« 人によって釣れたり釣れなかったり?@増沢池 with Kさん、Oさん and O合さん | トップページ | テスター »

2018年6月 7日 (木)

梅雨の合間に通院の前に@増沢池 with Kさん、Oさん and O合さん

昨日入梅したかと思ったら、今日は梅雨の合間の晴れらしい。明日はほぼ雨なので、今日は通院日ではあるが出掛けてみようか。医院で予約をしてから増沢へゴー!上空何となく雨が来そうにも思えるが、その時はその時。駐車場に着くと、ちょうどO合さんが車から荷物を降ろしているところ。挨拶すると、既にKさんOさんが竿を出していると言うではないか。しかもへら師はその2人だけ。O合さんはいつもの日陰側深場ワンドに向かった。私は不定期便を済ませてからいつもの場所へと向かう。予報通り蒸し暑く、早くも汗。まずはKさんに挨拶。それから柳の木の奥に向かい、OさDscf9228Dscf9229んにも挨拶だ。さあ、準備しよう。前回前々回は柳の木の奥でそこそこの結果だったが、Ⅰ藤さん2号のようにここで爆釣出来るだろうか。Ⅰ藤さん2号は短い竿だったが、私はいつも通り12尺で両ダンゴの底から入る事にする。餌は真底・冬。遂に真底を使い切ったので、次回からはどんな餌にしようかな。湖面は凪いでいるが、私は敢えて太いトップのウキを採用。ささっと底を取っての開始は9時42分。しばらくはウDscf9230キに動きがなかったが、10時を過ぎる頃からウキが返すようになる。そしてほどなく1匹目。放流でもノー・プロブレム。何となく釣れそうではあるが、果たして?すると、確かにあたりは続いたものの、何と掛かって来たのはブルーの連荘でトホホ。しかも、その後もウキは動くが、これが悉くカラ。ウキ下の微調やら餌付けで対応し、とにかく合わせ続けていた私だったが、開始1時間を過ぎて考えた(今になって?)。底を取り直そう。うん、そんなには違っていなかったぞDscf9231(ハテ?)。そして再開すると、ウキの動きが多少変わったようで、11時に2匹目。1匹目からは約45分経っている。こりゃぁ爆釣からは程遠い感じだ。何とか第2目標くらいは達成したいなぁ。が、しかぁ~し、時間的には午前中のGT、そこからウキの動きがグッと良くなる。と言うか、それまではウキが動き過ぎてあたりらしき動きに翻弄される感じだったのが、今はすっかり大人しくなり、その代わりに少し待つとグッと或いはチクッとウキが入ってポツポツと掛かるようになっDscf9232Dscf9233た。これくらいのペースで釣れれば飽きないぞ。しかぁ~し、3匹目はひょっとしてダブルだったのか、片方のハリスが切られた。更にはスレて上がって来るのも出て来た。写真はありませDscf9234Dscf9235ん。そして5匹目は「たも」の外に掛かった鈎を外そうとしたところ、へらが暴れて食っている方のハリスが切られた(ガクガクッ)。更に7匹目ではハリスが絡んでしまうトラブルでハリDscf9236Dscf9237スカットを余儀なくされた。何と午前の部だけで3回もハリス交換、これはしばらくなかったので、ビックリポン。さあ、この調子なら第3目標に手が届くかも。しかぁ~し、その後2回あたりが出たものの、2回ともバラシでガクガクッ。結局餌が尽きた11時58分(実釣2時間余)まDscf9238でには、トータルで8匹をゲット。と言っても11時過ぎから7匹なんですけど・・・。まさに時合だけの男の面目躍如だ(これも昔よく使った、worn out expressions )。さあ、今日は終了時刻がどんなに遅くとも2時と決まっている(いわゆるケツカッチンって奴ですね)ので、後半もさっさとやらなければ。もちろん両ダンゴの宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はガッテン・マッハのみ。準備し終わってからさっさと昼食。そして再開は12時7分。ありゃりゃ餌が持たないぞ。で、指でコネコネし、更には「たな」を浅くしてみるが、あまり変わらず。それならともっとコネコネして「たな」を深くしたら、ウキが動き出したではないか。そして消し込みまで出て来たが、いずれも掛からず。アッと言う間に1時。これはヤバイ、ヤバDscf9239イですよ。ひょっとして午後は凸かも。しかぁ~し、これまたズバッという消し込みが出て1匹目ゲット!何だろう、これ。単にへらが寄って来たのか?Kさんは終了し、少しの間深場ワンドで岡ジャミした後に帰ったようだ。お疲れさまでした。さて、ウキは動いているので、あとは掛けるだけ。と言う事で、闇Dscf9240雲流登場。すると、連荘だったかは記憶にないが、じきにウキが馴染んでからの小さなあたりで2匹目!トータルでの第3目標クリア!まだ午後のGTには早過ぎる。一体どういう事なんだろう。しかぁ~し、私のGTは2匹と相場が決まっていて、その後は穴が開く。そしてズバッという消し込みでやった3匹目Dscf9241かと喜んだのも束の間、目の下、鰓の近くにスレ。しかも固いところなのかなかなか外れず。もうガクガクッ×ガクガクッ。餌も残り少なくなった。どうやら今日は「つ」抜けで終了か。しかぁ~し、まだ私のGTは終わっていなかった?1時40分を過ぎてまたもやズバッ!でやりましたよ。これは嬉しいの一語。Dscf9242Dscf9243そして1時51分に餌が尽きて終了となった。結果、実釣1時間40分余で3匹。トータルでは実釣4時間弱で11匹。前回と変わらないなぁ。まあいい、私のアームではこんなものでしょう。片付け。今日はほとんど曇りだったので、傘は出さなかったが、紫外線はたっぷり降り注いだのではないだろうか(腕がバッチリ焼けました)。片付けを終え、車に戻る。終了時刻がギリギリだったので、ベイシア詣での余裕はありません。さっさと家路に就いた。
 
明日からしばらくはのんびりしよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 人によって釣れたり釣れなかったり?@増沢池 with Kさん、Oさん and O合さん | トップページ | テスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人によって釣れたり釣れなかったり?@増沢池 with Kさん、Oさん and O合さん | トップページ | テスター »