« 用事のついでに岡ジャミ@増沢池 | トップページ | 政治の混乱 »

2017年9月27日 (水)

またも凸スレスレ。何とかならないか@増沢池 with Oさん

Img_20170927_083430今晩から雨になって、明日は土砂降りらしい。それなら3時頃までは大丈夫なのでは?と出掛けました増沢。駐車場にはOさんの車。急いで深場ワンド方面に向かうと、Oさんは更に深場に入っている。そこまで行けないので、遠くから写真だけ撮って車に戻る。ワンドには1人だけ、知らない若者が竿を出していたが、じきに帰った。釣れないのか。さて、今日は何処に入ろうかDscf8483な。曇っているので対面でも良さそうだ。しかぁ~し、往復が大変とかつてのいつもの場所方面に向かうと、浅場には誰もいない。それではかつてのいつもの場所に入ろう。そして今日は底で通すぞ。湖面は凪いでいる上に曇りとあれば、トップの細いウキであたりをバッチリ取れそうだ。竿は12尺、餌は真底・冬。しかぁ~し、底取りの途中から風が出て来たではないか。しかDscf8484も開始した9時1分には白波が。あまりに出来過ぎのスタート。早くもテンションダウン。ただ、やはり曇っているのは強くて、ウキは何とか見えている。これならストレスもそんなにひどくなりそうにない。対面にはO合さんが入った。さて、開始してしばらくは餌を打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、ウキに動きなし。かと思ったら、何とウキが弱くではあるが返しているように見えるぞ。これはいけそうか?しかぁ~し(今度はホント)、そこから先が出ない。ウキ下の微調とか餌付けで対応しても、どうにもならない。これはイライラするでしょう。あっという間に開始1時間。その間に1回だけシモッたウキがスッと入る事があったが、残念カラ。それで、まさかとは思うが底を取り直す。すると、最初と状況が違う(風・白波)ので比較出来ないかもしれないが、1目盛違っていた。でも、これくらいならウキ下の調整でどうにでもなる。一応全てやり直して再開すると、第一投であたり!しかぁ~し、合わせられず。ガクガクッ。その後は再びウキは返してもその後がない状態に戻る。トホホ・・・。一体どうすればいいのかな。早くも11時近くになった。最Dscf8485早凸まっしぐらはどうにも否定出来ない。と、ここで再びシモッたウキがチクッ!まさにこれしかないというあたり!バッチリ合わせれば掛かりました!う、嬉しかぁ。しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみると鰓の近くにスレている。ゲゲッ×ゲゲッ!やっと掛かったと思えばスレとは・・・。餌も残り少なくなり、頼む何とか1匹と独り言。しかぁ~し、その後もウキが下向きに動く事はなく、11時28分Dscf8486に餌が尽きた。結果は言うまでもありません。ガックリ。さあ、次はどうしようか。今日は底で通すと言っていたが、無理かも。いや、せっかく湖面が凪いできたし、ここは結果がどうなろうと底で行くぞ!竿と仕掛けはそのままで、餌はダンゴからグルテンに変える。α21+グルテン四季だ。トイレ休憩の後、食事も後回しで再開すると、ゲゲッ×ゲゲッ!また風・波だ。しかぁ~し、何となくではあるがウキがモヤモヤしている。いつもより大きめに餌付けしているのも関係あるかもね。すると、開始20分も経たないうちに、ウキの馴染み際で何となく違Dscf8487和感を覚えて合わせると、やった早くも掛かりました!いつもなら絶対に手を出さないウキの動き。あまりに小さ過ぎて違和感しかない。あまりにウキが動かない今日だから反応したと言える。とにかく凸を脱して嬉しかぁ。と、ここで橋の上からT林さんの声。釣れるか?あたりはあるか?との問いに、あたりが小さ過ぎて分かりませんと返事。両ダンゴの時もひょっとしたらあたりがあったのDscf8488かも。さあ、どんどん行こう。すると、じきにウキのモヤモヤから小さく動いたのに反応すれば、やった2匹目ゲット!サイズはダウンしたが贅沢は敵!欲しがりません勝つまでは?まだ12時前だ。この調子なら両グルで爆釣間違いなし。しかぁ~し、そこから先はさっきまでと同じ。ウキは返すがあたらない。12時を過ぎ、あまりの静けさに耐えられずモヤッというウキの動きに手を出すと、これがおそらくスレで、ダーッと沖に走られてハリス切れ。クッソー・・・。急いでハリス交換するが、ウキの動きはバッタリ。ただひたすらに餌打ちを続けると、1時を過ぎてウDscf8489キが馴染みより大きく入ったままで戻らず。半信半疑で合わせると、やった掛かりましたよ!しかもサイズはグー・グ・グー!それまで特にウキの動く気配はなかったのに、何故急にあたったのかは不明だ。でも1匹は1匹。さあ、どんどん行こうPART2。しかぁ~し、再びシーン状態。確かにウキは返す。そして黒帯がチラチラするような動きもあって、今にもあたりそうなのにあたらない。これがクーッ(川平ジェイ風に)。しかも、またも押さえるようなウキの動きに手を出してハリス切れ。まさにトホホ。その後もウキは返し、1回だけそこからチクッというのがあったが、何と言う事でしょう、全く手が出ず。そのまま1時52分に餌が尽きた。結Dscf8490果、両グルでは実釣2時間半で3匹。トータルでは実釣5時間弱で3匹。厳しい中よく頑張ったなぁと自分で自分を褒める。まだ終了には早い気もするが、底を続けると意外に疲れる事が分かったので、ここは終了だ。片付け。上空雲が多くなって来たが、雨はなさそうだ。片付けを終え、車に戻る。汗は出ないがとにかくしんどい。体力が思ったより落ちている感じ。さあ帰ろう。ベイシアにはちょっとだけ寄ろうかな。さっさと池を跡にした。
 
今月の釣行はおそらく今日で終わり
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 用事のついでに岡ジャミ@増沢池 | トップページ | 政治の混乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 用事のついでに岡ジャミ@増沢池 | トップページ | 政治の混乱 »