« チョコあげ潮 | トップページ | 岡ジャミのつもりが予定外の竿出し@増沢池 with Kさん and 岡ジャミパラソルさん »

2018年3月15日 (木)

今年初めて日陰側に入った@増沢池 with 岡ジャミザわさん

禁竿期間が明けて、今日は増沢。休んでいる間にいろいろと考えた。そろそろ日陰側もいいんじゃないかと。既にKさんは橋の下付近に入ってそこそこの結果を出している。それに今日は気温が20℃を超えるとか言われているので、日陰でもそんなに寒くないかも。で、いつもより早くゴー!しかぁ~し、駐車場には数台しか停まっていない。あれれ・・・?それでも予定通り日陰側かつての私のいつもの場所へと向かう。Dscf8799ちょっと動いただけなのに、額には汗。へら師は対面階段下に1人とこちら日陰側深場ワンドに1人だけ。時間的にはO合さんがいてもおかしくないのだが、どうしたのだろう(結局O合さんは来なかった。皆勤賞なのに)。さあ準備しよう。水は泥色でほぼ無風。これなら細いトップのウキでもノー・プロブレム。竿は12尺で、底から行こう。餌はいつものバラグルセット。底も取りやすく、開始は9時19分。汗が引いて涼しくなるかと思ったが、風がないのでOK。肝心のウキの方はと言うと、最初こそシーン状態だったが、しばらくして弱く返すようになり、これはそのうちあたる!と打ち続けるが、なかなかあたらない。ん、あたりではなさそうだが、ウキが入るように見えるぞ。それでも1匹が欲しくて合わせてしまう悲しさよ。残念カラ。そのうちウキは毎回のように返しまたあたりらしき動きも見せるようにDscf8800なるが、いつまで経っても掛からず。クーッ。で、無駄な動きを避けるのと、出て来た風・波に加えて背後の木の影でウキの視認性が悪化したので、太いトップのものに変更。すると、10時を過ぎてフワッと返したウキがズルッ!で、やったようやく1匹目ゲット。しかも放流ではない。嬉しかぁ・・・。実は日陰側に入ってからずっと凸の不安があったのだが、これで解消。楽になった。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、スレバラシとビックリするほど素晴らしいチクッ!でのカラで、遂に底取りをやり直す事に。すると、かなり違っていDscf8801てこれまたビックリ。しかも、私の場合深く取り過ぎる事はあっても浅くなるなんて考えられないのに、かなり浅かった。これはどうなっているのか。まあいい、再開しよう。すると、何と言う事でしょう、10時半頃再開してすぐにあたり!そして2匹目。ただ、続かない。で、セットかDscf8802_2ら両グルとか両ダンゴ風にして打っていると、11時近くになってやっと3匹目。いやぁ、痺れるなぁ。と、ここで橋の上から声が。T林さんが巡回中。途中経過を報告するが、巡回の恩恵は残念なかった。しかぁ~し、11時を過ぎると午前中のGTなのか連荘であっと言う間にDscf8803Dscf8804第2目標クリア。う、嬉しかぁ。日陰でも釣れるようになったんだと一安心。ただ、5匹目は放流だったので、これから放流の嵐が来るかも、と思っているところにやって来たのは何とザわさん。ここで竿を曲げてザわさんに褒めてもらおうと思えば、やはり余計な力が入ったのか間が空く。ザわさんは昭和池に行ったが、4時間ノーあたりだったそうな。また、4月には新潟のなんとか川に乗っ込みを求めて行くそうだ。素晴らしいデスネ。さて、午前中のGTは何Dscf8805Dscf8806処へやらと思っていたら、11時半近くになってポツポツと2匹をゲット。とにかく竿を曲げるところを見せる事が出来て良かったぁ。が、遂に最後の一投。しかぁ~し、ここでバッチリのあたりを見逃す大チョンボ!最早これまでか。しかぁ~し、しかぁ~し、それでも我慢して待っていたら、出ましDscf8807たチクッ、で「上がりべら」ゲット(注:ここで言う「上がりべら」は一般に用いられているそれとは異なる使い方をしていますので、ご承知のほど。以下同じ)。時刻は11時36分。結果、午前の部では実釣2時間20分弱で8匹(うち放流は1匹)。まあまあでしょう、と言うか出Dscf8808来過ぎでしょう(もちろん私にとって、だが)。さあ、次は宙で行こうかな。と思っていたら、ザわさんからせっかく魚が寄っているのに、それを無にするのは勿体ないと底での続行を指示されたので、それではと今度は両ダンゴでやってみる。餌は夏・冬・天々。で、再開は11時41分。実は午前の部では意外と両ダンゴ風であたりがあったのだ。この調子なら第3目標はらくらくクリアしそうだし、ひょっとして20とかあるかもと獲らぬ狸の何とやら。しかぁ~し、確かにウキの動きは続いているものの、なかなかそれらしい動きにはならず。何とかDscf880912時のサイレンが鳴る前に放流をゲットして第3目標にリーチとするが、その後は風・波が出て来てウキが流されるうえに、何故かあたりが極小になってしかも掛からず。ザわさんからも揶揄われてしまう。何故だぁ~っ、何故掛からない・・・。もちろんウキ下の微調等は対策するものの、何度となくカラを食ってしまい、テンションもだだ下がり。昼食も取らDscf8810ずに続行すれば、12時半頃にやっと2匹目アンド第3目標クリア。いやぁ、疲れたなぁ。と、ここで思い出した。今年のこの池での最大釣果は11匹。あと1匹でこれに並ぶ。更に時間はまだあるので、絶対に12匹以上の結果にするぞ。しかぁ~し、その後は再び掛からず。ザわさんからはもう1匹釣ったら帰ると言われているので、何とか希望に沿いたいところだが、気持ちばかりが逸ってしまい、遂にラス前々。と、ここでまたもあたりのDscf8811見逃しで今度こそジ・エンドか。しかぁ~し、あたり返しでやった3匹目ゲットだ。しかぁ~し、よしよしこれで新規目標の11匹クリアと思ったら、ゲゲッ、腹から上がって来たではないか。でも、ひょっとしたらもう一方の鈎は口に入っているかもと軽口を叩けば、何とその通り。ザわさんは帰った。岡ジャミお疲れさまでした。そしてじきに餌が尽き、1時ジャストに第Dscf88122部は終了。結果、第2部は実釣1時間20分弱で3匹。普通なら2時間くらい持つように餌を作ったので、それだけ多く合わせたと言う事か。とりあえずは今年の最大釣果に並んだものの、尻すぼみ感は拭えないので、当然ながら続行です。今度こそ爆釣?餌は両グルにしてみる。もちろん宙も視野に入れて、α21・わたグル・新べらグルテン。再開は1時10分。しかぁ~し、午後になって風・波が強くなり、ザわさんも寒いと言っていたくらいになって、ウキがかなり流される事に。で、元々軽い上に宙を含みにバラケやすく作ったので、餌が全然と言うほど持たない感じになって、1回だけウキが動いたものの、開始30分ほどで早くもギヴアップ宣言。と言っても餌を捨てて終わる訳にも行かず(作った餌は使い切るのが省資源釣法。キリッ?)、とにかくウキが流されないよう「ドボン」を採用だ。気が付けば対面看板横にO石さんが入っている。釣れてるのかは不明。さて、「ドボン」でウキが流されないのはいいが、ウキが動かない。もちろん餌の持ちが悪いのは承知なので、餌打ちのインターバルは「ドボン」にしては短めで続行。しかぁ~し、静かに時は過ぎる。あっという間に2時。私の右の方橋の下付近に入っていた人は、静かに帰った。竿が曲がるのは見たが、どれくらい釣れたかは不明。さて、その後も状況は変らず。頼む、何とか1匹、いや2匹と、いつも通り欲だけはなくならない。が、もう餌Dscf8813があとわずかと言う2時半過ぎになって、急に(「ドボン」なら当たり前か)ウキがスポッと消えてこれに反応すれば、嬉しや掛かりました!やっとの思いで最大釣果更新だ。それからじきに餌が尽き、2時42分に第3部は終了。結果、実釣1時間半で1匹。これはトホホでDscf8814しょう。まさに「尻すぼみ」そのものだ。それでもトータルでは実釣5時間余で12匹(うち放流2匹)。しかぁ~し、何故か風・波が収まって湖面が凪いだではないか。これは続行せよと言う事か?いや、もうやりませんが、何か。片付け。今日はへら師が少ないから釣れたのか、それとも食い気が出て来たからなのか?とにかく寒いのでさっさと片付けを終え、車に戻る。日陰側で近くなったとは言っても、位置エネルギーは多分同じくらいなので、しんどさは変わらず。それにしても暑い。上と下ではこんなに気温差があるのかとは、分かっていてもビックリだ。さあ、今日はベイシア詣でといこうか。さっさと池を離れた。
 
明日からまた天気が悪くなるので、釣りは来週かな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« チョコあげ潮 | トップページ | 岡ジャミのつもりが予定外の竿出し@増沢池 with Kさん and 岡ジャミパラソルさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チョコあげ潮 | トップページ | 岡ジャミのつもりが予定外の竿出し@増沢池 with Kさん and 岡ジャミパラソルさん »