« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月29日 (土)

マスクに加えて今度はトイレットペーパーだって!

マスク増産に伴い、紙の需要が高まってトイレットペーパーとかティッシュペーパーが不足するとかがネットで叫ばれて、急にトイレットペーパーとティッシュが店頭から消えているそうな。更にテレビの報道が拍車をかけた様子。
少し古くなるが、オイルショックの際にも同様のパニックが起きていた事を思い出した。
更に、近年にも確かそんな事があった筈とブログを確認したら、あったあった。それがこれ
誰かのたわごとに扇動されて買い占めに走った人たちよ、前の教訓が生かされていない事に早く気付いて欲しい。

こういう人が大半で、それが世論を形成するというのがちょっと怖い
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

爆釣の夢は儚く消えた@増沢池

休竿している間に、去年の今頃をブログで確認してみた。すると、何と言う事でしょう、25日には21匹26日には11匹をゲットしているではないか。3月になると、何と40匹の大漁()!前回O橋さんが放流の相手をしたとか言っていたから、今日はこりゃぁ爆釣間違いなしと勇んで通院後に増沢へゴー!途中モクレン通りではほとんどの木に花が咲いている。増々やる気が出て、駐車場着は10時少し前。晴れていて風も弱く、人間にとっては抜群のコンディション。しかぁ~し、O橋さんO合さんの車はあるが、K田さんとO石さんの車はない(O石さんは後から来た)。さっさと荷物を降Dscf1315ろして池に向かうと、先客はダム?そばに3人と、定位置のO橋さんO合さん、それに橋の下(しも)に1人。日陰側では深場に2人。この陽気でこの数なのか。まあいい、お二人に挨拶していつもの場所に入る。O橋さんはこれから餌を打つところ。O合さんは既に1匹をゲットしている。さあ準備だ。まずは両グルの底で状況を確認したいところ。竿は12尺、餌はα21+わたグルに前回同様ガーリックパウダーをパラパラ。凪いでいるので底取りも早く、開始は10時20分。やたらとそわそわしてしまう自分に苦笑しながらも餌を打つ。が、ウキは微妙に返しているようには見えるのだが、その後がない。とにかく早く1匹をと気持ちだけが先走る。しかぁ~し、竿が曲がったのはO橋さん。やられた!と、その時私のウキもグッと入ったではないか!やったと合わせれば、一瞬掛かったもののバラシでガクガクッ。本来ならツーショットで竿が曲がる筈なのに、どうして?とボヤくものの、バラシの後でウキは静かになってしまった。まさにトホホ。そろそろ11時。予報では風は弱いとあるが、何故か波が立ち始めた。雲も多くなり、ウキの視認性が心配になって来た。更に午前中のGTなどあろう筈がないとO合さんの声。しかぁ~し、私の悪い癖でつい下を向いてしまい、その後顔を上げたら何とウキが入っているではないか。Dscf1316慌てて合わせれば、今度こそ掛かりました!地べらだった。放流が動き出したとの情報はフェイクなのか。ただ、私の左にいる先客のウキは放流で動きっ放しのようで、ビシッと合わせる音がかなりの頻度で聞こえて来た(残念ほとんどがカラだったようだ)。私は次の餌打ちでもウキの馴染み際であたったのだが、これは全くかすりもせず、その後はバッタリの状態に。Dscf131711時半頃にO合さんがトイレタイム。その後私も続いた。河津桜は葉が出て来てそろそろ終わりか。道中で看板横にO石さんハケーン!随分長い間私の左の先客と話していたようだが、準備中との事。釣り座に戻り、昼食を食べながら餌打ちすれば12時のサイレン。我々3人のウキは静かなもの。今日は午後の部で何としても両グルの宙で1匹を釣りたいと思って来たので、そDscf1318ろそろ底は終わりにしないと。で、餌がまだあるが強制終了は12時23分。さあ、次はお待ちかねの両グルの宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はいつもの。それに加えてマッハをバラケとして少々。少し深めの「たな」で再開は12時28分。と思ったら、急に道糸が短くなったので、見ると穂先で絡まっているではないか。まだ何もしていないのに、何故?とにかく懸命に解く。最近の私は随分気が長くなったようで、以前なら途中でプッツンして道糸もプッツンなのに、丁寧に丁寧に解き再開は12時37分。絡んだ部分がこすれて傷になった気がして、もしそこから切れたらウキのロストは必至。頼む、何とか今日だけは持ってくれ。そんな願いを込めて、まずは底の残りを打ち尽くすと1時。さあ、これからが本番だ。しかぁ~し、残念ながらウキは静かに馴染むだけ。誘いを掛けたりピラミッドパワーにお出まし頂いたりと私なりの手当てはしたつもりでも、ウキの動きは出ない。そんな間にO橋さんが竿を曲げ始めた。スレの後に2匹をゲットし、一気に竿頭となる。私も何とか1匹をと思っていると、何故かウキ下はどんどん伸びて「ナンチャッテ」へと移行している。今日は両グルの宙で何としても1匹釣る筈ではなかったのかと問われれば、目先の1匹が欲しいんですと答えるしかない辛さ。すると、ウキは馴染んで返すものの、そこから先がない。まだバラケが残っているので、バラグルのセットにしたり両グルに戻したりとあれこれやってみるが、折からの風・波、それに雲でべったりの空でウキの視認性が悪化した上にかなりシモる。これはどうやら終わりの雰囲気Dscf1319だ。しかぁ~し、その時は突然にやって来た。1時半を過ぎて、流されまたシモッたウキがスッと入り、これに合わせたら掛かりました!う、嬉しか~。しかも何故か?放流。もしこれが群れで来ているなら、今後は爆釣か?しかぁ~し、その後は再びのバッタリ。放流は左隣の先客に止められているのかもしれない。ウキ下の微調もやってみるが、もう打つ手がない私は餌を打ち切るだけ。2時を過ぎ、深場ダム?そばの先客は帰り支度。対面の先客も1人帰った。午後になって雲が増えると体感温度はグッと下がり、朝方より寒くなった気がする。そろそろ終わっても良いかな?など雑念が頭を過る。しかぁ~し、ウキの方は流されながらもモヤモヤし始めたぞ。ひょっとして午後のGTあるかもね。すると、Dscf1320流されたウキがフワッと返し、そこから小さく入ったのを見逃さずに合わせると、やった3匹目ゲットだ。今度は地べら。放流はこちらには廻って来ないのかな。と、ここでO橋さんが4匹目。更に1匹目からずっと沈黙を続けていたO合さんの竿も曲がる。これが午後のGT?しかぁ~し、その後は特に何もない。GTでも何でもなかった。そしてO合さんが終了。しばらくしてO橋さんも。私はまだ餌が残っているので何とかもう1匹をと粘ってみるが、今頃になって放流が来たのかと思うくらい、あたりらしきウキの動きが出てもカラ。遠くO石Dscf1321さんが終わったようだ。そしてO合さんO橋さんが帰った。お疲れさまでした。私も2時42分に餌を打ち終え、虚しく終了した。去年の日記に浮かれてやって来たが、とんだ仕打ちに遭ってしまった。結果は3匹。朝方の少なくとも10匹くらいは釣れるんじゃないかなとは、全くの取らぬ狸だった。片付けを終え、T林さんに挨拶して車に戻る。もうグッタリだ。2月ももう終わり。3月は休竿が一週間あるのでその前に1回くらい竿を出せたら(何しろ40匹だぞ、去年は!)と思いながら池を跡にして、私はベイシアへと向かうのであった。

池の周りと池の中では季節が合わない?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

雑感

Saki今日は好天でも強風の予報に釣りは断念。明日は風も収まりそうなので、釣行は通院の後にでも。

韓国ドラマ「あした輝く私へ」が昨日終わった。個人的にはまあ面白かったと言っておこう。ただ、CMを多く入れんがためにカットに次ぐカットで、ネットでストーリーを読んでいない人にとっては、最後の方はあまりにも端折り過ぎているのが残念。
今日からは「愛してる 泣かないで」が始まった。これについては、面白ければそのうち記事になります。

久保田早紀のベストアルバム2枚組を購入。既にMP3に落としたので、車でゆっくり聴くとするか。
 
コロナウィルスの話題は一向に収まらない。何故かPCR検査をどんどんやらなければならないという風潮が強くなっている。個人的にはもうあまり意味がないと思っているのだが、世の中はそうでもないらしい。
検査を受けたい人は一体何を欲しがっているのか。陰性となって安心したいのか。万が一陽性になったらどうする?残念ながらお亡くなりになった方々のほとんどは高齢者や持病を抱えている方だし、一般には無症状から軽い症状で収まるようだ。新型コロナ以外でも、例えばインフルエンザでも毎年数千人が亡くなっている。新型コロナがこれよりひどい病気なのだろうか。
それに、インフルエンザではワクチンやら薬があるのに対し、新型コロナはまだそれらがないので、結局は陽性でも重篤でない限りは家で大人しくして自分の体力で治すしかないのが現状。
ネットではそういう落ち着いた意見が結構見受けられ、これがもう少し広まればとは思うのだが。
以下に私が面白そうと思ったネット記事を載せる。後半部分を参照の事。前半にはかの国のお馬鹿についても書かれているが、それはまぁ読んでも読まなくても。
 
こちらを参照 ⇒ 日本と韓国は敵か味方か?
 
三寒四温の後に春が来ると言う事
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

柳の下の泥鰌を求めて@増沢池

Dscf1308今日は予定通り釣行する。まずは通院。その後デコポンを買いに浜北へ。途中のモクレン通りでは、何と花が咲いているところが何か所かあってビックリ。デコポンは明日明後日くらいで終了となるらしい。今日買いに行って良かったぁ。そして帰り道の途中の増沢へと車を走らせると、駐車場にはO合さんO橋さん、それにK田さんの車を確認したが、T林さんやO石さんは残念ながら来ていないようだ。さっさと荷物を降ろして池へと向かう。日向側には定位置にO合さん。あっ、O橋さんは私のいつもの場所にいる。O橋さんのいつもの場所に誰か入っているので仕方ないところか。坂を下り、浅場のS我さんに挨拶して看板横に荷物を置き、これまた日陰側定位置のK田さんにも挨拶。それから遊歩道を進んでO橋さんDscf1306Dscf1307O合さんにも挨拶。まだウキは動いていない様子。釣り座に戻り、さあ準備しよう。予報通り曇っていて風はほぼないが、肌寒い。さて、前回のような展開を期待して竿は12尺。餌はα21+わたグルに、今回秘密兵器としてガーリックパウダーを振りかけDscf1309る。いもにんにくグルテンとかもあるので、これは効果的かもしれない(個人の見解です)と底を取っての開始は10時40分。柳の下の泥鰌は果たしているのか?しかぁ~し、ウキは静かなもの。早く餌を切りたいところをグッと堪えて待つ釣りに徹すると、11時半少し前にようやくウキが返すようになった。そしてそこからズルッ!やったと合わせるものの、今日は掛からずガクガクッ。ちょうどトイレタイムのO合さんには残念なお知らせをした。しかぁ~し、11時半を過ぎて左隣のS我さんの竿が曲がる!う、裏山鹿~。まあ、私より早く来てやっているのだから釣れても仕方ないか、と自分を慰めていると、今度は私にも再びのズルッ!Dscf1310ヤバい、スレかもと思いながらも合わせれば、やった掛かりました!ちゃんと口に掛かっていてグー・グ・グー。ちょうどトイレタイムのO橋さんにも見られたので、更にグー。しかぁ~し、O橋さんは既に放流ではあるが2匹をゲットしていると言うではないか。放流が動き出しているらしいのだが、私の前までは来ていないようで、クーッ・・・。その後は相変わらずのシーン状態となり、時刻を確認すると、後少しで12時かぁ。で、腹も減っているので昼食を食べながら餌打ちすると12時のサイレン。ウキは動かず。まだ餌は残っているが、Dscf1311今日は底も宙もやりたいので、強制終了とした。時刻は12時15分。さっさとウキと仕掛けを交換し、深めの「たな」で再開は12時21分だ。まずは底の残りの餌を打ち切るつもりで始めたが、途中で宙の餌(α21+新べらグルテン)を作って交互に打ち分けて続行する事に。しかぁ~し、ウキに全く変化なく、気が付けば「たな」は充分深くなって「ナンチャッテ」へと移行済み(トホホ)。左隣のS我さんは12時半頃帰っDscf1312た。K田さんは午後になって調子が上がったのか2匹をゲット。さて、底にしたからウキが動くと言う訳でもなく、しばらくは我慢の釣りが続いたが、1時半を過ぎてやっとあたりを見ることが出来、そして掛かった。やれやれ。K田さんは3匹目かと思ったあたりでバックオーライからのバラシで急ブレーキ。私も午後のGTに期待するしかなくなったが、それでも2時に3匹目ゲット。よ~Dscf1313しよし、まだこれからだ。もう1匹、いや2匹を釣るぞ。しかぁ~し、その後も状況はパッとしないまま、遂に最後の一投となる。前回はカラの連続で敢え無く終了となったので、今回は是非とも1匹をゲットしたいところ。すると、待った挙句にやっとウキが返し、そこからモヤッとウキが入ったではないか。で、これだとビシッと合わせると、オー・マイ・ガッド!一瞬掛かったものの外れてジ・エンド。ガクガクッ。時刻は2時27分。今日はトイレタイムDscf1314の余裕もなく餌を打ちまたウキを見続けたので、実釣3時間40分強で3匹。前回には届かなかったが、まあ我慢出来る結果としておこう。片付け。K田さんも終了した。片付け途中にO橋さんO合さんがやって来た。O橋さんは午後は奮わず放流ばかり計3匹。スレが6回あったと言うから、もし釣れていれば・・・。O合さんは放流の後地ベラでこちらも計3匹。ただし、ビックリしたのはO橋さんのいつもの場所に入っていた先客は、長い竿で何と放流混じりで34匹ゲットしたらしい。ただただビックリの一語。片付けを終え、3人で駐車場に戻る。途中K田さんも合流。駐車場で挨拶して解散。今週で2月は終わるが、私はもう1回釣行出来るかどうか。3月に期待するとするか?
 
ガーリック・パウダーの効果は不明
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

最近のメダカ

このところ暖かい日が続いたせいか、メダカの発泡スチロール容器の水温は15℃くらいで推移していて、中小メダカの方は水面近くに上がって来るのが数匹。餌をやると食べたりする事も。
しかぁ~し、どうも気温の上下が大きく、最近は10℃くらいで安定している。それでも中小メダカは水面近くにいる事もあるので、このまま行けば無事春を迎える事が出来るかもしれない。
不思議なのは水草が枯れない事。適温は20数℃なのに、何故だろう。
そうそう、どうやらエビちゃんは全滅したようだ。こちらは残念の一語。
ただ、ネットで調べたところによると、淡水のエビちゃんの中には肉食のものがいるらしく、苔取りで有名なヤマトヌマエビ(針子を食べる事もあるとか)とミナミヌマエビ以外はどうもそれらしいのだ。では、私が増沢でゲットしたエビちゃんはどうだろう。
色といい、何となく怪しく思えて来た。まあ、全滅したようなので、今はノー・プロブレムか(オイオイ)。
春になったら再度採取して確認してみよう。
 
明日は曇りでも風が弱そう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

予定外の釣行で望外の結果@増沢池

今日は特に竿を出す予定はなく、通院後に浜北でデコポンを買うだけのつもりでテクノロードから362へと進む。しかぁ~し、何故か前回とほぼ同じ数量で値段が半額になっていた。まあ、値付けは自由なので文句は言えないが、とりあえず5個で500円のものを購入。そして再び362からテクノロードへと向かったのだが、あまりの好天についつい増沢方面へと車を進めてしまった。これから始めると開始は11時。2時半までやれば何とか3時間半くらいは出来るかも。いつもの場所では結果は望めそうにないので、今日は昨日O石さんが入ると言っていた看板横にでも入ってみよう。駐車場Img_20200221_104203には珍しくO橋さんの車。遅い時刻なのでT林さんの車もあるぞ。急いで荷物を降ろして橋まで行くと、あれれ看板横には誰もいない。あっ、日向側定位置に奥からO橋さんO合さん、それにO石さんが並んでいる。これで私が定位置に入ればO型ブラザーズ揃い踏みだが、残念今日は成立しません。看板横に荷物を置いて挨拶に出掛けようとしたら、日陰側から声。K田さんだ。あとは浅場に咳払いと、ダム?そばにはいつもの面々。T林さんがまだ岡ジャミをしている。お三方に挨拶を済ませ(今日もウキは動いていないと言う憂鬱なお知らせがあった)、看板横に戻ってさあ準備しよう。竿は12尺で両グルの底は昨日と同じ。スカッと晴れて湖面は凪。暑くて汗が滴るくらい。ささっと底を取り、開始は10時59分。大体予定通りだ。ウキの馴染み具合を確Img_20200221_110621かめていると、ウキが返した!そして再び馴染む。これは最初からあたるかもと真剣にウキを見つめると、再度返してチク。やった早くも1匹目ゲットだ。これは素晴らしい。爆釣の予感。そして「たも」からへらを出そうとしているところをT林さんに見られた。私の鼻は少し伸びていたかもしれない。しかぁ~し、どうにもへらが寄っているような感じはなく、とにかく待つのImg_20200221_112227が大事と言う感じ。すると、1匹目から20分くらいで、ウキが馴染んですぐにズルッ。ヤバいと思いながらも目先の1匹が欲しくて合わせると、あ~あ掛かったのは蟹。個人的には今年初めて見たのでまあまあ短絡的に怒ると言う事はなく、静かにリリース。とにかくウキが動きっ放しと言う事はなくて、我慢しているとウキが返してからチクと言う感じの釣になって、2匹目Img_20200221_114144は11時半を過ぎてから。こちらは半目盛くらいのモヤ。まあそんなのはどうでも良くて、この状況には感謝するしかない。そしてウキの馴染みImg_20200221_115921が少し大きくなったので、ウキ下を微調すれば12時前には待望の3匹目ゲット。これはもう素晴らしいの一語。開始1時間で3匹なんて、いつもの場所ではありえない。ここでいったんトイレ休憩とし、ついでに車に忘れて来た昼食を取りに行く。大体15分くらいのロスになったか。昼食を取りながら再開すると、何故か状況は一変。ウキが動かないのは変わらないが、その後待っても返しが出なくなったのだ。更に12時半頃Img_20200221_125256にウキの動きが出て来たと思ったら、馴染み際やら普通のあたりでもカラが出る。これには痺れた。それでもめげずに打ち続けたら、1時少し前にやっとあたりに合って4匹目。とりあえずは第2目標にリーチとなったものの、午前中とはえらい違いに、やはりこの池甘くないと反省。すると、まだ午後のGTには早過ぎるが、1時過ぎにもあたりに合って、やったとうとう第2目Img_20200221_130755標をクリアしたぞ。昨日、何処かの誰かさんのようになりたいと願っていた事が本当になって、嬉しさも一入。まだ餌はあるので、もう1匹いや2匹と欲は止まらない。しかぁ~し、ウキの動きはそこまで。再びのシーン状態で当然ながら返しも出ない始末。餌もそろそろ少なくなって来た。ここはネヴァー・ギヴアップの精神で最後まで緊張を解かないようにとウキを見つめる。しかぁ~し、なんとラス前・オーラスとカラの連続であっけなく終了。ガクガクImg_20200221_135702ッ。時刻は1時57分。結果、トイレタイムを除く実釣2時間40分強で5匹。放流はなかった。まだ餌を作って残業と言う選択肢が残っているが、ここはきりのいいところで終了がいいだろう。片付け。遠い隣の咳払いは帰った。釣れたかどうかは不明。対面K田さんはまだ頑張っている。片付けを終え、O型ブラザーズさんのところへ向かうと、O橋さんは2匹ゲットしているが、O合さんO石さんは厳しい状況。O合さんはもう終わると片付け開始。O石さんは何としてImg_20200221_142212も1匹をとネヴァー・ギヴアップで粘っている。また宜しくと対面のT林さんを含め皆さんに挨拶して車に戻る。心地よい疲れが体に広がっている。今日は予定外の釣行ではあったが、こんな結果が待っているとは知る由もなかった。O合さんからは、次は同じ場所で返り討ちに遭うと忠告があったが、返り討ち上等!と次回も入ってみよう。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
次回は来週!春近しが正解かどうか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

好天も午後から曇って寒くなり@増沢池

今日こそ竿を出さなければと、張り切って出掛けました増沢。今日は晴れで風も弱く、バッチリの天気にやる気も十分。9時前に駐車場に着くと、既にO合さんの車がある。他にもへら師らしき数台。ちょうどI藤さんも来たところ。さっさと荷物を降ろし、橋を渡る。あっ、O合さんが定位置に着いたところだ。さて、今日はどうしようかな。ダム?そばには先客だし、看板横と言う手もあるが、ここはお久し振りのO合さんとだべりながらやるとしよう。挨拶していつもの場所に入る。湖面は凪いでいて太陽が燦燦と照っDscf1297ている。午前中は気温が低いとの予報に着込んで来たが、むしろ脱ぎたいくらいだ。さあ準備。竿は12尺でバランスの底。餌はα21・わたグルの両グルで行く。ささっと底を取っての開始は9時24分。2時半までやれば5時間くらい出来るぞ。すると、第一投からウキが小さくではあるが返しているか?しかぁ~し、O合さんから昨日も今日のような好天だったが、ウキは動かなかったと言われて出鼻を挫かれる。更に、最初は気付かなかったが、下鈎が開いていた。前回バラシた際に曲がったのか。急いで交換して再開。対面浅場にはK田さんがやって来た。さて、まだ開始30分も経っていないが、いつも通りウキが動かないと言っていたO合さんから声が。見ると竿が曲がっているではないか。早杉っ!そして裏山鹿~。それを気にしつつ私も餌打ちすると、何とウキが馴染み切ってすぐに返し、そこからモヤ!これだと合わせると、やった早くも掛かりました!まだ10時前。こDscf1298りゃぁ今日は爆釣だと喜ぶ私に、最初に釣れると最後までウキが動かないとO合さんからまたも鋭い手裏剣が投げられる。しかもそれが今日は当たっていた?から困るんだ。へら師は好天に誘われたのかその後も増え、ピーク時で14人はいた気がする。私、それにO合さんはずっと静かな釣りになる。11時頃にT林さん登場。河津桜の花にミツバチが寄って来て、羽音が凄いとの事。私にはあまり聞こえませんが(トホホ)。いつの間にかO石さんが私とO合さんの間の定位置に入っている。11時半過ぎにO合さんがトイレタイム。私ももう午前の部は終わりにしよう。ウキは1匹目以来全く動かない。もちろんウキ下のDscf1299微調やら餌付けの工夫など、やれる事はやったつもり。時刻は11時33分。次はもちろん両グルの宙。今年はあまりいい事がない釣り方だが、今日はどうかな?竿はそのままでウキと仕掛けを交換し、それからトイレタイム。帰ってからは昼食と次の餌(α21+わたグル+新べらグルテン)を作り、再開は11時48分。まずは残ったグルテンを打ち切る。ちょうど打ち切っDscf1300Dscf1302たところで12時のサイレン。う~ん、10時からほぼ2時間ウキが動いていない。これは困った。しかぁ~し、この後更にシーン状態は続くのだ。と、そんなところへいきなりDscf1303O石さんの声。見ると竿が曲がっている!本人はスレかもと言っていたが、寄せてみればバッチリ。10尺底でもグー・グ・グー。しかもその後もしばらくはウキが動いていたので、これこそが爆釣か?と見ていたら、次第にウキが動かなくなってシーン。我々3人はどうにもならない状況に置かれてしまった。私の方も宙では1回ウキが馴染む途中でフワフワした気がした(個人の感想です)が、それ以外には全くウキが動かず、バラケを作る事は考えていないので、ウキ下が次第に長くなっていった。そうです、「ナンチャッテ」になったんです。もちろんこれで釣れるとかはあてにしていないが、それでも宙よりウキが返すだけいい。それでも刻々と時は過ぎ、1時。太陽は雲に隠れて体感温度がグッと下がる。ちょっと風が吹くと寒い。そして2時。対面K田さんが終了か。2匹出たと言うから素晴らしい。我々3人は午後のGTに期待したいところだが、O合さんが終了。もう少し頑張りましょうと言いたいところだが、実は私も終わりたいのだ。ただ、餌が残っているのでそれを打ち切るまでは帰れまテン。それが省資源釣法(キリッ!)。O石さんも同様か。すると、ここで午後から出始めた波の中、ウキが返しているような気がして来たぞ。確かにかなり下までトップが見えている気が。そしてそれが馴染むように入ったDscf1304気がして合わせると、やった掛かりました!まさにネヴァー・ギヴアップの賜物。2時半を過ぎているが、ここまで4時間以上あたりを見なかったので嬉しいの一語だ。さあ、まだ餌はあと数投分ある。これで何とかもう1匹、いや2匹。しかぁ~し、残念ながら午後のGTは既に終了したようDscf1305で、その後はバッタリ。O合さんは帰った。そして3時4分に無念の終了。今日の結果は実釣5時間半弱で2匹。何処かの誰かさんみたいに5匹釣ってみたいなぁ。O石さんも終了し、片付け。対面T林さんの両側には1人ずつ入っているが、こちら側深場は全員帰った。本当はこれからなんですよ(これホント!)。片付けを終え、T林さんに挨拶して2人で車に戻る。急にトイレに行きたくなったが、今日はベイシア詣でがあるので、それまで我慢しよう(何故?)。挨拶もそこそこに車に荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は行きません(キリッ!)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

少しは私に愛をください


 
いやぁ、この3人の取り合わせは凄いの一語。
三者三様の持ち味が発揮されていて、これは2度と見られませんよ。
 
明日は何とか竿を出したいところ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

今日の出来事(増沢の様子)

今日は風が強いので釣行は止め、通院の帰りにちょっとした買い物を済ませて帰宅。相変わらずマスクはなかった。
それでも午後になると増沢の様子が気になって仕方ない。
で、見に行くだけと昼食後にゴー!強風の中どれだけのへら師がいるんだろう。
途中モクレン通りでは一部のモクレンに蕾が付いている。春遠からじと言ったところか。
しかぁ~し、駐車場に着いてビックリ!車がない!
Img_20200218_132856Img_20200218_132955ただ、O合さんとO石さんの車はハケーン。写真くらいは撮って帰ろうと橋を渡る。池にはお二人以外の姿は見えない。かなり風が強く、か弱い私は吹き飛ばされそうだ。
Img_20200218_133025Img_20200218_133054河津桜は葉が出て来ているものもあり、そろそろ花吹雪が見られるかも。
遊歩道を進んで、いつもの場所にいるお二人に挨拶。そしてお二人の写真を撮ろうとしたらスマホがダウン!まだバッテリーは充分ある筈なのに、電池切れとメッセージが出て落ちてしまう。
で、写真は諦めお二人に話を訊くと、O合さんは昨日は2匹今日は3匹をゲットしている。O石さんは午後から来てまだ結果が出ていないとの事。ただ、ウキは動いている様子。きっと釣れますよ。
Dscf1296帰りに362の坂の途中にある農園でデコポンを購入。家で食べたら適度な酸味と甘味のマッチングが素晴らしく、鉛の舌もまた買いたいと思えたほどだ。
更には家でスマホの充電を始めたら、何とまだ66%も残りがあったのにはビックリ。これはどうなっているのか。
いよいよスマホの賞味期限が切れるのか。
 
明日は用事で竿を出せず。今週は無理かな
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

かの国の行く末

かの国では左派政権にも拘らず(左派政権だからか?)言論統制が行われるようになったらしい。
「反日種族主義」という本は全国の図書館から撤去されたようだ。
ユーチューバーの親日発言には物凄い反応で動画を削除せざるを得なくなったり、更には同じ左派勢力でも現政権を批判したら告発されたりしているとか。
まさに民主主義の皮をかぶった北朝鮮というのがかの国の行く末ではないだろうか。
 
参考記事:延世大、今年の講義目録から”慰安婦妄言”リュ・ソクチュンの名前削除。警察は近く教授を検察に送致
 
参考記事その2:韓国与党・共に民主党が文在寅政権を批判するコラムを書いた進歩系の大学教授を告発

猿真似のキ・ソンヨンがJリーグに来るかも?冗談は顔だけに
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

北朝鮮に新型コロナウィルスは存在する?

ちょっと恐ろしい記事をみつけてしまった。
それがこれ

     
コロナ予防で隔離されていた北朝鮮の官僚、こっそり銭湯に行って銃殺される
 
これが本当なら確かにウィルスはいなくなるかも(怖!)。
 
浜北でデコポンはまだ収穫されていない?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ 

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

河津桜満開の花曇り@増沢池

この前竿を出したのはずっと昔のような気がする。やっとやる気と天気が良くなったので、それでは出掛けましょう。と、その前に再度天気を確認すると、ゲゲッ、降水確率が午後から40%になっている。ただ、雨雲が掛かる事は今のところなさそうだ。急いで通院後にゴー!駐車場にはO合さんK田さんの車に加えて、珍しやmasaさんの車もあるぞ。橋まで行って池の様子を覗うのももどかしく、さっさと日陰側いつもの場所に向かう。そうです、今日は終日曇りがちなので、日向も日陰も関係ねぇ~ってImg_20200214_100537Img_20200214_100559か!釣り座に向かうと、こちら側浅場にはK田さん。そして対面看板横にはmasaさんだ。そしていつもの場所にO合さん。他にも多くのへら師が日向側深場にいて、後から私の両側に来た2人と、ちょうどO石さんもやって来たので3人を足すと14,5人は入っている感じ。皆さんに挨拶してさあ準備しよう。さて、今日は気温は上がるとの予報だったので、防寒パンツは履かずに来たのだが、曇っていて風もないのに寒々しい。それでもやるぞ!竿は12尺で両グルの底だ。餌は宙のグルテン。花曇りで湖面に映る桜がなんとも言えない風情を醸している。ちょうど私の正面は底が盛り上がっている感じなので、出来るだけそこに餌を打つように心がけての開始は10時22分。ウキのトップは細いものを採用したが、特に視認性に問題なし。今日はずっとウキが見やすかった(と言ってもあたりが出なければ・・・)。グルテンはいたずらに大きく付ける事なく、あまり待たずに打ち換えて行くと、開始30分を過ぎた11時前に馴染んだウキが少しずつ返し、それから半目盛モヤっと入った!これは間違いなくあたりでしょう、と合わせるが、カラでガクガクッ。すると、そこから先はシーン状態に。あのあたりで掛からず、そしてこのシーン状態は、まさに凸まっしぐらを予感させるもの。これは厳しいぞ。しかぁ~し、その時は来た。11時半を過ぎて午前中のGTがやって来たのか、ウキが馴染み切ってからチク!やった今度こそと合わせると、掛かりました!久し振りの引きは気持ちよかぁ。しかぁ~し、寄せる途中で急に引きが強くなった。ヤバい、スレてるのかも。すると案の定バラシた・・・。GT(個人の感想です)でこれでは、今日はもう終わったか。で、床休め?を兼ねてトイレタイム。更には早めの昼食と気分転換を図るが、特に何もなく12時のサイレンを聞く羽目に。今日は風がないので、餌打ちも振り切りや落とし込みが私にしては良く出来ましたと言う感じなのに、ウキの動きは付いて来ない。まさにトホホ。しかぁ~し、ちょっと打つ場所を変えてみたら、ウキが馴染んですぐに半目盛チク!これに反射的に合わせれば、やった今度こそ食っImg_20200214_120628ている筈!いやぁ、ほぼ2週間ぶりの手応えには満足満足。サイズは写真では分り辛いが35cmくらい。上鈎を食っていたがノー・プロブレムだ。さあ、まだへらはいる(元々いるんですけど)筈、2匹目を目指そう。しかぁ~し、再びのシーン状態が私を襲う。ウキ下の微調やら餌付けの変化では対応出来ず、開始2時間が経過。本来ならここから午後の部として両グルの宙へと移行するのだが、今日はこのまま底を貫こう(餌がかなり余っている以外に、特に意味はありません)。私の両側はずっと静かなまま。K田さんも静かだ。masaさんは竿が曲がるのを見たが、詳細は独占放映権の関係でここでは書けません。対面O石さんO合さんからはウキが動かないとぼやく声だけが聞こえてくる。今日はいつもに増して冷え込んだせいか、早くも2回目のトイレタイム。そして遂に1時を過ぎた。グルテンの性(しょう)は既になくなっている。それでも今日4回目のあたり!しかぁ~し、これもカラでガクガクッ×ガクガクッ。と、ここでK田さんの竿が曲がった!今日1回目のあたりだと言う。さて、私のウキはまたもシーン状態となり、餌もそろそろ終わりそう。本来なら少しくらいの残業をして午後のGTに賭けたりするのだが、今日はもうお腹いっぱいです。それにポツポツ雨粒も落ちてきたりしたので、餌を打ち切ったら終了としよう。そうしよう(以下同文)。2時を過ぎ、私の左、柳の木の奥に入ったへら師が終了。ノーあたりだったとの事。さて、私も餌が終わり、最後の一投に期待してみたが残念叶わず。無念の終了は2時10分だ。結果、今日は底のみで実釣3時Img_20200214_141028間40分で1匹。あたりは4回+1回?か。とりあえず凸ではなかった。さっさと片付け。すると、一旦上がった雨だったが、再び降り始めた。スマホで確認すると、雨雲がもうそこまで来ている。これはヤバいと片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。そしてこれは書かなくてもいい事だが、3度目のトイレタイム。かなり冷え込んだと言う事。ちょうどO合さんO石さんが戻って来たので様子を訊くと、こちらもウキの動きは悪かったようだ。また来週宜しくと言って池を離れたが、そうだ今日は金曜。「秋桜」の開店日だ。久し振りにパンでも買って帰ろう。車は細江方面へと向かった。
 
次回はどうみても来週でしょう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

マッキー逮捕

歌手の槇原敬之容疑者が逮捕された。
彼は以前にも同様の罪で逮捕されており、その際には執行猶予が付いたのだが、今回は再犯と言う事でどうなるやら。
やはり覚醒剤等の誘惑は簡単には断ち切れないのかと残念に思う。
彼の楽曲には私が好きなものが多いので、今後流れる機会が減ると思うとそれも辛い。
 
新型コロナウィルスによる国内の死者がとうとう出てしまった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

今週も結局

このところ、どうにも気力が上がらない。火曜には竿を出すつもりで早起きしたのにも拘わらず、こたつから出られずに中止。
まさかとは思うが、釣りに対するパッションが減っているのかもしれない。
明日は好天で風も弱いとの予報。何とか竿を出したいが、気持ちが付いてくるか。
 
今日は肺炎球菌ワクチンの接種に行って来た
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2020年2月 9日 (日)

今日の出来事

今朝は公園の掃除の後に自治会の集まりがあった。
班の人数が少なくなったところに新たな役割が課されることになり、それを誰がやるかという相談。
結局くじ引きで決まったのだが、それにしてもこの調子なら数年に1回の割で班長やらが廻って来る事になる。
高齢化も進み、組織の維持も厳しい状況になっている。
とりあえず今日のところは終わったものの、問題の解決には程遠いのが現状。
 
明日も竿を出すのは難しい。明後日には何とか・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

最近の様子

今週は月曜に釣行した以外は通院のみの外出だった。
なにしろ寒くなったもんね。
それと、相変わらず足の痺れと喉の具合が悪く、気持ちも沈みがちだ。
メダカの水温は10℃を下回る事もあり、いよいよ餌をやらなくてもよくなって来たか。
巷では武漢肺炎の話題ばかり。マスクの買い占めもひどくて、ドラッグストアでは棚は空っぽのまま。
昨日は妹と姪が遊びに来てくれたが、寒い時期にお疲れ様としか言いようがない。
明日は公園の掃除と決めごとがあって、朝早くに起きなくてはならない。今朝も8時過ぎに目が覚めたので、明日は大丈夫かな。
 
来週は寒さが緩むので、是非とも竿を出したところだが
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

周りは春めいているのに@増沢池

やっと竿を出す気になれた。先週は足の具合が芳しくなく、また風の強い日が多かったので竿は出せなかったのだ。これがエヴリデイ・アングラ―の情けないところ。今日はやや風が弱そうだし、MS氏から春日部の春めいた写真が送られてきたので、それでは増沢がどうなっているか見に行かなくてはと思った次第。駐車場にはO合さんの車。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、橋の上からはへら師がほとんどいないImg_20200203_094337Img_20200203_094505事が分かる。曇りがちなので日向に拘る事はなさそうだが、久し振りにO合さんの横に入ってみよう。橋の上(かみ)浅場には咳払いらしき影。橋の途中で気が付いた。河津桜に花が付いている。梅は当然でも桜はまだ早い気がするぞ。とりあえず写真。遊歩道に入れば、O合さんは定位置。深場ダム?そばには2人か。やけに少ないなぁ。Img_20200203_101351やはり釣れないからか。挨拶していつもの場所に入る。まだ湖面は凪いでいるので、さっさと準備しよう。O合さんは11尺らしいが、私は12尺。仕掛けをバランスの底に変え、餌はいつものバラグル。じゃがにぃさんのレクチャーは頭から抜けてしまったのか、全く変わり映えしない形で開始は10時14分だ。しかぁ~し、どうもウキの馴染み具合がスッキリしないぞ。で、数投後に再度底取り。そして馴染みをしっかり出して再開すれば、開始30分経たないうちにあたり?残念カラだったが、がぜんやる気が出て来た。階段下付近に1人入ったようだが、O合さんの知らない人らしい。それからじきにO石さんがいつもの看板横に入る。本当は浅場でやりたかったが、咳払いが先着していたので変更したらしい。11時にはT林さん。今日はこれがへら師の全てで、計8名。さて、上空雲の行き来があって湖面も波が出始めた。多少湖面が揺らいだ方が良いらいいが、ウキの視認性は一気に悪化。そんな中、階段下に入ったへら師が竿を曲げる。どうやら宙でやっているようだ。私は今日は底で通すつもりなので、決して裏山の鹿は出て来ませんよ(そう思いたい)。しかぁ~し、その後はウキの動きは全くなく、返しを出すためにバラケを多少柔らかくしてみても無駄。ウキが動かないと時間の経過は早く、気が付けば12時のサイレン。O合さんと私は「ウキが動くか?」と声を掛け合うだけ。昼食を摂る時間もImg_20200203_121017勿体ないので食べながら続行するが、ウキが動いたのは最初の1回だけで、どうにもならず多くの餌を残しながら強制終了とした。時刻は12時10分。結果は言うまでもありません。さあ、次だ次!竿はそのままでウキと仕掛けを交換。ただし宙ではない。そうです、今まで何故か結果が出ている「ナンチャッテ」に賭けるんです。仕掛けをセットしてからトイレタイム。すると、遊歩道の池側に何かが逃げていくのが見えた。猫か?いや、小柄だし尻尾も太い。後ろ姿ではっきりしないが、どうやらイタチのようだ。狸は見た事があってもイタチは初めて。T林さんから、捕まえてペットショップに持って行けば5万で売れると言われても、私に捕まえられるはずがありません。公園内の動植物は原則持ち出し禁止かもしれないし。O石さんに話を訊くと、あたりはあっても乗らないとか。これは裏山鹿と言っImg_20200203_121825てもいいでしょう。トイレの帰りにあまりに綺麗なので桜をパチリ。釣り座に戻り簡単に底を取り、残った餌で再開は12時28分。波は出たり消えたり、風は四方八方から吹いて来る。それでも開始数投でウキに動きが。さすがに「ナンチャッテ」、適当な方がいいのかもしれない(そんな事あるか!)。すると、何と言う事でしょう、3投連続であたりらしきウキの動きが出たではないか。しかぁ~し、1回目はカラ、2投目3投目では痛恨の見過ごしでアウト!どうやらこれで今日の釣は閉店ガラガラなのかもね。更にはウキの動きが次第に悪くなり、遂にはシーン状態に。で、ウキ下を弄ってみると、今度はウキがズル~ッと入ってバラシ。まさにトホホ状態だ。O合さんはずっと静か、その奥は結構な頻度で竿を曲げている。1時を過ぎ、咳払いとダム?そばの2人が帰った。私はもう一度ウキが動いてくれないかと淡い期待を持って餌を打ち続ける。すると、しばらくしてウキが返したまま止まっているので、餌が落ちたのかなぁと空合わせしてみたら、あれっ、何か掛かっImg_20200203_132311たぞ。引かないので大きなゴミかと思ったら、次第に動き出した。やった「掛かってます!」で1匹ゲットだ。しかもちゃんと口に掛かっている。あたりを見ずに釣れて少し寂しい気もするが、1匹は1匹。これで気持ち良く帰れるぞ(ホントか)。さあ、まだへらはいる筈。もう1匹、いや2匹と人間の欲望には限りがない。が、そろそろ餌が尽きる。それにグルテンも2時間で性(しょう)がなくなるので、もう餌としてはダメだろう。その後はウキの動きもないままに時間だけが過ぎ、午後のGTが来る前の2時8分に餌を打ち終えた。結果、実釣1時間40分で1匹。トータルでは実釣3時間40分で1匹。とりあえず凸ではなかっImg_20200203_140826た。それにしても、最初の餌でここまで引っ張るのは私にしても珍しい。もう一度餌を作ってプチ残業すれば、あと1匹くらいは釣れるかもしれないが、今日はもうこれくらいで許してやろう。片付け。すると、まだいつもの終了には早いO合さんも終わると言うではないか。先に片付けを終えた私は、T林さんに挨拶してO石さんの元へ。今日は1時半頃に1匹出たと言う。素晴らしいデスネ。O合さんが追い付き、2人で駐車場に向かう。O石さんと同じく、このような状況では毎日来る気にはならないので、明日は多分パス。駐車場で挨拶して解散し、私はルーチンワークのようにベイシアへと向かった。
 
河津桜は2月の中頃かと思うが
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

参鶏湯

Img_20200201_173428先日のヒルナンデスで業務スーパーの特集をやっていて、その中で参鶏湯の紹介があった。
鶏が1羽まるまる入っていて、こりゃぁ1回は買ってみなくてはと勝手に思い込み、昨日(だったかな?)買って来た。
早速今夜頂いたのだが、レトルトパウチは1Kgと量が多くて湯せんで温めるには容器がなかなかなく、半分くらい水面上に出てしまうのを覚悟で15分ほど温めてみた。
そして封を切れば、中からはテレビでやっていたのと同じように鶏が出て来たが、これが既に柔らかくなりすぎ?でビックリ。骨も全て食べられそうだ。
腹の中からは朝鮮人参その他が出て来て、更に期待は高まる。
まずはスープから口を付けると、特に強い味は感じないけれども、濃厚でも割とさっぱりした感じと「鉛の舌」が教えてくれた。後は塩や胡椒で好みの味付けをするらしい。
しかぁ~し、我が家では私以外には不評のようで(鶏が丸々1羽入っているので、その形が気になるとの事)、結局買って来た私が1人でほとんどを消化する羽目になった。まさにトホホ。
でも、参鶏湯は今まで食べた事がなかったので、まあこんなものであると言う事が分かっただけでも収穫か。

喉の調子が相変わらず芳しくない。再度別の医院で診てもらおうかな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »