« 鉛の舌が行く蕎麦屋その5:大久保の茶屋 | トップページ | 時合だけの男は健在@増沢池 with Oさん and Kさん »

2017年4月 4日 (火)

思ったより釣れなくてトホホ@引佐天池 with 岡ジャミザわさん

諸事情の解消により、今日は絶対出掛けるでしょう。と言う訳で、やって来たのは予定通り引佐天池。しかぁ~し、既に堰堤浅い方、オーバーフロー左、深場に3人の先客。それぞれに挨拶するが、深場は2回声を掛けたが無視された。まあ、それはどうでもいDscf7634いや。オーバーフロー右に入って準備しよう。思ったより暑くてジャンパーを脱ぐ。竿は12尺で底から入る。餌はいつものバラグルセット。底取りに多少手間取ったが、開始は9時53分。左右両端の先客の竿が曲る。オーバーフローはまだ始めたばかり。何処かでここは釣れているとか聞いた記憶。ただ、それが私に当てはまるかはこれから分かる。しかぁ~し、ウキに動きなし。左の先客も同様か。その後、左の先客の知り合いが続々とやって来て、オーバーフロー左の浅場は5人が並んだ。今日は静かに釣ろうと思っていたが、無理だ。その後もウキは全くと言っていいほど動かない。気が付けば開始30分、いや1時間が経過。これはマズイ、まさかの凸が待っているのか。と、ここで背後から声が。ザわさんだ。昨日の私のブログで多分ここに来ているだろうと、用事のついでに寄ってくれた。すると、時合なのかもしれないが、ウキに動きが?いや、単に「風あたり」とでも呼ぶようなものではないか。それでも何かしらの変化があれば嬉しいもの。前向きに捉えて続行。しかぁ~し、あたりは出ず。そのうちに釣りより話に夢中になってしまい、竿から手を離して身振り手振りでDscf7635話していると、いきなりウキが消し込んだ!慌てて竿を持てば、やった掛かってます!ただ、あのウキの動きではスレてるかも。とにかく懸命に堪え「たも」に納めれば、スレではなく鈎を呑んでいた。やれやれ。とりあえず凸は免れたので、まずはホッ。サイズがグーなのがいいね、この池(倒置法)。それからじきに12時のチャイム。すると、またも話に夢中になっていると、今度はしっかりとあたりを捉えてDscf76362匹目ゲット!これは嬉しいよ。1匹目は向こう合わせのようなもんだからね。しかぁ~し、その後はウキは動く事はあってもあたらず、時間だけが過ぎるお約束の展開。仕事が一段落したザわさんは先日昭和池に行ったそうだ。隣の集団は豊橋方面からのようで、同じく昭和池が話題になっていた。日むらが多いようだ。さて、さっぱりのまま1時頃になってザわさんが岡ジャミ終了。長時間疲れ様でした。餌も残り少なくなり、あまり期待せずに餌打ちすれば、1回糸ずれのようなウキの動きが出ただけで1時9分に終了。結果、底では実釣3時間超で2匹。思ったより出なDscf7637かったが、凸回避ならまあまあか。さあ、次は宙。もちろん両グルで。と、その前にトイレ休憩と昼食。それからウキと仕掛けを交換。餌はα21・わたグル・新べらグルテンにマッハを少々。少し深めの「たな」で再開は1時28分。この辺りも桜はまだのようで、目の前には枯れたホテイアオイの集団がずらっと並んでいる。これがBODを上げて(酸欠になって)へらの動きも良くならないのではと思う。それでも開始してしばらくするとウキに動きが。しかぁ~し、増沢でもそうだったように、最初こそウキが動くが、その後はシーンとなるのが私の両グル。何故なんだろう。しかも、その後ウキの馴染み際に小さくウキが入るのを見逃さずに合わせたら、一瞬だけ掛かってバラシ。へらがいないと言う事ではなさそう。ただ食わないだけ。その後餌付けを変え「たな」を変えオモリの位置を変えて打ってみるが、一向にウキが動かず。すぐに2時。更に時間だけが刻々と過ぎて行く。最初からいた両端の2人は帰り、池には私と知り合い軍団4名が残ったが、軍団も釣果がばらついていて、釣れない人から順番に帰って行った気がする。私もその後はさっぱりのまま、遂に3時。太陽も背後で翳り始めて体感温度がグッと下がり、ジャンパーを羽織る。餌は後30分くらいか。いよいよラストスパート。すると、何と言う事でしょう、3時を過ぎてすぐにウキが動き出したではないか。もちろん大きく動くわけではないが、それまでほとんどなかった、ウキが馴染み切ってからすぐに1目盛くらい返すとか、馴染み切る寸前に小さく入るとか。もちろんそれらしいウキの動きには積極的に合わせて行くが、これが全くかすりもしない。厳しい~っ!しかぁ~し、いよいよ餌が残り少なくなった3時半近くになって、馴染み切ってDscf7638すぐのチクにやっと合いました!う、嬉しかぁ・・・。サイズも今日一番で腹も私くらい膨らんでいる(コラコラ)。宙でも凸を回避出来てホッとしたが、残った餌でもう1匹。すると、次の餌打ちでもチクに合いました!しかぁ~し、御姿が水面に出たところでバラシ。ガクガクッ。最後の1投でもあたらず、これで今日は終了か。いや、鈎にはまだグルテンが付いている。これを最後の1投にしよう。が、これもウキは動かず。ガッカリしながら空合わせして終ろうとすると、何故か「掛かってます」!これこれ、これこそ「上がりべら」でしょう。しかぁ~し、これまた御姿を目にした瞬間にバラシ。これが本当の「上がりバラシ」で本日は打ち止め。時刻は3時34分。結果、宙ではDscf7639実釣2時間余で1匹。トータルでは5時間超で3匹。タラ・レバではあるが底を続けていればもう少し違った結果になったかも。片付け。左には1人しか残っていないが、その人も終了したようだ。片付けを終え、挨拶して車に戻る。とにかく疲れた。さっさと帰ろう。荷物を積み、そろそろと池を離れた。
 
明日は増沢か?それとも他の池か?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 鉛の舌が行く蕎麦屋その5:大久保の茶屋 | トップページ | 時合だけの男は健在@増沢池 with Oさん and Kさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鉛の舌が行く蕎麦屋その5:大久保の茶屋 | トップページ | 時合だけの男は健在@増沢池 with Oさん and Kさん »