« こんなところにO合さん@大楽地 | トップページ | 羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く@増沢池 »

2018年7月24日 (火)

暑いがまあこんなものでは?@増沢池 with ちょっとだけ岡ジャミKさん

相も変わらず暑いが、それでも出掛けなければと出向いたのは増沢。やはり日陰というのが嬉しいところ。しかぁ~し、8時半頃に駐車場に着くと、車が少ない。やはり釣れないのか・・・。他の池に行った方がいいのかもしれない。が、今更移動は面倒なので、さっさと荷物を降ろしていつもの場所に向かう。いつもの場所から柳の木の奥のDscf9407Dscf9408奥まで誰もおらず、これ幸いと準備開始。あっ、見えないが奥の方からあたりさわりの声。巻き舌に裏返る独特の声の上に、不必要に大きいのだ。それで他人の陰口悪口のオンパレード。おっと、私も同種の人間になってしまう。これくらいは我慢して、と竿は12尺、餌は夏・冬・マッハのバラケにα21・グルテン四季の食わせ。風がなくべたっとした湿気で、顔をいくら拭っても汗が出て来る。で、傘は必須。ささっと底を取っての開始は9時19分。本来は両ダンゴでやりたいところを、昨日のO合さんの話からグルテンも作る事に。すると、なかなか分かり辛いが、しばらくするとウキが返すようになった気がして、思わず竿を持つ手に力が入る。しかぁ~し、なかなかあたらず。クーッ、焦れるなぁ。その後数回ウキの動きに合わせてみると、これが全く掛からない。まさに今日がXデーなのかも。早くも10時を過ぎる。それまで餌付けやらウキ下の微調など、やれる事はやったつもり。更にやったと思ったあたりでの「鱗」にはガクDscf9409ガクッ。で、ここまであまりにもあたらないのに業を煮やして両グルで打ったところ、ウキが餌落ち付近まで返してフワフワしたところからのグッと入るあたりで、やっと釣れました!う、嬉しかぁ・・・。さっきまで本当に今日がXデーかと思っていたので、この嬉しさは格別だ。さあ、どんどん行こう。すると、急にウキが動き出したのにはさすがにビックリだ。だが、掛かりませんが何か。そこへ左からKさん登場。あまりに暑くて竿を出す気になれず。それでも見に来るくらいはと岡ジャミにやって来た。Kさんが見ている前で何とか1匹をとウキの動きに合わせるが、残念かすりもしない。Kさんは10時半頃に奥のワンド方面へと向かった。Dscf9410Dscf9411竿を曲げられずスミマセンでした(トホホ)。しかぁ~し、Kさんが去るとほぼ同時にウキの動きが良くなって、ポDscf9412ツポツと2匹を追加。更にしばらくしてもう1匹ゲット!とりあえず第2目標にリーチ!と、橋の上から声。Kさんだ。岡ジャミ終了との事。私の竿が曲がるのを見てくれた。お疲れさまでした。さあ、この地合を逃さずに行こう。しかぁ~し、その後はまたもカラツン。そして「かじり」に「鱗」更にはハリス切れと、全くいいところがなく11時を迎える(早っ!)。そろそろ午前中のGTが来るかもと、根拠のない希望を持っての餌打ちするものの、グルテンが尽きてしまったので、残りのバラケを両ダンゴとして続行。すると、これまた午前中のGTなのかウキは返し、またDscf9413あたりのような動きを見せるものの残念掛からず。しかぁ~し、ラス前々にようやく掛かりました!で、遂に第2目標クリア。それからじきに餌が尽き、11時26分に底は終了。結果、そこでは実釣2時間10分弱で5匹。まあまあだ。奥の方の様子は不明だが、T林さんが竿を曲げるのは1回見た。さあ、次はDscf9414宙。どうしようかな。両ダンゴは全く自信がないので「トロ掛け」でもやろうかな。それとも前回ダメだった両グルでリベンジ?いや、ここはやはり両ダンゴだ。しかもへらスイミー主体ではなく粘麩主体で行こう。と言うのは、ハリスが前回の両グルのままになっているから。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は粘麩に水でドロドロにしてからガッテン・マッハを加える。そして再開は11時46分。しかぁ~し、数投打つか打たないかのうちに妹からラインがあり、それに対応しているうちに12時のサイレンが鳴ってしまった。で、仕切り直し。もちろん餌は少しずつ手水で調整しているが、しばらくして波の中ウキが上下しているように見えてきた。そしてグッと入るあたりらしき動きも出るが、これまた一向に掛からず。で、思い切って40cm+55cmくらいになっている筈のハリスを30cm+45cmくらいにまで詰めてみる。「たな」はその分深めに。すると、ウキの動きが格段に良くなり(個人の感想です)、これなら釣れそうと思うのだが、なかなか思うようには行かず1時。やはり私にはダンゴは無理。ここは「トロ掛け」だったかと言っても仕方ないタラ・Dscf9415レバまで出て来た。しかぁ~し、天は我を見捨てなかった。極小さなモヤッに反応したら、やった掛かりました!引きが強いので何かと思ったら、堪えているうちに引きが弱くなって、見えて来たのは放流(ガクガクッ)。でも、1匹は1匹。立派にカウントです。ただ、心の中では1時間以上やってこれかよ!と思っているのは仕方ないでしょう。しかぁ~し、ここから再び掛からなくなってしまい、ハリスを更に5cmくらい詰めると、これなら普通の両ダンゴでも良かったのではと、再Dscf9418びのタラ・レバ。しかぁ~し、2時近くになってまたも小さなモヤに合わせたら、うわっ、凄い引きで穂先が水中に引っ張り込まれた!これを懸命に堪え、何とか持ち直したものの、心中はスレかとほぼガックリ。しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみればちゃんと口に掛かっています。やれやれ。しかぁ~し(今度は何?)、大きさは「たも」の径と同じ35cmくらいなのに意外に幅があって重く、「たも」を押さえながら写真を撮るのが難しい。で、仕方なくへらには「たも」から出てもらって写真。お疲れっス!さあ、餌もあとわずか。何とかもう1匹、いや2匹3匹でトーDscf9419タルの第3目標クリアと行きたいところ。すると、2時を過ぎて餌が尽きるまであとわずかと言うところで「上がりべら」ゲットだ。もうこれ以上は無理と、2時12分に宙も終了。結果、宙では実釣2時間10分余で3匹。トータルでは実釣4時間20分で8匹。渋い渋いと聞かされていた割にはまあまあでしょうDscf9420か。片付け。腰が少し痛い。汗は最初の頃に比べれば出なくなっている。ただ、帰途はしんどい。ハアハア言ったかどうかは不明だが、何とか車に戻り、荷物を積む。さあ、今日も今日とてベイシアが待っている。さっさと池を離れた。
 
今月中にもう2回くらい竿を出せたら・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« こんなところにO合さん@大楽地 | トップページ | 羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く@増沢池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんなところにO合さん@大楽地 | トップページ | 羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く@増沢池 »