« まさに凸スレスレ!一体この先どうなるのか@増沢池 with Oさん and Kさん | トップページ | 岡ジャミ2連発@引佐天池 and @増沢池 »

2017年11月 2日 (木)

午前中はそれでもまあまあだったのに@引佐天池 with 岡ジャミザわさん

最早増沢に行っていては凸を待つだけになっている。で、今日は思い切って引佐天池。大体9時半頃に開始出来ればと言う感じで9時頃に到着。先客は3人で、堰堤右に2人は既に餌を打っており、オーバーフロー右の1人は準備中。遊歩道入口付近に駐車し、荷物を降ろして池に向かう。オーバーフローの右に入りたかったが、それならもっと早く行けば良いのではというお叱りはスルー。オーバーフロー右の先客に挨拶Dscf8572Dscf8571して、私はオーバーフロー左に入る。それにしてもポカポカ陽気だ。湖面にゴミは多少あるものの、風・波はない。寒いと思って厚着して来たが、車に戻って薄手のものに替える。さて、右の先客はやけに長い竿を出しているぞ。ひょっとして釣れないのか?それなら私も15尺を出そう。もちろん底から。餌は相変わらずのバラグルセット。ちょっと底取りに手間取ったが、開始は9時31分。予定通りだ。隣も同じ頃に開始。さて、餌打ちを繰り返すものの、すぐにウキが動かないのは承知でも、何故か結果を求めてしまう今日の私。ウキが返す事もあるので、ひょっとしたら何かいるのか?それで、数投後に両グルで打ってみると、あれれウキが立ったまま馴染まないDscf8573ぞ。何かに引っ掛かっているのかな?と思っていたら、そこからグッと入って嬉しや1匹目ゲットだ。これは幸先良いが、底ではないので少し引っ掛かるなぁ。と思ったら、ほぼ同時に隣も竿を曲げたではないか。ひょっとして競り合いになるかも?いや、これは身の程知らずの傲慢な考えだった。それは後Dscf8574で分かる。10時頃に1人やって来て堰堤左端に入ったが、まさにジャストタイミング!両グルで打っていて、馴染んで返してチクッ!の2匹目ゲットだ。隣も同様に竿を曲げているが、静かに寄せているので、実際にはもっと釣っているのかもしれない。奥の2人は段底らしい。結構竿を曲げていた。さて、この調子なら第2目標は楽勝にクリア出来そうな気がしたが、何故かそこからウキの動きが悪くなるのはいつも通り。両グルで打ったからと言ってウキの動きが良くなる筈もない。隣も竿を曲げなくなった。そこで、私なりに考えた。バラケをどんどん打ってみよう(ハテ?)。両ダンゴ風にしてしばらく打ち続け、それからセットに戻して打ち始めると、効果が出たのか11時近くになってちょっと表現し辛いウキの動きにDscf8575Dscf8576合わせてやっと3匹目。隣も竿を曲げ始めた。更に11時を過ぎ、ウキが餌落ちまで返したと思いカラ合わせしてみたら、何と掛かってます!で4匹目。隣も竿を曲げてますよ。さあ、第2目標まであと少し。と、ここでザわさんご登場。別に連絡した訳でもないのに、素晴らしい。明日はここに来るかもと言っていた。さて、ウキの動きは午前中のGTなのかモヤモヤからチクッ!も出始めるが、一向に掛からなくなった。更に、話に夢中になって集中力が削がれたのか、見落としも出る。その間に隣はポツポツと3匹を追加。こりゃぁダメだ。堰堤左端の人も知らないうちに竿を曲げている。スンバラシイ。右端もポツポツ。Dscf8577私だけが蚊帳の外か。12時を過ぎ、いよいよ最後の一投。頼む!が、ウキは返してもそこからがない。で、先に終わりの写真を撮ってしまった。しかぁ~し、何と言う事でしょう、幾ら話に夢中でも、大きくウキが入ればこれを見逃す事はありません。「上がりべら」ゲットと共に第2目標クリアDscf8578だ。時刻は12時4分。結果、午前の部では実釣2時間半で5匹。サイズと言い増沢とは比べてはいけない状況(あくまで個人の感想です)。いやぁ、疲れたなぁ。さあ、次はお待ちかねの粘麩ダンゴで行くぞ!今までの様子から、宙では行けそうな気がする~(吟じました)。竿は12尺に変更。餌は粘麩+天々を1時間分。と言うのは、今後この池に来る事があるかは不明なので、やれる事はやっておこうと。それで、終了も大体3時を目安に。まずは餌打ちから、ウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返すと、じきにウキに動きが。そしてビックリする消し込みまで出たが、掛からず。でも、この調子なら何となくではあるが1匹くらいは出そうな感じ。期待して打ち続けると、その後も時折ズバッという消し込みが出るようになるが、これまた一向に掛かりません。1回だけ軽くスレたのみ。1匹釣るのを見たら帰ると言っていたザわさんも痺れを切らして1時頃帰った。お疲れさまでした。隣も竿を短くして、何やらセットのような仕掛け。後で段底らしいと分かったが、私がぼやぼやしている間に次々と竿を曲げ始めた。これにはビックリ。スンバラシイPART2。私はその後も餌に手水で柔らかくして吸い込みを良くしたつもりだったが、状況は変わらずもう1回バラDscf8579シが出ただけで、1時30分に無念の終了。あれだけウキが動いて凸とは・・・。他にやるべき事があったかもしれない(でしょうね!)。さあ、いよいよ泣いても笑っても最後の両グル。餌はわたグル+グルテン四季。と、池は晴れ渡っていたのに、左から影がひたひたと迫って来るではないか。堰堤左端は既に翳っている。それでも再開は1時39分。すると、まだへらが残っていたのか最初こそウキは動いていたが、次第に動きが悪くなる。隣は相変わらず竿を曲げ、裏の山に鹿が大繁殖。堰堤右の先客2人は帰った。釣れたと思う。午後は私だけがつまはじき状態。で、2時頃から天々を少し作ってみる。すると、じきにウキの動きが出て来てズバッ!やったとうとう掛かったか?しかぁ~し、凄い引きでなかDscf8580なか寄らず。しかも、懸命に寄せたところ、残念尻びれから見えて来た。ガクガクッ。本当に疲れ果てた。更に、しばらくして今度はハリス切れ、続いてバラシ。一向に掛からず、左手の握力がグッと下がるほど疲れた(トホホ)。更に更に、そのうち完全に翳ってしまい、ウキが対面の景色で見えにくくなってしまう。最早これまで・・・。それでも懸命に目を凝らすと、何となくウキが動いているようにも見えて気持ちは萎えない。そうこうしているうちに2時半を過ぎる。そろそろ終了予定時刻だが、バラケを作った分だけ餌が余っている。さすがに省資源釣法、これを捨てては終われまテン!打ち続けると、おおっとあたりが出ているように見える時Dscf8581があるぞ。しかぁ~し、掛かったのはまたも空合わせ。でも、何にしろ1匹は1匹。貴重だ。午後は2時間以上打ってやっと1匹。右も左も午後は竿を曲げていたので、やっとその仲間入りが出来た。が、その後は再びシーン状態。3時頃堰堤左端が終了し、右の先客に話しかけて来た。それで、隣がトーナメンターである事が判明。上手い訳だ。そんな人と競ろうと思った私って一体・・・。3時を過ぎて私以外が片付け。私は餌を打ち切り、最後の一投でカラを食らって終Dscf8582了。時刻は3時24分。結果、午後は実釣3時間弱で1匹。トータルでは実釣5時間半で6匹。隣はおそらく午後は10匹以上ゲットしたのでは。スンバラシイPART3。私も片付け。午前中はまあまあだったのに(もちろん私にとって、だが)、午後は散々の出来。何か工夫があったと思うが、それが何かは分からず。皆さん片付けを終え、互いに挨拶して解散。私はグッタリして家路に就いた。
 
明日もやるのか?祝日なので何処の池も混むと思うと・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« まさに凸スレスレ!一体この先どうなるのか@増沢池 with Oさん and Kさん | トップページ | 岡ジャミ2連発@引佐天池 and @増沢池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まさに凸スレスレ!一体この先どうなるのか@増沢池 with Oさん and Kさん | トップページ | 岡ジャミ2連発@引佐天池 and @増沢池 »