« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日 (金)

止める勇気なのか、それとも単に釣れないからか@増沢池 with 深場ワンドの皆さん and 竿を出さずに帰ったKさん

今日はまだ天気に余裕があるので、月末と言う事もあるし出掛けました増沢。本当は大楽地にでも行こうかと思っていたのだが、結局いつも通り。駐車場に着くと、車は少Dscf9540ない。Kさんの車ハケーン。さて何処にいるのかな。今日は最初から深場ワンドに入ろうと思っていたので、さっさと荷物を降ろして池に向かう。予想通りK林君が坂の正面。あとは見える範囲で3人いるが、Kさんは何処かな?荷物をいつもの場所に置き、先客に挨拶しながら「かつての」いつもの場所方面へと移動。「かつての」いつもの場所にはいつもの人。挨拶して様子Dscf9541を訊くと、良くないようだ。ただ、泡だけは出ている。と、正面日向側坂の下に1人と、そこに岡ジャミしているのはKさんではないか。どうやら日向側でやるつもりだったようだが、岡ジャミに化けている。さて、釣り座に戻って準備だ。今日は終日曇りと予報にあるが、晴れている。風は少し出ているが、これくらいがちょうどいい感じ。さあ、竿は9尺で両ダンゴの宙から行くとしよう。餌はガッテン・天々に、古くて効果があるか不明の「粘りの素」をパラパラ。さあどうか?「たな」は前回のままで開始は9時3分。と、第一投からウキがモヤモヤ。う~ん、ちょっと餌が持たない気がする。で、数投後にマッハを追加してボソタッチに変更。すると、ウキの馴染みはしっかり出るようになるが、動きはそれほどでもない。Kさんがやって来て岡ジャミ。昨日は柳の木のところで3時間で8匹。まあまあじゃないですかと言うと、いやいや釣りにならなかったとの事。それでは8匹くらい釣って喜んでいる私の立場は・・・。対面坂の下のK子さんは「ドボン」で既に20匹近くをゲットしているらしい。暑さを堪えればそういう結果もあるのか。さて、しばらく打ち続けると、1回だけかすった。しかぁ~し、先に竿が曲がったのはK林君。流石です。私もあたりらしきウキの動きに合わせてるんだけどなぁ。Kさんは9時40分頃に帰った。岡ジャミDscf9542お疲れさまでした。餌にはいつものように手水とガサガサ(かきまわす音)。と、10時近くになってやっとあたりに合いました。やれやれ、凸でなくなったぞ。周りにへら師がいると、緊張してしまう私。今日の目標を達成した(オイオイ)のが嬉しくて嬉しくて・・・。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、そんなにDscf9543簡単に釣れる筈もない。見えないが、いつもの人は帰ったんだろうなぁ。その後もウキは動き、時折あたりらしき動きも見せる中、10時半近くになって2匹目。更に気が楽になった。ただ、その後はウキの動きが芳しくなくなって10時45分に餌を打ち切った。結果、第1ラウンドでは実釣1時間40分で2Dscf9544匹。ここは風の通りがいいので、汗も早く引く。さあ、次はどうしようか。前回と同じく両グルを小一時間やってみるとしよう。餌はα21・わたグル。時間をおかずに開始したところへ、今日はやや遅めのご出勤のT林さん登場。まずは亀に餌やりタイム。さて、私の方はすぐにウキが動き出したまでは良かったのだが、その後が良くない。両ダンゴと同じハリス長なので、アピールがやや足りない感じだ。で、オモリの位置をずらして疑似的にハリス長を10cmくらい長くしてみると、ウキの動きが一変。馴染んだ後に誘うとズバッ!まで出るが、一向Dscf9545に掛からないのはそれまでと同じ。それでも合わせ続けると、開始して1時間近く経った11時半過ぎにようやく1匹目。う、嬉しかぁ。ひょっとして午前中のGTが来たかも。が、餌がもうない。最初から小一時間と決めていたので仕方ないが、11時54分に餌を打ち切ってしまった。結果、第2ラウンドでは実釣Dscf95461時間余で1匹。午前の部では実釣2時間50分で3匹。前回は両グルでもう少し釣れたのだが、まあこんなものだろう。一旦休憩して昼食。それから次は「トロ掛け」だ。ハリスを縮め、段差は5cmないくらい。餌はガッテン・天々(実はマッハを使い切ってしまった)のバラケと、これまた今日で使い切りのベイシアのトロロ。大分古くて繊維が短そうだ。「たな」は変えずに再開は12時のサイレンが鳴ってじきの12時4分。すると、じきにウキが動き出したのにはビックリ。そしていきなりの消し込みまで出るが、残念掛からず。そうこうしているうちに、どうもトロロの持ちが悪いような気がして来た。あたりそのものが減って来たのだ。そしてかすかにスレる事数回。私の右にいた先客は帰った。なかなか厳しい状況の中、ポツポツと竿を曲げていた。さて、いつもとは逆の展開ではないかと思いつつ、少し「たな」を上げてみると、ウキの動きは多少良くなったものの、あたりらしき動きはDscf9547見せない(見過ごしているのかも)。で、再び「たな」を深くして、更にハリス段差を広げてみる。すると、これが功を奏したのか、ウキが馴染む途中でのズバッ!でやった1匹目は12時40分を過ぎている。まだまだ行けそうだ。すると、ほどなく馴染み切ったウキがスバッ!やった2匹目ゲット。しかもちゃんとDscf9548トロロを食っている。対策が実ったか。これでトータルでの第2目標もクリア!なかなか厳しい中(個人の感想です)、よくぞここまで来たもんだ。しかぁ~し、K林君とT林さんから、雲行きが怪しいというお言葉。そう言えば先客が帰る前から時折ゴロゴロという音が鳴り響いていたのを思い出した。確かに上空には黒い雲が。何となくヤバイ雰囲気ではある。Y!天気で雨雲の様子を見ると、Dscf9549引佐インター辺りにかなりの雨を降らせそうな雨雲があって、結構な速さで東に進んでいるではないか。お二人は撤収(K林君は雨が止めば再開らしい)の準備。私も今はウキの動きが良くなってはいるが、そんなに釣れている訳でもないので、これは「止める勇気」とはちょっと違うものの、12時58分に片付け開始。結果、午後の部では実釣50分余で2匹。トータルでは実釣約3時間40分で5匹。私的には急いで片付けを終え、先に片付けを済ませたT林さんの後を追うように、雨が来る前にと車に戻る。すると、何と言う事でしょう、車に荷物を積むタイミングで大粒の雨が落ちて来た。まさにジャストタイミング~(グー・グ・グー)。さっさと荷物を積んでベイシアへと向かった。までは正解だったのだが、ベイシアから出て来たら、ピーカンになっているではないか。わずかの我慢だったか。でも、今更竿を出すなんて絶対に出来ない!で、そろそろと家路に就く私だった。
 
今夜は猛烈な雨が明日の朝まで続くらしい(あくまで予報)
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年8月30日 (木)

残暑厳しき折@大楽地の池

今日は通院日なので竿を出すのは止めて、ちょっとした用事のついでに大楽地の池を訪ねてみた。O合さんの車があるのは承知。
しかぁ~し、坂を上るとジャカゴにO合さんの姿はない。先客は3人なのだが、右岸奥の釣り台が並ぶ辺りに3人とも竿を出している。その中、一番奥にいるのがO合さんらしい。あそこまで歩くのか・・・。
Img_20180830_093918フウフウ言いながら途中の先客に挨拶したら、誰かと勘違いしたのか微妙な返事。まあいい、奥を目指そう。
O合さんはかなり浅場にいた。まずは挨拶。やはり増沢では釣れないと言う事で、こちらに来ている。と、ここまでは前回と同じ。
増沢には涼しくなったら行くと言っている。ここはへらのサイズも大きいし、しばらくはここでやるそうだ。
また宜しくとその場を離れ、車に戻る。釣り座は日陰になっていたが、往復で汗が噴き出した。
さあ、帰るとするか。途中の餃子屋に寄ろうかと思ったが、面倒なのでそのまま家路に就いた。
 
次の台風が去れば、今度こそ「秋の気配」か
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年8月29日 (水)

昨日の消化不良を解消するために出掛けた@増沢池

昨日はたった2時間しか竿を出せなかったので、いささか消化不良となっている。で、今日も出掛けました増沢。駐車場着は9時前。あれれKさんの車がないぞ。今日は来ないつもりかな。さて、今日は何処に入ろうか。幸い?あたりさわりグループとかは、Dscf9526昨日と同じく来ていないようなので、それではもし雨があっても大丈夫な深場ワンドに入るとするか。荷物を降ろして坂を下りる。正面にはK林君。挨拶すると、これから始めるところらしい。私は前回とほぼ同じ場所(頭上が少し高くて、万一バラシても引っ掛かりにくそうだ)に入る。あっ、柳のDscf9527木の奥の奥(こちらから見れば前の前)にいるのはⅠ藤さん2号ではないか。早速近くまで行って挨拶。既に5匹をゲットしているようだ。写真は写りが悪くて分からないが、確かにいますよ。さあ、釣り座に戻って準備しよう。ちょっと迷ったが、竿は9尺で宙から入る。餌はへらスイミー・ガッテン・マッハ。「たな」は前回とほぼ同じで開始は9時17分。先に始めたK林君から、今日はT林さんは所用で来ないと知らされる。さてM開始してじきにウキがモヤモヤ。確かにへら師は3人しかいないので、へらの寄りは良い筈。ひょっとすると爆釣かも(昨日を思い出せ!)。しかぁ~し、あたりらしきウキの動きで掛かって来たのはお約束のブルー(ガクガクッ)。さっさとご退場いただくが、それしかいなかったのか、その後はシーン状態に。逆にK林君は竿を曲げる。裏山鹿~。ちらっと見るとⅠ藤さん2号も。裏山の鹿を何頭数えればいいんだろう。それでもしばらくすればウキの動きが出て来た。が、これがなかなかあたりにならず。どんどん時間は過ぎて行く。O石さん、知らないへら師2名が来て池は多少賑やかになった。K林君から「たな」を深くしたらウキの動きが良くなったと言われたが、私は逆に浅くする。すると確かにウキは動くのだが、たまに出るあたりらしきウキの動きではかすりもしない。K林君とⅠ藤さん2号はポツポツと竿を曲げ続ける。これはなかなか辛いが、餌に手水とコネコネ以外に何か対応策がある訳でもない私は、ひたすらの餌打ちが続き、あっという間に開始1時間。何だか凸必至の様相。で、ここは素直になって「たな」を20cm以上深くしてみたら、それまでよりウキの動きがグッと良くなった。が、あたりらしきウキの動きでDscf9528は同様の推移。しかぁ~し、開始1時間半が経過しようとするまさにその時に、やっとあたりに合いましたよ!時合かもしれないし、K林君の教えが良かったのかもしれない。しかぁ~し、その後は再びあたりに合わず、結局11時1分に餌が尽きて無念の終了。実釣1時間40分強で、結果は言うまでもありませんね。消化不良の解消より欲求不満が高じてしまった(トホホ)。でも、ここでちょっと閃いたのが「両グルの宙」。ウキは動いているのでひょっとしてダンゴよりは私に向Dscf9529Dscf9530いているかも。早速α21・わたグルを小一時間分作って再開すると、まだへらが残っていたのか、じきにウキに両グル独特のモヤモヤが出始める。そしてウキが馴染みDscf9531切ったら1,2回誘ってから餌を切る、を繰り返すと、あたりも出始めたが、これがさっぱり掛からず。しかぁ~し、今日も出てしまいました「掛かってます」で1匹目は11時半少し前。まあ、何でも掛かればOKでしょう(トホホ・・・)。11時半頃Ⅰ藤さん2号が終わった。トータルで2桁はいったのではないだろうか。お疲れさまでした。私のウキはまだ動き続け、隣が竿を曲げたのと同じタイミDscf9532Dscf9533ングでウキが消し込み2匹目。これは両グルのおかげなのか、それとも「たな」なのか、更には午前中のGTなのか?更に3匹目は白波でウキの視認性がかなり悪い中での、誘った後のチクッ!さきほどまでの両ダンゴは一体何だったのか?12時のサイレンが鳴ってじきDscf9534の12時15分にグルテンを打ち終え、両グルの宙は終了。結果、両グルの宙では実釣1時間10分ほどで3匹。トータルでは実釣2時間50分くらいで4匹。2桁を狙うK林君の足元にも及ばないが、それでも凸スレスレだった事を思えば、まさに世界が変わった?これで少しは気が晴れたかも。さあ、次はどうしようか。一瞬「トロ掛け」も浮かんだが、ここは再度両ダンゴでやってみよう。ただし餌は粘麩・ガッテン・マッハ。さっさと昼食を終え、再開は12時23分だ。すると、これまたすぐにウキに動きが。ただ、今まで通りあたっても掛からず。Dscf9535クーッ、何故なんだ?最初の頃に戻ってしまった感じだ。もちろん餌に手水とコネコネでどんどん柔らかくしていくが、あまりやり過ぎると粘麩のいいところがなくなりそう。それでも1時を過ぎて1匹目ゲット。これでトータルでの第2目標をクリアしたが、昨日はもっと早い時間帯にこれをクリアしていたので、ここDscf9536からが本当の勝負だ。何とかトータルでの第3目標くらいには到達したいなぁ。すると、連荘ではないが、それからじきに2匹目。これは素晴らしい。ひょっとして午後のGTが来たか?すると、1時半少し前に小さくチクッと入るあたりに手を出せば、ギュイーンと糸鳴りするくらいの引きに、やられた(スレ?)かと思いながらも懸命に堪えると、途中もう一方の鈎が尾ビレ辺りに掛かってしDscf9537まい、余計に暴れられてさっぱり寄らず、他のへら師からはスレと言われてしまったが、「たも」に収めればちゃんと鈎を呑んでました。やったぞ3匹目。しかぁ~し、これがなかなか外れず。自慢の指鈎外しではダメなので、本物の鈎外しを出して事なきを得た。これが今日一番のサイズで、おそらく40cmくらいはありそうだ。岡ジャミしていたへら師(名前は知りません)まで見に来てくれた。Dscf9538エッヘン。ウキの動きはまだ続き、1時半を過ぎて4匹目。この調子なら単独での第2目標、更にはトータルでの第3目標も夢じゃない?しかぁ~し、何故かはわからないが、その後はまたもあたりらしきウキの動きに全く合わず、2時17分に無念の終了。結果、再度の両ダンゴでは実釣2時間弱で4匹。トータルでは実釣4時間40分強で8匹。まあ、最初の事を思えば良かった良かったと言いたいところだが、尻すぼみでちょっと寂しさが残るのは否めないか。片付け。今Dscf9539日は「かつての」いつもの場所や旧爆釣ポイントより遥かに過ごし易い時間だった。今後もこちらに入ってみようかな。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。勾配もあり距離もいつもより長めなのに、何故かいつもより楽(と言ってもしんどいが)なのは何故だろう。汗は出なくてもフウフウ言いながら車に戻る。さあ、今日は少し早いがベイシアへゴー!さっさと池を離れた。
 
明日は通院日で竿を出せない。明後日以降は天気が悪いので、8月の釣行は終わった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

雨の予報に撤収も晴れ間@増沢池 with 岡ジャミになったKさん

昨日は行こうと思えば行けたのに行かなかった。で、今日は終日曇りとの予報に、最初は大楽地に行こうと思っていたのだが、さっさと始めたいからと増沢に変更。駐車場着は9時過ぎか。Kさんの車を発見したので、まずは橋まで行って何処に入っているか見てみようと思ったら、橋の上を歩いているではないか。挨拶すると、へら師がいないと言う。さっさとやりましょうと言うと、「かつての」私のいつもの場所に入るようなので、それでは私は旧爆釣ポイントにしよう。車に戻って荷物を降ろす。今日はかなり蒸し暑くて、既に汗びっしょり。Kさんは後から来ると言うので、さっさと池に向かう。柳の木の奥の先客に挨拶すると、底で始めたばかりとの事。深場ワンドにではK林君Dscf9519が貸切だと言っているが、今からそちらに向かうのもしんどいし、Kさんが来るから旧爆釣ポイントは変えず。荷物を降ろして準備開始。汗が止まらない。と、Kさんが何も持たずに降りて来た。あれれ?訊くと、予報では午後から雨になっているから止めたとの事。え~っ、今日は確か曇りの筈ですよとスマホを見ると、ゲゲッ、本当に12時から雨になっている。これは一体どうDscf9518いう事だ?K林君がこちらに来たので、様子を訊くと、先日は遅くまでやって30は出たとの事。スンバラシイ。でも今日は天気もあるし、午前中で止めよう。ただし絶対に1匹は釣って帰ると言う事で、勝負が速そうな9尺の宙にしよう。餌は粘麩・ガッテン・マッハ。K林君は釣り座に戻り、Kさんは岡ジャミで私が1匹釣ったら帰ると言う。かなりのプレッシャー・・・。開始は9時40分。今から大体2時間で餌を打ち切るので、予報通りならギリギリ雨は回避出来そうだ。すると、やはり貸切(へら師はたったの3人)のおかげなのか、じきにウキが動き出した。そして弱くではあるがあたりらしき動きも出るようになる。しかぁ~し、相変わらず掛かりまテン!そうこうしているうちに先客が竿を曲げる。底の方が良かったかと、早くもフラフラする私。それにしても今日の湿気は格別で、風がないのと相俟って顔は幾ら拭いても汗。後ろには厳しい目の岡ジャミもいて、最初からダウン寸前。更には昼前に餌を打ち切るミッションもあって、平常心ではいられません。それでも何とか掛かりました!と思ったら手の平サイズのブルー。こいつにはさっさとご退場頂く。そして、何を思ったのかハリスを20cm+35cmくらいから35cm+45cmくらいに変更だ。すると、確かに最初よりはウキが動くようにはなったものの、掛からないのは同じ。ただ泡付けだけは凄い。これも貸切の恩恵か?先客はもう1匹ゲットしている。厳しぃ~っ!時刻を確認すれば、何と10時20分。見ると深場にはT林さんが定時出社。と、ここで先客の声。道糸が切れたのかウキをロストしたらしい。Kさんがレスキューで私の「たも」で救出。そして私が釣れそうにないと見切って帰った。岡ジャミお疲れさまでした。さて、背後からのプレッシャー?がなくなったせいか、その後しばらくしてやっとあたりに合いました。残念バラシとなったが、今日初めての手応え(ブルーDscf9520除く)だ。すると、開始1時間が経ったジャスト10時40分に今度こそ掛かりましたよ!う、嬉しかぁ・・・。目標達成だぁ。しかぁ~し、ハリスがグシャグシャに絡んでしまい、カットを余儀なくされる。せっかく調子が出かかったのにぃ・・・(いつもの事)。急いで交換して再開すると、何と言う事でしょう、早めの午前中Dscf9521Dscf9522のGTなのか、11時までにポツポツとあたりに合って2匹を追加。これは嬉しいです。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、続いて掛かって来たのはまたも手の平ブルー。しかも鈎を呑んでいて、外すのに難儀。何故調子が出かかるとこうい事が起きるんだろう。しかも、続いてはバッチリの消し込みでも沖に逃げられてのハリス切れ。ガクガクッ。どうやらこれで今日の仕事はお終いか。いやいや、まだGTは続いていて、11時を過ぎてもあたりにDscf9523Dscf9524合って2匹をゲットすれば、嬉しや想定外の第2目標クリア!先客からもKさんがいるうちに見せつけてやればよかったと言われても、私のアームでは無理でしょうか。ウキはまだ動いているが、何となく変な感じでウキがズルズルと沈んで行くのに合わせたら、何とブルーの連荘でガクガクッ×ガクガクッ。このままではへらとブルーが数で並んでしまうかも。と、見ると先客は帰り支度。仕掛けを直したらやる気が失せたらしい。11時半頃帰った。お疲れさまでした。これでへら師は私を含めたった3人となってしまった(最初と変わらず)。さて、その後もウキは動き続けるが、先程までとは打って変わって全く掛からず。何かちょっとした違いによるものなのだろうが、それが分かれば苦労はない。餌に何かを加えるとかハリスを詰めるとかの対応策がない訳ではないが、もう餌が終わりそうなのでやりません(キッパリ!)。そして11時52分に餌が尽きて無事終Dscf9525了。結果、実釣2時間10分で5匹。前回に比べれば御の字でしょう。予定通り片付けを始めるが、空は明るく日も差している。でもスマホでは雨なのだ。12時のサイレンを聞きながら片付けを終え、奥の2人に挨拶して車に戻る。息は上がり汗も噴き出している。おかしいなぁ、空は明るいし、続行すれば良かったのではと今更ながらのタラ・レバも出るが、仕方ない。さっさと荷物を積み、今日はベイシアにも寄らずに帰った。
 
さくらももこさんの訃報にはビックリ。ご冥福をお祈りします。
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

朝日はこんなところまで

先日の続きになるが、朝日ってどうしてこうなんだろう。どこかの国や日本の某政党のように無謬主義なのか?
 
報道しない自由権と言葉の力について 朝日新聞慰安婦強制連行捏造
 
何処まで読者を馬鹿にすれば気が済むのか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

異例の長時間(もちろん私にとって、だが)も効なく@増沢池 with チケットを持って来たザわさん

今日は日曜なので本来は竿を出さないのだが、何とかして回数を増やすべく出掛けました増沢。池に着いたのは9時少し前くらいだが、既に暑い。この陽気ならさぞかしへら師の数も多いだろうと踏んでいたが、車はそんなに多くない。まずは橋から池の様子を覗うと、「かつての」私のいつもの場所にはⅠ藤さん2号、あとは柳の木の奥から深場ワンドの真ん中くらいまでへら師がいるが、10人はいない感じ。それならT林さんの定位置辺りもいいじゃないかと思いつつも、入ったのは旧爆釣ポイント。ちょDscf9501Dscf9502うどⅠ藤さん2号が柳の木の奥と話中だったので、まとめて挨拶。さあ準備しよう。汗が滴る中釣り台をセット。さてどうしよう。右のⅠ藤さん2号はいつものように6.5尺底で8匹をゲットしている。よし、それなら私も9尺の底から入ってみよう。餌はいつものバラグルセット。ささっと底を取っての開始は9時22分。しかぁ~し、ウキはしばらくすると返すようになるが、一向にあたらない。隣でⅠ藤さん2号はポツポツと竿を曲げ、早くも「つ」抜け達成。裏山鹿~。私の方も10時近くになってようやくそれらしき動きが出始めた。が、あたってもカラでトホホ。T林さんは定時出社。と、その時深場からザわさん登場。頼んでおいた、9月に行われるジャズバンドのライヴのチケットを持て来てくれた。と、その時ウキが馴染み際であたり!あっと思ったが合わせられず。Dscf9503しかぁ~し、底に着いてから再びあたりが!そして掛かりました。う、嬉しかぁ。今日は凸必至かと思いきや、何とか救われたので、まずはホッ。さあどんどん行こうではないか。しかぁ~し、しかぁ~し、そこからがさっぱり状態。ウキは動きまたあたりらしき動きも見せるのだが、見過ごしたり手が出なかったりと、まさに「アカン!」状態に。両グルにしてみたり両ダンゴもどきにしてみたりと一応の対策?をしていると、11時を過ぎてようやく掛かりましたよ!放流でも1匹は1匹。Dscf9504_2Dscf9505文句を言うと叱られますよ(誰に?)。すると次の一投でもあたり、そして連荘で放流。やっと午前中のGTに間に合ったか。しかぁ~し、私のGTは2匹と相場が決まっているのか、その後は再びのシーン状態。しばらくしてグルテンが尽きたのを機に、車に戻ってチケットを受け取る。そしてザわさんは帰宅。岡ジャミお疲れさまでした。ちょっと息が上がったが、釣り座に戻り、残ったバラケで両ダンゴもどき。すると、再開第一投でウキDscf9506が返したと思ったらチクッ!でやった4匹目ゲットだ。まさにGTさまさま。第2目標にリーチ!しかぁ~し、残念餌がもう終わる。11時55分に終了だ。結果、底では実釣2時間半で4匹。最近では良い方ではないか。Ⅰ藤さん2号はあたらなくなったと宙に変えたが、しばらくして見たら底に戻っていた。さDscf9507て、次は宙なのだが、9尺の宙の仕掛けは「トロ掛け」になっているので、それでは「トロ掛け」をやってみようかな。餌はガッテン・マッハのバラケとベイシアのトロロ。「たな」は仕掛けのままで再開は12時14分。すると、数投でウキが動き出し、ズバッ!というあたりまで出るようになるが、カラ。でもグーンとやる気が出たぞ。と、それからじきに再びのズバッ!でやった早くDscf9508も1匹目ゲットだ。トータルでの第2目標クリア。しかぁ~し、「たも」の中で、食っていた下鈎ではなく上ハリスが切れていた。急いで交換すると、12時Dscf9509半少し前に再びズバッ!で2匹目。こんなあたりで釣れるのなら、「トロ掛け」万歳だ。その後12時Dscf9510半を過ぎたところでまたもズバッ!で3匹目。これこれ、この調子で行きましょう。4匹Dscf9511目はやや間が空いたものの、1時前にやはりズバッ!早くも単独での第2目標にリーチ!と、ここまではそれほど文句が出る展開ではなかったのに、そこから状況がやや悪化。しかもズバッ!でまさかのハリス切れ。急いで交換したらハリス段差がやや広めになってしまったのをそのまま使っていたら、ウキが動かなくなってしまったではないか。ハリス段差って結構シビアなんだね。で、2cmくらい詰めたらウキの動きが復活し、またもズバッ!しかぁ~し、何故かまたもハリス切れ。急いで急いで交換したら、オヨヨまたも段差が広がってDscf9512しまったではないか。それをそのまま打ち続けると、思った通りウキの動きが悪くなったので、再度段差を詰めたら2時少し前にズバッ!でようやく5匹目。4匹目から約1時間が経っている。ふ~っ・・・。しかぁ~し、「たも」の中で暴れられて痛恨のハリス切れ。今日は一体何本ハリスを替えたのだろう。これDscf9513また急いで交換したら、2時を過ぎて、何と「掛かってます」で6匹目。遂にトータルでの第3目標に到達したぞ。隣のⅠ藤さん2号は帰った。数を増やせたかどうかは不明。後半はだいぶ手こずっていたようだ。お疲れさまでした。さて、時間的には最近早めになっている(個人の感想です)午後のGT、まだまだ釣れそうな気がするぅ♪しかぁ~し、あたりはあっても掛からず2時24分にトロロがDscf9514尽きて終了。結果、「トロ掛け」では実釣2時間10分で6匹。とにかくトラブルが多かった。さあ、トータルで5時間近くやったのでもう終わってもいいが、今日は何故かやる気が残っている。で、やってみたかった両ダンゴで「有終の美」を飾ってみよう(オイオイ)。まずはへらスイミー・ガッテン・マッハのダンゴを作ってから仕掛けを直し、ハリスを18cmくらいと30cmくらいにする。そして同じ「たな」での再開は2時32分。今日もベイシア詣でが予定されているので、出来るだけテンポ良く餌を打って行こう。もちろん餌に手水とコネコネで段々柔らかくしていくつもり。さて、餌打ちを始めるとじきにウキがモヤモヤし始めた。これは爆釣の合図?しかぁ~し、そこから先は厳しい~っ!の一語だった。まずはズバッ!あるいはスッあるいはチクッとあたりらしきウキの動きに合わせてみても一向に掛からず。餌は手水にコネコネで柔らかくまた多少の粘りが出て来たが、それでもカラでう~ん・・・と唸ってしまう。しかも掛かったかと思えばバラシまたはハリス切れで、全くいいところがないまま3時。何度となく交換したので、ハリス長はおそらく20cm+35cmくらいになっている。やらなきゃ良かったとタラ・レバ満載になるが、いずれにせよ餌を打ち切らないと帰れまテン!それが省資源釣法(キリッ!)。トラブルにめげる事なく?とにかくあたりらしきウキの動きに積極的に合わせて行く(人呼んで闇雲流)と、Dscf9515地合がグーンと良くなる3時半近くになってやっと1匹出ましたよ。ただ、ホッとする反面、釣れないなら釣れないままで終わった方が「きよきよしい(清々しい)」のではとの思いもあったので、1匹出ても複雑な気持ち。どうだろう、もう1匹くらい釣れれば気持ちも変わるかも。しかぁ~し、いよいよ餌を打ち終える4時少し前になって、今更のズバッ!で糸鳴りの凄い引きに遭遇。多分スレなんだDscf9516ろうから、バラすなりハリス切れになればいいのに、これが一向に切れず外れず。腕がどうにかなりそうなのを懸命に堪え、やっと「たも」に収めると、悔しや今日一番のサイズなのに腹ビレにスレ(予想通りでもガクガクッ)。それからじきに餌が尽き、4時5分に無念の終了となった。結果、両ダンゴでは実Dscf9517釣1時間半で1匹!トータルでは実釣6時間余で11匹。残業は不要でした(手当は付かないだろうな、おそらく)。片付け。左隣は2時半頃帰った。20に到達したようだ。スンバラシイ。気温はどんどん上がって片付け中に汗ばむくらい。何とか終えて車に戻る。ハアハアと息が切れる。さあ、さっさとベイシアへ向かおうではないか。そして涼もう。さっさと池を跡にした。
 
今日の午後、池の上空をドローンがホバリングしていた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月25日 (土)

やっと台風が去った

19、20号がやっと遠くに行った。
恐れていた竜巻注意報も、それほど大きな被害はなかったようだ。
で、明日はどうしようかな。竿を出そうかな。それとも月曜まで待とうかな。
 
さて、これはどう評価すればいいのか。故意ではなくミスだと言い訳しているが、今までの事を思うと違う気がしてならない。
 
朝日新聞、慰安婦報道取り下げ英文記事で検索回避の設定 指摘受け解除、「作業漏れ」と説明


誤報の責任を感じるどころか隠蔽?
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月24日 (金)

現在午前一時を過ぎたところ

予報では大雨となっているが、今は静か。台風は既に遠ざかったのか。
県内には竜巻の注意報が出ていたが、幸いこの辺りでは発生しなかったようだ(他の地域は未確認)。
このまま朝を迎えてくれれば良いのだが、果たして。

昼間ゴロゴロしているせいか、なかなか眠くならない
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年8月23日 (木)

台風近づく

朝から強い雨が断続的に降っている。さっきまで静かだったと思えば、今はザアザア降り。
台風は四国方面へと向かっているようだが、そこからかなり離れた浜松でも影響は大きいのに、四国は大丈夫か?
まだ先日の大雨災害から復旧出来ていない地域が再び狙われるとは、心配が絶えない。
 
今朝すだれを外した
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年8月22日 (水)

張り切って出掛けたが、暑くて閉口@増沢池 with Oさん、常連さん and 岡ジャミKさん

狼中年もやっとその気になって出掛けました増沢。駐車場に着くと、Oさんの車ハケーン!それでは荷物を降ろす前に様子を見に行こうと、深場ワンドへと向かう。今朝も雨があって地面が濡れているので、注意して崖(坂だよね)を下りると、真正面には元?バサーのK林君。Oさんは少し離れた右側。お二人に挨拶して様子を訊くと、Dscf9489Dscf9488K林君は宙で既に5匹!Oさんは8尺底でまだ結果が出ていない。その他咳払いは定位置、柳の木の奥の奥(こちらから見れば手前)はH口さん?、そして私の「かつての」いつもの場所にはⅠ藤さん2号がチラチラ見える。対面にも2人先客。さぞ暑かろう。さて、この陽気でここが空いているならと、前回のような結果を期待して再び深場Dscf9490ワンドに入るぞ。車に戻り、ハアハア言いながら荷物を降ろして再び深場ワンドへと戻る。汗が滴る。今日は天気はまあまあでも湿気が凄いのだ。私はK林君とOさんの間に入らせてもらう。準備中にも汗。すると、何と言う事でしょう、雨が降って来たではないか。え~っ!と思いながらもここは頭上に木の枝が張り出しているので、少々の雨ならノー・プロブレムと続行だ。雨はじきに止んだ。さて、竿は12尺で、まずは底からいってみよう。餌はいつものバラグルセット。前回も根掛かりがあったので、充分気を付けて底取りし、開始は9時5分。すると、やってはいけない筈の根掛かりが第一投から。まさにガクガクッ。Oさんも根掛かり連発でハリスを数本ロストしているようだ。こうなると、出来るだけ遠くにウキを立たせるしかない。で、振り込み振り込み。ところが、一向にウキが動き出さない。Oさんも同じのようだ。一方K林君は竿を曲げ続ける。宙なのか、それともアームなのか?それでも2回ばかりあたりらしきウキの動きに合ったものの、残念バラシ。あっという間に10時を過ぎる。T林さんがいつも通りやって来た。そして着く早々に亀に餌やり。Oさんは1回落ち込みで掛かったようだが、残念スレ。底でやっているH田さんも芳しくなさそうだ。ただ、最近は午前中のGTが早めに来る時もあるので、ここは勝Dscf9491負とウキを見続けると、10時半近くになってようやくあたりが出て合いました!放流でも文句は言いません。欲しがりません勝つまでは、なんちゃって。しかぁ~し、その後は再びシーン。一応底取りをやり直したりウキ下の微調を繰り返すが、どうにもならず。そして遂に根掛かりでハリスをロスト。急いで交換しようとしたら、何と変えなくて良い方のハリス(しかも上ハリス)をカットしてしまった(トホホ)。結局総交換となったので、再び底取りからやり直す事に。もう餌があまりないのに・・・。そうなるとへらは何処かに行ってしまったのか、全くのシーン状態。Oさんは遂に竿を曲げた。そして一旦休憩なのかT林さんの方へ岡ジャミに。11時を過ぎている。午前中のGT、遂に来なかったか。そして泣いても笑っても最後の一投。待ちにDscf9492待っていると、出ましたあたり!そして掛かりましたよ。やったぁ・・・。時刻は11時11分。結果、底では実釣2時間余で2匹。これだけウキが動かない釣りも久し振りだ。でも、何とか結果が出て良かった。一旦昼食休憩して次の宙に備える。左隣ではT林さん、K林君のフォレストコンビと「親方」さんが同じ餌Dscf9493で何やら勝負か。さて、竿はそのままでウキと仕掛けを交換し、餌は前回良かった粘麩・ガッテン・マッハのダンゴ。「たな」はそのままで開始は11時25分。前回はすぐにウキが動き出したので期待が持てるが、今回はシーンのまま。と、ここでKさん登場。今日は来る筈だったのに、寝坊で岡ジャミに変更との事。Ⅰ藤さん2号は6.5尺の底で16匹とか。スンバラシイですね。OさんはKさんと話しながらも竿をを曲げる。私の方はウキは動き出し、消し込みのようなあたりが出てもカラ。1回だけバラすのをKさんに見られた(トホホPART2)。Kさんはじきに帰った。さて、12時のサイレンを聞いても状況は変らず。その後もウキは動き続けるが、次第にあたりらしき動きがなくなって来た。一番ヤバイ奴だ。で、「たな」を上下すると、変えたところですぐにウキが動き出すが、あたらず。結局元の「たな」へと戻った。その後1回バラシが出て、どうやら今日は宙では結果を出せないかもと途方に暮れる(ショボーン)。更に1時近くになって今度こそとあたりに合ったが、残Dscf9494念スレでガクガクッ。開始して1時間半近く経っている。こんなのは珍しいぞ(トホホPART3)。Oさんは3匹釣って終了。私と同じく腰と足が痛いらしい。お疲れさまでした。私は餌がそろそろ少なくなっているので、次を考える。どうしよう、次はへらスイミー・ガッテン・マッハで行こうか。それともガッテン・マッハのみの方がいいかも・・・。と、今度は掛かったものの沖に走られてのハリス切れでガクガクッ×ガクガクッ。あ~あ・・・。と、ここでH田さんが仕掛けを切られてウキをロストしたと言うので、急に騒がしくなる。左の3人も席を立ってウキの行方を追っている。が、私にそんな余裕はない。ひたすら餌を打ち続けると、何と言う事でしょう、1時少しDscf9495Dscf9496前にそれまで決して掛かる事のなかったウキの動きで遂に1匹目ゲット!放流でも何でも嬉しかぁ。するDscf9498Dscf9499と、その後もポツポツとあたりに合って1時10分までに3匹を追加。この間わずか10数分の出来事だ。あっという間にトータルでの第2目標までクリアして自分でもビックリ。さあ、次は宙だけでの第2目標にトライ!しかぁ~し、4匹目でハリスが絡むトラブル。これをDscf9500丁寧に解いていたら地合が崩れたのか、その後は再びのシーン状態になって餌が尽き、1時26分に無念?の終了。結果、宙では実釣2時間で4匹。トータルでは実釣4時間で6匹かぁ。とりあえず宙で結果が出たので、次の餌作りはナシ。実は私もOさんと同様腰と足にきていたのだ。この後更に悪化させて崖(坂でしょう)を上るのも考えもの。で、片付け。再び釣り始めた左の3人は早くもT林さんが竿を曲げる。湖面は凪ぎ、また風も弱まって、充分に釣れそうな雰囲気だが、私はやりません(キッパリ)。片付けを終え、皆さん(と言っても日陰側で残っているのは左の3人だけ)に挨拶して車に戻る。不思議なのは「かつての」いつもの場所よりキツそうな感じの帰路なのに、意外に息が上がらないのだ。それでも多少ハアハアしながら車に戻り、荷物を積んでから今日もベイシア詣で。さっさと池を跡にした。
 
仏の顔も三度とは、三度目には仏も怒ると言う事だとテレビでやっていた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月21日 (火)

止める勇気?

今日は早起きしてやる気満々だったのだが、空がかなり暗くなって予報でも雨があると出てしまったので、雨にトラウマがある私は早くもトーンダウン。で、またも言い訳になるが「止める勇気」とやらを持ち出して釣行は中止に。
しかぁ~し、何と晴れ間が出たりして一向に雨にならず。
まぁ、家の近くと増沢では天気が全然異なるので比較にはならないが、それにしてもなぁ。
今、家の外を見ると入道雲らしきものがモクモクと立ち上っているので、今日は行かなくて正解だったとしよう。そうしよう、双子葉植物。

明日こそは行くかもと狼少年(中年?)が言っています
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

言い訳

先週末はグッと涼しくなって竿を出すには絶好のコンディションだった。
が、しかぁ~し、なんとゴロゴロしていてチャンスを逃す。
それでは今日は通院日ではあるが、早く終われば増沢へゴー!
しかぁ~し、お盆休みで一週間医院が休みだった事によるのか、やけに混んでいて、終わったのは10時過ぎ。それから一応増沢へと直行したのだが、到着するとあれれT林さんの車がない。今週から竿を出すぞと言っていたKさんの車もないので、急にテンションが下がってしまった。
Img_20180820_103216とりあえず橋まで行って様子を覗おうとしたら、途中でいつもの場所の人に遭遇。最近のルーティーンなのか10時には終わって車に向かうところだった。
挨拶して状況を訊くと、今日は中くらいのサイズを2匹。ただし泡は凄かったとの事。
それから橋に向かうと、やはりへら師の数は少ない。咳払いは定位置、ワンドの奥にO石さんらしき人が体操?をしている。
かなり気温が上がっているので、今日は止めよう(オイオイ)。今からやっても暑いだけだ。明日はKさんも来るかもしれないし、明日にしよう。
ローテンションのまま家路に就いた。
 
明日は行くぞとオオカミ少年
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

急に過ごし易くなって@増沢池 with じゃがにぃさんとその他のへら師 and 岡ジャミKさん

今朝はスッキリ起きる事が出来た。何となく涼しい感じ。で、これなら増沢でもやれるのでは?と出掛けました。駐車場にはKさんの車があったので、その隣に停めてまずは橋まで行って池の様子を覗うと、私の「かつての」いつもの場所にはⅠ藤さん2号と思われる人。その近くにKさんが岡ジャミ状態。奥のワンドには既に何人か入っているが、その中にじゃがにぃさんらしき人が。とりあえず車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。KさんⅠ藤さん2号のお二人に挨拶して、さて何処に入ろうかな。いつものように旧爆釣ポイントでは面白くない。かと言って、前回のように深場ワンドも、既に結構先客がいるので考え物。Kさんから柳の木の奥の奥はどうだと言われ、おおそうDscf9476だ、そうしよう双子葉植物。この場所は何年ぶりだろう。あまり釣れた記憶はないが、Kさんからそこは釣れると言われ、スケベ心がむくむく。塩ビ管奥の先客(あたりさわりグループだった)に挨拶して、それでは準備しよう。竿はいつも通り12尺でダンゴの底にする。餌はいつもの。ささっと底を取っての開始は10時5分(いつもながらのグズグズで家を出るのが遅かったので・・・)。ウキの馴染み具合をみようとしたら、何と2投目からウキが返したではないか。こりゃぁ、ひょっとして爆釣かな?残念そんな訳はなく、モヤモヤにイライラするだDscf9477けの時間が始まったか。しかぁ~し、何と1匹目は開始20分もしないうちに「掛かってます!」でゲット。Kさんから冷やかされるが、1匹は1匹でしょう(トホホ)。Kさんはじきに帰り、Ⅰ藤さん2号もほどなく終了。だったら旧爆釣ポイントでも良かったのでは?とタラ・レバ。さて、ウキは確かに動いてはいるのだが、前回前々回のようになかなかあたらない。しかも、あたったとしてもカラまたはバラシで、仕掛けが頭上の木の枝に掛かるアクシデントも発生。その時は引っ張ったらハリスも切れずに済んだので良かった良かった。しかぁ~し、しばらくして再度のあたりでハリス切れ。これはさっきのアクシデントの際にハリスに負荷がかかったのをそのままにしたせいに違いない。大急ぎで交換。ついでに底も取り直すと、最初はそれ用のゴムで取ったのに、ここで粘土でやったらかなり違っていた。で、結局適当?な「たな」で再開だ(オイオイ)。時刻は11時近くになり、午前中のGTもあるのかウキDscf9478の動きが良くなった気がする(個人の感想です)。ただ、何度やっても掛からない。それでも11時少し前にようやく掛かりましたよ!今日初めてあたりに合ったぞ!って、それでいいのか?さあ、何とか第2目標くらいまではいきたいところ。しかぁ~し、あたりは出ても再びのカラまたはバラシ。もちろん最初の頃からウキ下の微調は繰り返しているのだが、決まらないのだ。餌もやはりもう少し持たせた方がいいのかもしれないが、あまり練ってもなぁ。結局最後の一投もカラDscf9479で終了。時刻は11時30分。結果、両ダンゴの底では実釣1時間半弱(餌は多めに作った筈なのに・・・)で2匹。前回と大差ない結果にガックリ。それでは前回と同じく次は両グルで小一時間やってみよう。餌はα21・わたグル。そんなに切羽詰まっている訳でもないのに、餌を打ちながら昼食。すると、まだへらは残っていてウキはすぐに動き出す。そしてモヤと言う感じのあDscf9480Dscf9481たりで1匹目。更に12時少し前に2匹目。きずれも放流チックだが文句は言いません。ただ、ハッキリしたあたりを求めてしまうとなかなか難しい。それでも12時のサイレンが鳴ってじきに、Dscf9482今度はウキの馴染み際のチクで3匹目。口がつぶれていて何だかなぁ。でも、底のトータルでの第2目標に届いたぞ。これは嬉しい、嬉しいです。しかぁ~し、両ダンゴの時のようにウキの動きは続かず、12時29分に餌が尽きて終了。結果、両グルの底では実釣1時間弱で3匹。やはり長持ちする餌が良かったね。そして底のトータルでは実釣2時間半弱で5匹。最近ではましな方だ。さあ、次Dscf9483は宙。前回並みなら「つ」抜けは楽勝だが、そんなに甘いかこの池。竿はそのままにウキと仕掛けを交換。餌はへらスイミー・ガッテン・マッハ。ちょっとボソめに出来上がったので、手水とグルグルでしっとりさせていくつもり。再開は12時36分。う~ん、やはりウキは動かないなぁ。餌付けを少し強めにしているのが良くないのか。しかぁ~し、それからじきにいきなりの消し込みが出てビックリ!残念カラだったが、この餌でもあたりが出るのか(出なければ困るが)。で、先に書いた通り手水とグルグルで次第にしっとりめにして行くと、ズバッ!と言う消し込みも出るようになるが、これまた掛からずトホホ状態は続く?しDscf9484
かぁ~し、1時を過ぎてようやくズバッ!に掛かりましたよ。う、嬉しかぁ・・・。しかぁ~し、鈎を呑んでいて「たも」の中でハリス切れ。ガクガクッ。急いで交換するものの、20cm+30cmの予定が20cm+29cmくらいになってしまった。何となく気分が悪いまま再開。するとその後は次第にウキの動きが弱くDscf9485なるいつもの展開。餌はどんどん柔らかくなっていく。そして1時半を過ぎる頃、またもズバッ!でやった2匹目ゲット。前回のような推移を期待していたので、やや拍子抜け。でも、これが本来の私、とりあえず宙だけで第2目標クリアを狙う。しかぁ~し、それらしいウキの動きは再び出ては来るのだが、Dscf9486如何せん全く掛からず。それでも闇雲流で合わせ続けると、2時前になってようやく掛かりました!いやぁ、長かったなぁ。その後はまだウキの動きは残り(午後のGTか?)、ズバッというあたりでバラシが出るが、残念それ以上の事はなく、2時15分に餌が尽きて終了。結果、宙では実釣1時間40分で3匹。トータルでは実釣4時間10分で8匹かぁ。「つ」抜けは無理だった。片付け。あたDscf9487りさわりグループは既に帰っている。奥の方にはずらっとへら師。おそらくは釣れているんだろう。片付けを終え、車に戻る。多少息は弾むが、今日はそんなに汗もかかずに釣りが出来た。日陰と言う事もあるが風もあり、体感上はかなり涼しかったと思う。さあ、今日もベイシアが待っている。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日明後日も気持ちいい天気が続く。竿を出せるかな?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月15日 (水)

今日は終戦の日

今日は日本が連合国に無条件降伏した日。本来なら敗戦記念日となるのだが、さすがにそれはキツ過ぎると言う事で「終戦記念日」なんだろう。
ただ、これ以降に北方領土に攻め込んだソ連の言い分は、9月2日がそれにあたり、8月はまだ戦争状態だったと言う事らしい。いずれにせよ不可侵条約を一方的に破棄して攻め込んだのは火事場泥棒と言われても仕方ないと思う(日本の立場では)。
それと、今朝のグッドモーニングの中で、池上さんが「玉音放送」の前に陸軍によるクーデターがあったが、間一髪でセーフ。無事放送が行われたと説明していた。これは以前にもドラマ仕立てで観た記憶があるが、詳しくは忘れている。
 
話は変わって、突然の辞任で時の人から消えた山根元会長のインタビューが載っていた。やはり元韓国人だった。しかも密航して入国したのに、上のほうから手を回して収容所から出、更には帰化まで出来ているおそろしさ。
インタビューの最後のほうでは、告発側にも反社会的集団とかかわりのある人がいるとの爆弾発言。アマチュアボクシングの連盟という組織は一体どうなっているのか。どちらかが正義というより単なる権力闘争で、告発者側も山根元会長と同根ではないのか。
 
インタビューの内容 → ボクシング協会「山根明」氏が明かす半生 韓国から密航、息子との極貧生活…
 
今週中は竿を出すのは無理かも
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月14日 (火)

何を「たたえる」のか?

今日は行くべきか迷ったものの、結局竿を出さなかった。
明日から天気は下り坂なので、行くべきだったか。
 
さて、今日はかの国で最近制定された「慰安婦をたたえる日」らしい。言うに事欠いて慰安婦を「たたえる」って?
で、注目すべきブログがあったので紹介する。それがこちら

よもぎねこです♪ 慰安婦を「たたえる」日??


暑さに負けず竿をだす人はえらい!
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月13日 (月)

深場ワンドに入ってみた@増沢池 with T林さん、masaさん and 遅れて来た岡ジャミパラソルさん

昨日から空の様子が不安定で、予報でも雷と突然の雨が示されている。しかぁ~し、今日は何故かやる気に満ちていて、8時半頃に増沢へゴー!お盆休みとあって混雑しているのかな?最近はあまり釣れていないらしいが、どうかな?駐車場にはあたりさわりグループと咳払いの車がないので、それでは今日は思い切って深場ワンドに入ってみよう。帰りがしんどいのは承知の上で、坂を下りる。あれっ、バサーK林君がいないぞ。先客は3人くらいか。あっ、浅場私の「かつての」いつもの場所辺りから柳の木の奥の奥まで先客で埋まっているではないか。決断は正しかったと言う事か。更Dscf9456によくよく見ると、塩ビ管そばにいるのは久し振りのU山さんではないか。まずはT林さんの定位置の右に荷物を置き、右の先客に挨拶しながら塩ビ管に向かう。やはりU山さんだった。挨拶して様子を訊くと、皆さんポツポツと釣れているが、私はさっぱりとの事。そうそう、HRさんが釣りをリタイアしたらしい。それでこのところ姿を見なかったのか。釣り座に戻り準備開始。まだDscf9457何もしていないのに腕には汗。私の右隣の先客は底でやっているようだが、次々と竿を曲げている。これはひょっとして釣れるのか?早速12尺を出す。餌はいつもの夏・冬・マッハ。しかぁ~し、底取りの途中で底が悪い事が分かってガクガクッ。でも竿を替えるのが面倒とそのままで開始は9時12分。う~ん、結構ゴミが流れて来るなぁ。でも、一投目からウキが返したので、これはいけそうだ。しかぁ~し、しばらくしてカチッというバッチリのあたりが出たが、カラ。ガクガクッ。すると、その後も時折ウキはあたりらしき動きを見せるようになったが、これが全然掛からない。ウキ下を調整したり餌付けを変えたりしても同様。隣は竿を曲げ続け、かなりのプレッシャーだ。ひょっとして凸もありかも。更にあたりに合ったかと思えば根掛かりして「変わり身の術」。早くも開始1時間が経過。既に戦意喪失。後は残った餌を打ち終えるだけか。と、10時半頃に隣が席を外した。すると、そDscf9458れまで全くかすりもしなかった小さなチクッ!に初めて合いました!う、嬉しかぁ。何とか凸を回避出来てホッ。それからじきに隣が帰って来て、T林さんもやって来たところで餌が尽きて一旦終了。時刻は10時40分。結果、両ダンゴの底では実釣1時間半弱で1匹。前回と全く同じだ。あれだけウキが動いDscf9459てこれでは、人が寄らないのは仕方ないところか(隣を除く)。それでも今日はこの後、Nぼりさん、O石さんもやって来て、だいぶ賑やかになった。そうそう、右隣の更に右にいる人が「H口さん(バットさんが言うところの相棒さんか)」だと言う事も分かった。さて、両ダンゴでは釣り切れなかったのをそのままで宙に行くのは気分がスッキリしないので、今日もとりあえず両Dscf9460グルの底をちょっとだけやってみようかな。餌はα21・わたグルを小一時間分。竿も仕掛けもそのままで再開すると、これまた前回をなぞるようにすぐにウキが動き出し、数投後に1匹目ゲット!T林さんもビックリ?しかぁ~し、次第にウキが動かなくなるのは前回と同じ。グルテンでは寄せきれないのかも。11時頃だろうか、masaさん登場。昨日の七曲池での例会で優勝したらしい。おDscf9462Dscf9461めでとうございます。すると、ここで右隣がS水さんという人で、昨日も七曲で爆釣?したと言う事が分かった。今日も竿が曲がり続けるのも当然か。ただご当人は全然ダメと言っているらしい。それならさっぱりの私はどうすればいいのだろうか。masaさんは右隣と私の間に入り、準備終了後に麦芽飲料をゴクゴク。そして「お」で開始するDscf9463と、すぐにウキが動き出したようだ。私も早く餌を打ち切って宙に行こう!すると、11時過ぎに再びあたりに合って2匹目!さあ、今日が前回と同じような推移なら、少なくとも今日も前回並みの結果にはしたいところ。両グル単独での第2目標も狙って行こうではないか。しかぁ~し、やはりグルテン、へらの寄りが悪くなったのか、ウキが静かになってしまう。しかも、どうも集中力が落ちてきたようで、ボンヤリ竿から手を離している時に限ってのあたりを3回!も見逃してしまう大チョンボ。12時のサイレンが鳴っている最中の最後の一投では、待って待ってのDscf9464チクッ!がカラでガクガクッ終了。結果、両グルの底では実釣1時間20分で2匹。底のトータルでは実釣2時間50分で3匹。厳しいなぁ。と、ここでいきなり雨粒が湖面を叩くようになる。大楽地の土砂降りがトラウマになっている私は早くも片付け開始?しかぁ~し、masaさんとT林さんは平気な様子。空に雲がないからと言うもの。よし、私も今日は自己責任で続行だ(ちょっと怖いけど)。幸いここは「かつての」いつもの場所とは違って雨に強い。T林さんは雨が来たのはちょうど岡ジャミに来ていたY川さんが雨男だからと軽口。見ると、浅場にいた先客は全て帰ったようだ。S水さんも終了。U山さんは既に帰っている。さて、私はまずは昼食。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換し、餌は粘麩・ガッテン・マッハのダンゴ。「たな」は仕掛けのままで再開は12時16分。すると、何と言う事でDscf9465しょう、一投目からウキが動くではないか。底よりずっといいぞ。そしてほどなくズバッ!という消し込みが現れるが、前回と同じく一向に掛からず。それでも開始10分ほどで1匹目。まだ先は遠いが、とりあえずトータルでの第2目標にリーチだ。ちょうど白波が出て来たのでウキの視認性はかなり悪いが、Dscf9466それでも小さくグッと入るあたりらしきウキの動きに合わせれば、やった2匹目か?しかぁ~し、残念アッパー。私の場合、スレとかバラシとかが出るとその後はさっぱりとなるのが通常。今日もこれで終わってしまったか。いやいや、今日は何故かウキの動きがなくならない。そして1時までに「掛かってまDscf9467Dscf9468す!」を含め2匹をゲットすれば、嬉しやトータルでの第2目標クリアだ。何となくではあるが、この場所私の「かつての」いつもの場所よりウキの動きがずっといいぞ。これからもあたりさわDscf9469Dscf9470りグループとかいない時には、こちらに入ろう。さて、1時を過ぎてもまだ大丈夫、消し込みばかりではないDscf9471が、ポツポツと1時半までに3匹をゲットすれば、単独でも第2目標クリア。更にはトータルでの第3目標も視野に入って来た。しかぁ~し、1時半を過ぎる頃からウキの動きが急変して、さっぱりの状態に。見ればT林さんもmasaさんも苦戦している様子。何か打開策はあるのか?まあ私の場合、餌に手水とコネコネくらいしか思い付かない。T林さんから餌に何かを加えるようレクチャーされたが、もう少しで餌が終わるのでやりまテン。それが省資源釣法(キリッ!)。かなりDscf9472Dscf9473の間あたらない状況が続いたと思っていたが、2時を過ぎると再びウキの動きが見えるようになっDscf9474て、スレを間に2匹をゲット(ほぼ連荘?)。遂にトータルでの第3目標に到達したぞ!特に宙でこんなにあたりが出続け、また釣れた事はなかった。まさに深場ワンドさまさまだ。そして2時15分に餌を打ち終えて宙も終了。結果、宙では実釣2時間で8匹。トータルでは実釣4時間50分で11匹。いやぁ、嬉しいなぁ。ただ、かなり疲れたのも事実。T林さんからは餌を変えてもう1回と言わDscf9475れたが、体力的に無理そうだ。片付け。と、片付け中にパラソルさん登場。この時間からは竿を出さないとの事で、座布団だけ持っての岡ジャミ。私は片付けを終え、
皆さんに挨拶して車に戻る。帰りの道は地獄かと思っていたが、それほどでもなかった。私の「かつての」いつもの場所とそんなに変わらないしんどさだ。さあ、今日もベイシアが呼んでいる。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
今週はもう1回くらい竿を出そうかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

今日の出来事

今日も暑い。通院している医院が明日から1週間お盆休みになるので、その前にと治療に行って来た。
その帰りに、ガリバーで暑さ対策の飲料でも買おうと寄ってみたら、何と停める場所がないほど混んでいるではないか。確かに今朝の朝刊の折り込み広告にセールとあったが、それにしても凄い混みようだ。
近くの書店にとりあえず停めると、同じ事(駐車)を考える人はいるもので、店から代車で品物を運んできて堂々と載せているのが見える。ただ、私はちょっと出来ないなぁ(ホント)。
店まで見には行ったものの、とても買い物などするスペースもないので、一旦帰宅。
昼食後の1時頃に再びトライすると、駐車場に空きスペースがあったのでこれ幸いと停め、希望の麦茶とお茶(いずれも2リットルの6本セット)を購入。ただ、前にも書いたようにスポーツドリンクの激安はなかった。
 
楽天で岡村孝子のベストアルバムを購入し、今日届いたが、早速聴こうとした時だろうか、自分では分からないがCDに傷をつけてしまったようだ。更に、それが埃かと思って触ったのが運の尽き、音飛びが出てしまった。まさにトホホ。
とりあえず触る前にMP3には落とせたので、まあ何とかなった。が、気分は悪いまま。
 
明日はどうしようかな。増沢に様子だけ見に行ってみようかな
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月 9日 (木)

前回のような推移を期待したのだが@増沢池 with 岡ジャミKさん

今日は長崎に原爆が落とされた日。広島とともに決して忘れてはいけない日だ。
 
さて、今日は珍しく5時前に目覚めたので、早めの朝食の後7時半頃に家を出る。もちろん行先は増沢。台風13号の影響はほとんどなくて風もそんなにない。しかぁ~し、駐車場に着くと車の数が圧倒的に少ない。これはおそらく釣れないからでは?何しろあのあたりさわりグループと咳払いも来ていないのだ。それなら深場ワンドにでもDscf9443入ってみようかと一瞬は思ったものの、ここはやはり通い慣れたいつもの場所に入りましょう。水の色が黒っぽいのはいい事かな?少し日が当たっているが、時折吹く風が心地よいので傘は出さない。さあ準備だ。何か変わった事をする訳でもなく、竿は12尺で両ダンゴの底から。餌は夏・冬・マッハを前回より多めに作る。そしてささっと底を取っての開始は8時10分(早っ!)。すると、数投でウキがモヤモヤし始め、これは爆釣もあるか?しかぁ~し、そこから先がない。気分的には前回のような感じでの推移を期待しているのだが、とにかくあたらない。そしてたまにそれらしいウキの動きが出ても、残念手が出ず。それでも開始30分を過ぎて、連続してのあたりらしきウキの動きにさすがに合いました。Dscf9444やったこれで凸回避か?しかぁ~し、上がって来たのはミシシッピの野郎。こいつは「たも」に入れて遠くに行ってもらいました。さあ、亀さんがいなくなったので、ここからが本番だ。さすがにしばらくはウキが動かず。そんなところへKさん登場。こんな暑い日には竿を出す気にならないとの事。岡ジャミ登場で急にプレッシャー・・・。が、何故か急にウキが動くようになって来た。まだ午前中のGTには早過ぎる感じだが、本当にそうか?すると、9時を過ぎてウキが上下する妙な動Dscf9445きに合わせたら、やったようやく掛かりました!心配はスレているかもしれないと言う事だが、大丈夫でした。やれやれ、これで本当に凸を回避出来たぞ。Kさんはそれを見て奥の方に向かった。ウキの動きはまだ出ていて、その後も数回あたりらしき動きがあったが、全くかすりもせず。Kさんが帰って来て釣れたかと訊いて来たが、ショボン。残念その後も全くいいところがないまま餌がDscf9446尽きた。時刻は9時31分。結果、両ダンゴの底では実釣1時間20分で1匹(トホホ)。前回より多めに作った筈の餌がもう尽きるとは、一体どうなっているのか。それはね、ウキの返しがほぼ毎回出て、しかも餌が抜け落ちている感じで餌打ちのインターバルがかなり短めになったから。で、次は思い切って両グルでやってみる事に。竿を仕掛けはそのままで、α21・わたDscf9447グルを小一時間分作って再開。すると、何と言う事でしょう、第一投からウキがモヤモヤ、そしてあたりらしき動きに合わせたら、やった掛かりました!これは素晴らしい。読みはあたったね。さあ、この後は爆釣間違いなしか?しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなってしまういつものパターン。Kさんはもう1匹釣れたら帰ると言っていたが、そんな状況でないのを察知して帰った。お疲れさまでした。さて、その後もウキの動きは芳しくないので、ウキ下の微調やら餌付けの工夫で凌ごうとするものの、バラシとハリス切れ(どうやら合わせ切れのようです)と、全くいいところがないまま時間だけが過ぎるお約束の展開。しかぁ~し、10時を過ぎDscf9448Dscf9449更に開始1時間になろうとする10時半頃になって、やっとウキにそれらしい動きが出て来た。そして何と連荘!でグッドサイズをゲットし、午前中のGTかもしれないが、トータルでの第2目標がようやく視野に入って来たぞ。しかぁ~し、その後はまたもウキの動きが弱くなり、Dscf945010時55分に無念の終了。結果、両グルの底では実釣1時間20分で3匹。底のトータルでは実釣2時間40分で4匹。まさにトホホだ。さあ、次はどうしようか。宙は間違いないが、両ダンゴなのかそれとも「トロ掛け」なのか。よし、ここは竿を変えずに両ダンゴの宙で行こう。ささっと早めの昼食を済ませ、ささっとウキと仕掛けを交換。餌は粘麩・ガッテン・マッハ、「たな」はやや深めで再開は11時12分。すると、「たな」が合っているのか、それとも餌がグーDscf9451なのか、すぐにウキが動き出したではないか。そしてズバッという消し込みも出始めるが、これがカラばかり。しかぁ~し、開始10分もしないうちにズバッ!で1匹目ゲット。トータルでの第2目標クリアだ。おいおい、宙は爆釣か?しかぁ~し、じきにウキの動きが悪くなる(無駄な動きが多い?)のが私流?更には時折出るズバッ!が全てカラ。首を捻りながらの餌打ちが続けば、あっという間に12時のサイレン。ここで考えた。遠くで跳ねているへらを見ると、「たな」は浅そうだ。で、ウキ下を調整。更にハリスを25cm+40cmくらいから20cm+30cmDscf9452Dscf9453超くらいに変更。すると、それまで全く掛からなかった力強いウキの動きで2匹をゲット。とにかく何かやってみるもんだ。ひょっとして単独での第2目標クリア、更にトータルでの第3目標も夢ではない?しかぁ~し、そこから先は再びウキの動きが・・・。こうなると私の場合、ただ餌を打つだけのマシンと化してしまう。時折の消し込みで「ア~ッ!」と声が出たかもしれない(多分出ていた)。本当は餌を何とかした方がいいのは分かっていても、元より粘麩で粘りがあるので手水も打ちにくい。餌付けで変化を付けてみるが、あまDscf9454り揉んでもカラが増えるだけ。「たな」を上下する迷走の中、1時前になってやっと4匹目ゲット。一応は単独での第2目標にリーチとなったが、気持ちは餌を打ち終えるだけとなっている。そして1時2分に餌を打ち切り、宙は終了。結果、宙では実釣1時間50分で4匹。トータルでは実釣4時間半で8匹。Dscf9455どうだろう、これ。他との比較がないので何とも言えないが、個人的には前回と比べやや辛い感じか。片付け。太陽は背中を照らし続けていて、かなり暑くなっているが、今日は傘を出さなかった。で、かなり疲れた気がする。片付けを終え、車に戻る。最早ベイシア詣では眼中にない。さっさと荷物を積み、さっさと家路に就いた。
 
明日は病院のお盆休み前に通院しておくつもり
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

暑い中外出

今日は台風の影響がありそうなので、竿を出すのはどうしようかと迷っていたが、明日にする事に。
代わって買い物に外出。
まずは広告で見ていた酒のビックでサントリーのプレミアムモルツを購入。と言うのは、おまけに「神泡体験キット」が付いているから。
昨日のモーニングショーの「キキトリ」でその事が話題になり、急いでネット検索したら、何と混み合っていていて見られなかった。
何とか手に入らないかと思っていたら、新聞の折り込み広告で見つけて今日に至ったと言う事。
う、嬉しかぁ・・・。
それから格安スポーツドリンクを買いにザ・ビッグに向かったら、何と売り切れだ。
やはりこの暑さで皆さん考える事は同じと言う事だろうか。
ショボンとして帰宅。竿出しもテンションが下がってしまった。

台風の影響が少なければ、それでも竿を出すつもり
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年8月 6日 (月)

随分久し振りに竿を出した感じだ@増沢池 with 岡ジャミザわさん

Img_20170607_153709今日は広島に原爆が落とされた日。長崎も同じく、日本人として決して忘れてはならない日だ(写真は去年の旅行で撮ったもの)。

さて、今日も暑い。通院後に増沢に向かうが、途中でやりたくなくなってきた。で、池に着いたのが10時過ぎ。OさんもKさんもO合さんの車もない。ただ、あたりさわりグループと咳払いは今日も元気だ。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、ゲゲッ、かつての私のいつもの場所にいつもの人がいるではないか。そうか・・・。よし、私も暑いくらいでビビってはいけない。竿を出そう。さっさと車に戻って荷物を降ろし池に向かうと、あれれいつもの人はDscf9428Dscf9429片付け中。挨拶して様子を訊くと、今日は6時頃からやっていて、何とか顔を拝んだだけとの事。見るとウキが立っていたであろう場所には泡付けが凄い。で、姑息と言われるかもしれないが、いつもの人の後に入らせてもらう事にする。お疲れ様と言ってから準備開始。う~ん、傘は出した方がいいかな。竿は12尺でいいかな。餌はいつもの夏・冬・マッハ。ささっと底を取っての開始は10時37分。すると、何と言う事でしょう、第一投からあたり!ビックリして合わせるも、残念カラ。いつもの人が集めておいてくれたへらがまだ残っているんだね、きっと。しかぁ~し、これで予定が狂い、最初から待つ釣りになってしまう。確かにウキは返すのだが、なかなかあたらず。餌打ちのインターバルが間延びしてしまった。それでも11時を過ぎて極小さなウキの動きDscf9430Dscf9431で1匹目ゲットだ。いやぁ、久し振りの引きを堪能したぞ。すると、次の餌打ちでまたもあたり!そして掛かりましたよ。連荘だ。時間的にも午前中のGTかもしれないなぁ。更にしばらくしてウキがズルッと入るのに合わせて3匹目ゲット!かと思いきや、「たも」の手前で外Dscf9432Dscf9433れてガクガクッ!となったものの、それからじきに3匹目。これはGT以外の何者でもなさそうだ。そして1回鱗の後の11時半過ぎに4匹目をゲットすれば、よ~し第2目標にトライだ。ただ、GTは終わってしまったのかウキの動きは悪い。と、そこへ奥の方からザわさん登場。お久し振りですね。ここで何とかして1匹をゲットして終わりたいところだが、残念餌がDscf9435もうない。遂に最後の一投となってしまう。しかも風・波(やや涼しいのはありがたいが・・・)でウキがシモリ、う~んと思っているその時に、返したウキがスッ!やった最後の一投の霊験あらたかだ!時刻は11時54分。結果、そこでは実釣1時間20分弱で5匹。上出来でしょう、これは。特にザわさんが見Dscf9436ている前で釣れたのは大きい。さあ、次は宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はへらスイミー・ガッテン・マッハ。「たな」はやや深めで再開は12時10分。すると、これまた何だろう数投でウキがモヤモヤ。そしてしばらくしてズバッ!とウキが消し込んだが、残念カラ。でもこの調子ならとDscf9437_2りあえず1匹くらいは釣れそうだ。しかぁ~し、開始10分ほどで小さなチクッ!に合わせたら、わわっ、掛かりました!ただ、引きが強くて何となく・・・。で、「たも」に収めてみれば上唇の上にスレで予想通りとは言えガクガクッ。更にその後もウキは動き続けたが、12時半を過ぎて再度の小さなチクッ!でもDscf9438スレでガクガクッ×ガクガクッ。こりゃぁ宙では凸かもしれないなぁ。ザわさんはそろそろ昼食に行くようなので、頼む何とかして1匹。すると、私の悪い癖ではあるが、ウキを見続ける緊張感を緩和するために、ウキから目を離して餌ボウルに視線が行ってしまった1時近くのその時、ザわさんからウキが失くDscf9439なったと言われ、慌てて合わせればやった1匹目ゲットだ?確かに口ではあるが、ちょっと寂しいのは私だけではあるまい。まあ、ザわさんに宙でも1匹ゲットを見せる事が出来たのだから、よしとしなければ(それでいいのか?)。ザわさんはそれを見届けて帰った。岡ジャミお疲れさまでした。さあ、残った餌で果たして釣れるか?時間的にも1時を過ぎた事だし、そろそろ午後のGTもあるのでは?しかぁ~し、餌の経時変化なのかウキの動きが悪くなり、それではと〇〇の一つ覚えの手水でグルグルをやってみると、少しはウキの動きが良くなったDscf9440気がしたが、残念なかなかあたりにはならない。が、1時半を過ぎてまたも極小さなチクッ!に手を出してやっと2匹目ゲット。やはり私には宙は無理なのかもね。で、「たも」を水中に沈め、その上から餌を丸めて落とし、それに寄って来るブルーを掬いあげるというゲームで気分転換。そして「たな」もやや浅めにセットし直して残り少ない餌を打ち続けると、2時になって2回ウキが上下したあとDscf9441はシーン状態になってしまったので、空合わせしたら、やった掛かってます!サイズはちょっと小ぶりになってしまったが、どうやらこれが「上がりべら」なのかその後は特に何もなく2時11分に餌が尽きて宙も終了。結果、宙では実釣2時間で3匹。ただし掛かったのは底と同じ5匹ですが、何か。トータルDscf9442では実釣3時間半で8匹。もっと渋いと思っていたので、私的にはまあまあだろう。片付け。今日はずっと直射日光があたらなかったおかげで、汗がダラダラという状況は回避出来たので、片付けもそんなにしんどくなかった。片付けを終え、車に戻る。ちょっと息が弾むのは仕方ないだろう。さあ、今日はこれまた久し振りのベイシア詣でと行こうではないか。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
台風13号が来る前に竿を出せて良かったぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

最終日は肉

今日の昼飯は「さわやか」となっていたらしいのだが、開店前にちょっと覗いてみたら、何と既に駐車場は満杯で店の外には人が溢れている。もちろん今日が土曜日と言う事もあるが、さすがに有名店。でも、これは困った。
Img_20180804_12350911時半過ぎに、自衛隊広報館に行っていた妹夫婦始め6人と合流するが、整理券(いつの間にかこんなシステムになっていた)では1時間以上待ちとなっているし、車も停められないので、第2候補となっていた「焼肉 虎」へと泣く泣くチェンジ!
私にとってはハンバーグも焼肉もカロリー過多で考えものなのだが、目は食べたくて仕方ない(オイオイ)。
で、結局美味しく頂きましたとさ。
 
来週には竿を出してみようかな
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

今日食べたもの

今日は午後から名倉メロン農場へと向かう。
去年も行ったのだが、今年もまた同じ道を。
Img_20180803_152644Img_20180803_150811さすがに平日とあってそんなに混んではいない(元々土日しかやらないところ)Img_20180803_154446Img_20180803_154006が、我々が着いてしばらくしたら急に混みだしたのにはビックリ。
今年もメロンハーフサイズを頂きました。さあ、この後は帰宅してから夕食の「串とも」へと向かうのだ。
まだメロンの余韻が残る中、車は「串とも」へと向かう。
Img_20180803_180501大人4人はおまかせコースを選択するが、定食を頼んだ面々はじきに食べ終えたのに対して、店が混んでくると「おまかせ」の出るタイミングがどんどん遅くなり、ヤバイ満腹信号が出そうだ。
それでも25本くらいを食べて終了。正味1時間半くらいはいただろうか。
さあ、明日はもう暴飲暴食?は控えた方がいいのかもしれないが、まだ分からない。どうなるかは私次第か?
 
暑くて暑くてやりきれない。一体いつになれば涼しくなるのか
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年8月 2日 (木)

康川でウナギ

Img_20180802_175654妹夫婦と姪の家族計6人が遊びに来たので、お約束の康川でウナギとなった。
稚魚の大不漁で価格高騰は前にも書いたとおりだが、それでもここは行かねばなるまい!
で、私は清水の舞台から飛び降りるつもりで「梅」を注文。いやぁ、高いなぁ。
でも、味が落ちている事はなく、皆満足してくれたので、良かった良かった。
Img_20180802_182139Img_20180802_182328そんなにボリュームがある感じではなかったが、終わってみれば結構腹に溜まった。
多分今年はもうウナギを食う事はないだろう。来年の土用の丑の日を楽しみに、それでは see you!

このところの暑さで多分へらは食わないだろうと出掛けませんが、何か
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

どうかなりそうだ

暑い!言っても涼しくならないが、暑い!
こんな日に何と布団干し。1階からベランダまで運ぶだけで汗。それを時間になったら裏返したりするだけで汗・汗。
更に取り込んで階段を下りれば、汗が止まらない。
次に念には念で除湿器をかける。そのままでは布団が暖かいままなので、更にエアコンと扇風機で冷やすまでやらなければならない。
古くなったすだれを買い替えにジャンボエンチョーまで行くが、これも汗。帰って取り付けにも汗。体から水分がなくなりそうだ。

家中のエアコンを全てONしないと部屋の移動も出来ない
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »