« ザわさん通信 | トップページ | 段子川の現状 »

2019年2月24日 (日)

ちょっと肌寒いが、それよりあたりが出ない@東の谷

今日はとにかく風が弱いとの予報。出掛けるのはマストなのだが、増沢だとアクセスが増えないので、ここは思い切って東の谷に行ってみよう。前回は超減水で捨て石が丸見えのうえにジャミ攻撃に辟易した記憶しかないが、さすがに増水していれば大丈夫でしょう。池に着いたのは10時頃か。湖面は凪いでいて、これなら曇りでも寒くなさDscf0114Dscf0115そうだ。しかぁ~し、休日にも拘らずへら師は3人だけ。しかも階段状堰堤には1人が右端にいるだけだ。あとはバサー。さて、何処に入ればいいのかな。一級ポイントと呼ばれているところにはバサーがいたので、小心者の私はどいてくれと言えず堰堤左端に入る事に。階段状なので釣り台は安定していてグー。竿は捨て石に掛からない15尺を出す。ちょっと迷ったものの、まずはバランスの底から行こう。餌は相変わらずのバラグル。急に波が出て来たが、開始は10時35分だ。すると、第一投からウキがモヤモヤ。まさかジャミでは・・・。しかも数投後にはあたり!残念カラだったが、もう1回あたった後はモヤモヤから次がない状態に。これは辛いぞ。何処の池でも同じか。他のへら師も竿が曲がっていない様子(単に見ていないだけかも)。あっという間に11時。何とかしたいので、ウキ下の微調を繰り返し、さらには底取りまでやり直したところで変わりなし。まさにトホホ。しかぁ~し、待って待って待って、やっと出ましDscf0116たあたり?自分でもあたったかどうか分からないが、確かに腕は反応している。そして掛かりました!バラケを食っていて何となくスッキリしないが、1匹は1匹、良かったぁ・・・。これで凸は脱した。あとはどれくらい追加出来るかだ。しかぁ~し、何故かその後もグルテンには反応しないようで、特に何もなく12時のサイレンを聞く羽目に。肌寒くてトイレにも行きたくなったが、ここでモヤあDscf0117たりに手を出したら、オヨヨ腹にスレて上がって来たではないか。クーッ・・・。もういい、トイレタイムに昼食休憩にしよう、そうしよう、双子葉植物(久しぶりぃ!)。そして再開するが、ここで残った餌で「ドボン」に挑戦だ。バランスよりはあたりが貰えるかもと、ささっと準備して再開したまでは良かったが、ウキはシーン。バランスより悪くなった。それでも12時半頃から「ドボン」にも拘らず小さDscf0118くチクッ!と入るウキの動きが出始め、数回カラを食らったあとに、遂に掛かりました!しかぁ~し、今度は同じスレでも側部にスレている。まさにトホホ。そして12時40分に餌が尽きれば無念の終了だ。結果、午前の部では実釣2時間で1匹。ここまでスレが口を上回っているとはいえ、凸ではないのでとDscf0119りあえずは帰れる状況だが、一応やりたい事をやって終わろう。そうです、前回の増沢でもやった「両グルの宙」です。竿は12尺に変更。餌はこれまたいつものグルテンにバラケ少々。そして深めの「たな」での再開は1時1分。すると、何と言う事でしょう、第一投からウキがモヤ。これはいけそうな気がするぅ?しかぁ~し、モヤだけでその後がないのは底の時と同じ。「たな」を上下し、餌付けをピラミッドパワーにしてみても状況は変わらず。そして2時近くになったその時、何気なく合わせたら掛かって来たのはやはりジャミでした。で、ウキを動かしていたのはジャミだったのかと断定し、両グルの宙は強制終了だ。そしてそのまま軽く底取りし、そこからウキ下をズルッと伸ばしての再開は、もちろん「ナンチャッテ」底。その時は気が付かなかったが、12尺で底にしても地面を釣ることはなかった。堰堤のかなり前に陣取ったからかな。さて、「ナンチャッテ」にしても状況は変わらず、ウキが馴染んですぐに返したりするのだが、あたりらしき動きには繋がらない。クーDscf0120ッ・・・。それで、元々は闇雲流だった事を思い出し、とにかく合わせていたら、掛かりました!しかぁ~し、今度は目にスレで泣きたくなった。口1にスレ3では帰れまテン!何とか口とスレを同じくらいにしないと、今夜は寝付けないだろうから。その後もウキは馴染み際でモヤモヤを繰り返すが、餌が底にDscf0121着くと動きが弱くなってしまう。それでも再びの待って待って待ってで、やっと掛かりました2匹目!これは嬉しい、嬉しいですよ。さあ、もう1匹釣ってスレに並ぼう。その後もウキは馴染み際でガチャガチャする動きがなくならないので、へらが寄って来たのかも。そして時間的には午後のGTもあるかもね。Dscf0122すると、合わせ続けて何とやら、またも掛かりました!しかぁ~し、引きが弱いぞ。まさかジャミでは?いや、大丈夫でした。大丈夫でしたが、サイズがグーンと小さくなった。ここの池は放流しているのかと言いたくなるくらいのサイズだ。自然発生ではないだろうに、何処から来たのかな。まあいい、これでスレと口が並んだので、間違いなく帰れるぞ。でもまだウキの動きはなくなっていないので、スレにはご用心。しかぁ~し、その後は全く手応えがないままに2時38分に餌をDscf0123打ち切って終了となった。結果、午後の部では実釣1時間半で2匹。トータルでは3時間40分で3匹。どうなんだろう、この数字。片付け。今日は全体的に曇っていて肌寒かったが、わずかではあっても日が差せばポカポカ。片付けを終え、荷物を仕舞う。さあ、今日は少し早めに終わったので、これからあるところに行こう。さっさと池を離れた。
 
あるところとは、金ブナさんのコメントをみよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« ザわさん通信 | トップページ | 段子川の現状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ザわさん通信 | トップページ | 段子川の現状 »