« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

3連荘の釣行も虚しく終わる@増沢池

今日で10月も終わる。9月が全くやる気のない月で、何と2回しか釣行していない。で、それを挽回するためなのか?今月は10回以上の釣行となった。先週末くらいから今週の始めまではそこそこの結果だったのに、昨日はあのざまだったので、何としても10月をスッキリと締めくくりたいと、今日は3連荘での釣行となった。天気はまあまあだが、昨日と同じく風が出ている。良からぬ予感がしてならないが、駐車場着は9時半頃か。例によって不定期便を済ませた後に、橋を渡って日向側に向かう。ゲゲッ、今日はへら師の数が多いぞ。階段下付近からダム?そばまでズラッと並んでDscf9738いて、OさんO合さんを含めて10人以上だ。坂を下り、看板横の先客に挨拶して隣に入れさせて貰う事にし、荷物を置いてまずはOさんO合さんの元へ。訊くと今日も良くないらしい。それにやはり風の影響がかなりあるようなので、看板横は止めていつもKさんが入っているところにしよう。看板横の先客には詫びを入れ、荷物を移す。さあ準備だ。と言っても、毎回同じく12尺で、Dscf9739今日は両グルの宙改めバラグルセットの宙から入ろう。餌はガッテン・マッハのバラケにα21・わたグル・新べらグルテンの食わせ。ちょっとバラケが柔らか過ぎたので、余っているへらスイミーを混ぜて使い切る。これが省資源釣法(キリッ!)。まずは「たな」もそのままで開始は10時1分。あれっ、思うように竿を振れないぞ。おかしいなぁ。ウキが正面に立たない。オーバースローでやっても風に負けてしまう。これでしばらくの間イライラが募る。何とか正面にウキが立つようになると、今度は風でウキがドンブラコと右から左へと受け流す~♪って、そんな呑気な事を言っている場合ではない。私の少し離れた右にはK子さんと言う人。何でやっているのか分からないが、まだ結果は出ていない様子。さて、30分以上ドンブラコに付き合ったものの、1回何かしらの情報を得た感じがしたが、特に何もなく、これはヤバイといつもの「ナンチャッテ」底へと移行を図る。すると、まだ底Dscf9740には着いていないと思われる深宙?で、馴染んだウキがいきなりの消し込み!これに反応すると、やった掛かりました!う、嬉しいデス。今日の状況では凸まっしぐらでもおかしくないので、とりあえずそれから逃れられてホッ。OさんO合さん見てくれましたか?しかぁ~し、それは多分偶然に過ぎず、その後は少しずつ「たな」を深くして行って底に着いた感じになって11時を過ぎる。それでもやはり流されるなぁ。やだやだ。すると、いきなりの消し込みが出てビックリしたが、もちろんカラ。更にウキ下を伸ばしても、やはり時折ウキが返すような動きからの消し込みが出る事があっても掛からず。しかぁ~し、11時半をDscf9741過ぎて、馴染んで返したウキがズバッ!やっと掛かりました!嬉しいデス嬉しいデス嬉しいデス・・・。ただ、その後も時折のウキの返しは出ても、あたりには結び付かず。K子さん、Oさんが竿を曲げるのを見たので、午前中のGTが来てるのかもね。私もそれに乗り遅れないようにしなければ。しかぁ~し、虚しく12時のサイレンを聞いてしまう(常套句ですが、何か)。この頃から昨日と同じくギラギラターイム。ウキの視認性が更に悪化。と、ここで馴染んDscf9742でからかなり左に流されて、しかもシモッているウキがスッと入り、やったとうとう3匹目をゲットしたぞ~!既に開始2時間が経過しているので、グルテンの持ちが悪くなっている。ここは餌を作り替えて再度両グルならぬバラグルセットで勝負というのが普通の私なのだが、ウキの視認性と流されに半ば嫌気が差していたので、ここはこの餌を打ち切って今日は終わりとしよう。そうしよう、双子葉植物(どうしても言いたかったんデス)。K子さんは帰った。その後も目を凝らしてウキを見つめれば、数回あたりらしきウキの動きを見たが、1回掛かったのがブルーとはちゃんちゃらおかしいなぁ。これで間違いなく終了だ。それからじきに餌が尽き、1時1分に終了。結果、実釣3時間ジャストで3匹。昨日よりDscf9743早く達成出来たぞ(って、寂しいなぁ)。腹が減っているので、昼食がてらOさんO合さんの元へ。Oさんは3匹、O合さんは1匹との事。気温が上がり暖かくなって、また風も弱くなって来た感じで、まだまだこれからという雰囲気だが、Oさんも餌が尽きたら終わると言う。釣り座に戻り、片付け。遊歩道の端には1人入っていて、1回竿を曲げるのを見た。片付けを終え、皆さんに挨拶して駐車場へと向かう。看板横の先客に様子を訊くと、4匹をゲットしたとの返事。素晴らしいデスネ。車に戻り、さあ帰ろう。明日からしばらくは来ないかもね。もし竿を出すとしても別の池にするかも。今日はベイシアに寄る事もなく、さっさと池を離れた。

何処の池も同じかとは思うけれど・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月30日 (火)

柳の下の泥鰌はいない?@増沢池

今日は通院日。天気は良くても風は強そう。でも、昨日くらいの釣果が出るなら今日も行ってみようかな。てな訳で増沢へゴー!駐車場に着くと、O合さんの他にOさんの車もあるではないか。とりあえず荷物を降ろして橋を渡ると、やはり日陰側には誰もDscf9730いない。かと言って日向側にもOさんO合さん以外には深場に3人くらいか。階段下は空いているが、隣に先客がいるのでやや入り辛い。で、底から入るのを前提でO合さんの近くに入らせてもらおう。坂を下り、まずはOさんに様子を訊くと、10尺でとりあえず1枚は出たとの事。流石です。それから遊歩道を進んでO合さん。11尺でまだ始めたばかりだが、ウキは動いていDscf9731ない。昨日の底の好調(私ではありません)を横で頂くつもりで来たのだが、最初から腰砕け?前々回と同じ場所に入り、さあ準備だ。湖面は凪いでいると思ったが、じきに波立って来た。それでは私は12尺の底から入るぞ。餌はいつものバラグルセット。ささっと底を取っての開始は10時25分。元より太いトップのウキを使っているので視認性に問題はなさそうだが、吸いDscf9732込みが弱いとあたりが出そうにないので、しばらく打った後で細いトップのものに交換。しかぁ~し、多少の風・波なら大丈夫と思ったのだが、上空の雲の太陽への掛かりによってはほぼ見えなくなることが判明。確かにウキは弱く返しているようにも見えたのだが、結局元のウキに戻して精神安定を優先した。それでもウキの返しが出ているようにも思えたが、風向きが手前なのでウキが流されている可能性も否定できない。そのまま11時を過ぎる。すると、まさに午前中のGTなのか、ハッキリとしたウキの返しが出始めたではないか。よし、波のシモリと勘違いしないよう、しっかりウキを見なければ。すると、確かにあたりらしきウキの動きが出た!しかぁ~し、カラ。その後もウキは動くがさっぱりのままで11時半。ゲゲッ、Oさんが竿を曲げた。午前中のGTはOさんのためにあったのか。でも、まだウキは動いているし、確かにあたりと思われるものも数回。すると、シモッたDscf9733ウキがスッと入り、これに反応すればやった掛かりました!う、嬉しかぁ。しかも型がいい。サイズは30cmくらいでも、これで帰れると思うと喜びも一入だ。さあ、何とかもう1匹。しかぁ~し、虚しく12時のサイレンを聞く羽目に。こうなると食事の時間も惜しいと、食べながら続行。しかぁ~し、肝心のウキの動きもかなり減って来て、そのまま12時37分に餌が尽きて午前の部は終了。結果、Dscf9734午前の部では実釣2時間10分で1匹。今日は昨日と全然違う状況だった。でも、昨日もO合さんは午後に5匹を釣ったし、竹さんのウキは動きっ放しだったと言うので、午後に期待しようかな。が、O合さんから午後は宙をやったらいいと言われたので、急に方向転換。よし、午後は竿はそのままで両グルの宙で爆釣と行こうではないか。しかぁ~し、餌を作っていて途中で気が付いた。あれっ、確か両グルをやる筈なのに、餌は両ダンゴを作っているぞ?自分でも驚いたが、おそらく昨日の午後に両ダンゴでそこそこの結果が出た事が頭の隅にあったのだろう。それにしてもおかしな話だ(まさか認知症ではないと思うが・・・)。ただ、この判断は正しくなかったと後で痛い程分かる事になる。「たな」は昨日のままで再開は12時46分。しかぁ~し、ちょうど太陽が正面に来てギラギラターイム!白波と相俟ってウキの視認性はアウト。ただでさえトップがギリギリ見えるくらいでやっているので、まさにどうにもならない状態だ。それでも餌を打たなければへらは寄って来ない。ここは我慢と餌を打ち続ける。1時を過ぎ、今日はお休みかと思ったT林さんがやって来て定位置に入った。O合さんは相変わらずウキが動かないの一語。Oさんも静かになっている。これで私だけ釣ろうなんて虫が良過ぎると思うよ。ただ、ギラギラの中でも目を凝らすとウキがモヤモヤしているようにも思え、気持ちは切れない。そしてウキがハッキリと入るのに合わせれば、残念カラがほとんどに鱗が2枚。2時頃にやっとギラギラターイムが終わったと思ったら、今度は白波と上空雲でまたもウキが見えなくなり、アウト。そんな中、1枚追加して終わったOさんとⅠ川さんが見ている前でO合さんが遂に竿を曲げた!裏山鹿~。O合さんはその前にカニを釣っていたので、今日の釣りは終了かと思っていたのが恥ずかしい。さて、2時を過ぎてOさんは帰り、ひたすら餌を打つだけのマシンと化した私はどうしよう。相変わらず視認性が悪い中、たまにウキが動くように見えるのは錯覚か?そしていよいよ2時半を過ぎる。餌もあとわずか、昨日の結果に拘って2匹目の泥鰌をゲットすべく来た自分が嫌だ。Dscf9735さっさと餌を打ち切って終わろう。しかぁ~し、ここで遂に奇跡が起こる。何と「掛かってます」が出たのだ。これには私に加えてO合さんもビックリ。更にラス前には、ウキが消し込んでも合わせず、どうせそのうち上がって来てカラに決まってると、それまでのウキの動きから悲観的に捉えていたのだが、数秒Dscf9736経っても上がって来ないので合わせてみたら、何と掛かってます?で2匹目ゲット!最後の最後にドラマティックな展開が待っていたとは、まさに白昼夢。ひょっとして午後のGTがやって来たか?でもあと1投分しか餌がない。頼む、「最後の一投」お願いします!しかぁ~し、そんなに甘くないのが世間。何もなく2時43分に午後の部は終了となった。結果、午後の部では実釣2時間弱で2匹!トータルでは実釣4時間で3匹だ。厳しい状況の中、何とOさんに並んだぞ。片付け。O合さんも終わって片付けている。今日は本当に昨日とは真逆の状況だった。Dscf9737このところ2桁が続いていたので、今日も楽勝ぐらいに軽く考えてやって来たのに、とんでもなく厳しくなっていた。ただ、風・波によるウキの視認性悪化もかなり影響を与えていたと思う。午後からは気温も上がらず寒ささえ感じる事があった。考えてみればもう11月になろうとしているのだから、着るものも変えなければ。先に片付けを終えたので、O合さんに挨拶して車に戻る。もうグッタリだ。明日はもう来ないぞ。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
午後のGTに助けられなければアウトだった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月29日 (月)

今日は皆釣れたのか@増沢池

昨日の疲れがまだ残っていても、好天に誘われてフラフラと増沢へ。駐車場着は9時半過ぎ。O合さんの車以外には知った車はなさそうだ。で、日向側の人間としては日向に行かないと。荷物を降ろして橋を渡る。前回O合さんの横で宙をやったので、今Dscf9710日は離れたところでやろう。階段を下りたところ(いわゆる階段下)に決める。荷物を置き、まずはO合さんのところへ。9時半頃から打ち始めたところ。私が階段下に入ると言うと、そこはへらが多くいるので釣れると言われ、これで釣れなければへぼのへぼになってしまうか。釣り座に戻り、さあ準備だ。へら師はこちら側ダム?そばに2人と坂の下付近に2人。やけに寂しい気がする。やはり釣れないのか。さて、今日も今日とて12尺。まずは最近調子がいい(もDscf9711Dscf9712ちろん私にとって、だが)両グルまがいでやってみよう。餌はいつもの。「たな」は変えずに開始は10時18分。朝方は冷え込むとの予報だが、少し風があるくらいでノー・プロブレム。私の正面、T林さん定位置の向かって右に1人入ったが、後で竹さんだと分かった。さて、打ち始めは特に何もないので、とりあえず打つ・打つ・打つ。するとDscf971310時半過ぎからウキが動き出し、開始30分でズバッ!1匹目ゲットだ。これは幸先がいいぞ。この調子で行こう。しかぁ~し、ウキの動きは前回前々回のようなズバッ!はその後なかなか出なくなる。で、小さく入るあたりらしきウキの動きに手を出すのだが、これが全Dscf9714Dscf9715てカラではトホホ。しかぁ~し、11時を過ぎて午前中のGTがやって来た。と言うのはT林さんだ。T林さんがやって来たところで2匹目ゲット。まさに福の神。更に、それからじきに3匹目。これは・・・。ウキが動いている間に是非とも第2目標くらいはクリアしたいところだ。すると、11時半を過ぎDscf9716Dscf9717て、ウキが馴染み切ってから誘うとチクッ!で連荘。やった第2目標クリアだ。風でウキが流されるのでどうかと思ったが、あまり関係ないくらいの食いつきの良さがまだ続いている感じ。更にしばらくしてDscf97186匹目をゲットすれば、こりゃぁ第3目標まで行きそうか?しかぁ~し、12時のサイレンを聞くと痛恨のハリス切れ。しかも下ハリス。で、今回も残っている部分に鈎を巻きつけ、更に上ハリスを詰める事でハリス段差を保つ。餌がもうないが、これでやってみよう。すると、まDscf9719たもズバッ!で遂に7匹目。残念ながら2桁は無理そうだが、何とかもう1匹と最後の一投に賭ける。すると、ここでズバッ!やった「上がりべら」ゲットか?しかぁ~し、バラシてガクガクッの終了。時刻は12時20分。結果、午前の部では実釣2時間で7匹。前回の9匹にはDscf9720届かなかったが、今日は特にカラが多かった。また、最近は記憶力が弱くなっているのでハッキリとはしないけれど、バラシもあった気がする(オイオイ)。ハリスはさておいても餌への工夫が足りなかったのかもしれない。さあ、一旦休憩して昼食がてらO合さんの様子を見に行こう。すると、最初の頃はウキの返しもないと言っていたのに、2匹をゲットしている。静かに寄せるので(私以外は皆さん静かに寄せる)釣ったのが分からなかった。流石です。釣り座に戻り、午後の部、行ってみよう。竿と仕掛けはそのままで、両ダンゴだ。餌は粘麩にガッテン・天々。そして再開は12時34分。この頃から気温がぐんぐん上がり、風も弱くなって暑くなって来た。さて、ちょっと間が空いたからなのか、最初はウキは静かに馴染むだけだったが、そのうちにモヤモヤからのチクッ!も出始めた。しかぁ~し、こちらも掛からず。O合さんからは後半5匹は釣れる(場所が場所なのでそれくらDscf9721いは釣れ!と言う事か)と言われたが、私的には午後の部では最悪でも3匹をゲットしてトータルでの第3目標はクリアしたい。すると、1時近くになってやっとあたりに合いました。やれやれ。更に1時を過ぎる頃からポツポツと2匹をゲットすれば、やったトータルでの第3Dscf9722Dscf9723目標に達したぞ。これで今日の釣りは終わった。って、まだO合さんからのミッションは果たせていない。その後はなかなかいいあたりに出会わなかったが、ある時からビックリの展開になってしまう。まずはウキが馴染むや否やのズバッ!で堪え切れず上ハリスを切られた。まあまあ、上で良かった。さっさと交換して再開すると、またもズバッ!でハリス切れ。と思いきや、何と両ハリスが切れているではないか。何故、何故だぁ・・・。これはさずがに修復不能。総交換となってしまったので、出来るだけ下ハリスを伸ばし、上ハリスとの段差は15cmくらい。すると次の餌打ちでは、まさか連続してのハリス切れの後にまだあたるとは思いもよらず、餌打ちしてほんのわずかボンヤリしていたら(ほんのわずかの間です!)、軽く握っていた竿がズバッ!と前に持って行かれて手から離れ、あれよあれよという間に前に進んで行くではないか。しまったと思う間もなく、今日はバサーがいないので回収は不可能かと今日の釣りの終了を覚悟したが、へらが外れたのか竿が浮き、更に風・波がアゲンストなので少しずつ手前に寄って来るではないか。これを「たも」で寄せれば、嬉しや誰にも迷惑をかけずに回収出来ました。一時はどうなるかと思ったが、日ごろの行いが良ければこう言う事になるんだとグッドラックを噛み締める。さあ、これからは竿をしっかり持つぞと再開すると、何とウキが馴染んですぐにあたり!そして掛かりました?残念バラシでガクガクッ。この4連続のアクシデント?にはさすがの私もグッタリ。しかも、その後はウキの動きが悪くなり、一体あの騒ぎはDscf9724Dscf9725何だったのかと。しかぁ~し、2時を過ぎると状況が一変。まさに午後のGTなのか2時半までにポンポンと5匹をゲットして、Dscf9726Dscf9727午後の部だけでの第2目標を楽々クリア。更に午後の部だけで第3目標も狙える状況になった。何故かは全く不明だが、おDscf9728そらくは時合(午後のGTとも言う)、それしかない。その後もウキは動いたものの、残念掛かる事はなく2時36分に餌が尽きて午後の部は終了となった。結果、両ダンゴの宙では実釣2時間で8匹。トータルでは実釣4時間で15匹と、私にしては前回前々回を上回る上出来の結果となった。片付け。見るとO合さんも片付けている。片付けを終え、O合さんにDscf9729状況を訊きに行くと、何と午後は5匹を釣って計7匹で終了したと言うではないか。午後の部では宙であれだけウキが動いた私と3匹しか差がないのだ。流石ですね。挨拶してその場を離れ、対面にも挨拶するが返事はなかった。階段を上り公園内を歩いて車に戻る。日向側深場ではこの距離が嫌だ。ハアハア言って車に荷物を積んでいると、これまた終了していたのか竹さんが話し掛けて来た。今日は底でやったが、ウキが動き過ぎて嫌になったとの事。既に帰っている先客も数を釣り、T林さんも10尺宙でウキが動きっ放しだと言うから、今日は私だけでなく皆さん好結果になったと言う事か(私だけなんて、そんな美味い話はないよね!)。挨拶して解散し、私はまたもやベイシアに向かうのであった。
 
明日は通院日。其の後に竿を出すかは不明
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

花の舞蔵開放

今日は好天に恵まれ、新浜松駅着は9時前。ここでKA氏と落ち合い、赤電に乗って途中I H氏と合流し浜北駅で降りる。それから無料の送迎バスで花の舞本社へと向かうのだ。
Img_20181028_085827Img_20181028_085831そうです、今日は花の舞蔵開放の日。前回はもう何年前だろうか。帰りには目の前が黄色くなるくらい呑んだ(病気ではありません)あまり良くない思い出があるが、今日はそんなに呑む連中ではないので、多分大丈夫。
Img_20181028_100918Img_20181028_100922会場に着いたのはまだ10時前だと思うが、既に酒が振舞われており、隙間という隙間にはシート。そして出来上がっている人も。
我々は第2会場に入り、グラスを貰い酒を頂き、隙間を探してシートを敷く。そして乾杯だ。
Img_20181028_104952Img_20181028_114233何となくグラスが小さい気がしたが、家に帰って前に貰ったものと比較したら、やはりImg_20181028_162923半分くらいの容量になっていた。まあ、仕方ないのかもしれない。今回は1回に1人1個のグラスに1杯ずつしか注いで貰えない上に、それより何と来年からは1人500円が徴収されるのだ。今年が無料の最後の年だった。
今回は救急車の音が聞こえる事もなく、我々は1時半過ぎに納会とし、帰りは緑の電車に乗って途中でI H氏とはお別れして新浜松駅に戻った。
Img_20181028_142308今日はジャズウィークの最終日とあって、駅近くの空きスペースではライヴが行われていた。
そして今日も我々が向かったのは「トゥルネラパージュ」。今回はスピーカーの近くで鑑賞したが、2回目と言うのもあってかあまり感動は覚えなかった。
再び浜松駅に戻り、解散。今日は天気が良くて本当に素晴らしい日を過ごす事が出来た。心地よい疲れが残っているが、明日は竿を出したいところ。まあ、朝起きれたら行く事にしよう。そうしよう、双子葉植物。
 
来月には大道芸W杯がある。これにも出掛けたいところだが・・・
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月26日 (金)

今週は4回目の釣行@増沢池

昨日も釣行は出来たのだが、朝食後にパソコンをちょっと見るつもりでいたら、あっという間に10時を過ぎてしまいアジャパー。だが、今日は通院日なのでそう言う事はなく、通院後にそのまま増沢へゴー!駐車場着は10時前。あれれへら師と思われる車はO合さん以外には分からない。それでも日向側の人間になったのだからと荷物を降ろして橋まで行くと、「かつての」私のいつもの場所にはいつもの人が帰り支度。えっ、もう帰るの?挨拶して訊くと、とりあえず顔は拝んだからとの事。お疲れさまでしDscf9692た。最近は橋を渡り坂を下りるのがキツクなっている。看板横では草刈りの真っ最中。お仕事ご苦労様です。そのまま遊歩道を進み、O合さんの元へ。今日はついさっき1枚目が出たとの事。午前中しかウキが動かないと言われ、慌てて一昨日Oさんが入っていたところに入り、さあ準備だ。しかぁ~し、台を設置して座ろうかと思ったら左前がズルズルと沈み、急いで直したらDscf9693今度は左後ろがズルッ!これは危ないので、この場所は止める。どうも体重制限に引っ掛かったようだ。で、Kさんが入っていた場所も同じような感じなので、結局はO合さんから水草一つ離れた浅場に入る事になったが、道具の移動で既に疲労困憊。ハアハア言いながらの準備となった。さて、今日は何としても底をやりたい。意地でも底をやるぞ。竿は12尺、餌はいつものバラグルセット。ささっと「たな」を取っての開始は10時40分!予定より30分くらいロスした感じだ。しかぁ~し、開始早々からウキが返すではないか。これは爆釣の予感?ただ、これまでと同じくそこから先がない。クーッ。しかも、何と餌ボウルを池に落としてしまうアクシデントで、餌がグチャグチャ。ただでさえ場所の移動でイライラしていたところなので、癇癪が爆発寸前に。でも、グルテンは表面だけ柔らかくなったので使える。バラケは水を絞りに絞って使用。これが省資源釣法(キリッ!)。あっという間に開始30分。11時を過ぎている。すると、風・波でシモッたウキがスッと入り、これを見逃さずに合わせれば、やった掛かりましたよ!しかぁ~し、何と尻ビレから見えて来た。ガクガクッ。まあ、寄せる途中で外れてくれたのでそれは良かったと言っておこう。すると、今度はウキから目を離して餌を見ていて、ふと顔を上げたらウキがない!慌てて合わせるも再びのバラシでガクガクッ×ガクガクッ。午前中のGTなのか、その後もウキは動き続けるが、次の今度こそのチクッ!あたりでもバラシでガクガクッ×ガクガクッ×・・・。バラシ3連荘なんて記憶にないくらいの随分久し振りだ。これは底を取り直すしかない。と、ここでO合さんが竿を曲げる。裏山鹿~。さて、底を取り直したら何と最初より深くなっていた。最初の状態でスレなのに、更に深くするとは・・・。何となくありえない感じで再開すると、ゲゲッ12時のサイレンが鳴るではないか。最早凸まっしぐらか。ウキは動いているのになぁ。今日はへら師の数がグッと少ないのは、やはり釣れていないからなのかも。しかぁ~し、バラケが尽きてグルテンだけになると状況が一変。それまでも両グルで打つ事はあったが、特に変わった事はなかった。Dscf9694が、12時を過ぎて午前中のGTは終わった筈なのに、ウキがフワッと返してからのチクッ!でやっと出ました1匹目!いやぁ、痺れるなぁ。ここまで厳しい釣りだったが、これで帰れる。O合さんも喜んでくれた。さあ、今まで我慢していた昼飯を食べながら続行だ。すると、そこDscf9695Dscf9696から同様のあたりで12時半までに3匹を追加。何があったのかは不明でも、とりあえず第2目標にリーチまで漕ぎ付けたDscf9697ぞ。しかぁ~し、その後は特に何もなく、12時37分にグルテンが尽きて終了。結果、底では実釣2時間弱で4匹。ホント、一時は凸を覚悟するくらい厳し過ぎる展開だったのに、終わってみればまあまあ。とにかくこれで後半の宙も落ち着いて出来ると言うもの。O合さんにDscf9698了解を取って、後半は両グルの宙(多分バラグルセットの宙が正しい)で行く。餌はいつもの。そして前回よりやや深めの「たな」で再開は12時47分。一昨日は看板横でまあまあ結果を出したが、それは午前中。午後はどうかな?すると、午後は上空雲が多くなって、波と相俟ってウキの視認性が悪くなるも、じきにウキが動いているのが見えて来た。しかぁ~し、何と言う事でしょう、またも餌の方に視線が行ってしまい、その時に宙で初めてのズバッ!と消し込みが出ると言う間の悪さ。Oh my God!その後しばらくモタモタした感じで1時をDscf9699過ぎると、今度こそのズバッ!ではズバリ掛かったでしょう(丸尾スエオ君風に)!しかも今日一番のサイズで35cmオーバー。これでトータルでの第2目標にも達し、次はいよいよ宙だけでの第2目標、更にはトータルでの第3目標、そしてあわよくば宙だけで第3目標も夢ではないかも、と妄想は膨らむ一方。しかぁ~し、世の中そんなに甘くない。消し込みは出る事は出るのだが、一昨日のように次々と掛かるどころかカラツンの連続。おそらくハリスを詰めるとかすればいいのかもしれない。でも、この長ハリスでやるのが両Dscf9701Dscf9702グルの宙(正しくは・・・以下同文)なのだ。それでも1時半を過ぎる頃からあたりに合うようになり、ポツポツと2時近くまでにDscf97033匹を追加すれば、嬉しや宙だけでの第2目標にリーチ。O合さんもウキの動きを見ていて、この後も釣れると言ってくれた。が、そこから何とバラシの3連荘。まさにガクガクッ!更に?2時になってO合さんが、餌が尽きたので終了すると言うではないか。いつも3時近くまでやるのに、何故?O合さんは何も言わないが、何となく私の宙でへらが上ずってしまい、底では釣れないと判断したからではないか。だとしたらスミマセンでした。2時をDscf9704Dscf9705過ぎ、私が2匹を追加して宙だけで第2目標、更にはトータルでの第3目標をクリアしたところで、O合さんは帰った。お疲れさまでした。さあ、バラケが尽きていよいよ本命?の両グルとなってしまったが、次は宙だけでの第3目標にチャレンジだ。ただ、朝方からいたへら師のうち、既に我々より深場にいた3人と日陰側橋の上(かみ)にいた1人は帰ってしまった。逆に対面柳の木のそばに1人入っている。深場ワンドにはもちろんT林さん。さて、両グルで果たしてあたりが出るのか疑問ではあったが(本来の釣りなのに?)、次のズバッ!では何とハリス切れ。ただ上ハリスだったのでまずはホッ。下ハリスが切れたら、また現Dscf9706場施工になるのは面倒だしね。ただ、巻いてみたらちょっとハリス段差が開いた気がする。でも今更直すのは面倒なので、そのまま(オイオイ)。それでもじきに7匹目が釣れたので、その事はまあなかった事に(イヤイヤそれは無理でしょう)。しかぁ~し、8匹目は下鈎を呑んでDscf9707いて、実はそれまでにも数回呑み込みがあっても指で外していたのだが、8匹目は指を入れる前に暴れられてプッツン!Oh my God!どうしよう、今更現場巻きなんてしたくはないのだ。ん、切れたのは鈎を縛っているところなので、長さは問題なさそう。と言う事で(どういう事?)、何と残されたハリスに鈎を巻く事にする。すると、段差がちょうどお気に入りDscf9708になって、9匹目をゲット。いよいよ本日のメイン・イヴェント、果たして両グルで「つ」抜けなるか?しかぁ~し、何となく気温が朝方より下がり気味になったせいか、次第にウキの動きが悪くなり、結局「つ」抜けには至らず2時55分に終了。結果、午後の部では実釣2時間強でDscf97099匹。トータルでは実釣4時間で13匹。一昨日の結果には及ばなかったが、まあまあではないだろうか。片付け。対面柳の木のそばのへら師は帰り、こちら側階段下付近には1人入っている。片付けを終え、T林さんに挨拶して車に戻る。看板横には3人入っていた。さあ、帰ろう。今週は滅多にない週4回の釣行でさすがに疲れた。明日は雨なので休養には最適。そして明後日には花の舞の蔵開放がある。学生時代の友人と出掛ける予定だが、楽しみだなぁ。さっさと家路に就いた。
 
日向と日陰では大違いなのか。まだ確定できない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

3連荘強行も、行って良かったぁ@増沢池

さすがに3連荘はないだろうと思っていた本人もビックリの釣行。やはり昨日の中途半端な終わり方が悔しいから、これは当然かもね。行き先は増沢。月金のO合さんや真のエヴリデイ・アングラーT林さんに比べたら大したことないし。テレビの予報では午前中突然の雨とか雷に注意とかあるが、Y!予報では雨雲がかかる事はなさそう。で、駐車場着は9時半頃か。おおっ、OさんO合さんKさんが揃い踏みだ。多分皆さんは日向側だろう。私は最初昨日と同じ「かつての」いつもの場所に入ろうかと思っていたのだが、様子見に橋まで行くと気が変わり、よし今日から日向側の住人になるぞ。さっさと荷物を降ろし、橋を渡る。それにしても暑い。昨日まで寒かった気がするDscf9678Dscf9677のは日陰でやっていたからかな。皆さんは橋の下(しも)浅場側からKさん、Oさん、そして整地された辺りにはO合さん。へら師は他に深場に2人と、日陰側深場ワンドに1人。看板横付近に誰もいない。挨拶しながら状況を訊くと、何とKさんは底の掃除、Oさんは日陰側に比べてウキがよく見えるだけとか。え~っ!更にO合さんからは、昨日は午前中で4枚出たが、今日はまだ。見ると湖面にはゴミと油膜。来なければ良かったと一瞬思いながらも、何処に入るか岸辺を覗うが、結局戻って看板横に入る事にする。そう言えばO石さんの姿がないなぁ。まあいい、準備だ。昨日は両ダンゴの宙で終わってしまったので、今日は両グルの宙から行ってみよう。と言っても、正しくはバラグルセットの宙と言った方が正解に近いと思う今日この頃です。餌はα21・わたグル・新べらグルテンを昨日と同じ配合で。それと天々をバラケとして多少。「たな」は昨日のままで開始は10時11分。まずは様子見でとにかくウキが馴染んだら誘いをちょっとやって餌を切る、を繰り返すが、う~んなかなかウキは動かないね。それでも10時半頃から小さくモヤモヤする事があるような気がして(ハッキリしろ!)、しばらDscf9679く見ていると、いきなりウキが消し込んだ!これにはビックリだが、とりあえず合わせればバッチリで1匹目。サイズもグーで言う事なし。こりゃぁ爆釣か?と早くも獲らぬ狸の皮算用。しかぁ~し、その後はさっぱり。あまり待つ釣りだと餌が余ってしまう。今日は午後は両ダンゴでやるつもりで、大体3時を終了予定にしているのだ。両グル(もといバラグルセッDscf9680ト!)は回転の速い釣りなのに、状況はそうではなさそう。それでも11時近くにまたもズバッ!で2匹目。どうも状況が掴めない。バラケが持ち過ぎてなかなかあたらないのか。それとも・・・。ただ、次第にウキの動きが悪くなるのが分かり、11時過ぎに大楽地を思い出して「たDscf9681Dscf9682な」を浅くすると、ちょうど午前中のGTがやって来たのと相俟ってウキの動きが復活。そして決まったようにバラケが抜けてDscf9683Dscf9684しばらくしてからのズバッ!が出れば面白いように掛かる・掛かる・掛かる。何と12時近くまでに5匹を追加すれば、あDscf9685ら素晴らしい第2目標を楽々クリアして第3目標も視野に入って来そうだ。しかぁ~し、これまたズバッ!で8匹目かと思いきや、悠然と「たも」を出していたら手前で外れた・・・。確かに口に掛かっていたのだが、掛かりが薄かったのかも。ちょっとガクガクッ。そして12時のサイレンが鳴る。バラケを使い切ってしまったので、ここからは本当の両グル。それまで両グルではウキの動きが良くなかったので、後は餌を打ち切るだけかなと思っていると、Dscf9686Dscf9687グルテンに怒られそうなズバッ!ズバッ!で2匹を追加すれば、あらら第3目標にリーチとなったではないか。しかぁ~し、残念その後は数を増やす事なくグルテンも尽きてしまい、12時21分に午前の部はDscf9688終了だ。結果、両グルの宙(正しくはバラグルセットがほとんどの宙)で実釣2時間10分で9匹。返す返すもあのバラシが勿体ない。でも、私にしてはこれは充分な結果だ。まさか日向側でこんな素晴らしい事が起きるとは夢にも思っていなかったから。さあ、一旦休憩して昼食がてら皆さんの様子をでも見に行くとするか。すると、Kさんは相変わらずパッとしない様子。OさんDscf9689Dscf9690は午前中に底で8匹をゲットしたものの、今はあたりがなくなったとの事。O合さんは昼食後に1匹目。それまではゴミと油膜でさっぱりだったが、ようやく綺麗になったらしい。O合さんの写真はカメラの電池切れで撮れませんでした。悪しからず。さて、釣り座に戻って次の準備だ。予定通り両ダンゴでやるぞ。竿と仕掛けはそのままで、餌は粘麩・ガッテン・天々。かなり浅めになっている「たな」もそのままに再開は12時32分。まずは様子見?で餌を打ち続けるが、どうも反応がないようだ。こうなると時間の経過が早く、1時を過ぎる。ここで「たな」を最初の位置にしてみると、何と再開第一投でウキが動いた。が、その後は再びシーン状態になったので、またも浅めの「たな」に変更。すると、 何と言う事でしょう、まだ午後のGTには早い気がするが、あたりが出ましたよ!今日のあたりは午前午後を通じて全てがズバッ!で、チクッとかいうのは全然ダメだった。で、両ダンゴでようやく出たズバッ!だったが、残念カラ。その後も数回あたりらしきウキの動きではカラのみで、こりゃぁ午後の部は最悪凸も考えなけれDscf9691ば。とか思っていたら、開始1時間以上経った1時半過ぎ、橋の影で正面が翳りだす頃にズバッ!でようやく掛かりました!これでトータルでの第3目標には到達したのだが、この先数を増やす事は出来るのだろうか?今のままではかなり難しそうだ。で、ダンゴには手水で少Img_20181024_135154Img_20181024_140710し柔らかめにしてみると、2時少し前、更に2時過ぎにズバッ!ズバッ!で2匹を追加。こりゃぁ午後の部でも第2目標くらいは行けるかも。しかぁ~し、そこか先は、それまでとは全く違う展開が待っていた。ウキが馴染み切ってからモヤモヤ。そしてグッと入るあたりらしき動きが頻発するものの、一向に掛からず。クーッ、痺れるなぁ。2時半を過ぎ、橋の影から逃れられた頃に、私も何かしなければと「玉」ハードにご登場願う。実は最初の頃にもお出まし頂いたのだが、その時には全く効果がなかった。しかぁ~し、第一投からズバッ!やった「玉」の効果てきめんか?しかぁ~し、バラシでガクガクッ。まあ、こんなものではとImg_20181024_144211Img_20181024_144533正直ガックリしたのだったが、その後何故かズバッ!ズバッ!の連荘で2匹を追加すれば、嬉しや午後の部で第2目標クリアだ。対面私の「かつての」いつもの場所には、いつからか分からないが1人入っていた。そして3時前には姿を消していた。釣れたかどうかは不明。さて、その後も「玉」のセットで打ってみたが、どうやら私のGTは2匹限界説のとおりで、その後はウキのImg_20181024_150101動きがほぼなくなり、3時1分にバラケまがい(元はダンゴ)が尽きて終了。結果、午後の部では実釣2時間半で5匹。トータルでは実釣4時間40分で14匹。久し振りに「つ」抜けを達成出来て嬉しかぁ・・・。片付け。橋の下(しも)のお三方も終了したようで、私の背後からそれぞれ釣果を教えてくれた。お疲れさまでした。私も片付けを終え、対面深場ワンドの主であるT林さんに挨拶して車に戻った。来る時にはそれほど感じなかった距離が、帰りはキツイ(トホホ・・・)。さあ帰ろう。今日は3連荘でキツかったが、好結果(もちろん私にとって、だが)で本当に来て良かった。この調子で明日も、と行きたいところではあるが、正直キツイので分かりません。明日は明日のかぜが吹くとだけ言っておきましょう。さっさと池を跡にした。
 
明日もし行くなら日陰側にしよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月23日 (火)

また雨か・・・@増沢池

昨日に続いて今日も釣行。しかぁ~し、通院後に向かおうとしたら急に腹の具合が・・・。で、一旦帰宅してから再度ゴー!今日は終日曇りのようだが、何となく嫌な予感がするのは私だけか。駐車場着は10時近い。あれれ、へら師と思われる車が見当たらないぞ。あっ、O合さんの車ハケーン!まずは橋まで行って池の様子を覗おう。日向側(今日は曇ってますが、何か)にはO合さん含め3人が見えるが、日陰側には誰もいない。急に寒々して来たぞ。そうか、いないか・・・。それでは「かつての」いつもの場所にでも入ってみよう。深場ワンドでは私のアームでは限界だから。車に戻Dscf9670Dscf9671り、荷物を降ろして池に向かう。まずは対面O合さんに挨拶。あっ、看板横と坂の下に1人ずついるぞ。ダム?そばにも1人入ったので、私を含めてへら師は7人か(後になって看板横はO石さんだと分かった)。さあ準備しよう。湖面は凪いでいてウキの視認性に問題はない。ただ、ちょっと寒い気がする。が、それとは関係なく竿は12尺の両ダンゴの宙から入ってみよう。昨日の大楽地ではパッとしなかったが、ここではどうかな?ウキ、仕掛け、餌、「たな」は昨日と同じ。開始は10時28分。まずはウキの馴染み具合を見ながら餌打ち。しばらくすると、ウキが小さく弱くモヤモヤし始めた気がして、昨日よりはやる気になる。が、あたりにならないのは何処の池でも同じか。しDscf9672かぁ~し、11時に近づくとウキに「止め」らしきものが出ているように見えて、あたれ!と心で叫べばズバッ!でやった1匹目ゲット。これはなかなかですよ。餌が昨日より少し柔らかめなのがいいのかも。それとそろそろ来る午前中のGTが関係あるのかな。ただ、あたりは続かない。で、11時を過ぎて上餌をピラミッドパワーにして落とし込みで打ってみたら、馴染む途中でズバッ!慌てて合わせたものの、必要以上に力が入ったのか合わせ切れでガクガクッ。上ハリスで良かったぁ。さっさと交換して続行すると、今度はウキが馴染んでから誘いを掛けたらDscf9673Dscf9674チクッ!これに反応すると、やった掛かりました2匹目。更に次の餌打ちでも同様の誘いの後にチクッ!で連荘3匹目ゲットだ。これは素晴らしい。まだまだ行けそうな気がするぅ~♪しかぁ~し、次のあたりでは大きな鱗。更に11時半近くになって、同じようなあたりで掛かったのは手の平バッチリサイズのブルー。これは素晴らしいDscf9675(って、オイオイ)。さっさとご退場頂き続行するものの、これ以降はウキは動いても掛からず。で、遂に12時のサイレン。ここで考えた。次は両グルでやるのだが、最近はバラグルセットのような感じでやり過ぎている気がするので、今日はバラケは作らない。代わりに今使っているダンゴを上鈎に付けてやってみよう。何も変わらないというご指摘はスルーします。12時14分にダンゴを少し残しての終了とした。結果、両ダンゴの宙では実釣約1時間45分で3匹。急にDscf9676寒くなったこの時期にしてはまあまあではないか。さあ、急いで次の支度をしよう。と、その前に昼食。それからα21・わたグル・新べらグルテンを1:1:2くらいで作る。そして釣り台に座ったところで、何と雨粒。ガクガクッ。急いで雨雲予報を見ると、強い雨ではないものの、ずっと雨雲に覆われてしまう事が分かり、まだパラパラ状態のうちに終了と決めた。前回雨にも負けずとやったのは、それまで凸だったから。今日は既に結果が出ているので、必要以上に頑張る事はない。省資源釣法からはお勧め出来ないが、作ったばかりの餌と残っているグルテンを、涙を呑んでまとめて捨てる。そして片付け。私以外に終了するへら師はいないようだ。片付けを終え、O合さんに挨拶したら、看板横からも声が。そうです、それがO石さんでした。気が付かず失礼しました。車に戻り、さて今日はどうしようかな。行った方がいいのかな。雨もあるけど行こうかな。と言う事で?今日も今日とてベイシア詣で。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は天気が良ければ竿を出す?そんなに張り切る訳は何?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月22日 (月)

何処の池も同じか@大楽地の池

いつも増沢ばかりではアクセス数が伸びないのは承知でも、つい近くだからと出掛けてしまう。しかぁ~し、今日は久し振りに大楽地に行くぞ。前回は大雨で全身びしょ濡れの惨事だったので、今日は天気予報を確認に確認の上で出掛けました。駐車スペースに着いたのは9時40分頃か。まずはちょっとしたお仕事を済ませ、それから荷物を降ろして池に向かうと、へら師は堰堤左端と真ん中の2人だけ。挨拶して、私はDscf9662Dscf9663いつも通り堰堤バルブの左側に入る。さて、状況はどうなのかな?O合さんに訊いておけば良かったとは、言っても仕方ないタラ・レバ。で、とりあえず底は止めて宙から入る事にする。まずは両ダンゴで行ってみよう。増沢ではそこそこの結果が出ているが、ここはそんな常識が通用する筈もない。でもやります。餌は粘麩・ガッテン・天々と、全く同じもの。「たな」もそのままで開始は10時16分。宙でやるのはちょっと気が引けるので、あまり餌打ちのインターバルを詰めないように(へらが寄らなくなるかもしれないが、ここは我慢だ?)。堰堤左端のへら師は常連さんのようで、私が見ている範囲で2回竿が曲がった。そして11時半頃帰った。堰堤真ん中のへら師は、午前中1回バラシたのを見ただけ。何処もそんなに釣れないんだね。ここまで来る必要はなかったかも。特にウキが動く訳でもなく、気が付けば開始30分が過ぎる。ジャカゴには、かつて増沢にいたへら師(眼鏡とやや太り気味で、笑い声がけたたましい特長がある)が入っている。さて、開始30分を過ぎる頃からウキに動きが出始める。そしてズバッ!というあたりも3回出たが、これが一向に掛からず。クーッ・・・。しかもその後は再びのモヤモヤ状態に。私も手をこまねいていた訳ではなく、餌付けをいろいろとやったり餌に手水等、簡単に出来る事はやったつもり。それでもウキの動きは戻らず11時。そろそろ何処の池でも同様に午前中のGT、あるかもね。しかぁ~し、大きなあたりはカラまたはスレバラシで鱗。クーッ・・・PART2。しかぁ~し、ウキが馴染みDscf9664切ってからの小さなモヤに手を出したら、何と掛かりました!これには自分でもビックリ。あれがあたりで、ズバッ!はカラなんだ・・・。でも、午前中のGTは不確かで、その後はまたもウキの動きが悪化。モヤなど掛かる筈もなく、虚しく12時のサイレンを聞く。すると、何と言う事でしょう、堰堤真ん中のへら師が竿を曲げた!しかもその後ポツポツと3匹を追加したではないか。やはり底なのかと思いながらも、私は残った餌を打ち切るべく餌打ちを続けると、遅れて来た午前中のGTなのか、「たな」を少し上げたら急にウキの動きが出始め、ズバッ!も出たが、これがバラシで今更のガクガクッ!更には下「ハリス抜け」(切れではありません)も出てしまう。これには事情があって、多分下ハリスは60cm近くの長ハリスなので、自分の巻いてあるハリスではチチワを作る長さの余裕がなく、ハリスにたんこぶを作ってそれをサルカンに巻き付けるだけなので、強く引っ張られると抜ける可能性があるのだ。ただ、増沢ではあまり抜けた記憶がない。今日はこのDscf9665後も悲劇が続く。両ダンゴの宙は12時26分に餌が尽きて終了。結果、両ダンゴでは実釣2時間10分で1匹。午後になるとへら師が増えた。堰堤には左端付近に2人。右岸では寝台とその隣に入っている。午後からの方が釣れるのかな。さて、私は昼食の後、竿と仕掛けはそのままで両グルテンの宙をやるぞ。今日はこれが本命なのだ。餌はα21・わたグル・新べらグルテン。天々も少々。両ダンゴの時に浅くした「たな」は元に戻す。そして再開は12時35分。まずはバラケを付けて様子を見ると、じきにウキが動き出す。そして両ダンゴの時のようにズバッ!も出るが、これが掛からない。しかも、掛かったかと思えばまたも「ハリス抜け」でガクガクッ!下ハリスのストックはあと2本しか余裕がないので、他の巻き付け方をした方が良いのは分かっているのだが、出来るだけハリス段差を取りたいので、またもたんDscf9666こぶを巻き付けるやり方で交換。すると、1時近くになってまたもズバッ!でやった掛かりました!しかぁ~し、今度は抜けないと思ったら、何とチチワ結びの上鈎を食っていた(これはトホホか?)。まさに冗談のような結果だ。さて、その後もウキは動き続けるのだが、何とズバッ!で2回「ハリス抜け」が出てしまい、遂にストックがなくなってしまった。で、仕方なく短めのハリスを結ぶのだが、30cm+40cmくらいになってしまうとウキの動きもパッとしなくなって、1時半過ぎにハリスの現場巻きを実行。これで下ハリスはチチワで結べた。最初からそうすれば良かったと言うのは、これまた意味のないタラ・レバでした。さて、その後もウキは弱く動く事はDscf9667あってもあたりにならず、気が付けば2時。何となくチンタラ餌打ちをしている私に朗報です。何故かあたりが出、そして掛かりましたよ。嬉しい事は嬉しいのだが、何だかなぁと言う気持ちもある。さあ、あと1匹釣って何とか先客の4匹に追い付きたいところだが、そこから先はバッタリ。で、今更だが「ナンチャッテ」底にお出まし頂くとするか。すると、第一投は両グルでウキが動いたような気がするものの、その後はやはりダメダメ。3時を過ぎ、餌がグルテンしかなくなったのを機に再び宙に戻すと、午後のGTなのか急にウキが動き出し、あたりらしき動きも見せるようになっDscf9668て来た。が、餌はもう終わる。良く出来てるね。そしていよいよ最後の一投。気持ちを込めて打ち込むと、何とウキが馴染むや否やズバッ!で、やった「上がりべら」ゲットだ!う、嬉しかぁ・・・。時刻は3時22分。結果、両グルの宙では実釣約2時間45分で3匹。トータルでは実釣5時間弱で4匹。形の上ではトータルでDscf9669の第2目標にリーチとなっていても、とてもとても。片付け。午後からきて堰堤左端に入ったへら師は何度か竿を曲げて帰った。右岸も竿が曲がっている。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。今日もグッタリだ。明日は通院だが、その後増沢にでも行こうかな。って、随分やる気になってるね。♪付いてるね、乗ってるね♪ミポリンだぁ。さっさと荷物を積み、シャトレーゼに向けて池を離れた。
 
最近連荘は体力的にかなりキツくなっているが・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月20日 (土)

泣きっ面に蜂!からの~・・・根性の1匹@増沢池

今日は特に出掛けるつもりはなかったのだが、好天の予報(午後には天気が不安定とあった)にホイホイ出掛けました増沢。一昨日のような推移を期待して、今日は底はやらないつもり。駐車場着は9時半過ぎか。Oさんの車があったので、まずは何処にいるのか橋まで行くと、ゲゲッ、日向側深場にズラッとへら師が並んでいるではないか。Oさんは一昨日と同じ場所か。さて今日は何処に入ろうかな。日向側は整地された辺りには誰もいないので、久し振りに入るのも良さそうだ。でも、私は今日も日陰側深場整地された辺りに入るぞ。日向側は来週からにしよう。車に戻り、荷物を降ろしDscf9655Dscf9656て池に向かうと、T林さんの定位置から少し左に先客。挨拶して、私はほぼいつもの場所に入る。晴れていて湖面は鏡のようだが、ウキの視認性はかなり悪そうだ。へら師はこちら側塩ビ管辺りに2人。対面にはざっと15人くらいが入っている。明日の例会の試釣に来ているへら師がほとんどか。トータルでは20人くらい。Oさんに手を振ったら気付いてくれた。後で知ったのだが、O石さんが看板横から更に浅場にいたようだ。さあ準備しよう。おっと、定時より早くT林さん登場。今日は両ダンゴで底をやるらしい。先客はトロ掛け。私はまずは12尺で両グルテンの宙から入るぞ。餌は一昨日と同じで、バラケには天々。一昨日より少し深めの「たな」で開始は10時17分。予定では両グルを2時間と両ダンゴを2時間で少なくとも1匹は釣って終わるつもり。しかぁ~し、T林さんから今日の混雑ではただでさえ釣れない状況がもっと厳しくなると言われ、早くも予定崩壊か。まずはバラケを付けて打つ・打つ・打つ。ウキが動かない時には餌をたくさん打つのは厳禁らしいが、そんなの関係ねぇ~っ!てか。確かにウキの視認性はあまり良くないが、見えない訳ではないので希望が持てる。しかぁ~し、しばらくウキに動きなく、ただ餌を打つだけの時間が過ぎる。先客はウキが動かないと「たな」を下げて1匹目ゲット!スンバラシイ。T林さんと私は静かな時間を過ごす。11時を過ぎ、T林さんが竿を曲げたが残念バラシ。私の方もピラミッドパワーやオセロ等餌付けの工夫、それにウキが馴染み切ってから誘いを繰り返すと、弱く1目盛くらいウキが上下するようになるが、それだけ。そして午前中のGTの恩恵を受けたのは先客だけ。裏山鹿~。私はさわりだけであたりにならない時間が続くのが苦痛になり、T林さんがウキに動きが出て来たと言うので、12時近くではあるが私も「ナンチャッテ」底に移行してみる。しかぁ~し、ウキに動きは出ない。そして12時のサイレン。そろそろ心の余裕もなくなってきた。T林さんは再度のバラシの後に遂に1匹目ゲット!スンバラシイPART2。私も昼食をささっと摂ってから、12時半過ぎに再び宙に戻す。ついでに下ハリスを5cmくらい伸ばしてみる。すると、じきにウキがモヤモヤし始め、底の時間の無駄が堪える。が、その後もウキの動きは好転しない。2回くらいウキが弱く入る事があって、とりあえず合わせたがもちろんカラ。1時を過ぎ、もう両グルでは無理だ。と言っても、後半は両ダンゴでやるとT林さんに言ってあるので訂正は出来ない(何故?)。そのまま虚しく餌が尽き、1時17分に両グルの宙は無Dscf9657Dscf9658念の終了となった。結果は言うまでもありません。T林さんと先客の間にはNぼりさんが入った。さて、後半は両ダンゴの予定だが、両グルであたらなければ両ダンゴで釣れる気がしない。でもやりますよ。餌は一昨日と同じ。同じ竿同じ仕掛けと同じ餌同じ「たな」での再開は1時半頃か。しかぁ~し、餌打ちを始めてじきに雨粒が落ちて来た。ゲゲッ×ゲゲッ、確かに今日は午後から天気が不安定になると予報にあったが、少し早過ぎるのでは?あの大楽地のトラウマがあるので、雨粒=中止という構図になっている私の頭、まさに泣きっ面に蜂を地で行く状況。が、ここではたと気付いた。この場所は頭上に木の枝が張り出しているので、少しくらいの雨ではノー・プロブレムではないか。私のスマホでは雨雲はここには来ないとあるし(では何故雨が降っているのか?)。よし、一応傘を出して荷物には覆いをし、確か先客が30分我慢すれば雨が止むと言っているので、ここは踏ん張りどころ。ついでにトラウマも吹っ切るぞ!しかぁ~し、何とT林さんが終了を宣言。対面もポツポツ帰り支度が見える。そんな中、雨は激しくなることはなく、私のウキも弱くではあるが動き始めた。が、しかぁ~し、段底のNぼりさんが合わせ始めたので、焦るぅ。2時を過ぎ、雨は一旦止んだ。よし、ここが勝負どころ。ただし、次の雨が来たら強制終了だ。Oさんも終わり、帰った。お疲れさまでした。先客もT林さんに続き終了。4、5匹は釣ったのではないか。さて、傘を外し、一応の片付けを済ませて再開すれば、またウキが動き始めた。頼む、何とか1匹。すると、それまでにも数回あたりらしきウキの動きはあったのだが、ここで初Dscf9659めてのズバッ!が出た。ワオ!そして掛かりましたよ。う、嬉しかぁ・・・。サイズはさておき、雨にもめげず続行した私への、天からのご褒美だと思っておこう。もう後はどうでもいい。すると、それまで待っていてくれたのか雨が再び降りだした。予定通り終了。時刻は2時40分。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間余で根性の1匹だ。トータルでは実釣およそ4時間でDscf9660Dscf96611匹。凸と1匹では大違い。例えそれがまぐれであろうとも。ほとん片付けが済んでいるので、竿を仕舞い釣り台をたたむくらいで完了。ポツポツと降る雨はじきに止みそうだが、続行するNぼりさんに挨拶して車に戻る。駐車場には雨はなかったのか、そんなに濡れていない。さあ、帰ろう。今日はベイシア詣ではいいでしょう。さっさと荷物を積み、さっさと家路に就いた。
 
簡単に凸にはならないぞ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

出だしは前回と変わらなかったが@増沢池

今日は曇りで風も弱いとの予報に、張り切って出掛けました増沢。ただ、どんどん状況が悪化している感じで、いつ凸になってもおかしくない雰囲気に、ちょっとだけ不安も。駐車場に着いたのは8時過ぎか。それらしい車はなさそうだが、咳払いはいるようだ。とりあえずさっさと荷物を降ろして日陰側深場ワンドに向かうと、予想通りへら師はほとんどおらず、看板横付近に数人。後から咳払いがこちら日陰側深場ダム?付近に入った。さて、今日は何処に入ろうかな。今日も底から入るつもりなので、いつもDscf9637Dscf9638Oさんがいる辺りにしてみようかな。頭上の木の枝があまり邪魔にならないし。湖面は凪いでいて暑くもなく、非常にいいコンディションだが、ウキは果たして動くのか。竿は12尺で、久し振りに細いトップのウキを採用。餌はいつものバラグルセット。トップが細いので底取りがやりにくいが、とりあえず出来た。この頃からへら師が続々とやって来た。O合さんはいつも通り整地された辺り、KさんOさんは橋の下(しも)。階段下から旧流れ込みには4人。さて、開始はジャスト9時。ドキドキしながら餌打ちすると、う~んあれほどしっかりやったつもりでも、ウキの馴染みがしっくりこないぞ。ウキ下を微調してみるが、どうもスッキリしないので再度底取り。結局そんなに変わらないのだが、気分的には納得。しかぁ~し、ウキに動きなく時間だけが過ぎるお約束の展開。これでは前回の二の舞だ。せっかく細いトップのウキを使っても関係ないのか。あっという間に10時。餌の消費も少ないまま。対面ではO合さんが竿を曲げた。おそらくは12尺の底。裏山鹿~。ここで特に何故という理由はないが、ハリスを伸ばしてみる。そして再々度の底取り。すると、それが功を奏したかどうかは不明だが、ウキの返しが出て来たぞ。それまでも弱く小さくウキが返す事はあったので、何かがいDscf9639るのは確実。多分太いトップのウキではこれは見えないと思う。そして遂に10時半過ぎにその時は来た!馴染んで返したウキを見つめていると、ハッキリ1目盛チクッ!これに反応すると、やったとうとう掛かりました!これは嬉しい、嬉しいですよ。ただ、その後は再びのシーン状態。それからじきにT林さん登場。定位置に座る。昨日は深い「たな」で結果を出したとの事。ただ、「秋はたなを釣れ」のように今日も同じとは限らない。後半は私も宙をやるつもりなので、「たな」は要注意だ。と、ここでT林さんから底でウキが動かないのなら宙にすればという提案を頂いたので、省資源釣法の見地から、まだ餌があるからと底を続けるつもりだっDscf9641Dscf9640たのを、渡りに船と終了。時刻は10時56分。結果、底では実釣2時間弱で1匹。ただし、残った餌は捨てません。グルテンはそのまま、バラケには天々を適当に追加してバラけやすくしたつもり。竿はそのままでウキと仕掛けを交換し、やや深めの「たな」での再開は11時7分だ。こんないい加減な餌で果たして釣れるかと思いきや、じきにウキが動き出した。もちろん釣るまでは何か分からないが、とにかくウキが動く事が重要なのだ。そして時折あたりらしき動きも出るようになって、何とか1匹と願う心の欲深さ(T林さん曰く)。ひょっとして午前中のGT?しかぁ~し、全くかすりもしない。まあ、これは餌を無駄にしないという省資源釣法の教えからやっているので、釣果はDscf9642二の次(ホントか?)。あわよくば1匹という気持ちは変わらないが。すると、12時近くになって、遂に掛かりました!これは嬉しい、嬉しいですよPART2。そしてじきにグルテンが尽き、まがいものセットの宙は終了。時刻は11時56分。実釣1時間で1匹出れば御の字でしょう。さあ、これからが宙の本Dscf9643番。と、その前に昼食。12時のサイレンと共に次の餌を作る。α21・わたグル・新べらグルテン。まだバラケが残っているので、新たには作らない。そして「たな」はそのままに再開は12時5分だ。厳しい状況の中、凸を免れただけでも素晴らしい(個人の感想です)のに、もう1匹追加出来たので言う事なし。ただ、欲深い男としては前回の3匹には何としても到達したいとこDscf9644ろ。すると、何と言う事でしょう、すぐにウキに動きが。グルテンを多少バラけるようにした(つもり)のが良かったのか、開始10分しないうちに1匹目!前回の結果に並んだ。さあ、これからはある程度気楽に出来るぞ。すると、そこからウキの動きに合って2匹を追加するまで開始20分経っていない。こDscf9645Dscf9646れは素晴らしい。予想だにしなかったトータルでの第2目標にも到達したぞ。さあ、ここからどれだけ追加出来るかと、欲深い男は考える。しかぁ~し、気持ちとは裏腹に、前回の推移をなぞるような展開が待っていた。まさにトホホ状態。ウキは動くのだが、あたりらしきそれには全くかすりもしない。そして次第にウキの動きが弱くなる。このステージでは出来るだけバラケを使わない本来の両グルでやっているので、底の時から残っているバラケはたまに打つだけ。あっという間に1時を過ぎる。もちろんこの状況に指を銜えて見てるだけではなく、ピラミッドパワーやらオセロ等、更には少しだけ「たな」を上下してみるが、一向に変わらず。ただ、ウキが動くのも変わらず、T林さんからはウキが動くだけましと言われるが、これはこれでなかなか厳しいですよ。結局その後1匹もDscf9647追加する事もなく、1時41分に無念の終了となってしまった。結果、両グルの宙では実釣1時間半強で3匹。本当に前回の轍を踏むような展開だった。とりあえずトータルでの第2目標もクリアした事だし、このまま終わってもいいが、まだ時間が早いのでもう少しやってみようかな。しかも両ダンゴで。ハリスを5cmくらい詰めて40cm+55cmくらい(それまでどれだけ長かったのDscf9648か?)にする。餌は粘麩・ガッテン・天々。粘麩に水を加え放置する間に、深場に入っているT 口さんの様子を見に行く。先日の大会で貰ったウキを改造したものを使っていて、今日はこれにへらを釣らせてやるつもりらしいが、今のところ結果が出ていない。ただ、日没付近までやるようなので、きっと良い事がありますよ。さて、釣り座に戻り、再開は1時47分。あまり期待はしておらず、とりあえず2時間くらいは餌を打てる量を作り、ウキの動きに応じて手水で柔らかくするつもり。すると、何と言う事でしょうPART3、これまたじきにウキが動き出したではないか。まさに長ハリスのおかげ?2時を過ぎる。この頃からへら師が帰り始める。Kさんも帰った。皆さん釣れてるのかな?さて、特に何かした訳でもDscf9649Dscf9650ないが、ウキの動きがなくならないのでポツポツと2時半までに2匹をゲットすれば、これまたひょっとして両ダンゴの宙だけで第2目標、更にはトータルでの第3目標にまで到達するかもと、欲深い男の妄想は途切れない。しかぁ~し、2匹目で「たも」の中でのハリス切れが発生し、急いで交換したものの、そこから先はまさに両グルの宙と同様の展開になり、完全に餌打ちマシンと化す。ザわさんがやって来て岡ジャミ。T林さんとは話が途切れない様子。私もつい聞き入ってしまい、集中力がガクンと落ちたのは言うまでもない(ただの言い訳ですが、何か)。3時を過ぎ、OさんO合さんも終了。お疲れさまでした。さて、普段ならそろそろ午後のGT、ウキの動きが良くなる筈なのだが、モヤモヤは変らず。で、思い切ってハリスを更に詰めて30cm+40cmくらいにしてみたが、逆効果。これはダメだ。と言う事で再び40cm+55cmくらいに戻したら、その効果Dscf9651Dscf9652なのか、それとも午後のGTは間違いないのか、3時半近くになって急にウキの動きが良くなり、ズバッ!ズバッ!で2匹を追加すれば、こりゃぁ本当に「つ」抜けもあるかもね。しかぁ~し、私のGTは2匹と相場が決まっているのか、そこからは再びのモヤモヤのみ。で、3時52Dscf9653Dscf9654分に餌が尽きて無念?の終了となった。結果、両ダンゴの宙では実釣2時間余で4匹。トータルでは実釣6時間半!で9匹。久し振りの長時間の釣りで疲労困憊だ。ただ、厳しい状況の中、私的には好釣果だった(自己満足)。T林さんは既に終了し、片付け中。対面は誰もいなくなり、こちら日陰側のT 口さんだけが竿を出している状況。ザわさんの岡ジャミも長時間に亘っている。お疲れさまでした。片付けを終え、ザわさんと駐車場に戻る。何故か警察官がいたが、詳しくは不明。さっさと荷物を積み、ザわさんに挨拶して家路に就いた。
 
必ずポカンと開く穴はどうやって埋めればいいのか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

過ごし易くなっても凸は不要@増沢池

今日こそ竿を出すぞ!と通院後に張り切って出掛けたのは増沢。駐車場にはKさんの車、あっ、O合さんの車もある。大楽地から増沢へと移って来たのか。さっさと荷物を降ろして、今日も日陰側深場ワンドへと向かう。先客が1人、Oさんがいつも入っている辺りにいるので、まずは挨拶して、私も大体いつもの場所付近に入る事にする。と、1人やって来て、T林さんの定位置の左辺りに入った。さて、対面には橋の下(しも)からKさん、O合さんと並んでいる。手を振ったらKさんが気づいてくれた。まだ凸Dscf9629Dscf9630らしい。さあ準備しよう。気温はやや低いものの、キッチリ対応しているのでノー・プロブレム。曇っていて風がなく、ウキの視認性に問題はなさそうなので、予定通り15尺を出して底から入ろう。餌はいつものバラグル。さっさと底を取っての開始は10時28分だ。すると、何と言う事でしょう、第一投からウキが返したではないか。これは爆釣の予感?更に次の餌打ちでもウキがフワッと返して再び沈む。間違いない、爆釣だ!しかぁ~し、その後もウキは弱く動く事はあってもその後がなく、いくら待ってもあたりにならず。これは前回や先日の釣り大会と同じ様子。竿を長くしてもダメな予感がして来た(切り替え早杉!)。11時近くになってT林さん登場。定位置に陣取り、いつも通り両ダンゴの宙で開始。私は底を取り直したり、餌付けを両グル、更には「玉」ハードにもご登場願うものの、一向に状況が変わらないまま時間だけが過ぎるお約束の展開に。私のすぐ後に来たへら師は、じきに竿を曲げる。T林さんと同じく両ダンゴの宙のようだ。私も宙から始めれば良かったのかと、相変わらずのタラ・レバ。ただ、途中で気になりだしたのが、グルテンが少し柔らかめと言う事。ひょっとしてバラケが抜ける前に溶けているのか?いや、両グルで打てば餌が持っているのが分かるので、それなら何故?と言う問いには答えがない。T林さんもウキの動かなさに難儀したようだが、そのうちに何か対策したのか竿を曲げた。流石です、また裏山鹿~。さて、一向に変わらぬ状況に、遂に決断。A列車ならぬ「ドボン」で行こう。幸い仕掛けのオモリが遊動式になっているので、適当にオモリを追加して「ナンチャッテドボン」の完成だ。そして打ち始めると、しばらくしてウキがズルッと入り、やったと合わせるがすぐにバラシでガクガクッ。う~ん、やはり食わないのか。大体最初のあたりでは掛かるものだけどなぁ。でも、今の私にはこれ以外に術がない。その後も打ち続けると、再度のあたりらしきウキの動きで再びのバラシ。結局12時のサイレンを聞いても状況は変らず、本来はサイレンと同時に底を諦めるつもりだったのだが、あたりがあるからと昼食を摂りながら「ドボン」で続行。すると、今度はやった掛かりました!と思ったらハリス切れでガクガクッ。更にはバラシも数回。鱗もあるでよ!午前中のGTならぬ昼過ぎのGTなのか、ウキの動きはあっても結果に結びつかず、こりゃぁ早く餌を打ちDscf9631切って宙に移行した方が賢明では?と思っていたら、何と言う事でしょうAGAIN、空合わせで「掛かってました!」が出た。ワオ(岡田圭佑風に)!ちゃんと口に掛かっているので嬉しいのは嬉しいのだが、何だかなぁ・・・。すると、次の一投でもウキが馴染むや否やのあたりで、やった連荘?かと思いきやバラシでガクガクッ×ガクガクッ、鱗が付いて来た。結局ウキの動きはあってもその後は結果に結びつかず、12時47分に餌が尽きて終了。結Dscf9632Dscf9633果、「ドボン」を含む底では実釣2時間20分で1匹。トホホと言いたいところだが、ここは凸でなかった事を良しとしよう。さあ、次はいよいよ待ってました!の両グルの宙だ。竿は12尺に変更し、餌はα21・わたグル。前回同様天々を少々(と言っても相当の量ではあるが)作る。仕掛けは前回絡んでつぶしたのを、休みの間にオモリ以外はOKの状態にしてあるので、ささっとオモリを合わせての再開は1時12分だ。まずはいつも通りウキが馴染んだら誘いを1、2回してから餌を切るを繰り返すと、じきにウキに動きが出始め、開始10分ほどでいきなりウキが消し込んでの1匹目ゲット!Dscf9634Dscf9635サイズもグーだし、これは素晴らしい。前回のような展開を期待すると、ほどなく消し込みで2匹目。よし、間違いない、今度こそ爆釣だ。しかぁ~し、その後は確かにウキは動くものの、あたりらしき動きに手を出しても全くかすりもしない。T林さんからは、ウキが動くだけでありがたいと思わなければと言われるが、これはなかなかしんどいですよ。その後もウキは弱くではあるが動き続け、気が付けば2時を過ぎている。対面Kさんは帰り、そのほかのへら師も姿が見えなくなったが、看板横付近には3人くらいが見える。その後、時間的には午後のGTに近づいたと思いきや、ウキの動きは却って悪くなって来た。T林さんとその隣の両ダンゴコンビもかなり苦しんでいる様子だが、私のすぐ後に来たへら師はトータルで5匹以上は釣っている感じ。素晴らしかぁ。私の方はほとんどウキが動かない状態になって、ウキが馴染んでから誘って誘ってを繰り返すと、ようやく弱く上下するばかりで、残念ながら3時11分に餌が尽きてしまい、無念の終了だ。O合さんは帰った。結果、両グルの宙(実際にはほぼバラグルセットの宙)では実釣2時間で2匹。しかしながら、釣れたのDscf9636は最初の20分間だけ。途中ハリスを詰めようとか、グルテンが少し柔らかいので作り直そうかと頭では思ったが実際には何もせず。まさにこれが釣れない状態に拍車をかけたと言ってもいいだろう。トータルでは実釣4時間20分で3匹。凸でなくて良かったとしか言いようがないAGAIN。片付け。空は朝方より暗めになっている。雨が来るかもしれないので、止めたのは賢明だとしておこう。片付けを終え、T林さんのウキの動きを観察。まさに私が両ダンゴで釣れない時のような動きだ。さて、明日は午後に用事があるので、やれても午前中だけ。凸スレスレなのに短時間の竿出しをする意味があるか?まあ、明日の事は明日の朝に考えよう。お二人に挨拶して車に戻り、あまり気乗りしないままベイシアへと向かった。
 
何とか底で釣りたいが、同じ事の繰り返しでは結果も同じだろう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

止める勇気?

今日は朝からやる気充分。だが、気がかりなのは天気。
ネットで予報を調べたら、9時頃までは雨があるが、その後は曇りとある。それでは出掛けましょう。
しかぁ~し、家を出る時から小雨が降り続いている。これは本当に止むのかな。
心配しながらも昼食を買って池に到着。う~ん、車が少ない。それにへら師かどうかも不明だ。
一旦は車から降りたものの、雨が降っていては橋まで行く気持ちにならず、再び車中に。そしてスマホで予報を確認したら、何と9時以降も雨になっているではないか。
更に雨雲予報を見ると、3時頃まで雨雲に覆われている。確かにザーッというような雨はないだろうが、それにしてもエヴリデイ・アングラーはもう中止の決断。
まあ、明日は今のところ雨はなさそうだから、明日にしよう。
と言う訳で、今日の釣行は中止となりました。
 
明日は通院の後なので、あまり長くは出来そうにない
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

どれだけ劣等感すごいの?

あれっ、今頃ノーベル賞の授賞式が行われた?
しかもかの国で。と思ったら、何と本家のノーベル財団とは全く無縁のかの国オリジナル財団でした。
自分の国がノーベル賞を、金で買った平和賞(かの国で言われてるんですよ)以外にはないという事が許せなくて、それなら自分たちで作ろうと始めた事らしい。さすがにノーベル賞受賞とは言えない(言ってるかも?)ので、来年の「化学賞」に推薦だとか。
いやぁ、いつも通り笑わせてくれるね。
 
韓国ノーベル財団から「ノーベル化学賞」

明日は釣りが出来るかな?でないと、こんな記事に晒されると辛い?
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

寒くて釣れなくて午前中は泣いてばかり@増沢池

今日はとりあえず雨はなさそうとの予報に、通院後にゴー!もちろん行先は増沢。しかぁ~し、駐車場に10時過ぎに着くと、へら師と思われる車はほとんど停まっていない。あっ、T林さんの車ハケーン!よし、今日も日陰側深場ワンドに入ろう。急いで荷物を降ろして池に向かうと、あれれT林さんの姿がないし、今日もK林君はお休みか。へら師は対面に2人と、こちらから見れば柳の木の前の前に1人だけ。一昨日も少ないと思ったが、今日は更にその上を行く感じ。さて、今日はかなり気温が下がっていDscf9617るので底から入りたいが、いつもの場所では根掛かり必至なので、そこから更に右にずれて釣り台を設置。しかぁ~し、思うようにいかずモタモタしているところへT林さん登場だ。いつもの場所で準備開始。私はタオルを忘れてしまったので、車まで取りに帰る。それだけで息が上がる。ハアハア言いながら戻り、準備再開。変わり映えしないが、今日も12尺で行く。餌もいつもの。Dscf9618ささっと底を取っての開始は10時39分。しかぁ~し、思うような馴染みが出ない。しばらくして底取りをやり直すが、かなり違っていた。が、不思議な事にウキの馴染み具合は変らないぞ?でも、そのままで再開。あっという間に11時。果たして午前中のGTはあるのか?しかぁ~し、ウキはピクリともせず、返しも出ない。T林さんもウキが動かないと言っていたが、しばらくして竿が曲がった!スンバラシイ。何でも宙でウキが動かないので少しずつ「たな」を下げていったとの事。測ってはいないが、多分底に着いているだろうと。宙のダンゴを底に着けて釣れるとは、やはり違うね。私の方は打てども打てども状況に変わりなく、11時半近くになって両グルで打った際にようやく1目盛ウキが返したので、そろそろGT、来たんじゃない?と少し前向きになるものの、その後に掛かったのは何とカニ!おまけにバラした。まさにトホホ。その後もウキは返すようになるが、その先がなく、待っても待ってもあたりが出ない。当然の如くウキ下の微調やら餌付け等やれる事はやったつもりでも、全くあたりが出ないまま時間だけが過ぎるお約束の展開。T林さんは底で多分4匹を釣った後、宙に戻した様子。私は完全に餌打ちマシンと化してしまい、虚しく12時のサイレンを聞く。柳の木の前の前のへら師は既に帰った。2回竿を曲げるのを見た。おそらくは底なので、裏山鹿~。私はさっさと昼食を済ませ、その後も両グルとか「玉」ハードにも助けてもらって餌打ちを続けるものの、確かに何かがいそうな気配だけは感じるのだが、ハッキリしたウキの動きはもらえないままもうすぐ1時。最早投げやり状態になった私に、宙に戻して竿を曲げたT林さんから宙にしてみたらと提案を頂く。元より底の次は両グルの宙の予定なので、本来なら省資源釣法の見地からも餌を打ち終えなければならないのだが、最早そんな事はどうでも良くてDscf9619(オイオイ)、さっさと餌を捨てて底は強制終了(強制連行ではありません)。時刻は12時51分。結果は言うまでもありませんね(トホホ・・・)。よし、ここからは気分も新たに両グルの宙、行ってみよう!竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21・わたグルにバラケとして天々を少々作る。そして「たな」は前回のままで再開は1時2分。気温が上がらず朝方より寒い感じがするのは、釣れないせいもあるかもね。しかぁ~し、数投でウキに動きが出Dscf9620たではないか。今までの2時間以上を返してくれと言いたい気がする。そして数回の空振りの後に、ズバッとウキが消し込んで1匹目!これは嬉しい、嬉しいですよ(2回言いました)。今日は凸で泣き泣き帰るつもりだったのに、遂に出ました。さあ、このウキの動きならもう少し追加出来そうな気がするぅ~Dscf9621Dscf9622♪(吟じます!)。すると、1時半を過ぎて2匹目。これは放流サイズになってしまったが、サイズに拘っている余裕はありません。ひょっとしてT林さんには追い付けなくても、第2目標くらいは何とかなりそうな(以下同文)。更に2時近くになって3匹目。嬉しい事にウキはずっと動き続けていて、まだまだ釣れそうだ。対面の2人は帰り、2時頃にmasaさん登場。貰った?竿を試すためにちょっとだけやってみるとの事。私の方はその後もカラDscf9623Dscf9624やバラシを交えながら、2時過ぎに4匹目。ひょっとしてが現実になりそうだ。すると、ほどなく5匹目が出て、午前中の事は忘れました!今日は午後から来ました!さて、これまではバラケにグルテンの、本来の両グルとは異なる釣り方になっていたが、バラケを使い切ったので、いよいよ両グルで打ってみる。すると、ウキの動きが良くなると言うか煩雑になっDscf9625Dscf9626てしまい、かなり難しい釣りを強いられる感じに。それでも2時半頃までにもう2匹を追加すれば、ひょっとしてPART2、第3目標にも手が届きそうな気が(以下同文)。しかぁ~し、次のズバッ!というあたりでは、寄せる途中まで確かに口に掛かっていると思ったが、上顎の固いところだったのか、何とバラシでガクガクッ!おまけにウキに道糸が絡むアクDscf9627シデント発生!これを外そうとするが、絡みは解けず道糸にも癖が付いてしまったので、解くのを断念し、釣りも強制終了PART2だ。時刻は2時47分。結果、両グルの宙(実際はほとんどバラグルセットの宙)では実釣1時間45分で7匹。結果が出たのは万々歳なのに、終わりがしょぼくてちょっと残念。トータルでは実釣4時間弱で7匹。それにしても宙であんなにウキがDscf9628動くとは予想外だった。片付け。底で始めたmasaさんは早くも合わせ始めている。私との差はアームだけではなさそうだ。そうそう、今日も奥の方に入って15尺底のT 口さんも竿が曲がり、良かった良かった。片付けを終え、しばらく皆さんの様子を見ていたら、やはりT林さんが竿を曲げる。2桁は行っているかもしれない。皆さんに挨拶して車に戻る。さあ、今日はベイシア詣ではないので、速攻で家に帰ろう。さっさと池を離れた。
 
もう少し長い竿で底をやれば・・・(T林さんは10尺だったけど)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

短時間で消化不良の釣り@増沢池

今日は午後から用事が出来たので、釣りはどうしようかと思ったが、昨日出来なかったし明日から天気が悪くなるとの予報もあって、7時半頃出掛けました増沢。駐車場で久し振りのOさんに遭遇。さっさと車を停めてまずは挨拶。何と昨日も来たとの事。昨日は底で15,6匹。素晴らしいデスネ。えっ、Kさんもいたの?昨日は来ないって言ってたのに・・・。Oさんは深場整地された辺りのいつもの場所に入ると言うので、私も久し振りに入ってみようかな。急いで荷物を降ろし、Oさんの後を追う。あれっ、K林君の姿がない。Oさんによると昨日もいなかったようだ。あれだけ皆勤賞のK林君がいないとは・・・。私はOさんの左に入る。対面にはあたりさわりグループか。あっ、私の「かつての」いつもの場所近くに咳払いらしき先客が。行かなくて良かったぁ。さてDscf9611Dscf9612準備するかな。この場所も日陰側とあってウキの視認性がかなり悪い。Oさんは10尺。私は昨日の再来を願って9尺「トロ掛け」を選択。餌も「たな」も昨日と同じで、開始は8時29分。ドキドキしながら餌を打つと、何と第一投からさわるではないか。嫌な予感。すると、2投目から掛かってきましたよブルー。ガクガクッ。更にその後もウキの動きはなくならず、次々とあたり、たまに掛かるのはブルー。5匹目からはグッとサイズが大きくなって合わせた瞬間ひょっとして、と思わせる感じも。しかぁ~し、6匹目を釣るとウキの動きがグッと静かになる。やれやれ、これでブルーは終わったかな。しかぁ~し、ウキの動きはそれからほとんど動きがなくなってしまう。一昨日の再現か、これは?私から少し離れた左には、大会の時に左隣にいた方が入った。対面にはKさんも。昨日は本人曰く42、3cmを釣ったらしい。さて、あまりのウキの動かなさに、とりあえず上ハリスを詰めてハリス段差を広げてみるが、状況は変らず。更に「たな」も下げてみるが、同様。最早お手上げ状態だ。それに引き換えOさんは竿が曲がる。裏山鹿~。早くも開始1時間が過ぎている。今日は遅くとも12時前には終わらなければならないので、焦って来たぞ。Oさんは2匹目をゲット。裏山鹿裏山鹿~。最早打つ手なしで凸まっしぐらなのか。10時近くになって、思い切って上ハリスを交換しDscf9613て逆に段差を詰めてみる。「たな」は元に戻して再開すると、何と第一投からウキがズバッと消し込んで嬉しや1匹目ゲットだ!しかもウキは動くのを止めない。よし、これからこれから。しかぁ~し、何故かそれらしきあたりが出てもさっぱり掛からず。う~ん、何だろう、ブルーが戻って来た感じではないので、おそらくウキを動かしているのはへら。Oさんがまたも竿を曲げた。裏山鹿裏山鹿裏山鹿~。さて、ウキの動きはなくならないので、何とかこの機に1匹を追加したいところ。すると、10時半近くになって、餌を打ってからしばらく待っていDscf9614たら、これまたズバッと消し込んで2匹目ゲット!う、嬉しかぁ・・・。Oさんから少し離れた右側に1人入っている。そうそう、対面看板横にはO石さんもいた。さて、餌が残り少なくなって来た。予定では出来ても実釣3時間半の12時終わりなので、そろそろ次の釣りが出来るか考えるところ。でも、目の前のウキが動いているので、そちらが優先になるのはやむを得ない。その後もカラを味わっていると、御大T林さんご登場。昨日は9尺両ダンゴの宙で2桁は行ったとの事。両ダンゴで釣れるなんて、裏山鹿~。私は結局その後もウキのDscf9615Dscf9616動きに翻弄されるだけで、11時にバラケが尽きて無念の終了となった。結果、実釣2時間半で2匹。まさにトホホだが、2匹とも黄金に輝く(大袈裟!)地べらだったのがせめてもの救い。もう少しやりたいし、T林さんの両ダンゴの釣りを見学したかったが、残り1時間だけというあまりにも中途半端な時間なので、終わるしかない。片付け。Oさんがまたも竿を曲げたが、いよいよブルータイムらしい。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。どうにも中途半端(2回言いました)なので、ベイシア詣でも止め。代わりに「秋桜」でパンでも買うとするか。そろそろと池を離れた。
 
明日からしばらく釣りはNG?今予報を見直したら、出来そう?
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

ようつべで見つけた


今日も通院後に何処かの池に行こうかなと思っていたのだが、帰りに給油したら急にトーンダウンしていまい、帰宅。
いつも通りパソコン前に数時間。で、見つけたのがこれ。いやぁ、感動したなぁ。前にも書いたが、楽器が出来るって本当に素晴らしいし、また裏山鹿~。
これ以外にも、浜松駅のコンコースに置いてあるピアノの、言葉は悪いが「弾き逃げ」動画もアップする。
今までX JAPANには興味がなかったが、これを聞いてCDを買おうかなと思ったくらい素晴らしい。

明日は行けたら行きます
   ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

やる気が戻ったか連荘で釣行@増沢池 with 岡ジャミKさん

本来なら昨日の釣行(釣り大会)の後なので今日はお休みなのだが、何故か出掛けてしまいました増沢。昨日の結果が気に入らないと言うよりも、昨日出来なかった釣りをしたいと言う事。特に後半は無駄な時間を過ごしてしまったという気持ちがあっDscf9601て、是非とも。で、駐車場着は9時半頃か。急いで橋まで行って池の様子を覗うと、へら師は日向側橋の下(しも)に5,6人。日陰側は柳の木の奥からポツポツ見える。「かつての」いつもの場所が空いていたので、さっさと車に戻り荷物を降ろして池に向かう。さあ準備しよう。今日は底はやらない。まずは両グルの宙から入り、後半はトロ掛けかな。竿は12尺で、餌はα21・わたグルにバラケとして天々を少々。「たな」は前回よりやや浅めにして、開始は9時45分。うわぁ、ウキが見難いなぁ。昨日より見難いぞ。ちょうど正面の木が映って、これが邪魔だ。よほど場所を変わろうかと思ったが、面倒なのでそのまま。で、まずはバラケを付けて打つ・打つ・打つ。ウキを見るために頭を上下左右に振るので、対面のへら師は変な奴と思ったのではないか。さて、あっという間に10時近く。するDscf9600と、幾らウキが見辛くても、消し込めばさすがに分るでしょう。と言う事で、目が覚めるような消し込みで1匹目ゲット!これは嬉しい、嬉しいですよ(例によって2回言いました)。さあどんどん行こうと言いたいところなのに、残念ウキの視認性はほぼアウト状態に。いや、ウキの存在は分かるのだが、目盛まではちょっと確認し辛いのだ。小さなあたりもあるこの釣りでは、視認性だけが頼みの綱。どうだろう、動いているのだろうか?とにかくへらを散らさないためには、餌を打ち続けなければならない。が、かなりイライラさせられる展開に、仕方なく偏光グラスを出してみるが、これが役立たずでガックリ。場所の移動は端から考えていないので、結局は今のままで頭を振り振りが続くと言う事。昨日と同じく、最初から釣れてしまうと後がグズグズというのは今日も生きているようだ。あっ、もう11時だ。これならDscf9602午前中のGTにお目に掛かれるかも。すると、突然ではあるがウキがグッと入って2匹目。よく分からないままの2匹目には困惑。でも、これがひょっとして午前中のGTか?しかぁ~し、私の定説であるGT2匹説は何処へやら。そんな定説関係ねぇ~っ!とばかりに時間だけが過ぎて行く。昨日より厳しいのではないか?ひょっとして釣り方を間違えたのかもしれないと、弱気な考えばかりが脳裏に浮かぶ。遂に11時半を過ぎてしまった。こりゃぁダメだ。しかぁ~し、何がどうDscf9603Dscf9604なったのはか全くわからないままに、同じくグッとウキが入って3匹目。更にラス前々にはごく小さなあたりに合って4匹目ゲットだ。これが今日一番のサイズで、やったと言いたいところだが、それを堪えて残りの餌を打つ。が、特に何もなく12時3分に終了。結果、両グルDscf9605の宙では実釣2時間20分弱で4匹。時合に助けられた結果だった。さあ、次はどうしようか。ずっと波立っていた湖面が今は凪いでいるので、予定を変更してこれも昨日やりたかった段底をやってみようかな。いや待てよ、やはり予定通りトロ掛けで行こう。と、その前に昼食。それから、何と竿を思い切って9尺に変更だ。もちろんウキの視認性対策もあるが、仕掛けがトロ掛けになっているのが9尺宙だったから。餌はガッテン・天々で作ったらちょっと柔らか過ぎたのでへらスイミーをパラパラ加えたバラケにベイシアのトロロ。「たな」は前回よりやや浅めで再開は12時22分。しまった、私が始めるのを見透かしたように波が出て来たぞ。でも、今更代えられないし、代えても段底だからこれでいいのだ?しかぁ~し、しばらく打っていたらウキに動きが出て来たものの、最初に掛かったのはやはりブルーでガクガクッ。しかもバラケを食っている。さっさとご退場頂き再開するが、再びブルーの洗礼を受けてやる気がガタンと落ちる。うわぁ、9尺ではブルーの餌食なのDscf9606か。これまたご退場頂き、何とか平静を保ちながらの餌打ちが続く。と思ったら、しばらくして再びウキがモヤモヤ。そして12時半を廻ったところで光速の消し込み!やった今度こそと合わせれば、嬉しや本物が掛かりました!しかもトロロを食っている。よっしゃぁ~・・・。すると、ほどなく今度はズバッ!Dscf9607Dscf9608ではなくグッと入るウキの動きで2匹目。これこれ、これですよ。いやぁ、止められまへんなぁ。それから少し間が空いたが、1時を過ぎて3匹目。ややサイズダウンしたものの、こんなにトロ掛けってあたったっけ。しかぁ~し、午後のGTかなと思いきや、そこからまたも穴が開く。と、ここで橋の上から声が。Kさんだ。よし、ここで何としても1匹釣ってやるぞ。Dscf9609すると、1時半少し前に小さなあたりだったが合わせて4匹目!これもやや小サイズではあったが、遂に両グルに並んだ。次はトロ掛けだけで第2目標、更にはトータルでの第3目標も見えて来たぞ。しかぁ~し、特に何かした訳でもないのに、急にウキの動きが止まる。Kさんが下りて来て岡ジャミ。私が3週間お休みしたと言うと、Kさんはここ1ヶ月半竿を出していないと言うではないか(ビックリ!)。でも明後日から再開すると言う。ホントですか?Kさんがそばにいる時にもう1匹と餌打ちするが、最早へらは何処かに行ってしまったような感じでウキはピクリとも動かない。で、まずは「たな」を探ってみるが、何処も同じ。これ以上見ていても仕方ないと思ったのか、Kさんは岡ジャミ終了。お疲れさまでした。さて、私もこのままでは終われない。餌も残り少なくなって来たので、何とか「上がりべら」くらいは釣って終わりたいところ。で、「たな」は元の位置に戻す代わりにハリス段差を広げてみる。しかぁ~し、変わりなし。どうやらこれで今日は終わりとなるのか。2時を過ぎ、いDscf9610よいよ餌も残り少なくなって来たところで、急にウキの動きが良くなる。まさかこれが午後のGT?そしてラス前々にズバッ!でやった5匹目。遂にトロ掛けだけで第2目標をクリアしたぞ。こちらは今日一番のサイズとなった。ただ、鈎を呑んでいて外すのに難儀。すると、次の餌打ちでもズバッ!が出たが、残念こちらはカラ。そして最後の一投は特に何もなく、2時17分に終了だ。結果、トロDscf9611掛けでは実釣2時間弱で5匹。トータルでは実釣4時間10分で9匹。トータルでの第3目標には届かなかったが、まあまあでしょう(極甘~っ!)。片付け。今日は昨日出来なかった釣り方を実践してみた。もう一工夫が欲しいところだが、次回のお楽しみと言う事で(どんな事?)。片付けを終え、車に戻る。さあ、これまた久し振りのベイシア詣でが待っている。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を離れた。
 
明日以降は竿を出すかどうか不明
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

放流協賛増沢池ヘラブナ釣り大会

台風の影響で順延になっていた釣り大会が行われた。
今まだ北海道付近では大きな影響が出ているようだが、ここ浜松では多少の風はあっても快晴だ。
Dscf9589いつも通りマイペースで駐車場着は7時過ぎ。ビッシリ車が停まっているかと思ったが、そうでもない。
早速荷物を降ろして受付の東屋に向かうと、masaさんとパラソルさんが談笑中。
挨拶して受付を済ませ、空いた場所を訊くと、日陰側に余裕があると言われ、それなら「かつての」いつもの場所に入れるかも、とまずは橋まで行って池の様子を覗うと、Dscf9586ザわさんは何と一番くじを引いて日向側坂の下にいるではないか。橋の上から挨拶。まだフラシは下りていない。
急いで東屋に戻り、荷物を持って池に向かうと、やった「かつての」いつもの場所が空いているぞ。ただ、先客が旧爆釣ポイントにいるので、とりあえず隣に入ってもいいかと訊くと、快く応じてくれた。ありがとうございます。
Dscf9590柳の木の奥には竹さんがいて、既にフラシが下りている。風があってまだ少し涼しい感じだが、羽織るものは持って来なかったので、汗を拭き拭き準備開始。先客は11尺らしいので、それでは私は12尺。竿を長くしても釣れるとは限らない(いやいや今日に限れば長い方がいいでしょう)が、今日は思い切っていつものセットの底から入る事にする。餌はいつものバラグル。何と言っても前回前々回の大会では凸を食らっているので、流石に3連続はいただけないが、本当に12尺でいいんだろうか。ささっと底を取っての開始は7時50分。
と、ここでmasaさんとパラソルさんが下りて来て、深場ワンド方面に向かった。私は数Dscf9591投後に両グルで打ってみたら、それまで微動だにしなかったウキが一旦餌落ち付近まで返し、その後モヤッと入ったので、もう来たのか!と驚きながらも合わせると、やった掛かりました!これは嬉しい、嬉しいですよ。とりあえず3大会連続凸からは逃れる事が出来たので、まずはホッ。でも、私の場合早めに1匹目が出ると、その後の展開が良くないというジンクスがあるので、ここは気を引き締めなければ。と思いながらも目標達成にニンマリ。ただジンクスもあって、あまり期待は出来ないが、さあどんどん行こう。しかぁ~し、今のは単なる偶発事故のようなもの。その後はシーン状態が続く。隣はとにかく餌を打っているが、あたりは見ていない様子。私は両バラケ・両グル・バラグルセットに加え、「玉」ハードにもご登場願Dscf9592い、1匹目から1時間半が経過した9時半近くにグル「玉」セットで打ってみたら、波の中チクッ!が見えた気がして合わせると、やった掛かりました!今日の予定数は既に終了したと思っていたので、これは嬉しかぁ。大体1匹目と同じくらいのサイズ。欲を言えば30cmオーバーが欲しいところ。さあ、今度こそどんどん行こうではないか。しかぁ~し、やはりウキはシーン状態に。再び両グル・バラグルセット・グル「玉」セットとバリエーション豊か?に打ってみてもアウト。10時を過ぎ、いよいよ餌が残り少なくなって来た。待てよ、いつもならそろそろ午前中のGT、今日はないのかな?と思っていたら、やはりウキが動き出した気がして来たぞ。しかぁ~し、10時15分にそれは起きた。まずは湖面にバシャバシャと言う音。皆一斉にどうしたのだろうと思っていたら、その後「ドン!」と揺れたのでビックリ。地震だった。後で知ったが、震源は長野県で震度4。ホント、ビックリしたなぁ、もう。さて、ウキの動きが良くなって来た良い感じだったのに、ウキの弱い入りに手を出してしまい、バラシでガクガクッ。更に今日初めDscf9593てのブルーまで掛かって来ては万事休すでしょう。10時33分に餌が尽きて無念の終了となった。結果、第1ラウンドでは実釣2時間40分強で2匹。大会としては私的には上出来ではないか。さあ、次はどうしようかな。まだ時間はたっぷりある。よし、グルテンだけ作って両グルまたはグル「玉」で勝負だ!とりあえずウキが動き出すまで餌を打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、やはり待つのが筋のようで、ウキは全く動かない。で、待つ釣りに変更するも状況は変らず。あっという間に11時を過ぎ、一体自分は何をしようとしているのかと自分で自分を責めるようになる。結局その後も「ドボン」まがいなどをやってみても状況を変える事は出来ず、11時半頃餌を残したまま強制終了だ。ここでまたもや分岐点に。最初のようなセットの底を続けるか、それとも宙にしてみるか。で、安直に宙を選択してしまった私、この後迷走に迷走を重ねる事になる。まずは竿をはそのままでウキと仕掛けを交換し、更にハリス長を40cm+50cmくらいに伸ばす。餌は粘麩・ガッテン・天々とグルテンの残り。「玉」もあるでよ。やや深めの「たな」で再開は11時45分。すると、波で良く見えなかったが、ウキが立つや否やズルズルと入って行くような気がして合わせたが手応えなし。気のせいだったかと続行すると、ウキはすんなり馴染むだけ。その後打てども打てども状況が変わらず12時のサイレン。こういう時には「ナンチャッテ底」のお出ましだ。ただ、午後になって背後の影でウキの視認性が悪化しており、果たして「ナンチャッテ」状態になったか分からないまま餌を打ち続ける私。まさに「トホホ」だ。しかぁ~し、1回だけスレバラシが出るとやる気復活。それならと「ナンチャッテ」ではない底(ウキはそのまま)に変更。しかぁ~し、それでもどうにもならず、もう、餌を打ち終えるのがミッションとなってしまい、大会なのに餌打ちマシンと化した私がいた。2時近くになってそろそろ検量が廻って来る。最早どうにもならず。既に片付け中の竹さんは地べらばかり3匹をゲットしてDscf9594Dscf9595Dscf9597いて、サイズも35cm以上あるのをゲットして大物賞も狙えそうな雰囲気。右の浅場方面から幹事グループの若手?パラソルさん、バットさん、それにじゃがにぃさんがやって来た。果たしてどれくらいあるのか?検量してみると、830g。1匹が500g未満だった。それに対して地べら3匹の竹さんは1.6kg以上だった。裏山鹿~。片付けして車に戻り、荷物を積んでから東屋に向かうと、じきに結果発表となった。結果が出た人は26名(凸が何人いるのかは不明)で、果たして私の順番は?1位から順に読み上げて賞品を渡して行く。上位は名前の通った人たちばかり。ボードImg_20181007_143410_3Dscf9599_2には10位までしか載らないので、聞き耳を立てて聞き落としがないようにしたが、結局22位だった。ビリから5番目かぁ、中途半端だなぁ。もう少し上(20位くらい)には達したかったがアフター・フェスティヴァル。写真の餌ボウルが私の賞品だった。その後の抽選でもかすりもせず、今回は釣れても寂しい発表だった。順位発表が終わり、解散。今回は初めての順延とあって、masaさんを始めとする幹事の皆さんは本当にお疲れさまでした。次回も宜しくお願いしますよ。ザわさんとは駐車場で別れ、私はそろそろと家路に就くのだった。
 
毎回の釣行でもう少し頭を使わないと抽斗が増えない
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年10月 6日 (土)

台風の影響

今のところ台風の影響はそれほどなさそうなので、明日の釣り大会は大丈夫そうだ。今回はザわさんも参加する事だし(雨なら不参加との事)、とりあえず参加賞目当てで行ってみよう。
 
ノーベル平和賞にムーンと黒電話は入らなかった。かの国では失望感が広がっているようだが、よく考えてみると、黒電話は自分のおじさんや腹違いの兄さんを殺すような輩なので、平和賞などもし取ったらノーベル財団はいい笑いものになるのは明白なのに、何故かかの国では取れるに違いないと思うのだから恐ろしい。
 
海上自衛隊の旭日旗問題(実際は何の問題もないのだが)、日本側が不参加と言う事で一応の結末を見たが、かの国では大勝利と喜んでいるようだ。こんな輩がすぐ隣にいるのは不愉快の極みなのだが、引っ越せないのが国と国の関係。嫌でも付き合わなければならない。安倍ちゃんが今後どうするのか、しばらく見て行くしかなさそうだ。
 
足の具合が良くない。明日は大丈夫か?
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年10月 3日 (水)

3週間ぶりの竿出し@増沢池

先月の12日以来の竿出しとなった今日、池に向かう途中では、1か所動いていない信号があった。まだ停電の完全復旧には至っていないのだ。駐車場に着いたのは9時前か。まずは橋まで行って、今日入るつもりの「かつての」いつもの場所が空いているか確認。良かった空いていた。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。最Dscf9572近は誰も入っていないのか、蜘蛛の巣がかなり張られている。さあ準備しよう。気温はかなり涼しいが、動いて来たので汗が滲む。さて、久し振りの竿出しだが、どうすればいいのかな。迷った挙句はいつも通り?の12尺セットの底から入る事に。餌はいつもの。しかぁ~し、底取りで何故か手間取ってしまい、開始は9時33分。対面看板横にはⅠ藤さん1号ともう1人。後は整地された辺りと旧流れ込みに1人ずつ。こちら側は深場に1人見える。さて、打ち始めてしばらくすると、ウキが返すようになったが、まだまだ分からないぞ。しかぁ~し、空合わせで何とブルーがスレて来た。ガクガクッ。急に気持ちが萎える。何だろう、これを釣るために来た訳ではないのにと、早くもブルーな気分になってしまった。確かに前回から天候不順とかあったが、それにしても釣りに対しての気持ちが一向に盛り上がらず、普段なら竿を出したくなってうずうずする筈が、特に何も浮かばないような感じで過ごしてきてしまった。Kさんが以前言っていたような、一旦休むとその後竿を出す気にならなくなってしまい、休みが長くなるという事だろうか。久し振りの竿出しなので、ウキを見つめる目もワクワクがあると思っていたが、そうでもない自分がいた。汗が引いた後に風が出始めると、体感温度が一気に下がり、薄手のジャンパーを羽織る。早くも10時を過ぎ、2回ほどあたりらしきウキの動きに合わせたが、残念カラ。Dscf9573やはり今日は凸しかないのかと思い始めた10時半頃に、ウキが馴染む途中でひったくられるような動き!一旦合わせたが空と思い竿を置いたところ、ウキがそのままズルズルと入って行くので、ヤバイと合わせたが凄い引き。あ~あ、へらはへらでもこりゃぁスレだ。なかなか上がって来ず難儀したものの、「たも」に収めればやはり目の上と背びれの両方にスレている。ただただ疲れた。Dscf9574看板横では竿が曲がっていて、裏山鹿~。しかぁ~し、まだ午前中のGTには少し早い感じだが、そこからウキの動きがその頃から良くなって、両グルで打ったところ、待って待ってのチクッ!でやっと掛かりました。とりあえず嬉しいと言っておこう。その後セットに戻して、10時50分頃から11時の間に何Dscf9575Dscf9576故かあたりらしきウキの動きに合って、何と3匹を追加。アッと言う間に第2目標にリーチ!特に何かをしDscf9577た訳でもない、まさに時合だけの男の面目躍如。さあどんどん行こうと急に前向きになるが、どっこいそうは問屋が卸さない。ウキの動きはあっても掛からず、掛かったかと思えば2匹目のブルー。餌も残り少なくなって来た事だし、私の底ではこれが精一杯なのか。と思っていたら、再びの両グルでチクッDscf9578Dscf9579!やった第2目標クリアだ。ただ、その後はウキの動きが悪くなってしまい、どうやらこれでジ・エンドかと思いきや、11時半近くにもう1匹追加して気分はルンルン?しかぁ~し、最後のDscf9580一投では3匹目のブルーでガクガクッの終了。時刻は11時35分。結果、底では実釣2時間で6匹。最初の頃のメランコリーは何とか払拭出来た感じだ(現金な奴!)。あれっ、いつの間にか柳の木の奥に1人入っている。奥のワンドにはフォレストコンビに親方?対面は看板横だけになってしまったようだ。さあ、次は宙。ちょっと迷ったが、竿はそのままで両ダンゴでやってみよう。餌は粘麩・ガッテン・天々。先に昼食を済ませてから、ハリスを30cm+40cmくらいにして、「たな」は私にしてはやや深めにしての再開は11時53分。すると、じきにウキが馴染んでからモヤモヤし始めた。まだそこにいるのが何かは分からないが、とにかくやる気にはなる。12時のサイレンが鳴った後にもウキの動きは出続けるが、小さく入るあたりらしきウキの動きに合わせ続けて掛かって来たのは、またもブルー。ガクガクッ×ガクガクッ。ただ、ブルーの攻撃はこんなものではなかった。更にしばらくして、今度こそとバッチリのあたりに手を出せば、グッドサイズのブルー。さっさとご退場頂いて再開すると、何と言う事でしょう、ウキが馴染みながらズバッ!しかも手応えはブルーではない!しかぁ~し、これまた雰囲気はスレ。でなかったら40cmオーバーか?懸命に堪えて途中ご尊顔を拝する機会があったが、向きがおかしい。で、「たも」に収める前にバラシてやれやれ。仕掛けが頭上の木の枝に掛からなくて良かったぁ。すると、次の餌打ちでも再びのあたり!そして掛かりました!ですが、これまたグッドサイズのブルーでガクガクッ。3連続のあたりで、遂にトータルでのへらとブルーの数が並んでしまった(スレを含めれば勝っているが・・・そんな事ではない!)。Dscf9581まだ凸街道は続いているが、こうなると、次は是非ともへらを釣らなければ(って、オイオイ)。それでもウキの動きはまだなくならず、1時近くになってようやくチクッ!で1匹目ゲット。やはり口とスレでは引きが違うなぁ(今更っ!)。すると、まさかの時合!でなのか、1時を過ぎて再びのチクッ!で2匹目。Dscf9582しかぁ~し、「たも」に収めた後に左腕に異変が。何と攣りそうなのだ。引きの強さなら底の時のスレを超えるものはないのに、何で今更なのか。これでは餌も打てない。しばらく悶絶?した後に再開。すると、もう1匹ブルーを釣ってガクガクッ!の後にウキが馴染み切る頃からモヤモヤではなくフワフワした感Dscf9583じになり、竿を前に出して道糸のテンションを消してみると、そこからズバッ!で1時半少し前に3匹目。やった、当初の予定にはなかったトータルでの第3目標が見えて来たぞ(当初はとりあえず1匹が目標だったので、既に目標達成なのだが・・・)。まだフワフワは続き、1時半過ぎに再び竿を前に出してをDscf9584やってみたら、やはりズバッ!で4匹目ゲットはトータルでの第3目標クリアだ!長期休暇の後のこれは嬉しいの一語。まだ少し餌が残っているので、宙だけで第2目標をクリアしたいところ。しかぁ~し、ウキの動きは悪くなって、悔しい事にブルーを追加してしまい、2時5分に餌が尽きて無念の終了。片付け開始。結果、宙では実釣2時間10分で4匹(ブルーは5匹ですが、何か)。トータルDscf9585では実釣4時間10分で10匹(ブルーは8匹でした・・・って、カウント不要でしょう)。対面は誰もいなくなっている。湖面は凪いでいて、もう一度餌を作る選択肢もないではなかったが、やはり気分がもう一つと言う事で今日は終わり。片付けを終え、車に戻る。さあ、今日は久し振りのベイシア詣で、何か変わった事が待っているかな?さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。

今週末に台風25号がやって来る。停電の悪夢再びは勘弁して欲しい
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

アズナヴールさん、死去

先日記事を載せたばかりのシャルル・アズナヴールさんが亡くなったと言う事を、さっき「報道ステーション」で知った。
今月(10月)1日に亡くなったらしいのだが、その直前に日本公演があったのが信じられない。
そのコンサートについて詳しく調べたいのだが、見つからない。探し方が下手なのかも。
謹んでご冥福をお祈りします。
 
浜松市の停電はまだ完全復旧には至っていない
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年10月 2日 (火)

ノーベル症

通院の途中、信号機がまだ点いていないところが数か所あったので、停電は完全に復旧したとは言えない事が分かった。単純に喜んでしまい、まだ復旧されていない方々には済みませんでした。
 
さて、昨日ラジオで聞いた、ノーベル医学生理学賞を日本人が受賞すると言う話、停電でも喜びは爆発だ!
しかぁ~し、かの国ではお得意の「ノーベル症」のため、劣等感が爆発。今日ネットでかの国の様子を見れば、やはり悪口雑言、罵詈雑言ばかり(たとえば)が並ぶ。中には「裏山鹿~」という本音もあるが。

まだすべてが明らかになった訳ではないので、かの国も希望は捨ててはいけません。何よりムーンと黒電話で豊田大中以来の受賞があるかもよ(トランプと黒電話の組み合わせだったら・・・)。
 

明日は何とか竿を出すところまでいきたいが・・・
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

停電復旧!

Img_20181001_141048さきほど停電から復旧した!
いやぁ、こんな嬉しい事はない。早速パソコンを立ち上げてこの記事を書いている。
それにしても、わずか一日半の出来事なのに、こんなにしんどいとは思わなかった。
初日は夜中であったため、そのまま寝れば良かったのだが、昨日の夜は6時過ぎから暗くなるとやる事がなくなり、ずっとラジオにかじり付いていた。
こんなに電気がある生活が当たり前になっている事が痛感させられた停電だった。
写真は手回しの発電機付きライト/ラジオ。東日本大震災の際に買ったものだが、役に立った。
 
さあ、これから通院しよう
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

復旧の目処立たず

停電は市内の8割に及び、復旧の目処は立っていないと中電のHPにあったので、ちょっと周りの様子を見に行ったら、信金は開いていてもATM は1つしか使えず。信号もアウト。ビッグ富士もやっていない。今までで一番キツイ状況だ。

| | コメント (0)

台風、去る

今朝は台風一過で好天だが、昨夜からの停電の復旧の目処は立っていない。
初めてスマホから投稿している。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »