« 更にビックリした事 | トップページ | 先日の心残りを@増沢池 with Kさん and O合さん »

2018年6月30日 (土)

散々の釣行@増沢池 with Oさん、T林さん、午前中だけKさん and 午後からバットさん、じゃがにぃさん

6月最終日には何としても竿を出さなければ。と言う事で、張り切ってやって来ました増沢。おっ、Oさんの車がある。早速深場ワンドに向かうと、最近の定位置にOさんDscf9315ハケーン!まだ打ち始めたところと言いながら、3投目でウキが動き、じきに1匹目ゲット!今なら底でも宙でも20くらいは楽勝と言われ、それでは「かつての」いつもの場所で爆釣と行こうではないか。車に戻って荷物を降ろし池に向かう。今日は予報では晴れなので、かなり暑くなりそうだ。「かつての」いつもの場所に入って、さあ準備しよう。ちょっと迷ったものの、竿は12尺の底から入るぞ。餌は夏・冬・へらスイミー・マッハといつもと違う配合。と、橋の上からDscf9316声が。Kさんだ。Kさんはしばらく岡ジャミしてから、いつもの日向側橋の下(しも)に入った。さて、多少風があって過ごし易く、後は釣れるだけ。底を取っての開始は8時22分。すぐにでもウキが動き出すかと思いきや、何故かシーン状態。おっかしぃなぁと思いながらも餌打ちを続けると、ガクガクッ波が出て来た。でもウキのトップは太めなので大丈夫。それよりウキが動かないのは何故?ウキ下の微調やらを続けると、1回だけあたりに合ったが残念バラシ。すると、再びのシーン状態で、気が付けば9時を過ぎて開始1時間になりそうだ。マズイ、20どころか凸まっしぐらではないか。で、仕方なく(オイオイ)底取りをやり直すと、ゲゲッかなり違っている。おっかしいなぁPART2。再度餌打ちを始めるが、何となくDscf9317しっくり来ないので、もう一度底取りすると、結局ほぼ元の位置に戻った感じ。で、スッキリしないままに再開すると、やっと9時半過ぎに1匹目が出た。いやぁ、疲れたなぁ。最早20は諦めの境地で、ここはその下第3目標または「つ」抜けを目指そう。すると、それからじきに2匹目。おやっ、ひょっとして午Dscf9318Dscf9319前中のGTかな?ただ、ウキの動きはそれほどでもなく、今にもあたりそうだと言う雰囲気ではないのがDscf9320Dscf9321辛い。しかぁ~し、10時になって、ウキが黒帯辺りでフワフワからチクッ!やっとそれなりのあたりでDscf9322釣れたぞ。風・波は方向を変えて吹き、涼しいのは嬉しいが・・・。さて、やはり午前中のGTは正しかったようで、その後もポツポツと釣れるようになり、バラシ2回を交えながらラス前に6匹目をゲットして終了。時刻は10時34分。結果、第1ラウンドは実釣2時間10分余で6匹かぁ。20は無理としても、何とDscf9323かトータルでの第3目標になるよう頑張ってみよう。さあ、次は宙。竿を9尺に替え、餌はへらスイミーを水でドロドロにしてから、ガッテン・マッハを加える(前回と同じ)。そして「たな」もそのままに再開は10時44分。底でパッとしなかった分を宙で取り返さなければ。一応トータルでの第3目標及び単独での第2目標を目指すぞ。まずは前回同様ボソを打って様子を見ながら手水で柔らかくして行く算段。すると、しばらくしてウキがモヤモヤし始めるが、なかなかあたらない。クーッ、痺れるね。で、前の通りに進めると、最初に確かに掛かったかと思えたあたりでは、手前の水草に仕掛けが引っ掛かってアウト!更に次に掛かって来たのはブルーでガクガクッ。さっさとご退場頂くが、その後は思うようなウキの動きにはならず、時間だけが過ぎるお約束の展開。これは底より厳しい。どうすれば打開出来るのか。11時を過ぎて、今度こその午前中のGTカモン!と思っても、確かにウキは動きまたあたりらしき動きまで見せるのだが、残念カラ。1回だけバラシもありました。あっという間に12時のサイレン。何故かKさんが終了した。お疲れさまでした。Dscf9324さて、餌も残り少なくなって来たので、遂に決断!ハリスを数センチ詰めて余計な動きを減らしてみる事に。すると、12時半近くにやっと1匹目ゲットで、思わず溜息。しかぁ~し、その後は特に何もなく、12時43分に無念の終了。精神的にグッタリ。で、とりあえず昼食にしよう。そうしよう、双子葉植物Dscf9325(嫌でもお付き合い下さい)。おにぎりを持って深場に向かうと、何といつも咳払いがいるところにバットさん。岡ジャミはじゃがにぃさんではないか。バットさんから、仕掛けが切れてウキをロストしたので、もし見つけたらヨロシクと言われ、OK(実際後で対面から出たとの声が聞こえた)。Oさんのところに行くと、2桁にはなったが20には届いていないと言われ、やはりウキが動いていたのは釣れる前兆だったんだと納得。その奥にはT林さん。午後もやるように言われたが、Dscf9326Dscf9327元よりそのつもりです。釣り座に戻り、やっと「トロ掛け」の出番だ。既にハリスはセットされている。餌はガッテン・マッハを押し練りしてやや持たせた感じで使う。「たな」はそのままで再開は1時4分。じゃがにぃさんはバットさんの横で始めたようだ。さて、最初こそウキの馴染みが出なかったが、じきにそれなりの馴染みとなり、更にはウキがモヤモヤ。よしよし、これからだ。と思っていると、急に湖面に雨粒。確かに上空黒雲が湧いているが、多分大丈夫と続行。すると、一旦雨は止んだが、しばらくして再びポツポツ。何となく不安になるものの、続行。しかぁ~し、次にいきなり大粒の雨が降って来たではないか!急いで傘をセットすると同時にスマホで雨雲予報を見ると、Dscf9328Oh My God!雨はバラバラと落ちて来て、とても通り雨の雰囲気ではない(個人の感想です)。しばらく傘で懸命に凌いでいたが、雨の勢いがやや弱まってきたのを見計らって片付け。そうです、止めるんです。最早背中もズボンもびしょ濡れで片付けを終え、挨拶する余裕もないまま車に戻る。あれっ、更に小降りになってきたぞ。でも今更戻るなんてある訳ないじゃん。車に荷物を積み、それでも今日はベイシアへと向かう私であった。
 
P.S.しばらくしてカンカン照り。まさにOh My,God!

体中ビッショリのままで買い物しましたが、何か
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 更にビックリした事 | トップページ | 先日の心残りを@増沢池 with Kさん and O合さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 更にビックリした事 | トップページ | 先日の心残りを@増沢池 with Kさん and O合さん »