« 勇んで出掛けて良かったのか@増沢池 with Kさん | トップページ | 秋桜 »

2017年9月21日 (木)

最早凸すれすれは当たり前か@増沢池 with Oさん and 最後にちょっと岡ジャミザわさん

最近グッと朝晩が涼しくなってきた。そして上空には秋の雲。少しは状況が変わったかもと出掛けました増沢。駐車場着は8時半過ぎ。Oさんの車があったので、まずは日陰側深場ワンドに向かう。挨拶して様子を訊くと、昨日も来たが厳しかったとの事。Dscf8451Dscf8452今日の目標は片手(5匹)だそうだ。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。同じ日陰側でも浅場はガラガラ。かつてのいつもの場所に入る。対面看板横にはジョニーさん、Ⅰ藤さん1号。後からO石さんも入った。他には遊歩道に沿ってポツポツ4人が入っている。さあ準備するかな。もちろん前回の結果から両ダンゴを選択。竿は12尺、餌は特S・凄麩。「たな」は少し深めで開始は9時6分。対面では開始早々ジョニーさんが竿を曲げる。すんばらしい。さて、まずはウキがしっかり馴染むように餌付けして打つ・打つ・打つ。すると、開始30分を過ぎてあたった!残念カラだったが、俄然やる気が出る。しかぁ~し、次の餌打ちで、両腕が虫に刺されたので竿から手を離して掻いていると、ウキがグッと入ったではないか!アワワ・・・。急いで竿を持っても間に合わず。あんな良いあたりを見逃すようでは、今日の釣りは終わったかも。すると、悪い予感は的中。ウキの動きがバッタリ。でも、ここでめげてはいけない。とにかく餌を打ち続けると、開始1時間が経ってやっとウキに動きが戻った。そして、柔らかめに付けた餌を打ったところ、ウキが馴染む前にズバッ!慌てて合わせれば、掛かりはしたがバラシ。う~ん、厳しいなぁ。するとその後は予想通りシーン。しばらく打ち続けたが状況が変わらないので、「たな」を少し上げてみる。ただ、この頃は白波でウキがほとんど見えず。それでも餌だけは打ち続けないと、と打ち続けたところ、10時半を過ぎて餌を打って竿を置いたところ、いきなりグッと竿を引っ張られ、すぐに力が抜けた。まさかと思い仕掛けを上げると、ハリス切れになっている。ガクガクッ。最早これでは釣れる筈もない。その後も対面の風景が湖面に映ってウキが見難いのを、目を凝らして打ち続けるが、たまにウキは動くがもののあたりにはならず、11時25分に無Dscf8453念の終了。結果、実釣2時間20分であたりの見過ごし1回、バラシ1回にハリス切れ1回(トホホ)。前回の結果から今日はこれで行こうと決めた釣り方がまさかの凸ポン。こうなるとこの先凸まっしぐらが見えて来た?が、このままでは終われない。次だ次!選択肢は竿はそのままで粘麩ダンゴ、竿を15尺にして「トロ掛け」。ところが、私が選んだのは底。これまで底で良かった記憶がないのに、何故か底を選択。それはもうウキの視認性が悪化どころではなかったので、せめてウキが手前に立つようにと考えたため。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌は夏・冬・凄麩のバラケとα21・グルテン四季の食わせ。ちょうど湖面が凪いでいるので、ささっと底を取り再開は11時39分。ウキのトップは太めなので、思うような馴染みが出るようウキ下を調整しながらの餌を打つ。が、ウキに動きが出ないまま12時のサイレン。対面遊歩道沿いのへら師は3人が帰った。と、ここでいDscf8454きなりウキがズルッ!なんだなんだと思いながらも合わせると、やったとうとう掛かりましたよ!ただ、凄い引きで穂先が水中に持って行かれる。ヤバイ、これはスレか?それでも懸命に堪えると、次第に引きが大人しくなって「たも」にイン。見るとサイズは35cmくらいとビックリするほどではなく、しかもちゃんと口に掛かっている。それでは、あの引きは何だったんだろう。まあいい、とりあえず凸は脱した。開始して3時間かぁ。さあ、まだ釣れるかもしれないので、どんどん行こう。しかぁ~し、ウキの視認性は多少良くなったものの、今度は左から入ってくる日差しで再びウキが見難くなる。最早これまでか。ジョニーさんは午前中で終了し、しばらくⅠ藤さん1号の岡ジャミをしてから帰った。Ⅰ藤さん1号は結構竿を曲げている様子。へら師のアームはもちろんだが、看板横はいつもながらの好ポイントだと改めて感じた。さて、底特有のチクあたりが欲しくて堪らないが、これが出ない。餌付けによりウキの返しはある程度作る事は出来るのだが。しかぁ~Dscf8455し、12時半に再びウキがいきなりズルッ!でやった2匹目ゲット。今度は割と大人しめに寄せる事が出来た。サイズは35cm以上ある。これは嬉しいでしょう。ただし、欲を言うようだが、私が欲しいのはチクあたりなのだ。それで、今更だがウキ下の微調やら餌付けの工夫(両ダンゴ風とか両グルとか)をしてみるが、その後はさっぱり。1時を過ぎ、餌の残りも少なくなってきた。何故あたりはあんなズルッばかりなのか。チクあたりは望めないのか。その後、ウキが動かないままあっという間に時は過ぎ、餌もあとわずかとなった2時頃になってザわさん登場。途中T林さんの様子を見て来たが、ウキは動いても掛からず、らしい。私が釣れなくても不思議ではないなぁ。その後しばらくして餌が尽き、2時Dscf845614分に終了だ。結果、底では実釣2時間半余で2匹。トータルでは実釣4時間50分で2匹。まさに凸すれすれ。こうなると次回は何をやれば良いのだろうか。片付け。ザわざんが荷物を少し持ってくれると言うので、お言葉に甘える。それにしても過ごしやすくなったものだ。日向ではおそらく気温は30℃くらいでも、日陰はグッと涼しい。これでウキが動けば言う事はないが、それは無理か。片付けを終え、車に戻る。挨拶して解散。私はそれからベイシア・秋桜・梨の3連荘に向かった。
 
明日は雨。明後日は回復するが、竿を出した方が良いのか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 勇んで出掛けて良かったのか@増沢池 with Kさん | トップページ | 秋桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勇んで出掛けて良かったのか@増沢池 with Kさん | トップページ | 秋桜 »