« 政治の混乱 | トップページ | 出遅れと雨の予報で岡ジャミ@増沢池 »

2017年9月29日 (金)

雨の後でも状況は変わらず@増沢池 with Oさん and Kさん

今月はもう釣行しないつもりでいたが、昨日の雨で少しは状況に変化が出たかもしれないと、スケベ心満載でつい出掛けてしまいました増沢。駐車場着は8時半頃。OさんKさんの車があったので、まずは日陰側深場ワンドへと向かうと、ODscf8491さんは一昨日と同じくワンドから更に深場に入っていた。今日はそこまで行って挨拶。今日は11尺両ダンゴの底。一昨日は口3匹にスレ6匹だったそうだ。車に戻り、さて今日は何処に入ろうかな。いつも同じ場所だとアクセスがグーンと減りそう。かと言って、対面日向側はかなり暑そうだ。で、結局かつてのいつもの場所方面へと向かうと、かつてのいつもの場所にはいつもの人。今日Dscf8492はまだあたり1回で亀1匹との事。私は旧爆釣ポイントに入る。さあ準備するかな。今日は前半底、後半宙で行く。きっとどちらかで釣れるだろう。竿は12尺、餌は夏・冬・凄麩のバラケにα21単体。グルテンは持ち重視でやってみる。しかぁ~し、底取りをしようと思ったら、細いトップのウキではほぼ見えない。慌てて太いトップのものに交換。始めてから交換するのは気分がよろしくないので。ささっと底を取っての開始は9時9分だ。最近は底でかろうじて凸を脱している感じだが、気持ち良いあたりでへらをゲットする事は非常に少ない。今日はどうかな。すると、開始してじきにウキが返した。あれっ、そんな簡単に落ちるようなバラケではないのに、おかしいなぁ。だが、その後もウキは馴染み切ってからじわじわ、またはスッと返すではないか。来ている!間違いない。これは釣れそうだ。しかぁ~し、そこから先がないのが最近の私の底。その後もあまり待つ事なく餌を打ち続けるが、状況は変わらず。と、先客が竿を曲げた!さすがに亀だけでは帰れないでしょう。しかぁ~し、先客は更にもう1匹。私は全く変化のない状況にイライラしてくるが、それでも波の中2回くらいあたりらしきウキの動きを見た。見ただけで手が出ず。トホホ。10時近くになって風が出て来ると、これが涼しさを通り越して寒い!先客からも半袖で大丈夫ですかと言われ、最初こそ大丈夫ですと答えていたが、やはり寒くてギヴ・アップ。急いで車に戻り、パーカーを着込んでくる。やれやれ、これで助かったと再開。すると、何と言う事でしょう、ウキが馴染み切ってからすぐに返し、しばらくモヤモヤ。クーッ、痺れるなぁ。あと少し、あと少しであたりそうなのに・・・。しかぁ~し、竿Dscf8493が曲がったのは何と隣の先客!0対3になってしまった。と、ここでやっと私にも押さえ込むようなウキの動き。これに合わせれば、やったとうとう掛かりました!竿曲がりのツーショット!う、嬉しかぁ。サイズもなかなかだし、やっと凸を免れてテンションも上がり気味。すると、ウキの返しはなくならず、それDscf8494からじきに2匹目。もう何も言う事はありません。これまたサイズはグー・グ・グー。よし、先客に追い付き追い越すぞ!しかぁ~し、何故かウキの返しがバッタリ。これが私の底PART2。既に今日の予定は釣り切ったのかもね。それでもウキの返しが出ない状況を、指を銜えて見ている訳にはいかない。バラケを両ダンゴ風に付けて打ち込む事数回。ようやくウキの返しが復活した頃に先客が終了。すると、先客の片付け中に、何と「掛かってます」?いや、ウキは動きそれにDscf8495合わせた気がするのだが、ハッキリしない(オイオイ)。とにかく掛かりました3匹目。先客はそれを見届けて帰った。お疲れさまでした。対面KさんのそばにはO合さん、O石さん、O野さんのO型ブラザーズが陣取っているが、Kさん曰く誰の竿も曲がらず。いや、その前にウキが全く動かないらしい。多少ウキが見辛くても日陰側に入って良かったぁ。それからじきに餌が尽き、11時17Dscf8496分に底は終了。結果、底では実釣2時間10分弱で3匹。最近のスタンダードと言ったところか。凸は免れたのだから御の字としておこう。さあ、次は宙。と、その前に早めの昼食。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換、餌は特S・凄麩。ハリスは25cm+35cmくらいになっている。「たな」はやや深めで再開は11時33分。しかぁ~し、と言うか当然と言うか、ウキに動きなし。そのまま12時のサイレンを聞く。と、ここで何故か上ハリスの鈎が結び目から外れる。ちゃんと結んでいる筈なのに・・・。そうだ、交換するついでにハリス長を35cm+45cmくらいにしてみよう。すると、何と言う事でしょう、交換して再開すれば、第一投からウキに動きが出たではないか。馴染み切ってからのモヤモヤだ。餌が持ち過ぎているのか?その後餌付けの工夫等いろいろやってみるが、次第にウキが動かなくなる。せっかくハリスを長くしてウキの動きを出したのに、その後の対応がまずかったのか?それともあれは一瞬の事だったのか?懸命に餌打ちするものの、ウキは動かず。まさにトホホ状態。こんな事なら粘麩ダンゴにすれば良かった。まだ時間に余裕はあるから、残業するしかないとか余計な考えが頭の中をグルグル。あっという間に1時。対面Kさんが終了。橋の上から対面は皆泣いていると言って帰った。お疲れさまでした。私も泣いていますよ。こうなると早く餌を打ち切って、その後どうするDscf8497かを決めよう。と、ここで風・波の中、ウキが馴染みながらモヤモヤしたかと思ったら、そのままズバッ!慌てて合わせれば、やった掛かりましたよ!しかもスレではない。何故か掛かった1匹・・・。しかもこのウキの動きはその1回だけ。その後は元のように動かなくなって1時36分に餌が終わる。結果、両ダンゴの宙では実釣2時間で1匹。トータルでは実釣4時間10分で4匹。何だかなぁ。1匹釣れたので残業はしない。片付け。いよいよ9月もあと1日。早いもので1年Dscf8498の3/4が終わる。10月からは対面日向側に行く事になるのかなぁ。そうしたらウキの視認性問題はおそらく解決するが、ウキが動くかどうかと言えば、今日のKさんとO型ブラザーズのように難しくなるのかもしれない。そうそう、24日の大会までは人気だった看板横と坂の下には最近誰も入っていない。釣れて当たり前の場所なので、釣れないと恥ずかしいと却って入りにくいのかもね。それならそんなの関係ねぇ~っ!と私が入って爆釣してやろうかな?片付けを終え、車に戻る。今日はベイシア詣でもどうでも良くなったので、さっさと帰ろう。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を離れた。
 
そろそろ両グルの復活もありかもしれない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 政治の混乱 | トップページ | 出遅れと雨の予報で岡ジャミ@増沢池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政治の混乱 | トップページ | 出遅れと雨の予報で岡ジャミ@増沢池 »