« 2019年7月 | トップページ

2019年8月25日 (日)

一体何処からこんな発想が生まれて来るのか?恐ろしい

水替えの後にこうしてパソコンを前にして先ほどの日記を更新したのだが、それから知韓ブログを見回っていたら、こんな記事を見つけた。
一体何様なのか?自分の立ち位置がまるで分っていない様子。こんなのを相手にしていては疲れるだけだ。
 
「韓国の信頼を取り戻したければ、米国は日本を叱れ」と韓国人専門家が断言!韓国が米国に宿題を出した形だ
 
呆れるを通り越すとどうなるのか見てみよう(by トランプ)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

水替えの結果

2週間に1回の割で水替えを行っている。今日がその日。
先日導入したエビの行方を知りたいのと、苔を出来るだけ取り去るのが主目的。
ただ、苔は無理みたいだ。撲滅するにはリセットしかなさそう。それはメダカを他に移すと言う事になってしまうので、今のところは現実的でない。
それでも壁に付いたものは可能な限り削ぎ取り、あとはプロホースで底をさらう。すると、先日替えたばかりなのに異常に汚れているのが分かった。
餌のやり過ぎなのかもしれない。
あと、いなくなったと思われたエビを2匹ハケーン。あまりに小さくて見つけるのも至難の業。何故こんな小さなものを入れてくれたのか、みずきんには聞きたいところ。次回買い物が発生したら是非とも。
ついでにバケツの水も少し交換した。水草は一度外に出して悪くなっている部分を除去し、戻した。
針子の容器はメッシュでバケツの水と繋がっているので、底に沈んでいる餌の残りをスポイトで取り去るだけとした。
隔離メダカは元気だが、餌をやってもやっても大きく(太く)ならないのは何故だろう。水槽のメダカは丸々としているのに。
 
環境をガラッと変えるくらいの水替えなので、明日が正念場
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

松風庵で昼食

Img_20190824_130247今日は松風庵で昼食を摂った。
確か前回も食べた記憶(記事にはなっていない?)があるのだが、今日も同じものを注文。
カレーに蕎麦にトンカツと、私の好きなものばかりだが、自分の年を考慮しない注文である事をすっかり忘れていた。
そう、前回と同じように超満腹となり、帰りの車の運転はかなりきつかった。
学習しない事がばれてしまったのだが、まあ美味しかったからいいか(オイオイ)。
 
腹八分目がいい事は百も承知なのだが・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

エビが・・・

さっき寝起きで水槽を見たら、底に何やら赤いものが。
ゲゲッ、エビが死んでいる。しかも何故か茹で上がったような赤い色で。
頭付近は食べられたのかなくなっている。
それでもショックは置いておいて、まずは腐敗が進まないよう取り出した。
う~ん、茹で上がったように見えたのは水温の上昇によるものなのか。
これが一番大きなもので、それ以外は見つけられなかった。一体何処へ行ったのか。

それにしても、入れたばかりの生き物が死んでしまうのは悲しくてたまらない。
今日は水替えの日なので、その際にじっくり水槽内を確認しなければ。
 
苔は冨栄養によるものなのか。かと言って餌を減らすとどうなる?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

GSOMIA破棄の愚劣

昨日かの国よりGSOMIA破棄のニュースが流れて来た。
かの国ではグッドジョブとかいう馬鹿コメントが溢れているようだが、本当に大丈夫かと言いたくなる。
そもそも慰安婦合意と同じようにアメリカの依頼(指示)によって、日本はどうでもいいのだが結ぶ事になったのに、中国の圧力によりドタキャンし、その後後頭部をはたかれて渋々結ばれたので、かの国(特に現政権の従北勢力)にとっては何かしらの理由を付けて破棄したかったのだろう。
内容はほぼ一方的に日本がかの国に情報を提供するのに、かの国ではかの国の情報が日本に流れるのは感情として耐えられないとか「お前は何を言っているんだ」状態。
いろいろな知韓サイトで詳しく説明されているので、私の浅薄な知識を出すのは賢明でないと思う。
詳細が知りたい人はそちらをご覧ください。
 
ムンさんの思う通りに事が進んで、気分爽快なのでは?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

へらも人間も夏バテか@増沢池

今日は途中での雨とかなさそうなので、早めに出掛けました増沢。ただ、気温もそこそこ上がるし湿気もありそうだ。車を停め、早速汗まみれになりながらいつもの場所へと向かうと、先客は対面2人が私の正面と坂の下。こちら側では奥の方に2,3人かと思われる。汗を拭き拭き準備開始。湖面は凪いでるので汗は引かず、底取りもDscf1051さっさと済ませる。しかぁ~し、開始の8時32分を過ぎる頃から風・波が出始めた。竿は11尺で餌は夏・マッハのバラケにいつものグルテンのセット。冬を切らしているので夏とマッハでバラケを作ってみたが、果たして。すると、ウキは馴染むとすぐに返し始め、これはへらが寄っているのか、それとも単に餌が抜けているのか?と悩み始めた。それに今日はグルテンが少し軟らかめに出来上がってしまったので、あたりが出るまで持つのかも不安。ただし、新たに餌を作り直すとかしないのが省資源釣法(キリッ!)。それからしばらくしてトイレタイムを済ませると、帰って来ての2投目でウキがモヤッ。これに手を出したところ、スレてしまいバラシで早くもガクガクッ。それでもへらがいる事が分かったので、あとはあたりが出るだけ(それが難しいのに!)といつものように楽観視しているところへO合さん登場。大体9時頃ですね。これまたいつもの柳の木の奥に入った。最近はずっと良くないらしい。へらも夏バテしているとの事。我々もそうですね。私はその後、餌をセットから両グル両ダンゴと打ち分けてみるが、状況は一向に変わらない。ただし、ウキの馴染みは私の好みなのでウキ下を弄る事はせず。そしてその後もさっぱりのまま時間だけが過ぎるお約束の展開。そして多少は流されるので餌が早めに落ちる感じではあるが、指で丸める際にコネコネを強くするくらいでこれといった対策はしなかったのが今となっては不思議だが、その時はじきに釣れるだろうとまだ楽観的だった。しかぁ~し、やっと初めてそれらしいあたりが出たので、出ましたよとO合さんに告げようとしたら、今日は今週で一番ウキが動かないと言っていたO合さんが竿を曲げているではないか。え~っ!多分開始してからそんなに経っていない筈。裏山から鹿が出て来ました。さあ、これでお尻に火がついてしまった私、その後もう1回あたりが出たがこれもカラ。次第に焦り始めるものの、とにかくあたりが出ないのだ。まずい、このままでは凸必至。その後どう頑張ってもあたりを見る事は出来ずに10時半となり、遂に開始2時間が経過。それまでにもウキは動くことは数回あっても、いずれも糸ずれのような感じで手応えはない。遂に観念して、今まっでノータッチだったウキ下を弄る。そしてとにかく午前の部では餌を打ち切って後半の宙に期待しよう。とか考えてDscf1052いたら、シモッたウキがまたもモヤ。これに反応すれば、やったとうとう掛かりました。もうほとんど餌は残っていないので、これを外せば万事休す。う、嬉しかぁ。ただ単に「運が良かった」だけでO合さんに追いつけたぞ。ただし、その1匹を釣った後は元の木阿弥になって、11時11分に餌を打ち終えた。もうグッタリだ。気持ちは早くも後半に向いているので、トイレに行くDscf1053のも我慢しながら宙の準備。湖面は再び凪いで来て汗が吹き出し始めた。さて、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。今日は両ダンゴでは私のアームでは凸必至なので、「トロ掛け」でもやってみよう。ハリスは10cm+15cmくらい(個人の感想です)で、バラケはS-ブルー。早めの昼食も済ませての再開は11時24分。これで大体2時間くらいやって1時半頃には終了という算段で開始するも、ウキはピクリともせず。おかしいなぁ、へらは寄ってこないのか。あっという間に12時のサイレン。この辺りから私の迷走が始まる。しばらくして何と下ハリスを交換して伸ばし、段差を30cmくらいにして「お」にご登場願う。そして「たな」を上下しながら、とにかくウキが動きそうなところを探すのだが、これが一向に。すると、今度は再びハリスをカットして「トロ掛け」に戻し「たな」を探るのだが、これまた一向にウキは動き出さず1時を過ぎてしまう。餌の減りも思ったほどではなく、この調子なら終了は2時を過ぎるだろう。頼む、何とか1匹。すると、それまで全くと言っていいほどなかったウキの動きが弱くではあっても出始めたではないか。そして次の餌打Dscf1054ちでウキが立つや否やの消し込みでやったとうとう掛かりましたよ!ちゃんとトロロを食っているので、「トロ掛け」の面目も立ったぞ。しかぁ~し、そこまで。今日はGTが1回も来なかった感じで、その後は再びのシーン状態に。で、またもや変な事を考え始めた私は、ウキ下をどんどん伸ばして行く。そうです、短ハリスでの「ナンチャッテ」に移行するんです。しかも下鈎にはトロロで。すると、O合さんがトイレタイムに行っている間にあたりが出、遂に掛かりました!が、残念立派なブルーでガクガクッ。で、これは止めて「たな」を戻す。だが、状況は好転しない。そんなところへ、それまで1匹を釣った後は静かだったO合さんが何と連荘で竿を曲げたではないか。ゲゲッ&ガクガクッ×ガクガクッ。それでも私の方も2時近くからウキが動き始めたので、頼む何とか1匹アゲインと念じて餌を打つのだが、あたりらしきウキの動きはあっても全くかすりもしない。そして闇雲にウキの動きに合わせて行くと、やったとうとう掛かりました!が、しかぁ~し、これが手の平真っ青のブルーでガクガクッが止まらない(by C.C.B)。2時を過ぎ、遂に観念。予定の2時間はとうに過ぎ、3時間に迫ろうとしている。今日はもうダメだ。トロロもそろそろ性がなくなって来たので、さっさと餌を打ち切って終わろう。奥の方ではT林さんが終了とか。そして遂に最後の一投を迎える。それまでウキの動きはなくなっていたので、絶対にいいあたりを見るかバラケが抜けきるまでは終わらないぞと打つ。するDscf1055と、ウキが馴染むとすぐに小さくモヤ。これに合わせるつもりは全くなかったのに、つい反応してしまった私。しかぁ~し、何とこれが掛かりました!もう「運がいい」としか言いようがない「上がりべら」ゲットでO合さんに追いついた。時刻は2時22分。11時24分から数えて約3時間だ。結果、午後の部では実釣3時間で2匹。これだけでも十分トホホなのに、午前の部とDscf1056併せても実釣5時間40分!でたったの3匹。ホント、凸でなくてヨカッタと言うだけ。早く来てこれではと思いつつ片付け。奥の方では数人が既に帰っているようだ。O合さんもいつも通りに2時半近くになっているので終了。汗を滲ませながら先に片付けを終えた私は、O合さんに挨拶して車に戻る。あっ、O石さんの車。今日も来てたんですね。本当に精も根も尽き果てて荷物を積み、まだこの後ベイシア詣でが待っていると思うとグッタリしながら池を離れた。
 
明日は通院後に行けたら行こうかな(棒)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

エビ元気

心配だったやや大きめのエビは、とりあえず今朝までは生きていた。
他の小さなエビたちはなかなか見つけにくいが、躯が転がっていないので大丈夫かと思う。
やれやれだ。
針子も元気。小さい方も何か食べているのだろう、元気だ。
 
日中は部屋が暑くなるので水温も上がりそう。大丈夫か
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

エビ投入!

最近水槽の苔の繁殖が止まらない。
スネイルは何とか撲滅出来たと思う(確定ではない)が、苔は水替えの度に壁面を掃除していても、底石に付いたものは取り除けないのだ。
で、今日も外掛けフィルターのポンプから糸のような苔がたらたらとなびいているのを見てガクガクッ。
ポンプを外してナイロンたわしでこすってみたが、そんなに効果はない感じ。
で、それではとネット等で見たエビを投入する事にした。
早速みずきんへ行ってミナミスジエビとやらを5匹買って来たのだが、家に戻ってビックリ。そこそこの大きさのものは1匹しかおらず、後は針子と変わらないような極小のものばかり。更に別の大きな1匹は袋の中で悶絶しているではないか。
小さいのを入れてくれたのは気が利いているのか、それとも・・・。
エビは水合わせが難しいようなので、温度を合わせるのに1時間、水を合わせるのに1時間半以上を費やしてからの投入となったのだが、何と一番大きな1匹が暴れている感じ。水が合わないと暴れるとか何かで見たので、これはマズイぞ。
それなら明日は増沢でタニシでも拾って来よう。間違ってもスネイルはダメだが。
 
何となく明日の朝が怖い
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

増沢の様子

通院後に増沢の様子を見に行った。
途中フロントグラスに雨粒が落ちて来たが、見にいくだけなので気が楽だ。
駐車場にはO合さんとO石さんの車。O石さんは珍しいなぁ。T林さんの車はない。
お二人はきっと深場の方にいるに違いないとせっせと崖(坂?)を下りると、あれれお二人の姿がないぞ。
Dscf1048ただ、誰かの荷物は置いてあって、右の方から声がするのでそちらに目をやると、立っているのはO石さん。その横、かつてのいつもの場所にはO合さんだ。足元が悪いのでヨロヨロしながらそばに行って挨拶。
O石さんは今月2回目。O合さんによると昨日は午前中にゲリラ豪雨に遭って退散したとの事。だから道路が濡れていたんですね。
Dscf1050湖面は凪いではいるものの、湿気が凄くてただ下りて来ただけなのに汗が纏わり付く。
しばらくお二人と話をしていたが、湿気に負けて退散する事に。O石さんも準備開始か。
おっ、もう1人が更に深場で竿を出しているぞ。全く気が付かなかった。
私はその後、汗を拭き拭きいつものようにベイシアへと向かうのであった。
 
もう今週は竿を出せる環境ではなくなる?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

もう1匹ハケーン!

今まさに、バケツのメダカを覗いてみたら、何と1匹の針子を発見!
さっと掬って針子用の容器に入れたところ。
先の1匹とは明らかに大きさが違うので、最近生まれたと思われる。
が、前にも書いたようにバケツには1匹しかおらず、先の1匹が水草に付いて来たとしてもこれはどうだろう。
大体卵から10日くらいで孵るらしいので、どうみても母メダカは隔離メダカしか考えられないのだ。
不思議だ・・・。
 
今日は通院後に増沢にでも行きたいが、天気がハッキリしない
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

雨も降って来たけどそれが理由ではなく@引佐天池

今日は久し振りの引佐天池。いつもより少しは早く出たつもりだったが、池に着いたのは8時半頃。へら師は堰堤右端深場に2人。1人はあの男だが、とりあえず車を停めて荷物を降ろして池に向かう。そうだな、私が好きなオーバーフロー右側に入ろう。先客に挨拶すると、返事が返って来たのはあの男ではない1人。さあ準備しよう。まだ9時前なのに暑い。湖面は凪いでいるが、水草が少しあるなぁ。さて、今日は時間Dscf1043もあるし底から始めよう。竿は11尺で、餌はバラグル。と思っていたが、何故か「トロロの底釣り」と夏を出す。そして両ダンゴだ。これは以前増沢で納得出来ない状況になったので、今日はそれを解消したくて。ささっと底を取っての開始は9時6分。しかぁ~し、気持ち良く釣りが出来たのはここまで。この後挨拶に返事をしてくれた1人の知り合いらしきへら師がゾロゾロと3人やって来て、私の右に入った。と、それはそれでノー・プロブレムなのだが、その中に1人よく喋る人がいて、大きな声で話も止まらない。これにやられた。情けない話だが集中力が途切れてしまう。それに加えてウキの動きが増沢の時と同じ。これは失敗したか。更に、開始してしばらくすると左からそよ風が吹いて来た。これはこれで気持ちいいのだが、それのせいで左から水草が流れて来たのでガクガクッ。水草にウキや道糸が乗ったりして一気に釣りがし難くなってしまった。しかも、それは私だけで、私の右には正面奥の方にしか水草が流れないのだ。クーッ、場所が良くなかったか・・・。だが今更変えられない。しばらくは我慢して打ち続けたものの、やはりウキの動きは変わらないので、ここで思い切って?α21+わたグルを作る。すると、ウキの動きがガラッと変わった。そして小さくあたりらしき動きも出るようになったが、これが一向に掛からず。そして今日一番のアクシデントが発生。それまでもあったのだが、メガネに何か付いた気がして竿から手を離してメガネに触った瞬間にウキがズルッと入った!慌てて合わせようと竿を持ったら、時に何か抵抗がある訳でもなく穂先が抜かれてしまった。まさにガクガクッ×ガクガクッ。これを取り戻すのはほぼ無理。隣からも抜かれましたかと言われたので、しょんぼりと竿を仕舞ったところに、目を凝らすと、場所はさっきまでウキが立っていたところの水面から少し沈んだところにウキのトップがかろうじて見えるではないか。これは不幸中の幸い。12尺と仕掛けを出してウキなしで振り込むと、何と2投で仕掛けを取り戻す事が出来た。何故仕掛けが持って行かれなかったかと言うと、ハリスが切れていたから。もう一度言いますが、まさに不幸中Dscf1044の幸い。急いでハリスを替え、再開。すると、10時半になって再びウキがズルッ!ヤバい、またやられる?いや、今度はしっかり対応しました。「たも」に入れて良く見ると、写真では分かり難いが口近辺がグシャグシャになっていて一部はない。あまりに可哀そうだが1匹は1匹と言う事で、とりあえずは凸から逃れられました。やれやれ。さあどんどん行こうと言いたいところだが、その後はさっぱりで11時。すると、今度は雨粒が落ちて来た。これは辛いわぁ。ただ、あたふたしているのは私だけで、他のへら師は悠然と対応。私も一瞬帰ろうかと思いつつ、ここは久し振りだし続行だ。それに隣は宙で竿を曲げているので、私もご相伴に与りたい。荷物に覆いを掛け、続行と決める。ただ、その後は1回ズルッというあたりでバラしただけ。ここはさっさと餌を打ち切って後半に賭けよう。とは言え、餌を捨てないのが省資源釣法。ウキ下を縮めて「ナンチャッテ」宙にし、ウキが馴染み切ったら餌を切る、で後半の準備をしつつ餌を終わらせる事に。すると、何と言う事でしょう、数投後にウキが入ったではないか。まさかとは思いつつも再度振り込んだら、今度はウキが馴染み切ったところでチクチクという動き。これに反応すると、やった掛かりました!しかもブルーではない引きだ。隣は宙でも1匹か2匹くらいDscf1045しか釣れていないので、これなら十分納得出来るぞ。しかぁ~し、寄せる途中で異変に気付いた。やはり引きが違う。しかもやけに細長いぞ。残念その通り痩せたブラックでした。まさにガクガクッ×ガクガクッ×ガクガクッ。いつも通り退出して頂きました。そして11時50分に餌を打ち終えた。さあ、次は宙。その前に昼食と行こうか。まだ雨は断続的に降っているが、これくらいなら大丈夫。しかぁ~し、それよりもっと厳しい条件がやって来た。それは再びの水草。一旦は私の前から消えたと安心していたのだが、1回逆向きに移動した後にまたも左からやって来たのだ。しかも今度は私の前で止まっている。これでやる気が失せた。底より軽いウキでやるので、底の時より水草の影響は大きい。しかもこれは私だけに起きている(底の時と同じく私の右には影響しない)ので、もう止めだ止Dscf1046Dscf1047め!パラパラと雨粒が落ちて来る中片付け開始。釣り台以外は終わった後に車を移動させ、どんどん荷物を仕舞いつつ釣り台も畳む。ほかのへら師は悠々と昼食中。裏山の鹿は出て来ませんよ(流行りの精神勝利か)。汗まみれで片付けを終え、車を増沢に向け走らせる。どうだろう、皆さんいるかな。しかぁ~し、晴れてはいても近づくにつれて道路の濡れ具合がひどくなって来た。そして駐車場に着くと、T林さんO合さんの車はない。どうやら雨で中止を余儀なくされたようだ。仕方ない、帰ろう。そうだ、ついでに梨を買って行こう。そこの梨は水分たっぷりで美味しいんですよ。で、さっさと帰途に就いた。
 
ダラダラと長くなりました(これを冗長と言うらしい)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

今日のメダカ

今日はフィルター交換の日。
しかぁ~し、水槽をよく見たら、またも壁面に苔。更に底面フィルターのエアー通路には茶色のどろどろしたものがこびりついている。
で、フィルター交換の前にこれらを掃除。
それにしても、あのドロドロのものは一体何なのだろう。
ネットで見たら汚泥とかあって、これも水質保全に役立っているとかいないとか。
最近は餌をやり過ぎなのかも。
で、とりあえず除去。これは水槽内部の他のところにもあったので、苔を削ぎ取る際についでに除去。
更にタニシも苔を背負っていたので、これもゴシゴシと除去。ついでにレイアウトの石もゴシゴシ。
今は舞い上がったゴミを外掛けフィルターで吸い取っているところ。フィルターは最後のご奉公だ。
 
それにしても室内飼育は手間がかかり過ぎる。ちょっと考えを変えるかも
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

台風一過

昨日は被害に遭われた方々には申し訳ないが、特に何かあると言う事はなかった。

で、今日は釣りにでも出かけようかと思っていたら、台風前の状態に戻すべく簾を付けなおしたりその他もろもろをしていたら、時間が過ぎてしまった。
残念だが今日は釣りは止め。かなり暑くなっているので、止めた方が正解かも。
ただ、いつものT林さんとかはきっと竿を出しているだろうから、見に行けたら行くかな(これは実際には・・・)。

奇跡の針子1匹はまだ?元気だ。餌は普通のメダカの餌をやっているだけ。それが沈んでふにゃふにゃになったものを食べているのかもしれないが、とりあえず今のところは問題なさそう。
 
大事な事、昨日は終戦記念日だった。かの国では光復とか言うらしい。
寅さんの演説がややトーンダウンしたらしいといろいろなところに書かれているようだが、そんなの関係ねぇ~っ!
頭の中は何も変わっていない筈。気を緩めてはいけない。
 
明日はどうかな。行けるかな?
   ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

かの国と汚物

書くに事欠かないかの国、今度は汚物(糞尿)を日本大使館に投げ入れたそうな。
 
70代男が日本大使館敷地に汚物投げる 経済報復に抗議か
 
かの国と糞尿は相性がいいようで、他国にだけではなく国会議員が国会で糞尿をぶちまける事件なども起きている。
何故かな?
 
経済報復ではない事が理解出来ずに「火病」を起こす
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

針子続報

プチパニックになって落ち着いて考える事が出来なかったのだが、何のためにブログを書いているのかがこういう時に分かる。
メダカのカテゴリーで調べると、7月16日に2匹を水槽からバケツに移動した(1匹はじきに☆になってしまったが・・・)のだが、その際に水草も一部移動したかどうかは記憶を辿っても不明。元々バケツにはあまり芳しくない水草を放り込んであったので。
でも、水草を移動させたとすれば、その際に卵がくっ付いていたくらいしか考えられない。
あとは一緒に移ったメダカと、瞬時ではあるが恋に落ちて子孫を残したのかもしれない。
いずれも想像の域を出ないが、とりあえず喜ばしい出来事なので、せっかく授かった子なのだから丁寧に育てて行こう。
 
他にもいるかどうかも調査しなければ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

頭の痛い話

世の中にはおかしな人がいて、1ウォン=1円だからかの国は日本より10倍以上金持ちなんだとさ。大丈夫かこの人?
これを世の中では「釣り」と言うらしい。
でも、本気で考えているとしたら・・・
 
「韓国の国力はざっと見積もっても日本の12倍ある」とサヨク界隈が主張。恐るべき計算式に周囲騒然
 
中まで読んでもらうと、同じ考えの人はまだいるようだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

針子誕生?

Img_20190814_155139さっきバケツの1匹しかいないメダカに餌をやろうとしたら、何やら小さなものが水面近くに動いていて、ヤバいぼうふらでも湧いたかと思っていると、メダカがそれを食べようとしているので、それならいいかと思いつつもよくよく見れば何と魚の形をしているではないか。
これはまさに「針子」か?
待てよバケツには1匹しかいないのにどうして生まれるのか。まさか処女懐胎(キリストか!)。
謎は深まるばかりだが、針子がメダカ(おそらくは親?)に食べられないよう、先日水槽のメダカのお腹に卵が付いているのを見つけた時にジャンボエンチョーで卵と針子の入れ物を買って来たので、それに移し替えたところ。
さあ、この先どうすればいいのか。餌は何をやればいいのか?それとまだ他に針子がいるのか?
バケツには水草が放り込んであるので、みつけるのは容易ではない。1匹はたまたま水面近くにいたし、メダカがそれを食べようとしていたので分かったに過ぎない。ひょっとして他は全て食べられた後かもしれない。

嬉しいのは嬉しいのだが、謎は深まるばかり
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

心配なブログ

私がよく見に行っている「みずきの女子知韓宣言」というブログが先月の21日から更新が途絶えている。
ちょうどかの国をホワイト国から外すとかで盛り上がっていた時で、何しろ大人気のブログなので影響も大きく、それに関してかの国からの圧力があったのではと勘繰る向きもあるようだ。実際シンシアリーさんのブログは閲覧が厳しくなった時もあるので。
今日もまだ更新されていないが、最終記事へのコメントは10000を超えている。
早く復活してほしいものだ。
 
心配なのは私のブログも。前に書いたようにアクセスがガクンと落ちたまま低空飛行を続けている。
かの国に関する事を書くと一時的にアクセスが増えるのだが、それ以外ではまさに凸スレスレか。
アクセスはブログ継続のモチベーションにもなっているので、ここ訪れてくださる方々には、今後ともよろしくお願いしますとしか言いようがない。
 
台風の影響は既に出ている。明日は終日大雨の予報なので家で大人しく
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

台風の影響なのか強風に悩まされて@増沢池

台風10号が迫っていて、水曜くらいから厳しい状況になるらしいので、今日を逃すと今週は竿を出せないかも。と言う事で、またまたやって来ました増沢。昨夜ちょっとしたトラブルがあって、今日はそれの対応をしなければならないのだが、それより大事なのが竿出し(オイオイ)。駐車場にはずらっとへら師の車。まずはいつもの場所が空いているか橋まで行って確認。よしよし、空いている。柳の木の奥はO合さんではなく別の人。その奥のワンドにはO合さん始めT林さんやI藤さんらしき人が見える。車にDscf1034戻り、荷物を降ろして池に向かう。おおっ、結構吹いているなぁ。汗ばむからだには気持ち良いが、釣りはやりにくそうだ。まずは底から行こう。竿は11尺でバラグルのセット。しかぁ~し、底取りが思うように出来ない。かなりシモるので、前回のトンボを参考にしてささっと合わせて開始は10時4分。ギリギリ10時に間に合ったとしておこう。しかぁ~し、予想していたとはいえ、ウキの流されはキツイ。右でウキを立たせ、正面で馴染み切るようにしたいのだが、私のアームでは難しそうだ。で、いつもながらの左にドンブラコ。相当な速さでウキが♪右から左へと流されるぅ♪(まだ謹慎中です)し、その際に底をなぞるので餌が落ちてしまう感じ。ウキが流されきったところで餌を切る、といつもより早めの餌打ちのインターバル。当然ながらウキに動きなし。ウキ下を微調してトップのシモリ具合を変えてみるが、あたらず。あっという間に30分が経過。もう少しこのままでやろう。と思っていたら、ウキが流されきって餌落ちの下まで返したところから弱くモヤっと入るDscf1035のに軽く合わせた(本人は空合わせのつもり)ら、何と掛かりました!これは素晴らしいが、もう少しちゃんとしたあたりは出ないのかと、欲張りは止まらない。ただ、時間的にはそろそろ午前中のGTかな。しかぁ~し、その後は3回あたりを見たが、2回はカラで1回はウキが立つや否やの消し込みでハリス切れと散々な結果しかなかったので、11時を過ぎて考えた。このままだと多分釣れないだろう。で、前にもやった記憶があるが、オモリを増やしてハリスを底に這わせる、いわゆる「ドボン」まがいにしてみた。オモリが遊動式になっていないのであたりが出るかどうか。ただ、マルキュー藤田さんのブログで、ドボンでもオモリは一緒に動くと書いてあった記憶がうっすらある(保証はありません)Dscf1036ので、きっと釣れると再開すれば、しばらくしてウキがビヨーンと返してトップの付け根まで出た!これは「食い上げ」!慌てて合わせればやった2匹目ゲットだ。よしよし、今度こそ午前中のGT、釣るぞ!しかぁ~し、ウキはその後2回消し込んだものの、全くかすりもせず。で、またも考えた。オモリが重すぎるのだ、きっと(倒置法)。で、追加したオモリを外してそのまま打ってみる、いわゆる何でしょうか「ハリスを這わせる底」か。すると、ウキはトップの付け根まで出てしかも流される。まあ当たり前と思っていたら、そのままズDscf1037ルッと入ったので合わせるとやった3匹目は11時半を過ぎている。これはこのやり方がいいのか、それとも単に時合なのか(おそらくは後者)。でもこのままでは絶対に流されるので、少しウキ下を調整して餌落ち付近まで馴染ませるようにしてみたら、12時近くになって流Dscf1038されきったウキがもぞもぞしていたので、まさかと思いながらも合わせると、やった4匹目ゲット。さあ、この調子でもう1匹。第2目標くらいは達成したいところだ。しかぁ~し、残念ながら12時のサイレンを聞いてもウキの動きは良くならず。そしてラス前にやった「上がりべら(終わる訳ではありません。念のため)」ゲットかと思ったあたりでは、引きが強くておかしいなと見ていたら、横向きに走っていてバラシ。そして最後の一投もカラで見事Dscf1039に終了させられた。時刻は12時12分。結果、午前の部では実釣2時間10分弱で4匹。あれだけ風・波が出る中ではまあまあではないか(自画自賛)。さあ、次は竿を9尺に替えて宙の予定。が、この風と波ではどうやら無理そうだ。でも、今日は持つダンゴを作ってやるだけやってみよう。その前にトイレタイム。向かう前に「粘麩」に水を加えておく。そして帰ってからそれにガッテン・天々・マッハを加えて混ぜれば持つダンゴの出来上がり。ついでに仕掛けも用意して、その後に昼食。そして少し深めの「たな」で開始は12時32分。今日のミッションはとりあえず1匹。しかぁ~し、予想外にウキが流されるので、じきに嫌になって10投くらいで宙を諦める。そして次にしたのが、「ナンチャッテ」底。しかぁ~し、これも餌が底に着いているにも関わらず、ウキが軽いせいか流される。で、それではと1時頃から午前の部でやったようにオモリを追加しての「ドボン」まがい。しかぁ~し、しかぁ~し、元よりオモリが少ないのでウキは止まらずシモッて沈没。で、で、それではと1時半頃に竿はそのままでウキと仕掛けを底のものに替える。これならオモリを追加すれば流されないに違いない。しかもオモリの巻きが悪くて遊動式?になっているのDscf1040で、これなら「ドボン」と言えるのではないか(それでいいのか?それでいいのだ!)。すると、何と言う事でしょう、しばらくしてウキがグッと入って1匹目ゲットだ。そしてトータルでの第2目標もクリアしてミッション完了!そうそう、柳の木の奥の先客は私の知る限り5匹を釣って静かに帰った。気が付かなかった。さて、目標もクリアしたのでもう帰っても良さそうだ。ただ、宙のつもりで作った餌はまだかなり残っている。これを打ち切って終わりDscf1041たいのが省資源釣法。すると、2時近くになってあたり!そして2匹目とだ。もういいでしょう、十分だ。で、残っている餌を丸めて一方は鈎に付けて打ち、他方は池に打ち込む。これくらいしないと餌はなくならないのだ。その後はウキはほぼ動かなくなり、2時32分に無事餌を打ち終える事が出来た。結果、午後の部では実釣ジャスト2時間で2匹。午後の方Dscf1042が風・波は強かったし(言い訳に過ぎません)、無駄な時間が多かったのでこの結果は仕方ないところか。トータルでは実釣4時間10分弱で6匹。前回よりは良かった。片付け。あっ、O合さんの姿がない。いつ帰ったのだろう。まあいい、片付けを終えて車に戻る。途中の階段は段差が低くしかも26段しかないのに、上り切ると息が弾む。何だこの体は?グッタリして荷物を積み込み、今日も今日とてベイシア詣でがあるので、さっさと池を離れた。
 
明日は梨を買いに行きたい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

今日のメダカ

あまりに暑くて冷房なしでは水槽の冷却ファンは機能しない。
そんな中、今日は水替えの日。
先日ちょっとだけやったのだが、そんなの関係ねぇ~っ!とばかりにプロホースで底を浚うと、出るは出るはの汚れ。
たった4匹の水槽なので、餌のやり過ぎなのかなぁ。それとも何処かに汚れの元があって、そこから絶えず汚れが発生しているのかも。
底面フィルターのチューブも汚れが出ているが、これは必要なものなのか。とりあえず取ってしまいましたが、何か。
ただいま外掛けフィルターで舞い上がったゴミその他を集めているところ。
来週には外掛けフィルターのフィルター交換がやって来る。ホント、掃除ばかりだ。
 
そうそう、1匹が抱卵しているのにやっと気付いた。これは間違いないが、一体どうすればいいのか。
隔離すべきなのか。もしそうだとしても、入れるものがない。また買い物になるのか?
いずれにせよ、このままだといじめっ子によって突かれて卵がやられてしまうのは目に見えている。
困った・・・。
 
バケツの1匹は最初は頭でっかちのひょろひょろだったのに、こまめに餌をやっていると少しずつふっくらしてきたみたいだ(個人の感想です)。
1匹では寂しいので、仲間を呼んでこようかな。
 
明日は竿を出せたら出しますと言いたいところだが・・・
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

遅く始めて焦りがあったか@増沢池

今日は通院後に増沢へ向かうつもりだったが、明日から医院がお盆休みになるので混み混み。で、増沢に向かったのがいつもより20分くらい遅れた。何とか10時半くらいに始める事が出来れば、それなりに楽しめると思いながらも、今日に限って信号でストップの繰り返し。駐車場着は10時を過ぎている。急いで車を停め、汗だくになりなDscf1025がら荷物を降ろして池に向かう。あれっ、柳の木の奥にO合さんがいないぞ。あっ、奥の方にそれらしき人が見える。しかぁ~し、そこまで挨拶に行く心の余裕はなく、さっさと準備開始だ。時間ばかり気にして、いつもと違って宙から入る。竿も11尺、餌もガッテン・天々と2種類だけ。そしてハリス長を22cm+32cmくらい(あくまで個人の見立てです)とし、開始は10時32分。ギリギリ間に合ったぞ。まずは餌の持ち具合を確認しながら、ウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返すと、じきにウキがモヤモヤ。ただ、あたりにならないのはいつもと同じ。何故かやたらと焦り出す私、とにかくウキが動けば合わせるという闇雲流で行くDscf1026が、当然ですが掛かりません。しかぁ~し、闇雲流も少しは役に立つようで、11時前に馴染んだウキが小さく力強く入るのに合わせたら、やった掛かりました!おおっ、サイズもグー。汗も引いて来て、さあ時刻も11時、午前中のGTいただきましょう。すると、確かに午前中のGTが来たのか、11時を過ぎて目にも鮮やかな消し込みでやった2匹目かと思いきや、やたらと暴れて何だかおかしいと思ったところに、向きがなぁ。そして「たも」に収めたところで鈎が外れた。これDscf1027Dscf1028はおそらくはスレでしょう。涙を呑んで?ノー・カウント。ただ、ウキの動きはまだなくならず、再度のズバッ!が出たものの、今度はハリス切れでガクガクッ。急いで交換して再開すると、何と連続してのあたりで2匹目ゲットだ。嬉しかぁ。しかぁ~し、12時近くにウキがズDscf1029ルッと入ればまたもスレでガクガクッ。腕だけが疲れる。そして虚しく12時のサイレンを聞く事に。開始1時間半経ってたったの2匹では、今日せっかく来た甲斐がない。何とかあと1匹、いや2匹と願いながらの餌打ち。すると、またもズバッというあたりが出て今度こそと思いきや、顔を拝んだ瞬間にバラシでガクガクッ×ガクガクッ。しかぁ~し、次の餌打ちで小さくウキが入るのに手をDscf1030出すと、やった掛かりました!サイズは放流チックになってしまったが、釣れてくれれば文句は言いませんよ。ただ、そこまで。餌を12時35分に打ち終えた。結果、午前の部では実釣2時間で3匹。竿は9尺の方が良かったのか、それとも餌か?疑問は尽きないが、時間がない。さっさと次だ次!予定では「トロ掛け」をやるつもりだったのだが、何故か急に両グルの宙をやりたくなった。Dscf1031で、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21・わたグル・新べらグルテンとお馴染みの配合。大体2時半くらいには終われそうな量を作った。そしてハリスを32cm+50cmくらいで「たな」はそのままで再開は12時40分。すると、何と言う事でしょう、すぐにウキが動き出したではないか。これは予想通りの展開か?しかぁ~し、残念それはブルーの仕業でした。やたらと細かいウキの動きに合わせ続けても、手のひらサイズとやや小さめの2匹をゲットすれば、早くもやる気がトーンダウン。それでも何かしなければとハリス長を2cmくらい詰めて再開すると、何と第一投でウキがズバッ!やったこれはへらでしょう、手応えが違うぞ。しかぁ~し、バラシでガクガクッ×ガクガクッ×・・・。するとそこから先はほぼ毎回のようにウキは動くのだが、肝心のあたりらしきウキの動きでは全くかすりもしない。更にお決まりの、次第にウキの動きが悪くなる展開でお手上げ状態に。1時半を過ぎたところで考えた。これはどうやら「ナンチャッテ」のお出ましが必要だろうと。で、ウキ下を少しずつずらしてウキの馴染み具合を(適当に)調整して再開すると、何となくウキが返している感じは分かるのだが、肝心のあたりは何処?2時を過ぎ、どうやら午後の部は寂しく凸まっしぐらと言ったところか。しかぁ~し、根性でウキDscf1032を見続ける私に神様のご利益があったみたいで、ウキが小さく弱く入るのに合わせたら、やったとうとう掛かりました!サイズもまあまあなので疲れも吹っ飛んだ気がしたが、残念その後はウキの動きもなくなって2時28分に無念の終了となった。未練がましく空鈎を打ってみるが、反応なし。結果、午後Dscf1033の部では実釣1時間50分弱でたったの1匹。まさにトホホだ。トータルでは実釣3時間50分で4匹。第2目標には届かず、しかも時間1匹の体たらく。ガックリして片付け。奥のへら師は先日同様早上がりしたようで、O合さんしかいないのか?分からない。片付けを終え、車に戻る。辛い。トイレに行きたいところをグッと堪えて(何故?)荷物を積み、今日も今日とてベイシアへ向かうべく池を離れた。
 
行かなかった事には出来ない私の性分
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

機を見るに敏

日付が変わってしまったところで、次のような記事を見つけた。
まさに「機を見るに敏」だね。

「家族旅行のチャンス」大韓航空の職員たち「大量日本行き」ZEDチケット物議

こうでなくては「かの国」とは言えません。素晴らしい!!
 
多分表に出ない同様の事柄が山ほどあるような気が
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

どうでもいいことかな

どうでもいいが気になった事。

「ほけんの窓口」のCM、大工さんが梯子1本で屋根で作業している部分、あんなのありえない。
梯子1本がしかもやや短め。あれだと下りられない気がする。
こういう時は足場を組むのが当たり前。あれでは事故が起きても当然だろう。その場合の保険の窓口なのかな。
 
小泉進次郎議員の結婚に驚いたのも束の間、今日は速水もこみち君の結婚が発表された。
もこみち君と言えば、私がかつてよく観ていた「絶対彼氏」あれはB級感満載で面白かったなぁ。
それに彼は顔も良くスタイルも抜群で本当に裏山の鹿がゾロゾロ出て来たし、更に料理も出来るとあっては男の私にとってもあこがれの存在?だった。
それが何と平山あやさんと結婚とは。しかもタイミングが進次郎さんの1日後という絶妙?なタイミング。何故この時に?とは思った。
 
かの国を巡る報道、今日のモーニングショーでは何だこりゃという内容だった。
こんな記事から、かの国にも理性的な人がいるとか、まさに何だこりゃ。しかもこんなオチまで付いているというお笑い。
更に、ツイッターでこんな事が行われているとべた褒め。
それならこんな記事も報道するべきなのに、それはない。
もう一つ書くと、かの国は北と同じく言論封殺が行われているとの記事もあるのだが、それも報道しない。
まさにかの国への「忖度」満載であきれてしまった。
が、この番組はかなりの高視聴率なので、これに影響される「脳内お花畑」の人も少なからずいると思われる。まあ、どうでもいいけどね。
 
暑くて何処へも行きたくないが、明日は竿を出せたら出します(これは出さないと言う事?)
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

今日のメダカ

気が付かなかったのは私の落ち度、水草に苔?が繁茂していた。
これは水槽用のLEDライトを替えてからだと思われる。つまり明るくなり過ぎたのでは?と言う事。
餌のやり過ぎ?で養分が増えたのも原因かもしれない。
で、思い切って水草を除去・交換する事に。
ついでに水槽の壁をこすってみたら、こちらにも苔。
で、やるつもりのなかった掃除(水交換ではありません)までやる羽目になってしまった。只今外掛けフィルター稼働中。
迷惑なのはメダカ達だろう。環境がガラッと変わるのだから。
さっきジャンボエンチョーで新たな水草を買って来たところ。
フィルターの効果が出て来たところに投入するつもり。

バケツの水草は変化がないのに、水槽の方ばかりトラブルが起きるのは何故だろう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

相変わらず蒸し暑くて閉口@増沢池

今日も暑い。増沢以外の池は日陰になるところが少なく、特に引佐天池では直射日光を浴びるしかない(傘を差せばいいのだが)。で、なんだかんだ言っても増沢へゴー!駐車場にはへら師と思われる車が3、4台。さっさと不定期便を済ませてから池に向かうと、いつもの場所は直射日光が当たっている。傘を差したくないので、なしDscf1012でセッティング開始。へら師は対面に1人と、こちら日陰側には奥の深場塩ビ管付近に多分2名ともっと深場に1人を確認。台を据え、今日の仕掛け11尺の底を準備すると汗まみれだ。餌は両ダンゴだが、あまり食いが良くなさそうなので持ちを考慮してトロロの底釣り+夏とする。だらだらと汗を流しながらの開始は8時57分。すると、じきにO合さん登場。定刻だもんね。当然ながらいつもの柳の木の奥に入る。さて、打ち出したまでは良かったのだが、すぐに気付いた。ウキが最初から返している。いや、これは餌が抜けているのではないか。おかしいなぁ、持ちを良くするためにトロロの底釣りを採用したのではなかったのか。で、餌を指でかなりコネコネして付けて何とか持ちを確保。更にはウキ下を微調してDscf1013みると、あれっ、あたりらしきウキの動きもあるのかな。そして汗が引いて来た開始20分過ぎに、馴染み切ったところから小さくモヤっとしたのに反応したところ、やった早くも掛かりました!しかもサイズはグー。これは幸先良いぞ。ただ、今のようなあたりを取らなければDscf1014ならないとすると、今日はしんどそう。更に9時半を過ぎて、返したウキに誘いを掛けてみたらチクッ!で2匹目。これもそこそこのサイズだ。今日は明らかな放流と言うサイズは出なかったのがせめてもの収穫。しかぁ~し、鈎を呑んでいて外れず、暴れられて切られた(ガクガクッ)。急いで交換するが多少段差が変わった気がしてならない。すると、その後はウキが馴染んですぐに返すと、そこから先がない状態に。今日はいつものバラグルセットをわざわざ変更して両ダンゴでやっているのだが、このままでは状況は変わらないと踏んで、10時を過ぎたところで決断!何とここでグルテンを作る。もちろんα21+わたグルなのだが、少量の増加ではあっても、これで間違いなく午前中は底をやる事になる。それなりに結果を出さないと時間のロスで終わってしまいかねないので、これは大きな決断だ(大袈裟!)。しかぁ~し、待つ釣りになってじきの10時半をDscf1015Dscf1016またいで2匹を追加すれば、これは決断が正しかったか。しかぁ~し、しかぁ~し、時間的には午前中のGTになろうとしている筈なのに、ウキの動きがガクっと悪くなり、バラシ等で第2目標にはなかなか達せずイライラが募る。O合さんは竿は曲がるもののスレで未だ結果を出せずにいる。厳しいね。対面のへら師はいつの間にかいなくなり、代わっていつも対面浅場の人がやDscf1017って来た。暑い中ご苦労様ですとしか言いようがない。さて、4匹目から約40分の11時半近くになって、やっと第2目標をクリア。これ、本当にグルテンを作った意味があったのか?と今更ながら自問してみるが、午前中はもうこれで通すしかない。12時近くになってもうDscf10181匹追加したところで、どうやら底はお終いか。12時のサイレンを聞いても状況は変わらず、最後の一投も返したウキがズルッと入ってのバラシでガクガクッの終了。時刻は12時6分。結果、午前の部では実釣3時間10分で6匹。時間2匹ではなぁ。まあいい、次だ次。と、釣り台から離れたところで急にトイレに行きたくなってトイレタイム。帰ってから昼Dscf1019食を摂り、その後次の準備という、私にとってはいつもと違う手順となってしまった。これはあまり関係ないか(ハテ?)。さあ、O合さんからも上(宙の事)をやるのかと言われたが、その通りです。竿は9尺に変更し、餌はガッテン・天々・S-ブルー。本来は午前中と同期させるように「トロ掛け」をやるのが筋(どんな筋だ?)なのに、つい仕掛けの変更がない両ダンゴを選んでしまった。そして再開は12時26分。最近は両ダンゴであまりパッとしない状況が続いているので、何とそれを打開したいところではあるが、私のアームでは難しいのかもしれない。別の釣り方を選択すれば良かったとは、相変わらずのタラ・レバ。それでも餌Dscf1020を打ち続けるとそれなりにウキが動くようになり、1時を過ぎたところでズバッ!とウキが消し込んで1匹目は嬉しいの一語。どうだろう、何とか単独で第2目標を超えるようになりたいが、まずはトータルでの第3目標クリアを目指すのが順当ではないか(それでもあと3匹はかなりキツイ)。すると、まさに予感通りウキは動くのにあたりにはならずの状態が続Dscf1021く。1時半を過ぎたところでやっとズバッ!が出て2匹目ゲット。O合さんも午後になって竿が曲がるようになって来た。しかぁ~し、私の釣り座は再び直射日光の餌食となって暑い!早く餌を打ち終えて終わりたいのはマウンテン・マウンテンなのだが、それには結果を出さないといけない。まさに板挟み。ここでも底と同じようにバラシで数を増やせず2時となってしまう。が、時間的には午後のGTが来たのか、2時を過ぎたところでまたもズDscf1022バッ!で3匹目。これで一応目標にはあと1匹となったが、それまでを考えると状況はなかなか厳しそうだ。奥の方は何故か帰り始めたようで、へら師は対面場所を変えて看板横に入った1人と我々2人の計3人となってしまったみたいだ。何故かな、これからゲリラ豪雨でも来るのかな。さて、午後のGTかもと思いきや、その後はウキの動きが弱くてあたらDscf1023ず。まあ、餌を切ればいいかと思っていると、3匹目から10分ほどでズバッ!が出て4匹目。今日はあたりは全てズバッ!で気持ち良く釣れたのが嬉しい。さて、これで今日の目標はクリア出来た。こうなるともう1匹釣って単独での第2目標と行きたくなるのは人情。しかぁ~し、予定は終了とばかりにウキが動かなくなり、最後の一投もカラで虚しく終了となった。時刻は2時26分。結果、午後の部では実釣ジャスト2時間で4匹。う~ん、5匹Dscf1024の壁は今日も破れなかったか。ただ、トータルでは実釣5時間10分で第3目標に達したので、とりあえずは良かったとしておこう。片付け。それまでは涼しく?釣りが出来ていたのに、片付けを始めると汗がどっと出て来た。そしてO合さんに挨拶して車に戻ると再びの汗まみれ。辛いなぁ。ここはさっさと帰宅してシャワーでも浴びたいところなのだが、その前にベイシア詣でがある。顔の汗ぐらいは拭いてさっさと池を離れた。
 
ホント、熱中症で倒れないのが不思議なくらいの暑さだ。それにしてもへら師の面々は大したもんだなぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

アクセス数低迷

最近アクセスがグッと減っている。
メダカの記事が良くないのか。それとも釣り日記が増沢ばかりで飽きられたか?
かの国の事を載せると一時的にアクセスが増えるのだが、そればかりでは嫌韓(知韓ともいう)ブログになってしまうので本来の趣旨とはかけ離れてしまう。難しいところだ。
 
明日は竿を出したいが、増沢以外で何処に行けばいいのか
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

今日のメダカ

今日は通院後に梨を買いに行ったので、釣りは梨(オイオイ)。

で、肝心のメダカだが、特に変わりなし。バケツの1匹は水面近くにゆったりと(弱弱しく?)いて、餌をやればそこそこ食いつくので、多分大丈夫。この状態で既に20日が過ぎ、水替えも1回やっているので、寂しそうには見えるけれど元気でやっていると思われる。指を近づけても逃げる様子もないので、慣れて来たか(弱っていて逃げられないという考えもあるが)。
水槽の4匹は元気なもの。餌への食いつきもグー。
今週末には水替えを予定しているが、これまでから見ても多分大丈夫ではないか。
水槽用のLEDライトを替えてから、明るくなったせいか苔の繁殖が止まらない。定期的に壁を拭いてやらなければならないほどだ。
それに、撲滅したと思われたスネイルも、何処からともなく出現する。しかもかなりのサイズになってから。不思議だ。
 
水槽の苔とカビ?らしきものも撲滅しなければ。エビを投入する?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

暑いが風のおかげでやや爽やかな釣り@増沢池

今日は引佐天池にでも行こうかと思っていたのだが、気が付けば増沢への道をひた走っている私がいた(オイオイ)。で、駐車場にはへら師と思われる車が2台。まだ8時だもんね。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ湖面には波。水は多少泥色から戻っている感じだが、結構強めの風で波は収まりそうにない。ただ、この風のおかげで釣りの間は、結果はさておき汗まみれになる事もなく終える事が出来た。奥の方、塩ビ管付近には先客がいるようで、竿が曲がるのが見えた。さあ、いつもの場所で準備開始。この風・波では宙はやり辛そうなので、とりあえず11尺の底から入る事にする。餌はいつものバラグル。しかぁ~し、底取りでウキがシモリ、難儀しながら取り終えたものの、多少深めに測った気がする。まあその辺はウキの馴染み具合を見ながら調整だ。餌打ち開始は8時31分。う~ん、予想以上にウキが流されるなぁ。シDscf1001モリもひどいし、これであたりが分かるかなぁ。なんて思いながらの餌打ちでも、開始20分ほどでウキが立つや否やでズバッと消し込み、慌てて合わせれば1匹目ゲット。これは底釣りではないが、まあいいでしょう。ただ、その後がない。底であたりを見て合わせたい気持ちが募り、気持ちばかりが先走る。と、そんなところへO合さん登場。おそらくは9時頃。いつもの場所で準備開始。私の方はウキが流されて止まるところがいつも同じ(かなり左)なので、そこにへらが集まってしまう。それは避けたくて右の方に打って正面で餌を切る、にしたいのだが、風で下手くそは毎回違うところにウキが立ってしまう。そしてウキが流されシモリ、案の定シモッたウキがスッと入るようなあたりがたまに出るものの、これが「齧り」のようで瞬間スレる。クーッ。で、今度は最初から左に打Dscf1002ってみたら、太い木の枝が釣れました(トホホ)。しかぁ~し、私の釣りに付きものの「掛かってます!」で2匹目は開始50分頃か。何だかなぁ。でもカウントですが、何か。今までスッキリしたあたりを見ていないので、せめて1匹くらいはバッチリのあたりで釣りたいところだが、今日の様子では無理かも。奥にはもう1人やって来たようだが、既に9時半近いDscf1003のに少ないなぁ。と、ここで流されまたシモッたウキがスッと入るのを見逃さずに合わせれば、やった3匹目ゲット。今日初めてあたりに合わせた。さあどんどん行こうと言いたいところだが、ここから先はいつも通り?のバッタリ。あまりのウキの動かなさに、ちょっと休憩とO合さんの様子を見に行く。ウキが流されあたりが出ないのは私と同じ。どうすればいいのかも分からず餌打ち再開。すると、シモッたウキがスッと入って「齧り」2回とカDscf1004ラ1回が3連荘で出た(トホホ)。あっという間に10時を過ぎる。ただただ餌を打つだけのマシンと化した私、それでもウキはたまにシモリながらスッと入るので、それに合わせて行くと、3匹目からほぼ1時間が経った頃にやっとあたりに合いました。う、嬉しかぁ。ただ、その後Dscf1005も状況は改善されず、11時近くになってラス前々にようやく第2目標クリア。これもシモッたウキがスッ!でした。しかぁ~し、ラス前にはバラシ、そしてオーラスにはカラとさっぱりのまま終了となった。時刻は10時56分。結果、午前の部では実釣2時間半弱で5匹。なかDscf1006なか厳しい中、まあまあではないか(極甘っ!)。さあ、次はどうしよう。竿は9尺に替えてウキが流される範囲を狭くするつもりだが、さて宙をやるべきか。と、その時何故か湖面が凪いで来たので、つい宙を選択してしまった。ガッテン・天々・マッハの餌を作ってからトイレタイム。帰って早めの昼食を摂り、再開は11時16分。再び波が出て来たが、もう変えませんよ。するDscf1007と、再開してじきにウキに動きが。流されてはいるものの、あたりも出た!が、しかぁ~し、消し込んでもカラはいつも通りか?それでも11時半過ぎにウキが入りそうで入らないところからズルッと入ったのに合わせれば、やった1匹目ゲットだ。やれやれ、これで宙にした甲斐Dscf1008があった。ただ、その後は再びのモヤモヤで、あたりらしきウキの動きには全く合わず。しかぁ~し、12時近くにまたも「掛かってます!」で2匹目は底の時と同じ展開か。すると、何故かは不明だが(おそらく午前中のGTかと思われる)、12時前と12時過ぎにズバッと言う消し込みで2匹をゲットすれば、やった宙だけで第2目標にリーチだ。しかぁ~し、何Dscf1009Dscf1010故かここからバッタリ。で、試しに「ナンチャッテ」へと移行してみるが、風・波が強くてウキが馴染む頃には打ち込んだ位置から2mくらい左にずれてしまう。そして餌が底に着くまでの時間も長いので、餌がなくなってしまうのではと、数投打ったところで止め。そして「たな」を上げてみると再開第一投で消し込み!これは行けそうな気がするぅ(天津なんとか)♪が、その後もウキはあたりらしき動きをするものの、全くかすりもせず。そして次第に動かなくなるトホホの展開が待っていた。1匹が遠い~!結局餌が尽きた1時6分まで全く釣るDscf1011事が叶わなかった。結果、午後の部では実釣1時間50分で4匹。トータルでは実釣4時間10分強で9匹。底と宙いずれも途中からバッタリだった。別にこの後やってもいいのだが、あまり気が乗らないので片付け開始。と、片付けの途中でO合さんが続けざまに竿を曲げた!午前中には1匹だけだったのが嘘のようだ。頑張ってください。また、片付け中にザわさんが登場。奥の方でT林さんと世間話に花が咲いていたらしい。メダカの針子はまだ大きくならないとの事。しばらくメダカの話をした後、ザわさんは再びT林さんの方へ戻り、私はO合さんに挨拶して車に戻った。今日は梨を買いたいのでさっさと池を離れ、姫街道にあるお店に向かったのだが、何と今日の直売は終了と立て看板が出ていた。まさにトホホで帰宅。明日は通院後に買いに行ってみよう。そうしよう・・・(以下同文)。
 
まだ台風の影響は風くらいか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

ホワイト国除外

今朝の閣議で、かの国をホワイト国から除外すると言う決定が下された。
まあ、予定通りなのだが、かの国は猛反発。
ウリは日本より道徳的に上位の国(いわゆる小中華って奴ですか?)、更に日本は戦犯国(こんな言葉はかの国しか使っていない)なのにウリを優遇しないとは何事だと言う訳。
最近はどんな知韓ブログにも書いてあるように、かの国は善意や好意を当然(権利?)と思ってしまうので、それを外されると火病を起こしてしまうのだ。全く自己中なんですけど、かの国はそれが分からない(分かればかの国ではなくなってしまう)。
更に、これも多くの知韓ブログにあるように、頭が高い乞〇と言われている所以なのだ。一旦優遇されると、普通の国の扱いには耐えられないらしい。普通なら、今まで優遇してくれてありがとうとなるのに、大統領が「盗人たけだけしい」と吠えてしまうところも、かの国で良く使われる「病身」そのもの。
この後どんな対応をするのか分からないが、トランプ流なら「見てみよう」というところだ。
 
ホワイト国除外は輸出しないと言う事ではないと言う事が分からないようだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

釣れない!カメラが壊れた@増沢池

今日は通院後に増沢へゴー!蒸し暑く熱中症のリスクがあるのは承知の上、駐車場にはO合さん、T林さんの車。その他多くのへら師と思われる車があったので、まずは橋まで行って池の様子を覗うと、幸いいつもの場所は空いていたので、さっさと荷物を降ろして池に向かう。まだ何もしていないのに汗。まずはO合さんのところへ様子を訊きに行くと、まだ始めたばかりだが5投目くらいで亀が来たとの事。釣り座に戻り、さて私は何から始めようかな。いつも通り底→宙と行くか、それとも最初から宙で行くか。よし、今日もまずは11尺で底から行こう。O合さんにその旨を伝え、準備開始。汗が滴る。餌はいつものバラグル。ささっと底を取っての開始は10時21分。本当に暑い。スポーツドリンクを凍らせて来たのだが、融けるのが早い早い。さて、前回はすぐにウキが返し始めたのだが、今日は何故か動きが遅い。と、そんな中O合さんが竿を曲げた!焦る。すると、私の悪い癖なのだが、つい余所見をしてしまい、気が付くとウキが入っていて慌てて合わせたら、うわっ凄い引き!これは・・・。しかぁ~し、頑張って寄せたらバックオーライでした。ガクガクッ。O合さんは更に1匹を追加して、これは厳しい戦いを強いられそうだ。私はその後もあたりはたまに出るのだが、これがバDscf0990ラシ(&カジリ?)で一向に凸から逃れられない。やっと1匹目が出たのは開始20分過ぎ。O合さんから早いと言われるが、気持ちの焦りでそうは感じなかった。今日は開始が遅いので、じきに11時。そろそろ午前中のGT、あるのかな。すると、ウキが返してチクッ!の抜群Dscf0991のあたりで2匹目。これはまさに時合でしょうか。まだまだ行けるぞ。しかぁ~し、11時頃から風が出始めると、曇っている事もあって白波でウキの視認性が一気に悪くなった。何かしらウキが動いているようにも見える時があって、合わせてはみるのだが掛からず。またあたりを見過ごす事もしばしば。ウキ下の微調もとりあえずやってみるものの、一向に状Dscf0992況は変わらない。かろうじて3匹目(鵜に噛まれたような傷あり)が出たのは11時半少し前だったが、その後は全くあたりが出ない、またはたまにあたってもバラシで数を増やせないまま12時のサイレンを聞く羽目に。O合さんも3匹目をゲットした後はウキが全く動かないらしい。困りましたね。腹が減っていてもそれどころではなく、一心不乱に餌打ちそしてウキを見つめるが、白波の中バラシと鱗しか手応えがなく、12時40分に無念の、Dscf0993無念の終了となってしまった。3匹目から1時間20分釣れなかった。これは一体何故なんだろう。結果、底では実釣2時間20分で3匹。まさにトホホだ。トイレタイムを取るのも時間が惜しいので、さっさと宙にする。竿は9尺、餌はガッテン・天々・マッハ。「たな」もハリスも触らずに再開は12時49分。まずは昼食を摂りながらいつも通りウキが馴染んだら餌を切るを繰り返すと、ウキはじきに返し始めた。やれやれ、宙ならそこそこ釣れそうだと極甘な見通し。しかぁ~し、「そんなに簡単じゃない」の声は聞こえてこなかったが、実情はその通り、あたらないのだ。今日もパクパクへらが見えてちょっとイライラ。更にあたりが出ても消し込む事はなく、当然ながら合わせてもカラ。困った。で、開始30分くらいでハリスDscf0994を25cm+35cmくらいに伸ばしてみる。すると、すぐにあたりが出たがカラ。でもこれなら行けるかもと、今度こその見通し。まずは2匹釣ってトータルでの第2目標(低~っ!)、更に宙だけで第2目標まで行けたらいいな。すると、予感的中で1匹目は1時半過ぎ。やれやDscf0995れ、これで帰れそうだ。しかぁ~し、ウキの動きはなかなか良くならず、2匹目が出たのは2時前。とりあえず最初のミッションはクリアしたが、この調子では前回並みの4匹も厳しいかも。クーッ、どうしよう。しかぁ~し、午後のGTには少し早いかもしれないが、2時を過ぎると急にウキの動きが良くなって来た。そしてこれまで合わせても合わせても掛からなDscf0996Dscf0997かったあたりで3匹目ゲット。更に餌が残り少なくなった2時半少し前に、ズバッというあたりで掛かったのは40cmくらいのグーなへらだ。あまりにグーなので、O合さんのところまで持って行って見てもらう。それくらい嬉しかったのだ。さあ、午後のGTが来たのならもう1匹釣って単独での第2目標を目指そう。しかぁ~し、じきにいいあたりで「上がりべら」&2つ目のミッションクリアかと思ったのだが、今日の私らしくバラシで終了。時刻は2時33分。結果、宙でDscf0998は実釣1時間45分で4匹。何だかなぁ。トータルでは実釣4時間強で7匹。ダメだこりゃ(長さん風に)。今日は来なければ良かったのかな。でも、どんな結果であれアップするのが私の信条、今日は釣れませんでした。片付け。底でバッタリのままだったO合さんも終わるようだ。そうそう、対面坂の下に後から来て入った人が結構竿を曲げていた。楽じゃないところに行くと言う苦行?に神様が応えてくれたのかも(単にアームの差では)。片付けを終え、O合さんに挨拶して車に戻る。キッツイなぁ。汗まみれで荷物を積み、今日もベイシアへと向かうべく車を走らせる私であった。
 
帰宅したらカメラが動かなくなっていた。シャツのポケットに入れていたのだが、汗がしみ込んだのかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ