« 2泊3日の旅その5:6月8日:鳴門の渦潮&明石焼き そして帰宅 | トップページ | 平壌運転 »

2017年6月11日 (日)

6月に入って初めての竿出しはなかなか厳しいぞ@増沢池 with Kさん、masaさん and じゃがにぃさん

やっと疲れが抜けたような気がしたので、それではとやって来ました増沢。いつもよりは早めだが、何しろ日曜。場所はあるのかな。しかぁ~し、荷物を降ろして池に向かうと、私のかつてのいつもの場所およびその両サイド、更には柳の木の奥にも先客がいるではないか。仕方なく先客に挨拶しながら深場に進むと、ワンドにも先客。まだ空いてはいるものの、帰りが間違いなく辛くなる(崖?を上がるのが難儀)ので、ここは柳の木の奥の奥にしよう。頭上の木の枝が少なそうなところを選んで、さあ準備だ。Dscf8004Dscf8005今日はあたりさわりも咳払いもいないので、静かに釣りが出来そうだ(私の独り言が目立つかもしれない)。涼しく風もない抜群のコンディションだが、左の先客は渋そう。私の右の3人は竿が曲がっている雰囲気。もう少し早く来ればあの場所に入れたかもしれないとは、いつもながらのタラ・レバ。Kさんは対面いつもの場所。手を振ったら振り返してくれた。さて、どうしようかな。多分初めての場所なので、様子が分からない。それで、慣れた12尺でも出そうか。ちょっと迷ったが宙で行くぞ。もちろん両ダンゴ。エサはグルバラ・天々。前回の「たな」のままで開始は8時46分。あっ、masaさんご登場だ。今日は用事で長くは出来ないとの事。ワンド奥の方に入った。さて、渋そうという情報に、左のようなセットにすべきだったかとタラ・レバが出そうになった(出てますが、何か)が、いやいや餌も作った事だし、ここはこのまま行こう。すると、開始して10投しないうちにウキが動き出したではないか。オイオイ、渋いんじゃなかったのか?ちょっと安心するが、実はここからが本番。すぐにウキが動かなくなる。いやいやいる筈でしょう。餌付けをピラミッドパワーにしてみたり手揉みしたりしてみるが、たまにウキが少し動く程度。左の先客は竿が曲がり始めた。裏山~。じゃがにぃさんがやって来て、masaさんの更に奥に入った。さて、開始1時間が経っても状況に変わりなく、このままでは私だけが凸まっしぐらになりかねない。それでウキ下を浅めにしてDscf8006みるが、変わらず。それではぐっと深めにしてによう。すると、何と言う事でしょう、変えたすぐ後の1投目にウキがズバッ!やった掛かりました!久し振りの手応え、嬉しかぁ。サイズもまあまあ。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、ウキの動きはなくならないが、あたりらしきDscf8007ウキの動きでは掛からず。いわゆる「カラツン」って奴ですか?それでも10時を過ぎ、やっと2匹目をゲットするが、放流に変わってしまった。左は結構大きめをゲットしているのに、餌が悪いのか?それとも釣り方か?それでも10時半になる前に、誘いを掛けたらズバッ!でDscf8008Dscf80093匹目。まだ午前中のGTには早そうだが、まあいいか。その後10時半を過ぎてもう1匹をゲット。前半では考えられなかった第2目標にリーチとなるが、最早ここまでと言う感じで、10時50分に餌が尽きて終了。結果、第1ラウンドでは実釣2時間で4匹。最初の1時間は本当に厳しかっDscf8010た。まあまあ、凸でなかったのがせめてもの幸いだ。奥の方ではじゃがにぃさんが爆釣している様子。masaさんから「友達をなくすぞ!」との声が聞こえてくる。まさに裏山~。さあ、次はどうしようかな。両グル、もしくはセットにしようか。いや、まだ時間はあるので、もう1回両ダンゴでやってみよう。何かをするのはその後でいい。餌はグルバラ・天々に、新たに粘麩。粘麩は、何となくではあるが私に合っている気がする。餌の粘りだけで持たせ、練る事はしない。これでグルバラを使い切った。次回からはガッテン・天々の組み合わせで行くぞ。さて、同じ「たな」での再開は10時56分。目標はもちろん1匹で、トータルDscf8011での第2目標を目指す。すると、開始早々からウキが動くではないか。意外と食い気があるのかも。いや、餌が持つので動くんでしょう。それでも11時を過ぎ、開始30分経たないうちに1匹目ゲット。早くも目標達成だ。それでは、次の目標は第2ラウンドだけで第2目標、更Dscf8012にはトータルでの第3目標も視野に入れてみよう。すると、1匹目から10分経たないうちに2匹目。これはいいぞ、どんどん行こう。しかぁ~し、そうは問屋が卸さない。あたりらしきウキの動きは出てもカラ。何かしないととは思いつつも、餌付けしか思いつかないトホホ状態。Dscf8013Dscf8014でも、こんな時にはピラミッドパワーが効くんだよなぁ。12時のサイレンが鳴る前に3匹目。更にもう1匹と、いよいよ第2ラウンDscf8015ド第2目標にリーチ!腹が減っているが、ここは調子が変わらないよう第2ラウンドが終わるまで我慢だ。すると、12時のサイレンが鳴ってほどなく5匹目ゲット!遂に目標達成だ。こうなると、是非とももう1匹釣ってトータルでの第3目標まで行きたいところ。しかぁ~し、そんな心理状態が微妙に影響したのか、あたりらしきウキの動きはあっても全くかすりもしない。12時半を過ぎてmasaさんが終了。竿が曲がっていたのは見たが、どれくらい釣れたのかは不明。ブログ更新を待とう。お疲れさまでした。さて、餌の経時変化もあるかもしれないが、カラばかりで一向に掛からないままだったが、やっとDscf8016あたりに合って6匹目ゲット!遂に全ての目標をクリアしたぞ。さあ、まだ餌が少しある。何とか数を増やさねば。しかぁ~し、やった「上がりべら」ゲットかと思ったあたりは、一瞬手応えがあったものの、すぐに消え、ガックリしたと思えばまだ何か付いている。これは放流か?いや、今年初めて見るブルーでした。「上がりべら」ならぬ「上がりブルー」とはね。まさにガクガクッ!最後の一投でも素晴らしいあたりが出たが、残念カラで終了は1時5分。結果、第2ラウンドでは実釣2時間10分で6匹。トータルでは実釣4時間10分でDscf8017_210匹かぁ。個人的には厳しいと言われる中健闘した方ではと極甘評価。さあ、次はどうしよう。何となくではあるが、テンションが下がっている。さっきブルーを見たからかな。時間的には十分余裕があるが、テンションが全く上がらず、ここは終了としよう。片付け。午後になっても気温は上がらず、風が吹くと寒いのもテンションダウンの一因だと思う。片付け中に左の2人から、幾つ釣れたかと訊かれた。やはり気になるんだね、隣の結果って。片付けを終え、周りに挨拶して車に戻る。いつもより岸辺を長く歩くので、4年前の事故をふと思い出してしまった。さあ帰るか。ベイシア詣でもちらっと頭を過ったが、今日が日曜なので止める。さっさと池を跡にした。
 
たまに違う場所でやるのも面白そうだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 2泊3日の旅その5:6月8日:鳴門の渦潮&明石焼き そして帰宅 | トップページ | 平壌運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2泊3日の旅その5:6月8日:鳴門の渦潮&明石焼き そして帰宅 | トップページ | 平壌運転 »