« 疲れていても好天で通院後に釣行@増沢池-午前の部- | トップページ | 半年ぶりにO合さんと並ぶ@増沢池-前半- »

2020年10月27日 (火)

疲れていても好天で通院後に釣行@増沢池-午後の部-

さあ、両グルであれだけウキが動いたのだから、両ダンゴではどうだろうか。期待に胸膨らませながら餌打ち開始。まずは餌を打っては切るを繰り返したのだが、何故か一向にウキは動き出さず焦る。何故だ、何故なんだぁと思ってもどうにもならず。1回だけ目が覚めるような消し込みがあったが、おそらくは糸ずれでカラ。その後はウキがモヤモヤする事もなく時間だけが過ぎるお約束の展開になってしまう。1時半を過ぎたところでO石さんに状況を訊くと、何と計5匹を釣っていると言うではないか。午前中に2匹だったので、午後になって3匹をゲットしたのか?愕然。それに引き換え私と言えば・・・。このままでは午後の部では凸必至。止むに止まれず「ナンチャッテ」へと移行するのは必然の流れか。しかぁ~し、特にウキが動く気配はない。焦る&焦る&焦る。ちょうどその頃になって橋の影が私の頭上に差し掛かって来た。ウキの視認性に問題が出るか。と思いきやそれが午後のGTの始まりだったとは、落ち込み過ぎの私に気付く筈もなかった。が、ウキの返しが出始めてあたりも見えて来たが、残念ながら「掛かってます!」での1匹目は2時を過ぎている(まさにトホホでも結果オーライだ)。そしてO石さんがトイレImg_20201027_140344Img_20201027_141044タイムのついでに私の様子を見ている時に今度こそのあたりで2匹目!とうとうトータルでの第2目標に到達出来た。そして更にO石さんにも並んだ。素晴らしい、何とか追い付いたぞ。そしてO石さんがトイレタImg_20201027_141750Img_20201027_141959イムの間に何と3匹をゲット出来たではないか。まさにこれが午後のGT(ただしそのうちImg_20201027_142539最初の2匹はスレでした。ガクガクッ×ガクガクッ×ガクガクッ・・・)。さあ、午後のGTが来ている間にもう1匹、いや2匹と私の欲望に限りはない。しかぁ~し、橋の影が私の頭上を離れる頃からウキの動きがなくなってしまう。O石さんはトイレタイムの後に竿が曲がるのが見えたので、再び並んでしまったか。へらはおそらく餌のそばにいるのは間違いないので時折ウキは返すのだが、肝心のあたりが出なくなった。あっという間に3時。へら師のほとんどは帰った様子。T林さんはまだやっているようだ。私は最初は底にするつもりはなかったので、まだ餌がかなりある。これを打ち切るまでは帰れまテン。しかぁ~し、頼みのO石さんも終わったか。片付け中。私は最後のお願いで餌を打つものの、これはもう終わりだろう。しかぁ~し、片付けを終Img_20201027_151453えたO石さんが私に声を掛けて来たので振り返ってから再び前を向くと、ウキがない!慌てて合わせればやった掛かってます!これがどうやら「上がりべら」という奴か。その後数投打ってはみたが、もうあたりは見られず3時32分に餌を打ち切った。結果、午後の部では実釣2時間20分弱で4匹。トータルでは実釣4時間40分で7匹かぁ。あれだけウキが動いた割にはパッとしないなぁ。まあ、Img_20201027_153204昨日より良かったので良しとしなければ。片付け。T林さんが終わった。お疲れさまでした。O石さんは私が片付け終わるのを待ってくれていた。ありがとうございます。片付けを終え、2人で駐車場に戻る。リュックを背負うのは確かにしんどいが、キャリアーを引くよりは腰への負担が少なく感じるのはおかしいだろうか。駐車場の手前で解散。お疲れさまでした。私はさっさと家路に就いた。
 
明日はさすがに行きませんよ。行きませんったら行きません!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 疲れていても好天で通院後に釣行@増沢池-午前の部- | トップページ | 半年ぶりにO合さんと並ぶ@増沢池-前半- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 疲れていても好天で通院後に釣行@増沢池-午前の部- | トップページ | 半年ぶりにO合さんと並ぶ@増沢池-前半- »