« 2018年1月 | トップページ

2018年2月21日 (水)

今日の驚いた事3題

今日も出掛けようと思えば出掛けられたのだが、ちょっとした用事でNG。
そんな中、突然の訃報が届いた。
俳優の大杉漣さんが亡くなったと言うのだ。急性心不全とか。
映画の漣さんは寡聞にしてあまり知らないが、ぐるナイのゴチやCMではよく見ていた。
あまりに急なので驚くより他にない。ご冥福をお祈りします。
 
オリンピックでは女子パシュートで日本が金。それとカーリング女子が準決勝進出。この2つだが、もう1つあったのを忘れていた。それはフィギュア女子のSPで4位と5位。ゴメン。
 
明日は増沢にでも行くとするか?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年2月20日 (火)

前回の轍を踏むような展開だったが@引佐天池

なかなか風の弱い日が訪れる事がなかったので、やっと今日は出掛けられる。ただ、行き先は引佐天池。増沢は歩くのが億劫だから・・・。池に着くと先客が1人、バルブの右側に。もう1人は遊歩道で枯れたホテイアオイを刈っている。先に荷物を降ろしてから車を遊歩道入口付近に停める。何となく暖かそうだが、一応ダウンの上下に着替Dscf8740えて池に向かう。堰堤の先客に挨拶して、いつものようにオーバーフロー右に入って準備開始。今日は段底をやろうと思っていたが、弱くではあるが風・波が出てきたので止めてバランスの底。竿は15尺、餌はいつものバラグルセットだ。しかぁ~し、餌を作って底を測ろうとしたら、急に湖面が凪いだではないか。オイオイ、どうなってるんだ?だが、既に餌を作ってしまったので、今更の変更はない。それが省資源釣法(キリッ)。開始は9時52分。いつもながらの思うようなウキの馴染みが出ないので、ちょちょっとウキ下をいじる。ここは前回ウキがほとんど動かなかったので、今日こそあたりを拾いたいところ。が、予想通りウキに動きなし。勇んで来た割には返り討ち必至の状況に、早くも気が滅入る。遊歩道でホテイアオイを刈っていた人が、わざわざ私に「お騒がせしました」と挨拶して帰って行った。その後もウキは動く事なく、あっという間に開始1時間。そして11時を過ぎる。このままでは間違いなく凸。あまり気乗りはしないが、「ドボン」にご登場頂くとするかな。と、ここで1人やって来た。カッコいいサングラスをしている。人の顔をなかなか覚えられない私、ここで会った事があるような気がする(トーナメンターか?)ものの、分からないので適当に話を合わせる(オヨヨ)。この人があまりにも多くの事を喋ったので、覚えている限り並べてみると、今日は午後から仕事で豊橋に行くが、まだ間があるのでここに様子見に来た。私が入ったオーバーフロー右は、ほとんど人が入らないので多分釣れない。ウキの動きが見たければ、先客の場所辺りで19~20尺を出せばOK。昨日はオーバーフロー左に入り15尺底で午前中は1匹だったが、午後になって2時過ぎに爆釣!時間あたり10枚の感じで結局16枚で終了した。グルテンには反応せず、軽めの両ダンゴが良かった。この池では3月にハタキがあるので、そろそろ食いが立っているようだ。などとまくしたてられ、開始したばかりの「ドボン」もダメだと言われれば、まだ2投目なのでバランスに戻さざるを得ない?しかぁ~し、結局ウキが動く事はなく12時のサイレン。深場に1人常連さんがやって来たので、トーナメンター?はそちらに移動していった。やれやれ。それでは食事にしよう。とりあえず餌を打ってから昼食。かなりの放置プレイだったが、これまた静かなもの。12時半頃、トーナメンター?は皆に「頑張ってください」と言って仕事に向かった。岡ジャミお疲れさまでした。さあ、餌も残り少なくなって来た。ラストスパートで行こう。しかぁ~し、これまた状況に変わりなく、1時頃にラス前を迎えたが、何とここで今日初めてウDscf8741キが返したではないか。へらはいた!しかぁ~し、最後の一投も虚しく1時5分に無念の終了。結果は御覧の通り。さて、次はどうしようかな。トーナメンター?に言われた通りダンゴを作って続行?いや、ここは自分の考えで行こう。お約束の「両グルの宙」だ。いざとなったら「ナンチャッテ底」もあるぞ。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はわたグル・新べらグルテンにバラケとして天々を少々。そして深めの「たな」で再開は1時22分。午後になって風・波が強くなった感じだが、ウキが流されるほどでもなさそうだ。いつも通りウキが馴染んだら2,3回誘ってから餌を切る、を繰り返すが、ウキは一向に動き出さず。何となく前回をなぞるような展開に、ますます凸が視野に入って来た感じが否めない。あっという間に開始1時間PART2。そして2時半。いよいよ「ナンチャッテ底」へと移行しなければならなくなって来た(辛抱が足りないと言われそう)。ただ、これも前回をなぞる展開で、ますます凸必至か。深場の先客は帰った。段底で通していたようだが、おそらく竿は曲がらなかったと思うよ。その奥に入った人は双眼鏡でウキを見ているようだが、状況は不明。一応粘土を上鈎に付けて測ったので、餌が底に着いているのは間違いないが、どれくらいウキが馴染むとか、そんなの関係ねぇ~っ!と、馴染んだウキが弱くではあるが返しているように思えて来た。これは行けそうか?すると、数投Dscf8742後にウキがムズッ!これに反応したら、何と掛かりました!う、嬉しかぁ。思わず「よっしゃ!」と声が出てしまった。前回はここでバラシてジ・エンドとなったが、今日は大丈夫。「センターがっちりでございます」。サイズも35cmオーバーで、2回目の釣行でへらの顔を拝めたぞと、感動も一入。さあ、餌は残り少ないが何とかもう1匹。しかぁ~し、しばらくはウキが返した気がしたものの、じきにシーン。3時を過ぎ、どうやら今日は凸回避だけで終わるようだ。そして遂に最後の一投。これは放置プレイでしょう。ちょっと正面から右にDscf8744ずれたところにウキが立ったが、ひたすら待ちに待っていたところ、何とウキがモヤ。これに反応すれば、やった掛かりました!しかもスレやバラシではありません。「たも」に収めれば、1匹目よりほんの少しだけ小さめだが、何と言っても「上がりべら」ゲット、気持ち良く終了。時刻は3時23分。結果、午後の部では実釣2時間で2匹。単に午後のGTの恩恵かもしれなDscf8743いが、釣れた事に変わりはない。片付け。前回より太陽の高度が上がったのか、太陽が背後に来てもウキの視認性が確保されている。風・波もほとんどなくなり、まだこれから釣れそうな雰囲気だが、もちろんやりません。片付けを終え、フェンスの外に荷物を置いてから車に向かう。やはり終了してすぐは腰に来ている。イテテ・・・。ダウンの上下を脱ぎ、車をフェンス近くに着けて荷物を積む。増沢でこう言う事が出来れば楽なんだが、無理だよね。そろそろと家路に就いた。
 
次回は何時頃になるか、それは誰にも分からない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

ミカンが実る頃

ちょっとマイナーな歌手だったが、その歌声は天下一品。
P社に勤めていた頃、同僚のSB氏が同じくファンだった事を聞いてビックリした思い出がある。
今はこういう曲はまず流れてこない。

 
明日は竿を出すぞ!って、出す出す詐欺か!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

2つ目の金

遂に小平選手に金が降って来た。
しかも五輪新のおまけまで付いて。
まるでツイッターみたいな短文だが、とにかく書きたかったと言う事。
あとまだメダル圏内の競技が残っているので、火が付いた私のオリンピック熱は止まらない。
 
明日は釣りに行けるかな?どうかな?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年2月17日 (土)

今日驚いた事2つ

Img_20180217_194034昨日の興奮が覚めやらぬ中、フィギュアスケート男子のフリーで羽生君と宇野君がワンツーフィニッシュ!
こけそうでこけなかった羽生君と、こけたけどその後踏ん張った宇野君、いやぁ素晴らしい。
やっと君が代がオリンピックで流れる。しかも「かの国」で。これも素晴らしい。
しかも、羽生君の金メダルは冬季五輪で通算1000個目だと言う事。やはり持ってる人間は違うなぁ。
 
もう一つ、ずっと話題になっていた藤井5段と羽生永世7冠との公式戦初対局は、何と藤井5段が勝利。これまた素晴らしい。今日は2つのグッドな話題に、昨日にも増していささか興奮気味。
でもこんな興奮なら毎日でも。
 
P.S.表彰式で、今回のオリンピックで初めて君が代が流れた。そして日章旗が2つ揚がった。こんな感動的な事はない。羽生君、宇野君、本当にありがとう。
 
それと、藤井5段は羽生永世7冠に勝ったあと、決勝でも勝って優勝し、最年少で6段となった。これも素晴らしいが、驚いたのはそれまでの記録保持者はなんと「ひふみん」だった事。やはりただの歯が抜けたお爺さんではなかった。

明日はスピードスケート女子500m
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

オリンピック

私にもやっとオリンピックの風が吹いて来た。
今日のフィギュア男子SP、痺れたよ。羽生君の奇跡的な復活と宇野君のこけそうでこけない頑張り。明日のフリーではどんな戦いになるのか。
それと、カーリング。日本とスイスの戦い。知れば知るほど難しい。氷上のチェスとはよく言ったもんだ。女子の3連勝も拍手拍手。
きょうはかなりの時間をオリンピックに割いてしまった。
 
女子のアイスホッケーは完全アウェイの中、よく頑張った。素晴らしい。
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

野バラ咲く路

今は何て言う名前になったんだろう。
少し前までは松本幸四郎の人。若い時には市川染五郎。
この人が歌番組をやっていて、歌も出していた。
探していたのは「明日も逢おうよ」だが、ついでに見つかったのがこの曲。
こんなのをいつまでも覚えているから、新しい事が頭に入ってこないんだなぁ。

 
明日は好天らしいが、用事で竿は出せない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2018年2月13日 (火)

やっと長いトンネルを抜けた@増沢池 with O合さん

まだまだ寒い日が続く中、どうしても出掛けなければならない訳でもないが、とりあえず回数を増やさなければと増沢へ。これまでの事もあって期待はしていないが、あわよくば増沢で今年の1匹目をゲットしたいところ。駐車場にはへら師と思われる車はO合さんくらいか。やはり釣れない状況は変っていないのだろう。トホホと思いながら荷物を降ろして橋まで行くと、ゲゲッへら師はO合さん以外にたった1人がダム?そばにDscf8733入っている。こりゃぁダメだ。橋を渡り、坂を下りて遊歩道へと向かう。雨が残っているのかぬかるんでいる。まずはO合さんに挨拶して様子を訊くと、これから始めるところ。昨日は「ドボン」で午前中1匹午後1匹をゲットしたとの事。私は前回と同じ場所に入ろうとしたが、O合さんから整地されたワンドの右端ならあたりが出るぞと言われ、せっかく勧められたのだからとのそのそ移動。さあ準備しよう。竿は15尺で餌もいつものバラグルセット。ただ、グルテンは持ちを良くするべくα21+わたグルにする。既に予報通りの風・波で底取りに手間取ったが、何とか10時31分に開始。しかぁ~し、風で振り込みが難しいのでオーバースローにしてみたら、何と背後で何かに掛かった!ゲゲッ×ゲゲッ、背後の河津桜の枝が思いの外伸びていて、それに掛かったのだ。どうしよう、場所を移ろうか。いや、せっかく底まで測ったのだから、全くダメだったら後半に移動しよう。そのまま続行だ。あっという間に11時。前回と同じくウキが返しているように見える時があってもあたらない。クーッ。11時半近くになって、右からT林さんが巡回にやって来た。そこは1級ポイントだから、2時くらいまでやれば1匹は出るかもと言われ、そうありたいですねと返事していると、ここで1目盛くらい返したウキがフワフワした状態からモヤッとDscf8734入ったので合わせれば、やった掛かりました!う、嬉しかぁ・・・。遂に長いトンネルを抜けて増沢での今年1匹目をゲット出来た。1級ポイントの釣り座を勧めてくれたO合さん、そして巡回で福を授けてくれたT林さんには感謝感謝だ。その旨告げると、巡回で皆に福を授けるので、自分の分がなくなってしまうとボヤキが返って来た。いずれにせよありがとうございます。O合さんからはまだ出るぞと言われ、ますますやる気になる(単純!)。が、上空雲の流れが速く、ウキの視認性確保がなかなか難しくなって来た。時刻を確認すると、11時50分。もうこんな時間なのか。午前中のGTかと思ったが無関係なのか。と、ここでウキがスッと入ったように見えたので合わせたが、残念カラ。シモリを勘違いしたのかも。しかぁ~し、これDscf8735はあながち勘違いではなかったようで、次の餌打ちで再びあたりらしきウキの動きが見えて、これに反応すればやった掛かりました!これは素晴らしい。トンネルを抜けただけでも嬉しかったのに、2匹目が出るなんて。O合さんもビックリしている。これでもう、いつ帰っても良さそうだ。が、人間の欲に限りはない。1匹なら2匹、2匹なら3匹をと望んでしまう。が、すぐに12時のサイレンが鳴ったので、ここは昼食休憩としましょう。餌を打ってから放置するが、一向に返さず。雲も切れ間が少なくなってきて、ウキの視認性が確保出来ない。午後から「ドボン」に変えたO合さんもウキが見辛いようだ。対面にはT林さんともう1人が入っている。雲の色は次第に黒っぽくなって最早お手上げ状態。更に1時近くなって雪まで降って来た。これにはビックリ。まさか積もるなんてないだろうな。その後雪はなくなったが、ウキの視認性は相変わらず。それでもたまに見える時があるので、その時にあたってくれたらと都合のいいお願い。ただ、餌がもうない。残った餌を丸めてみると、セットで打てるのは4回で、両グルが2回分。今日は結果が出た事だし、もう充分でしょう。後半はキャンセルでこの餌を打ち終えたら終わりにしよう。1時半頃から最後の勝負(そんなにやる気はない)。すると、セットの1投目であたり!そして何と掛Dscf8737Dscf8738かりました!まだ午後のGTには早い感じだが、とにかく嬉しかぁ。終了間際にこんなサプライズが待っているなんて。しかも、次の餌打ちでまたもあたり!そして4匹目ゲットだ。まさかの連荘には驚き×驚き。こうなると、久し振りの第2目標が目の前にチラついてくるが、最近の私はそこまで欲深くはない(ホント!)。残念セットの残りではあたりが出ず、両グルでの1投目もダメ。で、最後の一投は完全放置でウキが餌落ちまで返しても放置していたら、何とチクッ!やった「上がりべら」ゲットかと合わせたが、残念「上がりカラ」で終了だ。時刻は1時58分。結果、底で通した今日は実釣3時間半で4匹。充分過ぎDscf8739Img_20180213_141849る。今日は水も冷たく風・波もあって、特に釣れそうな感じはなかったのに、場所のおかげなのか望外の結果となった。これなら今後も増沢釣行が楽しみになる。片付け。O合さんからも1回カジリがあったと言われ、ひょっとしたら今が午後のGTなのかも。皆さんに挨拶して車に戻る。そうそう、河津桜の蕾がかなり膨らんでいる。梅も満開?ただ腰がいてぇ~っ。だが気持ちはルンルンだ。荷物を積み、ベイシア~秋桜のルートで家路に就いた。

深場が空いていたので、そちらに入る選択肢もあったかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2018年2月11日 (日)

雑感

今日は雨の後で風が強い。これでは竿を出せません。と言う事で、相変わらずのパソコン前。
 
で、平昌なのか平壌なのかと揶揄されながらも、いよいよオリンピックが始まった。
安倍ちゃんも寒さに耐えてかの国に入ったようだが、あれだけ安倍ちゃんを悪く言う連中がどんな対応をするかと思ったら、写真プリーズの連呼だったらしい。いやぁ、モテモテだね。
 
更に開会式ではアメリカNBCからかの国についてお褒めのことばを頂いて半狂乱になったらしい。かの国で真実を言ってはなりませんね。
例によって謝罪と賠償?を求めたようだが、その答えがこれ。ただ、NBCもいつまで持ちこたえるかな。

P.S.どうやら謝っちゃったみたいだね ⇒ これ

どうか無事にオリンピック・パラリンピックが終わりますように
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

いくら想定内とは言え@増沢池 with O合さん

やっと暖かく釣りが出来る日が来た。そこで、先日見に行った増沢に出掛ける事にする。ただし、結果を求めてはいけない?駐車場には知ったへら師の車はO合さん以外には見当たらない。やはり釣れないのか・・・。荷物を降ろし、そろそろと橋まで行くと、へら師はそれでも10人くらいいそうだ。そのうち5,6人が階段下から深場。そろそろと進むと看板横に1人。遊歩道に入ると橋の下(しも)に1人。その先、整地されDscf8731た辺りの左端にO合さん。挨拶して私はそこから少し離れた左に入る事にする。O合さんは13尺底で10時頃から餌を打っている。さて私はどうしようかな。ちょっと悩んだが15尺で底に決定。湖面には波が出ているが、ウキが見えないとまでは行かない。日が当たっていて思ったより暖かく、ダウンの上着は前を開ける。まずは餌。あまり深く考えずに、いつも通りのバラグルセット。それからささっと底を取っての開始は10時半。ほぼ20日ぶりに竿を出すのでちょっと緊張。O合さんからウキが動かないと言われるのは想定内。私もひょっとしたら釣れるかもと、それほど期待はしていない(もちろん釣れた方がいいですが、何か)。多少ウキが流される感じだが、餌打ちのインターバルに留意しながら続行すれば、あっと言う間に11時。何となくウキが返してから再び馴染むように思える時があるが、底をなぞっているのかもしれない。しばらくしてO石さんがやって来て、O合さんの右隣に入った。そして準備中に、私のウキがフワッと餌落ち付近まで返した後に、シモリながらスッと入った!あっと思ったがちゃんと合わせた。が、残念カラ。O合さんからは、このカラが今日の全てかもしれないと言われ、いや大丈夫と続行するものの、その後はウキが返す事はあってもあたりに結びつかず。T林さんが巡回にやって来て、このところ池全体で10匹いかない状態が続いていると教えられた。厳しい~っ!その後も餌を両グルにしたり両ダンゴにしてみたり、果てには食わせを「玉」にしてみたりと一応の工夫?はしてみるが、気が付けば12時のサイレン。こりゃぁダメだ。やるかどうしようか迷っていた「ドボン」に移行する。そして昼食。O合さんもO石さんもノーあたりのまま。深場では時折竿が曲がるようで、やはり深場なのか。さて、「ドボン」に変えても状況は一向に好転しない。このまま続けていいものだろうか。O石さんはウキが動かないので、あちこちにフラフラと出掛けている。これまたあっと言う間に1時。どうやら凸は免れない感じになって来たが、放浪から戻ったO石さんから、2時頃からウキが動くと言われて、ちょっとだけやる気が戻った。が、全く状況は変らない。そしていよいよ2時。O石さんはウキに変化が出たと言い、O合さんのウキが返すのを見た。しかぁ~し、私のウキは全く動かず。そして遂に餌が尽きる。時刻は2時Dscf873222分。私的には午後のGTは3時過ぎなのだが、今日はもう充分と言う気持ちになっているので、終了を宣言。片付け。結局午前中の1回きりのあたりを捉えられなかったのが全て。片付けを終え、お二人のウキを見ていたら、O石さんのウキがグッと入った!あっと思ったが合わせがワンテンポずれて、これはヤバイ!しかぁ~し、何と言う事でしょう、竿が曲がったではないか。O石さん曰く、鈎を呑んでいたと。それで合わせが遅れても掛かったのか。裏山鹿~。荷物をキャリアに括り付け、挨拶して車に戻る。腰がいてぇ~。おまけに、車の横でバランスを崩してこけてしまった。瞬時の対応がかなり遅れている。これはヤバイ、ヤバイですよ。幸い大事には至らなかったので、さっさと荷物を積み込み、さっさとベイシアへと向かった。
 
何とかして1匹を釣らねば
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

今日も様子見だけ

「秋桜」でパンを買うついでに増沢の様子を見て来た。
駐車場にはOさんKさん、それに皆勤賞のT林さんの車もない。
が,O合さんの車を見つけたので、風吹く橋を渡って遊歩道に向かう。時刻が2時過ぎだからなのか、へら師はたったの3人。
Img_20180207_141610O合さんに挨拶して様子を訊くと、いつも通りの「ダメだね」の答え。
今日は13尺で午前中「ドボン」をやったがノーあたり。
で、午後からバランスに戻したら1匹出たとの事。もう2人いたが、帰ったようだ。
T林さんは静岡の鯨に行ったらしい。
しばらく見ていたが、あまりに寒いのでお暇する事に。また宜しくお願いします。
今日は何処にも寄らず一直線に帰宅した。
 
ここしばらくは竿を出すのは無理かも
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2018年2月 6日 (火)

同じ穴のムジナ

今が一番寒い季節。本当に寒い。外に出るのも億劫と言う感じで、釣行などもっての外。
と言う事で、パソコンの前に座っている。
 
少し前、中国の五つ星ホテルでの清潔感あふれる記事がテレビなどで報道されたが、何とかの国でも同様の出来事が起きていた事が判明。まあ、ずっと属国だったので、そう言う事も見習うんだろう。
 
韓国の一流ホテル、トイレを磨いたタワシでコップまで磨いていたことが判明。
 
いつになったら竿を出す気になるんだろうか
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

久し振りに増沢に行ってみたが

Img_20180203_135428最後に竿を出したのが先月の19日の大楽地。それから風邪をひいて1週間ほど静養していたが、症状が治まっても寒くて外出出来ずにいた。
が、何故か釣りの禁断症状が全く出ず、このままでは自然にリタイアしそうなので、これはマズイと気温が上がった今日、増沢に様子を見に出掛けた。
途中「秋桜」でパンを買ってから池に着くと、車は多く停まっているものの、知った人の車が見当たらない。
それでも一応橋まで行って池の様子を窺えば、10人以上が竿を出している。いつもの日陰側にはT林さんか。車を見落としたのかな。
しかぁ~し、岸辺まで行く気持ちが起こらず、そのままベイシアへと向かう私であった。
 
明日くらいはどうかな?一応出掛けてみようかな
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

« 2018年1月 | トップページ