« 予定通り@増沢池 with Kさん and Oさん | トップページ | しばらくは行かないようにしよう@引佐天池 »

2017年5月14日 (日)

一転、釣れない。凸スレスレ@増沢池 with Oさん

昨日の雨で何か変わったかもしれないと、いそいそ出掛けました増沢。駐車場にはOさんの車。きっといつもの場所だろう。不定期便を済ませてから池に向かうと、ゲゲッ、日陰側は浅場から塩ビ管付近まで誰もいない。へら師は日向側旧流れ込み付近と日向側ワンドに集中している。今日は例会か何かがあるみたいだ。日向側は階段下から看板横付近にもポツポツいて、最盛期には池全体で30人くらいはいたのではないか。私はかつてのいつもの場所に入り、準備。竿は9尺でまずは両ダンゴから。餌は特S単体で様子を見て、後半を決める。やってみたいのは「トロ掛け」だが、どうなるか。カメラの電池が切れたので、オープニングの写真は撮り忘れた。また、標題にもあるように、今日は凸スレスレだった(つまり凸ではなかったが・・・)ので、へらの写真はいつもよりやや大きめになっています。ハリス長、「たな」には一切触らず開始は9時7分。湖面は凪いでいて蒸し暑い。まずはウキの馴染み具合を見ながら打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、ウキに動きなし。まあまあ、最初はこんなものでしょう。坂の下付近からも、ウキの動き出しには30分くらいかかるようだとの声もあるし。しかぁ~し、餌付けやら変えてみても一向にウキが動き出す気配がない。これはヤバイのかも。前回貧果だとぼやいたが、今日はそんなものではなさそうだ。打てども打てども我が暮らし楽にならず、気が付くと開始1時間が経過。こりゃぁ冗談ではなく本当に凸まっしぐらになってしまう。それで、ようやく「たな」を弄る事にする。すると、浅めではダメで、深くしたらウキがモヤモヤ。おっ、ここかな?そして小さくではあるがあたりらしきウキの動きもたまにあって、少しだけやる気になるが、合わせても合わせても我が暮らし・・・(以下同文)。1回浅いところでウキがズルッと入っただけで、結局何もないまま更に1時間が経とうとする頃、橋の上から声が。Kさんだ。今日はまだ結果が出ていないと告げると、驚いた様子。その後対面、更にはOさんのところに廻って情報収集をして、いつの間にか帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さて、このままでは本当にひどい事になる。真冬よりも厳しいなんて、ビックリしたなぁ、もう。それで、ここしばらくやった事がない「玉」のセットに変える事に。私としては清水の舞台から飛び降りる感じで上ハリスをカット、大体10cmくらいにする。特Sはバラケとしてそのまま使用。すると、何と言う事でしょう、時間帯が11時頃と言う事もあるのか、ウキに動きが出て来た。そして消し込みあたりも!しかぁ~し、全くかすりもしない。クーッ、痺れるぅ。それでもやはり時合というのはあるようで、11時半を過ぎてウキがズバッと入るのに合わせれば、やったとうとう掛かりました!しかぁ~し、「たも」を持とうとしたらバラシでガクガクッ。おそらくこれで今日のあたりは打ち止めでImg_20170514_114040は?ガックリして再開すると、何と連荘の消し込み!そして今度はガッチリ掛かりました!う、嬉しかぁ。サイズも放流ではなかったので、嬉しさも倍増だ。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、次第にウキが動かなくなって12時のサイレン。最早どうする事も出来ず、12時13分に無念の終了。結果、午前の部では実釣3時間余で1匹。きっと深場で例会の餌がガンガン打たれたせいに違いない、まImg_20170514_121342たゴミが目の前に漂ってウキを馴染ませる事が出来なかったのも釣れない原因だと精神勝利(自分は悪くない!)して昼食。さあ、午後の部はどうすれば良いのか?セットを通すか、それとも「トロ掛け」か。私が選択したのは両グルでした。ハリス長を45cm+60cmにしようと思ったのだが、60cmに出来るハリスはなかったので、涙を呑んで30cm+45cmに。これでは、今日の渋さでは再び凸の恐怖に戦く事になりそうだ。餌はα21+わたグル+新べらグルテン。いつも通りマッハも少々。そして再開は12時半。すると、ダンゴの時とは違ってじきにウキに動きが。ただ、あたらず。クーッ、痺れるぅPART2。いつも通りピラミッドパワーやらオセロやらで打っても変わりなし。こうなると、両グルは両ダンゴより難しくなるようで、「たな」を変えてもあたりにならない。が、やはり深くすると少しはましなようで、時折小さくウキが入る事があるが、これも掛からず。すぐに1時。対面坂の下と看板横は竿が曲るのを見た。また、日陰側も誰だか分からないが竿が曲っているのが見える。遠くOさんも1回だけ竿が曲るのを見た。裏山の鹿~。その後、1時半を過ぎて「たな」を浅めにしたところ、深めよりウキの動きが良くなった。そして餌を打ってから竿を数回引いて誘い、更に放置したところ、目にも止まらぬ消し込みが出てビックリ!もちろん掛かりImg_20170514_135917ませんでしたが、何か。しかぁ~し、2時になろうとする頃に、再びウキがズバッと入ってやった掛かりましたよ!嬉しいなんて言葉では言い表せない喜び!まだ午後のGTには少し早い気もするが、何はともあれあたりが出るのは良い事だ。すると、2時を過ぎて今度はフワフワしたウキの動きからモヤッとウキが入るImg_20170514_140956のに合わせて2匹目!これは放流だったが、文句は言いませんよ。嬉しい×嬉しい、だ。しかぁ~し、何故かそこからウキの動きが弱くなる。打てども打てどもモヤモヤするだけであたらず。もちろん私に出来そうな事はやってみるが、状況を改善出来ず。3時頃になり、見ると対面深場は全員いなくなっている。こちら側もへら師はグッと減った。Oさんもそろそろ終了か。私は残業しようかと思ったが、最早気力も失せており、3時9分に終了した。結果、午後の部では実釣2時間半で2匹。Img_20170514_150905トータルでは実釣5時間半で3匹の体たらく。真冬でもないのにこの渋さ、ちょっと間違えれば凸だった。ガックリして片付け。今日は少なくとも第3目標(「つ」抜け)くらいはいけるだろうとヴェリー・スィートな考えでやって来たが、見事に裏切られた。明日は所用で来られないが、天気が良ければ近日中にリベンジしたいところ。片付けを終え、車に戻る。腰が痛い。さあ、今日はこの後ベイシア詣でが待っている。いやでも行かなければ。さっさと池を跡にした。
 
次回は「トロ掛け」やってみたい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 予定通り@増沢池 with Kさん and Oさん | トップページ | しばらくは行かないようにしよう@引佐天池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予定通り@増沢池 with Kさん and Oさん | トップページ | しばらくは行かないようにしよう@引佐天池 »