« 2019年3月 | トップページ

2019年4月16日 (火)

放流の相手で精一杯@増沢池ーその2-

まずは餌を付けてウキの目盛がどれくらいを指すか確認しながら打ってみると、トップぎりぎりが出ているのでOKとする。ここでKさんが終了を言いにやって来た。今日は数が出て、しかも40cm近いグーなサイズもゲットしたと言うから、裏山の鹿がまた出て来たぞ。お疲れさまでした。と、ここでウキが小さく動いたのに反応したら、やった掛かりました!しかぁ~し、バラシでガクガクッ。手応えは40オーバーか?でも、これでへらが寄って来たのは分かった。こんな餌(失礼!)でも釣れるかもね。すると、じきにあたりらしきウキの動きで今度こそ掛かったでしょう!しかぁ~し、今度は目にスレでしかも放流。ガクガクッ×ガクガクッ。なんだか嫌な予感(凸まっしぐら)がして来たぞ。それでも「たな」を上下してあたりが出るところを探って行くと、1時を過ぎる頃からハッキリしたあたりが出始めたので、へらが寄って来たのだろうか。そして様々なウキDscf0443Dscf0444の動きに対応しながらポツーリポツリとへらをゲットして行く。ただ、T林さんから、宙ならサイズアップすると言われていたのに実際は放流ばかり(地Dscf0445Dscf0446べらは1匹のみゲット)で、1時台にはかろうじて6匹をゲット。単独での第2目標をクリアしていてもあまり嬉しくない(コラコラ)。それに宙ではカラツンがDscf0447Dscf0448ひどい。おそらく餌のタッチがボソボソだからだろう。でも私には手水以外に直す術はない。餌が乾いてきたら手水と軽くグルグルのみ。次第にあDscf0449たりが遠くなる中、2時を過ぎて1匹追加したところでハリス長を変更し、30cm+45cmから25cm+35cmにしたかったのだが、残念20cm+30cmくらいになってしまった。でもそのまま再開すると、第一投であたり!そして掛かりました!おおっ、これはグーなサイズではないか。しかぁ~し、寄せてビックリ玉手箱、顎にスレてガクガクッ。更にしばらくすると、あたりは小さかったが凄い引きでハリス切れ。もうガクガクッ×ガクガクッ×ガクガクッ。で、Dscf0451今度こその25cm+35cmに直して再開すると、2時半を過ぎてバッチリのあたりで1匹ゲットすれば、何と30にリーチ!これは何としても達成したいでしょう(丸尾スエオ君風に)!しかぁ~し、甲斐なく2時49分に餌が尽きて無念の終了。結果、午後の部では実釣2時間強で8匹。トータDscf0452ルでは実釣3時間50分で29匹。もう1匹何とかならなかったか。O合さんは既に終了して片付け中。私も片付けしようかな。と、ここで空鈎で打ち込んでおいたウキが動いているとO合さんに言われた。見れば確かにモヤモヤしているぞ。で、ここは欲の皮が突っ張っていると言われても構わなDscf0453い。空鈎で1匹ゲットしてやろう。すると、2,3回カラを食らった後に、何と掛かりました!これは嬉しいでしょう。もちろんカウントですが、何か。これでトータル30匹となった。まだウキは動いているのでもう1匹と、欲の皮は突っ張りすぎて破れそうだ。が、1回カラを打てばもういいでしょうと片付け。O合さんは片付けを終え、「上がりべら」をゲットすべく奮闘中のO石さんの岡ジャミに。私も横で見ていたが、数回カラを食った後に、とうとう「上がりべら」をゲットだ。良かったですね。O合さんはそれを見て帰った。お疲れさまでした。私も片付けを終え、O石さんに挨拶して車に戻る。ウキの動きが多すぎて合わせ疲れたのか、かなりしんどい。さあ、そんな体に鞭打って今日はベイシア詣でが待っている。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は雨が降りそうなので竿は出しません
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

放流の相手で精一杯@増沢池ーその1-

今日は通院後に増沢へゴー!ほぼ1週間ぶりなので様子が分からないが、果たして。駐車場にはいつも通りO合さんの車。私はその近くに停めて池に向かうと、へら師はあまりいないようだ。坂を下りながら看板横の先客2人に挨拶。対面橋の下はKさんではなさそうだ。そのまま遊歩道を進むと、途中でトイレタイムのO合さんとバッタリ。今日はいいぞと言う。何と9時半頃から始めて5匹ゲット。しかも3匹は地べらだDscf0418と。昨日は強風で2匹だったので今日は釣れると言われて、急いでいつもの場所に向かう。さあ準備しよう。あっ、階段下にはKさんだ。まだ調子は上がっていないらしい。私は11尺底から入る。餌はいつものバラグル。ウキがよく動くと言うので、底取りは慎重に。そして開始は10時21分。なにしろすぐに釣れそうな話なので、気持ちが逸る。しかぁ~し、確かにウキはすぐに動きDscf0420出したものの、焦って変な動きに合わせたら、ゲゲッ、スレて上がって来たではないか。しかも放流(オイオイ)。最初からこれでは、あまり期待しない方がいいかもしれない。トイレから帰って来たO合さんはじきに竿を曲げる。裏山の鹿がゾロゾロ。しかぁ~し、バラシが出てもウキの動Dscf0421Dscf0422きがなくなる事はなく、ほどなく1匹目ゲット。放流でも文句は言いませんよ。すると、まさに時合なのか、それから11時までに6匹を追加。第2目標なんDscf0423Dscf0424て軽い軽い。11時頃にT林さんが巡回に来たが、何故かその後対面に現れる事はなかった。それからO石さんがやって来た。昨日も来て、強風の中Dscf0425Dscf0426O合さんと同じ2匹をゲットしたと言うから素晴らしい。今日は10尺両ダンゴの底で開始した。O合さんはポツポツと数を伸ばしていたが、11時半頃からウキが動かなくなった様子。遠くKさんは6尺でへらを引っ張っているのが見える。Dscf0427Dscf0428さて、私の方はその後もウキの動きがなくならないが、それまでが放流ばかりだったので、やはりO合さんのように地べらが欲しいところ(個人の感Dscf0429Dscf0431想であり、文句を言っている訳ではありません、ホント。すると、11時を過ぎてやっと来ましたよ地べら。嬉しかぁ。すると、その後はおそらく5連荘(馴染Dscf0432Dscf0433んで少し返してチク)で、あっという間の第3目標もクリアだ。しかぁ~し、時間的には午前中のGTになったにも拘わらず、その後はあたりがやや遠Dscf0434Dscf0435くなる。11時半までには地べら1匹を追加したのみ。12時まででも地べら1匹含みの4匹。ここまで最初の1匹しかスレは出ていない。これは私的Dscf0436Dscf0437にはなかなかないよ。ただ、地べらが3匹がやや寂しい(文句を言っている訳ではありませんPART2)のと、目標の20超えには至っていない。で、12Dscf0438Dscf0439時のサイレンが鳴ってO合さんは余裕の昼食だが、私は餌がなくなるまで打ち続ける事に決める。理由はもちろん20を超えたいから。しかぁ~し、バラケを打ち切ってしまい、両グルになった途端にウキの動きが悪くなった。何故だDscf0440Dscf0441ぁ・・・。で、それまでよりさらに待つ釣りに切り替えたところ、ラス前とオーラスにはそこそこの地べらを連荘でゲットして終了となった。時刻は12時13Dscf0442分。結果、午前の部では実釣1時間50分強で21匹(うち3匹が地べら)。数としては目標達成でまあまあだが、O合さんが釣果の半分が地べらと言うのに対して、ちょっと寂しい。が、別に文句を言っている訳ではありませんPART3。さあ、ここでようやくのトイレタイム。それから昼食。そして次の準備だ。今日は後半「トロ掛け」でもやろうかと思っていたが、放流に食われるのは癪に障る(コラコラ)ので、ここは先日の大会でバンビさんから頂戴したB社の「宙バラ」とかいう餌をダンゴとして使ってみる事にする。と、何とO石さんもこの餌を持っており、既に使ったとの事。バラケ餌でまとまりが悪いので「冬」を混ぜたらしいが、その事を聞く前に餌を作ってしまった(トホホ)ので、仕方なく「粘麩」を振りかけて持ちを良くしたつもり。竿は9尺で仕掛けは両グルの宙のままなので、ハリスは30cm+45cmくらいか。それを変えずに「たな」もそのままで再開は12時43分だ。
 
to be continued!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

ややテンションが下がって来た

先日アルトサックスが欲しいと書いたが、その後ようつべでいろいろと情報を仕入れているうちに、次第に購入のモチベーションが下がって来た。
最初はとりあえず音さえ出ればと思っていても、やはり何かしらの曲を吹いてみたくなるのは人情。
しかぁ~し、情報によるとサックスは音は出やすいものの、その後がかなり難しそうだ。まあ、楽な楽器はないんですけど・・・。
思い起こせば高校の頃、部活の先輩からもらったクラシックギターでコードを押さえる練習やアルペジオ等熱心に(勉強そっちのけで)やったが、今あれほどの情熱を維持出来るのかという問題もある。
安物とはいっても数万円するので、買った後にお飾りになるのではつまらない。で、考えているうちにテンションも下がって来た次第。
カッと熱が上がった時に買わないと、なかなか買えないね。
 
今日は餌の1割引きにつられて東海釣り具に行って来た
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

好天には恵まれても釣果には恵まれず@引佐天池

今日を逃すと明日以降天気が悪くなるというので、思い切って出掛けました引佐天池。前回は池まで行ってもやる気がなくなって増沢に変更したので、今日は何としても竿を出したい。しかも「トロ掛け」で。しかぁ~し、池に着くと前回同様車を停めるスペースがない。へら師はそんなに多くないと思うのだが、何故だろう。それでも池からDscf0409離れたところにスペースがあったので、渋々そこに停車。荷物を降ろして池に向かう。1人私の前を行く先客がいたが、彼は遊歩道に入って行った。私は今日も人気の浅場に入る。そして両側の先客に挨拶すると、左は陰険な爺さんだったので、こちらをチラ見しただけ。急に気分が悪くなって、釣Dscf0410り台を組み立てたばかりなのに深場方面に移動する。深場には2人の先客。私はオーバーフロー左の底でやっている先客に配慮して、いつもより深場に入る。そして準備。今日は「トロ掛け」メインなのだが、とりあえず両ダンゴの宙から入る事にする。竿は12尺、餌はいつもの。そして「たな」は少し深めで開始は10時13分。それにしてもいい天気だ。左の先客は短い竿でへらを引っ張っている。あれくらい釣れればなぁ。と、何と2投目からウキがモヤ。これはひょっとして行けそうか?しかぁ~し、その後はウキの動きがなくなってしまう。で、いつも通りウキが動きそうな「たな」を探してみたら、最初から30cmくらい深めでOK。と言っても、あくまで釣れそうな感じがするだけで、釣れると言う保証はない。当たり前か。右隣は1人が「トロ掛け」、もう1人がセットの宙。ウキが動かないらしいが、それにしてもこの2人、よく喋る。静かになる瞬間はほんの少しだ。だが、まだ私の癇癪は動き出さない(結局最後まで癇癪は出なかったので、良かった良かった)。さて、予定通りウキはモヤモヤからあたりらしき動きも見せ始めたが、何と消し込みまで出ても掛かりまDscf0411せん。まさにトホホ。しかぁ~し、開始30分を過ぎる頃、誘いを掛けてから仕掛けを上げようとしたその瞬間にズバッ!やった掛かりましたよ!おおっ、サイズもグーではないか。しかも腹パン。う、嬉しかぁ。まだウキは動いているので、どんどん行こうではないか。すると、それからほどなく今度はチクあたりでやDscf0412Dscf0413った2匹目かと思いきや、胸鰭に擦れていてガクガクッ。なかなか寄らないので腕が疲れた。そして11時前にも目にスレが出ると、その後はシーン状態になってしまう。右隣は相変わらずウキが動かないらしい。左隣も最初ほど竿が曲がらなくなったようだ。これは私が宙をやっているからなのだろうか。私はなす術なく餌を打ち続けるが、そのうち知らず知らず「たな」が深くなっている。そうです、私が「ナンチャッテ」おじさんどぇす!しかぁ~し、これが全くダメで、仕方なく「たな」は再び上がって行く。と、ここで左の先客が終了。餌をドボンと捨てていた。これは私に対する抗議なのだろうか、それとも元から午前中の釣りだったのか。とりあえずお疲れ様と言っておこう。その後12時のサイレンを聞くも続行Dscf0414し、12時12分に虚しく午前の部を終了した。結果、午前の部では実釣2時間でたったの1匹。サイズはグーなので文句はないが、それにしてもスレの連荘は痛かったし、後半は全くと言っていいほどウキが動かなかった。さあ、まずはトイレタイム。右隣は増沢のトイレについて喋っていたが、この池では「そんなの関係ねぇ~っ!」とばかりに立ち・・。それでいいのか?私は公園のトイレまで行ったが、増沢より遥かに楽だった。昼食後に次の準備。お待ちかねの「トロ掛け」だが、右隣がウキが動かないと言っていたので、何となくテンションが上がらない。竿は11尺に変更し、餌はS-ブルーとスーパーのトロロ。「たな」は先日のままで再開は12時34分。右隣は2人とも1匹ずつゲットしているが、やはりある瞬間だけウキが動くようだ。私も同じだった。と、ここから右隣に援軍が2人登場。1人はトーナメンターらしいが、追加の2人もよく喋る。だが私の癇癪は大人しいまま。さて、打ち始めて分かったのは右隣の言う通りだと言う事。しばらく打っていたが埒が開かなさそうなので、まずは「たな」を深くしてみる。更には両ハリスを交換し、ハリス長とハリス段差を伸ばしてみる。すると、これが功を奏したのかウキに弱くではあるが動きが出始Dscf0415めた。そして開始1時間ほどでやっと1匹目ゲット。これもグーなサイズしかも腹パン。写真では両グルの時より小さめに映っているが、ほぼ同じサイズで35cm超だ。今日の状況から、ウキが動き始めたら釣らないとシーン状態がすぐにやって来るのは明白。頼む、何とかあたってくれ。すると、1匹目から20分Dscf0416ほどでズバッ!ではないあたりで2匹目。よしよし、この調子だ。しかぁ~し、残念午後のGTかもと思えたのはこれだけ。で、あとは餌を打つだけの時間となり(それでもそれなりの事はやったつもり)、2時18分にこれまた無念の終了となってしまった。結果、午後の部では実釣1時間40分余で2匹。トータルでDscf0417は実釣3時間40分超で3匹。いやぁ、厳しかったなぁ。グッタリして片付け。右隣は5人になったが、先客の1人が終了し、もう1人もそろそろ終わりの様子。ホント、お疲れさまでしたね。片付けを終え、右の5人に挨拶して車に戻る。今日は浅場の先客3人以外は釣れなかった。やはり場所があるのだろう。次回があれば浅場かと思うが、その時には状況が変わっているに違いない。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を離れた。
 
増沢ではあまり見られないグーなサイズを見られただけでも良かったか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

今度はこんなものが欲しくなった

61rwmuymkl_ac_ul320_ちょっと前まで真空管アンプ(安物の中華製アンプでも可)が欲しいと思っていたのだが、それは何とか治まった。
しかぁ~し、今度は全く別物のアルトサックスに興味が出て来たので困っている。
その発端は先日行ったジャズライヴと、それに伴いOM氏から教えてもらったユッコ・ミラーさんをようつべで観てから。
私もサックスを吹いてみたくなったのだ。ただ、すぐに飽きるかもしれないので、それなりのもの(おそらく初心者用でも10万以上はする)を買うのはかなりの抵抗があるのも事実。
で、ここでも出て来ました「中華製(安物)アルトサックス」。その評価は3万円台!という価格なりのものだが、とにかく触れることが出来るのが嬉しい。
どうしようかな、思い切って買おうかな。釣り台も買ったはいいが意外に重くてまだ使えていないし、買っただけで満足してお終いと言う事も十分考えられる。それでもいいか?
 
昔は買いたくても買えなかったが、今ならそこそこのものは買えるので・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

結局辿り着いたのは増沢。しかぁ~し@増沢池

今日は予定通り通院後に引佐天池に向けてゴー!何とか10時過ぎに到着。しかぁ~し、車を停めるスペースがない。へら師は4人だけなのだが、バサーが何台か停めているのだ。もちろん総合運動公園の駐車場に停めれば問題ないのだが、やはり遠Img_20190409_100659いし、道路に停めるのはもっての外。とりあえず一時的に停車して池の様子を伺うと、ゲゲッ、へら師は浅場に固まっているではないか。急にやる気が失せ、車は増沢へとひた走る。結局増沢なのだ。でも、昨日のような釣りが出来ればいいし、今日は「トロ掛け」も出来るかもしれない。池に着くと、O合さんOさんKさんの車ハケーン。さっさと荷物を降ろして池に向かう。あれっ、KさんDscf0391がいつもの橋の下にいないぞ。先客に挨拶しながらいつもの場所方面へと向かう。気温は高いが風が強いのは予報通りで仕方ないところ。挨拶していつもの場所に陣取ると、あれれ階段下にいるのはKさんではないか。それに深場にはへら師がごっそり。全部で昨日の倍はいるみたいだ(個人の感想です)。さあ準備しよう。まずは両グルの宙から入り、状況によっては後半「トロ掛け」をやろう。竿は12尺、餌はいつものグルテンにバラケを少々。そして「たな」は前回のままで開始は10時45分。う~ん、分かってはいてもウキが見辛いなぁ。あっという間に11時。O合さんOさんは結果を出している。そしてO石さんもやって来たぞ。いつもの場所に入った。さて、風・波でウキが見辛くても餌は打ち続けなければならない。そうしていたら、風が弱まった11時過ぎにウキがモヤモヤしているのがやっと分かった。昨日は最初からズバッとあたりが出たのになぁ、今日はまさか凸はないDscf0392だろうけど、あまり釣れる感じはしない。それでも11時半近くになれば午前中のGT、やっとそれらしいウキの動きで1匹目ゲット。やはり放流だったか。でも何でも1匹は1匹、文句は言いません。釣れてくれてありがとう、ベイビー!しかぁ~し、次のあたりでは目にスレでガクガクッ。ホント、申し訳ない。ただ、ウキの動きはなくならず、その後もポツーリポツリと放流をゲDscf0394Dscf0395ット。12時のサイレンが鳴って皆さん昼食を摂っているが、私は何としても第2目標には到達したいし、欲を言えば昨日と同じ6匹まで結果を伸ばしたい。で、昼食とトイレタイムは餌を打ち終えてからにしよう。すると、そんな私の祈りDscf0396Dscf0397が天に通じたのか、これまたポツーリポツリではあるが釣れて、餌が尽きた12時34分までに何と3匹を追加し、目標をクリア(ただ、全て放流ですDscf0398が、何か)。結果、午前の部では実釣1時間50分弱で6匹。この調子では宙を続けても仕方ないかも。と言う事Dscf0399で、午後の部は底をやる事に。と、その前にトイレタイム及び昼食。それから竿は11尺に変更。餌はいつものバラグルでささっと底取りしての再開は1時6分。昨日は開始早々からウキが返して来たが、今日はどうだろうか。とりあえず4匹は釣ってトータルでの第3目標クリアを目指すのは昨日と同じだが、今日はかなり厳しそうだ。しかぁ~し、何と言う事でしょう、第一投からウキが返したではないか。しかも餌落ち付近まで。これならじきにあたりになるぞ。な~んて楽観していたが、それはとんでもない間違いだった。その後もウキは返すのだが、一向にあたりにならない。クーッ、痺れるなぁ。それでも1時半近くになってようやくあたりが出、しかも合いました!いやぁ、長かったなぁ。しかぁ~し、寄せてビックリ玉手箱、何とスレでガクガクッ。すると一気にウキが動かなくなる。更に2時前になって今Dscf0402度こそと思ったあたりも、スレでガクガクッ×ガクガクッ。やっぱり今日は引佐天池でやるべきだったかと、言っても仕方ないタラ・レバ。しかぁ~し、落胆して再開したら、すぐにあたって1匹目ゲット。やれやれと言うしかない。そして2時。Kさんは早めの終了で帰った。お疲れさまでした。さDscf0403て、2時と言えば皆さん言うところの午後のGTなのだが、これまた今日は芳しくなさそうだ。それが証拠には、2時半までに1匹しか追加出来なかった。O合さん、Oさんに加えてO石さんも終了間近。私も終わりたいのはマウンテン・マウンテンなのだが、餌があるうちは終われまテン!それが省資源釣法(キリッ!)。しかぁ~し、2時半を過ぎると状況が一変、今度こそDscf0404Dscf0405の午後のGTなのかあたりが出始め、そして合う。ただ、爆釣ではなくやはりポツーリポツリと言う事で、3時までに4匹を追加すれば、何とか当初の目Dscf0406Dscf0407的は達成出来たか。皆さんは帰った。お疲れさまでした。そして3時19分に餌を打ち終えて終了。結果、午後の部では実釣2時間10分余で6匹。昨日の半分だった(しかもほぼ放流)。トータルでも実釣4時間で12匹。Oさんはよく釣Dscf0408れたと言ってくれたが、気分は晴れない。片付け。と、ここでT林さんが終了した。いつもより早くてビックリ。お疲れさまでした。見ればへら師はこちら側深場旧流れ込み奥に1人くらいが見えるだけ。片付けを終え、車に戻る。連荘は堪えるなぁ。さあ、さっさと帰ろう。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は雨の予報。家で溜めてある事をやるとするかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

いつもとは逆の展開@増沢池

Img_20190408_151413Img_20190408_151643今日はやや風が強いが気温は上がりそうと、出掛けました増沢。ただ、朝方雨が降ったので、果たして・・・。「トロ掛け」をやるべくベイシアに寄って買う。そして駐車場に着くと、あれれO合さんの車がない。しかぁ~し、停めて荷物を降ろしていると背後から声が。O合さんでした。結構遅くまで雨が降っていたので、出るのが遅れたらしい。更に私の左に見たことがある車が停まった。そうです、masaさんでした。今日は雨の後なので、浅場で「乗っ込み」を狙うつもり。私とO合さんはいつもの場所に入るべく橋に向かうと、ゲゲッいつもの場所付近には先客が2人。他に入るところを探さなければ。Dscf0369_1橋の下にはKさん。まだ始めたばかり。橋を渡って坂を下り、先客に挨拶しながらいつもの場所方面に向かう。ソメイヨシノは満開。綺麗なもんだ。先客のそばまで行くと、先客はO石さんのいつもの場所とその右に入っていた。私とO合さんのいつもの場所には入れそうだ。挨拶してさあ準備しよう。ただ、先客2人は底をやるようなので、後から来て宙でバンバン餌を打つのはちょっと気が引ける(O合さんは関係ないと言ってくれたが)ので、宙は宙でも「両グル」にしよう。竿は12尺、餌はいつものグルテンにガッテン・マッハのバラケを少々。「たな」は先週の記憶からやや深めで開始は10時21分。masaさんがやって来て、亀のオンパレードなので浅場は止めると言う。そして看板横に入った。さて、餌を打ち始めると、しばらくしてウキがモヤモヤし始めたではないか。困る、先客にまず釣ってもらわないと、ただでさえ宙の肩身が狭いのに、もし釣れたら睨まれてしまいそうだから。しかぁDscf0370Dscf0371~し、池の状況はそんなの関係ねぇ~っ!とばかりに開始20分で消し込み、そして掛かりました!O合さんも含め、底のへら師を刺激しないよう静かに寄せる。すると、11時を過ぎて2匹目。ちょうどT林さんが巡回にやって来た。更にDscf0372しばらくして3匹目をゲット。頼む、底の方にもあたってくれ。しかぁ~し、余計な心配をしているうちに、私のウキが動かなくなって来た。で、いつも通りピラミッドパワーやらに頼ってみるが、効果なし。それでも午前中のGTなのかポツポツと2匹を釣って、何とか第2目標に到達するが、Dscf0373Dscf0374次のあたりではバラシ。すると、場が荒れたのか12時のサイレンが鳴るまでに1匹も追加出来ず。昼食は後回しで餌を打ち切るべく打つ・打つ・打Dscf0375つ。すると、場が回復?したのか何とか1匹を追加して宙は終了。時刻は12時17分。結果、午前の部では実釣2時間弱で6匹。11時以降はウキが動いていたので、なにか対策出来ればもう少し釣れたかもしれないとは、いつもながらのタラ・レバでした。さあ、次を考える前にトイレタイDscf0376ムとしよう。気温が上がって、少々の風が出ていても暑いくらいだ。戻って次はどうしよう。いつもなら午後の部は宙(今日は「トロ掛け」)を選択するのだが、今日は先客が芳しくないので私の(宙の)せいにされないよう、午後の部は底にしよう。そうしよう、双子葉植物。風・波は収まっていないので、ウキが見やすい11尺を採用。餌はいつものバラグル。午前の部ではいくら「両グル」とは言え餌を宙に打ったので、ここからの底は厳しいのではないか。予定としては4匹を釣ってトータルでの第3目標を狙う。ささっと底を取っての開始は12時45分。Dscf0377Dscf0378すると、何と言う事でしょう、第一投からウキに動きが。ひょっとして釣れるかもと、期待は高まる。11尺でも風・波が結構出ているので視認性は芳しくDscf0379ないのだが、それでもウキは返すぞ。そして1時過ぎ、まさかとは思ったがあたりらしき動き。そして掛かりました!更にそれから少し経って連荘!あっという間に3匹をゲットすれば、予定の「つ」抜けにあと1匹。先客もO合さんも驚いているが、一番驚いているのは私に間違いない。ただ、欲が出るとウキの動きに反映されてしまういつものパターンで、次第にウキの動Dscf0380きが弱くなってしまう。それでも1時半までに1匹追加すれば、嬉しやトータルでの第3目標(「つ」抜けって奴ですか)達成だ。まだ午後のGTには早い気がするが、予定は済んだ。あとはおまけでどれだけ釣れるか。欲を言えば底だけで第2目標、いや第3目標までいってみたい。しかぁ~し、風・波の中でウキの動きに適当に合わせたせいか、バラシでガクガクッ。一旦ウDscf0381Dscf0382キの動きがなくなったかと思いきや、2時までに2匹を追加してまずは第2目標クリア。何となく地べらから放流へと替わって来た感じがするが、この調子なら第3目標も楽勝ではないか。対面のKさんが終了し、岡ジャミにやって来た。今日は短竿で35cmオーバーの腹パンを3匹ゲット。いいじゃないですか。明日も風が弱ければ来ると言って帰った。お疲れさまでした。と、先客2人も終了だ。とりあえず結果は出たので良かったと言えるが、O合さんが午後になってペースを上げたので、Dscf0383Dscf0384ちょっと残念そうな感じで帰った。お疲れさまでした。さて、私も第3目標に向けてラストスパートといこう。すると、2時を過ぎて7匹目をゲットしたとこDscf0385Dscf0386ろで、完全に放流に入れ替わったのが分かった。でも、放流でも1匹は1匹、文句を言ってはいけません。釣られてくれてありがとう。するとその後も放Dscf0387Dscf0388流ばかりがポツポツと掛かり、午後の部だけで第3目標をクリアして大満足。更に最後の一投ではハリスの倒れ込みで12匹目ゲットだ。時刻は2時5Dscf03895分。結果、午後の部では実釣2時間10分で12匹。時間5匹もクリア出来た。トータルでは実釣4時間強で18匹。こちらは時間5匹には届かなかった。片付け。宙→底という、いつもとは逆の展開に不安はあったが、結果オーライでグー・グ・グー。O合さんは2時半過ぎに終了した。お疲れさまでDscf0390した。片付けを終え、T林さんに挨拶して駐車場に戻る。途中看板横でmasaさんにも挨拶。Kさんによると爆釣だったようだ。さあ、今日は特に寄るところもないので、さっさと帰ろう。車に荷物を積み、家路に就いた。


明日は通院後に引佐天池にでも行こうかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

統一地方選挙

今日は早起きして7時前に投票所に着いたが、既に20人くらいが並んでいた。
1回くらいは1番乗りで投票箱の中を確認してみたいとは思っていても、これはなかなか難しそうだ。
その後ぞろぞろと受付を済ませ、区割りを変えるかどうかの住民投票、市長、市議会議員、県会議員の投票を済ませて帰宅。
私の気がかりは水道事業を民営化する事になるかどうかと言う事で、新しい市長が誰になるかで決まりそうだ。
投票締め切りから今日中に結果が出ると思う。現市長の再選やいかに?
 
明日は天候不順らしいが。竿を出したいなぁ
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

今日は「トロ掛け」のためだけに竿を出す@増沢池

連荘の釣行はかなりキツイ。それでも今日は「トロ掛け」(伊藤さとしさんはヒゲセットとか言っていた)をどうしてもやりたいのでゴー!ホント、毎日のように増沢で竿を出Dscf0348している方々は体力気力共に充実しているのだろう。私は・・・。駐車場でO合さんOさんKさんの車ハケーン。私も気力を振り絞って池に向かおう。それにしても桜がなかなか満開にならない。何故かなぁ。Kさんは今日も日陰側橋の下、O合さんは定位置、Oさんは昨日と同じ場所に入っている。さっさと歩いて私もいつもの場所に入る。挨拶して様子を訊くと、O合さんは既に3枚出しDscf0349ている。Oさんはこれから。私はいきなり「トロ掛け」に行ってもいいが、まずは底からとする。竿は11尺、餌はいつもの。そして開始は10時48分。今日は通院が少し遅くなり、治療の順番が後になったので来るのが遅れた。O合さんは私の準備中に1匹追加している。私にも少しはおこぼれがあるかな。すると、何と言う事でしょう、2投目にあたり!そして掛かりました!これは一見嬉Dscf0350しいようだが、実は私にとってマズイ展開なのだ。と言うのは、最初からあたってしまうと、餌を撒くより次のあたりを待ってしまい、餌打ちのインターバルがバラバラになってしまって自滅するパターンになりがちなのだ。結局それは当たったのだが・・・。さて、その後もウキは弱くではあるが返しており、どうしてもあたりを待つ展開になってしまう。あっという間に11時。T林さんの巡回はあってもあたりは来ず。ただ、昨日もこれくらいからあたりがDscf0351頻発するようになったので、我慢我慢。そして何とか1匹を追加したまでは良かったのだが、午前中は風・波が出ていてウキがかなり流されまたシモる。で、適当に合わせたら掛かりました!きっと放流に違いない。すると、放流は正解だったものの、残念頭!にスレ。オヨヨ。11時Dscf0353半を過ぎてO石さん到着。いつもの場所に入った。と、私にあたり!そして3匹目ゲット。しかぁ~し、鈎を呑んでいて外れずハリス切れ。急いで交換するが、時合が崩れたのか12時のサイレンを聞く羽目に。何とかO合さんに追いつきたくて心の余裕がなく、昼食を摂りながらDscf0354Dscf0355の続行。すると、まだ少し時合は残っていたのか、ポツポツとあたりを拾って12時半過ぎまでにO合さんに追いついた。やれやれ。こDscf0356こでトイレタイム。しかぁ~し、戻ってからはさっぱりの状態になって1時6分に餌が尽きた。結果、午前の部では実釣2時間10分弱で6匹。昨日と比べてはいけないが、今日は地べらも多かったし、まあこんなものでは(いわゆる「精神勝利」ってやつですね)。私の今日の目的Dscf0357はこれではないので、さっと気持ちを切り替えて次だ次。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。仕掛けは昨夜寝る前になって思い出し、慌てて作ったもの。ウキは以前買ってから放置されていたもの。餌のバラケは去年やるつもりで買ったものの封を切っていないもの。トロロは封が切れているが、いつ買ったか覚えていない。こんなんで大丈夫か?オモリを合わせ「たな」は1mないくらいで開始は1時22分。午後になって風・波共に穏やかになって来たが、風は時折強く吹くことがあって、その際に早くも桜が舞い落ちる。まだ満開になっていないのに散り始めるとは、ちょっと寂しいなぁ。それはさておき、数投でウキがモヤモヤし始め、これは行けそうか?しかぁ~し、何とO合さんが怒涛の3連荘で「つ」抜けにリーチ。そしてほどなく達成。ビックリしたなぁ、もう。そして余裕のトイレタイムだ。私も置いて行Dscf0358Dscf0359かれないようにしなければ。すると、何と言う事でしょうPART2、私にもズバッ!ズバッ!ズバッ!と消し込みで3連荘。これは素Dscf0360晴らしい。気持ちヨかぁ~。一気に「つ」抜け(またはトータルでの第3目標)にリーチとなった。そして何よりサイズが底と比べられないくらい大きくなった。明らかに底とは違う群れではないか(個人の感想です)。Kさんは今日も1時半頃に終了し、こちらに来て岡ジャミ。しばらくしDscf0361て帰った。また来週お願いします。さて、待望の「つ」抜けは2時を過ぎてから。時間的には午後のGTなので、こうなると単独での第2目標も視野に入って来た。ただ、バラケとトロロの経時変化なのか、あたりの間隔は次第に広がっていく。それでもズバッ!はたまに出て単独でDscf0362Dscf0363の第2目標を楽々クリアすると、その後も不定期のあたりで単独での第3目標にリーチ。しかぁ~し、小さなあたりらしきウキの動きにDscf0364Dscf0365手を出したら、凄い力で引かれて両ハリス切れ。ガクガクッ。スレなのかどうかは不明だが、今になって総取り換えかよっ!とは思いDscf0366ながらの交換。すると、ハリス段差がそれまでより少し狭くなった感じで、ちょっとだけスッキリしない。が、もう一度交換は御免と続行。すると、あたりが遠くなる。難しいね。Oさんは2時過ぎに終了し、帰った。O合さんも2時半頃に終了し、しばらく岡ジャミしていたが帰った。お二人ともお疲れさまでした。私は餌が残っている以上、打ち切るまでやるのが省資源釣法(キリッ!)と居残り。すると、何と言う事でしょう、O石さんも残業すると言うではDscf0367ないか。一応4時が期限で。私は何としてももう1匹釣りたい。釣って単独での第3目標をクリアしたいと粘れば、3時を過ぎてようやくのズバッ!で無事目標を達成だ。今日は「トロ掛け」を試してヨカッタぁ。そして3時27分に餌を打ち切る。結果、午後の部では実釣2時間強で10匹。トータルでは実釣4時間10分で16匹。片付け。へら師のほとんどは帰り、残ってDscf0368いるのは数人。ただ、湖面は凪いで来て、気温も十分高いので、まだまだ出来そうな気がするぅ~♪(私はやりませんが、何か)。私の片付け中にT林さんが終了。そして私が岡ジャミを始めて数分後にO石さんが餌を打ち終えた。ウキは動いていたが残念あたりらしき動きはなかった。O石さんに挨拶して車に戻る。連荘の釣行はかなり疲れたので、さっさと帰る他ない。荷物を積むや否や池を跡にした。

今週末は多分混むので家にいよう
    

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

今日は竿とウキを替えてみた@増沢池

昨日は風が強くまた寒そうだったので家でゴロゴロ。今日も風は強いが気温はやや上がると言う事で、いつもより早めに増沢へゴー!9時過ぎに駐車場に着くと、O合さんはもちろんの事Oさんの車もある。ちょうどOさんが車から荷物を降ろしているところ。車を停めてまずは挨拶。そして一緒に池へと向かう。途中看板横の向かいにKさんハケーン!車は見えなかったが、後で奥の方に見つけた。さて、OさんはO合さんDscf0326が入っている整地された辺りの奥側で短竿を出すと言う。私もいつも同じでは飽きられてしまうので、仕掛けが作ってない11尺を採用し、現場施工。それにウキも逆テーパーのものにする。相変わらずモタモタで、お二人は早くも開始している。思ったより目盛が細かくて底取りに手間取ったが、いつものバラグルで何とか開始は10時ジャスト。せっかく早く着いたのに・・・。さて、OさんO合さんはウキが動かないと言っているが、果たして。おやっ、ウキが返しているのでは?数投打ったところで、何とあたり!ビックリして合わせれば、やった掛かりましDscf0327Dscf0328た!しかもそこそこのサイズの地べらだ。お二人はビックリしているようだが、私もびっくりです。更にしばらくして今度は放流の2匹目。おやおや、今日は前回と同じく爆釣ですか?しかぁ~し、この池そんなに甘くない。すぐに弱いモヤモヤ状態に。なかなかあたりそうであたらず。O石さんが来ていつもの場所に。ここで何故か車にロックをして来たか気になってしまい、確認するついでに駐車場側のトイレタイム。ここで坂を上り橋の近くまで行くと、T林さんが公園事務所の方と話し込んでいる。そして1枚の紙をくれた。それがこれ。

Img_20190404_0001

これはマズイですよ。この池の常連さんは問題ないと思うが、先日の大会の際に何かがあったのかもしれない。周知徹底しないと本当に釣りが出来なくなってしまう。Dscf0330トイレのそばの桜が満開なので写真。それにしても池の周りの桜はなかなか満開にならないなぁ。トイレを終えて11時頃に戻り再開。すると、再開2投目からあたり!そして掛かりました!時間的には午前中のGTと言っても過言ではない。さあどんどん行こう。すると、午前中のDscf0331Dscf0332GTは満更でもない感じでポツポツと3匹を追加し、早くも第2目標クリア。しかぁ~し、調子に乗っていると11時半に目にスレでガDscf0333Dscf0335クガクッ。それでも11時半過ぎからもウキの動きはなくならず、さすがに午前中のGT。約20分で5匹をゲットして、とりあえず第3目Dscf0336Dscf0337標を超えた。しかぁ~し、ここで「たも」の網目にハリスが絡むアクシデント。いつもなら根気良くこれを解決するのだが、今日は何故Dscf0338Dscf0339か癇癪の爆発が早くてプッツン!ハリス交換を余儀なくされる。急いで底取りし直して再開すると12時を過ぎている。昼食を摂りながら続行するが、何とスレの連荘!まさにガクガクッ×ガクガクッ。更に餌落ち目盛を合わせる際に追加したオモリが脱落してしまったので再調整していたら、何と道糸を切ってしまうアクシデントPART2。餌がもうない時点で、何で今トラブルのかと癇癪の再爆発は確実かと思ったが、ここは堪えて次回11尺を使う時に仕掛けが出来ていた方が絶対楽だからとサルカンからやり直す。そして底取りして再開すると、1時近くになDscf0342Dscf0343っていてガクガクッ×ガクガクッ×・・・。それでも残り4投分の餌でラス前々とオーラス(つまり最後の一投)で2匹を追加。時刻は1時2分。結果、午前の部では実釣2時間半で13匹。前回よりは少ない結果となったDscf0344が、地べらも混じっているので良しとしなければ。さあ、次はやってもやらなくてもいいが(オイオイ)、宙だ。竿は9尺に変更し、餌はいつものグルテン。準備してからトイレタイム。そして再開は1時24分だ。まずはセオリー通りに餌を打つ・打つ・打つ。まあまあ、すぐにウキが動くなんて考えていませんよ。それでもウキは全く動く気配を見せない。1時半頃にKさんが終了し、こちらの様子を見に来た。日陰側は短竿でもウキが動いているようだ。お疲れさまでした。さて、どれくらい経っただろうか、次第にウキ下を深くする自分がいた。そうです、私が「ナンチャッテ」おじさんです。そして何とか底に着いたかと思ったら、ウキがモヤモヤからチッと入るのに合わせたら、やったようやく掛かりました!しかぁ~し、「たも」を用意したところでバラした。すると、その後はウキが動かなくなる。いや、たまに弱く上下する事はあったが、残念あたりにならない。で、多分2時を過ぎて再び宙に戻してみる。O石さん曰くの午後のGT、きっと何かがあるに違いない。残念何も起こらない。O石さん、O合さん、それにOさんはウキが動かないとボヤきながらもそれぞれに結果Dscf0345_1を出し、2時半過ぎに終了した。と、ここで弱くウキが動き始めた。お三方が止めたのが関係あるのか。そして弱く入るウキの動きで、やっと午後の部1匹目ゲット!もうグッタリだ。でも宙で釣れたから・・・。しかぁ~し、その後がない。で、ウキを少しずつ上げて行ったら、3時近くDscf0346_1になってやっと2匹目。お三方は帰った。お疲れさまでした。私も餌を打ち終え終了、と思ったら、最後の一投であたりを見逃す大チョンボ!あまりに悔しくて、鈎に残ったグルテンカスで最後の抵抗。すると、消し込みまで出たものの、何も掛からず3時20分に無念の終了となった。結果、午後の部では実釣2時間弱で2匹。ひどかった前回を下回る数字だ。まさDscf0347_1にトホホ。トータルでは実釣4時間半で15匹。ただただ疲れた。片付け。へら師は橋の下(しも)では私とT林さんしか残っていない。グッタリして片付けを終え、T林さんに挨拶して駐車場に戻る。今日はこの後ベイシア詣でがあるので、グッタリしてはいられない。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。

明日は通院後にやろうかな、どうしようかな
    

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

風が強くて結構寒い@増沢池

大会後1日は疲れが抜けなかったので、竿を出すのはお休みにした。代わって今日は冬に戻ったような、快晴でも寒くて風が強いとの予報にも拘らず、大会のしょぼさを打ち払うつもりで増沢へゴー!駐車場には多くの車が停まっているが、はてさてどれくらいDscf0303がへら師なんだろう。あっ、O合さんに加えてOさんの車だ。久し振りだなぁ。さっさと荷物を降ろして池に向かう。ソメイヨシノは咲いてはいるが、満開には程遠い感じだ。今日は大会が嘘のように日陰には誰もいない。看板横に1人、坂の下(橋の真下)にも1人。遊歩道に入ると、1人おいてOさんが、大会で私が入ったところで竿を出している。挨拶して状況を訊くと、8尺底でまだウキが動いてDscf0304いない。そこから進んで私のいつもの場所に入る。O石さんのいつもの場所には先客、O合さんはいつも通りウキが動かないと言っている。旧流れ込みからダム?そばにはあたりさわりグループとI藤さんらしき人。予想通り風・波が出ている。防寒をしっかりしてきて良かったぁ。さあ準備しよう。大会で分かったように、長い竿は不要とみた。で、12尺を出す。もちろん底から。餌はいつものバラグル。向上心がないと言いたければどうぞ。細いトップのウキを採用し、ささっと底を取っての開始は10時21分。と、私の準備中から右のお二人が竿を曲げ始めた。O合さんは私が来る前に1匹釣っており、ウキが動かないと言うのはどうなのか。T林さんは今日も早めの巡回だ。しかぁ~し、そんな私もじきにウキは動き出した。そしてあたりも。しDscf0305かぁ~し、どうも底取りが良くないのか鱗を数枚。それでも11時過ぎにO合さんがトイレタイム。その時にやっとあたりに合いました。やれやれ。おおっ、時間的にも午前中のGT、これは行けそうか。しかぁ~し、ウキはあたりらしき動きを見せるものの、相変わらずの鱗。それでもO合さんがDscf0306Dscf0307戻ってからポツポツと11時半までに2匹を追加するが、まだまだお二人には追い付いていない。とりあえず凸ではなくなったので、そんなに焦る必要もないのだが、私一人が置いてきぼりを食らうのはまっぴらだ。すると、11時半頃から何故かDscf0308Dscf0309あたりに合うようになって、12時のサイレンが鳴るまでにダブルを含めて6匹をゲット。まさに午前中のGT、そして時合だけの男の面目躍如。第3目標にDscf0310Dscf0311リーチとなった。が、時間的には私のトイレタイム(これ、結構大事なんですよ。規則正しくする事が体調管理になるのだから)なので、一旦休止してDscf0312Dscf0313ゴー!途中Oさんに状況を訊くと、芳しくないとの返事。この場所は釣れている筈なんだけど、一昨日の私から釣れなくなったのかもしれない。ハアハア言いながら戻り、昼食を摂りながら再開。すると、何と言う事でしょう、トイレタイムで間が空いても時合Dscf0314Dscf0315が崩れず2投目からあたり、そして掛かりましたよ。更にその後もダブルを含め釣り続ける事が出来、餌が尽きた12時37分までに計7匹をゲットだ。そのDscf0316Dscf0317間わずか20分弱。ウキが返してからの弱いあたりで釣れたが、中には餌落ちより1目盛出たくらいの「食い上げ」でもゲット出来た。午前中は一体何だっDscf0318Dscf0319たんだろうと言いたくなる。結果、午前の部では実釣2時間10分弱で16匹。風・波でウキの視認性がかなり悪い中、私的にはグー・グ・グーではないだろうか。さあ、次は宙。風・波でかなりウキが流されそうだが、午前中の貯金があるのDscf0320でやってみよう。竿は9尺に変更し、餌はいつものグルテンにバラケとしてガッテン・マッハを少々。そして仕掛けから20cmくらい「たな」を深くしての再開は12時48分だ。まずはいつも通り餌を打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、ウキに動きなし。その代わりに、右隣の先客(T井さんという方らしい)が竿を曲げ続ける。O合さんは午後になって厳しい釣りを強いられている様子。左のOさんも同様か。上空雲が多くなって白波と相まってウキの視認性がアウト。それでも餌は打ち続けますDscf0321よ。何となくモヤモヤしているようにも見えるので(もちろん個人の感想です)。しかぁ~し、1時を過ぎてT井さんが竿を曲げるのをぼんやり見ていたら、竿を持つ手がグッと引っ張られたではないか!危ない、と合わせれば、やった掛かりました!振り出しを使っていてヨカッタァ、でなければ穂先をDscf0322抜かれていただろう。まずは1匹(オイオイ)。しかぁ~し、それだけ。で、1時半を過ぎて「たな」を深くしてみたら、1回カラを食った後に、再度のあたりでようやく2匹目。右隣はダメとか言いながら(私同様独り言攻撃)ポツポツと竿を曲げている。私は釣れない時の「ナンチャッテ」に逃げようとする。Dscf0323すると、最初こそウキが動いて1匹をゲットするものの、その後はシーン状態。やっとトータルでの20匹にリーチとなったが、達成出来そうにない感じだ。ここでいったん休憩して・・・。戻ってみると何やら上から落ちて来たぞ。ん、雨?上空雲の移動がかなり早く、雨雲らしい雲が去って行ったと言う事かも。その後を雨雲レーダーで見てみると、3時頃から小一時間雨雲に覆われると出ている。これはヤバい、早く終わらないと。で、省資源釣法としてはあるまじき行為なのだが、まだ残っている餌をちぎって捨て、数回分だけ残す。そして「ナンチャッテ」をDscf0324諦めて「たな」を少し上げてみたら、嬉しやあたりが出て掛かりました!これは「上がりべら」かも。しかぁ~し、上空雲が対面方向にずれて池の真上及び雲の来る方は明るくなっている。で、再び雨雲レーダーを見たら、何と雨雲の通貨がなくなっているではないか。まさにガクガクッ。でも餌を捨ててしまったのでどうにもならない。そのまま2時39分に終了となった。結果、午後の部では宙→底→宙と忙しない釣りになったが、結果は寂しく実釣1時間40分で4匹。Dscf0325いつもならこれでグー・グ・グーとなるのだが、午前の部とは雲泥の差になってしまったのは仕方ないのかもしれない。トータルでは実釣3時間50分でジャスト20匹。片付け。O合さんとT井さんも終了。T井さんはコンスタントに竿を曲げ続けたので、好結果となっていると思う。左のOさんは私の終了間際に次々と竿を曲げたが、餌が尽きて終了。ただ、上空は快晴で湖面も凪いで来た。T林さんは頭上の木の枝で多少の雨は凌げるので続行か。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。途中橋の上(かみ)浅場で竿を出しているのはO石さんかもと思ったが、声を掛けられず。今日は買えりがそんなにきつくなかった。一昨日は吐き気がするほどつらい帰り道だったのに・・・。さあ、帰るとするか。一昨日の鬱憤も少しは晴らせた事だし。今日はベイシア詣ではないので、さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。

明日は多分やりません
    
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

新元号決まる!

Img_20190401_114132


明日は竿を出したいところ
    
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ