« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月30日 (木)

一気に暑くなった

今日は暑い。
通院のため着替えたら、長袖のシャツでは暑い。で、仕方なく半袖を出す。
メダカの水温も20℃を超えている。そろそろ本格的に水槽の再立ち上げをやらなくては。

新型コロナばかりが騒がれるが、それでは通常?の感染症であるインフルエンザについてはどうなっているのだろう。
データを見ると、去年末から今年にかけてはかなり減っていると言う感じ。それでも毎年数千人がインフルエンザで亡くなっている。
怖いのは新型コロナだけではないのだ。
ただ、インフルエンザにはワクチンや薬があるのに、新型コロナにはまだない。そこだけが新型コロナの怖いところ。
特効薬とワクチンの早い開発が望まれる。
 
家に籠ってばかりではうだってしまいそう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

今日もちょっとした散歩

やはりスマートバンドを買ったからだろうか、今日も散歩に出てしまった。
Sanpo0429今日は前回とは違うコースで、おそらくは短い。
信号がないので止まる時間もなく、ペースは1kmを11分くらいだった。
前回は歩き始めてすぐに腰が痛くなったが、今日は途中までは大丈夫だったぞ(オイオイ)。
ただ、靴は何とかしないと足に変な癖が付きそうだ。
車で通り過ぎるだけでは分からない景色に今日もお目に掛かれた。
次回からはMS氏を見習って花の写真でも撮ろうかな。
 
P.S.このスマートバンドの価格がアマゾンでまた安くなった。3200円くらい。この上下は何だろう。
 
少しずつ距離を伸ばして行こうかな(あくまで続くと言う前提で)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

今日の増沢の様子

先週末から市内の公園の駐車場は封鎖されている。
それでもひょっとして竿を出している人がいるかもと、通院後に見に行ってみた。

Img_20200428_095401

おおっ、駐車場入り口には赤い札で封鎖が書かれている。これでは入れないね。
それでもダム?そばに駐車すれば出来ない事はなさそうと、一応ダム?まで行ってみたが、車はない。
Img_20200428_095228

池を見渡せば誰一人いないぞ。
もしやと思った私が「ゲスの勘繰り」だったようだ。
で、そろそろと帰宅した。
 
こういう時に限っていい天気なんだなぁ、これが
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

あまりの好天につい・・・

今日から浜松市の公園の駐車場はGW明けまで閉鎖されるとか。市のHPにも出ていた。
そうなると、当然ながら公園内の池には行けない。釣りは3密とは程遠いと思っていたが、それもダメと言う事か。まさにトホホ。
Workoutで、それならせっかく買ったスマートバンドがあるので、ちょっと家の周りを散歩してみようかと思い立った。
もし買ってなければこんな事は思いつかないので、買って良かったと言うべきか?
ワークアウトで屋外ウォーキングを設定して、さあスタートだ。
しかぁ~し、歩き出してじきに腰に痛みが。オイオイ、これでまわれるのかと思ったら、今度はまだ2,3回しか履いた事がない靴が足に合わずつま先が締め付けられて痛い。
そんな2重苦にもめげず、かつて1回だけ歩いた事があるルートを急がずにゆっくり廻ってみた。
汗ばむような陽気、心拍数は平均120くらいでまあまあ。
それにしてもこんな事が出来るとは、時代は進んだね。
しかぁ~し、これを継続するとはまだ言っていませんよ。念のため。
 
P.S.この huwaei band 4 は私がアマゾンで購入した際には価格は3200円強だったのだが、今日見てみたら何と4800円になっている。一体何があったのか?
 
これに比べると、増沢のトイレタイムはキツイなぁ
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

今日こそ行くべきではなかった(トホホ)@増沢池

今日は昨日より風が弱いとの予報。だが、昼頃から天気が不安定になり雷ゴロゴロや急な雨があるかもとも書かれている。これは悩むなぁ。よし、通院後にとりあえず見に行くだけ行って、その時に決めよう。なんて思いながら駐車場に着けば、結構車が停まっているぞ。O合さんそれにK田さんだ。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、お二人ともいつもの場所。あれっ、いつもO石さんがいるところに知らない人が入っている。ちょっといつもの場所には入り辛いなぁ。それでは今日来ていないO橋さんのいつもの場所に入ろうかな。急いで車に戻り荷物を降ろす。そしてヒイヒイ言いながら釣り座を目指す。看板横には今日もいつもの人。遊歩道を進みO合さんに挨拶してDscf1426(K田さんには後で)さあ準備だ。ここは前々回底でさっぱりだった事もあるので、最初から両ダンゴの宙で行ってみるか。いやいや昨日のリベンジで何としても底で釣るぞ!竿はO橋さんを真似て9尺。昨日の事をチラッと思い出してしまったが、今日は今日だ。餌も昨日と同じバラグルセットだ。風・波は昨日より強い感じ。ただ日差しだけはたっぷりある。ちょっと底が取り辛かったが、何とかして開始は10時33分。ウキはそんなに流されない。太いトップでも大丈夫だ。ただ問題はウキが動かない事に尽きる。多少は返すような動きを見せるものの、全くあたらない。そんな中、今日はウキが動いていて、既にスレで1枚掛けているO合さんが竿を曲げた。放流でもいいじゃないですか、1匹は1匹。私はウキ下の微調等いつもやれる事はやってみるが、一向に動き出さない。おかしいなぁ、O橋さんはいつも釣っているのに・・・(アームの差では?)。深場にいるK田さんは姿は見えないものの、時折バシャバシャと言う音で釣れたのが分かる。裏山鹿~。早く結果が欲しい私は、開始1時間で底を断念。まだ餌がかなり残っているが、Dscf1427それはこの後やるつもりの宙の前座として打ち切る事にする。で、まずは竿はそのままでウキと仕掛けを交換。それから気分転換のトイレタイム。ただ、これは1回やるとかなり疲れるので、1回の釣行で原則1回だけだ。そして帰ってすぐにバラグルとして打ち始める。時刻は11時43分。ただ、あまりに量が多いのか、途中で12時のサイレン。で、今日も昼食を摂りながら続行。建前は底の餌を打ち尽くすと言う事にしているのに、ウキを見つめDscf1428る目は真剣そのもの。更に底の餌を打っている間に今日の本命の両ダンゴ(天々+ガッテン)を作っておく用意周到さよ?すると、ウキが動いた!急に色気が出てくる。そしてバラケを打ち切った後の12時半近くにウキが馴染み切ってからのモヤで、やった1匹目ゲット。サイズもグー・グ・グー。これは喜んでいいんだよね。欲の皮が突っ張ったままの私は更なるDscf1429上積みを狙って(オイオイ)餌を打つつもりが、餌がもうない。で、12時27分に底の続きの宙は終了。間髪を容れず両ダンゴで続行。期待に胸は膨らむ?しかぁ~し、昨日と同じようにしてもウキの動きは良くならず。なまじ両グルの方が良かったのかもとは、言っても仕方ないタラ・レバでした。それでも打ち続けるとウキに動きが出てくる。が、あたらず。いよいよトホホ状態まっしぐら。しかぁ~し、12時半過ぎ(後で考えると意外と早い)に、餌を打ってDscf1430から下を向いてしまい、その後空合わせをしたらやった掛かってます!でとりあえず両ダンゴでの1匹目ゲット。放流でもノー・プロブレム。さあどんどん行こうではないか。しかぁ~し、1時頃に空合わせで近くのへらにスレたのか凄い引きに耐えられずハリス切れとなってしまうと、その後はバッタリ。虚しく餌を打つだけの時間が過ぎて行く。まさにトホホ。で、困ったときの「たな」変更でウキが動くところを探すと、1時半頃からウキの動きが復活。そしてDscf1431ほどなく小さなあたりらしきウキの動きでやった3匹目ゲットだ。ちょうど遊歩道を歩いていた家族連れが見に来た。私の鼻は少し伸びていたかもしれない。O合さんは1匹目を釣った辺りからウキが動かないとこぼしていたが、午後になっても状況は変わらず厳しい状態が続いていた。が、しかぁ~し、終わってみれば2匹を追加して3匹。底で釣れるのは素晴らしいの一語。私は2時に餌を打ち終えた。結果、宙では前座も含め実釣2時間20分弱でDscf14323匹。底では今日も釣れなかった。片付け。先に終わったK田さんは帰った。竿が曲がっているのを見たが、ご本人はダメダメと言っている。お疲れさまでした。先に片付けを終えた私は今日も生理現象が優先して先に駐車場へと戻る。今日は本当にさっぱりだった。誰かさんのように、釣れなかったら来なかった事になるというふうにした方がいいかな。トボトボと家路に就いた。
 
御多分に漏れず、都田総合公園も明日25日から駐車場が封鎖されるようだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

無理して行かなくても良かったのでは@増沢池-その2-

風・波は午後から強くなるとの予報なので、流されやすい宙はやらない方が良かったのではと思いながら餌打ちを始めると、作り立ての餌ではウキが馴染まず。で、少々押し練りすると同時に、下ハリスを5cmくらいカットして餌のバラケを抑えたつもり。次いで餌が持つようになると「たな」を少し下げてみる。それでも大丈夫だったので、そのまま続行。すると、しばらくしてウキに動きが出て来たように思えて来た。底ではそんな気持ちになる事はなかったので、これで凸を脱する事が出来るかも。波の中懸Img_20200423_130032命にウキを見続けると、1時ジャストにウキが入ったように見えたのでとりあえず合わせてみると、やった掛かりました!う、嬉しかぁ・・・。しかも地べら。まだ午後のGTには少し早いけれど、とにかくウキが動いている間に釣らないとウキはすぐ動かなくなってしまう。頼む、何とかもう1匹、いや2匹(オイオイ、さっきまでは凸を解消出来れば良かったのではなかったImg_20200423_132410か?)。と、ここでパラソルさん登場。しばらく岡ジャミしていたが、その間にもウキは動き続け、パラソルさんがいる間に放流1匹をゲット出来た。ホント、良かったぁ。パラソルさんは明日は鯨が池に行くと言って帰った。岡ジャミお疲れさまでした。さて、ウキの動きは芳しいものではないものの、とりあえず動いていると言う事自体が嬉しい。O合さんは私が宙でバンバン打っていても関係なく竿を曲げる。その奥、後から来たへら師も竿を曲げているようだ。そろそろ期待の午後のGTかな。さて、パラソルさんが帰ってじきの1時半過ぎにImg_20200423_133532Img_20200423_135519ズバッ!というあたりで3匹目はちょっと大きめの放流か。更にそこから細かいウキの動きに翻弄されながらも合わせ続ければ、2時少し前にやった地べらの4匹目ゲット!午後のGT間違いなし、か。餌は練り過ぎと経時変化でかなり粘っている。それであたりも出難くなっていると思われるが、2時を過ぎて再びImg_20200423_140515Img_20200423_141013ズバッ!で遂に第2目標クリアまで辿り着いたぞ。午前中の底の時からは想像できない展開だ。更に餌が残り少なくなって、今度は久し振りの「掛かってます!」で6匹目は今日一番のサイズ。ちょっと恥ずかしいが1匹は1匹。カウントカウント。そして2時15分に餌を打ち終え、無事終了となった。終わってみれば午後の部では実釣1時間50分弱で6匹とまあまあの結果。まあ「終わり良けImg_20200423_141531れば全て良し」ってか(コラコラ)。片付け。O合さんも「上がりべら」をゲットして終了。午前中3匹午後3匹の計6匹だった。さすがです。片付けを終え、またも訪れた生理現象にO合さんに挨拶して先に駐車場に戻る。やれやれ、本当にしんどいなぁ。さあ、今日はベイシアには寄らないぞ。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
P.S.女優の岡江久美子さんが新型コロナにより亡くなった。まだ63歳の若さでもコロナには勝てなかったのか。謹んでご冥福をお祈りします。
 
明日も行けたら行きますと言っておこう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

無理して行かなくても良かったのでは@増沢池-その1-

昨日は風が強くて、また疲れが残っていて釣行しなかったが、今日は昨日よりは風が弱いとの予報にいそいそと出掛けてしまいました増沢。駐車場にはへら師と思われる車が並んでいるが、知った人はO合さんだけ。急に気乗りがしなくなったが、ここまで来て帰るのもどうかと荷物を降ろす。そして腰から脚にかけての違和感を抱えながら橋を渡る。看板横には最近よく見る人。そして遊歩道を進めばいつもの場所にO合さImg_20200423_093931ん。奥の方には5人くらいか。O合さんは昨日は「ドボン」で6枚。今日はまだ始めたばかりとの事。私もいつもの場所に入ろう。竿は9尺だ。とりあえずはバラグルのセットで様子を見よう。ちょっと迷ったものの、太いトップのウキを採用。ささっと底を取っての開始は9時54分。なんだろう、どうも食わせのグルテンが気に入らない。実は餌を作る時に間違えてわたグルをバラケの方に入れてしまったのだ。それを掬って何とかしたものの、バラケが混じってグルテンがくすんだ白色になってしまった。それに持ちも良くなさそう。ただ、一度作った餌は何があっても使いきる、それが省資源釣法(キリッ!)。ウキの馴染みも今一つの感じで、それでもまだ始めたばかりだからと餌を打ち続けると、しばらくしてO合さんが竿を曲げる。今日も好調ですね。私の方はウキ下の微調やら餌付け等の出来る事はやったつもりだが、1回もさわらず時間だけが過ぎるお約束の展開。まさにトホホ。あっという間に開始1時間。このままではマズイ、何とかしなければと、一旦は細いトップのウキに替えてみた。が、白波が立つとアジャパー。それではとウキを戻してオモリを追加し「ドボン」まがいをやってみるが、これまたどうにも。本来はもう少し続けないと状況が分からないのだが、もう少しでも早く結果が欲しくて迷走する私、波の中丁寧に底を取り直す。が、それも効なくO合さんが竿を曲げるのを恨めし気に見るだけ。12時近くになってK田さんが短い岡ジャミにやって来た。明日は多分来るでしょう。私は12時のサイレンが鳴ってもウキの動きを見る事なく、昼食を摂りながら必死にウキを見つめるものの、我慢していた生理現象には勝てず、あと数投分の餌を残してトイレタイム。帰ってからはただ餌を打って12時20分に無念の終了とImg_20200423_122057なった。O合さんからいつかあたりが出ると慰められても、落ち込んだ気分は回復せず。それでも次の事を考えなくては。もちろん宙だが、今日は両グルではなく両ダンゴを考えて来た。が、この調子では凸まっしぐらは見えている。粘麩主体にしようか?いや、どうせ凸なら自分のやりたい事をやって終わろう。竿はそのままでウキと仕掛けを交換し、ガッテン・天々を2時間分作る。そして「たな」は仕掛けのままで再開は12時28分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

相変わらずパッとしない釣り@増沢池

今日は予報によると風が5m/sくらい吹くとあったので、どうしようか迷ったものの、通院が済めばゴー!今年は増沢以外には行かなくなっている。駐車場にはO橋さんO合さん、それにK田さんの車、他にも結構停まっている。それにS我さんが荷物を降ろして池に向かうところ。私も急いで荷物を降ろす。そして今日はさすがに日向側でしょうと、重い荷物を持ってヒイコラ橋を渡る。途中看板横の先客に挨拶。S我さんは浅場に入るようだ。遊歩道は昨日の雨の名残でそこいらが水たまりになっている。思っDscf1415たより風・波は出ていないので、体感温度はかなり高くなっている。いつもの場所にO合さんO橋さん、それから少し離れてK田さんだ。あっK田さんが竿を曲げた!更にその奥深場にも5,6人が竿を出している。お三方に挨拶して、私もいつもの場所に入る。水は泥色だが、さてどうしようかな。O橋さんは8尺、O合さんは12尺。う~ん、悩む。が、ウキの視認性を考慮して9尺に決定だ。餌はいつものバラグルセット。ささっと底を取っての開始は10時27分。う~ん、やっぱりウキが見難いなぁ。我慢した方がいいのかなぁ。と、まだ始めたばかりだと言っていたO合さん、続けてO橋さんが竿を曲げる。残念お二人ともスレのスタートとなってしまったが、その後お二人は竿を曲げ続けた。私も早くDscf14161匹をと気持ちが焦って来る。今日は早めにT林さんが巡回。すると、開始20分ほどであたり?に合わせたところ、やった掛かりましたよもちろん放流が!何と今日はO合さんはスレも含めて全てが放流、O橋さんはほとんどが地べらとクッキリ分かれていた。私は1回でいいから放流が寄り過ぎてウキがグチャグチャになってみたいと思っているので、1匹目が放流と言うのは幸先良いぞ。11時頃O石さん登場。今日もO型ブラザーズ揃い踏みだ。しかぁ~し、O橋さんO合さんに比べてウキの動きが悪い私、餌のせいなのか(アームのせいとは言いたくない)。それでもしばらくしてちょっと大きめのウキの動きに合わせたところ、寄せる途中Dscf1417で放流の向きがおかしかった。どの辺りに掛かっているか見えなかったが、「たも」の中で鈎が外れたので疑惑の1枚とした。これでこの後釣れなかったらカウント、釣れたらノーカウントだ(オイオイ)。しかぁ~し、やはり細いトップのウキの視認性はちょっと白波が立つだけで悪化してしまう。で、O石さんがトイレタイムに立った11時過ぎに決断(トイレタイムとは無関係だが)。ウキを太いトップのものに交換だ。そしてO石さんと入れ替わりにO合さんがトイレタイム。と、その瞬Dscf1418Dscf1419間に太いトップでもしっかりしたあたり!そして掛かったのは地べらでした。更に続けてあたりに合えば連荘で3匹目。こちらも地べら。何でもいいから釣れれば嬉しいぞーい。時間的には午前中のGT、まだまだ釣れそうだ?しかぁ~し、急にウキは静かになる。そして12時のサイレン。まだ開始して間もないO石さんは別にしても、O橋さんO合さんも静かになってしまった(ただ、お二人とも静かにへらを寄せるので、私が気付いていないだけなのかもしれない)。出来るだけ餌を打ち続けたいので、昼食を摂りながら続行Dscf1420Dscf1421すると、それでもポツポツと放流をゲットしてとりあえず第2目標には到達した。やれやれ。ただ、バラケを打ち切ったその後はウキの動きが悪くなり、残念12時31分にグルテンも打ち終Dscf1422えてしまった。結果、午前の部では実釣2時間余で5匹。私は放流も立派にカウントしますが、何か。さあ、次は隣のO石さんの了解を得ての両グルの宙だ。と、その前にトイレタイム。ハアハア言って戻り、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はいつものグルテンにバラケとしてマッハ少々。そして少し深めの「たな」から再開は12時49分だ。しまった餌を少し多く作り過ぎたかな。いや大丈夫と餌打ち。すると、じきにウキが動き出したので、これは午後の部は安泰だ。とか思っていたら、これがあたりらしきウキの動きでもかすりもしません。まさにトホホ。そうしているうちにウキが動かなくなるのは私にとって悪いパターンの始まりだ。O橋さんO合さんは竿を曲げ続けるが、私はただ餌を打っては切るを繰り返すだけ。しかぁ~し、しばらく我慢していたら、またもやウキが動き出しDscf1423た。ただ、釣れない両ダンゴのようにモヤモヤするだけ。クーッ。それでもたまにウキが入る事もあり、とにかく合わせ続けると、1時半を過ぎたところで小さな合わせでも掛かりました!しかも今日一番のグッドサイズ。いやぁ、スレでなくて良かったぁ。まだ午後のGTには少し早いが、あたりが出ているうちにDscf1424釣らないと、またウキが動かなくなってしまいそう。ひたすら合わせれば、開始1時間でやった2匹目ゲットだ。1匹目よりややサイズダウンしたものの、嬉しさに変わりはない。さあ、これから午後のGTになればもっと釣れる筈と餌を打ち続けるが、あたりが減った上に掛かりもしなくなって2時37分に無念の終了。結果、午後の部では実釣1時間50分で2匹。トータルでは実釣4時間弱で7匹かぁ。K田さんは2時頃に終わり、帰った。ご本人はパッとしなかったと言っているが、Dscf1425竿は曲がっていたと思うよ。そして先に終わったO橋さんは地べら10匹に放流2匹。O合さんは放流ばかり9匹。裏山の鹿がゾロゾロ出て来た。ガックリして片付け。O石さんは遅れて来たのでまだ続行の様子。O橋さんは帰り、O合さんは岡ジャミ状態。私は皆さんに挨拶して車に戻る。ただただグッタリ。さあ、今日はもう帰ってもいいだろう。と思いながらもつい寄ってしまうのがベイシア。フラフラと吸い寄せられるように池を離れた。
 
明日も天気は良いが、体が付いて行くか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

恐ろしい事実(ちょっと大袈裟)

さっき、ふと大1匹の発泡プラスチック容器に入れたエビちゃんが気になって、水草をどかしながら中を見たら、ゲゲッ、1匹の小さなスネイルハケーン!
一体何処から湧いて来たのか?この容器は全くの閉鎖系なので、スネイルが侵入する筈がない。なのに1匹いたと言う事は・・・?
まさか隣のタニシ洗面器からはるばる移って来た?いやいや、その前にスネイルはタニシではない。
とりあえず取り出してはみたものの、ひねりつぶすのはちょっと可哀そうな気がして(今まで散々やって来たくせに)。
あと、考えられるのは水草に卵の状態で導入され、水温が上がらないうちは孵らなかったのに、最近の暖かさで孵ったのかも。
いやいやそれもどうかな?疑問は尽きない。
 
結局全容器から退場してもらった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

雨が降っている

予報通りの雨。
その間隙を縫ってビッグ富士で買い物をして来た。開店早々なので人はそんなに多くなく、ストレスなく買い物が出来た。まずはホッ。

しかぁ~し、ストレスと言えば近くのカラオケスナック。新型コロナが話題になって、更に静岡県にも緊急事態宣言が出されても、一向に休業せず、昼間は元より毎夜毎夜騒音を撒き散らしている。今日も同様。
来る連中はほぼ爺さん婆さんだ。聞くところによると巣鴨でも爺さん婆さんが湧いているらしい。まさか自分は罹らないとでも思っているのだろうか。この近辺でも新型コロナに罹った人がいるとかいないとかの噂が流れているのに、自分の身だけは大丈夫だと思っているとしたら、想像力がなさ過ぎる。
 
スマートバンド、もう飽きた?実際に運動とかしないと数値が変わらないので、雨ではなぁ。ただ、ラインの着信では一部文章が表示されることがあるので、それは便利だ。とりあえず腕に巻いてはあるが、特にそれ以上でもない。
 
明日は晴れても風はある。とりあえず見に行くくらいなら・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

私の睡眠

昨日セットアップしたばかりのスマートバンド huwaei band 4 を使って、早速睡眠の質を測ってみた。
Screenshot_20200419065508毎日朝の目覚めがスッキリしない私だが、測定結果では普通の睡眠をしているようだ。
それにしても腕にはめるだけでこんなものが測れるなんて面白いなぁ。
高価なものになると、血中酸素の飽和度やストレスも測れるらしい。
しかぁ~し、今回は試しに買ってみたのだが、youtube では圧倒的にシャオミの mi band 4 がお買い得になっているようだ。
電池の持ちが全然違うとの事。ざっと倍?くらいか。
買ってからしまったと一瞬思った私だったが、まあいいじゃないかと諦め?ている。
それにしても世の中はどんどん進んでいるんだなぁとしみじみ思った次第。

P.S.bluetooth を繋ぎっ放しにしていたら、スマホの電池の減りが半端ない。確かに最近は電池の減りが早くなっていたが、昨日満充電した筈なのに、今日の午後には30%を切る勢い。スマートバンドの方は新しいせいかそんなに減りはみられない。そろそろスマホは買い替え(ついでに楽天からもNMP)しようかな。
 
今日は日曜。緊急事態宣言の効果はいかほどなものか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

今度はこんなものを

Img_20200418_213135Img_20200418_154957暇に任せてプチ散財を続けている今日この頃、今日はこんなものを購入。HUAWEI のスマートバンド BAND 4 だ。
特に意味はないのだが、眠りの状態を把握出来ると言うのでつい試してみたくなって、アマゾンでポチっとな。
しかぁ~し、届いてすぐにセットアップしようとしたら、どうにも bluetooth に繋がらない。何度やっても同じ。これは困った。
まさか初期不良か?それともまだ何かやらなければならない事があるのに、それが分からないのか?
晩飯を挟んで悩みに悩み抜いたのだが、これが大チョンボ。ほんのちょっとした操作を忘れていたためだったのだ。まさにトホホ。
恥ずかしくてここには書けない。でも、何とかなったぞ。
これで今夜は早速眠りをリサーチしてみよう。
 
自分の情けなさにグッタリ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

今度は bluetooth 受信機

Img_20200417_094945Img_20200415_152714先日 bluetooth 送信機について載せたが、味を占めて今度は受信機を購入。
これもアマゾンで800円くらい。
早速スマホ用のダメダメ充電器に繋ぎ、更には別途購入した、先が赤白に分かれたオーディオケーブルに繋いで、それをオーディオアンプのTAPE1入力に接続する(AUX入力はCDプレーヤーに接続してある)と、これで普通のオーディオアンプが bluetooth アンプに早変わり。
デスクトップのPCとノートPC(先日 bluetooth 送信機を繋いだもの)の両方で無事動作を確認。心配していた音飛びもなく、良かった良かった。
 
実は暇に任せてまた余計な?買い物をしてしまった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

押し寄せる波とうねりに早上がり@増沢池

今朝起きたら体のあちこちが固まっている?そう言えば喉の調子もいまいち。これは昨日の疲れなのか、それとも・・・。それでも起きて体を動かしていたら調子が戻って来たので、それでは今日も3密とは無縁の増沢へゴー!ちょっと出が遅れたので、日Img_20200416_093447向側には入れるところがないかもしれない。それならいっそ風が3m/sで気温は20℃まで上がると言う予報を信じて、日陰側かつてのいつもの場所にでも入ってみようかな。駐車場にはO合さんO橋さん、それにK田さんの車はあるが、いつも日向側深場にいるへら師の車はないぞ。さっさと荷物を降ろして日陰側に向かう。途中湖面が細かく波立っているのが見えて来た。ちょっと憂鬱。岸辺に降りると、あれれへら師は日向側のK田さんO橋さん、それにO合さんの3人しかいないぞ。挨拶して準備開始。日陰側はさすがにちょっとひんやりしている。一応冬用のジャンパーを着込んでは来たものの、風・波もあって早くもやる気がトーンダウン。さて、今日は底も宙も両ダンゴで行くぞ。昨日は餌で失敗したと思っているので、今日こそ爆釣だぁ?餌はいつもの夏・冬・マッハ。水量を間違えたのか少し軟らかめに出来てしまったが、多分大丈夫。ただし、竿はウキの視認性を考慮して11尺から9尺に変更だ。そしてささっと底を取っての開始は9時50分。う~ん、ウキの馴染みは大丈夫そうだ。が、かなり左へと流される感じ。目を凝らしてウキを見つめる。しばらくして、一向にウキが動かないので食わせに「玉」を付けてみる。すると、開始30分ほどであたりが出た!残念時刻を確認するため手を離していました。ガクガクッ。10時半頃O石さん登場。坂の下に入った。それからほどなくT林さんの巡回。へら師は日向側橋の上(かみ)浅場ワンド付近に2人が入った。さて、その後もウキは流されシモる。ひょっとしてあたった後ではないかと言う動きは見せても、あたりそのものは見る事が出来ず。対面お三方はもう結果を出している様子。今日は何故こんな条件の悪いところに入ってしまったのかと早くもタラ・レバ(前回も同じことを言っていた)。でも何とかして1匹は釣りたいところ。しかぁ~し、ウキの動きはないまま開始1時間。ここで仕方なくグルテンを作る事に。わたグルを単体で少々。すると、第一投で波の中馴染んだウキがそのままムッと抑え込む動き。もしやと合わせれば、やった掛かりました!あっ、バラシた。ガクガクッ×ガクガクッ。すると、11時を過ぎてO石さんの声。先を越されてしまい、プレッシャーに押しつぶされそDscf1411うだ。それでもしばらくすると、シモッたウキが入った気がして合わせれば、やった今度こその1匹目。やや放流チックではあるが、これで肩の力が抜けた。さあこれからと思いたいところ。だが、これまでも同じようなウキの動きはあったような気がしてならない。今後もこの風・波の中これを拾うのは無理だと思う。それでは今まで何故気が付かなかったのか分からない「ドボン」に登場してもらおう。ただ、オモリは遊動式になっていないので、「ドボン」まがいで。適当にオモリを追加し、ウキの位置を調整して再開。すると、たまたま両グルで打ちこんだところ、あたり!やったと合わせるが、残念またもバラシでガクガクッ×ガクガクッ×・・・。O石さんは2匹目をゲットしており、またもやプレッシャーが押し寄Dscf1412せてくる。しかぁ~し、白波の中目を凝らしに凝らしてウキを見つめ続けると、11時半を過ぎて遂に出ましたあたり!そして2匹目ゲット。う、嬉しかぁ。トイレタイムのO合さんからも2匹をゲットしていると聞いて、まずは一安心。ただ、その後はどうしてもあたらない。遂に12時のサイレン。こうなったら居直りではないが昼飯だ!ささっと食べ終えて、今度はオモリを外して単にオモリベタにしてみる(特に理由はありません)。トップの出具合を調整して再Dscf1413開すると、ウキが馴染み切ったかなと思ったところで更に入り、反射的に合わせるとやった3匹目ゲットだ。もういい、十分でしょう。実は11時半頃から波に加えてうねりのようなものが押し寄せるようになり、こんな状況下での釣りはもう無理!餌が終わったら終了と決めていたのだった。そして遂に餌を終えたのが12時28分。結果、実釣2時間40分弱で3匹。このDscf1414状況でよくぞ釣れましたと自分を褒めておこう(オイオイ)。片付け。うん、風・波が多少弱くなって来た気がする。でももうやりません。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。うわっ、池と駐車場では大違い。駐車場は風もなく暑いくらいだ。ひょっとして池も穏やかになった?いやいやもうどうでもいいでしょう。さっさと荷物を積み、さっさと帰宅した。
 
明日は雨。ゆっくり過ごそう。そうしよう、双子葉植物
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

好天に恵まれるも釣果は・・・@増沢池

昨日とは打って変わって今日は晴れて風も弱い。これは出掛けなければならないでしょう。3密とは無縁の増沢へゴー!あれっ、9時を過ぎているのにO合さんの車がないぞ。代わりに?咳払いの車。駐車場からちらっと見える湖面は凪いでいるので、急いで荷物を降ろして池に向かう。へら師は看板横と坂の下に1人ずつ。挨拶しながら進めば対面橋の下に1人。そこから対面深場には咳払いを含む2人。遊歩道を進んDscf1403で、いつもO橋さんが入るところに陣取る。こちら日向側にはダム?そば付近から5人くらいか。さあ準備しよう。今日はO合さんもO橋さんもいないから、何も気にせず宙が出来る。それではまずは9尺で両グルの宙から行ってみよう。餌はα21+わたグル+新べらグルテン底。マッハもちょっとだけ。適当な「たな」で開始は9時44分。すると、数投後にO合さんとO橋さん登場だ。ゲゲッ、底から始めていればと思ったが、アフターフェスティヴァル。まあいい、そのまま続行だ。O合さんはいつもの場所、O橋さんは私がいつも入るところに入った。さて、餌打ちしてじきにウキがモヤモヤし始めたまでは良かったのだが、そこから先がない。あたらないのだ。バラケを付けても同様。で、O合さんO橋さんが開始したので、早く1匹をと開始30分ほどで「ナンチャッテ」に移行(オイオイ)。すると、何と言う事でしょう、第一投からウキがモヤモヤ。そして2投目にはあたり!そしてDscf1404Dscf1405掛かりました。放流だったが、これで肩の荷が下りた。更に10時半過ぎには地べらの2匹目ゲット。まだお二人は結果が出ていない。よしよし、今日はこのまま爆釣と行こうではないか。しかぁ~し、次のあたりで鱗をゲットしてしまうと、そこから先はシーン状態に。すると、O橋さんがいつも通り竿を曲げ始める。マズイ、このままでは簡単に逆転されてしまう。で、開始1時間を機に再び「たな」を上げて行く。しかぁ~し、あたったかと思えばおそらくはスレてハリス切れ(ガクガクッ)。やはりその後はシーン。O橋さんは午前Dscf1406中に3匹追加して4匹。いつもながら素晴らしい。私の方は「たな」を上げ下げする迷宮に入り込んでしまい、宙に戻してから小一時間経った11時半過ぎにやっと3匹目。いやぁ、厳しいなぁ。こんな陽気ならもっとウキが動く筈と楽観視して来たのに、再び冬に戻った感じだ。早めの昼食を摂りながら続行するも叶わず、11時54分に餌を打ち終えてしまった。結果、午前の部では実釣2時間Dscf140710分で、底で2匹宙で1匹の計3匹だった。さあ、次こそ今日の本命、両ダンゴの宙だ。今日は11尺で餌も前回と同じにする予定だったのだが、両グルの際のウキの動きを見て竿は9尺のまま、餌は粘麩に天々・マッハの組み合わせに変更。そして再開は12時のサイレンを聞いてすぐの12時2分。しかぁ~し、分かっていたとは言え、ちょっと餌が粘り気味だ。これで果たしてあたるのか?すると、その不吉な予感は的中!ウキのモヤモヤに始まる一連のあたりへの動きは出るものの、全くかすりもしない。前回と同じ餌を作っておけばと今更ながらのタラ・レバ。で、気分転換を兼ねてトイレタイム。しかぁ~し、状況は変わらず。下ハリスを数センチ詰めてみる。再開1時間くらいが経過している。それでは再び「ナンチャッテ」のお世話にでもなろうか。な~んて思いながらウキ下を伸ばす。ところがどっこい、両グルの時のようにはならず。しばらくやってみたが、断念して底を少し切った位置から少しずつ「たな」を上げて行こうかと思ったら、最初の「たな」変更からウキがモヤモヤ。そして午後の部では午前中より厳しくなった状況Dscf1408下(個人の感想です)にも拘わらず、O橋さんO合さんが既に結果を出している中、「掛かってます!」で恥ずかしや1匹目ゲットだ。既にO橋さんは2匹をゲットしているので、午前中に比べて差は広がっている。まさにトホホ。餌は何度も渇き、その都度手水で潤してはいたが、次第に粘りが増して来た感じ。私はその後、深い「たな」でバッチリのあたりを取ってやったトータルでの第二目標クリアか?と思ったら、寄せる途中でバラシ、反動で仕掛けを頭上の木の枝に掛けるトラブル発生!瞬間的に引っ張ったので何とか被害を受けずに済んだ。が、しかぁ~し、その後はウキがシーン。で、仕方なく「たな」を少しずつ上げて行ったら、午前の部と同じくらいの「たな」でウキが動き出したではないか。まだ午後のGTには少し早いDscf1409が、ここで何としても1匹!しかぁ~し、これが全く掛からず。まさにトホホ。一方O橋さんはペースダウンしながらも竿を曲げ続ける。私は2時近くになってやっとあたりに合ってトータル5匹目ゲットだ。いやぁ、疲れたなぁ。ただ、その後は再びのシーン状態となり、2時9分に餌を打ち切って終了。結果、Dscf1410午後の部では実釣2時間余で2匹。トータルでは実釣4時間10数分で5匹。冴えないなぁ。と、そこへ久し振りにザわさん登場だ。時間的に悪く、O合さんO橋さんもじきに終了というタイミングでの登場だった。そうそう、今日はK田さんも岡ジャミにやって来たのだが、書き忘れていました。スミマセン。片付け中及び片付け後に、近くの水草を「たも」でがガサガサImg_20200415_151802やってエビちゃん6匹をゲット。ペットボトルに入れて駐車場に戻る。ザわさんとは駐車場で挨拶して解散。明日も天気は持ちそう。どうしようかな。前にも書いたが、急に釣り場との往復がしんどくなった。腰から来ているのか、それとも単なる老化なのか?釣りが出来なくなれば私も終わる。何とか体力を維持して釣りを続けなければ。グッタリして家路に就いた。
 
エビちゃんは水合わせして大1匹の方に投入
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

今日の増沢

今日は通院後に釣行するつもりだったのだが、最近耳の奥がガサガサ音がするので、そちらを診てもらう事にした。
整形外科に行く前に耳鼻科で診察券を出しておき、外科で治療を受けてから耳鼻科へ向かうと、ちょうど順番が来たようで、着いてほどなく呼ばれた。
何か悪い病気ではないかとドキドキしながら診察を受ける。すると、「耳カスが奥に押し込まれている」と言われ、大きな耳カスを取り出してもらった。もうガサガサはいいません。ちょっと恥ずかしかったが、やれやれ。
Img_20200414_103124それからとりあえず見に行くだけでもと増沢へ向かう。
やはり強い風だ。橋の上では真冬のようにヒューヒュー唸っている。へら師は日向側に4人?O合さんはいつもの場所にいた。あっ、看板横にも1人いるぞ。
風で吹き飛ばされないよう?注意して進み、O合さんに挨拶。先週金曜は私を除くO型ブラザーズが看板横に並び、O合さんとO石さんはそれなりの結果となったが、O橋さんはそれまでと同じく爆釣したようだ。皆さん結果が出て素晴らしいデスネ。
O合さんは今日はドボンでやっているが、1回もウキが動かないとの事。しばらく見ていたが、ベイシアで買い物をしなければならないので、また明日宜しくとその場を離れた。
明日も風が強いようだが、果たして釣れるか?
 
気温はかなり上がっていた
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

今日のメダカ

最近の水槽(発泡スチロール容器)の水温は2つとも大体15℃くらいで安定している。
水草+タニシの洗面器ではタニシの動きがみられるが、全部は確認していない。
しかぁ~し、今日洗面器を見たら、淵に小さなタニシハケーン!ヤバい、また増えたのか。
ひねりつぶすのは簡単だが、あまりにも可哀そう?どうしようかな。
それと、大1匹容器に入れた筈の、増沢で獲って来たエビちゃん2匹の姿が見えない。
入れた次の日くらいには大きい方の1匹は確認出来たのだが、今日は水草が邪魔で確認出来なかった。
既に他界しているのか?それともしぶとく生きているか?
 
とりあえず少しだけ水替えをした
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

bluetooth 送信機

元々はWIN7だったのを、youtube を参考にしてWIN10に入れ替えたノートPC。
古いのとVAIOのいろいろが入っていて動作が遅いので、普通の使い方ではイライラが募りそう。
Img_20200410_111627Img_20200410_125512VAIO関連のソフトを消去すればいいのだろうが、OSに影響すればアウト!
何か良い使い方はないかと考えた末に、音楽を流したらどうかと思ったのだが、古いからなのか仕様なのか bluetooth が搭載されていなかった(トホホ)。
で、購入したのが写真の bluetooth トランスミッター(で合ってるか?)。
アマゾンで400円弱で購入し、昨日届いた。早速ノートPCに挿してみたら、すぐに動いた。これは便利だ。
これを、前に載せた中華製のbluetooth搭載の超小型アンプに繋いでみれば、あら不思議(ではないぞ)立派な音楽プレーヤーとなりましたとさ。

P.S.このトランスミッターだと音飛びが発生しない。何だろう、ドライバーかな?まさか新しい方のデスクトップPCの方が問題か?

まだ他にもいい使い方があるかな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

3連荘の釣行はただ昨日の借りを返したくて@増沢池-その2-

Dscf1390さて、ウキの動きは午前中とは全く違う。今にもあたりそうなのだ。そして12時のサイレンが鳴ってほどなく1匹目ゲット。あまりの簡単さ?には自分でもビックリ。一体午前中の両グルは何だったのか。ダンゴは前に書いたとおり硬めで、吸い込みは悪そうなのにあたった。まあいい、O橋さんのアドバイスにDscf1391Dscf1392従って良かったぁ。すると、そこからしばらくしてまたもあたりに合って2匹目。さっぱり分からないが、両ダンゴにした事が結果的にはグーだったのは分かる。12時半には遂にスレがDscf1393出てしまったので、今日はこれでお終いかと思いきや、しばらくして3匹目ゲット!再度書くようだが、午前中の両グルは一体何だったのか。その後はウキの動きはあっても残念掛からず。で、1時5分に餌を打ち切ってしまった。結果、実釣1時間20分弱で3匹ならリベンジは成ったと言ってもいいかな(いいDscf1394とも!)。さあ、まだ時間はある。竿はそのままで両グルの宙で締めようか。と、ここでまたもやO橋さんからのアドバイス。深場で宙をやっている人は両ダンゴでやっていると。そう言われれば、やってみたくなるのは人情。でもそれは、既に結果が出ているからの事。もし未だ凸だったらちょっと怖くて出来ないからなぁ。でも思い切ってやってみよう。そうしよう、双子葉植物(久し振りぃ!)。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。そしてハリスを40cm+55cmから30cm+40cmくらいに変更。餌はガッテン+天々をこれまた約1時間半分作る。そして「たな」は弄らず再開は1時16分。すると、ボソタッチを指で丸めて付けただけでもじきにウキが動き出した。まあまあ、両ダンゴだからウキの動き出しが早いのは当然か。そしてほどなくあたりも出始める。が、当然ながら掛かりません。何回となくカラを食らう。が、これくらいはノー・プロブレム。1時半を過ぎる頃からウキDscf1395Dscf1396がズバッ!と消し込むあたりも出始め、最初はカラだったのにしばらくするとあたりに合うようになり、ズバッ!ズバッ!と2匹をゲット。遂にトータルでの第2目標に達したぞ。ところが、そこから少しの時間穴が開く。で、餌を練り込んだら2時前に3匹目?と思ったらスレでDscf1398Dscf1397ガクガクッ。練り過ぎたのかも。しかぁ~し、2時ジャストに3匹目を「掛かってます」でゲットすると、午後のGTがやって来たのか、怒涛の3連荘(記憶にないが釣れた時刻をみるとそうDscf1399Dscf1400かも・・・)で遂に、午後に4匹をゲットして「つ」抜けにリーチとなったO橋さん(残念餌が尽きて終了)に並Dscf1401んだぞ。私も「つ」抜けが成るかもしれないと期待が膨らむが、残念私も餌が尽きてしまい、2時24分に終了とした。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間10分弱で6匹。午後のトータルでは実釣2時間半弱で9匹(午前の事は気にしない気にしない)。特に両ダンゴの宙では思いもよらない好結果となり、リベDscf1402ンジは成った。大満足で片付け。O合さんも午後には結果を出し、途中参加のO石さんも竿が曲がった様子。奥のK田さんはO橋さんのような爆釣にはならなかったようだが、終了した。片付けを終えた3人はO石さんの釣りを岡ジャミ。やれあたっただの騒がしくなったので、O石さんが怒り出す前にT林さんO石さん(他のへら師は、あと日陰側深場ワンド付近に3人だけ)に挨拶して車に戻る。好結果に喜びたいのに、駐車場までの帰途がしんどい。まさにトホホ。駐車場で挨拶して解散。私は明日は来ませんと告げて家路に就いた。
 
次回はいつもの場所で両ダンゴの宙!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

3連荘の釣行はただ昨日の借りを返したくて@増沢池-その1-

昨日の結果がどうしても納得出来ず、私にしては珍しく3連荘の釣行となった。今日は何としても同じ看板横で結果を出したいところ。いつもより少し早めの8時半頃に家を出る。そして9時前に駐車場に着くと、あれっO合さんがもう来ている。急いで荷物を降ろして橋を渡ると、何とO合さんは昨日と同じ場所に入っているではないか。私と同じ負けず嫌いなんですね。坂を下りてまずは挨拶。そして私も昨日と同じ場所に入Dscf1387る。O橋さんが入っていた場所が空いてはいるが、頭上の木の枝が気になってパス。さっさと荷物を降ろして準備開始。もちろん昨日凸だった底から入るのは当たり前。竿は11尺。ただし、ハリスを交換して鈎は5号から3号とする。更に餌は新べらグルテン底+ガーリックパウダーの両グルでやるぞ。既に風・波はあってもウキの視認性は確保されているが、なかなか底を取れず早くも先行きが危ぶまれる。何とか出来て餌打ち開始は9時32分だ。と、そこへO橋さん登場。これまた昨日と同じ場所で竿を出すと言う。うわっ、昨日と同じプレッシャーを掛けられてしまうのか。いや、今日は少し違うか。しかぁ~し、開始して間もなくO合さんが竿を曲げる。あっ!と思ったがスレだそうだ。すると、10時前に私にもシモッたウキのスッと入る動きでやったこちらも掛かりました?しかぁ~し、O橋さんから口に掛かっていたと言われたものの、寄せる途中で外れてガクガクッ。すると、今度はO橋さんが竿を曲げる。が、しかぁ~し、こちらもバラシで3者連続バラシという快挙達成か?ところが、O橋さんはその後すぐに1匹目をゲット。今日も好調は続いているのか、一番後に始めながら午前中に5匹ゲットという素晴らしさ。Dscf1388裏山から鹿がゾロゾロ出て来ましたよ。だがしかし、今日の私はちょっと違う?10時を過ぎて2回目のあたり!そして今度こそ掛かりました?しかぁ~し、何と目の上にスレてしまい、最早ガクガクッとしか言いようがない状態。更にもう一度バラシが出ると、そこから先は昨日とほぼ同じ状況が続くだけ。K田さんがやって来て、O橋さんのいつもの場所でやると言って戻った。O合さんも時折あたりがあるらしいのだが、これがスレバラシで未だ昨日の状況から脱していない様子。私も同じです(トホホ)。ウキは確かに返しているのは間違いないのだが、その後がない。私はかなり我慢を強いられながらも、何とかウキを見つめ続けたが、残念その後はあたりに恵まれず。11時頃にT林さんの巡回があったが、3人が昨日と同じ場所にいるので驚いていた。さて、午前中のGTも来る事無く、11時32分に虚しく餌Dscf1389を打ち終えた。なんだいこれは!昨日のリベンジとか言ってるけど、結局は返り討ちじゃないかと自嘲気味になる。さて、ここからは午後の部で両グルの宙へと続くのだが、O橋さんから両ダンゴの底でやってみればと言われ、そう言えば昨日もセットから試しに両ダンゴにした際に少しウキが動いた記憶があるので、ダメ元でやってみようかといつもの夏+冬+マッハを少し硬めに小一時間分作る。そしてトイレタイムを済ませてから、竿と仕掛けはそのままで再開は11時48分だ。ついでに早めの昼食。腹が減っては戦は出来ぬと言うではないか。そうそう、O石さんもやって来て、坂の下に入った。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

調子付いて連荘で釣行したのだが@増沢池

緊急事態宣言が発令された。幸い静岡県は入っていなかったのだが、やはり不要不急の外出は考え物か。とか言いながらも、増沢での釣りはへら師の間隔が2m以上楽勝だし、それに池への往復でもほぼ誰にも会う事がない。3密はクリアしていると自分に言い聞かせての釣行は9時半過ぎ。O橋さんの車はあるがO合さんはまだ来ていないようだ。早速荷物を降ろして橋まで行くと、ゲゲッ今日は結構へら師がいるなぁ。ざっと見ても14,5人。おそらくは好天に誘われたのだろう。ただ、私が入りたかったO橋さんのいつもの場所には知らない人が入っている。残念だが、それにしてもO橋さんは何処にいるのだろう。坂を下る途中で看板横にいましたよO橋さん。それに対面橋の下には、車を見つけられなかったK田さんがいるではないか。お二人に挨拶して、さて何処に入ろうかな。遊歩道を進めば私のいつもの場所が空いているが、よし今日は私も看板横でO橋さんと並んでみようと決める。しかぁ~し、これが大きな間違いだとはその時にはまだ知る由もなかった。空いているO橋さんの右に入る。そして9尺のO橋さんに対して11尺を出す。もちろん底から。餌は昨日と同じバラグルのセット。あれっ、O合さんがやって来たぞ。我々2人が変わったところに入っているのでビックリした様子。更にO合さんも我々と並んで竿を出す事にしたようで、これまImg_20200408_102230たビックリ。看板横は初めて入るそうだ。O橋さんの左、いつもS我さんが入っているところで11尺を出す。準備中に今度はパラソルさん登場。しばらく岡ジャミして帰った。さて、底も取れて開始は10時22分。私より少し早く始めたO橋さんが、ウキが動くと言って合わせているのを見れば、期待が高まる。しかぁ~し、私のウキは静かなもの。ウキの馴染みとか問題なさそうなのに、これは厳しい結果が予想される気がする(正夢!でした)。すると、O橋さんが竿を曲げ始める。午前中に4匹をゲットしたから、これは素晴らしいでしょう。更には私の後から始めたO合さんも竿を曲げた!やられた・・・と思ったら、目にスレでした。でも、私以外はウキが動くので、おいてきぼりを食らった感じで早くもプレッシャーが圧し掛かる。T林さんが巡回にやって来て、3人が変わったところに入っているのでこれまたビックリした様子。ウキは動かないまま時間だけが過ぎる厳しい環境。もちろん底の取り直しやウキ下の微調やら餌付けを両グルにしたり両ダンゴにしたりと、一応の工夫はしてみると、最終的にはウキの返しまでは出るようになったが、そこから先が遠い。更に数回あたりらしきウキの動きも出たが、これが一向に掛からず。結局いいところがないままに12時のサイレン。まさにガクガクッ×ガクガクッ×・・・。こんないい天気でへらも過ごし易かろうとは思っても、そうは問屋が卸さなImg_20200408_121431い。昼食を摂りながらの続行も甲斐なく、12時14分に強制終了とした。結果は書くまでもありません(トホホ)。さあ、次がダメなら今日はもう泣いて帰るしかない。それが両グルの宙。一応O橋さんにことわってから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はいつものα21+わたグル+新べらグルテン底。まだ底の餌が残っているので、まずはそれを打ち切ってから。その前に気分転換も含めてトイレタイム。はあはあ言って帰り、開始は12時29分だ。しかぁ~し、雰囲気からすぐにもウキが動き出すかと思いきや、ダメだ。代わって午後も好調だったのがO橋さん。私の宙など関係ないように午後も4匹をゲットしたから素晴らしい。遠く対面K田さんも、ダメダメとは言いながらも竿を曲げているので、裏山の鹿は大繁殖。クーッ。それでもしばらくすると、私のウキも動き出した。が、これまた数回出たあたりらしきウキの動きでも全くかすりもしない。O合さんはそれでも竿を曲げたが、今度はハリス切れで思うように結果が出せずにいる。私は遂に「ナンチャッテ」のお世話になる事にする。最近はこう言う事がなかったので、ちょっとImg_20200408_130322不安ながらウキ下を適当に伸ばして打ってみると、意外やすぐにウキが返した。そして数投後にはあたり!そして今日初めて手応えがありました。ただ、予定の宙で釣れたのではないので、嬉しさも半減。更にすぐにウキが動かなくなったので、それではと少しずつ「たな」を上げて行くと、かなり浅いところでウキがモヤモヤ。ただ、これがあたりにならず。そのまま特に何もないまま時間だけがこれまた過ぎるお約束の展開。そして2時を過ぎ、そろそろ終了ムードが漂って来た。今日は午前も午後もGTは来ないようで、その後もモヤモヤで終わるウキの動きをただ見つめるだけ。結局2時27分に餌を打ち終えた。昨Img_20200408_142712日の好結果(もちろん私にとって、だが)に気を良くして連荘でやって来たが、見事に裏切られた。また、何処でも結果を出すO橋さんには格の違いを見せつけられた日となった。しょんぼりして片付け。K田さんも既に終わっていて、ダメダメと言いながらも4匹をゲットしたと言うから素晴らしいの一語。O橋さんO合さんも終わり、3人でT林さんに挨拶して駐車場に折る。へら師かもうT林さん以外にはいない。前にも書いたが、最近急に衰えが来た感じで、釣り座の往復がかなり辛くなっている。腰も痛い。駐車場で挨拶して解散。明日も好天が望まれるが、どうしようかな。来てもこれでは辛いだけ。まあ、明日起きた時の気分で決めよう。さっさと家路に就いた。
 
看板横がこんなに厳しいとは(私がへぼなだけと言うご指摘は受け付けません)
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

とても暖かくて暑いくらい@増沢池-その2-

前回ここに入った時には、午後の部の宙でプチ残業も含め10匹をゲットしているので、これは期待が持てそうだ。まずはバラケと底の残りのグルテンで打つ・打つ・打つ。そして古いグルテンを打ち切ったところで新たなグルテン、と考えていたら、古いグルテンで10投くらいしたらウキが動き出した。前回よりはずっと遅いが、とりあえず結果は出せそうだ。だがしかし、それらしいウキの動きが出るようになっても一向に掛からず。出来るだけ静かにやっていたつもりだったのだが、カラの際につい声が出てしまったのか、O合さんに気付かれてしまった(オイオイ)。で、あまりに掛からないので、グルテンカスが付いたままで新たな餌を付けずに打ってみたら、ズバッ!でようDscf1382Dscf1383やくの1匹目は開始30分。しかぁ~し、その後もウキの動きはあっても掛からず。で、「たな」を少し浅くしてやっと2匹目は2時前。とりあえずトータルでの第3目標には届いた。ただ、釣れてはいるが、これは数を出せそうにないなぁ。その後も状況は変わらず、前回の結果を引きずっている私は何故釣れないのかとそればかり考えて、それならこうしようとか全く思わないまま、ひたすら餌を打つだけ。まさにトホホ。左横のお二人も長い間ウキが動かない時間があったようだが、ポツポツとあたりを拾っている。そして2時を過ぎ、バラケを打ち切っDscf1384Dscf1385てそろそろ午後のGTがやって来て欲しいと祈りながら餌を打てば、やっと3匹目。そして4匹目はお二人が終了して片付け中。いよいよ午後のGTかと思ったら、今度はズバッとウキが入ってのハリス切れでガクガクッ×ガクガクッ。もう餌が2投分しかないところでのハリス切れは痛い(しDscf1386かも片付けが遅れて置いて行かれそう)。これまた必死?で交換して残り2投を打つが、ウキの動きは戻らず2時33分に無念の終了となった。結果、午後の部では実釣1時間半で4匹。トータルでは実釣3時間40分くらいで12匹かぁ。十分な結果ではあるものの、何か物足りなさを感じるのは何故だろう(コラコラ)。O石さんは先に帰り、私とO合さんはT林さDscf1379んに挨拶して駐車場に戻る。昨日からウキは良く動くようになったとの事。ただ、なかなか掛からないらしい。渡り鳥のほとんどは帰り、ツバメも見られるようになって間違いなく春は来ていたのに、池の中はようやく春になりつつあると言う事か。桜は満開を過ぎて今日もハラハラと桜吹雪が見られ、風流な中での釣りとなった。駐車場で挨拶して解散。私は今日もベイシアへと向かうのであった。
 
明日も行こうかな?どうしようかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

とても暖かくて暑いくらい@増沢池-その1-

今日は通院後に増沢へ行く予定。いつもより早く通院し、治療?も早く終わってさあ支払いをと思ったら、他に人がいないのになかなか呼ばれず。しかも呼ばれたら、今度はお願いしておいた薬が出ていない。早く池に向かいたいのにイライラ。やっと支払いを済ませ、ゴー!駐車場にはO合さんの車。どうかな、釣れそうかなと急いで荷物を降ろして池に向かうと、坂の手前でO石さんとバッタリ。今日はもう竿を出しているとの事。しかもあたりも2回出ている(残念結果には結びついていない)。今はトイレタイム。よし、私も今日は爆釣だぁ!坂を下り、看板横の先客に挨拶。そしてO合さんDscf1371にも。私はまたもO橋さんのいつもの場所が空いていたので、これ幸いと座を占める。O合さんから、昨日は5枚、今日はもう1枚出ている。更にここでO橋さんが10枚釣ったと聞き、期待と釣れなかったらどうしようと言うプレッシャーが半々で準備開始。竿はもちろんO橋さんを真似て9尺。前回ここに入った時には、11尺であたりさわりなしの結果だったので、是非とも今日は底で結果を出したいところ。餌はいつものバラケとα21・わたグルの食わせ。底も取りやすく、開始は10時31分。とても暖かくて暑いくらい。風も予報よりは弱い感じだ。さて、トイレから帰ったO石さんは再開してじきに連荘?で2匹をゲット。O合さんも2匹目を釣り、私に一気にプレッシャーが掛かる。ウキは返しているように見えるんだけどなぁ。しかぁ~し、割と早く出たあたりはカラ。ガクガクッ。それでもDscf1372開始15分くらいで、返したウキが極小さくチク!これに反応すると、やった早くも1匹目ゲットだ。う、嬉しかぁ。これでとりあえず凸は脱したが、お二人にはまだ届いていない。ただし、ウキの動きは良くなく、爆釣には程遠い感じ。お二人も静かになってしまった。T林さんが巡回にやって来た。昨日のO橋さんの結果を知っているようで、これまたプレッシャーDscf1373を掛けて来る。厳しい~っ!時刻は11時を過ぎる。そろそろ午前中のGT、あるかも。すると、ウキの動きは相変わらずなのだが、あたりが出る時だけモヤモヤとウキが返したりするので、目を離してはいけないなぁとウキに集中すると、2匹目は放流だったがノー・プロブレム。むしろ放流が寄ってウキがゴチャゴチャになるくらいを味わってみたい。なんてDscf1374Dscf1375考えていたら、しばらくして準連荘(記憶が曖昧)で11時半までに2匹をゲット。これは素晴らしい。第2目標にリーチとなったし、一気にやる気が出たぞ(じゃぁ、それまでは何だったのか?)。しかぁ~し、GTにしてはウキの動きが相変わらずだ。そんなところへK田さん登場。昨日も岡ジャミだったようだ。で、待望の5匹目は12時近く。何はともあれ久し振りの好結果(もちDscf1376Dscf1377ろん私にしては、だが)、ひょっとして昨日のO橋さんに並ぶ事が出来るか?6匹目は12時のサイレンが鳴っている最中。それを見てK田さんは帰った。明日は竿を出すとの事。岡ジャミお疲れさまでしDscf1378た。さて、昼食を摂りながら続行すると、更にしばらくしてもう1匹追加したところで、待望?のトイレタイム。もう少しで餌が終わるが、背に腹は代えられない。帰って来て再開すると、第一投でウキが馴染みながらズバッ!まさかあたるとは思っていなかったので手が出ず。Dscf1380クーッ。ただ、あたりへの準備の気持ちは出来た。すると、一旦馴染んだウキが返してフワッ?これに反応したら、やった8匹目ゲットだ。こうなると第3目標が視野に入って来るのは当然。しかぁ~し、しかぁ~し、次のあたりでグッドサイズの9匹目をゲットかと思いきや、一旦「たも」に収まったかと思ったへらが脱出!その際に上鈎が網に引っ掛かって思うDscf1381ように竿を操れずハリス切れでガクガクッ×ガクガクッ。大急ぎで交換したのだが、残念ウキの動きはなくなってしまい、12時53分にバラケを打ち切ったのを機に午前の部は終了。結果、セットの底では実釣2時間10分で8匹。返す返すも幻の9匹目が恨めしい。が、気分を変えて午後の部は両グルの宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はわたグル+新べらグルテン底にマッハ少々。そして再開は1時1分。

TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

コロナ以外の話(コーヒーメーカー)

Img_20200405_133403その1:4年くらい前にろうきんのポイントで貰ったコーヒーメーカー。やっと今日日の目を見た。
当時、あまりコーヒーを飲む事がなかったし、飲むにしてもまだブルックス等のコーヒーで十分だった。
それにパン食の際には簡単に淹れる事が出来るティーバッグの紅茶を利用していた。
しかぁ~し、紅茶にはシュウ酸が含まれており、結石持ちの私には非常に良くない事を知り、最近になってコーヒーへと変化したのだった。
それでもインスタントよりは気分的にいい粉からのドリップを採用し、カリタで抽出していた。
が、最近「KURE556」を見つけた時と同じ日に収納の奥にしまってあったこれをハケーン。
昨日水だけによる洗浄を済ませての今日の初出しとなった次第。いやぁ、前振りが長いなぁ。
で、使った結果はですね、まずは紙フィルターなら使用後はそのままポイ出来るのに、これはメッシュフィルターなので粉の処理がある上に、フィルターとフィルター受けの両方を洗わなければならない。フィルター受けのみのカリタに比べちょっと面倒だ。
それと、何処かに書いてあったのだが、メッシュフィルターは油分を通すので味が変わるらしい。鉛の舌でも少しは違いが分かった気がしたのはもちろん個人の感想です。
あと、これは格安なので蒸らしの工程とかはない。ただ、熱くなった水がダラダラと粉に掛かるだけ(だと思う)。そして抽出終了の知らせもないので、そばにいなければならないのもちょっとなぁ。
とは言え、せっかく貰ったコーヒーメーカーなので、使わず放置はあまりにも勿体ない(今更?)。これでしばらく使えば気分的にも損した感じはなくなるのでは。
 
その2:今頃になってLINEのスタンプを追加。無料のくまもんだ。しかぁ~し、これが使いづらい。早くも使う気がなくなってきた。どうしようかな、削除しようかな。
 
と言う、どうでもいい話
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

今日も穏やかな陽気

Dscf1370昨日せっかく撮ったのに載せ忘れた増沢のソメイヨシノ。
花曇りと言うのかどんよりしたタイミングで撮ったので、あまりパッとしないが満開です。クリックしても拡大しません。
これなら新学期や入学式に間に合いそうだと瞬間思ったが、そうか全て延期なのか。なら間違いなく散ってしまうなぁ。残念だ。
実はモクレン通りでもモクレンの反対側に桜が植えてあるところがあって、そちらはもう葉が出ている。日の当たり具合にそんなに差はないと思うのだが、不思議だ。
 
さて、世の中は自粛自粛となっているが、ここ増沢(都田総合公園)には陽気に誘われて「へら師」以外にも家族連れで結構賑わっている。
昨日は平日にも拘わらず人出があったので、今日はもっと多くなるのではないか。
そう言えば昨日のベイシアでは、子供が走り回っていた。ここにも新学期入学式延期の影響が出ている。
 
話はガラッと変わるが、かの国からスワップについて秋波が送られてきている。
ただ、今までのように簡単に手を差し伸べるのはいかがなものかと言う意見がネットでは多く出ている。
曰く、助ければ助けるほど憎しみを買う事になると。
 
⇒ 支援をするから反日なのだ。日韓通貨スワップ
 
姫様道中も中止だし、あの浜松祭りも中止
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

今日こそ爆釣と意気込んで@増沢池

やっと条件が合う日が来た。で、通院後に増沢へゴー!今日は好天で風も弱いとの予報、しかももう4月に入っている。これで釣れない訳はない。駐車場にはO合さんO橋さん、それにK田さんの車。先日岡ジャミした際にはK田さんのウキが動きっ放しだったので、繰り返すが今日こそ爆釣だぁ!さっさと荷物を降ろして池に向かう。あれっ、晴れていないぞ。それに湖面は波立っている。大丈夫か予報。へら師の多くは日Dscf1361向側深場旧流れ込みからダム?に固まっているが、お三方はいつもの場所。雨の名残で遊歩道はところどころ水たまり。それを除けてお三方に挨拶。まだウキは動いていない様子。爆釣の予感?は早くも萎みそう。とりあえず私もいつもの場所で準備開始。今日こそ9尺の底をやる。ただし竿は振り出しで。餌は久し振りのバラグルセット。グルテンはいつものように「新べらグルテン底」+ガーリックパウダー。上空雲は多いものの、思ったより風・波は出ないので、ささっと底取りしての開始は10時22分。しばらくしてT林さんが巡回。昨日来れば良かったのにと言われたが、残念都合がありました。しかぁ~し、何と昨日はO橋さんが地べらばかり15匹をゲットしたとの事。一度萎みかけた気持ちが再び膨らんで来た。しかぁ~し、ウキは動かず。あっという間に11時だ。と、ここでO橋さんO合さんの順で竿が曲がった(その後K田さんも)!まさに午前中のGT、私にも恩恵があるかもとウキを見つめるが、まさにトホホでシーン状態。そんなところへO石さん登場。これでO型ブラザーズ揃い踏みだ。ただ、O石さんは昨日は2時過ぎに1匹のみだった(O合さんは3匹)と言うので、必ずしも皆爆釣だったと言う訳でもDscf1362なさそうだ。気持ちの膨らみはストップ。しかぁ~し、何故か急に大きなあたりが出て、やった1匹目ゲット。しかも私が釣りたかった放流なので、これからは爆釣と大きな声が出てしまった。が、しかぁ~し、放流が寄った気配は全くなく、その後はまたもシーン状態に。そんな中、O橋さんO合さんそれにK田さんは竿を曲げ、膨らみかけた私の気持ちはみるみる萎む。ただ、時合もあるのか時折ウキに動きが出る事も。結果が出たお三方とO石さんは三々五々トイレタイムへと向かう。私にはそんな余裕はないので、真剣にウキを見続Dscf1363けるだけ。すると、12時ギリギリにようやくウキが動いて嬉しや2匹目ゲットだ。ちょうどO合さんO石さんがトイレタイムから帰って来たところ。私的には地べらと思ったが、それは放流と一刀両断。まあ、放流ならきっと底に溜まっている筈。午前中のGTなので?きっと釣れるぞ。しかぁ~し、虚しく12時のサイレンを聞く事に。更にウキの動きはバッタリのままで、餌がまだ少し残っているけれども、ここは午後の部両グルの宙に期待しよう。さっさと12時22分に終了だ。結果、午前の部では実釣2時間弱で2匹。放流が来たのは良かDscf1364ったけれど、群れではないのか?それとも単に私のアームの問題なのか。まあいい、全ては午後の部。まずは昼食。それからウキと仕掛けを出す。それから次の餌、α21+わたグル+新べらグルテン底を作るついでに、マッハも少々作っておく。それからようやくのトイレタイム。パッキンが古くて漏れが心配、さっさと済ませて帰る。そして竿はそのままでウキと仕掛けを付け、前回よりは少し深めの「たな」で再開は12時38分だ。まずは底の残りを打ち尽くす。それから最初はバラケを付けて打ってみると、10投もしないうちにウキが動いた。そして小さくあたりらしき動きも。しかぁ~し、何度となく合わせても全くかすりもしない。で、ここは鈎を小さくしよう。でも一遍にやると時間が掛かってへらが何処かに行ってしまうかもと、1つずつ交換する事に決めた。のだが、実際交換する際に2本を同時に交換してしまう。すると、思った通りウキの動きはなくなる。まさにガクガクッ。隣のO石さんからそろそろ2時だと言われ、ゲゲッと時刻を確認したら1時Dscf1365半過ぎ。もう1時間近く打ってるんだ。どうしよう。しかぁ~し、餌付けを小さくしてみたら、それまで決して掛からなかった小さなウキの動きでやったとうとう掛かりました!しかも放流ではない。それまで放流に甚振られているかと思っていたのだが、地べらだったか。しかぁ~し、その後は再びウキの動きが弱くなる。で、今度はそれまで「たな」を弄る事はしていなかったので、少しずつ深くして行く(「ナンチャッテ」への移行ではありませんよ。念のたDscf1366め)。すると、2時を過ぎてウキがズバッ!と消し込んでやった2匹目ゲット。こうなるともう1匹ゲットして第2目標を狙いたくなるのは人情。ただ、かなりウキが流されるようになり、これはもうダメかと思っていると、左に流されきったその後にあたりが出るのだった。そして消し込みやら小さく入るあたりらしきウキの動きも出たのだが、これに反応してもさっぱり。ガクガクッ。K田さんは既に帰っていて、O橋さんO合さん、それにO石さんも終了している。こちら側深場に多く入っていたへら師も今は寂しい限り。私は最後の一投の後に、鈎に残ったグルテンカスで2投くらいやってみたが、ウキは動いてもあたりではなく、お三方が帰ったその後の2時40分に虚しく終了した。結果、午後の部でも実釣2時間Dscf1367で2匹。出来れば底で通して釣りたかったなぁ。ガックリして片付け。もう4月だし、前回のK田さんのウキの動きに加えて昨日のO橋さんの好結果から、今日はいけると思ったんだがなぁ(ションボリ)。片付けを終え、T林さんに挨拶して車に戻る。最近は急に衰えた感じで、帰りの道がかなり辛くなっている。もう少ししたら駐車場からの距離が近い日陰側でも入ろうかな。さっさと荷物を積み、さっさとベイシアへ向かった。
 
明日も好天だが、疲れているのかあまり行きたくない感じ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

抜けた!

以前抜けなくなってそのまま放置されていた「本ぬけ」9尺()だが、今日たまたま収納で探し物をしていたら「KURE556」を見つけたので、それではちょっと試してみようかなとシュシュッと吹きかけてしばらくしてから引っ張ってみたら、あれれスポッと抜けたではないか。
実は今日も1回は引っ張ってみたのだが、うんともすんとも言わず。あまり無理に引っ張っても口が割れたら元も子もないので、やれやれこのまま放置が続くのかと思っていたところなので、ビックリすると同時に嬉しかぁ。
早速明日から使ってみよう。楽しみが増えたぞ。
 
THANK YOU 「KURE556」
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »