« honor8 用ACアダプターその後 | トップページ | かの国がいよいよヤバくなってきた »

2017年1月26日 (木)

あたった!そして掛かった!が・・・@増沢池 with 岡ジャミKさん and 対面じゃがにぃさん

やっと風が弱い予報になったので、遅れ馳せながら出掛けました増沢。他の池に行った方が凸を回避出来そうに思ったが、惰性で・・・。駐車場に車はそんなに多くないが、果たして入れる場所はあるのか?急いで荷物を降ろして池に向かう。橋の上からはやはり日向側階段下付近から深場には入れない事が分かる。第2希望の看板横にも2人。整地された辺りにO合さんが見えるので、その近くに入らせてもらうとしよう。看板横のP1000014先客に様子を訊くと、ウキが全く動かないとの事。誰かさんがあたりボウズだったのは止むを得ないのかも。そのまま遊歩道を歩いてO合さんに挨拶。やはり最近はずっとウキが動かないらしい。昨日はOさんも結果が出なかったとの事。今日はこんなに湖面は凪いでいるのに、ダメなのか。それでもここまで来たらやるしかない。3連続凸は覚悟で準備開始。今日は底をやらない。15尺両グルテンの宙で通すぞ。餌はα21+新べらグルテンにバラケとしてマッハ少々。グッと深めの「たな」での開始は10時33分だ。そうそう、バット師匠を見ていての真似っ子になるが、オモリの下にトンボ用の糸を付けて、ハリスをいじらなくてもハリス延長状になるようにする。まずはオモリをいじらずに打つ・打つ・打つ。が、ウキはすんなり馴染むだけ。それで、早速オモリを持ち上げてハリスを20cmくらい伸ばしたつもりで再開するが、状況は全く変わらない。O合さんはずっと静かなまま。11時を過ぎると、Kさんが岡ジャミにやって来た。こんなに湖面が凪いでいるなら竿を出しに来るべきだったとタラ・レバ。前回は柳の木の奥で凸だったようだ。それからじきに帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さて、こちら側奥の深場方面でも竿が曲る様子はない。対面深場ワンドでは、ハッキリしないが竿が曲っているような感じ。「たな」を上下にオモリ位置調整、更には餌付けを変えながら打ち続けても何らウキの動きなく、虚しく12時のサイレンを聞く。ここで、これまた前回の轍を踏むような感じだが、放置プレイの間に昼食を済ませる。「たな」は最初に比べかなり浅くなっている。すると12時半頃、個人の感想でしかないが、何となく浅いところでウキの動きがゆっくりになったように感じて、ウキを凝視していると、ウキが馴染んだところから少しだけ返し、そこから2目盛くらいチクッと入ったではないか!随分久し振りに見るあたりだ。慌てて合わせれば、やった掛かりました!今日来た甲斐があったぁ・・・。しかぁ~し、顔を拝んだところでバラシ。え~~~っ!口に掛かっているように見えたのに。まさにガクガクッ。もうこれで今日は終った。ただでさえ少ないあたりをモノに出来なければ、この後ウキが動く筈もない。それでもこのままでは帰れない。何とか1匹。すると、次の餌打ちでは、ウキが馴染む途中で止まり、そこからゆっくりと大きく上下するではないか。残念その後馴染むとシーン状態になったが、へらはまだいる!その後も餌を打ち続けると、たまにウキが動くが掛からず。更に1時を過ぎる頃には、オセロ状にしたグルテンに反応が良くて、あたりらしきウキの動きが数回出た。が、残念結P1000015果を得る事は出来ず、1時14分に餌が尽きた。あの「バラシ」がずっと脳裏に残るが、それに引きずられていてはダメだ。後半、行ってみよう!竿は迷ったが15尺のまま、餌はわたグル+新べらグルテンを2時間で打ち切れるくらいの量作り、「たな」は変えずに再開は1時22分。対面にじゃがにぃさんが来ているらしいとO合さんが言うが、今までウキばかり見ていて気付かなかった。声を聞くと確かにそのような気がする。さて、肝心のウキの方はと言うと、再開してじきにウキが動いたが、それからはシーン状態。O合さんの状況も変わりなし。2時を過ぎて再びウキに動きが。しかぁ~し、その後がない。対面から様子を見に来たT林さんが、2時半を過ぎればあたりが出ると言うので、GTは3時過ぎではないか(最近はお目にかかれない)と思いつつも、毎日来ているT林さんが言うのだから、そうであったら嬉しいなぁという気持ちになる。が、2時半を過ぎても私もO合さんもシーン状態のまま。どうやら3連続凸は確定か。しかぁ~し、3時近くになって、ウキが馴染む途中のスピードがやや遅くなった気がして、もしあたったら絶対にバラさないと竿を持つ手に力が入る。すると、そこからウキがズルッと入ったではないか!これに反応すると、やった掛かりましP1000016た!今度は外れませんように。ただ、あのウキの動きではスレているかもしれない。頼む、何とか口に掛かっていてくれ。「たも」に納めドキドキしながら見ると、センターではないが口。やったぁ・・・。サイズもそこそこ、凸回避だ。もう何も言う事はありません。しっかり写真を撮り、ひょっとしてGTかもと餌打ちを続けるが、何故かそこからはバッタリ状態。O合さんは3時過ぎに終了し、帰った。お疲れ様です。こちら側奥も皆さん帰り、橋の上(かみ)は不明だが、日向側は私だけになってしまった。更に太陽は山に隠れ、一気に体感温度が下がる。もういい、早く餌を打ち切ろう。じゃがにぃさんは最後に「マブナ」を掛けたという声があった後に帰り、私がやっと餌P1000017を打ち切ったのは3時38分。完全に翳って寒い寒い。ただ、嬉しかぁ。本当に”0”と”1”とでは雲泥の差。3連続凸&ノー・さわりを免れ、気持ち良く片付け。駐車場へと戻った。橋の上(かみ)には多い時で6人がいたようだが、今は誰も居ない。腰が痛いので、途中背伸びを繰り返して車に戻り、そのまま帰宅。ベイシアに寄る事はなかった。
 
次回は来週?気温は上がってくるようだが
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« honor8 用ACアダプターその後 | トップページ | かの国がいよいよヤバくなってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« honor8 用ACアダプターその後 | トップページ | かの国がいよいよヤバくなってきた »