。さて、空はどんより湖面は凪。水位が前回より更に下がり、さっさと準備して開始だ。まずは9尺で両ダンゴ。言い訳のように聞こえるかもしれないが(ほぼ言い訳・後付けです)、今日は数を釣るというより、前回のハリストラブル連発を回避する方策を探るのがメイン。それで、ハリスは前回のまま(15cm+25cm)。餌はガッテン+マッハ。「たな」も浅いまま(カッツケ)で、前回のような湧き出るへらを予想したのだが・・・。開始は9時48分。すると、早速ウキが動き出し、まずはブルーが掛かって来た。それからはジャミ。そして10時前にへら。やっP1000713と来たか。これからジャミがへらに切り替わる筈、と打ち続けるが、空振りでハリスがウキ付近で道糸に絡む。これを丁寧に解くが、前回からそのままなのでクルクルパーマ状態。そうです、今日はこの空振りによる絡みを防ぐための合わせに着目するのです。どうしても穂先が跳ね上がる感じになってしまい勝ちで、それが絡みの原因なのは多分間違いないだろう。それで、もっと抑えた感じで合わせれば大丈夫。大きくズバッ!とか入ると、つい大きな強い合わせになってしまうので、これを無感情に対応出来れば。しかぁ~し、10時P1000714半近くになってやっと2匹目をゲットするものの、その後空合わせでへらにスレてしまい、バラシたタイミングで予定外のハリス絡み発生。これがどうにも解けず、遂にハリスカット。まあ、パーマになっていたので、いつかは替えようと思ってたんだけどね(って、ホント?)。しかぁ~し、その時間ロスが影響したのか(おそらくそうではない)、へらは何処かへ行ってしまった?または元々ジャミと入れ替わっていない?そうです、それからはほぼ全てと言っていいくらい、あたりがジャミ。半数くらいがウキが立たない状態で、立つ頃には餌がなくなっている。更には立つ前から斜めにズルッと入るが、カラとジャミのバラシ。「たな」を下げてみるが変わらず、却って悪い状況に。へらはいるのかいないのか?時々バスがP1000715ジャミを襲い、わっと散るジャミが見えるだけ。11時になってやっと3匹目をゲットするが、その後もジャミ相手に餌を打つ時間が続く。この状況の変化は何だろう。11時半になり、餌も残り少ないが、ここで竿を12尺に替える。前回は12尺から始めたんだっけ。今日も同じようにすべきだった。今更の感が強いが、どうせ後半は両グルのつもりだったので・・・。それからじきに打ち始めると、ウキはすぐに動き出すが、やはりカッツケの時よりはウキがオモリをP1000716背負うので立ちが早い。それで、少しだけ期待したが、へらは1匹ゲット出来ただけ。そのまま11時50分頃に餌が尽きて両ダンゴは終了。結果、実釣2時間で4匹。幾ら釣れなくてもこの池でこの数字はないよなぁ。それでは合わせの練習にはなったかと言えば、相変わらずズバッ!には大きな合わせが出てしまう。次には気を付けようと思っていても、ズバッ!にP1000717はバシッ!こりゃダメだ。とりあえず一旦休憩しよう。次の餌、α21+わたグル+新べらグルテンを作った後に昼食。ハリスは付いているまま(25cm+35cm)で再開は11時57分。ちょっと餌が柔らかく、またグルテンの量が少ないようだ。よくかき混ぜなかったせいかな。でも、作ってしまったので、これは使い切るしかない。これが省資源j釣法。しかぁ~し、ウキが立つのが早くても、ジャミが追いついて馴染む前にほとんど落とされてしまう。まあ、落とされるのはマズイが、それでも少しくらい鈎残りしても良さそうなのに、やはりグルテンが少ないせいなのか、見ると鈎にグルテンが付いていない。こうなると「たな」を上下するくらいしか対応出来ないが、それでも状況は変わらず。ただ、竿が長くなった分だけ合わせもそんなに絡みを気にしなくても良くなったのが唯一の救いだ。ジャミ以外の姿を見る事無く時間だけが過ぎる、何処かの池の凸まっしぐらと同じ様相を呈している。こうなると、遠くに見えるへら師の動向が気になって仕方ない。釣れているんだろうか?私だけがダメなのか?桟橋のへら師が竿を曲げた。う、裏山鹿~。しかぁ~し、1時を過ぎて状況が一変。急にウキの馴染み具合が良くなった。馴染む途中で叩かれるような動きもなくなり、ひょっとしてジャミからへらに変わったのかも、とちょっとだけ期待するが、何故かは不明だがジャミの「たな」が深くなっただけで、結局深馴染みしたウキに出る動きもジャミだった(まさにガクガクッ)。そのままひたすら餌を打つだけの状況で餌が尽き、1時48分にP1000718無念の終了。まさかの凸だった。最早残業の意欲もなく、すごすごと片付け。数も出ず、ミッションも果たせず、今日は何のためにここに来たのか。片付けを終え、さっさと池を離れた。さあ、帰ろう。そうだ、一応増沢の様子でも見て行くかな。雨はなかったから、きっと何人かいる筈。そろそろと駐車場に着くと、Kさんの車ハケーン!何処にいるのか電話するが、ここで携帯のトラブル発生!電話の呼び出し音が聞こえず、繋がったのに向こうの声も聞こえないのだ。ただし、向こうからの着信音は聞こえ、また向こうでは私の声が聞こえている様子。壊れたのか、それとも何かの弾みに設定を変えてしまったのか?Kさんは日陰側整地された辺りで岡ジャミ中だったが、そこに辿り着くまでに橋を行ったり来たりしたので、着いた頃には息絶え絶え。しばらく話した後、今日も今日とてベイシア詣でを思い出したので、また宜しくとその場を離れた。
 
もう一度西ノ谷でやってみたい
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年10月 4日 (火)

こりゃぁ爆釣かと喜んだのも束の間@増沢池 with Kさん and Oさん

まだ台風の影響がないと言う事で、やって来ました増沢。ちょっと出が遅れたせいか、駐車場に着くと既に多くの車。マズイ、入る場所はあるのか?うっ、急に腹の具合が・・・。書かなくても良い不定期便で更に時間を費やす。それから橋まで行くと、意外と空いているぞ。OさんKさんの車があったが、何処にいるのかなぁ。旧爆釣ポイントには先客がいたが、その手前かつてのいつもの場所が空いているので、とりあえずそこに入P1000694ろう。急いで車に戻り、荷物を降ろして池へと向かう。先客に挨拶して様子を訊くと、ウキの動きはあるが掛からないとの事。見ればウキの周辺には泡付けが凄い。さあ準備だ。予報では風があるようだったが、湖面は凪。それでは前回同様細いトップのウキで底から入るとするかな。竿は12尺、餌はいつもの夏・冬・マッハとα21。準備中にKさんに電話するが、出ない。まあ、そのうち気付いて掛けてくるだろう。底を取り、開始は10時16分。すると、2投目からウキが返すではないか。前回は旧爆釣ポイントで1匹という体たらくだったので、今日もそれほど期待していなかったのだが、ひょっとして釣れそう?すると、開始10分経たないうちに、P1000695チクあたりでやった1匹目ゲット!前回からは想像も出来ない展開だが、いやいやそうは言っても最初だけでしょう。痩せ馬の先走りとかではないかな。しかぁ~し、次の餌打ちでもあたり!やった連荘かと合わせるが、上がって来たのはブルー。早くもガクガクッ。何となく先行きがP1000696P1000697暗そうな感じになったが、ビックリじきに2匹目ゲット!これは本物か?すると、10時半を過ぎて3匹目。更に4匹目5匹目とP1000698P100069911時までに2匹を追加して、オイオイこんな早くに第2目標クリアとは、今日は一体どうしたのだろう。と、それからじきに6匹目?残念途中でバラシたが、掛かるのは放流より地べらの方が多くなっていて、前回ウP1000700キにケチを付けたが、今日は認識を新たにする。このウキ相性バッチリだ!すると、11時を過ぎて6匹目。開始1時間で6匹というのもなかなかないぞ。他のへら師の状況は不明(隣もそこそこ釣っている)なので、今日はこれが通常なのかな。その後2匹を追加して、始めたばかP1000701P1000702りの頃には思いもしなかった底での第3目標が実現しそうだ。しかぁ~し、次の消し込むようなあたりで掛かって来たのは再びのブルー。ガクガクッ。何とかあと2匹釣って第3目標をクリアしたい。すると、11時P1000703半を過ぎて、やっと9匹目。頼む、あと1匹。隣も合わせてはいるものの、カラが多いようだ。さあ、餌も残り少なくなった。開始2時間以内に第3目標をクリア出来れば、久し振りの快挙(もちろん私にとって、だが)となる。すると、12時前に隣とほぼ同時に竿が曲った!やった遂にP1000704第3目標クリアだ。しかぁ~し、ハリスがグルグルに絡んでしまった。これは解いてもパーマが掛かるので、きりの良いところでハリス交換しよう。すると、最初より段差が少なくなってしまった。おかしいなぁ、ちゃんと測った(目分量ですが、何か)筈なのに・・・。でも、もう触る事はせず続行。しかぁ~し、この段差がそれまでとは全く違う世界へと私を導いたのだ。ウキの動きがなくなってしまう。12時のサイレンを聞いても状況は変わらず、ウキ下を微調するが、結局その後はスレが1回あったのみ。12時41分に無念の終了。結果、底では実P1000706釣2時間25分で10匹。隣から褒められるが、第3目標をクリアしたのだから喜んでも良さそうなのに、尻すぼみが気分を悪くして素直に喜べない。とりあえず休憩しよう。と、その前に次の餌だけ作る。もちろん両グルですよ。餌はα21+わたグル+新べらグルテン。昼食後にウキと仕掛けを交換して、「たな」はやや深めで再開は12時59分だ。バラケがないので、最初はとにかく餌を打つ・打つ・打つ。すると、開始10投くらいでウキがモヤモヤ。おおっ、宙でも行けそうか?しかぁ~し、その後は小さく入るチクあたり?に合わせるものの、一向に掛からない。何故だ?普段ならまず掛かるウキの動きなのに、全く手応えもない。しかも、しばらくするとウキの動きがなくなってしまい、その度にウキ下を調整して動きを出すが、そこも最初のうちだけあたり?が出ても、しばらくするとシーン。隣は午後になって竿が曲るようになったが、次第にカラやスレバラシだけになってしまう。時間帯が良くないのか、それとも肘から先が・・・。開始1時間を過ぎて、やっとハリス段差を広げてみる。すると、ウキの動きが良くなって、毎回のようにあたる?のだが、これまた一向に掛からず。まさにギヴ・アップ状態だ。開始1時間半を過ぎ、いよいよ凸が視野に入って来た。大会以外に両グルで凸になった事は久しくないと思うが、遂に来たか。それでも、馴染んP1000707で返したウキに誘いを掛けたら、戻したウキがチクッ!これに合わせてやっと1匹目ゲット。もう放流でも何でも良い、嬉しいの一語だ。まだウキは動いているので、もう1匹、いや2匹と打ち続けるが、1回バラシがあっただけで、3時7分に餌が尽き、虚しく終了となった。結果、両グルでは実釣2時間余で1匹。迷走に迷走を重ねた結果がこれとは、一体底の時は何だったのか。隣P1000708はハリスがグシャグシャになったのを機に終了。2桁くらいは行った気がする。お疲れ様でした。そうそう、右隣にはご夫婦が午後から来たが、3時過ぎに帰った。これまたお疲れ様でした。他のへら師も3時が終了時刻となっているのか、ポツポツと帰り支度。そんな中、残業申請したのが私。あまりにも気分が悪くて帰れまテン。ただ、このまま両グルを続ける気持ちにもならず、ここは思い切って両ダンゴで1時間程度(返り討ち必至!)。餌はガッテン+マッハ。餌を作ってからハリスを25cm+35cmに変更。そして再開は3時15分。まずはウキが馴染むように餌付けして打つ・打つ・打つ。「たな」も変えながら様子を覗うと、開始30分でやっとウキに動きが出るが、既に大半の餌を打ち切ってしまったので、急に餌付けが小さくなるのは仕方ないところ。と、ここで空合わせにスレてしまい、バラシ。でも、間違いなくへらP1000709P1000710が来たぞ。すると、4時前になって、何と連荘で2匹をゲット!午後のGTなのかもしれないが、嬉しかぁ。さあ、ラストスパートと行こうではないか。しかぁ~し、その後は再び両グルの時のようなチクあたり?になってしまい、空振りの連続で4時11分に餌が尽き、残業は終了となった。時間外手当のP1000711付かないサービス残業にならず、本当に良かった。片付け。結果、両ダンゴでは実釣1時間弱で2匹。両グルと併せた宙での実釣3時間では3匹。まさにトホホの結果となった。トータルでは実釣5時間半で13匹。午後をやらずに帰ればまだ気分が悪いなりにも形になったが、言っても仕方ないタラ・レバを今日もまた・・・。片付けを終え、車に戻る。宙ではどれだけ合わせ続けただろう。最近は疲れ果てて帰るのがお決まりになっている。今日もベイシアに寄る気力などなく、さっさと池を跡にした。
 
底で2桁なんて最近ではなかった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

やはり書きたかった

既にニュース等で周知なのだが、今年も日本人がノーベル賞を受賞した。
こんな目出度い話はないのだが、今更私が書いたところでどうなるものでもないと一旦は書くのを止めた。
が、やはり書かずにはいられない。大隅教授、おめでとうございます。
 
大隅を大隈と書いてしまい、申し訳ありませんでした
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年10月 2日 (日)

台風が来る前にと出掛けたが@増沢池 with バットさん、Kさん and 竹さん

明日から天気が悪くなる(ワンパターン!)ので、その前に出掛けましょう。日曜なのでひょっとしたら混んでいるかもと恐る恐る駐車場に着くと、ゲゲッ、車が多いぞ。Kさんの車もある。急いで車を停めて橋まで行くが、あれれへら師は数人。それではいつもの場所にでも入ろうかと橋を戻っていると、やって来たのはバットさん。何だか久し振りの気がする。バットさんは日向側(今日は曇ってますが、何か)に入ると言うので、私は車にP1000679戻って荷物を降ろし、予定通り最近のいつもの場所に入る。空はどんよりしているが、雨がありませんように。湖面は凪。さあ準備だ。今日も前回と同じく底→宙のワンパターン。まずは底から。湖面が穏やかなのだから、ウキのトップは細くても良いかな。付け替えて餌落ち目盛を合わせていると、橋の上から声が。Kさんだ。今日はやるようなやらないような。下りてきて、昨日も来たがへら師は少なく、結構釣れていたらしい。今日はどうかな。Kさんは駐車場に向かった。その後、底を取っていると竹さん登場。今日は鳳来に向かったのだが、途中で用事があってUターン。再度向かう気にもならず、ここに来た。竿を出すような出さないような。その後、日向側ダム?そばに入ったバットさんのところに向かった。さて、底も取れたので、開始。時刻は9時32分。相変わらずウキの馴染みが気に入らないので、微調するとじきにウキに動きが。そして開始20分ほどであたり?残念掛からず。どうもこのウキと私の相性は悪いようだ。太いトップにすれば良かったかな。Kさんはじきに下りて来て、かつてのいつもの場所(柳の木の奥)に入った。最近は「トロ掛け」だそうだ。さて、どうにもP1000680パッとしないままに10時を過ぎると、ここでやっとあたりに合いました!うわっ、この引きは・・・。懸命に寄せると、残念目にスレ。ガクガクッ。ここで再度底を取り直すが、そのわずかな間に状況が激変。ウキの動きがなくなってしまった。それでも懸命に餌を打ち続けると、10時P1000681半を過ぎてムズッ。これに手を出すと、やった掛かりましたよ!いやぁ、長かったなぁ。ん、この引きは・・・(PART2)。ガックリ赤い耳の亀さんでした。亀さんがいればへらはいない。ガクガクッ。その後もウキは動くのだが、たまに出る食い上げのような、ビヨーンとウキが戻す動きにも、意味不明な消し込みにも全く掛からないまま、時間だけが過ぎるお約束の展開。いよいよ凸まっしぐらか。Kさんもウキは動いているらしいが、掛からないようで、2人揃っての討ち死には必至?しかぁ~し、11時半頃になって、ちょっと下を向いてからP1000682ウキに目を戻すと、入っている!慌てて合わせると、やったとうとう掛かりました!今度は間違いない(ただし放流ですが、何か)。そろそろ午前中のGTかもしれない。が、餌がもうない(これまたいつも通り)。結局その後は最後の1投でもあたっても掛からず、で11時37分に終了。結果、底では実釣2時間余で1匹!まかり間違えば凸でした。トホホと言うべきかホッと言P1000683うべきか。ここで一旦休憩してKさんの様子を見に行くと、ウキの立つところには泡付け。今にもあたりそうだがあたらない。あっ、奥の方で竹さんが準備中。遂に竿を出す気になったんだ。様子を見に行くと、水準器を使って釣り台を設置しているではないか。聞けば、100均でも売っているらしいので、今度買おう。対面バットさんが見えるが、様子は分からない。釣り座に戻り、まずは昼P1000684P1000685食。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はわたグル+新べらグルテン。ちょうど12時のサイレンが鳴る中、再開だ。すると、いきなりのズルッと入るウキの動き。これはあたり出しも早いかな。すると、開始10分ほどでウキに動きが。そして、馴染P1000686んだウキがチクッと動くのに合わせると、やった早くも掛かりました!うわっ、凄い引き・・・(PART3)。これは間違いなくスレている。外れるなら早く外れてくれ・・・。しかぁ~し、「たも」の中へ。見れば背びれにスレ。私にしては珍しいが、底と同じくまたまた最初からスレかよっ!P1000687すると、場が荒れたのは確実で、その後はシーン状態。それでもめげずに餌打ちを続けると、スレから30分後にやっと1匹目。とにもかくにも嬉しかぁ。ただ、ウキの動きは続かず。ウキ下を弄繰り回す迷走で、1時過ぎにウキがグッと入って2匹目。さあどんどん行こう、とはとても言P1000688えないなぁ。するとここから、まさに今日を表すようなウキが動かない状況の継続。グルテン単体で打っているので、へらが散らないよう餌打ちのインターバルは短くして打ち続けるが、たまに出るウキの小さな動きでは全く掛からない。餌付けも、じゃがにぃさんから教わった、餌を円盤状にしてひらひら落とす「オセロ」型、または以前からやっている、四面体に餌付けP1000689する「ピラミッドパワー」など、気付く事はやってみると、2時間際になってやっと3匹目。何となくウキの動きが良くなった気がするので、何とかもう1匹釣ってトータルでの第2目標くらいには達したいところだが、残念餌が尽きてしまい2時20分に無念の終了。結果、両グルでは実釣P10006902時間20分で3匹。ホント、凸でなくて良かったという感じ。さてこの後どうしよう。ちょっと迷ったが、久し振りの残業で、トータルでの第2目標(第3目標ではありません。つまり1匹!)を目指そう。Kさんは終了した。午後の終了間際に2匹。素晴らしい。3時頃に帰った。お疲れ様でした。さて、餌はバラケ性を抑えたα21+わたグル。大体1時間で使い切る量を作り、再開は2時26分。餌の特徴から、とにかくウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返していくと、3時近くにP1000691P1000692なってウキがようやく動き出した。そして小さな動きに合わせてやった目標達成だ(オイオイ)!さあ、後は餌を打ち切るだけ。どんどん打って行くと、予定にはなかった2匹目をゲット出来て、ヒデキ感激!3時33分に餌が尽きて終了だ。結果、残業では実釣1時間余で2匹。両グルのトータルでは実釣3時間半で5匹。何とか単独での第2目標にも届いたぞ。底と併せたトータルでは、実釣5時P1000693間半で6匹。他との比較が出来ないので、釣れたのかどうかは不明だが、個人的にはまあまあ。片付けを終え、竹さんとバットさんにメールで終了を報告し、車に戻る。なんだか夏場より息が上がる感じ。ハアハア言いながら車に戻りメールを見ると、竹さんは当たり出しが遅かったが結果は出ている。バットさんについては、彼のブログをご覧下さい。さあ、帰ろう。今日はベイシア詣ではないので、さっさと池を跡にした。
 
次の釣行はいつになるだろう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »