« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

だんだん釣れなくなって来た@増沢池-その2-

今日のミッションはとりあえず2匹釣ってトータルでの第2目標をクリアする事。更に言えば、昨日とおなじくらい釣ってトータルでの第3目標にも行き着きたいところ。まずはいつも通りウキが馴染んだら1,2回誘ってから餌を切る、を繰り返していると、じきにウキが動き出す。これはいいぞ、昨日くらいは釣れるかもと、極甘な予感。しかぁ~し、これまた底の時と同じ、はたまた昨日と同じように、ウキのモヤモヤからのあたりにはなかなかならない。しかも、あたったかと思えばカラ。一気に難しい釣りになってしまった。やはり皆さんと同じように両ダンゴにすべきだったかとタラ・レバしてもアフDscf0771ター・フェスティバル。そのまま虚しく餌を打ち続けるが、12時半を過ぎて遂に決断(大袈裟)!「たな」を深くしてみる。すると、すぐにウキが動き出し、しばらくしてウキがズバッ!やったこれだと合わせれば、嬉しや1匹目ゲットだ。ちょうどそこへ岡ジャミKさん登場。今日は法事Dscf0772の後に見学にやって来た。と、ここで再びのズバッ!で連荘2匹目ゲット。これは素晴らしい。何故急にとは思うが、まあいいでしょう。Kさんは奥の様子を見に行ったが、それと並行するようにあたりが遠くなる。1時を過ぎてKさんが戻って来た。すると、何故か急に消し込みが出る。残念バラシたが、Kさんが幸せの女神なのか。更に次の餌打ちでもズバッ!残念これまたバラシ。しかぁ~し、その後は消し込みはなくなってしまう。そしてあたりはあっても一向に掛からない私の釣りに飽きて、Kさんはじきに帰った。岡ジャミお疲れさまでした。さて、Kさんがいる間にはちょっと恥ずかしくて出来なかったが、1時半を過ぎていつもの「ナンチャッテ」へと移行する。餌も残り少ないし、ここは「ナンチャッテ」と心中だ。すると、これまたじきにウキが返すようになり、あたりらしき動きまで出る。やはり底ではダンゴよりグルテンなのか。次回は両グルまたはバラグルセットでやってみよう。そうしよう(以下同文)。さて、その後もウキは動くのだが、肝心のあたりはカラまたはバラシで、さっぱりのまま2時を迎える。餌もあとわずか3投分。するDscf0773と、ここからが今日の真骨頂?まずはラス前々にあたり!そして遂に掛かりました!「ナンチャッテ」様様だなぁ。更に次の餌打ちでもあたり!そして掛かりましたよへらではない何かが。そうです、今年初めてと言っていい掌サイズのブルー。あのピキピキという引きが気持ちDscf0774をグーンと下げたので、ここはご退場頂きました。そして遂に最後の一投。すると、ウキが馴染んでからモヤモヤ。そしてチクッ!やったあたりの3連荘で「上がりべら」ゲットだ。う、嬉しかぁ・・・。時刻は2時15分。結果、午後の部では実釣2時間弱で4匹。トータルでは実釣3時Dscf0775間10分で7匹。なかなか厳しい結果となってしまった。そうそう、柳の木の奥の先客は静かに帰った。あまり竿が曲がらなかったようだ。片付け。今日は底でもっと釣れる筈やって来たものの、残念昨日と変わりなかった。ただ、両ダンゴでなければもう少し釣れるかもしれない。片付けを終え、車に戻る。今日はメダカが心配なのでベイシアにも寄らない。さっさと家路に就いた。
 
メダカについては2つ前の記事で
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

だんだん釣れなくなって来た@増沢池-その1-

今日は通院後の釣行は予定していなかったので、一旦帰宅してカメラを持ち、増沢へゴー!何故急に行く気になったかと言うと、予報が曇りで風も弱く気温も上がらないとあった事と、底の調子が凸スレスレなのが納得し難いから。ただ、時刻は10時を過ぎており、あまり長い時間は出来そうにない。駐車場にはO合さんとT林さんの車。まずは橋まで行って入れそうなところがあるか確認。私のかつてのいつもの場所が空Dscf0766いているので、これ幸いと車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。しかぁ~し、釣り座の両側にはへらの死骸。これを岸から離すのに必要な棒が、確か前に入ったところにあったのを思い出したので、それを取りに行くついでに奥の整地された辺りのへら師に挨拶。そして帰り道、柳の木の奥の先客の状況を訊こうと思ったら、何と足元に死骸がゴロゴロしているではないか。どうやらここが吹き溜まりのようだ。釣り座に戻り、棒で死骸を押し出す。こうしてオーバーフローから落とすのだ(それでいいのか?)。さあ準備しよう。最初はもちろん底から。昨日と同じ仕掛けで餌だけ夏・冬・マッハとする。そして再開は10時41分。12時前に底を終えれば、午後は宙で2時間位出来そうだ。さて、餌を打ち出したまでは良かったのだが、昨日と違ってウキは動き出さず。おかしいなぁ、いないのかなぁと思いながら餌打ちを続けると、11時を過ぎた開始30分ほどでやっとウキが返し始めた。さあこれからだと意気込むものの、ウキの動きは昨日と変わらずあたらない。そしてあたったとしても軽いバラシばかり。11時半近くになり、こりゃぁ今日は凸の予感がして来たゾ。マズイ、返り討ちが濃厚だ。しかぁ~し、やはり午前中のGTはあるようで、あたりが出始めた。しかぁ~し、しかぁ~し、バッチリのあたりで「変わり身の術」の連荘!あれは絶対にへらだ。木の枝ではない。更に次のあたりでようやく掛かったかと思いきや、今度はバラシでガクガクッ。それに今日も2時間分くらい作った筈の餌が残り少ない。おかしいなぁ、そんなに無駄に合わせたのかなぁ。と、ここでようやくあたりに合Dscf0767Dscf0768って1匹目ゲットだ。う、嬉しいゾーッ。すると午前中のGT間違いなしの連荘!で2匹目。これで昨日よりは数が出た(1から2。まさにトホホ)。しかぁ~し、餌が尽きて無念の終了。ガックリして餌の付いていない仕掛Dscf0769Dscf0770けを放り出し、終了の写真を撮る。そして竿を上げたら何と「掛かってます!しかも空鈎に」。もちろんカウントしますが、何か。更に欲を出して空鈎で打つと、スッとウキが入ってやった2匹目か?残念バラシたので、ここでホントの終了だ。時刻は11時53分。結果、午前の部では実釣1時間10分で3匹。うまい具合に餌が終わったので、午後は宙で2時間は出来るぞ。と、その前にトイレタイム。帰りに深場整地された辺りに寄って情報収集しようと思ったら、O合さんは底で2匹。他は皆さん宙で釣っているようだ。空鈎で釣れた事を報告し(人呼んで「カラバリときらめくストリングス♪」)、釣り座に戻ってまずは昼食。それから次の準備だ。他のへら師は両ダンゴのようだが、天邪鬼の私は両グルで行く。仕掛けがそうなっているからと言うのは秘密です?餌はいつものα21・わたグル・新べらグルテンで、バラケは作らない。ちょっと風・波が出始めたが、ノー・プロブレム。時刻は12時17分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

とりあえず現状維持か

釣りから帰って真っ先に水槽を見に行くと、良かった2匹が泳いでいる。
出掛ける時にろ過を止めてエアレーションにしておいたのを元に戻す。
やれやれ、だ。
でも安心は出来ない。なんとか今日を生き抜いて明日も明後日も・・・。
そうなったら次の投入も見えてくる。ただし、もし全滅なら最初からやり直す事も視野に入れなければ。
もう少し経ったら2回目の餌をやろう。そうしよう(以下同文)。
 
釣行日記はこの後に
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

いよいよ全滅の気配?

今朝まで3匹はゆうゆうと泳いでいたように見えたのだが、ライトを点けてしばらくしてから餌をやろうとしたら、1匹が餌に食いつかず、水面付近で元気なさそうな感じ。
他の2匹は餌に突進しているので、これはヤバいと思いながらも通院。
そして帰って来たら、残念な事に1匹が水底に沈むところ。
このままだと全滅の気配が濃厚だが、何とか2匹には残ってもらい、新しい仲間と暮らしてほしい。
これから釣行するが、一応ろ過は止めてエアレーションだけにしておいた。
 
一週間が大事だ。何とか生き延びてもらいたい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

リベンジ?オー・ノー!@増沢池-その2-

「たな」は前回のままで開始は10時7分。まずはウキの馴染み具合を見ると、まあまあいいんじゃないの。そして2投目からウキが動き出した。しかぁ~し、すぐにもあたりDscf0751が出るかと思いきや、そうでもない。で、一応ウキが馴染んだら餌を切る、でやっていたのだが、10時半頃に餌を打ってふと下を向いたその瞬間に、竿先が水中に引き込まれたではないか。慌てて合わせれば、やった掛かってます?何だかパッとしないなぁ。あたりを見てDscf0752合わせるという形でなくては釣りは面白くないゾ。しかも、それからしばらくは底と同じようにフワフワ状態に。あたらない。11時近くにやっと2匹目ゲット。少なくとも宙で4匹は釣ってトータルでの第2目標くらいにはしないと。しかぁ~し、一向に状況は変わらない。そしてハリスDscf0753切れ連発。11時から11時半までにはたった1匹。そろそろ午前中のGT来るんじゃない?目標達成、成るんじゃない?どうだろう?あれっ、Kさんが終わったみたいで、橋の上から声を掛けて来た。今日はへらに遊んでもらえなかったとの事。お疲れさまでした。ん、何故か急にDscf0754Dscf0755ウキの動きが良くなったゾ。これが午前中のGTかも。そして1匹を追加すれば、嬉しやトータルでの第2目標クリアだ。しかも、餌Dscf0756が尽きる寸前には連荘!も出て宙だけで第2目標クリア。しかぁ~し、11時55分に餌が尽きた。結果、宙では実釣1時間50分弱で6匹。隣はK子さんと言う人らしいが、前回と同じく宙でバシバシへらを引っ張っている。裏山の鹿は何処?さて、腹が減っているが、まずはトイレDscf0757タイム。それから昼食を摂ろうとした時に12時のサイレン。さあ、次はどうしようか。予定では「トロ掛け」か天々主体の餌で両ダンゴとは思っていたが、ここで急に両グルの宙をやりたくなった。あれだけウキが動くのなら、ひょっとして行けるかも?竿と仕掛けはそのままで、ハリス長は40cm+60cmくらい(実測ではない)で交換。餌は定番のα21・わたグル・新べらグルテンだ。バラケは作らない。ここでのミッションはトータルでの第3目標クリア。そして再開は12時6分。風・波などなんのその、いざとなったらオーバースローも出来るのが強み。すると、これまたすぐにウキは動き出す。が、ダンゴの時よりもウキの動きは弱くあたりは出ない。ピラミッドパワーやらオセロの力を借りてもなかなか。それでもウキが馴染Dscf0758Dscf0759んだら誘いを掛ける、を繰り返すと12時半を間に2匹をゲット!ようやく目標達成が見えて来たか。しかぁ~し、再びあたらない時Dscf0760間となり、1時を過ぎて「たな」を深めにしたところ、1発目でズバッ!やった3匹目そしてトータルでの第3目標クリアだ。すると、それからしばらくは消し込み等出たものの、じきにウキの動きが悪くなった。で、私のやる事と言えば、そうです私が「ナンチャッテ」おじさんです。ウキ下をひたすら伸ばして、何となく底に着いたなぁというところで餌を振り切りで打つと、何とウキが返してしかもあたるではないか。残念最初はカラだったが、その後しばらくDscf0761して返したウキがモヤッ。これに反応すると、やった掛かりました!おおっ、今日一番のサイズではないか。「たも」からはみ出しているので、35cmオーバーは間違いなし。よし、両グルの宙だけでも第2目標にリーチなので、これは絶対にクリアしなければ。ただ、時刻は1時半Dscf0762を過ぎているので、このままだと餌の消費スピードがグッと落ちてしまい、予定時刻(大体2時)には終わらないぞ。で、再び宙に戻す。すると、これまた午後のGTにかかったのか、ズバッとウキが消し込んで目標達成。ホント、時合だけの男だね。更に2時を挟んで2匹をゲットしDscf0763Dscf0764て餌を打ち終えた。が、最近は終了後に空鈎で数回打つのが通例となっている(オイオイ)ので、今日も同じく打ち込んだら、何と1投目からウキが入り、次の餌打ちでは消し込み!しかぁ~し、今日は全くかすりもせず、2時17分に終了した。結果、両グルの宙では実釣2時間10分で7匹。宙のトーDscf0765タルでは実釣4時間で13匹。トータルでは実釣5時間余で14匹。柳の木の奥の先客は今日も黙って帰った。惜しい、最初の挨拶は出来るようになったのに(コラコラ)。片付け。今日は最初こそ風が涼しかったが、太陽の直射は厳しくじりじりと暑い時間を過ごした。この場所は時間帯によっては太陽の直射があるので、これからは深場に行った方がいいかもしれない(山?の上り下りがキツイんですけど)。片付けを終え、車に戻る。さて、今日はどうしようかな。ベイシアに寄ろうかな。まあ、とりあえず寄って帰ろう。そうしよう(以下同文)。車に荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は、分かりません!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

リベンジ?オー・ノー!@増沢池-その1-

今日は増沢で前回の憂さを晴らすぞ。トロロの底釣りを正規の水量で作れば何とかなるに違いない。そして後半の宙では「宙バラ」は使わず天々メインでやってみよう。とか考えながら駐車場に着くと、あっ、Oさんの車ハケーン!遠く階段のそばにはKさんの車も。早速荷物を降ろしてかつてのいつもの場所方面に向かうと、おおっ、空いていた。で、荷物を降ろして奥に向かう。途中前回と同じ人が柳の木の奥で今日も竿を曲げている。前回は挨拶が通じなかったが、今日も懲りずに挨拶すれば、今日は返してくれました。それから塩ビ管近くまで行って、深場ワンドにいるOさんと対面定位置のKさんに挨拶。そして釣り座に戻り、さあ準備しよう。今日は最初の写真を撮り忘れたので、いきなりへらの写真が出て来ますが、ノー・プロブレムと言う事でヨロシク。さて、竿はちょっと迷ったが前回と同じ方がいいだろうと9尺。餌はもちろん前回と同じトロロの底釣り+夏を間違えずに作る。ゲッ、風・波が出て来た。で、底取りを丁寧にやって開始は8時40分。すると、3投目からウキに動きが。ほらほら、餌をちゃんと作ればこんなものですよ。しかぁ~し、ウキは馴染むとすぐに返すのだが、その後Dscf0747がない。多分餌は底から離れているのだろう、餌落ちの下まで見えるぞ。そこからスッとでもあたればいいのだが、ない。そして無理矢理合わせてしまえばスレバラシでガクガクッ。9時を過ぎてようやくあたりに合いました?しかぁ~し、スレでガクガクッ×ガクガクッ。更にDscf0748しばらくして次のあたりでもスレでガクガクッ×ガクガクッ×・・・。しかも、何度となくあたりらしきウキの動きを見過ごしたりカラを打ったりしていたら、2時間くらい持つように作った筈の餌がなくなりそうだ。9時半を過ぎ、やっと馴染んで返して(ここからがフワフワ)グッ!と入るあDscf0749たりで掛かりました!やっと釣れたよ・・・。しかぁ~し、その後は再びフワフワのみとなって9時49分に餌を打ち切ってしまった。1時間しか持たないって一体?結果、底では実釣1時間余で1匹。まさにトホホだ。このまま次をやってもおそらくダメだろうと、一旦奥に行って気分転Dscf0750換しよう。そうしよう、双子葉植物。ちょうどT林さんが来たところ。その奥にはO合さん。見ていると、最近は良くないと言いながら連続して竿を曲げたではないか。オイオイ、と釣り座に戻る。さあ、次は宙。まだ時間があるので最初はいつも通りカルネバ+マッハで行ってみよう。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

もうこれ以上はナシであって欲しい

今朝見たら、1匹が星になっていた。そしてもう1匹がゆらゆらしていて、片方のヒレが動いていない。
昨日は確か6匹いた筈なのに、今元気に見えるのは3匹だけ。もう1匹は何処に行った?
水槽の底を懸命に見つめるが、発見出来ず。多分水草の中に紛れているんだと思うが、ちょっと見つけるのは難しいかもしれない。
でも、星になった個体を放置するのは水質を悪化させてしまうので、ここは思い切って水草を抜こう。
すると、やはり出て来ました1匹。
弱っていた1匹もじきに動かなくなったので、これで残っているのは3匹になってしまった。これらはこの環境でやっていけそうな気がする(個人の思い込みです)。頼む、生きながらえてくれ!

と書いたのは朝の話。釣りから帰って来て恐る恐る水槽を見れば、おおっ、3匹が泳いでいるではないか。
これが生き延びてくれれば、次の購入もありだ。もし全滅ならちょっと考えなければならない。
 
ネットでも屋外で飼育する方が簡単で元気なメダカになると書かれているが・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

全てを終えた

水の温度合わせに30分、水質合わせ(点滴)には1時間をかけて終了。
さっきメダカを水槽に放した。
まだ何とも言えないが、1匹だけやけに元気がいい(暴れている)、あれだけやっても水が合わないからだろうか。
これからが勝負だ。頼むから今日中に星になるのだけは止めてくれ。頼む!
 
明日は気持ち良く釣行出来るか?それとも・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

決断はおそらく凶と出るだろう

このまま手を拱いていても埒が開かないので、思い切ってフィルターを底面オンリーに切り替える事にした。
メダカにかなりの負荷が掛かる事になるのは承知の上、まずはメダカさんをプラ水槽に隔離、
それからフィルター(今は底面フィルターから水を外掛けフィルターのポンプで吸い上げている)を底面オンリーにする。
それから底面フィルターの出口を外掛けフィルターの取り入れ口に繋ぐ。簡単に言うと、底面フィルターと外掛けフィルターの間のポンプを取り外すと言う事。
つまり、エアを使って水を持ち上げ、それを外掛けフィルターに落として物理ろ過をする。以前は何とかの法則で巧くいかなかったのを、ちょっとした工夫で何とかなった。が、水量があまりにも少ないので、これで大丈夫なのだろうか。とりあえず24時間フル稼働で行ってみる。
二股の栓を使ってエアレーションと兼用でやろうと思ったのは失敗。どちらか1つでないと空気の力が不足して稼働しないのだ。
今は水合わせで水温を揃えているのだが、それまでにプラ水槽の中で1匹が星になってしまった。
この後点滴をするのだが、成功するという気持ちはゼロパーセントに近い。
メダカさん、御免。
 
私のメダカライフは振り出しに戻るか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

やや収まって来た感じだったが

昨日からドキドキハラハラの時間を過ごしていたが、今朝は脱落するものがいなかったので、まずはホッ。
餌をやった後にみずきんに行って相談するが、最初は水が合わない事が多くて星になってしまうものがかなりあると言う。
もう少し様子を見たらと言われたが、様子を見ている間に全滅しそうな気がしてならない。
そしてさっき水槽を見たら、1匹がよろよろと泳ぐではなく(エアレーションのごく弱い水流に)流されていた。
またも星になるメダカが出てしまった。
今日は思い切ってフィルターを底面オンリーにしようと思っていたのだが、触らない方がいいのかもしれない。
どうしよう、このままだとろ過をしないままになってしまう。
 
思い切ってやればいい結果を生むか?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

もう書くのも辛いが

ろ過に加えエアレーションまで止めて様子を見ていたが、今水槽を見ると、1匹が底に沈んでいた。
これでほぼ半数が星になった事になる。もう1匹星になりそうな気配もある。
どうやらこれは止まらない。残念だが私のメダカライフは早くも失敗となってしまいそうだ。
このままの状況で再び購入しても、お店にいれば元気で過ごせたのを私が買ったばかりに寿命を縮めたと言う事になるのは目に見えている。
果たして水が悪いのか、それともろ過やエアレーションのせいなのか。
これからみずきんに行ってこよう。
 
行って気が付いたが、今日は定休日だった・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

連鎖は続く・・・

ザわさんのところから帰ってしばらくして、水槽を見たらまたも1匹が・・・。
そして2匹が水流のない隅で大人しくしているのも見える。体力的に弱いものから次々と死んでいくのかと思うと、まだこんな辛い事を見せられるのかと憂鬱を通り越して、どうしていいのか分からない。
みずきんに行って対策を訊いて来ようかな。
 
・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

ザわさんに教わったこと

今日は通院後に屋外でメダカを飼育しているザわさんのところへ見学?に行って来た。
60cm水槽は苔むしていて何が何匹入っているか分からないが、時折ガラスの近くに寄って来るメダカを見る事が出来た。
もう1つ、鉢にもメダカ。これらの水換えは豪快に水道水をザバッと。それでも皆元気に生きている。
そしてプラスチックの小さな水槽には「針子」と呼ばれる稚魚がうようよ泳いでいる。
鉢に入れてある棕櫚(しゅろ)の皮に付いた卵を外してプラスチック水槽に入れておくだけで、こんなに多くの稚魚が生まれるんだ。
屋外と室内での大きな違いにビックリしつつ、エアレーションやろ過について考えさせられた。
いわゆるカルチャーショックって奴ですね。
 
ホント、勉強になったぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

また2匹が星になった

昨日の事がショックで、どうしたら良いか分からず、とりあえずろ過は止めてエアレーションだけにしておいた。
そして今朝、ろ過を始めようとしたら、1匹がゆらゆら漂っているのに気付く。
何が悪いのか分からないままに水槽から出したその後、底にもう1匹が横たわっているのにも気付いた。
こちらも水槽から取り出す。これで2日で3匹が星になってしまった。
この後どうすればいいのだろうか。
今はろ過は止めてエアレーションだけにしているが、これでいいのかはもちろん分からないまま。
 
ろ過の水流には耐えられないのでは、と止めているが・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

星になったメダカ

Img_20190527_170330恐れていた事が遂に起きてしまった。それはメダカの死。
帰宅してからメダカに餌をやり、しばらく見ていたら、1匹だけ動きがおかしい。水流に逆らっているようなのに、体が曲がるような泳ぎになっているのだ。何故急に?分からないが病気だとまずいので隔離したら、じきに動かなくなってしまった。
何だろう、水流に体力を奪われたのか。それとも水質が合わなかったのか。それとも・・・。
私のメダカライフは早くも1匹が星になってしまった。悲しくてやりきれない。
 
これに続くものがない事を祈るだけだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

やる気が吹っ飛んだ@増沢池-その2-

柳の木の奥は静かに帰った。その奥、咳払いから先はどうなっているのか不明。ちらっとO石さんが見えた。さて、あっという間に11時を過ぎ、「たな」を上下したりして状況の打開を図るが、難しい。時間だけが過ぎるお約束の展開に、いよいよ宙で凸を味わうのかと不安が増大。時間的には午前中のGTなのに、何故だ?が、しかぁ~し、よくよく見るとウキの馴染みが弱い気がして来たぞ。馴染んですぐに餌が落ちているのか?で、この餌には手を加えまいと思っていたのに、背に腹は代えられないと言う事で、練る。ペとぺととまでは行かないが、かなり粘って来た。それに手水を加えDscf0735Dscf0736て柔らかくし、ついでに「たな」もやや深めに。同時に2つの事をすると状況の変化が分からないとか、そんなの関係ねぇ~っ!するDscf0737と、何と言う事でしょう、これこそが午前中のGTなのか、11時半を過ぎると急にウキの動きが良くなって来たぞ。そして3匹をゲット!して12時のサイレンを迎える。午前中のGTさまさまでとにかく釣れて良かったぁ。やはり餌に手を掛けたのが良かったか(「たな」も関係あるかもDscf0738Dscf0739ね)。そして私の場合、大体GTは2匹で終わるのが常なのだが、今日はその後もポツポツとあたりに合い、12時から12時半までDscf0740Dscf0741に何と6匹をゲットすれば、第2目標及びトータルでの第3目標はもちろんの事、宙だけで第3目標にもリーチとなったではないか。まDscf0742Dscf0743さに時合だけの男の面目躍如だ。そろそろ餌がなくなるので、次をどうするか決めなければならないが、元々やる気は失せていたので、たまたま釣れただけで延長はしないぞ(時間的には余裕があるが)。で、餌を打ち切って終了としよう。そうしよう(以下同文)。そして餌が尽きた12時44分までにDscf0744Dscf07452匹を追加して終了。結果、宙では実釣2時間弱で11匹。最初の1時間は全くダメダメだったのに、不思議なもんだ。と、ここまで書いて来て大事な事を思い出した。それは、この中の放流1匹が目にスレてしていた事だ。しかぁ~し、それがどれかは失念したので、とりあえず宙では実釣2時間弱で10Dscf0746匹となる(それでいいのか?)。トータルでは実釣4時間強で15匹。良かったような悪かったような(元々底で云々と言っていたので)。片付け。Kさんも片付けているようだ。釣れたのかな?片付けを終え、車に戻る。暑くなって来たので、帰りはかなりしんどくなった。息を弾ませ(本当は息も絶え絶え)車に戻り、まだだった昼食。さあ帰ろう。メダカが気になって仕方ないし、ザわさんのところのメダカを見に行きたい気持ちもある(実際は明日以降)。さっさと家路に就いた。
 
明日はどうしようかな。通院後に考えよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

やる気が吹っ飛んだ@増沢池-その1-

今日はやる気満々で7時半頃に家を出る。予報と違いちょっと曇ってはいるが、その方が涼しいかも。駐車場にはまだ車は少ない。さあ、今日も柳の木の奥の奥に入って、底が本当にいいのか確認しよう。私のかつてのいつもの場所には誰もいない。ここでここに入っていれば良かったのに、とはいつものタラ・レバ。柳の木の奥には先客がいたので挨拶するが、こちらをチラッと見ただけ。一気に気分が悪くなったが、まあDscf0728そういう人もいるんだろうと納得してその奥に入る。塩ビ管から奥の整地された辺りにはまだ誰もいない。その奥にはあたりさわりグループからあたりさわりが抜けた2人組。あっ、対面階段下にKさんハケーン!さあ準備するかな。竿は9尺で、餌はトロロの底釣りベースで、夏を加えてみる。しかぁ~し、この時に大きな間違いをしたのだが、それに気付くのは9時を過ぎてから。底を取り、開始は8時28分。まずはウキの馴染み具合を確認しよう。あれっ、おかしいなぁ。馴染みが全く出ないぞ。やけに柔らかく出来上がってしまったので、マッハをパラDscf0729Dscf0730パラ加えて水気を抑えたつもり。そのまま数投していたら、いきなり「掛かってます!」で1匹目ゲット。???更にそのすぐ後には、餌を打って竿を竿掛けに置き、ちょっと下を向いたら穂先がグンと入り、慌てて合わせればこれまた「掛かってます!」。これでいいのか???と、ここで咳払いがやって来た。先週はいなかったのでここに入れたのだが、向こうも困ってしまい、塩ビ管の奥、O合さんが最近入るところに入ってしまった。これはマズイぞ。でも仕方ない、続行しよう。しかぁ~し、相変わらずウキの馴染みは出ないまま9時を過ぎてしまう。ウキが動けば合わせるので、鱗数枚ゲット。ここでようやく気が付いた。餌の水量を間違えて既定の倍加えていたのだった。まさにトホホ。どうりで幾らやってもウキが馴染まない訳だ。餌のタッチも全然違うのに、平気で付けて打っていた私って一体・・・。O合さんがやって来て、整地された辺りの深場側に入った。さて、自己嫌悪でDscf0731やる気がガクっと落ち、何かして気分を一新しないとどうしようもない。で、たまたま開始1時間ほどで3匹目をゲットしたのを機に場所を移動。かつてのいつもの場所でやろう。4往復くらいして移動し、底取りからやり直す。そして餌には再度夏を加えてボソボソにする。そして再開すると、2投目からウキが動いた。が、あたりにはならず。そしてここでもあたりらしきDscf0732ウキの動きに合わせると鱗。へらよ御免!10時を過ぎ、やっと1匹ゲットして、形の上では第2目標にリーチ(本当はこんな数ではない筈なのに・・・)。しかぁ~し、あたらず、またあたっても鱗数回。もうダメだ、メンタルがいかれた。さっさと餌を打ち切って底は終わろう。するDscf0733と、ラス前にズルッとウキが入って、しまった「終わりスレ」かと思ったら、口に入っていてセーフ。最後の一投では特に何もなく10時38分に無念の終了?結果、場所移動を差し引いた実釣2時間で5匹。こんなことをするために来たのではない!が、仕方ない。次の準備をしよDscf0734う。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は宙バラとカルネバを2:2に水1。いつもより粘りそうな餌にして、練り込みを止める。それからトイレタイム。「たな」は前回のままで再開は10時49分だ。指先でコネコネするだけで餌が持つので、どんどん打っていくと、じきにウキに動きが。しかぁ~し、合わせても合わせても掛からず、じっと手を見る・・・。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

メダカライフはもう少しかかりそう

Img_20190526_180836やはりエアの力は凄かった。
何とか吐出量を調整出来ないかとジャンボエンチョーに行ってみると、こんなものがあったので、早速購入して来た。
ついでに餌のところを見たら、ゲゲッ、みずきんで買ったのと同じ餌が2割くらい安くなっている。失敗したかぁ・・・と思ったが、メダカのおまけで帳消しとする事にした。
エアチューブの途中に挿して、真ん中のバルブでエア吐出量を抑えてみると、これならメダカも安心して泳げそうだ。実際水槽の真ん中くらいに集まって来た(個人の感想です)。
ポンプが熱くなるかと思ったが、今のところ問題なし。
これで酸素量が足りなくなるとかは、しばらく様子を見るしかない。
 
メダカを見始めると、ずっと見ていられる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

メダカライフへの道-完結編?-

Img_20190526_124323遂にメダカ投入!写真は少し見難いかもしれない。
ちょっとサイズが小さいのか、思っていたより寂し気な感じになったが、とにもかくにもこれで私のメダカライフへの道は完結した。か?
ろ過とエアレーションによる水流にメダカが負けているような気がしてならない。こんなもので良かったのかな。
夜にはろ過かエアレーション、または両方を止める必要があるのかもしれない。
しばらく様子見だが、まさか明日になったら全滅!ってな事にはならないだろうな。
心配で心配で仕方ない。トホホ・・・。
 
明日は釣行せずに見守っている方がいいかも?
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

メダカライフへの道-その8-

Img_20190526_120952只今「点滴」の真っ最中。100均で買った昆虫用の容器を流用。
これが済んで晴れて我が家の住人となるのだ。
どんな具合かと思っていたら、水槽の水の方にメダカが寄ってきている。何だかホッとした。
もう少しで水を入れ替える事が出来るので、いよいよ水槽に投入までカウントダウンだ。
 
まだ少し怖い。子供の頃は気にもしなかった小動物の命
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

メダカライフへの道-その7-

Img_20190526_115011生体購入!
みずきん葵店でメダカを購入して来た。ついでにお勧めの餌も。
今は「水合わせ」中。水温を水槽と合わせているところ。
この後、水を少しずつ水槽のものと入れ替える(「点滴」というらしい)作業を経て、水槽へと投入される。
みずきんでは10匹購入したのだが、間違って多く入ってしまったのはそのままサービスだそうだ。
さあ、緊張の瞬間が近づいている。
 
顛末は次の記事で
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

メダカライフへの道-その6-

Img_20190525_160331やっとそれなりの環境が出来上がりつつある。水草を植え、エアーポンプも設置して「飼育水」とやらの安定化の最中。
そろそろメダカを買って来てもいいかな。
その前に試験紙でph以外にも調べる必要があるかな。
わくわくよりも不安が先立つ。
水はエアーポンプ導入でバクテリアの活動が活発になったのか、かなり綺麗になった気がする。
明日くらいにお店に行って来ようかな。
 
まだ待った方がいいのかな。分からない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

3連荘で何か変わった事はあったのか?@増沢池-その2-

まずは後半の目標設定。少なくとも3匹は釣ってトータルでの第3目標を目指す。続いて後半だけでの第2目標、更には後半だけでの第3目標とトータルでの20。午前の部からではちょっと難しそうだ。当然ながらウキの馴染み具合を見つつ餌打ちを続けると、予想通りそんなに揉まなくてもウキは馴染むので、まずはホッ。そのまましばDscf0715らく餌を打つと、何かしら来たような感じがして来た。そして開始10分ほどであたりを見、そして掛かりました!1匹目ゲットだ。サイズもグー。今日はサイズが久し振りに地べら主体となった。この調子が続けば良いが、そんなに甘くない(by O合さん)のは百も承知。ここで対面Kさんが終Dscf0716Dscf0717了。早上がりは十分釣ったからかもしれない。お疲れさまでした。さて、これでO合さんに少しくらい近付いたかと思いきや、あっという間に突き離されDscf0718Dscf0719る。それくらいO合さんの今日はグー・グ・グーなのだ。しかぁ~し、私の方も午後のGTを先取りするかのように、12時半過ぎに4匹を追加。最初と2つ目のミッションは楽々クリアだ。これは素晴らしい。ただ、O合さんには決して追い付けない。1時過ぎにT林さんが終了。何か用事があるので早めに来たんだね。お疲れさまでした。さて、ここまで好調に推移して来たように思えたが、やはりカラはかなりあって(あたりでないのに手を出しているとも言える)、更に掛かったかと思えばバラシ。Dscf0720Dscf0721と、ここで「掛かってます!」が出たが、これが今日一番のサイズ。おそらく40cm近くはありそうだ。嬉しいような恥ずかしいような(でもカウントですが、何か)。すると、次はあたりに合わせたが、手応えがないので一旦竿を置いたところ、竿先がグンと曲がって7匹目。何だろう、これは。しかぁ~し、口のほぼ右横に掛かった鈎が固いところに食い込んで外れず、結局ハリス切れでモタモタしているうちDscf0722Dscf0723に、またもO合さんが差を付ける。厳しい~っ!ただ、個人的には自分に課したミッションの3つ目、午後だけで第3目標が気になるところ。1時半を過Dscf0724ぎてポツポツと2匹をゲットすれば、やったとうとうミッションクリアまであと1匹。すると、午後のGTでもあるまいし、何故かあたりに合って嬉しやミッションクリアだ。さあ、次はトータルでの20。これまでの状況から推し量れば、これは出来そうな気がするぅ~♪そして2時過ぎにポツポツとDscf0725Dscf07262匹を追加(うち1匹は「掛かってます!」アゲイン。どちらかは忘れた。トホホ・・・。)すれば、さああともう1匹だ。しかぁ~し、餌がないのは元よりあたりそのものも少なくなって残念最終ミッションはクリア出来ないまま2時17分に餌を打ち切ってしまった。クーッ、残念だなぁ。で、昨日もやったように空鈎で打ってみると、Dscf0727弱くではあるがあたった!が、掛からず。しかぁ~し、あまり空鈎を続けるとさすがに恥ずかしいので、ここは結果に満足して終了だ。結果、午後の部では実釣2時間で12匹。トータルでは実釣3時間45分強で19匹。昨日一昨日よりは釣れたが、それは宙をやったから?いやそんな事はない、隣のO合さんを見よ!次回はもし同じ場所に入れたら、底から入って宙をやって比較しよう。時間があればトロ掛けにもトライだ。O合さんは既に終了し、片付けを終えて帰った。お疲れさまでした。私も片付けを終え、深場の皆さんとかつてのいつもの場所の先客に挨拶して車に戻る。随分久し振りの3連荘強行でさすがに疲れたので、明日は家の用事でもしよう。そうしよう(以下同文)。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
私も両ダンゴの勉強中だが、それより宙バラを使い切る方が優先とは?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

3連荘で何か変わった事はあったのか?@増沢池-その1-

さすがに3連荘はしんどいが、通院後に増沢へゴー!今日はかなり暑くなりそうだ。しかぁ~し、分かっていながらモクレン通りの工事渋滞にはまってしまい、到着が遅れる。O合さんの車はあったが、あれれT林さんの車もあるぞ。やけに早いなぁ。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、私のかつてのいつもの場所には昨日と同じ先客。仕方Dscf0706なく柳の木の奥方面に向かうと、O合さんが昨日と同じ塩ビ管横。そこからかなり離れた整地された辺りにはT林さん。お二人ともまだ結果が出ていないとの事。対面階段下にはKさんがいたが、挨拶しても聞こえないようだ。それでは私は昨日と同じ場所に入ろう。ここはずっと日陰で風も通るので、気持ちよく釣りが出来るのがいいところ。さて、今日は遅くなったので底は止めて宙から入ろう。竿は9尺、餌は宙バラ・カルネバ・マッハ。宙バラはなかなか減らないので、釣れても釣れなくてもこの餌はしばらく続きそうだ。先に押し練りをかなり繰り返す。そして「たな」は前回の浅めのままで開始は10時19分。予定ではこの餌で12時過ぎまでやり、後半はトロ掛けを2時間程度やれば2時半には終われそう。しかぁ~し、予想通りウキの馴染みが出ないので、更に練り込む。こんな餌はカラツンにしかならないと思いながらも、とりあえずウキを馴染ませないと。あっ、O合さんが竿を曲げた。スンバラシイ。O合さんはその後もポツポツと竿を曲げ続け、私にかなりのプレッシャーが掛かる。しまったぁ、今日も底から入るべきだったか。ただし、私が底をやってもO合さんのように釣れるかは分かりません(当たり前)。とにかく餌を打ち続けても、ウキは弱く動き出してもあたりにはならず。何だか昨日と同じ展開なのか。1回だけウキが斜めにズルッと入ったので合わせたものの、スレなのかバラシ。あっという間に11時。その間O合さんは竿を曲げ続ける。裏山の鹿がゾロゾロ。このままやっていても埒が開かないので、思い切って「たな」を深くする。と、ここで時刻通りO合さんはトイレタイム。すると、何と言う事でしょう、O合さんが不在になったその時からウキDscf0707Dscf0708があたりを出し始めたではないか。そしてO合さんが帰って来るまでに2匹をゲット。そしてO合さんが帰って来てじきに3匹目。まだとても追いつける感Dscf0709Dscf0710じではないが、とりあえず凸はなくなったので、それは嬉しいゾ。すると、まさかの午前中のGTなのか、その後もあたりは出るようになる。もちろんほぼDscf0711カラですが、何か。それでも4匹目をゲットしたところで、トイレタイムだったKさんがこちらにやって来た。どうかねと訊かれたその時にあたり!そして掛かりました。5匹目ゲットだ。う、嬉しいゾ~ッ。しかぁ~し、まだO合さんの半分程度。Kさんは今日も両ダンゴの勉強中と言っているが、既に15,6匹をゲットしたようだ。でも餌のタッチが思うようになっていないと言う。恐れ入りました。Kさんは戻り、私もラストスパートを掛けたいところだが、11時半を過Dscf0712Dscf0713ぎると午前中のGTは何処かに行ってしまったようで、ポツポツと2匹をゲットしたところで12時のサイレン。そして12時3分に餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣1時間45分強で7匹。個人的にはまあまあの結果でも、「つ」抜けDscf0714を達成しているO合さんに比べればまだまだだ。とりあえず私もトイレタイムとしよう。深場の遠くにはO石さんの姿が見える。トイレから帰り、昼食。それから次は「トロ掛け」にする予定だったのだが、風が出ているので急遽両ダンゴで続行に変更だ。竿・ウキ・仕掛け・「たな」は変えずにカルネバ・マッハを作る。これだけなら練らずに済むから。そして再開は12時17分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

場所を変えても結果は変わらない?@増沢池-その2-

まずはウキの馴染み具合を見ながら餌打ち。すると、やはり馴染みがよくない。で、更に練り込む。こんな事をやっていると、他の餌の時にカラツンのオンパレードになりそうだ。それにウキの視認性が折からの風・波で見難い。O石さんからもウキが見えDscf0697ないとの声。それでも私の方は急にウキがモヤモヤし始めたかと思ったらウキが水中にあるのが分かり、合わせたら「掛かってます!」で1匹目ゲット。まだ開始10分経っていない。Kさんも好調のようだし、宙は行けそうな気がするぅ~♪しかぁ~し、その後はウキのモヤモヤDscf0698はあってもあたりにならず12時のサイレン。ひょっとして昨日の推移をなぞるのか。でもウキは動いていて、その後しばらくして2匹目ゲット。う~ん、どうでしょうか。O合さんなら「たまたまだあ。運が良かっただけ」と言われそう。と言うのは、それからウキの動きはモヤモヤだけ。しDscf0699ばらく我慢の餌打ちが続く。そして3匹目が出たのは12時半を過ぎてから。これも偶然かもね。どうもパッとしない感じが続いている。ただ、昨日と同様に単独での第2目標、同時にトータルでの第3目標をクリアしたい(昨日は出来なかったけど)。すると、1時近くになってあたりにDscf0700合い、やった4匹目ゲットかと思いきや、残念これまたスレでガクガクッ×ガクガクッ。最早これまでか。しかぁ~し、1時になってKさんが終了。すると、そこにいたへらが廻って来たのか、急にウキの動きが良くなる。まだ午後のGTには早いので、きっとそうだ。そうに違いないDscf0701Dscf0702(やけに強調)。10分もしないうちにズバッ!ズバッ!と3匹をゲット出来たのは想定外。これまたミッションをクリアしてしまっDscf0703た。さあどんどん行こうと言いたいところだが、その後はまたも通常運転となってウキの動きが悪くなる。Kさんは帰り、私も今日はミッションクリアで残業はしません。で、1時30分に餌を打ち終えて終了。結果、宙では実釣1時間50分強で6匹。と、ここでちょっと空鈎で打ってみたDscf0704いと言うスケベ心がモクモクと現れてきて、試しに打ってみたら、あら嬉しやウキが消し込んで1匹追加だ。もちろん結果に加えますが、何か。宙では実釣1時間50分強で7匹。底と併せれば実釣3時間20分強で12匹。昨日よりは良かったし、何より残業しなくて済んだのが一番Dscf0705嬉しいぞ。片付け。私の左、整地された辺りのへら師は誰一人帰っていない。O石さんO合さんも午後になってそれぞれ竿を曲げている。今日は悪い悪いと思っていながら、実は皆さん釣れてるんですね。私も数については昨日を超えたので満足しなければ。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。連荘は結構しんどい。これが老化というものだろうか。さあ、今日は久し振りにベイシア詣でと行こうか。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を離れた。
 
明日はどうかな?行けるかな?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

場所を変えても結果は変わらない?@増沢池-その1-

今日は特に釣行の予定はなかったのだが、あまりの好天に家でゴロゴロしているのが勿体なくなって、少し遅れたがゴー!途中でモクレン通りの工事を思い出したので、テクノロードから増沢へと向かった。既に9時を過ぎているので、O合さんの車はDscf0689ある。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、私のかつてのいつもの場所には先客!それに柳の木の奥にはKさんが。今日は7時半頃からやっているらしく、両ダンゴの宙の勉強中。さて何処に入ろうか。旧爆釣ポイントは今日はパスしよう。それなら塩ビ管付近から整地された辺りの何処Dscf0688かだ。と、ここで奥の方から声が。O合さんでした。塩ビ管の奥で準備中。竿は11尺を出すらしい。それでは私はO合さんとKさんの間に入ろう。と言っても、ここはあの忌まわしい事故のまさに現場なのだ。それでちょっと躊躇ったものの、まさか今日も起きる事はないだろうとそこに陣取る。さあ準備だ。今日は昨日より暑くて風も弱い。が、私が入った場所は風通しがいいのかそんなに暑さを感じない。しかもここは底がいいらしいので、ならば9尺でやってみよう。もちろん底ですよ底。餌はいつもの夏・冬・マッハをいつもより多めに作る。しかぁ~し、ここは結構急な「かけ下がり」になっているようで、底取りに難儀。根掛かりも出てしまい、大丈夫かと思いながら開始は9時48分。私より早く始めたO合さんはすぐに竿を曲げた。が、残念スレ。でもじきに1匹目をゲット。裏山の鹿がゾロゾロ。Kさんも竿はよく曲がった。両ダンゴ、バッチリですね。私の方はどうにもウキが動かず、あっと言う間に10時。大体底を2時間宙を2時間で終了は2時くらいに設定してあるが、釣れなければ昨日のように残業もありうる。と、何故かあたりもないのにスレてしまう。今日はあたりそのものも分り辛い上に、スレバラシが頻発した。10時半頃、O合さんが一Dscf0690Dscf0691段落してトイレタイム。私はその間になんとか1匹をとウキを見つめれば、何と連荘で2匹をゲットだ。これは嬉しいがあたりが腐っている。寄り過ぎ?なのかそれとも底の形状によるものなのか?しかぁ~し、O合さんがDscf0692帰って来てじきに、今度は馴染んで返してチクッ!の抜群のあたりで3匹目をゲット。これこれ、これですよ。さあこのまま釣り続け!しかぁ~し、何故かウキの動きが・・・。しばらくあたりのない時間を過ごす。が、11時になろうとするまさにその時、あたりが出てこれに合いましDscf0693Dscf0694た!やったサイズもグーだぞ。しかぁ~し、痛恨のスレでガクガクッ。開始1時間を過ぎている。と、ここで私に奇跡が。ウキにトンボが止まったので追い払おうとしたその時にウキが入ったではないか!当然の如く合わせれば、やった4匹目ゲットだ。よし、こうなったら第2目標クリアを目指すぞ。あれっ、おかしいなぁ。今日は余計に餌を作ったつもりなのに、餌がほとんどないぞ。少し大きめに付けてしまったのか、それともあまりにもカラやバラシが多かったのか?そしDscf0695てついに最後の一投。頼む、なんとか釣って第2目標くらいは達成したい。すると、ズルッとウキが入れば嬉しや「終わりべら」ゲットだ。時刻は11時17分。結果、底では実釣1時間半で5匹。さあ、次は宙だ。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はいつもの宙バラ主体。Dscf0696それにしてもこの餌、なかなかなくならないぞ。ミッションは一時中止とすべきではないか。とは言え、餌に水を加えてかき混ぜたままでトイレタイム。それから早めの昼食を摂り、いつも通り餌を練り込んで行く。これが中途半端ではウキが馴染まないのだ。そして再開は11時38分。O石さんがやって来て、O合さんの隣に入った。そうそう、O合さんと言えば、後半急に竿を曲げる時があって、ダブルを含め4匹をポンポンとゲットしたのには驚いた。スンバラシイですね。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

豪雨の後の泥濁りでは釣れるのか?@増沢池-その2-

さあ、底ではそこそこウキが動いたものの、宙ではどうだろうか。隣のKさんは宙から底へと移動してあたりを出した。まるで私の「ナンチャッテ」のようだ。そしてあたりが出始めた。そうなるとダンゴで宙は厳しいかもしれない。餌打ちを始めると、思ったよりウキの馴染みが出ないので、更に餌を練り込む。そして何とか馴染みを出すが、折からの風・波と日陰特有のウキの見難さで小さなあたりは取れないのを覚悟しての餌打ちが続く。何かしらウキが動いているような気がしてならないのだが、残念あたりDscf0682と思えるような感じではない。しかぁ~し、開始30分ほどで、モヤモヤからウキが入ったように見えて合わせると、やった掛かりました!これは嬉しい。こうなると宙でも第2目標を達成して、トータルでの第3目標をクリアしよう。そうしよう・・・。しかぁ~し、確かにへらは寄って来たようだが、それに伴ってまたもウキの馴染みが悪くなってしまう。でもこれ以上餌を練り込むのは何となく気が引ける。指でコネコネするくらいで対応だ。Kさんは再び宙に戻している。さて、11時を過ぎてもウキは動くのだが、一向にあたりにならず。で、次は「たな」を浅めにすると再びウキに動きが。ただ、こちらもあたりにはならず。出来れば深い「たな」も調べたいのだが、餌を持たせる事が出来ないので断念し、「たな」を元の位置に戻して最後の勝負?しかぁ~し、状況は一向に好転せず、時間だけが過ぎるお約束の展開。その間あたりをみる事が出来ず、まさにダメな両ダンゴを地で行く感じだ。餌に何かを足したりする事は省資源釣法が許さないので、だましだましでDscf0683餌打ちを続けるうちに、12時のサイレンを聞く羽目になってしまった。そして最後の一投も叶わず12時14分に無念の終了。結果、宙では実釣2時間弱で1匹。最近お目に掛かったことがない事がない貧果だ。こうなると、もう1匹は釣らないと帰れまテン!と言う事でプチ残業だ。餌はカルネバ・マッハを1時間分作る。そして昼食後の12時20分に再開。おおっ、さすがに餌の持ちはいいようだ。そしてウキも動き出した。ただ、雰囲気は宙バラ主体の時とそんなに変わらない感じで、とりあえず1匹釣れれば終わってもいいと決める。すると、12時Dscf0684半を過ぎてウキが小さく入るのに合わせたら、やった掛かりました!例えそれが放流であってもミッションクリア!もう終わってもいいが、人間の欲望には限りがない。もう1匹、いや3匹は釣ってトータルでの第3目標に到達しようとミッションを上方修正。しかぁ~し、気持ちは逸っても実情は厳しい。で、「たな」を上げてみるとウキの動きが悪くなったので、今度Dscf0685は深くしてみる。すると、じきにあたり!そして2匹目ゲットだ。と、それからしばらくしてKさんが竿を曲げる。聞くと、私を真似して浅い「たな」でやっていたが、私が深くして1匹出したので深くしたらあたったと言うではないか。そういうもんなんだね。しかぁ~し、その後はウキは動いてもあたりにならず。もうダメなんだろうか。1時を過ぎた。そろそろ餌が尽きる。2匹も出たので十分では?いや、まだギヴ・アップはしないぞ。往生際が悪いのが私なのだDscf0686から(そうだったのか?)。すると、それが功を奏したのか3匹目をゲット!ますますミッションクリアへの期待が高まったが、残念それ以上は無理で1時24分に餌が尽きてしまった。結果、午後の部では実釣1時間で3匹。宙のトータルでは実釣3時間!で4匹。トータルでは実Dscf0687釣4時間半で9匹だ。前回前々回とは全く違う状況。餌を食わないのは当然としても、T林さんが雨でへらが落ちてしまい、あたりが出なくなっていると言っていたのは間違いではなかったのかもしれない。片付け。Kさんもほぼ同時に終了。柳の木の奥は午前中に静かに帰った。竿は曲がっていた。片付けを終え、Kさんに挨拶して車に戻る。まだ十分早いので、帰りにカインズに寄って水草でも見て行こうかな。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は多分行きません
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

豪雨の後の泥濁りでは釣れるのか?@増沢池-その1-

今日は快晴で風も弱いとの予報。で、いつもより早起きして出掛けました増沢。しかぁ~し、時間帯が良くなかった。それは通勤ラッシュ。おまけにモクレン通りは何やら工事中。がっつり時間をロスしてしまい、駐車場に着いたのは8時近く。しかも不定期便まで発生してしまっては、8時開始など夢のまた夢。急いで荷物を降ろして池に向かDscf0672うと、私のかつてのいつもの場所からは、へら師の姿は見えない。チラッと深場整地された辺りに2、3人か。一昨日夜からの豪雨で水位は戻ったようだが、水は泥色。さあ準備するとするか。足元には水が流れ込んでいるが、これが底にどう影響するのか知りたいので、まずは底から入ろう。竿は9尺、餌はいつものダンゴ。あれっ、凪いでいた湖面が波立って来たぞ。ただ、ウキの視認性は確保されているので、ささっと底を取っての開始は8時31分。いつもながら開始時はドキドキするなぁ。すると、3投目でウキが返した!状況は先週と変わっていないか?Kさんが橋の上から話し掛けてきて、その後私の隣旧爆釣ポイントに入った。その奥、柳の木の奥には1人入っている。さて、1回返した後は何故かシーン状態に。しかも、ちょっと下を向いたその時にあたり!しかぁ~し、当然ながら合わせられない。あっという間に9時。先週と同じなんてとんでもない、それより凸の雰囲気が漂って来たぞ。O合さんが顔を出し、塩ビ管横に入った様子。と。ここで弱く返したウキにらしき動き!やったと合わせるが、いわゆる「かじり」なのかすぐにバラシた。クーDscf0673ッ。いよいよ凸が現実味を帯びて来たか。しかぁ~し、それからしばらくして、今度こそのあたりでようやく1匹目は放流でも文句は言いません。ホント、気が楽になったぁ。Kさんは今日は「トロ掛け」でやると打ち始めるが、しばらくして何故か「トロ掛け」の仕掛けのまま底になっている。そして1投目であたったがカラ。対面には月曜に来る2人組がいつもの場所に入っている。看板横には1人で、結構竿が曲がっていた。さて、ウキの動きは少しずDscf0674Dscf0675つ上向いて来た感じだが、その後9時半までに連続してスレ!1匹目はデカいマブナが腹に擦れた。これは寄せるのに一苦労。疲れた。すると、次はへらだったものの、残念目にスレでガクガクッ。まさか今日は底で1匹?今まで2桁楽勝だったのに、そんな時代はとうに終わっているのか。しかぁ~し、Dscf0676Dscf0677午前中のGTとかそんなの関係ねぇ~っ!とばかりにウキが動き出し、ポツポツと3匹をゲットすれば、最初の頃には思いもよらなDscf0678Dscf0679かった第2目標にリーチ!餌が残り少ないので、何とか早めに達成したいところ。しかぁ~し、しかぁ~し、次のあたりでも鼻?にスレてしまっては万事休す。スレが多いのは餌を食う気がない(いわゆる「真空」って奴ですね)のだろうか。遂に10時。まだ1時間半しか経っていないのに、かなりクタクDscf0680タだ。そして最後の一投。頼む、なんとかもう1匹。すると、何と言う事でしょう、ウキがズルッと入れば嬉しや「終わりべら(上がりべらから改名)」ゲットだ。そして第2目標もクリア。たとえそれが放流であっても文句は言いません。言いませんが・・・。時刻は10時4分。結果、底Dscf0681では実釣1時間半で5匹。数は少ないが、逆に釣りを堪能したと言うのは、決して何処かの国のような精神勝利ではありません。さあ、次は宙。このままなら12時には終われそうだ。かつてのような「早く来て早く帰る」を実践して暑さを凌ごう。まずは宙のための宙バラ・カルネバ・マッハの餌を作っておく。それからトイレタイム。帰って来て、竿はそのままにウキと仕掛けを交換。それからいつも通り餌を押し練りして持つようにする。そして再開は10時19分。
 
TO BE CONTINUED !
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

メダカライフへの道-番外編-

Img_20190521_0002コトブキのセット水槽を買った際に付いて来たマンガ。
私程度にはぴったりの内容だ。
だが、これさえも焦るとすっ飛ばしてしまいそう。
しかぁ~し、何しろ物も言わず表情にも出ない生き物相手なのだから、とにかくメダカさんには快適に暮らして頂きたい。ただそれだけ。
このまま1週間くらいはポンプを稼働させて水質を安定させてからの導入が望ましい(と書いてある)ので、この先このテーマでの投稿は1週間はなくなってしまうが、ご承知頂きたい。

明日は行く!絶対に行くぞ
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

メダカライフへの道-その5-

Img_20190521_150905昨夜からの豪雨?でゴミ出しに難儀したものの、次第に雨が小降りになってきて、後にずらした通院も濡れずに行くことが出来た。まずはホッ。
帰りにダイソーに寄って小物を買い(メインはゴミの水切りネット)、午後になってようやく昨日の続き(と言っても最初から)を始めた。
底面フィルターと外掛けフィルターを合体させるのがポイント。高さをちょうどいい感じにするのに、なかなか思うように行かずイライラしたが、それでも写真まで漕ぎ着ける事となった。ゴミの水切りネットは底面フィルターに底石が入って目詰まりしないようにするため。サイズがちょうどでグー・グ・グー。
さあ、後は水が澄むのを待つだけだ。ようやく私のメダカライフも形になって来たか。

まだ生体を導入するのは早過ぎる?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (12)

2019年5月20日 (月)

メダカライフへの道-その4-

Img_20190520_194346やっとそれなりに動き出した私のメダカライフへの道。
しかぁ~し、一旦近付いたかと思ったのも束の間、まだ先は長そうだ。
まずは水を入れて漏れを確認。まあ大丈夫だろう。
続いて外掛けのフィルターを動かしてみる。意外と水の循環がありそうだ。メダカはこの水流に耐えられるか。
と言う事で、もう一つ選択肢が用意してあるのだ。それが底面フィルター。
しかぁ~し、これが沈まない。何だこれは・・・。ボックスタイプというのが良くないのかもね。
多分底石を乗せれば重しになって浮かないのかな。
更に試しに底面フィルターの出口を外掛けのフィルターに接続。その際にモーターは外してエアーポンプのみの力で循環するか試してみたが、なんとかの法則で水の勢いが出ない。まさにトホホ。
で、一旦水を抜いて考える事に。今日は疲れたのでもう寝ます。
そうそう、水槽の水量は35cmタイプでも意外に多くて20リットルくらいは入りそうだ。
それと、今日はそんなに作業をしなかったのに、かなり床を濡らしてしまった。これも良くないね。
更に湿気がかなりありそうな気がする。根本から考え直す必要があるかも。
 
もっと簡単な安価なやり方もあったのに・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

メダカライフへの道-その3-

Img_20190520_161855前の記事を載せてからしばらくして、荷物が届いた。
今日は午前中にジャンボエンチョーで買い物もして来たので、もうこれで買うものはないかな。やれやれだ。
さあ、これから私のメダカライフが始まる?いやいや水槽を立ち上げてからでないと、メダカにはお越しいただく訳にはいかない。
O合さんではないが、そんな簡単じゃないぞ。
 
昔なら適当な入れ物に適当に入れてよしとしていたが
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

メダカライフへの道-その2-

Img_20190520_152130水槽を入手してから数日経ったのに、一向に進まない私のメダカライフ。
たかがメダカ数匹を飼うために、あれこれと買い物ばかりが先行している。
写真のラックも今日ジャンボエンチョーで買ってきて組み立てたところ。
そろそろ水を入れて、漏れがないか調べる事にしよう。そうしよう(以下同文)。
 
明日は雨で竿は出せません
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

Bob Dylan/偉大なる復活

Bob-dylan急に欲しくなってOMNI7(旧7ネット)で購入。
20世紀に出たCD2枚組は3000円を超えていたが、何故か同じCDで1500円(税抜き)で買えるものがあったので、特に考える事なくポチっとな。
よくよく見れば、後から出た廉価版というものだった。でも、別に音が悪くなっている訳でもないのでノー・プロブレム。
思えばこのレコード(当時)を聴いていたのは今から40年以上も前の事。
この人がノーベル文学賞を貰うとは、当時誰が思っただろうか。
 
メダカライフは着々と進行中?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

まだ遠いメダカライフへの道

Img_20190517_183850遂に届いた第一陣。いやぁ、ここまで来るのにも一苦労。
ネットで散々調べたり、ブログ等で確認したり。とりあえず形になるものを先に買ってしまえば、後に引けなくなるから・・・。
まだ細かいものが足りないので、ボチボチ追加するつもり。
その前に水槽を置く場所を確保しなければならないので、季節外れの大掃除。早くもグッタリ。
私のメダカライフへの道はまだ遥か彼方だ。
 
情報ばかり頭に入れて頭でっかちになっているような気が・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

底と宙とで大違い@増沢池-その2-

さて、餌を打ち出したところまでは良かったのだが、これがウキの馴染みが出ない。前回はこれくらいの練り方で馴染んだ気がするのだが、馴染まないならと更に押し練り。こりゃぁカラツン万歳もやむを得ないか。どうにかウキが馴染むと、おっ、ウキに動きが出始めたぞ。ただ、あたりらしきウキの動きでは当然のようにカラ。まさにトホホDscf0661状態。とりあえず底では3匹釣ってトータルでの20を目指すつもりなのだが、この調子ではそれさえも難しいかも。11時半を過ぎ、やっと掛かったかと思えば、サイズはグーでも残念アッパーでガクガクッ。大体最初は掛かるもんなんだけどなぁ(個人の感想です)。しかぁ~し、それからしDscf0662Dscf0663ばらくして1匹目ゲットは地べら。何だかホッとした。ただ、最初の目標は相変わらず遠い感じが消えない。それでも12時のサイレンが鳴るまでにかろうDscf0664Dscf0665じて地べら。頼む、もう1匹(って、誰に?)。すると、12時を過ぎてサイズは放流に変わりつつあっても12時15分までに3匹をゲットすれば、嬉しやDscf0666最初の目標はクリア出来た。さあ、次の目標は単独での第2目標。欲を言えば8匹釣ってトータルでの25、いや13匹釣ってトータルで前回並みの30を目指すか?まさかそんな高いところに目標を設定するとは、強欲も限りないところ。しかぁ~し、ウキの動きは次第になくなって行く。しDscf0667Dscf0668かも12時半を過ぎて掛かって来た2匹はいずれも放流。でも、これでトータル25にはリーチとなった。餌が残り少ないものの、1匹くらいは何とかなるかも。しかぁ~し、いいあたりだと思っても放流がバックオーライしてはどうしようもない(写真はなし)。遂に餌が終わる最後の一投。どうしようかな、釣れなかったらプチDscf0670残業でもしようかな。とか思っていたら、ウキがズバッ!と入ってやった「上がりべら」ゲットだ!これで残業はやらなくて済む?しかぁ~し、寄せる途中でやけに目が出ている事に気付いてしまった。そうです、目にスレてたんです。まさにガクガクッ×ガクガクッ。一瞬喜んだが、それも束の間。「上がりスレ」で残業の気持ちは完全に萎えてしまった。時刻は1時5分。結果、Dscf0671宙では実釣1時間50分余で7匹。トータルでは実釣3時間半で24匹。グッタリして片付け。私とO合さんの間、旧爆釣ポイントには午後から1人入っている。まだ釣れてはいないようだ。片付けを終え、O合さん、それに隣に挨拶して車に戻る。すると、私の車の横にO石さんの車が停まっている。来たんだね。さあ、これからカインズホームに行って、観賞魚関連のものがどれくらいあるのか見てこよう。さっさと池を離れた。
 
明日は用事で竿を出せそうにない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

底と宙とで大違い@増沢池-その1-

今日は何処へ行くか本当に迷ったものの、気が付けば自然と増沢へ(オイオイ)。しかぁ~し、途中で腹の具合が(またか?)。駐車場に着くや否や不定期便。すると、帰りにKさんに遭遇。今日も日向側に入るそうだ。私はかつてのいつもの場所に入るべDscf0642く、荷物を降ろして池に向かう。まだ減水は収まっていない。へら師はこちら日陰側深場整地された辺りに集中している。さあ準備しよう。今日はいつもと順番を変えて宙→底でやろうと思ったが、11時頃から風が強くなりそうなので、いつも通りに戻す。竿は9尺、餌はガラッと変えて「トロロの底釣り」+「冬」。準備中にO合さんがやって来て、昨日は深場に入ったが、今日は柳の木の奥に入ると言う。そして荷物を持ちに行った。私は前回折れたトップを交換したウキを使ってみて、調子が変わったか確認するつもり。しかぁ~し、風が出始めたのもあって底取りにもたつく。やっと開始は9時11分。うん、替えたトップなかなかいいじゃなDscf0643いか。これなら釣れそうだ(えっ?)。が、ウキの馴染みが思ったより少ないぞ。餌が軽いのかなぁ。それにウキはなかなか動き出さず。でもまだ微調はしません。すると、開始15分くらいであたり!そして1匹目ゲット。放流でも1匹は1匹。さあどんどん行こう(worn out expressions)。Dscf0644Dscf0645しかぁ~し、それからじきに2匹目、そして連荘で3匹目をゲットしたのだが、2匹目は何と「掛かってます!」。おかしいなぁ、ウキはちゃんと見てる筈Dscf0646Dscf0647なのに。まあいい、次だ次。すると、9時半以降もポツポツと3匹をゲットして第2目標を楽々クリア。この調子なら前回並みも視野に入りそうだ。しかDscf0648Dscf0649ぁ~し、次第にウキの動きが悪くなってバラシが顔を出して来た。7匹目は10時を過ぎてから。その間わずかに15分くらいなのに、随分間が空いたDscf0650Dscf0651気がしたのはそれまで毎回のようにウキが動いていたから。遅れて始めたO合さんも開始早々から竿を曲げているので、何処にもへらがいるんだとDscf0652Dscf0653分かる。さて、その後もカラやバラシにめげずにポツポツとあたりを拾い、10匹目は10時14分。ほぼ時間10匹のままで終われればグー・グ・グーDscf0654Dscf0655なのだが、果たして。それから10時半までに2匹を追加して、いよいよ前回並みが見えて来たぞ。そして10時半過ぎからも立て続けに3匹をゲットDscf0656Dscf0657して、あらら前回並みも楽勝だった(コラコラ)?しかぁ~し、私の欲が空回りしたのか、ウキの動きが悪くなってしまう(と言っても僅かの間なのだが)。餌がもうない、前回を超える事は不可能なのか?しかぁ~し、しかぁ~し、ラス前々とDscf0658Dscf0659ラス前に連荘で2匹をゲットすれば、嬉しや前回を超える結果となったぞ。そして最後の一投もカラで10時53分に餌を打ち終えて底は終了。私のアームがどうこうではなく、へらの食い気が相当だと言う事だろう。餌は付いていれば何Dscf0660でもいいのかもね。結果、底では実釣1時間40分で17匹。時間10匹をクリアしたぞ。嬉しかぁ。さあ、次は前回良かった宙だ。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は前回と同じ宙バラ2+カルネバ1+マッハ1に水1。軽く混ぜただけにしてトイレタイム。帰りにO合さんとすれ違った。11時だもんね。さあ、宙をやるぞ。と、その前にかなり早めの昼食。それから餌を押し練りして再開は11時13分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

あちこち廻ってみた

今日は用事で竿を出せなかったので、それではと合間を見て「沢の金魚屋」と「みずきん葵町店」を廻って来た。
その中で特に思い入れが強かったのが「沢の金魚屋」だ。
大昔、私が小学生の頃に遠足?かなにかで何回か行った記憶がうっすらある。
その時に、動物園でもないのにツキノワグマがいたのは強く覚えている。
それから時は経ち、今から40年くらい前にも何故か急に魚を飼いたくなって60cmくImg_20190515_133941らいの水槽と金魚を数匹買いに行った事もあったなぁ。あの水槽は今何処に・・・。
さて、記憶の中ではかなり大きな店だった筈なのに、着いてみるとあれっという感じになってしまった。
HPによるとマンション経営をしているようなので、敷地の一部を充てたのでは?と勝手な推測。
「みずきん」はメダカが入口付近に何種類も置いてあって、さすがのメダカ人気を感じさせた。
ついでにケーヨーD2とジャンボエンチョーにも寄って来たが、D2はほとんどないと言っていいくらいの品揃え。ジャンボエンチョーではかなりのスペースが割いてあった。まだカインズホームには行ってないので、明日増沢に行ったら帰りに寄ってくるとしよう。そうしよう、双子葉植物。
 
あれこれ迷っているうちが一番楽しいのかもしれない
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

ネタがない時には(オイオイ)

昨日は予報通りの雨。今日は晴れでも用事で竿は出せず。
で、ネタがない日にはこんな記事でも引用させてもらうとするか。
 
みずきの女子知韓宣言より:韓国人「日本軍慰安婦は6.25韓国軍慰安婦と本質的に同じ」「慰安婦問題が解決しない理由は『紛争の継続』を目的とする韓国人の精神文化のせい」
 
明日は行けると思うよ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

これからは早く来て早く帰って暑さを凌ぐ?@増沢池-その2-

釣り座に戻り、まずは早めの昼食(本当に早っ!)。それから餌に練りを加えて再開は10時58分だ。しかぁ~し、まだウキのなじみは出難いので、更に練り込む。これではカラツンさんこんにちは!とはならないか。一応開始10分頃から消し込みが出始Dscf0624めるが、最初はカラばかり。やはり餌の影響なのか。しかぁ~し、1匹目を開始20分で消し込みでゲットすると、まずは一安心。そうそう、目標を決めてなかったな。まずは5匹釣ってトータルで20。欲を言えば宙だけで第3目標にも達したいところ。このところこの餌で「つ」抜けなど見た事もないのだ。ウキの動きはまだなくならない。いつもなら途中で必ず穴が開く時間Dscf0625Dscf0626があるのに、今日は最後まで動き続けた。さて、11時半までに連荘でもう2匹ゲットすれば、最初の目標が見えて来たか。しかぁ~し、確かにあたりらしきウキの動きはあっても、最初から出ていたカラは元より、途中からはバラシがあDscf0627Dscf0628まりに多かった。そんな中、たまに掛かるを繰り返すだけの感じで、まさに時合(と言うか食い気)だけの男の面目躍如。「たな」も餌もハリス長(20Dscf0629Dscf0630cm+30cm)も変えずに11時半から12時のサイレンが鳴るまでに、ハリス切れ1回のトラブルがありながらも連荘を含め5匹をゲットすれば、最初のDscf0631目標はクリアして、宙だけでの第3目標まで見えて来たぞ。ただ、上空少し暗くなって来た感じで、まさかの雨があるかも。予報では浜松市北部(何処だ?)では雷注意報とやらが出ているので、雨があってもおかしくない。Kさんが終了してこちらに岡ジャミに来たのも雨を警戒しての事らDscf0632Dscf0633しい。さて、次第にあたりらしきウキの動きが減って来た感じになって穴が開いたかと思ったが、それでもポツポツと12時半までに3匹を追加すれDscf0634ば、やった宙だけで第3目標に届いたぞ。しかも放流から地べらに変わりつつあるような気も(もちろん個人の感想です)。さあ、次はトータルでの30を目指すのみ。おそらくそれ以上は望めないだろうから。O合さんは午前中のトイレタイムからパッとしなかったが、いつからか竿を曲げるようになり、「つ」抜けは確実な様子。その奥ではおそらくM上さんと思われる方が前Dscf0635Dscf0636回同様竿を曲げ続けている。今度近くで見させてもらおう。さて、いよいよ餌も残り少なくなって来たが、いつもと違って今日は経時変化など関係ねぇDscf0637~っ!とばかりにウキは動きあたりも出す。そして3匹を追加してトータルでの30にリーチとなった。が、目標達成の15匹目は何と「掛かってます!」のお粗末。でもカウントしますが、何か。そして連荘!で16匹目のおまけまで付いて来た。もう十分でしょう。そして最後の一投でも消しDscf0638Dscf0639込みが出たが、これは掛からず。時刻は12時57分。結果、宙では実釣2時間で16匹。最近にない好釣果で嬉しいの一語。そしてトータルでも実釣3時間40分で31匹。時間10匹には届かなかったし、やはり放流が多かったけれどDscf0640も、まあ満足でしょう。さっきまで暗かった空は明るくなっている。O合さんのところへ様子を見に行くと、トイレタイム以降には6匹釣って無事「つ」抜けを果たしたようだ。しかも地べら主体で。釣り座に戻り片付けを終え、O合さんに挨拶して車に戻る。ちょうどKさんが帰るところ。お疲れさまでした。さあ、これから散髪に行く。それからビッグ富士で買い物と、予定はビッシリ?さっさと荷物を積み、さっさと家路に就いた。
 
明日は通院後に上州屋でウキのトップを買わなければ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

これからは早く来て早く帰って暑さを凌ぐ?@増沢池-その1-

まだ5月だと言うのに、気温はどんどん上がっている。温暖化と関係あるのかは分からないが、日陰側でも暑くなるのは間違いない。で、これからは多少早めに来て早めに帰り、暑さを凌ぐのがベターかもしれない。と言う事で、今日は8時頃に家を出た。しかぁ~し、通勤の時間帯と重なって時間のロス。コンビニでKさんに会ったが、挨拶もそこそこに池を目指す。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、へら師は日向側には1人もおらず(後でKさん含め3人が入った)、日陰側も深場整地された辺りに数人。Dscf0607あっ、そんな事より重要なお知らせが。それは減水。私が今日入るかつてのいつもの場所は、岸辺がおおよそ60cmくらい前になっている。今日は9尺で底をやるつもりなのに、釣り台を前に出すと11尺と同じ事になる感じだ。それに頭上も太陽光を遮るものがなくなってしまい、厳しい環境に。でもやらなければ。傘は出しません。予定通り9尺の底から入るぞ。Kさんがやって来て、前述の通り対面階段下に入った。さて、ウキは11尺と同じものを採用し、餌もいつものダンゴ。何故か急に風・波が出て来てちょっと底取りに手間取ったものの、開始は8時53分。すると、第一投とほぼ同時にO合さんがやって来た。減水に驚いている。そして今日も柳の木の奥に入ると言って深場方面の先客の元に向かった。さあ、Dscf0608今日は一体どんな釣りになるのかな。と、3投目からウキが返すようになったではないか。前々回はここに入ってそこそこの結果となったが、今日も行けそうか。すると、9時Dscf0609を過ぎて10分で1匹目ゲット。しかも地べら。これは素晴らしい。前回はすぐ隣の旧爆釣ポイントでさっぱりだったので、今日は行けるぞ。すると、何と言う事でしょう、連荘で2匹目ゲットだ。ただ、サイズはダウンしてしまい、厳しいDscf0610Dscf0611O合さんなら放流と言われそうだ。ここでO合さんが道具を持ってやって来た。そして準備開始。私は9時半までに3匹を追加して、早くも第2目標クリア。Dscf0612Dscf0613間違いない、爆釣(もちろん私にとって、だが)だ。9時半を過ぎてほぼ連荘(記憶が薄い)で3匹をゲットしたくらいでO合さんが開始。ウキが動かないとDscf0614Dscf0615言うのはいつものセリフ。私は少し間が空いた後にまたも連荘で第3目標に到達だ。ただ、途中から完全に放流に入れ替わっているのが少し残念なとこDscf0616Dscf0617ろ。しかぁ~し、あまりの好調はトラブルも呼び寄せる。10時少し前にダブル!になったのだが、寄せる途中で片方が外れた?いや、上ハリスが切Dscf0618Dscf0619れてしまった。何故?急いで交換するが、多分大丈夫と底取りはやり直さない。すると、10時に12匹目ゲットと思いきや、またも何故か!なのだがウキのトップが折れてしまうアクシデント発生。仕掛けを強く湖面に打ち付けるような事はしていないし、粗末に扱った記憶もない。まさに何故なんだぁ~。まだ湖面には白波が出ているので、ウキの視認性を確保するためにも、ここは太めのトップのウキを採用しよう。そうしよう、双子葉植物。で、12尺で使っている極太トップのウキを取り出して餌落ち目盛・底取りとやり直す。これはあたりが出そうにないなぁ。しかぁ~Dscf0620Dscf0621し、再開してしばらくはウキの動きがなかったものの、連荘!で2匹をゲットすれば、もう1匹で前々回に並ぶぞ。餌が残り少ないが、何とかなるかも(個人の感想です)。そして10時半近くに目標をクリアするが、その後はバラシでDscf0622Dscf0623数を増やせず、10時41分に餌を打ち切ってしまった。結果、底では実釣1時間40分(トラブル対応除く)で15匹。放流主体になってしまったのは返す返すも残念だが、まあいいでしょう。さあ、次は宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は毎度おなじみの宙バラ主体。餌を作ったところでトイレ休憩。すると、O合さんと並んでしまった。それまでに5匹をゲットしているとの事。サイズが地べら主体らしいので、裏山の鹿がゴソゴソ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

ハードオフに行って来た

今まで何度も行こう行こうと思いながらも、いつもの癖でモタモタしていた不用品の売却。やっと今日行く気になって午後にゴー!
ブツはWin95のソフト「フライトシミュレーター」とそのコントローラー。
買った時にはそこそこの値段だったのだが、既に10数年(いやもっと?)経っているので、ただ同然でも仕方ないと思っていると、査定は500円だったので、これは喜んでいいのかな?もちろん売却。持って帰る馬鹿はいないと思うよ。
しかぁ~し、帰りにデイリーヤマザキでパンを買ったら綺麗になくなってしまった。まあそんなものか。
まだ家にはXP対応のパソコンと19インチのCRT、それにHPの複合機があるので、これもいずれは処分しなければならない。
しかぁ~し、相変わらずのグズグズ発動で、当分は家にあるかもね。
 
メダカ水槽がだんだん欲しくなってきたぞ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

今更のはなし-スマホのその後-

落水したスマホは、素早い対応がよかったのか、特に動作がおかしい事はなく今に至る。
ただ、当たり前のことに今更ながら気づかされた。それは発熱。
カバーを外して使っていると、背面がやけに熱くなっているのだ。これは暖かいという範疇を超えている。
確かに今までもドローンを飛ばす際にはカバーを外して送信機に括り付けるのだが、それがかなり熱くなっていた。
でも、それはカメラを長時間使っているとか電波を送受信し続けている(Wi-Fi)のだからと思っていたのだが、今は普通にネットニュースを見ているだけでも十分暖かい?のだ。
今までは手帳型のカバーでそれが分からなかった(カバーはほんのり暖かくなる程度)。これはマズイのではないだろうか。あれだけの熱量は放熱してやらないと、機能を十分に発揮出来ないのでは、と思う。それにスマホの寿命も縮めていないか気になるところだ。
ただ、スマホケースは未だに手帳型が廃れてはいないので、ひょっとしてケースが放熱を助けているのかもしれない(個人の感想です)。
 
落水で今まで以上に発熱を生んだ?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

アクシデントでメンタルはめろめろ@増沢池-その2-

とりあえずは1匹釣ってトータルでの第2目標、更に出来るならトータルでの第3目標Dscf0594まで辿り着きたいところ。すると、何と言う事でしょう、ウキの馴染み具合を見ながら餌を調整していたら、数投後にあたり!そして1匹目ゲットだ。これは素晴らしい。底より宙か。いや、書いては悪いかもしれないが、右隣は午前中1匹に終わったので、決してお気楽には出来Dscf0595ないのだ。そしてその通り、次がないままダラダラと時間が過ぎて行く。1時までにもう1匹追加したのみ。餌のせいにしたいところだが、もちろん肘から先ですよ問題は(倒置法)。O合さんは4匹目からずっと厳しい状態が続いたが、突然竿を曲げるようになり、終了までに5匹くらい追加したようだ。隣も午前と午後では状況が様変わりしてポツポツとあたりに合うよDscf0596うになり、こちらは「つ」抜けしたのではないか。さて、ウキはモヤモヤし始め、餌は前回Ⅰ藤さんから聞いたように硬めのボソになっている(個人の感想です)ので、あたりが出るようになって1時過ぎに3匹目。いいぞいいぞ(そう言えば一で二三さんは今いずこ?)。更に1匹追加Dscf0597して、この調子ならトータルでの第3目標も夢じゃない?しかぁ~し、次のあたりで目にスレてしまうと、ウキの動きが悪化。ウキはモヤモヤからあたりに変わらなくなってしまう。1時半を過ぎ、Kさんが終了。橋の上から声を掛けて来た。あたりがありませんと言ったその時にまさDscf0599かのあたり!そして掛かりました。ようやくの単独第2目標クリアだ。まさにKさんさまさま。お疲れさまでした。よし、こうなったらもう1匹釣ってトータルでの第3目標クリアを狙おうではないか。そして2時になろうとする頃に6匹目ゲット。やっと達成出来たぞ。前回の3分の1でしかDscf0600ないが、今日はとても嬉しい(本音です)。そして1時51分に餌を打ち終えて午後の部は終了。結果、午後の部では実釣1時間40分で6匹。トータルでは実釣3時間10分で10匹。メンタル崩壊でも頑張った方ではないか(自画自賛)。もう終わっても何の問題もないが、ちょっと終わるには早いかなぁ。では、最近はお約束になっているプチ残業でもしようか。餌Dscf0601はもちろんカルネバ・マッハ。比率は2:2に戻した。当然ながら1時間で使い切る量。今日はこれと言った目標がないので、テンションはやや低め。そうだな、まずは1匹。それから出来れば4匹釣って宙での第3目標クリアかな。更にもう1匹釣れば、単独での第2目標となるので、それくらいか。いずれも切羽詰まってはいない(オイオイ)。そして再開するとすぐにウキが動き出し、2時を過ぎて1匹目。最初の目標はクリア出来たので、まあいいんじゃないかな。と、ここDscf0602Dscf0603で隣が終了。お疲れ様でした。すると、隣にいたへらがこちらに来たのか、ウキの動きが良くなったぞ。そして2時半近くに2匹目をゲットすれば、急に欲が出て来てもう2匹もう2匹と頭の中はそれだけ。湖面が凪いでいるのでウキの動きが見やすくなったのもあるかもしれないが、2時半を過ぎてポツDscf0604Dscf0605ポツと2匹が釣れたので、もう1匹と人間の欲には限りがない。しかぁ~し、最後の一投も消し込んで終了は2時52分。終了していたO合さんにもしっかり見られた。結果、プチ残業では実釣1時間で4匹。午後のGTもDscf0606多少は貢献しているのは間違いないところ。宙だけでは予定通り2時間40分で10匹。トータルでは実釣4時間10分で14匹。地べらがほとんど(極甘に査定すれば全て地べらですが、何か)なので数は少なくても良しとしよう。そうしよう、双子葉植物。片付け。O合さんは奥の方へ行ったので、片付け後に車に戻る。今日は長靴で台に跨ってやったので、途中の波が凄い時に水が右の長靴に入り込んでズボンがびしょ濡れ。なのでベイシアには寄らず、さっさと家路に就いた。
 
次回もここに入ってリベンジだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

アクシデントでメンタルはめろめろ@増沢池-その1-

今日は好天で風も弱いとの予報。これは間違いなく行くでしょう。通院後にゴー!駐車場にはO合さんの車。Oさんはいないようだ。おっ、奥の方にKさんの車。確認しました。さっさと荷物を降ろして、日陰側かつてのいつもの場所方面に向かう。もうこれDscf0587からは日陰ですよ。しかぁ~し、先客あり。しまったと思いながら柳の木方面に向かうと、何とそこにはO合さんがいた。奥の整地された辺りでは先客に平らなところを占められてしまったので、仕方なく入ったとの事。まだウキは動かないと言いながらも、私が旧爆釣ポイントで準備中に竿を曲げた。それと、対面日向側階段下にはKさん。暑かろうに傘も出さずにやっている。さDscf0588て、私の右の先客は準備中で、宙をやるとの事。私は今日は9尺で底をやるつもりで来たが、どうも底の様子が分からないので11尺に変更。と、釣り台をセットしていたら、胸ポケットに入れてあったスマホが池に落ちてしまった!ヤバい、防水ではないのだ。慌てて拾い、水を切る。そしてケースから外して拭き取り、とりあえず電源オフ。これで乾くまで触らない方がいいのだ。ただ、いきなりのアクシデントでメンタルはめろめろ。それでもやるしかない。と言う事で、餌はいつもの両ダンゴ。多分底は取れたろうと開始は10時21分だ。前回並みとは言わなくても、「つ」抜けくらいは楽勝であって欲しいなぁ。すると、3投目くらいであたり!やったと合わせるが明らかにスレ。しかもバックオーライでその上バラシ。もうガクガクッ。すると、メンタルが弱っている事もあるが、やたらと1匹目が欲しくて堪らない。しかぁ~し、バラシが効いたのかウキは返してもあたらず。気持ちばかりが先走るまずい展開だ。O合さんはポツポツと竿を曲げる。予想を超えた風・波も弱り切ったメンタルに追い打ちをかけ、支離滅裂な合わせで最早凸まっしぐらだ。あっという間に11時。本当にヤバくなってきた。ウキ下を微調。と、ここで奥の方から知らない人がやって来て、どうだと聞いて来た。そして横で岡ジャミ。ただでさえ釣れなくてイライラDscf0589しているのに、岡ジャミなんて勘弁して欲しい。しかぁ~し、この人が来て2投目に何とウキが馴染むや否やあたり!そして掛かりました!これは岡ジャミさまさまなのか?しかも地べらだ。一気に気が楽になった(最近この表現が多くなった)。11時半近くで、開始ほぼ1時間がDscf0590経っている。その人は右隣でも岡ジャミして消えた。ハテ?さて、午前中のGTなのか、それからじきに今度はバッチリのあたりで2匹目。う、嬉しかぁ。もう「つ」抜けなんて言わないので、せめて第2目標くらいまでには持っていけないか。しかぁ~し、ウキの動きは良くならず。そして、やたらと合わせたせいで餌がもうない。これはダメだろう。最近こんな低い数字は見た事がないぞ。メンタルを鍛えないと・・・。しかぁ~し、ここで今度こその午前中Dscf0591Dscf0592のGTなのか、ラス前オーラスと連荘で2匹をゲット。時刻は11時52分。もう何も言う事はありません。結果、午前の部では実釣1時間半で4匹。いずれも地べらだったので、不満ではあるがこんなものでしょう。さあ、Dscf0593次の準備だけしてトイレタイムとしよう。次はもちろん宙ですよ。竿は9尺で、餌以外は準備してから上に向かう。ちょうどトイレに入ったところで12時のサイレン。駐車場からO石さんらしき声が聞こえた気がするが、幻なのか。いや、O石さんはそれからじきにやって来て、看板横に先客がいたので日向側いつもの場所に入った。さて、トイレから帰り、餌を作る。もちろん最優先のミッションで宙バラ主体の両ダンゴだ。カルネバとマッハを追加。それから昼食を摂り、再開は12時12分。
 
スマホの運命やいかに?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

結構肌寒い@増沢池-その2-

さて、そろそろ気温も上がって来たかなと思っても、相変わらず日陰は肌寒いぞ。これで宙は大丈夫か。とりあえずは6匹釣ってトータル20を目指そう。何となく餌もアームも不安なまま再開すると、何と言う事でしょう、餌落ち目盛がちょっと気に入らないので合わせようとしたら、オモリを切り過ぎてしまいトップの付け根まで出てしまった。Dscf0567トホホの展開に急いでオモリを追加すると、結局元の位置付近で落ち着いてしまい、まさにガクガクッ。気を取り直して再開すると、意外やじきにウキに動きが。そして開始15分で1匹目をゲット。ただ、餌の持ちが良くないので、どんどん練り込んで行く。結構固そうになって来たが、これDscf0568で大丈夫なのか。すると、やはりなのかウキは動いても掛からないまま12時のサイレン。これはダメだ。まずは気分転換にトイレタイムと行こう。ついでに昼食も摂る。そして再開すると、何と1投目からあたり!そして2匹目ゲットだ。途中休憩が功を奏したか?ただ、あたりはそんなに増Dscf0569Dscf0570えた訳ではなく、ポツポツと12時半までに3匹を追加すれば、宙だけで第2目標をクリア。サイズも地べらが釣れて来て嬉しいの一語。更に予定Dscf0571Dscf0572の6匹にはあと1匹。しかぁ~し、これがなかなか。餌の経時変化なのか、それとも「たな」が変わったのか?とりあえずは餌に手水で柔らかくしていDscf0573く。そしてポツポツと1時までに2匹を追加すれば、何とか予定はクリア。すると、次は宙だけで第3目標まで持って行きたいところ。ただ、前回のこの場所及び一昨日もこの餌ではあまり釣れなかったので、期待は薄い。すると、予想通りあたってもカラまたはバラシで数を増やせず、1時Dscf0574Dscf0575半までには2匹を追加したのみ。恰好だけは第3目標にリーチとなったものの、先は明るくないぞ。しかぁ~し、1時半を過ぎて何故か連荘!で一気にDscf0576Dscf0577第3目標クリア。そしてトータルでの25にまで漕ぎ着けた。餌の残りから、30は難しい(無理!)が、何とか1匹でも多くゲットして終わりたい。そしDscf0578Dscf0579て餌が尽きた1時48分までに何とか1匹を追加して終了。結果、午後の部では実釣2時間20分で12匹。こちらもカラとスレバラシが多かったし、何よりハリス切れが2回もあったのには我ながら驚きだ。トータルでは実釣3時間50分で26匹。まあまあではないか。まだ終了には少し早いので、ここは1時間程度プチ残業してみるか。万が一(万が一ですよ)凸で終わっても時間5匹は確保出来ているので、安心して残業出来そうだ(オイオイ)。竿と仕掛けはそのままで、餌はカルネバ・マッハを2:3に水1。普段は2:2のところを前回50分で終わってしまったので、もう少しやれるようにと。このちょっとした欲張りが果たして吉と出たか?とりあえず4匹をゲットしてトータルでの30を目指そう。さっさと再開すると、じきにウキの動きが出た。よしよし、予定クリアは楽勝?しかぁ~し、最初のあたりでは何と4回目のハリス切れでガクガクッ。Dscf0580Dscf0581こんなにハリスがプツプツ切れた事は記憶にないので、本当にびっくりだ。急いで交換して再開すると、2時を過ぎてあたりに合うようになり、10分ほどDscf0582で3匹をゲット。これなら何とかなりそうだ。しかぁ~し、いつもならこちらの餌の方が宙バラ主体より釣れるのに、マッハ追加の欲張りが仇となったのか、ウキの動きはどんどん悪くなる一方。午後のGTも近いのに、何故だ?Kさんは帰った。お疲れ様でした。対面看板横にはO石さんDscf0583が午後から入っている。さて、あたりも減り掛かりも減って、本当にポツーリポツリとしか掛からず、2時半までに1匹しか追加出来ず。とりあえずはトータルでの30には到達したが、尻すぼみの感は否めない。そして午後GT間違いなしの2時半過ぎにもやっとの思いで1匹を追加して、Dscf0584Dscf0585単独での第2目標もクリアしたが、皮算用では2桁も行けると思っていた(図々しいぞ!)ので、かなりのガックリ。更に「上がりべら」かと思った最後のあたりでもスレでガクガクッ×ガクガクッ。まさに「上がりスレ」となってしまった。あまりに腹立たしいので写真をアップ。そして2時58分に餌を打ち終えて残業が虚しく終了しDscf0586た。結果、プチ残業では実釣1時間10分で5匹。宙だけでは実釣3時間半で17匹。トータルでは実釣5時間で31匹かぁ。喜ぶべき数字なのだろうが、あまり達成感はない。地べらが混じったのが唯一の救いかもしれない。片付け。奥の方もポツポツと終わった様子。片付けを終え、O石さんに挨拶したが分からなかったようだ。車に戻ると、ほぼ同時にⅠ藤さん、O合さん、それにOさんがやって来た。Ⅰ藤さんから、塩ビ管右に入って竿が良く曲がっていたM上さん(字が合っているかは不明)は堅めの餌だったと教えてくれた。餌に手水では逆方向だったのかもしれない。皆さんお疲れさまでした。さあ、今日は何としてもベイシアに寄るぞ。って、そんなに言う事もないけど、さっさと池を離れた。
 
明日は通院、明後日も通院で竿が出せるかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

結構肌寒い@増沢池-その1-

今日は特に用事もないので、それではと出掛けました増沢。他の池でも良さそうなものだが、何故か増沢。駐車場にはO合さんとOさんの車。何処にいるのかなと思いながら、かつてのいつもの場所に向かう。おっ、正面に先客。多分知らない人。あっ、いつもの場所にO合さんがいない。急いで荷物を置き、深場に向かうと、いましたO合さDscf0551ん。今日からこちらに入ったとの事。遠くワンドにはOさんの姿が見える。あっ、竿が曲がった!O合さんによると、今日のOさんはバクバクだそうだ。と、ここで対面に目を向ければ良かったのだが、そのまま釣り座に戻り準備開始。晴れてはいてもこちら日陰側はその名の通り寒々しい。おまけに風が吹くと震えるくらいだ。しかも正面の景色が湖面に映って、おそらくはウキが見辛い事極まりない。でも準備しなければ。竿は11尺でまずは底から。そうそう、今日から両ダンゴにするんだっけ。と言っても、餌はいつもの夏・冬・マッハ。前回とほぼ同じ水深なので?ささっと底をとっての開始は9時41分だ。対面は竿を曲げているが、放流ばかりと嘆くのが聞こえた。私も前回底では放流ばかりだったので、両ダンゴなら放流も来ない(T林さんによる)なら、こんな良い事はない。すると、数投でウキが返すようになった。よしよし。しかぁ~し、最初のあたりではバラシ。そして次のあたりでもバラシ。まだウキ下の微調には早過ぎる。すると、次のあたりではカラ。その後もウキはほぼ毎回のように返しても、全く掛からないまま時間だけが過ぎて行く。で、仕方なくDscf0552Dscf0553ウキ下を微調してみたら、10時を過ぎてやっと掛かりました。放流でも文句は言いませんよ。とりあえず凸を回避したので、あとは釣るだけだ。と思ったら、連荘!で2匹目。これは素晴らしい。まだまだ行けるぞ。しかぁ~し、白波がDscf0554Dscf0555ひどくなるとウキの動きはほとんど分からなくなった。なので雰囲気で合わせるのだが、これがさっぱり(当たり前か)。10時半までの3,4匹目はあたDscf0556Dscf0557りで合わせたのではなく、ただ偶然の産物(オヨヨ)。それでも第2目標にはリーチ。少なくとも前回並みの15くらいは行きたいなぁ。ウキの動きはなくなDscf0558Dscf0559らず、その後7匹目までは確かにあたりを見た。そこから10分ほど間が空いたものの、ウキは動き続けて11時までの10分間に4匹をゲットすれDscf0560Dscf0561ば、第3目標達成だ。まあまあかな(ホントか?)。ただし、しつこいようだがいずれも放流。11時を過ぎても、おそらくは3連荘であと1匹で前回並み。トDscf0562Dscf0563イレタイムのO合さんが様子を見に来てくれた。それと、対面階段下にはKさんがいる事が判明。最近は車を停めるところが変わったので、見過ごしてDscf0564Dscf0565いたか。さて、何とか1匹くらいは地べらにお目にかかりたいと思っていたら、ラス前に確かに掛かった大物(地べら?)は、上がって来る途中までは確認出来てやったと思ったものの、残念バラシてガクガクッ。そして最後の一投も甲Dscf0566斐なく11時13分に餌が尽きて底は終了。結果、午前の部(早上がり)では実釣1時間半で14匹。前回より数は少なくても時間が短いのでノー・プロブレム。ただ、ウキの動きの割にはカラが多く、バラシもそこそこ。スレて上がってくるのは少なかった。更にこれまでほとんど出なかったハリス切れが1回。最近の私は合わせがかなり優しくなっているので、合わせ切れではありませんよ。さあ、次は宙だ。ちょっと迷ったが竿は9尺に変更。餌はミッションクリアのために宙バラ主体でカルネバ・マッハを追加した両ダンゴ。「たな」は触る事なく再開は11時28分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

連休最終日(私にはノービジネスだが)の釣行@増沢池

今日は午後から天気が不安定になるとの予報でも、ここは出掛けなければなりません。と言う事で、やって来たのは増沢。おっ、O合さんの車があるぞ。でも雨を考慮して日向側には行きません。久し振りの日陰側深場ワンドに入ろう。荷物を降ろして池に向かうと、対面にO合さん。その右には月曜の2人。まずは挨拶。それから適当な位置に荷物を置いて準備開始。へら師は私の右遠くに1人と塩ビ管右に1人が見える。そしてダム?そばにも1人。あとで浅場にKさんがいる事が分かったが、午後早くDscf0529に帰ったようだ。対面にはダム?そばに1人と階段下付近に3人。あとは思い出せない。さて、今日は何をしようかな。底をやりたいが、底の状態が良くないと聞いているので、安全を考えて13尺を出す。餌はいつものバラグル。ゲゲッ、さっきまで凪いでいた湖面に風・波。ちょっと底取りに手間取ったものの、開始は10時13分だ。右の先客が竿を曲げ始めた。私にもおこぼれがあるかな。しかぁ~し、じきにウキが返し始めたのに、肝心のあたりが出ない。10時半頃T林さんがやって来て、いつもの場所に入った。そして開始してじきに1匹目。右かDscf0530らもへらを寄せる音が聞こえてきて、すんごいプレッシャーだ。今日は底でとにかくあたりが出にくかったことは間違いない。それでも開始30分に満たないうちに1匹目が出たので、まずはホッ。しかぁ~し、その後がない。あっという間に11時。左右からはへらを寄せる音が連続して聞Dscf0531Dscf0532こえ、まさにトホホ状態。メンタルが弱いので早く2匹目をと、あたりではなさそうなウキの動きにも手を出してしまう迷走。それでも午前中のGTがやってDscf0533Dscf0534来たのか、11時半までに3匹を追加。これまで全て放流だが、文句は言いません。言いませんが・・・。11時半を過ぎてもポツポツとあたりを拾えDscf0535Dscf0536ば、とりあえず第2目標はクリア。すると次は当然第3目標となる訳だが、ポッカリと穴が開いてしまって12時のサイレン。そして餌が尽きた12時22Dscf0537Dscf0538分までに1匹を追加したのみで底は終了。結果、午前の部では実釣2時間10分弱で8匹。1匹だけ地べらと呼んでも良さそうなサイズがあった。さあ、次はお待ちかねの宙だ。T林さんから宙ならサイズアップすると言われているので、少しやる気が出て来たかな。とりあえず2匹釣ってトータルでの第3目標を狙おう。竿を11尺に変更し、餌はミッションクリアのために宙バラベースとし、カルネバとマッハを追加。それからトイレタイム、そして昼食だ。「たな」はやや深めで午後の部は12時51分に開始。遠く看板横にはO石さんが見える。さて、開始早々からウキが動き出したので、これは行けそうかとほくそ笑むものの、こちらもなかなかあたりが出ない。餌のせいだと言い訳したいが、実は肘から先が問題なのだ。そしてこちらも開始30分くらいであたりが出始めたものの、1発目は腹びれにスレでガクガクッ。しかぁ~し、午後のGTでもDscf0540Dscf0541なかろうに、そのすぐ後に連荘?でグッドサイスをゲットだ。これは素晴らしい。あっという間の目標達成で、思わず大きな声が。さあ、どんどん行こうではないか。しかぁ~し、何故かウキの動きがバッタリ。聞けばT林さんも右の先客も同様な感じ。へらも昼休みなのか。餌に手水でどんどん柔らかくしていくが、状況は変わらず。お約束の時間だけが過ぎる展開。しかぁ~し、その間も私の両側は竿をポツポツと曲げ続けて行く。と、ここで何故かパラソルさん登場。これから竿を出す。私の方は一向に状況が変わらず、2時を過ぎてしまう。対面ではへら師が帰り支度。2時半を過ぎてO合さんと月曜の2人組も終わったようだ。そして私の右の先客も終了。O石さんも終わりか。しかぁ~し、私には時合という味方があった。2時半を過ぎDscf0542る頃から急にウキが動き出し、2匹目から1時間以上の合間があってやっと3匹目。いやぁ、キツかったなぁ。が、その後はまたもシーン状態に。そして虚しく餌を打ち終えたのが3時1分。結果、午後の部では実釣2時間10分で3匹のトホホ。精神的に疲れたので終わりたいところだが、T林さんとパラソルさんが続行するようなので、ここは新しく餌を1時間分作ってプチ残業と行こう。カルネバとマッハを2:2に水1でささっとかき混ぜて再開。しかぁ~し、餌が持たないので指でこねてウキの馴染みを出せば、何とウキが動き出したではなDscf0543Dscf0544いか。そして開始10分経たないうちに1匹目ゲット。ただ、地べらから放流にバトンタッチされたようで、その後もウキの動きに合わせれば放流という、Dscf0545Dscf0546何処かで見た(底でしょう)光景。1匹だけグッドサイズが掛かったものの、残念腹びれにスレていた。まさにガクガクッ×ガクガクッ。時合なのか餌なDscf0548Dscf0549のかも分からないままに餌が尽きた3時56分までに計6匹をゲットして終了となった。結果、残業では実釣50分で6匹。午後の部全体では実釣3時間で9匹となった。更に総計では実釣5時間10分で17匹かぁ。結局雨はなかったDscf0550ので、かつてのいつもの場所でやっていればもう少し数を増やせたかもしれないというのは、言っても仕方ないタラ・レバでした。奥の方でやっていたⅠ藤さんがやって来て、T林さんパラソルさんと談笑中。私は早く帰りたいのでさっさと片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。さあ、今日は何処にも寄らず帰ろう。明日は通院とガスの点検があるので竿は出せない。明後日以降だな。さっさと池を跡にした。
 
底も次回からは両ダンゴにしてみよう、そうしよう・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

森まで新茶を買いに

今日は森まで新茶を買いに行った。
昨日のような渋滞は嫌なので、あえて高速を使わずいつもの道で行く。
途中「小国神社」に人が殺到して道が塞がっているかと思ったら、意外とスカスカで楽に進めた。
ある程度の混雑を予想して早めに出掛けたので、ちょっと拍子抜けか。
まずは久し振りの「石川園」に向かい、目的の「令和元年の新茶」とおまけのお茶羊羹を購入。これは妹夫婦に送るもの。
それから帰り道の和菓子屋さん「月花園」で森の銘菓「梅衣」を購入。
更にここ数年新茶を買っている「おさだ苑」で自宅用の「八十八夜新茶」を買い(何故「石川園」で買わない?)帰宅途中には「シャトレーゼ」でアイスを買って帰った。
今日は散財したぁ。
移動距離は65kmくらい。時間は約3時間か。グッタリだ。
 
明日は昭和池に行けたら行きたいな
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

ザわさんに誘われて@野守の池(前回と同じタイトルになってしまった)

令和2回目の釣行はザわさんと野守の池。9時少し前に迎えに来てもらい、ゴー!前回と同じく新東名から行くのが近道らしいが、浜松のスマートインターから入ってすぐ渋滞に捕まった。ただ、3車線から2車線への合流がネックとなっている自然渋滞のようで、森町を抜ける辺りから解消された。そして10時過ぎに池に到着。時間が遅Img_20190503_102804Img_20190503_102809く、ザわさんが入りたかった桟橋には入れず。で、池を周りながら入れそうな場所を探すと、結局前回と同じ場所に入る事になった。左には舟を繋ぐ桟橋に5人くらいの先客。右には2人の先客がいて、右の先客は竿を曲げている。おおっ、私にも釣れるかな?早速準備しよう。ザわさんの左で竿はザわさんと同じ13尺。ザわさんが底付近を狙うのに対し、私は浅めの「たな」で、両グル。餌はいつものグルテンに、バラケとしDscf0519てカルネバ・マッハを作る。そして太陽の直射を逃れるため、傘をセット。先客の様子を見習って、いつもよりやや深めの「たな」で開始は11時2分。随分遅くなってしまったが、それでも前回よりは早いぞ。まずはセオリー通り餌を打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、ウキは動かず。どうもカルネバを含むバラケがあまりバラけない感じだ。ザわさんのウキを見ると既にモヤモヤしており、裏山の鹿がゾロゾロ。前回のような早い時間帯でのあたり、そして結果は望めそうもない。で、いつの間にかウキ下をずらして行くと(オイオイ)、「ナンチャッテ」のお出ましだ。しかぁ~し、うまく底に着いたのか不明のまま続行していたら、12時近くになってザわさんの竿が曲がった!しかもサイズはグー。底を少し切った「たな」でゲットだ。ゲゲッ、やられたか。急にすんごいプレッシャーがのしかかって来た。そして虚しく12時のサイレンを聞く。どうしよう、このままでいいのか?よし、こうなったら私の好きなDscf0520ようにしよう。そうしよう、双子葉植物。「たな」をグッと上げていつもの自分くらいにして再開すると、時合があったのかもしれないが、ウキが馴染んでから誘いを掛けたら小さくウキが入り、これを見逃さずに合わせたらやった掛かりました!う、嬉しかぁ・・・。サイズもグー・グ・グー。これで一気に気が楽になり、まDscf0521ずは昼食。それから同じ「たな」のままで続行すれば、12時半近くになってズバッ!とウキが入って2匹目はまさにグッドサイズ。体高もある。ザわさんもそれから少し経って2匹目をゲット。今度は底で、サイズも体高もグー・グ・グー。さあ、ウキが動いている間に釣らないと。しかぁ~し、何故かウキの動きはバッタリ。私だけでなくザわさん、そして右の先客も静かになってしまった。私も懸命に餌打ちを続けたものの、遂にバラケを打ち切ってしまった。で、まさにタイトル通りのDscf0522両グルオンリーで打ち始めたら、餌がなくなりそうになった1時を過ぎて再びウキが動き出し、またもズバッ!で3匹目ゲット。これは嬉しいでしょう。ただ、少しサイズダウンしたのが残念だ(コラコラ)。そしてじきに餌がなくなり、1時13分に終了。結果、両グルの宙では実釣2時間10分で3匹。前回よりは少なくDscf0523なってしまったが、サイズがグーなのでノー・プロブレム。さあ、次はどうしようかな。竿を短くして11尺くらいで両ダンゴでもやろうかと思いつつも、竿を代えるのが億劫なのでそのままとし、ハリスを35cm+50cmくらいから25cm+35cmくらいに変更。餌はカルネバ・マッハのダンゴで、昨日の増沢くらいが釣れればなぁと極甘な目標で開始は1時22分。こちらもまずは餌を打つ・打つ・打つ!とやってみるが、何故かウキは一向に動き出さず。両グルの時もそうだったように、へらが寄ると普通はウキがモヤモヤし始めるのだが、今日のへらは両ダンゴでは全くそういう事がない感じだ。これは餌作りの失敗か?それでもしばらく餌を打ち続けたが、どうにもならず。結局開始1時間くらいまでは、餌に手水の他にはウキ下を上下させるだけの対応でアウト。それでは次は下ハリスをカットして10cmくらいにし、下鈎には「玉」ハードを付けてセットまがいで再開。しかぁ~し、これも全く効果なし。で、それではと下鈎トントンで段底まがいにしてみるが、これもダメ。ザわさんはあまりのウキの動かなさに飽きて来たのか、寄って来た猫のためにブルーを釣り出す始末。私は再び「たな」を上げて最後のお願い。バラケがあまりにもバラケなさそうなので、宙バラを振りかけてみるが、一度粘ってしまったバラケは簡単にバラケるようにはならない。どうにもならない時間が続き、遂に3時となる。おそらくは常連の皆さん、増沢と同じく3時を合図に終了する方がほとんどで、あっという間に池が寂しくなってしまった。私もザわさんもいつ終わってもいいのだが、とりあえず餌を打ち切ってからとする。予定終了時刻は3時半。すると、へら師が帰ったせいなのか、それDscf0524とも午後のGTはどの池でも同じなのか、急にウキが動き始めたではないか。そして消し込みまで出るものの、これが一向に掛からず。Oh、My God!それでも繰り返し餌を打てば、やっとズバッ!が出て4匹目ゲットだ。しかもちゃんと食わせを食っている。まだウキは動いているので、終了時刻を延長して何とかもう1匹釣ってトータルでの第2目標を目指したいところ。しかぁ~し、その後もあたDscf0525りは出てもかすりもせず、虚しく3時57分にバラケが尽きて終了。結果、午後の部では実釣2時間半で1匹のトホホ。トータルでは実釣4時間40分で4匹。もうこれ以上の延長は考えられず、片付け。グッタリして荷物を積み、ザわさんが寄りたいと言っていた「たいやきや」()を目指すも、何と閉店していた。ネットで見ると店が開いているのは3時半までなのだった。もうトホホ×トホホ×・・・。で、これまた虚しく帰途に就くかと思いきや、今度は日限地蔵に連れて行ってくれた。時間的には5時近くになっているのに、参拝客はまだチラホラ。結構人気のDscf0527Dscf0528スポットなんだ。ささっと参拝して新東名に入ったら、何とこれまた渋滞に巻き込まれた。浜松のスマートインターを出たのは6時過ぎ。ずっと運転してくれたザわさんには感謝感謝。家の前で挨拶してザわさんは帰途に就いた。本当にお疲れさまでした。
 
明日は森まで新茶を買いに行きたいが、渋滞はこりごり
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

令和最初の釣行@増沢池-その2-

餌にカルネバを混ぜた効果はてきめんで、餌が付けやすくなった。が、打ち込むとそんなに持ちは良くないようで、馴染みが出にくい。ただでさえ粘っこいのに、これを揉むのはどうかと思われ、手水を打ってかき混ぜるくらいしか手がない。しかも折からの風・波でウキが流される。で、仕方なく餌付けの際に多少モミモミして馴染みを出すと、やっとそれらしく馴染み始めた。が、ウキは動かず。で、今度は「たな」を深くしてDscf0508みた。すると、第一投でウキがモヤ。まさかあたったとは思えず軽く合わせてみたら、何と掛かりました!開始20分で1匹目ゲット。よしこの「たな」だとばかりに餌を打てば、ズバッ!という消し込みでやった2匹目か?しかぁ~し、横向きで上がって来て、しかもバラシ。何だかなぁ。と、そこへやって来たのはザわさんだ。奥の方にはじゃがにぃさんや竹さんがいるとの事。そしてしばらく岡ジャミしていたが、ウキはたまに動いてもあたりにならず。で、12時のサイレンの後に、対面看板横にいるのはmasaさんに違いないと確認に行っDscf0509Dscf0510た。すると、時合がやって来たのか1匹目から1時間くらい経った12時半頃にようやく2匹目ゲット。いやぁ、疲れたなぁ。しかぁ~し、次の餌打ちでもあたり!で連荘だ。急にウキが動き出した感じで、良く分からない。それでも午後のGTDscf0511Dscf0512なのか(まだ早過ぎる?)、しばらくして4匹目。そして1時前に5匹目で、不安だった第2目標クリア!と共にトータルでの20に達した。これは嬉しいでDscf0513しょう。更には1時を過ぎて6匹目。まだウキは動いている感じだったが、残念それ以上は釣れず1時13分に餌を打ち切って終了。結果、宙では実釣これまた2時間弱で6匹。トータルでは実釣4時間で21匹だ。さてどうしよう。いつもならこれで終了だが、今日はせっかく早起きして早くDscf0514始めたので、もう1回餌を作ってやるのもいいかもね。と、その前にお約束のトイレタイム。それからOさんのところに状況確認に行く。放流と地べらが入れ替わったようだが、それと共にあたりが遠くなったらしい。柳の木の手前に1人入っている。ここで竿を出す人を見た事がないので、ちょっと驚き。ただ、後ろが通り難いので、グルっと遠回りして釣り座に戻る。そして遅めの昼食。それから次の餌を作る。カルネバとマッハを2:2に水1。そして再開は1時28分だ。ここでのミッションは時間5匹を維持する事。と言う事は、餌が2時間持つとして、Dscf0515最低でも9匹は釣らなければならない。「宙バラ」の時は6匹だったので、餌が初めて使うカルネバと言う事もあり、かなり難しそうだ。しかぁ~し、再開後10分くらいで何と「掛かってます!」で1匹目ゲットは、まさにトホホではあっても嬉しいの一語。とりあえずこの餌での凸はなくなった。Dscf0516Dscf0517すると、そこから2時までに2匹を追加して、なんとなくではあるがミッションはクリア出来そうな気がして来た。2時頃にKさんが終了して、岡ジャミにDscf0518Img_20190502_1422141やって来た。風が強くて釣りにならないと言っていたが、何処も同じでしょう。お疲れさまでした。さて、ウキの動きは出ていてもなかなかペースが上がらImg_20190502_1434431Img_20190502_1444101ず、カラにスレ、バラシも出ながらほぼ10分おきくらいでポツポツと4匹をゲットすると、いよいよミッションクリアが視野に入って来た。そして今度こそのImg_20190502_1450561Img_20190502_1454501午後のGTなのか、2時50分から3時までに3匹をゲットすれば、嬉しやミッションクリアと共に、単独での第3目標クリアだ。柳の木の手前に入った人Img_20190502_1459241は、8尺底で竿を曲げ始めている。通行の妨げになるのを気にしなければ(バサーは平気で後ろを通って行ったが・・・)、私も入ってみようかな。対面O石さんは3時頃に帰った。釣れたかどうかは不明。お疲れさまでした。見れば対面にはへら師がほとんどいなくなっている。さて、第3目標を達成して気が緩んだ訳でもないだろうが、その後はウキの動きが悪くなり、午後のGTとは名ばかりで結局1匹も追加出来ないまま3時25分に餌が尽きて終了。Img_20190502_1525581Img_20190502_1526071結果、2回目の宙では実釣2時間弱で10匹。宙のトータルでは実釣4時間で16匹。2時間の底と変わらない結果にはガッカリだ。トータルでは実釣6時間で31匹。とにかくミッションはクリアしたので、よしとしなければ。片付け。Oさんは先に終わり、帰った。釣果については訊けなかった。お疲れさまでした。片付けを終え、隣に挨拶して車に戻る。そして荷物を積んだ後に、我慢していたトイレターイム。やれやれ。さあ、今日はかなり疲れたのでベイシア詣では勘弁してもらおう。さっさと池を離れた。
 
明日はザわさんと野守の池だが、疲れが抜けていればいいが
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

令和最初の釣行@増沢池-その1-

昨日は雨の予報だったが、実際は3時頃まで降らなかった。行けばよかったぁ~。今日は本当は森まで新茶を買いに行く予定だったのに、昨日行けなかったので予定変更で増沢へゴー!駐車場にはOさんの車。その横に停めて荷物を降ろしていると、Kさんがやって来た。昨日は岡ジャミだったが、今日は竿を出すとの事。私は先に池へDscf0490と向かう。日陰側かつてのいつもの場所の荷物を置き、塩ビ管横に入っているOさんに挨拶。まだ始めたばかり。釣り座に戻り、準備しているとOさんの竿が曲がった!これは爆釣の予感?さて、予報通り風・波が出ていて体感温度はやや肌寒いか。まずは11尺で底から入ろう。餌はいつものバラグル。前回とほぼ同じ水深と踏んで、ささっと底を取っての開始は8時51分。今日は早起きなのだ。Kさんは対面階段下に入った。さて、餌を打ち出したまではよかったが、ウキは動かず。ただ右から左に流れるのみ。Oさんがまたも竿を曲げている。早くも裏山の鹿が出て来たぞ。それでも餌を打ち続けると、開始20分くらいでウキが返Dscf0491すようになり、あたった!しかぁ~し、寄せる途中で外れた・・・。手応えは放流だったので、まあいいかと言いたいところだが、とにかく1匹が欲しい。すると、9時半になろうとする頃にやっとあたりに合いました。令和の1匹目ゲットだ。しかぁ~し、その後のあたりでまたもバラシ。もうガクDscf0492Dscf0493ガクッ。それでも開始1時間までに2匹を追加。時間5匹は無理なのか。しかぁ~し、10時を過ぎる頃からウキ下の微調が効いたのか、それとも単に時Dscf0494Dscf0495合なのか?ウキの動きに合うようになり、10時半までに7匹をゲットすれば、第2目標は通り越してあっという間の第3目標クリア。放流主体でも文句Dscf0496Dscf0497は言いません(ホントは・・・)。へら師は私が来た時には10人足らずだったのが、既に20人を超える勢い。天気がいいもんね。家族連れもどっと繰りDscf0498Dscf0499出して来た。いつからか対面いつもの場所にO石さんの姿も見える。T林さんもいるようだ。さて、前回も底では10匹釣れたので、ここまでは予定Dscf0500の範疇(最初はビビッていたくせに)。ここからどれだけ追加して終われるかがポイント。ただ、背後の木の影が正面に来てウキの視認性が更に悪化すると、なかなかあたりも拾えません。それでもまだ時合が残っていたのか、餌が尽きた11時ジャストまでにもう5匹を追加出来たのは望Dscf0501Dscf0502外の結果(藤井7段?)。結果、底では実釣2時間強で15匹。放流が餌を食ってくれた。まさに放流さまさまだ。さあ、まずはトイレタイムとしよう。日Dscf0503Dscf0504向では暑いくらいなのに日陰では冷えた。帰りにOさんの様子を見に行くと、10尺両ダンゴの底で、最初は地べらだったのが次第に放流へと変わDscf0505り、今ではウキの動きも悪くなったとの事。似たようなものですね。まだ昼食には少し早いので、ここは宙をやろう。ウキが流されるのは承知の上、「宙バラ」を早く使い切るミッションをクリアしなければならないのだ。竿は9尺に変更し、餌は宙バラに粘りを持たせるべくカルネバとガッテンをDscf0506Dscf0507加える。そしてやや深めの「たな」での再開は11時19分。

TO BE CONTINUED !
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

平成から令和へ

Img_20190501_102748

いよいよ新しい元号の元に暮らしが始まった。

Img_20190501_103433

新天皇に剣と勾玉、それに国璽と御璽が承継される「剣璽等承継の儀」をテレビで見た。まさに歴史的瞬間。
特段生活に変わりがあると言う訳でもないが、心なしか身が引き締まる感じがする(ホントか?)。
 
令和最初の釣行は何処に?
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »