« これはビックリでしょう | トップページ | 尻すぼみを通り越してトホホ@大楽地 »

2018年4月26日 (木)

私だけあまり釣れない?@引佐天池

久し振りに引佐天池に行こうと思い立った。増沢でもへらの動きが良くなっているので、きっと釣れるに違いない。と言う事で、ゴー!池に着いたのは9時半頃か。うっ、腹の具合が・・・。で、公園の綺麗なトイレで不定期便。それから荷物を降ろして池に向かう。先客は堰堤深場に1人、オーバーフロー左側に1人、堰堤浅場に2人とその近くの遊歩道途中に1人。私は先客に挨拶してオーバーフロー右に入る。湖面は凪Dscf9032Dscf9033いでいるが水は泥色。さあ準備しよう。日差しがきつくて傘は必至。竿は11尺でまずは両グルの宙から。後半は両ダンゴにしてみる。餌はα21・新べらグルテン。「たな」は増沢の時のままで開始は9時50分。まだ皆さん静かな感じだが、私の方は10投しないうちからウキが動き出した。これは行けそうか?しかぁ~し、それからじきに、毎回のようにウキが動きまた消し込んだりするものの、一向に掛からず。これがカラツンって奴ですね。その後1回掛かったかと思ったらバラシでガクガクッ。でも手応えは小さくはなかったので、きっと釣れるに違いないと闇雲流で続行すると、開始30分Dscf9034ほどでやっと掛かりました!これはグッドサイズ。しかぁ~し、しかぁ~し、傘が邪魔してなかなか寄せられない。しかも懸命に寄せて「たも」に入れた瞬間に、何と「たも」の柄が折れた・・・。慌てて落ちそうになった前部分を拾い、何とか掬おうとするが、「たも」が届かない。何度となく逃げられた後に、やっと入った。やれやれ。と、左隣も竿を曲げたではないか。しかもその後もポツポツと竿を曲げる。私の方は間が空いたせいかウキの動きがやや悪くなるが、そこはそれ、打っては切るの繰り返しで半分くらい復活。しかぁ~し、今度はハリスが絡むトラブル。これを解こうと数分やってみるが、ダメ。結局総交換。35cm+45cmくらいを35cm+50cmくらいの両グルチックにしてみるが、既に11時を過ぎている。1人やって来て、左隣の隣に入った。さて、ここでも間が空いたので、しばらくの間打って打って打ってウキの動きを戻す。が、再びカラツンの嵐(ほどではないか)。もちろん「たな」の上下Dscf9035やらピラミッドパワーの助けを借りるものの、ラス前々にバラシが出ただけで前半は終了。時刻は11時31分。結果は言うまでもありません。さあ、気分を変えるために、ちょっと早めの昼食と行こう。それから竿と仕掛けはそのままで、餌を両ダンゴに替える。ガッテン・天々・粘麩と、増沢と同じ組み合わせ。「たな」はそのままで再開は11時43分。両グルの時にあれだけウキが動いたので、それが両ダンゴならもっと動く筈。すると、予想通りじきにウキがモヤモヤからダッと消し込むようになるが、これまたさっぱり掛かりまテン!ハリスが長Dscf9036過ぎるのではと思いつつも、変えてウキが動かなくなったらどうしようと下ハリスを5cmくらい詰めただけで続行すれば、12時のチャイムが鳴ってじきにズバッ!からの1匹目ゲット。なかなかの手応え、気持ちヨカ~。左隣は12時過ぎに終了。私はまたもやカラツンで痺れていたが、隣が帰る12時半過Dscf9037Dscf9038ぎになって2匹目!多分隣のセットのバラケがなくなったので、こちらに来たのかもしれないなぁ。お疲れさまでした。さて、確かに隣が帰った恩恵はあったようで、それからじきに3匹目。ただ、私の場合はなかなか続かない。右奥の先客は午前中はパッとしなかった(個人の感想です)が、午後からスパート!私の倍くらい竿が曲がった気がする。左Dscf9039隣の左も午前中はポツポツだったのに、午後はスパート!一番浅場の先客も竿が曲がっている。私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳状態。1時を過ぎてやっと4匹目ゲット。トータルでは第2目標をクリアしていても、何となく寂しいので、両ダンゴだけで第2目標を目指そう。しかぁ~し、その後はバラシにハDscf9040リス抜けでガクガクッ×ガクガクッ。1時半を過ぎてやっと5匹目をゲット。やれやれ。しかぁ~し、その後は再びのカラツンで1時59分に終了。結果、後半では実釣2時間15分で5匹。トータルでは実釣4時間弱で6匹かぁ。あれだけ消し込んでも消し込んでも6匹・・・。もう終わろうかと思ったが、左の後かDscf9041ら来たへら師がやけに浅い「たな」でへらを引っ張っているので、私もカッツケ風で残業ありかも。急遽餌をガッテン単体で1時間分だけ作る。それからハリスを35cm+45cmから下ハリスをカットして25cm+35cmくらいにする。「たな」を20cmくらい浅くして再開は2時7分。すると、予想通Dscf9042りと言うか、すぐにウキに動きが。しかぁ~し、相変わらずのカラから始まる。ほぼ毎回のようにあたり、そして消し込みが全くかすりもしない。が、開始10分過ぎにズバッ!で1匹目ゲット。残業の意味はあったかもね。その後も消し込んではカラ、の繰り返しの中で、たまに掛かる。2時半を過ぎて2匹Dscf9043Dscf9044目。それからじきに3匹目と、気が付けばトータルでの第3目標にリーチ!これは是非とも達成したいところだが、午後のGT間近にも拘わらず、ズバッ!でカラばかり。1回だけバラシが出たが、それだけ。へら師は私の左を除いて皆さん帰った。ほぼ貸切状態なので、もう少し掛かってもよさそうに思えても、カラ。3時6分に餌が尽きて今度こそ終了だ。結果、Dscf9045残業では実釣1時間余で3匹。トータルでは実釣5時間で9匹。私的にはまあまあだが、今日の池全体ではおそらくビリ。でも、これが私の実力なのだから仕方ない。片付け。湖面は凪いでいかにも釣れそうな感じ。左は「トロ掛け」とか言っているのが聞こえたが、片付け中にも竿が曲がる。裏山の鹿は一体何頭いるんだろう。片付けを終え、車に荷物を積み込む。数はさておき型がいいのでまあ良しとしなければ。さあ帰ろう。そうだ、「たも」を買わなければ。帰りに上州屋にでも行くとするか。そろそろと家路に就いた。
 
明日はどうしよう。増沢より大楽地にでも行こうかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« これはビックリでしょう | トップページ | 尻すぼみを通り越してトホホ@大楽地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これはビックリでしょう | トップページ | 尻すぼみを通り越してトホホ@大楽地 »