« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月30日 (土)

ショックな出来事

Img_20200530_171457ずっと元気でいると思っていたメダカのうち、大小5匹の容器にいる大きい方から2番目のメダカが死んだ。
最近姿が見えないので心配していたが、ちょっと前に確認出来たので安心していたのだが、水面近くで動かずにいた。
スプーンで掬ってみても動かない。腹が何かで詰まっているようだ。餌の消化不良かな?
ネットで調べたら、メスが無精卵を抱えたまま排卵出来ずにいると、卵によって腹が圧迫されて死ぬらしい。
大きい方から2番目なら、去年生まれたうちの1匹に違いない。それも一番早く生まれた子だ。
かなりのショック。ただでさえ数が少ない私のメダカ達、また仲間が逝ってしまった。残念だ。
 
発泡スチロール容器のメダカ達はガラス水槽に移さない方がいいかも
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

鶏皮が好き

1000000000002楽天市場で今月いっぱいで消滅するポイントが数百ポイントあったので、それでは何か買い物をと買ったのがこれ。まんまと楽天の仕掛けに引っ掛かったというところか。
昔から鶏皮が好きで、カリカリでもグニャグニャでも好きなのだが、ホルモンのカリカリとセットになっているというのに惹かれて購入。
まずは鶏皮から頂いた。生憎日本酒を切らしていたので、ワインのお供として。そうだな、特に驚きとかない。ちょっとカリカリ過ぎて鶏皮の良さが少し損なわれている感じがしたのは、もちろん個人の感想です。
さあ、次は残ったホルモンの方。これまた楽しみだ。
 
次の釣行は6月になってから。って、明後日ですが、何か
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

今日も入った記憶のない場所で@増沢池-その2-

とりあえず目標は1匹。欲を言えばトータルでの第3目標となるべく4匹。更に欲張れば単独での第2目標。これを実現出来るかどうかはこの餌次第なので、最初は何もせずに指先でコネコネするだけで打ってみるが、どうもウキの馴染みは出ないようだ。断っておくが、この餌がダメと言うのではなく、私とは相性が悪いと言う事。何より小さめに餌付けするので、持ちが良くないのは当たり前なのだ。で、今日も押し練りに押し練り。それでもそんなにウキが馴染む事はない。う~ん、これで我慢するしかないか。それでもしばらくするとウキが入り、あたりは出るんだからと少し安心。するDscf1595Dscf1596と、1時前に1匹目は放流。1時を過ぎて2匹目は地べらと、まあ順調な滑り出しかと思いきや、そこから再びのバッタリでシーン。一体何が悪いのか(♪何が悪いのか 今も分からない 誰のせいなのか 今も分からない♪)。とにかく餌を持たせるべく指でコネコネをしっかりやって餌付け(これが本来の使い方かどうかは不明)。すると、1時半近くに今日Dscf1597一番のハイライトが待っていた。何と久し振りのダブルが出たのだ!しかぁ~し、慌てて取り込もうとしたら、何度も「たも」から出られて冷や汗。途中で外れては元も子もないから。サイズはともあれ、これで一気にトータルでの第3目標クリアだ。1時半頃に左の先客が終了。3年ぶりに竿を出したとの事。それで多分20を超える釣果なら、私なら大満足ですがどうでしょう?お疲れさまでした。K田さんも終了し、坂の下でO石さんとお喋り。今日はダメだったとか言うのが聞こえるが、そう言いながらもそこそこ釣っているんですよ、この人。お疲れさまでした。O石さんは昨日は10匹ゲットしたそうで、今日もそれくらいを予定しているが、今日はあたりが少ないとか。でも竿を曲げるのを見ましたよ。さて、ダブルの後はお約束通りのシーンがやって来た。こればかりはどうにもならない?いや、へらは近くにいる筈だ。餌が悪いだけ(コラコラ)。とにかくあと1匹で単独での第2目標もクリア出来るので、何とかもう1匹、いや2匹(2匹なら昨日と並ぶ)。しかぁ~Dscf1598し、遂に2時。餌も残り少ない。最早これまでか。と、何故かここでウキがズルッと入れば、やったこれこそ正真正銘の「上がりべら」ゲットだ。しかも単独での第2目標クリアのおまけ付き。こうなるとどうしてもあと1匹が欲しくなるが、残念そこまではこの池もサービスしてくれません。2時12分に餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣1時間半強で5匹。場所が変わっても何も変わらなDscf1599かったと言う事か。片付け。右隣はまだ続けるようで、ウキを見ると底釣りでもよく動いている。私のようなへぼの餌とはウキの動きが別世界だ。片付けを終え、まずは奥のT林さんに挨拶しようかと思ったら、何と既に終えていた。ビックリしたなぁ、もう。で、隣とO石さんに挨拶して車に戻る。何度も書くようで申し訳ないが、とにかく腰と尻が痛い。フウフウ言いながら辿り着き、さっさと荷物を積んでさっさと池を跡にした。
 
いよいよ6月。梅雨時にどれくらい竿を出せるか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

今日も入った記憶のない場所で@増沢池-その1-

今日はかなり疲れているので、竿を出すのは止めたかったが、通院後知らず知らずのうちに車は増沢へ(オイオイ)。既にかなり暑い。駐車場に着くや否や橋まで行って池の様子を覗うと、ゲゲッ、かつてのいつもの場所にも柳の木の奥にも先客がいるではないか。K田さんの車があったので、見れば対面階段下に傘を出して陣取っている。傘があっても暑いでしょう。とりあえず車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。早くDscf1586も風・波が出ている。両側の先客に挨拶して、さて何処に入れそうかな。以前なら右の先客がいるところと柳の木の間くらいに入れさせてもらっていたが、このご時世ソーシャル・ディスタンスもあってそんなに近づけない。で、先客に断って柳の木のすぐそばに入る事にする。先日S我さんが入っていたここも、昨日と同じで入った記憶はない。しかもあまり人が入らない場所なので、釣果は分からず。それでも準備しよう。竿は11尺でセットの底から入るのは常道。餌もいつも通り。ゲゲッ、私の両側の先客は次々と竿を曲げているではないか。左は宙、右は底だ。そんなに活性があるのか、それとも単にアームの問題か。ちょっとプレッシャーを感じながら餌打ち開始は10時21分。すると、波の中私のウキも返しているぞ。こりゃぁ爆釣も夢ではない?更にあたりらしきウキの動きでカラを打てば、Dscf1587たとえ放流でもウエルカムだ。そして開始10分後にいきなりウキが消し込んで1匹目ゲットは地べら。こりゃぁ幸先いいぞ。さあどんどん行こう。しかぁ~し、特に何かした訳でもないのに、そこからウキの動きがバッタリ止まる。両側は相変わらず好調に竿を曲げ、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳の様相をDscf1588呈している。辛かぁ~っ!早くも11時。坂の下にはO石さんが入った。さて、1匹目から30分くらい経過しただろうか。ちょっと風・波が穏やかになって来て、返したウキをずっと見ていたら、そこからモヤっと入ったので合わせたところ、やったようやく掛かりました!放流でも嬉しかぁ。すると、そこから続けてDscf1589Dscf1590連荘で2匹をゲット。残念4連荘はなかったが、1投空いてもう1匹。ここはわずか10分弱。さっきまでDscf1591は一体何だったんだろう。まさしくこれがGTだ。両側の先客もビックリしたのではないか(そうかな?)。それにしても私のGTが2匹以上になるのは随分久し振り。予想外の第2目標クリアには我ながら驚いた。さあ、まだ恩恵に与れるかもと続行するが、しかぁ~し、何故かまたもバッタリでシーン。これは一体何なのか。放流はさっと移動してしまうのか。12時のサイレンが鳴り、それでも食欲だけは落ちない私、飯だ飯!すると、かなりの波が出ている中で、竿から手を離しておにぎりをムシャムシャしていたら、ウキがスッと入ったではないか。慌てて合わせても完全に遅れた。ひょっとして第2波が来たのかも。更にムシャムシャしていると、この時はボーッと生きていたのか(チコちゃんに叱られるぞ!)竿がガタンと言ったのでこれまた慌てて竿を掴んだら、ちょっと手応えがあっただけ。仕掛けを上げれば下ハリスが切れている。まさにガクガクッ。最悪の場合竿を持って行かれるところだったのに、私の感想は「2匹損した~」・・・(コラコラ)。昼食を終え再開すると、ウキのDscf1592Dscf1593動きは再び出ている。そして6匹目はグーなサイズ。更にあたりを捉えたかと思ったら、これが「上がりスレ」となってチャンチャン!12時23分に餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣2時間で6匹。昨日と同じ結果なのでまあ満足と言いたいところだが、両隣を見てDscf1594いるとちょっと寂しくなる。まあいい、私は私だ。次は宙。予定では9尺の短いハリスで両グルを試すつもりだったが、ここは昨日と同じくマッシュダンゴでやるぞ。竿はもちろん9尺に変更し、餌はマッシュダンゴ単体にわたグルを少々加えてから水を入れる。そして餌が水を吸う間にトイレタイム。途中T林さんに遭遇。変わった場所でたくさん釣ろうとしているのではとチャチャを入れられた。好きで入った訳ではないのに・・・。釣り座に戻り、再開は12時38分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

入った記憶がない場所で竿を出す@増沢池-その2-

釣り座に戻り、餌打ち開始は11時37分。しかぁ~し、幾ら指でモミモミしても長ハリスでは餌が持つ筈もない。で、まずはハリスを直す。何と言っても両グル仕様でハリスが40cm+55cmくらいになっているので、これを少なくとも25cm+35cmくらいにはしたいところ。しかぁ~し、上ハリスを25cmにしたところで、次に下ハリスをカットするつもりが誤って両ハリスを切ってしまうと言うアクシデント発生!まさにトホホだが、災い転じて福と為すと成ったかどうかはこの後。予定に反して20cm+30cmくらいとかなり短くなってしまったが、もうこれでやるしかない。餌の方も押し練りに押し練りを加えてこれでもかとすれば、ウキの馴染みも出ましたよ。しかぁ~し、風・波は出たままで止む気配はない。遠く坂の下にはO石さんが見える。さて、打ち始めてしばらくすると、波の中いきなりウキがグッと入ったではないか。やった早くも1匹目とDscf1579合わせたのだが、残念外れた。しかも手応えは放流チックだったので、何だかなぁと言う感じ。大体宙の方が型はいいんだけど、あれっと思いながらも続行すると、12時のサイレンが鳴る前にあたりに合いました。が、予想通り放流。でも贅沢は言いません。凸で帰る事を思えば、有難くて涙がチョチョ切Dscf1580れる。そして12時のサイレンと同時に2匹目も放流。まあいいでしょう、続行続行。しかぁ~し、あたりが素直だったのはここまで。その後、ズバッ!というあたりは出てもカラ。あまりのきっぱりとした態度に清々しささえ感じてしまう(オイオイ)。それでもポツポツと12時半頃までに2匹を追加して、型はさDscf1581Dscf1582ておき数では昨日を上回ったし、トータルでの第3目標にも到達したので、マッシュダンゴ、まあまあ行けるのでは(ただし短バリスでしかも放流限定で?)。そして1時をまたいで地ベラDscf1583Dscf15842匹もゲット。単独での第2目標もクリア。ちょうど6匹目をゲットした時に、巡回に来たT林さんにしっかり見られた。よしよし、だ。しかぁ~し、餌がもうない。1時9分に終了。結果、午後の部では実釣1時間半で6匹。トータルでは実釣3時間20分で12匹。私にとってはグー・グ・Dscf1585グーな結果だろう。多分入った事がない場所でこの結果なら、次回も入ってみたいところ(咳払いがいないという前提で)。片付け。片付中にトイレタイムのI藤さんが話し掛けて来た。今日は渋いらしい。私は準ルンルン気分なのだが、こちらも釣れると言う基準が違うのではないだろうか。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。腰がどうにもならない。姿勢には十分注意しているつもりでも、ムキになると前かがみになる悪い癖は治っていないようだ。さあ、帰ろう。今日はベイシアに寄る用事もない。さっさと池を離れた。
 
明日は多分やらないと思うよ。多分だけど
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

入った記憶がない場所で竿を出す@増沢池-その1-

今日は「マッシュダンゴ」を再度使って、何かしら得るものがあればと出掛けました増沢。駐車場には既にかなりの車。これはひょっとしたら・・・。とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、かつてのいつもの場所には知らない先客。更に柳の木の奥には、最近かつてのいつもの場所に入っている人。奥の方には昨日はいなかったⅠ藤さん達。更に奥には2人。対面にはダム?そばに2人。まだポツポツとへら師。今Dscf1570日は最大で15人以上が竿を出していた。さあどうしよう。ん、いつも咳払いが入っているところが空いているぞ。仕方なくそこに入る事に。先客に挨拶して陣取る。足元がぬかるんでいる。あまりやりたくない場所だが、準備しよう。竿は11尺でセットの底から。餌は相変わらずのバラグル。既に風・波でかなり涼しさを感じる。ここは流れがつきやすい感じで、開始した9時23分からウキが流される。左隣のⅠ藤さんともう1人は「トロ掛け」をやっているようで、竿が曲がっている。右側も同様。かなりのプレッシャーの中、ウキはかなり早い時間帯Dscf1571から返しているように見えて、私も皆さんの仲間入りが出来るかもと、気持ちが逸る。すると、開始20分ほどであたり!やったと合わせるが、残念スレでガクガクッ。右の先客からは、友釣りにはまだ早いと軽口を叩かれた。クーッ。しかぁ~し、次の餌打ちでもあたり!やった今度こそと思ったが、今度はバDscf1572ラシでガクガクッ×ガクガクッ。それではと餌打ちすると、何と3連続あたりで今度こその1匹目。しかも地べら。う、嬉しかぁ・・・。さあ、これからだ。どんどん行こうではないか。しかぁ~し、10時頃から風・波が強くなる。これからと言うのに、何故なんだぁ~、とか言ってみても始まらない。粛々と餌を打とDscf1573Dscf1574う。すると、10時を過ぎて波の中、10時半までに何と放流地べら混じりで4匹をゲットして、あららあっとDscf1575Dscf1576いう間に第2目標に届いたぞ。これは一体何なんだ?10時半頃に右隣が終了。今日はあまり釣れなかったと言っているが、そんな事はないでしょう。私とは釣れるという基準が違うのDscf1577だろう、きっと。と、その人が見ている前でウキがズバッ!と消し込んで6匹目は地べら。やったぁ、前回は見ている前で空振りばかりだったが、今日はちゃんと釣れたぞ。お疲れさまでした。さあ、これから午前中のGTがやって来る。今日は最初からウキに動きがあったので、爆釣間違いなしってか!しかぁ~し、これが正反対でウキが何故か動かなくなってしまう。打てども打てども響かず、Dscf1578たまにウキが動いてもカラでは寂しい限りです。そのまま11時10分に餌が尽きて無念の終了。結果、午前の部では実釣1時間50分で6匹。昨日と遜色ない結果でも、放流混じりというのがなぁ。まあいい、次だ次。もちろん宙ですが、さてどれをやろうか。マッシュダンゴは不安が残るので、出来れば両グルくらいでやろうかな。いや、ここは最初に決めた通りマッシュダンゴで行こう。竿は9尺に変更。餌はもちろんマッシュダンゴ単体だが、出来上がりがちょっと柔らかい感じで持ちそうにないので、パラパラとわたグルを振りかけてモミモミ。おっと、大事な用を忘れていた。それはトイレタイム。ヒイヒイ言いながらトイレに向かうと、トイレのそばでO石さんに遭遇。昨日は7匹だったそうだ。素晴らしいデスネ。O石さんは昨日と同じ坂の下に入ると言って別れた。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

放流が寄らないので・・・@増沢池

一昨日の好結果に味を占めて、今日もホイホイ出掛けました増沢。昨日買った「マッシュダンゴ」で宙をやりたいのもある。駐車場にはK田さんの車以外には咳払いかぁ。さっさと荷物を降ろして池に向かう。おっ、かつてのいつもの場所が空いているぞ。柳の木の奥の方が釣れるかもしれないが、隣に余計な神経を使わないだけ楽だ。対面いつもの階段下にいるK田さんに挨拶したら、何と知らない人だった。K田さんは今日Dscf1555は私の真正面にいました。恥ずかしい~っ!既にかなり気温は上がっているものの、風があって涼しいぞ。ただ、湖面はちょっとなぁ。とりあえず準備しよう。竿は12尺でセットの底から入る。餌は相変わらずのバラグルだ。ちょっと底を取り辛いが、さっさと済ませて(オイオイ)開始は9時20分。まあまあの時刻かな。さてさてウキの動きはどうだろう。放流が寄りさえずればすぐに動き出す筈。う~ん、そんな簡単ではないか。いや、ウキが返したぞ。すると、開Dscf1556始10分ほどでいきなりウキが消し込んで、ヤバいスレかと思いきや、ちゃんと食ってました。まずは凸を解消して気分が楽になる。対面K田さんは両ダンゴの宙の練習中と言いながら、竿を曲げている。しかぁ~し、合わせそこねたのか次のあたりでハリス切れ。ガクガクッ。急いで交換したら、何と3号の鈎のところを5号で付けてしまった。が、今更変えません。それが省資源釣法(キリッ?)。そのまま続行すれば、一旦遠のいたあたりも10時過ぎに波の中あたりを取れDscf1557Dscf1558て2匹目。ただ、これが続かない。開始1時間で2匹とは、先が思いやられる。何とか3匹目は30分後だ。しかも再びの消し込みで。へらは底にいないのかな。いや、ウキの返しはあるのDscf1559できっとそのうちに釣れると根拠のない確信?ウキ下も多少は弄ってみると、11時前に4匹目。何とかもう1匹釣って第2目標くらいは行きたいところだが、再びのハリス切れでガクガクッ×ガクガクッ。で、鈎を今度こそ3号で付ける。すると、11時を過ぎて午前中のGTがやって来たのか、返したウキがDscf1560Dscf1561モヤっと入るようなあたりでポツポツと3匹をゲットし、とりあえず第2目標には届いたので、まずはDscf1562ホッ。そして11時22分に餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣2時間で7匹。全て地べらだった。「つ」抜けは成らなかったが、放流なしなのでまあいいか(コラコラ)。さあ、次はお待ちかねの宙だ。竿は11尺に替え、早めの昼食を済ませてからマッシュダンゴを規定通りに作り、トイレタイム。さあどうなるDscf1563か。少なくとも3匹は釣ってトータルでの第3目標はクリアしたいところ。「たな」は仕掛けのままで再開は11時39分。まずは普通に餌付けして打ってみると、おっ、ウキの馴染みはまあまあではないか。しかぁ~し、数投後に気が付いた。何と餌落ち目盛を勘違いしていたのだった。つまりウキは全く馴染んでいなかったと言う事。まさにトホホ。で、指でコネコネして打ってようやくウキが馴染んだぞ。ただ、これも何かが寄って来たのか2,3回くらいウキが動くと餌が落ちてしまう。そこで餌の一部を押し練りして付けてみたら、ウキが馴染み切Dscf1564ったところでグッと入るのが波の中見えました!が、残念カラ。それでもこの餌であたったので、まずは一安心。そして12時のサイレンを聞いてじきに1匹目ゲットだ。よーしよし、このまま行こうではないか。しかぁ~し、やはり餌の持ちが悪いのかすぐに餌落ちが出てしまうので早いあたりが欲しいところだが、なかなかそうはいきません。早くも12時半。すると、ウキが馴染んでからのDscf1565Dscf1566小さな動きでやった2匹目ゲットか?しかぁ~し、サイズはグーなのに目にスレていてガクガクッ×ガクガクッ×・・・。更にしばらくすると、あたり自体は悪くなかったが、掛かって来たのは手の平ブルー。最初は放流かと思うほどピキピキ引いたので、少し喜んだ自分が恥ずかしい(トホホPART2)。そしてそのまま1時。このままの推移では、雰囲気的にもこれ以上の釣果は望めない感じだ。出来ればやりたくないが、残業も視野に入って来た。頼む、何とかあと2匹。対面坂の下にはO石さんが入り、ポツポツと竿を曲げている。K田さんは小休止か。しかぁ~し、1時を過ぎるとあたりもハッキリして来て、大Dscf1567Dscf1568きなあたりで2匹をゲットし、遂にトータルでの第3目標をクリア(ただ、ちょっと寂しい気がするのは何故?)。1時17分に餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣1時間40分で3匹。久し振りに使った餌ではあっても、もう少し何とかならなかったのかという悔いは残る。Dscf1569次回はもう一度この餌でやってみよう。トータルでは実釣3時間40分で10匹。全て地べらなので、前回の結果から放流の分を引けば同じくらいの結果だろう(オイオイPART2!)。片付け。K田さんからもう終わるのかと声が掛かったが、K田さんも片付けしているではないか。先に片付けを終え、K田さんO石さんに挨拶して車に戻る。さあ、今日もベイシアが私を待っている。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
今週はまだ竿を出せそうか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

願いが叶って良かったのか?@増沢池-その2-

Dscf1545前回はウキが消し込み消し込み奉る~!となってもカラばかりで終わった苦い記憶がある。それを払拭するためにあえて両グルでやるのだ。すると、数投後にいきなりウキが消し込んで早くも1匹目!ただ、放流ですが、何かPART2。しかぁ~し、何故か替えたばかりのDscf1546ハリスが切れている。不思議だ。とは言っても交換しなければならず、さっさと代えて再開すると、これまたじきにズバッ!で今度は地べらだ。あれあれ、今日は爆釣かな?しかぁ~し、世の中そんなに甘くない。いつも通り次第にウキが動かなくなる。それでも今日は前回とDscf1547Dscf1548は違って、ポツーリポツリと2匹を追加したところへ、masaさん登場だ。背後霊のように静かにいたのでビックリ。その後5匹Dscf1549Dscf1550目は立派な地べら。軽く第2目標クリアに、♪今日はこりゃぁ行けそうな気がするぅ~♪そして12時のサイレンと同時に6匹目ゲット!よ~しよし、この調子なら第3目標などチョチョイのチョイだ。しかぁ~し、午後になって風・波が強く出始めたせいなのか、次第にウキの動きが悪くなり流され、また視認性も悪化。S我さんからもウキが流されるとの声。昼食を摂りながらウキDscf1551を見つめるが、いよいよあたりらしきウキの動きには合わなくなった。で、ウキ下を20cmくらい伸ばしてみたら、1回バラシた後に7匹目。いよいよどちらかの目標はクリア出来そうだ。しかぁ~し、ここからお馴染みの「穴」が開く。ウキの動きが止まってしまった。ウキ下をDscf1552戻そうか、それともこのままで続行か?それでも7匹目から約30分経って、シモッたウキがスッと入れば、やっとの思いで8匹目。ただ、餌がもうない。今日は思いの外ウキが動いて合わせ続けたので、疲れている。なので残業はしない。この餌を打ち切れば強制終了だ。すDscf1553ると、何と言う事でしょう、まさにラス前に9匹目が出て、トータルでの20クリアだ。こうなると最後の一投で単独での第3目標もクリアすれば、気持ち良く帰れるぞ。しかぁ~し、残念あたりに合わず1時1分に無念の終了となってしまった。結果、午後の部では実釣1時間Dscf155450分強で9匹。トータルでは実釣3時間40分で20匹。放流主体でウキがガシャガシャ動くのも経験出来たので、それも嬉しさの一つ。片付け。やはり腰が痛い。近い将来、釣り場として増沢には来られなくなるかもね。ゆっくり片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。さあ、今日もベイシア。さっさと車を走らせた。
 
明日は行こうかな?どうしようかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

願いが叶って良かったのか?@増沢池-その1-

今朝は早くから暑い。そんな中、先週末のような釣りがしたいと出掛けました増沢。私的には早く出掛けたつもりだったのだが、池に着くと結構な数の車。ヤバい、これは日陰側に場所がないかも。うっ、急に腹の具合が・・・。不定期便で時間をロスし、更に入れる場所がなくなったかもと急いで橋まで行くと、日向側には坂の下に1人だけ。日陰側かつてのいつもの場所には先週も遭遇した人。柳の木の奥の奥には咳払いDscf1532がいるし、さて何処に入ればいいのか。柳の木の奥は空いているものの、咳払いの隣というのがなぁ。でも、背に腹は代えられない。車に戻ると、ちょうどK田さんが車から降りるところだった。挨拶すると、今日も日向側階段下に入るとの事。うわぁ、頑張って下さいとしか言いようがない。私は柳の木の奥へと向かう。かつてのいつもの場所の先客に挨拶すると、今日は放流ばかりとの事。おっ、これはまさに私が望んでいた状況ではないか。去年から放流はポツーリポツリとしか釣った事がないので、一度でいいから放流が寄ってウキがグシャグシャに動くような釣りがしたいと思っていたのだ。柳の木の奥に入り、さあ準備しよう。竿は12尺で、餌はいつものバラグル。あれっ、案外凪いでいると思った湖面が次第にザワ付いて来たぞ。ささっと底を取り、開始は9時5分。すると、思った通り?じきにウキがモヤモヤ。そして1目盛ウキが入ってやった1匹目ゲットか?残念カラでした。すると、そこから5連続のカラで少しヒートアップ。これはまさしく願っていた放流の寄りではないか。ただ、実際にそうなってみると、私にはどれがあたりなのかさっぱり分からない。気温も上がって来て、更にヒートアップする私。合わせても合わせても掛からず。じっと手を見る・・・。もちろんウキ下の微調やらはやっていますよ。更にDscf1533放流寄りで餌も小さめに。ただし、鈎はバラサの5号のまま。これを代えるのは面倒だから(オイオイ)。それでも9時半少し前に、やっとあたりに合いました。やれやれ、これが放流だ。しかぁ~し、その後もバッチリのあたりでカラばかり食らう私、最早何が何だか。それでもDscf1534Dscf153510時までには何とか3匹を追加して4匹。カラに加えてスレバラシも頻発。もうクタクタだ。しかぁ~し、10時を過ぎる頃Dscf1536Dscf1537からウキが静かになって来た。ヤバい、モタモタしている間に何処かに行ってしまったか。第2目標にリーチとはなっていても、釣れそうにない雰囲気だ。しかぁ~し、やっと本来のあたりで5匹目は地べら。Dscf1538Dscf1539う、嬉しいゾーイ。やっぱり地べらの方がいいなぁ(って、放流もカウントしますが、何か)。だがしかし、続いて来たのはまたも放流。10時半までに2匹を追加。更に闇雲流で合わせ続ければ、餌が尽きたDscf1540Dscf154110時56分までに4匹をゲットして、数字上は第3目標に到達。今日は放流が来て嬉しい筈なのに、何だかなぁと言う感Dscf1542Dscf1543じ。結果、午前の部では実釣1時間50分で11匹。最後の方ではかつてのいつもの場所の先客が見に来たので、ちょっと力が入ったのか、さっぱりの状況だった。それと、S我さんがやって来て、柳の木Dscf1544のそばに入った。何だかやり難そうな場所だが、本当にそこでいいの?しかぁ~し、開始してじきに1匹釣ったので、結構いい場所なのかもしれない。さあ、私は次は宙。しかも両グルでやるぞ。竿は9尺に変更し、餌はいつものグルテンのみ。ここでの目標は単独での第3目標クリア。それが無理なら(オイオイ)トータルでの20だ(よく考えると、その差は1匹なんだけど)。ハリス長を40cm+55cmにして、再開は11時9分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

今朝のメダカ

最近水温が上がって来たので、2つの容器にエアレーションを実施。
容器の真ん中からごく弱くプクプクと泡を出している。効果あるのかな?
それと、残念なお知らせ。卵は白くなりカビも生えたようなので、廃棄しました(廃棄と言う言葉で良かったか?)。
アナカリスの花は2つの容器でポツポツと咲いているが、1日しか持たないので残骸(言葉が適切ではない?)が浮いている。
大1匹の方のエビちゃんは、数は確認出来ないもののちゃんと生きてる。これは嬉しい。
大小5匹の方は、最近4匹しか見られなかったので心配していたが、今朝5匹を確認。やれやれ、良かった。
 
ガラス水槽は・・・う~ん、どうしよう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

最近の買い物

Cameraステイホームの影響かどうかは分からないが、アマゾンでまたも買い物をしてしまった。取説にはクラウドカメラとある。
散財とまではいかないが、これがクーポン使用で3000円台で買えるとは、まさに中華製恐るべしと言ったところか。
200万画素のカメラなので、我が家の頼りない Wi-Fi 環境でも充分動作してくれる。素晴らしい事に日本の技適も取っているから安心して使えるぞ。
今はただ自動追尾を、自分が移動する事で楽しんでいる程度。
何か動いたりしたら、警戒音が発生すると同時にスマホにメッセージが届くと言うので、それも遊んだりしている。
とりあえず玄関にセットして、さあこれが動く事があってはならないのに、動くのを期待する?自分がいるというのも滑稽だ。

まだデータ保存用のSDカードは買っていない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

3連荘の釣行で昨日の鬱憤は晴らせたか@増沢池-その2-

O石さんは対面坂の下に入った。私は今日の餌のタッチが昨日よりはお気に入りで、これならとりあえず1匹は釣れそうだ(トータルでの第3目標)。さて、再び風・波が出て来たものの、竿を短くした分ウキの視認性はそんなに悪くない。更に数投後からウキに動きが。そしていきなりのズバッ!でやった早くも1匹目ゲットか?しかぁ~し、バラシでガクガクッ。ただ、今日はウキの動きがなくなる事はなかった。底といい、昨日Dscf1524とは別世界の感じだった。その後も大小のあたりらしきウキの動きに翻弄されて、カラを打っては「あ~っ!」とか言う声が池に響き渡ったかもしれない。それでも1時を過ぎてやっとズバッ!で1匹目ゲット。まずはトータルでの第3目標クリア。宙も昨日の2匹を上回ってスッキリしたいところだが、やはり餌のDscf1525具合なのかカラ連発。1時半までにもう1匹追加して、とりあえず昨日に並んだぞ(決して自慢出来るものではないが)。さあ、次は単独での第2目標だ。ただ、あたってもあたってもカラ。じっと手を見る・・・このままでは追加は難しそう。では、ハリスを詰めてみようかな。下ハリスを数センチ詰めて、気持ちDscf1526的には25cm+35cmくらいにしたつもり。更に「たな」を少し深めにしてみたら、ウキがグッと入ってやった3匹目ゲットだ。時刻は2時になろうとしている。すると、これまた午後のGTが前倒しになった感じで、それまでのカラばかりからあたりに合うようになって来た。しかぁ~し、次は宙で初めてのスレ。Dscf1527Dscf1528もちろんスレて上がって来なくてもバラシは結構出ていたので、特に何かある訳ではありません(むしろ外れて欲しかった)。更に次の餌打ちでまたもズバッ!ヤバいまたスレか?と落胆しかかった私だが、やれやれオーケーでした。これでとりあえず単独での第2目標にリーチにはなった。が、果たしてこの後あたりに合う事はあるのか?2時頃に柳の木の奥の先客は帰った。常連のI藤さん達も帰ったか。ウキの動きはなくならないが、相Dscf1529変わらずカラまたはバラシで一向に結果を増やせない私、餌も残り少なくなって達成は厳しくなった。が、しかぁ~し、2時半を過ぎて5匹目ゲット。しかぁ~し、ハリストラブルで交換を余儀なくされる。もう餌は残り少ないので、これ以上は望めないかもしれない。釣れたら嬉しいなくらいの気持ちで餌を打ち切ろう。な~んて殊勝な気持ちにはなりませんよ私は(倒置法)。2時半頃帰ったKDscf1530田さんから、最近はずっと14,5匹くらい釣れてると言われたので、ガツガツと最後のあがきで6匹目ゲット。ただ、そこまで。2時48分に餌を打ち切った。結果、午後の部では実釣2時間20分弱で6匹。トータルでは実釣4時間で15匹。上出来でしょう。ただ、宙ではもう少し何か対策があれば、柳の木の奥の先客くらいは竿を曲げられたかもしれない。片付け。と、何故かO石さんがDscf1531終了。午後から始めたのでもう少し粘るかと思っていたのだが、遅くとも3時には終わる事にしているらしい。片付けを終え、片付け中のO石さんと遠くのT林さんに挨拶して車に戻る。ホント、最近は帰りがキツクて仕方ない。特に腰から尻にかけて辛過ぎる。外科で牽引等のリハビリしても、釣りで悪い姿勢を取っていては意味ないじゃんと言う事だね、きっと。ハアハア言って車に戻り、荷物を積む。さあ、今日はこれから2回目のベイシア詣でだ。それにしても暑くなったなぁ。さっさと池を離れた。
 
今週の釣行はこれでお終い。また来週 SEE YOU AGEIN!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

3連荘の釣行で昨日の鬱憤は晴らせたか@増沢池-その1-

体力的にはかなりキツイ3連荘の釣行(他のへら師は普通にやっているけど!)も、昨日の体たらくを払拭したい気持ちの方が強くて、通院後にゴー!しかぁ~し、何処かボーッとしているようで、途中のコンビニで昼食を買うのを忘れてわざわざベイシアに寄って時間のロス。駐車場にはK田さんの車とおそらくはへら師の数台。まずは私が入りたい日陰側かつてのいつもの場所または柳の木の奥が空いているか、橋まで行って様子を覗うと、ゲゲッ両方入っている。だがしかし、かつてのいつもの場所の先客は片付けをしているように見えたので、これ幸いと急いで車に戻り、荷物を降ろしてDscf1511池に向かう。確かに先客は終わったところ。挨拶して様子を訊くと、7,8枚は出たと言うからやる気がむくむく。しばらくの間片付けを待ち、それから釣り座を設置。既に気温は上がっていて暑いくらい。さて、先客が13尺底だったので、私は12尺でやろう。餌はいつものバラグル。ささっと底を取っての開始は10時32分だ。4時間やって2時半には終われそう。対面いつもの場所のK田さんにも挨拶。柳の木の奥の先客は宙でバシバシ竿を曲げていて、ペースが落ちる事はなかった。ただ、風・波が出て来てウキの視認性は悪い。太いトップのウキにして良かったぁ。すると、何と言う事でしょう、第一投からウキが動いたではないか。先客が言ったのも満更嘘ではなさそうだ(オイオイ)。昨日は2匹と惨めな結果だったので、少なくともそれは超えたいところ。ただ、先に書いた通り波でウキの視認性はかなり悪化している。しかぁ~し、開始10分ほどであたり!これは幸先いいぞと合わせれば、やった早くも掛かりました?うわっ、凄い引きだ。まさか・・・。残念嫌なDscf1512Dscf1513予感の通りバックオーライで見えて来た。クーッ。するとその後もウキは様々な動きを見せてくれて、どれがあたりなのか分からなくなる。で、闇雲に合わせたら、11時少し前、開始20分くらいで1匹目ゲット。やれやれ、これで落ち着いたぞ。しかぁ~し、11時を過ぎてのあDscf1514Dscf1515たりでまたもスレ!♪なんでこんなに釣れないのかよぉ~♪と歌いたくなる(実際声が出ていたかも)。それでもじきに2匹目をゲットして、スレ先行に待ったをかける。すると、11時Dscf1516Dscf1517半(まさに午前中のGT)から風・波が収まって来た事、加えて午前中のGTもあってか(もちろんそれDscf1518Dscf1519までに餌付けやらウキ下の微調もやっていて)、私には珍しく次々とあたりに合う。放流も混じりながDscf1520Dscf1521ら6匹をゲットして、軽く第2目標をクリア。次は第3目標だぁ。しかぁ~し、12時のサイレンを聞いたDscf1522後には1匹しか追加出来ず(カラに加えてバラシも出たよ)、12時18分に餌を打ち切ってしまった。残念なり。結果、午前の部では実釣1時間45分強で9匹。これはかなり上出来だ(もちろん私にとって、だが)。昨日の鬱憤は晴らせたと言っても良いかな(いいとも!)。さあ、次は宙。竿は9尺に変更。餌Dscf1523はカルネバ2・マッハ2・ガッテン1でガッテンは控えめに。準備を済ませてからトイレタイム。途中でO石さんに遭遇。これから竿を出すとの事。今日はいけますよと伝えたが、果たして通じたか?釣り座に戻り、昼食を摂りながら(「たな」は弄らず)再開は12時30分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

連荘で出掛けてみたらボロボロ@増沢池

今日は昨日より風が弱いとの予報。しかも気温もそんなに高くならないとあっては、出掛けない訳には行かないでしょう。と言う事で、少々遅くなったが増沢へゴー!駐車場には既にへら師と思われる車が数台。さっさと車を停め、荷物を降ろして池に向かう。予報通り日向では暖かいが日陰は風が涼しさを通り越して寒ささえ感じてしまう。さて、今日は昨日と同じ場所で底をやるつもりだったが、何と咳払いがその横にDscf1503入っていたので、止めてかつてのいつもの場所に入る。ただ、予定変更でも底は変えません。竿は11尺で、餌はバラグルのセット。しかぁ~し、底が思うように取れない。最初は太いトップのウキで底を取ったのだが、細いトップのウキでも同様に取れず。何か底にあるのか?最初からテンションがだだ下がり。仕方なく釣り座を右にずらして太いトップのウキで底を取り直すと一発でオーケー。ふーっ、やれやれだ。そして開始は9時24分。すると、第一投からウキが馴染みながらモヤモヤ。これは・・・。まさかの爆釣の合図なのか?しかぁ~し、その後は何故かシーン状態のまま(返しは出ていたような気が)10時を迎える。すると、返したウキがいきなりのチクッと1目盛入ったではないか。やった1匹目か?しかぁ~し、カラ。するとその後も連荘で計3回のカラを打つ。これには痺れたが、4度目のあたりでやった今度こそ掛かったでしょう!しかぁ~し、どうやらスレたようでハリス切れ。するとその後はお決まりのシーン状態再来。開始1時間はとうに過ぎて10時Dscf1504半過ぎ。奥にはT林さんの姿が見える。と、再びウキが返すようになって来たか。そしていきなりズルッとウキが入ったので、ヤバいまたスレか?と焦ったものの、寄せてみれば口。やったようやく1匹目ゲットだ。と。そこへやって来たのはO石さん。昨日と同じ看板横に入った。この頃からウキはあたりらしき動きを見せるようになって来たが、これが全てカラ。11時をDscf1505過ぎ、今度こそとあたりらしき動きに合わせたところ、やった掛かりましたよ!しかぁ~し、引きが弱い。これは放流の小さな奴か?残念寄せてみれば手の平近いブルーでした。ガクガクッ。もちろんご退場頂きました。ウキの動きがブルーでは、もう午前の部は終了と言ってもいいかもしれない。それでも何とかもう1匹と午前中のGTに期待すれば、11時半過ぎに小Dscf1506さく半目盛入るバッチリのあたりに合わせてようやくの2匹目。これは嬉しいでしょう。まさに底釣りの醍醐味だ。しかぁ~し、その後再度のハリス切れが出ると最早ウキの動きはないも同じ。虚しく11時49分に餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣2時間半弱で2匹。これは辛い。最近は底で釣れなくなっているので、何かしらの原因が掴めればとは思っていてDscf1507も、一向に閃かないのだ。さあ、次は宙。昨日の両グルを思い出して竿は9尺に変更。あれくらいカラが頻発して欲しいところ。餌はカルネバ・ガッテン。何処かの本にガッテン・天々の組み合わせがあったが、それより持つ餌になるのでは。用意だけしてトイレタイム。帰りにO石さんに様子を訊くと、既に1匹ゲットしているとの事。グー・グ・グー!釣り座に戻ったところで12時のサイレン。昼食後の再開は12時8分だ。午前中はほぼ凪いでいたのに、午後になると風・波が出現。涼しさを通り越す寒い風があたる。白波でウキの視認性もかなり悪化。すると、最初こそウキが馴染んでから動きがあったが、そのうち餌の粘りが出て来たのかほぼシーン状態となってしまう。私の右には午後から来たへら師。この人が残念な事に立ちションをしてしまったので、厳しく注意したのだが、ちょっと言い過ぎたかもと後でフォローした。さて、ウキの動きは戻っては来たのだが、残念あたりDscf1508にはならず。しかぁ~し、餌に手水以外は何も手段がない私、ひたすら餌を打ち続けると、1時を過ぎてやっとズバッ!が出て1匹目。午後の部では何とか3匹を釣ってトータルでの第2目標くらいには持って行きたいので、あと2匹だ。右隣はその後バラシで仕掛けを頭上の木の枝に引っ掛けて仕掛けを切ってしまうアクシデント。更に合わせで道糸切れを起こし、ウキが池の中央にプカプカ(♪俺のあん娘はぁ煙草が好きで いつもプカプカプカ~♪)と、2回のトラブルで散々だった。さて、1匹目ゲットからは何となくへらがいる感じがDscf1509見えて来たので、更なる追加を望んで餌を打つ。すると、1時半を過ぎて「たな」を深くしたところ、またもズバッ!で2匹目。これで一応目標にはリーチとなった。対面O石さんも私と同じくらいは釣っている様子。さあ、ラストスパートで何とかもう1匹。すると、再びのズバッ!が出て、やった「正真正銘の上がりべら」ゲットか?しかぁ~し、確かに口には掛かっていた筈なのに、「たも」に収めると何故か外に逃げてしまい、しかもその際に鈎も外れてしまったではないか。まさにガクガクッ。幻の3匹目となってしまった。そしてその後は虚しく餌を打ち、ジャスト2時に終了。結果、午後の部では実釣2時間弱で2匹。トータルDscf1510では実釣4時間20分で4匹。何だかなぁ・・・。片付け。右隣には知り合いが来て、頭上の木の枝のウキを回収した。良かったデスネ。片付けを終え、隣とO石さんに挨拶したら、何とO石さんは竿を曲げていた。こちらも素晴らしいデスネ。今日も腰から脚にかけて痛みが出、這う這うの体で車に辿り着く。何だか通院しても状況は緩和さえされないようだ。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は通院後に3連荘もある?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

3種の餌で宙@増沢池-その3-

O石さんが看板横に入っているようだ。右隣の先客は午前中に帰った。2,3回竿が曲がるのを見た。さて、今日の両グルの目標は、とりあえず2匹釣ってトータルでの第3目標をクリアする事。まずはいつも通りウキが馴染んだら1,2回誘って餌を切る、Dscf1497を繰り返すと、開始10分ほどでいきなりウキがズバッ!やった1匹目ゲット。両ダンゴも9尺でやれば良かったか。だがしかし、その後はウキの動きが悪くなる。どうも今日はウキの動きが断続的な感じがする。寄っていても食わないのかな。とにかく餌を打っては切るを繰り返し、1時半を過ぎてやっと2匹目。遂にトータルでの第3目標に達したぞ。そしてDscf1498Dscf1499更にもう1匹を餌を付けずに鈎に残っているグルテンカスで追加すれば、第3ステージでも単独で第2目標くらいは行けるかな。欲を言えば各ステージ平均で5匹となるよう、このステージで7匹釣りたいところ。これは雰囲気的にちょっと無理か。すると、2時前に4匹目をゲットすれば、いよいDscf1500Dscf1501よ目標が見えて来たぞ。そして2時を過ぎたところで2回目のトイレタイム。すると、帰ってじきに5匹目。やった単独での第2目標クリアだ。こうなれば、あと2匹くらい何とかなりそうな気がするぅ♪対面K田さんが2時前に帰った。看板横でK田さんと話していたO石さんによると、結構竿が曲がっていたとの事。私のウキはトイレ後に急に動きが良くなり、こりゃぁ午後のGT間違いなし。さっさと2匹をゲットして、更にもう3匹で単独での第3目標も夢ではないぞ。しかぁ~し、しかぁ~し、な、な、何とウキはズバッ!ズバッ!と消し込むあたりを見せるのだが、これが一向に掛からず。どうしたんだろう、餌の経時変化かな?ちょっと軟らかくしてみたり、「たな」を弄ってみたりしてみても、ズバッ!のカラツンは止まらず。つい大きな声が出ていたかもしれない。2時半少し前にI藤さんやO橋さんが終了。他のへら師もポツポツと終了して、深場にはT林さんだけになってしまった。あとは対面ダム?そばと看板横のO石さんだけ。かと思いきや、O石さんも終了。池に残ったのは私を含め3人となった。そしてカラばかりの私の餌も尽きてしまい、2時50分!に無念の終了。結果、第3ステージでは実釣2時間50分弱で5匹。最後のカラDscf1502のオンパレードには痺れたなぁ。おそらくハリスを詰めれば良かったかもしれないが、既に第3ステージでは1回数センチ詰めているので、それ以上はちょっとやれなかった。トータルでは実釣5時間半強で13匹。時間2匹程度だったのか・・・。片付けを終え、T林さんに挨拶して車に戻る。腰だけでなく体全体が痛い。そして車に着くまでの行程でクタクタだ。何度も書いているように、このところ一気に老化が進んだのか。ガックリして車に荷物を積み、もたもたと家路に就いた。
 
明日も行けたら行きますが・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

3種の餌で宙@増沢池-その2-

まずは餌を弄らずに打ってウキの馴染みを見る。少しコネコネした方が良いかな。すDscf1490ると、まだ11時にならないのにズバッ!で早くも1匹目。ただ、あまり嬉しくない。と言うのは、月曜も同じように早々1匹目が出てもその後が続かなかったから。確かにウキの動きは断続的だ。それに加えて、忘れてはならないのが時期的に糸トンボが邪魔をする事。Dscf1491底ではないのであまり気にしなくても良さそうだが、それでも気になるぅ。11時を過ぎてしばらくすると、またもズバッ(今日は小さなあたりを取る必要はなかった)!で2匹目。トータルでの第2目標をクリアしたぞ。しかぁ~し、特に何かをした訳でもないのに、ウキの動きが悪くなってしまう。時間的には午前中のGTなのに、おかしいなぁ。それでも餌を打ち続けDscf1492れば、しばらくしてウキの動きが復活。そして11時半を過ぎてやっと3匹目。ただ、その後も調子が上がらないまま12時のサイレンを聞く。餌の粘りは相当なものになっており、手水くらいではどうにもならない(それでも手水で柔らかくするくらいしか能がない私だった)。カラやスレバラシが散発的に出てしまい、遂には12時半近くには再びのスレ。頼む、途Dscf1493Dscf1494中で外れてくれ。ただ、何が原因かは不明だが、12時半を過ぎて4匹目をゲットすると、何とかもう1匹釣って単独で第2目標まで行きたいのが人情というもの。しかぁ~し、遂に最後の一投。もう神頼みしかない?しかぁ~し、ズバッ!とウキが入れば嬉しや「上がりべら(この餌でのといDscf1495Dscf1496う意味)」ゲットだ。時刻は12時54分。結果、第2ステージでは実釣2時間余で5匹。これで何とか月曜と遜色ない結果になったので、ここで終わってもノー・プロブレムなのだが、今日は最初に書いた通り3種の餌で宙をやる。そうです、最後はどうしても気になってしまう両グルでやりますよ。ただし、竿は9尺に変更。餌はいつものグルテンで、バラケは作らない。そして再開は1時2分。
 
TO BE CONTINUED AGAIN!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

3種の餌で宙@増沢池-その1-

昨日は天気が不安定なので竿を出すのは止め。その代わり見に行くだけならと通院後に増沢に向かったが、車が少なくて池を見ずに帰った。今日明日は好天の予報なので、連荘もあるかもと少し早めに増沢へゴー!駐車場には既にへら師と思われる車が数台。日の当たるところでは暑さを感じるものの、日陰で風が吹くとひんやりすDscf1489る。さっさと荷物を降ろして池に向かう。ゲゲッ、日陰側かつてのいつもの場所には先客。渋々柳の木の奥に入る。まずは両側の先客に挨拶。そして準備だ。竿は11尺で最初は底からと思ったが、今日は両ダンゴを2回と両グルで宙を3回やる事にする。まずはガッテン・天々・マッハ。「たな」は前回のままで開始は8時48分。ウキの馴染み具合を見て餌を練ろうと思ったら、全く馴染まず。で、餌を小分けして押し練り。やっと馴染んだ。が、それであたりが出る訳でもない。あっという間に9時。O橋さんがこちら側深場、K田さんは日向側いつもの階段下に入った。看板横とその奥の浅場にもDscf14841人ずつ。へら師は最大で10数人にまで増えた。さて、しばらく我慢して打っていると、そのうちにウキがモヤモヤ。そして9時半を過ぎてズバッ!やった1匹目ゲットか?しかぁ~し、残念アッパーでした。しかもその後、再度掛かったかと思えば寄せる途中で外れた。まさにDscf1485Dscf1486ガクガクッ。1匹目は10時前。大体1時間掛かってしまった。でもこれで凸は回避。やれやれ。すると、10時ジャストにDscf14872匹目ゲット。これこれ、こうでなくては。更に連荘?で3匹目ゲット。これは素晴らしい。時間的にはまだ午前中のGTとは言い難いが、ひょっとして爆釣もありうる?奥のへら師は増え、対面ダム?そばにも1人。T林さんもやって来た。さて、その後もウキは動いたのだが、ズバッ!からのハリス切れが出ると状況が一変。ウキが動かなくなってしまった。更に空Dscf1488振りかと思えば鱗で、どうやら年貢の納め時か。10時35分に餌を打ち終えた。結果、第1ステージでは実釣1時間45分強で3匹。もう少し釣りたかったなぁ。さあ、次は前回を真似てカルネバにマッハ(天々を使い切ったため)でやってみよう。竿と仕掛けはそのまま。と、その前にトイレタイム。そして早め(だいぶ早いぞ!)の昼食を摂ってからの再開は10時50分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

駐車場封鎖が解除され、意気込んで出掛けた@増沢池-その2-

餌のタッチはあまり気に入らないものの、ウキが馴染むのでOKとする。しかぁ~し、Dscf1477私の昼食休憩中には止んでいた風・波が再び出て来てウキを見難くする。が、そんな中、数投後?にいきなりウキが消し込んだ!で、これまた慌てて合わせれば、やった早くも掛かりました!これはひょっとして爆釣の予感?しかぁ~し、そこからしばらくはウキのシーン状態が続く。そして12時のサイレン。と、奥の方からザわさん登場だ。幹之メダカは元気で、卵も1匹孵ったらしい。さっきまでT林さんの岡ジャミをしていたが、それまで爆釣ペースだったT林さんが、ザわさんが来てからへらからブルーに入れ替わってブルーの入れ食いになったとの事。そんなザわさんだったが、来てすぐに私にあたり!そして掛かりました!しかぁ~し、Dscf1478「たも」に収める寸前にバラシでガクガクッ。これで今日の私の釣りはお終いなのか?いや、今日のザわさんは私にとっての福の神。それからしばらく経って波の中ウキが入れば、嬉しや2匹目ゲットだ。何だか知らないが、ウキの動きが良くなって来たぞ。しかぁ~し、12時半頃には今日2回目の「掛かってます!」が出たが、凄い引きを堪えて寄せてみると目の上のたんこぶならぬ目のDscf1479Dscf1480上にスレでガクガクッ×ガクガクッ。やっぱりなぁ・・・。餌のタッチは経時変化なのか、練らないのにどんどん粘って来る。これではカラツンの嵐になってしまう。それでも12時半を過ぎてまたもあたり!トータルでの第2目標になったゾ。T林さんが爆釣なら、私にもそこそこDscf1481Dscf1482の結果があるかもね。確かにウキの動きは悪くならず、その後も2匹を追加すれば、想定外の午後の部だけで第2目標クリア!1時前にザわさんはカインズへと向かった。岡ジャミお疲れさまでした。さあ、餌が残り少ないものの、この調子でトータルでの第3目標まで行ってみよう!しかぁ~し、ザわさんが帰るとウキの動きは悪くなってしまう。そしてそのまま餌を打ち終え、終了は1時18分。結果、午後の部では実釣2時間弱で5匹。トータルでは実釣4時間強で7匹。どうだろう、餌をガッテン・天々でやればもっと釣れた気がするのは勝手な思い込みか。ただ、予報ではそろそろ雨がポツポツ来る。ここは涙Dscf1483を呑んで終了としよう。そうしよう、(以下同文)。片付け。左隣は1時過ぎに帰った。1回だけ竿が曲がるのを見たが、静かに寄せているとすればもっと釣れていたのかもしれない。片付けを終え、車に戻る。最近は釣りの後釣り台から降りると体が固まっていてしんどい。これも老化と関係あるのかも。ヒイヒイ言いながら車に戻り、さあ今日もベイシアに寄って行くとするかな。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は午前中大雨の予報。通院はしないかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

駐車場封鎖が解除され、意気込んで出掛けた@増沢池-その1-

やっと駐車場封鎖が解除され、季節からみても爆釣間違いなしと意気込んで出掛けました増沢。しかぁ~し、途中のコンビニでK田さんに遭遇すると、何とK田さんは封鎖中も増沢に行っていたと言うではないか。蛇の道は蛇とやらで封鎖中にも拘わらず車を停める場所があるようで、他にもⅠ藤さん達も竿を出していたというから驚き。ただ、状況は良くなくてあまり釣れていないそうだ。何だかなぁ。タバコ休憩のK田さんに先に行きますと言って、さっさと池に向かう。おおっ、駐車場に入れたぞ(当たり前か)。気持ちが逸って来た。さっさと荷物を降ろして池に向かう。今日は午後から天気Dscf1473が怪しくなるとの予報なので、早く終われるよう今日は8時前に家を出て来たのだ。そして雨でも早く逃げれるようにと、日陰側かつてのいつもの場所に入る。池を見回すと、既に数人が竿を出している。私も負けずに準備しよう。竿は11尺でまずはセットの底から入ろう。餌はいつものバラグル。ん、急に風・波が強くなって来たぞ。確かに池に着いた頃には風・波が出ていたものの、それほど気になる事はなかったのだが、これはちょっとどうだろう。開始は8時55分。K田さんがやって来て、対面階段下に入った。更にしばらくしてO橋さん登場。やはり対面いつもの場所に向かった。さて、予想していた事ではあるがウキが流される。う~ん、困ったなぁ。ウキの視認性を考慮して太めのトップのウキを採用したのに、それが仇となっているようだ。で、試しに細めのトップのものに代えたら、ガクガクッウキが見えにくいぞ。仕方なく太めのトップのもので続行。私の左、柳の木の奥に1人入った。今日はO合さんはどうやら来ないようだ。さて、開始20分くらいでウキがシモリながら返したので、早くも釣れそうな気になって来た。が、しかぁ~し、シモリがひどくてその後のウキの動きはかなり判断しにくくなってしまった。どうやらたまにあたり?が出ているように思えるのだが、ハッキリしない。しかぁ~し、シモッたウキがスッと入るのを見逃さずに合わせれば、やった掛かったでしょう!あっ、外れた・・・。時刻を確認すると9時半過ぎ。開始1時間が経ってしまいそう。厳しい~っ!しかぁ~し、こDscf1474こでウキがどういう動きをしたのか記憶にないものの、体が反応して合わせたようで、やった今度こそ掛かりました!う、嬉しいゾーい。これで今日の凸は回避出来た。やれやれ。しかぁ~し、続かない。対面K田さんやO橋さんはどうなのかな。気になって仕方ない。10時を過ぎる。両グルや両ダンゴ、更にはウキ下を調整して流され具合を緩和出来ないかやってみるが、ダメだね。大体右から左に流された後にウキが動く気がするので、そこをしっかり見て行こうとはDscf1475思った私だったが、10時半近くになって「掛かってます!」が出てしまえばまさにトホホ。一体何処の何を見ていたのか。とは言っても、もちろんカウントですが、何か。さて、餌打ちのテンポが思いの外速かったのか、餌がかなり減っている。まあ予定通りなのだが、それでもこのままでは2匹で終わりそうなので、11時近くなって遂に「ドボンまがい」に変更だ。オモリを追加して放り込み、ウキが3目盛ほど出るようにセットして、餌はバラケがなくなって両グル(しかもあと数投分しかない)で打ち込むと、しばらくしてウキがズバッ!と消し込んだではないか。これに慌てて合わせたら、ちょっと力が入り過ぎたのか合わせ切れ。今になってハリスが切れるか?そうは言っても交換しないと終われないので、ちょっとだけハリス段差を多めにして再開すると、餌が尽きた11時6分まで毎回ウキは動いたのだが、Dscf1476残念かすりもせず終了。結果、午前の部では実釣2時間10分で2匹。何だかなぁPART2。O石さんがやって来て、看板横に入った。さあ、次は宙。と、その前にトイレタイム。そして竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は悩みに悩んで?両ダンゴに決定。カルネバと天々で、練らなくても十分持たせる餌に。「たな」は仕掛けのままで再開は11時21分。

TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

卵、ハケーン!

今朝、まだ起きたばかりだが、いつも通りメダカの水替えと餌やりをするついでに、一昨日から容器に投入されている採卵器?を確認すると、ややっ、何個か卵が付いているではないか!
Img_20200517_121836昨日の花に続いて目出度いなぁ。だがしかし、容器内の生体は5匹。しかもガタイがいいのは1匹だけで、その他は去年生まれたものなので、一体どの個体が産んだのか?
とりあえず卵・針子用の容器に卵を移してみた。
さあ、果たしてどうなるか?

P.S.昨日見つけたアナカリスの花が、今日もう一つ咲いた。
 
無精卵かもしれないので、喜ぶのはまだおあずけ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

花が咲いた!

今朝見た時には全く気付かなかったのだが、さっき何気なくメダカの発泡スチロール容器を見たら、あれっゴミが浮いているぞ。何かな?と取ろうとしたら、ゲゲッ!アナカリスの花ではないか。
Img_20200516_103109まだ咲く途中のようだが、初めて見るのでビックリと同時に嬉しかぁ。
これは多分ジャンボエンチョーで買って来たもの。
それを去年の11月頃に発泡スチロール容器に適当に放り込んでおいたものだ。
特に面倒を見た訳でもなく、生育の適正温度が25℃くらいだったので、まあ枯れても仕方ないかと思っていたのに、冬を越した上にまさか花が咲くなんて。
例え1つだけの花であってもオンリーワンだ。写真では真ん中やや左上にある白いのがそう。右下には色の悪いヒメダカも映ってる。
メダカ飼育でおまけを貰った感じ。
 
台風はなくなるが、月曜は天気が不安定?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

久し振りに出向いたら混雑@東の谷-その2-

まずはバラケを付けて打ってみる。う~ん、すぐには動かないね。左の先客から更に左にもう1人入っている。私とみぎの先客の間には誰もいない。奥の4人は長い竿で底をやっているのかな?結構竿が曲がっているぞ。常連さんなのかもね。さて、打てども打てども反応なしで、こりゃぁヤバいかもと思っていたら、そのうちに弱くウキが入る動きが出て来て、すぐにやる気になる現金な私。それでも合わせても合わせても掛からず、じっと手を見ていたらあっという間に1時を過ぎていた。こりゃぁトータルでの第3目標どころか、凸まっしぐらなのかもしれない。両グルの宙という発想自体が良くなかったのかと、またもテンションが下がる。増沢なら「ナンチャッテ」に移行出来るのだが、ここは捨石が遠くまであるので無理。で、ウキが馴染み切ってからもしばらく様Dscf1466Dscf1467子を見ていたら、ウキがグッと入って掛かりました!う、嬉しかぁ・・・。時刻は開始1時間に迫ろうとしている。すると、じきに2匹目ゲット。開始1時間で2匹かぁ。まあ仕方ないね。これでトータルでの第3目標にリーチとなった。何故かは分からないが、結果オーライと言う事で(コラコラ)。ただ、続かないのが私の釣り。それでもひたすら餌を打ち続けると、1Dscf1468Dscf1469時半を過ぎてウキが馴染み切ってから誘いを掛けたらズバッ!ズバッ!で、やった遂にトータルでの第3目標クリアだ。するとその後もウキはモヤモヤしてはいるのだが、なかなかあたりDscf1470にならない。完全にポツーリポツリ状態となってしまい、1時台にはもう1匹。一応午後の部単独で第2目標クリアとまではなったものの、厳しいなぁ。2時を過ぎ、そろそろ終了が見えて来た。残念ながらもう終わりかもしれない。左右の先客は竿を曲げており、私一人がアウト・オブ・ザ・蚊帳。しかぁ~し、まDscf1471だ神は私を見捨てなかった。本当に餌があと少しになって、6匹目ゲット。こうなると午前の部と同じ7匹にして終わろう。そうしよう、双子葉植物。しかぁ~し、ラス前々で掛かって来たのは何とブルー。ガクガクッ。あの小さなあたりはブルーだったのか。もちろんご退場頂きました。あと2投に全てを掛けた私だったが、残念2回ともあたりは出てもかすりもせず。時刻は2時28分。結果、午Dscf1472後の部では実釣2時間余で6匹。トータルでは実釣3時間40分で13匹。個人的には充分過ぎる結果となったが、果たしてこの池ではどんな具合なんだろうか。挨拶が出来ていないので左右には訊き辛い。静かに片付け。そして静かに車に戻る。4時間弱と長い竿出しではなかったのに、やけに疲れた。腕も一時はまともに動かない事もあり、ちょっと休竿している間にも体力はグッと落ちていたと言う事か。ステイ・ホームの弊害だなぁ。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れる。さあ、今日は少しだけベイシアに寄って帰るか。そろそろと362を西進した。
 
増沢での再開は天気が悪そう。月曜は無理かも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

久し振りに出向いたら混雑@東の谷-その1-

静岡県では昨日非常事態宣言が解除されたので、それでは何処かの池にでも行ってみようかと思い立つのは不謹慎か?いやいや、とりあえず通院後に北へと向かう。増沢はまさか駐車場封鎖が17日から前倒しで解除になっているかもとは思ったが、まあ今日は止めて、代わりに先日空いていた東の谷へと向かう。しかぁ~し、着いてビックリ玉手箱!新しい池も車がビッシリ。皆解除を受けて出て来たのだろうか。まだ空きがあったので停め、荷物を降ろす。新東名橋の下を含めれば、既に10人以上が竿を出している感じ(あくまで個人の感想です)。荷物を持って階段状堰堤に向かうDscf1455Dscf1456と、真ん中付近に先客。挨拶しようと思ったら、近くで音楽が流れており、これはマズイと挨拶せずに堰堤左端に入る。後で音楽は対面アスレチックから流れて来た事が分かったのだが、挨拶しそびれたので、その後はずっと居心地が悪かった。さて、釣り台はあまり前に出せないので、竿は12尺の両ダンゴの宙からやってみようかな。私の左、私がかつて入っていた角地の先客は、宙で私が見ている間にも竿を曲げる。これでグッとやる気になって準備。餌はガッテン・天々。ハリスが前回両グルの宙仕様になっていたので、40cm+55cmから30cm+40cmに変更し、少し「たな」を深くしての開始は10時22分。まずは餌の持ち具合をチェックしながら餌を打つと、これが全然!で、一部を練って再開するも、ウキはなかなか動いてはくれない。ちょっと様子が掴めないので、とりあえず打つ・打つ・打つ。すると、じきにウキに動きが。ただ、まだ何がウキを動かしているかは不明なので、とにかく釣り上げないと、とやたらDscf1457Dscf1458合わせるうちに掛かりました!やったぁ・・・。これで肩の荷が下りた。時刻を確認すると、まだ開始20分程度だった。随分気持ちが焦っていたんだなぁ。すると、その後続けざまにあたりDscf1459Dscf1460に合って、あっという間に計4匹となる。まだ11時前。この調子なら第3目標くらいは楽勝だぁ。しかぁ~し、何処の池もそんなに甘くない。何故かその後あたりが遠のく。車を何処に停めたのか知らないが、その後堰堤には4人が奥に並んだ。そのせいかな(オイオイ)。そDscf1461Dscf1462れでも11時を過ぎて再度あたりが出始めると、連荘であっという間の第2目標クリア!まだ開始1時間経っていない。よし、今度こそ第3目標に向かえそうだ。しかぁ~し、午前中のGTが来たかと思ったら、幸せの女神は去るのも早い。餌の経時変化も関係あるのかもDscf1463Dscf1464しれないが、11時半になるまであたりがバッタリ。やっと7匹目をゲットし、再々度の第3目標超えを目指してはみたが、次のあたりでは背びれにスレてしまい、ものすごい引きで腕がいかれそうになった上に、その次のあたりは寄せる途中でバラシてジ・エンド。12Dscf1465時3分に餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣1時間40分で7匹。時間5匹には届かなかったが、まあいいでしょう。第3目標は午後の部で達成だ!写真のタイミングでは分り辛いが、結構波が出ていたのでウキの視認性が良くない事もあり、午後の部では竿を11尺に変更。餌はいつものグルテンとマッハで釣れるかどうかを実験したい。出来ればトータルでの第3目標くらいはクリアしたいところ。餌を作ってからトイレタイム・昼食後に再開。こちらは午前の部とは逆に仕掛けが両ダンゴの宙モードになっていたので、ハリスを30cm+40cmから40cm+55cmに変更だ。そして再開は奇しくも?12時22分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

スネイル増殖?

今朝、発泡スチロールメダカ容器の水替えと水草アンドタニシ洗面器の様子を見たら、ゲゲッ、洗面器にスネイルが増殖している!
小さな巻貝のようなものが水草に引っ付いているではないか。
最近まで気が付かなかったので、おそらく急に増えたものと思われる。暖かく(暑く!)なってきたもんね。
さて困った。こいつらをどうしよう。またひねりつぶすのか?しばらく様子を見て考えよう。
以前にメダカ容器にも1匹見つけたので、まさかとは思うが夜に這い出して移動した?
餌もないのに増えるスネイルって一体・・・。

P.S.エビちゃんは計8匹を導入しているが、全部ではないものの姿を見る事が出来る。少なくとも全滅は免れているみたいだ。
 
ガラス水槽の方も何とかしなければならないが、面倒で・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

池巡り

今日は好天でも風が強いとの言い訳で竿を出すのは止め。
代わりにちょっといくつかの池を見に行く事にした。
まずは増沢。駐車場入り口はしっかり閉じられている。おっ、閉鎖期限の日付が当面の間から17日までに変わっているぞ。
Dscf1444Dscf1443それからダム?まで行って池の様子を覗うと、あっ、日陰側に1人へら師ハケーン!
車はダム?付近にも見当たらないので、どうやって来たのだろう。誰かに乗せて来て貰ったのかな。季節柄きっと爆釣に違いない。来週が楽しみだなぁ。
続いてはこのところご無沙汰の浜北新池。
Dscf1445Dscf1446雰囲気はなかなかいいけど、この池は水草が多くて竿を出し辛いのが難点。ただ、今日はそんな事はなさそうな感じ。ちなみにへら師はいませんでした。
Dscf1447Dscf1448Dscf1449ついでに、まだ見に行った事しかない夜水沢池。ひょっとしてO合さんがいるかもと思ったが、写真には写っていないが1人竿を出していた。
それより驚いたのが道の向かい側。ソーラー発電所?に生まれ変わっていた。ビックリしたなぁ、もう。
そして今回のメインである西の谷と東の谷。
一体どんな状況かと思ったら、確かに市が管理する公園ではないため駐車スペースには車。西の谷では奥の新東名橋方面は面倒なので見に行かなかったが、おそらく何人かいるのでは?
Dscf1450Dscf1451
東の谷では、へら師も車も新東名の橋方面に固まっていて、私がかつて入っていた階段状堰堤には1人もおらず、その対面に1人いた。
Dscf1452Dscf1453奥池には面倒なので見に行きませんでした。
さあ、これで池巡りは終了。状況が分かったので、明日は天気さえ良ければ行ける場所に行きたいなぁ。さっさと家路に就いた。
 
とりあえずミッション終了と言う事で、今は家でのんびり
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

まるで真夏!

今日は朝から暑かった。
そんな中、まずはビッグ富士で買い物。割と空いていたのでまあ楽に買い物出来た。
それから家人を病院に送り迎え。
その後、連休中には行けなかった新茶を買いに森まで。
Img_20200511_132459こちらはまあまあの人出。驚いたのはそこに飾ってあった人形。これはまさにN田さんの作品ではないか。
お店の人に訊いたところ、一宮の人形作家のものだと言われ、間違いないN田さんの作品だ。
N田さんとはP社でご一緒した。私より先に辞められて、ご自分の好きな事をやっている。それが人形作り。
好きな事を仕事にしてしかも生計を立てられるというのは素晴らしい。また少し羨ましい気がした。
帰宅してすぐに、今度は調髪。もう何カ月も髪を切っておらず、調髪どころか長髪になっていた。
さっぱりして帰宅し、やっとのんびり出来たぞ。
 
既に扇風機は出してあるが、どうやらエアコンの出番も来そうだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

今頃になって雨が降り出した

今朝降っていた雨が上がり、やれやれと思っていたら、午後10時を過ぎた今頃になってまた雨が降り出した。
一時は遠くにゴロゴロと言う音も聞こえ、これはヤバいぞ。
予報によると明日は晴れるようだが、湿気が物凄そう。ムシムシしたら堪らないね。
 
で、釣りの話。
市のHPによると、都田総合公園駐車場の閉鎖は17日までに書き換わっていた。あと一週間も竿を出せないのか・・・。
他の池も、大楽地くらいならちょっと遠いが行く気にはなる。が、引佐天池は混んでいるのでへたっぴの私には釣れません。トホホ。
釣りは二の次で池の様子でも見に行ってみるとするか。前回勝手な判断で止めた西の谷・東の谷とか、かつて通った浜北新池とか。
 
ここからは全く無関係な、かの国の話。
慰安婦を支援する(建前の)市民団体の代表ユン・ミヒャン氏が今回の選挙で当選した事を受けて、御年92歳と言われるイ・ヨンスハルモニが声を上げた。
曰く、「私たちは利用されただけ。もう水曜集会には出ない」
どうも市民団体が集めた金が自分のところに廻って来ない事や、自分たちを踏み台にして国会議員になった事にもご立腹の様子。
更に、2015年の慰安婦合意について、ユン氏は事前に知っていたとか爆弾発言の連続。
すると、ユン氏は何故か28年も前の領収書を見せて、ほら払ってるでしょと反論
しかも、イ・ハルモニは認知症だと言いたげな文章(上記リンク中)まで追加していて、これが自分へのブーメランとなる事にも気付かないのかな。
更に更に、何とイ・ハルモニは慰安婦ではないと、これまた爆弾発言。それでは今までは一体何だったのか?これも立派なブーメランだ。
最早泥仕合の様相を呈して来たが、両者全く引かず。果たしてどんな結末を迎える事になるのだろうか。
ホント、これこそまさに「金の切れ目が縁の切れ目」の見本のようなものだ。いやいや、かの国って怖いなぁ。
 
明日は用事が詰まっている。思うようにこなせるか?
    ↓        ↓         ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

オンライン飲み会

このご時世、流行っているのは「オンライン飲み会」だ。
で、早速真似てみた。使用するソフトはスカイプ。
会議用としてZOOMというのがあるのだが、40分以上は有料になるとか。
それとC国製なので内容を盗まれるとか。まあ、今回はスカイプでやってみる事に。参加者は私を含めて5人。まずは各々スカイプを導入してもらう。
Img_20200508_202557しかぁ~し、これがなかなか。参加者1人1人とビデオ通話してみると、ビデオが映らなかったり声が聞こえなかったりとトラブル満載。
結局1人は問題が解消されず、今夜は顔出しNGとなってしまった。残念だが仕方ない。午後8時に開始。
更に、ネット環境にない1人も途中にスカイプから固定電話に電話して(有料です)参加。計6人での「飲み会(実際には各自が好きなものを飲んだり飲まなかったり食べたり食べなかったり)」となった。
いやぁ、実際に顔を合わせるのとは違って、何か変な感じ。
それでも1時間40分超の会話が出来て満足。主催の私のPCは負荷がかかったのか、はたまたネットの接続スピードの関係なのか、ちょっと動画がカクカクする事もあったが、とにかく顔を合わせる事が出来て満足満足。
 
次回はあるのか?ZOOMも1回くらいはやってみたいところ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

ザわさんとメダカ直売所

ザわさんから、浜北にあるメダカ直売所で「幹之(ミユキ)」というメダカを買ったと聞いたので、早速通院後に見せてもらいに行った。
ザわさんの家に綺麗な花があったので、ついでに写真。
Img_20200508_101241_20200508131801Img_20200508_101259_20200508131801Img_20200508_101249_20200508131801大きな60cm水槽に10匹に満たないメダカが泳いでいる。今日、またメダカを追加購入すると言うので、一緒に見に行く事にした。
浜北のシャトレーゼ付近にあるこの店、今まで聞いた事がなかったのは不勉強か。
Img_20200508_110050Img_20200508_110035youtube で見ていたのと同じような光景がそこにはあった。
なるほど、まさにメダカ直売所だ。
しばらく見ているとザわさんが5匹購入したので、そろそろお暇する雰囲気。
いやぁ、実際に見てみると少し感動だ。
 
今夜、スカイプによるオンライン飲み会を予定している
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

想定外の行先変更で散々の出来@引佐天池

Img_20200507_085219やっと公園の駐車場閉鎖が解けたとばかりに、張り切って増沢に向かったまでは良かったのだが、ゲゲッ、期間が昨日(6日)までから当面の間に書き換わっているではないか。せっかくやる気で来たのに・・・。それではここから近い西の谷にでも行こうかなと一旦は進路変更したのだが、待てよ西の谷も駐車スペースが使えないかもしれない。東の谷は尚の事駐車スペースに余裕がないので、これは行くだけ無駄と判断し、工技センターを左折して362に出、引佐天池へと向かう。何故引佐天池ならオーケーと思ったのかは、今となっては分かりません!しかぁ~し、着いてみれば案の定、遊歩道入口付近は車で一杯。あっ、1台出たぞ。すかさず公園入口(ここも閉まっている)付近で向きを変え、何とか車を停めることが出来た。やれやれ。池には7,8人が竿を出している。ヤバい、これは釣れそうにない。後から来て釣れたためしがないからな、この池は(倒置法で強調)。それでもオーバーフローの右側が空いているのImg_20200507_094502で、先客に挨拶して入る。どうかな、釣れるのかな?さっさと準備開始。竿は12尺でセットの底から行こう。ウキは太いトップのもの。大楽地ではこれでもあたりを見られたからね。餌はいつものバラグル。ささっと底を取っての開始は9時45分。もう少し早く始めるつもりだったけど、場所変更の無駄があったから仕方ないか。堰堤左浅場には、私と相性が悪い爺さんともう1人。右にはずっと喋り続けた1人(私が竿を出している間、ほとんど途切れることはなかった)を含む数人。修行が足りない私はアップアップで開始すると、左隣の先客がやたらと合わせるのに気付く。ほぼ毎回と言っていいくらいビシバシ合わせるのだが、カラだったりスレバラシだったりと結果に繋がらなかったようだ。私もウキがかなり流されてしまい、これはもう凸まっしぐらのサインとやる気がガタ落ち。ウキの返しは多分餌が落ちているだけ。すると、右奥の話が耳に入って来てしまい、更に集中力が亡くなってしまう。何故人は他の人の話を聞き取ろうとするのだろうか。(・_・D フムフム、どうやら増沢にも来ている人達のようだ。バットさんやmasaさんの名前も出たぞ。って、釣りに集中しろよ!更に多分ではあるが後から大門係長も来たみたいだ(これは未確認)。こんな調子でさっぱり釣りにならず、時間だけが過ぎるお約束の展開。それでも餌だけは打ち続けましたが、何か。すると、時折ウキに動きが見え始めた?が、それはほとんど糸ずれのようで、全くかすりもしない。遂に開始1時間が経Img_20200507_104604過。と、ここで私に朗報です。「掛かってます!」で1匹出たぞ。しかもちゃんと口に掛かっている。何でもいいから凸脱出だ。嬉しかぁ。しかぁ~し、ちゃんとあたりを見て釣ったのではないという気持ちがあって、11時に思い切ってウキを細いトップのものに変更。しかぁ~し、対面の景色が邪魔で良く見えず断念。元に戻す。ついでに底も取り直してみたら、何とかなり違っていた。オイオイ、それで釣れたのかよと言われそうだが、取り直して再開すると、流される事もグッと減り、更には時間帯なのかウキの返しも出て今にも釣れそうな雰囲気。しかぁ~し、やはりあたりらしきウキの動きは糸ずれの雰囲気で変わらず。もちろんウキ下の微調はやりましたよ。が、どうにもならず11時47分に餌を打ち終Img_20200507_114741え、底は無念の終了。結果は「掛かってます!」の1匹だけとは、まさにトホホ以外の何者でもない。と、左右の先客が予定なのか帰った。よし、これなら午後の部は宙が出来るぞ。でも両ダンゴで餌をバラバラ打っては白い目で見られるかもしれない。ここはグッと堪えて両グルでやってみよう。と、その前にトイレタイム。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はいつものグルテンとマッハ少々。準備が出来たところで12時のサイレン。さっさと昼食を摂っての再開は12時4分だ。まずは周りに気を使いながら(ホント?)餌を打っては切るを繰り返すと、そのうちにウキがモヤモヤし始めた気がして来た。ただ、今日は何故かウキの視認性がそんなに良くなくて、小さいウキの動きは多分見えていない。それでもそのうちにウキがグッと入る事もあって、これはきっと釣れると根拠のいない確信。しかぁ~し、これまたウキの動きに全く合わず、1回鱗をゲットしただけ。クーッ。あっという間に1時を過ぎる。ウキの動きは次第に悪くなって来た。竿が曲がるのは私の左で後から来た1人と、私の遠く右にこれまた後から来た大門係長らしき人、それとその奥の18尺底でやっている若そうな人のみ。ヤバい、このままでは午後の部は凸確定だ。で、「ナンチャッテ」にお出ましいただく。すると、数投後にウキが消し込みやった掛かりました!あっ、凄い引きでこれはスレ間違いなし!そしてバラシた・・・。するとその後はウキの動きが全くなくなったので、再び「たな」を戻してみる。ついでに両ハリスも5cmくらいカット。すると、何と言う事でしょう、ウキが動き始めたぞ。しかぁ~し、餌がもうないと言ういつものパターン。そして残念な事に2時Img_20200507_140022ジャストに餌を打ち終えてしまった。残業の気力はとうに失せており、片付け。左奥の先客も1人帰り、私も除くとへら師は5人になってしまった。これくらいならちょうどいいかもね。片付けを終え、皆さんに挨拶して車に戻る。歩く距離が短いというのは楽でいいなぁ。そしてさっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は何処の池に行こうかな?って、行くかどうかはその時になってから
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

ちょっと暑い中散歩

Screenshot_20200505103346スマートバンドを買ったせいか、散歩に出る気が前よりは増した気がする。
で、今日は子供の日だが、そんなの関係ねぇ~っ!とばかりに歩いてみた。
距離は少し伸ばして3.1km。毎回ルートを変え、ゆっくり歩きたい(時速4kmくらい)のに、性分なのか気が付けばせかせか歩いている。
まだ偉そうな事は言えない3回目だが、車で通る時には見られない景色を見られて満足。
気温が高いせいか、脈拍も少し上がり、汗も出て来たぞ。
大体40分弱(詳しくは添付画像にて)で帰宅し、シャワーを浴びる。一気に疲れが出た感じ。
明日は出来るかなぁ。疲れがどっと出てしんどいかもね。
 
Img_20200505_095022途中にアマゾンのボックス発見。いやぁ、ビックリしました
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

最近のメダカ

発泡スチロール容器の水温が、このところの陽気で20℃を超えるようになった。
それに伴いメダカの食い気も上がって来たようで、餌をパラパラ落とせばすぐに寄って来る。今までなら周りを警戒しながら少しずつ上がって来る感じだった。
それで急務となったのがガラス水槽の再立ち上げ。
半年以上放置だもんね。
ちょうど去年の今頃からメダカ生活に入った事を思い出した。時の経つのは早いもんだ。
 
毎日がGWというのも良くないなぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

自粛ムードの中、大楽地へ-その2-

少し余裕を持って昼食を摂りながら続行するものの、残念バラケを打ち切ってしまった。で、仕方なく両グル(午前中、両グルではウキの動きが悪かった)で、省資源釣法の見地から餌を打ち切るつもりで続行すると、何と言う事でしょう、これまたシモッたウキがスッと入るのを見逃さずに合わせて4匹目ゲット!こうなるともう1匹ゲットすれDscf1438Dscf1439ば第2目標に到達する。すると、12時半ジャストに再度のあたりでやったとうとう第2目標クリアだ。もう何も言う事はありません。12時34分にグルテンも打ち切って底は終了だ。結果、午前の部では実釣2時間15分弱で5匹。Dscf1440上出来でしょう。1人がやって来て、堰堤の先客と話している。この人は堰堤奥に入って、私が見ている間にも3回は竿を曲げた。素晴らしかぁ。さあ、次は宙。何となくやり辛いが、そんな事は言ってはいられない。竿は9尺に変更し、餌はガッテン・天々。「たな」は少し深めでの再開は12時46分。最初は餌が持たないので押し練り、更に指でコネコネしてウキの馴染みを出して行く。が、しかぁ~し、ウキは一向に動き出さず。釣れない増沢(オイオイ)でもしばらく打てばウキが動き出すのに、この池は何故?その後「たな」を上下したり餌付けを工夫したりと私の拙いテクニックを駆使してみるが、何故かウキは動かないまま、あっという間に2時。2時・・・!竿が曲がっているのは堰堤奥の後から来たへら師だけ。しかぁ~し、午後のGTがやって来たのか2時を過ぎてウキが動くようになった。やっと・・・。そして小さく入るあたりらしき動きも見せるのだが、一向に掛からず。これを数回繰り返した後に、遂にやって来ましたよ「ズバッ!」というあたり。しかぁ~し、堪え切れずにハリス切れ。チチワの結び目で切れていた。ガクガクッ。これを急いで直したのだが、両ダンゴでは30cm+40cmくらいにしてあったのを、何をとち狂ったのか上ハリスを下ハリスと勘違いして、何と40cm+55cmくらいにしてしまった。まさにトホホだが、それを直すのは億劫?と、その分「たな」を浅くして対応(オイオイ)。Dscf1441すると、何と言う事でしょうPART2、またもウキがズバッ!と入って今度こその1匹目か?しかぁ~し、痛恨のアッパーでガクガクッ×ガクガクッ。2時を過ぎて私の背後を通り1人が帰った。いたんだね。だがしかし、私は元より堰堤の先客にも挨拶はなかった。挨拶に金は掛からないのだから、やった方がいいと思うよ(かつて仏頂面で挨拶なしだった私が言っても説得力ないか)。アッパーの後には再びのシーン状態となり、結局午後の部では釣果ゼDscf1442ロで2時34分に無念の終了。う~ん、悔しかぁ。片付け。堰堤の3人はまだ続行の様子。私が宙をやったせいでウキが動かなかったなら申し訳ない。いなくなりますので、これから頑張って下さい。片付けを終え、先客に挨拶して車に戻る。あれっ、へら師は3人残っている筈だが、車は私以外4台あるぞ。まだ奥の方にいるのかなぁ。さあ、今日はこの後家に帰るだけ。さっさと池を離れた。
 
午後から直射日光があたってかなり疲れた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

自粛ムードの中、大楽地へ-その1-

連休中は何処にも行くつもりはなかったのだが、今日は昨日よりも暑い。エアコンが必要なくらいだ。それならとザわさんに連絡してみたら、大楽地はへら師が少ない(ただし釣れそうにない)との情報を貰ったので、凸覚悟で出掛けました大楽地。道は自粛ムードなのか空いている、と思いきや、浜北大橋を渡って突き当りの持ち帰り餃子店には長蛇の列。ソーシャル・ディスタンスなど何処吹く風。続々と駐車場に押し掛けDscf1433る車。やれやれ。池に着くと、車が3台。さっさと荷物を降ろして階段を上がる。あれっ、へら師が2人しかいないぞ。しかも私が入りたかったバルブ左に並んでいるではないか。まあいい、お二人に挨拶して一旦は堰堤左端に向かった私だったが、ジャカゴが空いていてしかも日陰になっている。よし、久し振りにジャカゴに入ってみよう。戻ってジャカゴに向かう。ポケットから何か落として石の隙間に入ったらもう終わりなので、十分気を付けて3つある釣り台のDscf1434真ん中に入った。先客2人は傘を出しているが、私はノー・プロブレム。さあ準備しよう。ここはかなり深いと聞いているので、まずは12尺でやってみよう。もちろんセットの底で。餌はいつものバラグル。ウキが穂先ギリギリくらいかと思っていたら、それでも30cm以上は間があったので、これくらいなら私でも竿が振れそうだ。私は餌を打つ時に穂先をしゃくる癖があるので、ウキが穂先に近いと道糸を絡ませてしまう。今日はそれの対策の練習にもなると、結果はさておきの開始は10時21分。先客はまだ結果が出ていない様子(直接訊いていないので不明だが)。さて、ウキの馴染み具合はまあまあ。しかぁ~し、今日は風が凄かった。池の周囲の木がゴーッという音を立てるくらいの強風。ただ、ジャカゴは背後に山?があるので思ったより風の影響はなかった。さて、へらが来たのか餌が溶けたのかは分からないが、返しが出ている。そして10時半を過ぎるとシモッたウキがチクッ!やった早くもあたり!残念カラだったが、来ましたね、へら(倒置法)。すると、それからじきに今度こそのあたりで早くも1匹目ゲットだ。更に次の餌打ちではウキがDscf1435Dscf1436馴染まず、餌が落ちたのかなと思っていたら、そこからチク!でやった連荘だ。「たも」に入れるのにちょっとモタモタしたが、それはご愛敬と言う事で。しかぁ~し、仕掛けが何故か根掛かりしてしまい、引っ張ったら下鈎をロスト。急いで交換したものの、そのちょっとの「間」が運命の分かれ道。ウキの動きはなくなってしまう。クーッ・・・。それでも餌を打たない訳にも行かず、黙々と餌を打ち続ける私。その間に先客2人がそれぞれ竿を曲げて2匹ずつをゲット。せっかくの優位が吹っ飛んでしまった。しかもその後ウキの動きが復活するあてもなく、プレッシャーDscf1437に弱い私はつい下を向いてしまう。しかぁ~し、この池にもGTはあるようで、11時半を過ぎる頃からウキに動きが。そして12時近くになってやっと3匹目ゲット!これは嬉しい、嬉しいですよ(2回言いました)。よし、この調子で先客を突き離そうと勝手な思い込みで12時を迎える。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

怪しそうな物を買ってしまった

今日もなかなか暖かい(暑い)日だ。
大型連休中はずっとこんな陽気なんだろうか。これでずっと家にいてはどうかなりそうだ。
で、気を紛らわせるためにまたもやアマゾンで買い物。約2400円の代物。血中酸素濃度が測れるそうだ。
Pulse_oxymeterただ、これが怪しさ満載。多分同じ?ものが楽天では9000円近い。更にこちらは国内発送とか書いてあるものの、到着は来月になるという。
どんな会社かと覗いてみれば、どうやら日本人ではない名前があった。これは到着日を考えると、ある国からそこに入り、そこが日本にあると言うだけのような気が。そこから発送すれば国内発送だもんね。そうすれば発送に1ヶ月かかるのも頷ける。
楽天でも同じような物は納期が同じくらい掛かる(ある国発送らしい)ので、出どころは同じかもね。
まあ、忘れた頃に届いてサプライズならいいが、ちゃんとした(確実に動作する)ものが届きますようにと祈るしかない。

P.S.この商品、今はアマゾンで見つけられなくなった。何故?物は本当に届くのか?
 
明日は散歩かはたまた遠出して竿出しか(オイオイ)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »