« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月30日 (金)

今日の出来事

今朝はGWの間にポツンとある平日。多くの会社では休みなんじゃないかな。
それでも私が通院する外科はやっているので、ちょっと出遅れたがゴー!
しかぁ~し、このほんのわずかの出遅れがあとあとまで尾を引くとは、その時には考える由もなかった。
外科に着くと、ゲゲッいつもなら空いている駐車場が満杯。離れたところの駐車場は空いていたので、さっさと停めて中に入ると、これまたビックリ座る余地もないほど混んでいるではないか。
名前を書くところも既に20人くらい書いてある。
今日はこの後別の用事があり、それが時間厳守なのでかなり厳しいスケジュールとなっているのだ。遅くとも10時には外科を跡にしたい。
なのに今からこれでは、果たして次の用事に間に合うか?
9時になって看護師さんの患者を呼ぶ声で診察やリハビリが開始。
なかなか呼ばれることはないだろうと思っていると、早い時間で声が掛かった。やった!これなら何とか10時にはリハビリが終わりそうだ。
その後多少モタモタする事はあっても、何とか10時頃までにリハビリを終え、後は会計を待つだけ。待合にはまだ20人近くが並んでいる。あとからあとから患者が来て、駐車場も停められないくらい。
ちょっと不安になってきた。すると、ここからが今日のメイン・イヴェント。今日は特に混んでいる事もあり、いつもより会計が渋滞しているようなのだ。焦る!
時計ばかり気にしていたが、やっと会計が済んだのは10時20分。この待つ間の長かった事!
さあ、急いで家に帰らなければ。しかぁ~し、今度は道路が混み込み。不要不急の外出なのか。
何とか帰宅したのは10時半過ぎ。予定を大幅に過ぎてしまったが、今更ぼやいても仕方ない。
さっさと次の用事を済ませるべく、準備して家を出た。
 
午後にはやっと発泡スチロール容器の水替えを行った。
水草を取り除き、スポイトで水を吸い上げる。水の色が緑色なのは、これがいわゆるグリーンウォーターなのかな。
そして用意しておいた塩素除去水を足してから水草を戻して終了。容器が2つなのでこれを2回繰り返す。
しかぁ~し、水草を置いておいた洗面器の残り水を捨てようと思ったら、何と中にメダカが1匹いるではないか。
しかも慌てていたせいか、メダカを流してしまった。やった・・・(泣)。
ただ、まだ救いがある。
排水口の下には下からの匂いを留める「返し」があるので、そこに留まっていれば助かるかも。
「返し」の水を貯めておくところの排水口を緩めれば、やった出て来ましたよ。
すぐに掬って発泡スチロール容器に戻したが、メダカもさぞびっくりしただろう。
どうやら水草を取り除く時に、一緒に付いて来てしまったようだ。
気が付いてホント良かったなぁ。
 
あとは傷とかなくて元気でいてくれる事を願うだけ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月29日 (木)

今日からGW

世間では今日からGWだそうな。
エヴリデイ・ホリデイの私にはノー・ビジネスだが、残念な事に今日は雨。しかも夕方からは豪雨になるらしい。
そんな中、いつものように youtube を見ていると、久し振りに 826aska さんが目に入って来た。
プロになってからあまり見た事がないのでちょっと覗いてみたら、西部警察だ。
いやぁ、相変わらず素晴らしいデスネ。


脚の痺れと痛みはどうにかならないか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月27日 (火)

連荘強行も日陰で震える@増沢池-午後の部-

午後になっても上空は雲に覆われ、風もあって寒いまま。風邪を引かなければいいが。そうそう、午後になってO石さんがやって来た。いつもの場所で開始。さて、餌打ちを始めるとすぐにウキがモヤモヤし始めたのにはビックリだ。こりゃぁ午後の部は爆釣か?なんて極甘な考えが出て来た。が、午前の部と同様あたりには結び付かず。ピラミッドパワーやらオセロ等、私に出来る事はやったつもりだが、目も覚める(以下同文)でもかすりもせず。たまにちょっとスレた感じの手応えあり。どうしよう、これPART2。まだ1時を少し過ぎただけだが、体感的にはもっと時間が過ぎた感じ。それくらいウキが動いていDscf2366たと言う事(結果には結びつかないけどね)。と、ウキがグッと入る動きでようやく掛かりました!これで一応トータルでの第2目標には到達した。さあ、これからだ。しかぁ~し、そこから先はそれまでと全く同じ展開。午後になって風・波が強くなってウキの視認性もかなり悪くなっており、これじゃぁ釣れないね(ただの言い訳です)。ハリスを数センチ詰める以外には特に何かをする訳でもなく黙々と餌を打つだけの私、まさにマシーン化だ。1時頃にK田さんが終了。へらに遊んでもらえなかったと言って帰った。お疲れさまでした。そしてそのまま2時。最早残業と言う言葉も出ないくらい落ち込んでしまった。2時22分に虚しく終了。へら師は私Dscf2367のほぼ正面とO石さん、それに橋の上(かみ)の3人だけになる。片付けを終え、O石さんに挨拶して車に戻る。以前は何もなく登れたところも、今ではキツイ。ホント、情けないね。ハアハア言って車に戻り、荷物を積んでからようやくのトイレタイム。今日はベイシア詣でもないので、さっさと池を跡にした。それにしても車の中は暖かいなぁ(♪あったかいんだからぁ♪)。

これくらいなら午前の部と一緒にしても良かったのでは?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

連荘強行も日陰で震える@増沢池-午前の部-

今日は通院日ではあるが、明日から天気が下り坂と言う事もあって、通院後にゴー!果たして連荘するほどなのかはさておき、10時頃に駐車場に着くと、あれれK田さんの車しか見当たらない。当然停まっていると思われたO合さんやⅠ藤さん御一行の車はなく、急にやる気が萎んで来た。が、ここまで来て帰ると言う選択肢はなく、とりあえず橋まで行って池の様子を覗う。あっ、対面階段下にK田さん。後は最近誰かが手入れした橋の下(しも)。あの咳払いもいないぞ。と、ここで思い立った。わざわざ日向側に行かなDscf2360くても、日陰側かつてのいつもの場所でやってみよう。幸い風・波はそんなに出ていないようだし。急いで荷物を降ろして池に向かうが、釣り座に荷物を降ろして気が付いた。竿ケースがない!車から出したのに忘れて来たのだった。ハアハア言って取りに戻る。やれやれ。へら師は対面坂の下と看板横、それに橋の上の浅場に1人ずつハケーン。1人はあのけたたましく笑う奴だったが、さすがに1人では静かだ。さあ準備しよう。湖面は波立ってはいないが、予報では波が出てくるので、ここは底を諦めて宙で通そう。まずは両ダンゴから行くかな。竿は振り出し9尺(「本ぬけ」は前回・・・)、餌はカルネバ・ガッテン・マッハだ。上空晴れていて体感温度はかなりグー。開始は10時46分。まずはウキの動きを見ながら餌を打つ・打つ・打つ。持ちを良くするため指でコネコネ。ウキは簡単には動き出さないが、まだまだ11時。これからこれから。と、予報通りと言うか上空雲が多くなり、波も出て来た。予想はしていてもちょっとウキの視認性がなぁ。それに日向側に入るつもりで薄着で来たので寒い、寒いぞ!これで凸で帰るなんて事になれば、まさに泣きっ面に蜂だ。頼む、何とか動いてくれ。すると、じきにウキが動き出し、まずはホッ。そして波の中ウキが入った気がして合わせれば、やった掛かりました?あっ、外れた・・・。するとその後もウキは動き続け、時には目も覚めるような消し込みも出始めるのだが、これがほとんどカラ。たまに掛かったかと思うとバラシ。鱗もあるでよ。どうしよう、これ。小分けにした餌を練ってみるとあたりらしきウキの動きは増えるのだが、掛からないし掛かってもスレるのは同じ。まさにトホホ。たDscf2361だ、そろそろ午前中のGT、きっと釣れる。そうでないとあまりにも辛過ぎる。しかぁ~し、もう12時になろうとしている。最早これまでか。と、ここでやっとあたりに合いました!う、嬉しかぁ。サイズはまあまあだし、我慢して続けた甲斐があったと言うもの。すると、次の餌打ちでもあたり!、そして掛かりました。連荘?しかぁ~し、しかぁ~し、口に掛かっているのは間違いないと思ったものの、「たも」を差し出したところでバラシ。もうガクガクッ×ガクガクッ。そして虚しく12時のサイレンを聞く。私の午前中のGTはもう終わったのか。へらは寄っているに違Dscf2362Dscf2363いないので、残った餌全てを押し練りして最後のお願いだ。Dscf2364昼食も摂らずに続行していたが、さすがに腹が減ったので食べながら餌を打つ。すると、何と言う事でしょう、ポツポツと3匹を追加出来たではないか。一応第2目標にリーチとまで漕ぎ着けたので、これはもう良しとしないと。そして12時38分に餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣Dscf23651時間50分余で4匹。これで泣きながら帰る事はなくなった。さあ、次はどうしよう。ん、そうだ、あれだけウキが動くのなら、両グルの宙もありかもしれない。と言う事で、午後の部は両グルの宙をやってみる事に。竿とウキはそのままで、ハリスを25cm+35cm(個人の感想です)から35cm+50cm(これも)くらいにし、餌はわたグル・グルテン四季。再開は12時42分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

散々な目に遭っても釣りは続けた@増沢池-その2-

朝方憂鬱だった油膜のようなものはとうに消えているが、予報通り午後になって風が強くなって来た。さて、餌打ちを始めると、どうも餌の持ちが良くないみたいだ。指でコネコネして打ち続けると、それでもしばらくしてウキに動きが出て来た。午前の部では第2目標に届かなかったので、午後の部ではまず1匹。そして状況によっては宙単独で第2目標、更にはトータルでの「つ」抜けまで行けたらいいなとは、勝手な目標。O合さんは午後になって早々と1匹掛けたのだが、残念スレ。その後1匹を追加した後は静かになってしまった。私の宙のせいかな。さて、ウキは時折目もくらむような消し込みを見せるのだが、これが悉くカラ。で、ウキが馴染んでからの小さく押さえるような動きに合わせるDscf2352Dscf2353と、これが掛かるのだ。開始1時間近くになった1時半にやっと1匹目をゲットすると、何と連荘!で2匹目。とりあえずトータルでの第2目標はクリアしたものの、相変わらずその後も良いあたりではかすりもしない。結局その後も波の中、小さなウキの動きに合わせて行く(もちろDscf2354Dscf2355んズバッ!には無条件で合わせますが、何か)。すると、まだ午後のGTには少し早い感じでも2時前にポツポツと2匹をゲット。単独での第2目標にもリーチとなり、穂先のロストでやられたメンタルも少しは癒えたかもしれない。池にはへら師は我々以外にはT林さんと、後から来て階段下に入った1人しかいなくなっている。寂しいもんです。すると、何とT林さんもDscf2356Dscf2357早上がり。今日は実質1時間も竿を出したか?お疲れさまでした。私は2時になるとズバッ!ズバッ!でまたしても連荘!そして単独での第2目標クリアに加えてトータルでの「つ」抜けも達成出来た。まさに午後のGTさまさまだ。ウキの動きはまだあるので、餌がある限り数を増やして行こうではないか。しかぁ~し、空合わせで目に擦れてしまうアクシデント発生。そんなに寄っているのかとO合さんに冷やかされた。私は何とかもう1匹をと粘ってみると、何とラス前にバッチリのあたり!やった「上がりべら」ゲットだ?しかぁ~し、これまた目の近くに擦れていた。まさにガクガクッ×ガクガクッ×・・・。そして最後の一投も叶わDscf2359ず2時26分に虚しく餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣1時間45分で6匹。トータルでは実釣4時間余で10匹。まあまあかな。一応見える範囲でウキが出ていないか確認したが、残念何も見えなかった。片付け。O合さんは既に終わっている。午後はウキが動かなかったとの事。我々が終わると、池には階段下の1人だけになってしまう。気を付けて下さい。片付けを終え、2人で駐車場に戻る。もうグッタリだ。そして挨拶して解散し、私はいつも通りベイシアへと向かうのであった。
 
明日も行けたらいいなぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

散々な目に遭っても釣りは続けた@増沢池-その1-

今日は快晴でやや風があるものの、久し振りなのでゴー!駐車場に着くと、ちょうどO合さんが車から荷物を降ろしていた。横に停めてまずは挨拶。先に行ってもらって、後からキャリアをゴロゴロ。いやぁ、暖かいぞ。それにしてもへら師は少ないなぁ。日陰側が深場流れ込みに咳払い。日向側はダム?そばにⅠ藤さん御一行と思われる2人だけ。Dscf2346釣れないのかと不安になるが、O合さんは先週8枚ゲットしたと言うから期待が持てそうだ。岸付近にはかなり油膜のようなものが浮いているが、いつもの場所で準備開始。竿は9尺、餌は夏・冬・ガッテンのダンゴ。しかぁ~し、話しながら作っていたせいか、水を多く入れてしまった。ブヨブヨになった餌を捨てる訳にもいかず、ガッテンを追加。それでもまだ緩いぞ。でもこれ以上追加すると、底の終わりが後になってしまう。何が何でもこれで行くしかない、それが省資源釣法(キリッ!)。ささっと底を取っての開始は9時32分。う~ん、思っていた通り餌の持ちが悪いのか、ウキがすぐ返してしまう。まさかもうへらが来ているのかも(ナイナイ!)。しかぁ~し、まさかのそれが正解だったとは。それからじきにあたりが出て、ビックリしながらも合わせたら、残念すぐにバラシ。今日はひょっとして爆釣、あるかも。しかぁ~し、10時なろうとする頃に、今日のメイン・イヴェント発生!あたったと思って合わせたのだが、竿を立てられずそのまま手応えがなくなったのだ。見れば穂先が抜けている。即ち穂先からウキから仕掛け全てを一度にロストしたと言う事。どっと気分が落ち込む。茫然自失とはこの事か。でも、それで帰るほど甘ちゃんではないぞ。竿を振り出しに替えて仕掛けから現場施工する。気分は最悪でもやるしかない。作業中にK田さん登場。今日は通院日だと。3週間入院していたと言うから驚きだ。知りませんでした。と、ここで何故かO合さんがスパート。スレ含みではありながら次々と竿を曲げるではないか。滅入っている私には厳し過ぎる。お気に入りのウキがなくなったので、使った記憶がない目盛の幅がやけに小さいウキを採用したのだが、結果的には芳しくなかった気がする。底を取り直し、気分もリセットして?再開は10時29分。K田さんは帰った。また宜しくお願いします。スレが多くても、O合さんは既に4匹をゲットしている。私も早く結果が欲しくて堪らないのだが、ウキの挙動に慣れていなくてあたりを取り辛い。しかもあたったかと思えばバラシの連続。齧りもあるでよ。11時を過ぎ、そろそろ午前中のGTがやって来る筈と少し期待するものの、相変わらずあたったかと思えばバラシでガクガクッ×ガクガクッ。メンタルが弱い私はこDscf2347のまま凸で泣いて帰る事になるのか。O合さんはポツポツと数を増やし、このままの勢いなら午前中に「つ」抜けもありそうな感じだったが、スレを繰り返すうちにあたりが遠のいたように見えた。私の方は11時半近くになってやっとあたりに合いました。って、これがまさに午前中のGTなのか。すると、そこから少し間が空いたものの、12時のサイレンを挟んで3匹をゲット。あの悪夢?から考えられDscf2348Dscf2349ないくらい釣れたゾ。しかも第2目標にリーチとは。ちょうどザわさんが岡ジャミにやって来たが、既にGDscf2350Tは終わったようで竿を曲げるところを見せられなかった。餌を打ち終えたのが12時19分。結果、午前の部では実釣2時間20分で4匹。気分はまだ晴れていない。ここで昼食休憩と行きたいところだが、ずっと我慢していたトイレタイムだ。ザわさんには待ってもらい、急いでゴー!しかぁ~し、帰りに坂の途中でDscf23511619441501162ザわさんハケーン。もう帰るそうな。最近は引佐天池やら湖西の昭和池で40上をゲットしたらしい。写真を送ってもらったので載せる。私も40上、釣りたいなぁ。ザわさんとはそこでお別れし、釣り座に戻る。岡ジャミ、お疲れさまでした。さあ、まずは竿はそのままでウキと仕掛けを交換し、ガッテン・カルネバでダンゴを作る。それから昼食を摂り、再開は12時40分。大体2時半頃には終われそうだ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年4月25日 (日)

部屋の整理整頓

今日は部屋があまりにも散らかっているので、ちょっと片付けてみようかなと思い立った。
敷きっ放しのカーペットもはたいて干してある。
それにしてもどうしてこんなに片付かないのか。
と思ったら、一目瞭然ゴミが多いのだ。
その大きな原因は新聞とダイレクトメール。
一度その店なり会社なりで何かを買ったら、頼んでもいないのに来るは来るはDM。
そんなもの来る度に捨てればいいと思ってはいても、中には大事なものもあるので一応開封する。
すると、そのまま放置になって溜まるという寸法。まさに塵も積もればなんとやら。
新聞もニュースはスマホやPCで見れるのでもう不要かと思うのだが、中に入っているチラシがなかなか有用?なのだ。
でもチラシのために新聞を取るって言うのも本末転倒だろう。
紙を作るのにも木を切らなければならないし、印刷やら物流でコストもかかる。やめられないのかな、これ。
これもGDPの一部?
 
明日は行けたら行きます
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月24日 (土)

水替え

今日は久し振りにウィークエンド・アングラ―にでもなろうかと思っていたのだが、起きたら何となく体がだるい。
天気もパッとしないので、結局は家でゴロゴロ。
で、それならと次に思い立ったのは水替え。
ガラス水槽だけでもやろう、そう思い午後になって開始。
幸いスネイルの数はこのところ少なく推移している。
まずは最初に5~6リットルの水をバケツに用意し、塩素除去の薬品を入れてかきまぜておく。
そして水草と土管等を取り出してから内壁をこすって茶色の苔?を剥がし、プロホースで底を浚う。
この間やったばかりの気がしても、出るは出るは汚れ。主に餌の残りとメダカの糞、それに水草のちぎれた奴かな。
そうそう、エビちゃんは元気だった。いつもは何処にいるのか分からないのに、水替えの時だけ出てくる?
水中に浮遊しているゴミも出来るだけ掬って綺麗にしてから水を足す。
水温の違いが気になるが、もう替えてしまったから・・・。
針子も一時的に避難させてから、容器を水洗いしておく。随分汚れていたが、何だろう。
この1匹が孵ってからもう1匹が生まれたのだが、じきに☆になって以来新たな命は生まれていない。残念だ。
さあ、しばらく様子をみよう。発泡スチロール容器の方はまた気が向いた時にでも(オイオイ)。
それにしてもこれ、毎回ほぼ同じなので書く意味あるかな?
 
ガラス水槽のヒーターはいつ頃オフにしようか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

UBUNTU その後-文字化けその他-

実は火曜から腰の具合が思わしくなく、昨日の釣行もあってか今朝は体を動かすと痛みが走る。
で、今は大人しく家にいる。
それで、ついでに UBUNTU について触ってみる事にした。
もちろん BLUETOOTH の件はペンディングのままで。
他には文字化けが発生している。
UBUNTU に入っているビデオと、RHYTHMBOX とかいうソフトで、インストールしておいた八神純子さんの曲を見ると、曲名その他が全く読めない状態。
ちなみに曲を入れたミュージックというフォルダでは曲名が読めているから不思議なのだ。
こちらも只今調査中。
 
それと、マイクとカメラが確認出来るか SKYPE を入れてみた。
大丈夫、ちゃんと認識出来た。ただ、導入する際に LINUX モードだけかもしれないが、評価が非常に低いのには驚いた。

TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

早くも夏到来?暑くて暑くて@増沢池-その2&残業編-

開始は11時31分。大体2時間で打ち終える量の餌を作ったので、爆釣?なら餌が尽きた時点で終了だし、そうでなければ1時間ほどの残業をするつもり。しかぁ~し、肝心の餌の出来が良くないのか、ウキが馴染まない。仕方なく指でコネコネして持たせるようにした。が、なかなかウキは動き出さず。おかしいなぁ、前回は打ち始めてすぐにウキが動き、あたりまで出たのに今日は何だろう。それでも懸命に餌打ちを続けると、次第にウキがモヤモヤし始めて、よしよしこれから爆釣だ、なんて甘い考えが出始めたのだが、そこからたまに出るあたりは消し込みでもカラ!クーッ・・・。あっという間に12時のサイレン。今日はT林さんは来てないぞ。最近は以前のように皆勤賞ではなくなったようだ。それにO石さんも。O合さんは竿を替えてから芳しくない様子。口数も少なくなっていDscf2339る。私も「たな」を上下してみるが、結局は最初の位置に戻った。12時半頃O石さん登場。駐車場で昼食を食べて来たと言う。いつもの場所でいつもの10尺、いつもの餌で開始。と、それまで全く歯が立たなかった消し込みにようやく合いました。う、嬉しかぁ。しかぁ~し、ウキのモヤモヤはDscf2340あるのにあたりは続かない。クーッ・・・PART2。そして2匹目は1時。大したサイズではないのに、ハリスが絡むトラブル。これを丁寧に解くのだが癖が付いてしまい、次に掛かったら絶対に切れるぞと思いながらも続行は、これぞ省資源釣法(キリッ!)。すると、しばらくして出たあたりでやはりハリス切れ。そら見た事かと思いつつも仕掛けを見たら、何と切れたのはチチワの結び目だった。まさにガクガクッ。急いで交換する際に段差を少し詰めてみた。これが何か影響するのか?すると、1時半近くになってやっとあたりに合って3匹目ゲット。ハリスDscf2341Dscf2342段差との関係は不明です。あれだけウキが動いても3匹かぁ。そして1時28分に餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣2時間で3匹。底よりウキが動いて底より釣れなかった。まさにトホホ。まあ、特に対策しなかったけどね(って、これこそオイオイだろうに)。さて、これはまさしく残業確定だね。トータルでの第3目標(「つ」抜け)は楽勝と思っていたのは単に思い上がりに過ぎなかった。で、2時半には打ち終える事が出来る量のガッテン・マッハを作って再開すると、今度の餌の方がウキの馴染みが悪く、指のコネコネだけDscf2343でなく押し練りまでしてようやく馴染みが出た。やれやれ。しかぁ~し、ウキがしっかり馴染むと早くもモヤモヤ。そして開始20分しないうちに1匹目ゲットとは素晴らしい。早くもトータルでの第3目標にリーチだ。しかぁ~し、その後はまたもやハリス切れとなって交換を余儀なくされる。1時間と限られた中でもう1匹が出せるか?焦りもあるでよ。2時を過ぎてO合さんが終了。午後Dscf2344は全くウキが動かなかったらしい。私の方はやっと2匹目をゲットしてトータルでの第3目標もクリアしたので、後は何とかして数の上乗せを図りたいところ。しかぁ~し、午後のGTに近付いているにも拘らずウキの動きが悪くなってしまい、2時32分に餌を打ち終えてしまった。結果、残業では実釣1時間で2匹。宙のトータルでは実釣3時間で5匹かぁ。そして底と併せた総合計ではようやく「つ」抜け達成となった。まだまだ勉強が足りないなぁ。片付け。O合さんはDscf2345片付けを終えてO石さんの岡ジャミをしていたが、O石さんのウキは何故か動き続けている。そしてO合さんと私が見ている前で4匹目をゲット。12時半過ぎに始めてもう4匹なんて、素晴らしいの一語PART2。そしてO合さんが帰り私が片付けを終えてキャリアに荷物を積もうとした時に5匹目。いやはやなんとも。また宜しくお願いしますと挨拶して車に戻る。さあ、今日もベイシアが私を待っている?さっさと荷物を積み替え、さっさと池を跡にした。
 
今週はもう竿を出せない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

早くも夏到来?暑くて暑くて@増沢池-その1-

今日はちょうど通院等の合間となり、これは釣行しない訳にはいかないでしょう。しかも天気は快晴で風も弱いとの予報。ただ気温が上がりそうで、暑いのが苦手な私は日陰側にでも入るつもりで8時過ぎにゴー!駐車場にはへら師と思われる車は少ない。あっ、O合さんの車があるぞ。まだ8時台。いつになく早いなぁ。急いで荷物をキャリアに積み替えて橋まで行くと、あれれ対面いつもの場所にO合さんがいない。ひょっとして散歩しているのか。とりあえず坂を下りると坂の下に先客。挨拶すると、へら師がいないと言う。確かに他には咳払いだけのようだ。私を入れて3人。こりゃぁ釣れていないのかも。Dscf2331ちょっと迷ったもののいつもの場所に入る事にして準備開始。既に暑いぞ。さて今日も9尺で両ダンゴの底から入り、後半は両ダンゴの宙。前回は午後に爆釣(もちろん私にとって、だが)だったので、2匹目の泥鰌を狙うつもり。準備中にO合さん登場。最近は気温が上がっているので、日陰側で入れそうなところを探していたと言う。いつもの場所に入り11尺を出した。さて、私の方は夏・冬・マッハの定番で行く。ささっと底を取っての開始は9時3分。ウキの馴染みや返し具合を見てウキ下やら餌の付け方を決めて行くつもり。しかぁ~し、O合さんが言うようにウキはそんなに早くは動き出さない。あっという間に9時半。へら師はポツポツやって来てダム?そばには3人入っDscf2332た。Ⅰ藤さん御一行ではなさそうだ。と、馴染んだウキがムズッと押さえた気がして合わせたら、やった掛かりました!それまでウキの返しのようなものはあまり感じられなかったのでビックリだ。それでも凸を脱する事が出来れば嬉しいの一語。久し振りに引きを感じられて嬉しいゾイ。しかぁ~し、後が続かない。何故かな、寄っていないのか?それでも頑張って餌打ちを続けDscf2333ると、フワッと返したウキがグッと入れば、嬉しや2匹目ゲットだ。ただしウキは確かに何かがいるような感じを出しているが、やはりあたりには繋がらない。久し振りの竿出しでとりあえず2匹ゲットしたので、あんまりガツガツしなくても良さそうなのに、1匹でも多く釣りたいとはへら師の性か?O合さんも凸を脱してホッと言う感じか。しかぁ~し、その後何と振り出し11尺の一番先が抜ける(振り出しなのに?)と言うアクシデント発生。へらは付いていたのでカウントしDscf2334Dscf2335た(オイオイ?)ものの、もう使えないと12尺に変更した。私は10時半少し前に、ウキが馴染み切ってすぐのあたりで3匹目。放流チックになったが気にするな。そして11時前に4匹目をゲットすると、O合さんがトイレタイムの最中の11時過ぎ、ラス前に5匹目をゲット出来、嬉しや第2目標まで到達したぞ。ただオーラスはDscf2336Dscf2337あたりもなく11時10分に底は終了となった。結果、底では実釣2時間余で5匹。さあ、これから先は両ダンゴの宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は前回と同じカルネバ・ガッテン。準備後に昼食、そしてトイレタイムを済ませれば、いよいよメイン・イヴェントの始まりだ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

UBUNTU その後(BLUETOOTH 編)

UBUNTU と BLUETOOTH は相性が良くないのか、未だに対応機器(中華製小型アンプ)を見つけられずにいる。グルグル回っているだけ。
見つけられなければペアリングも出来ず、途方に暮れている状況。
ネットで見るとドライバーが違うかまたは入っていないとかあったので、とりあえず UBUNTU のアプリケーションの中からそれらしいものを入れてみた。
すると、今度は対応機器を探しに行くとエラーになるではないか。
これは困った。ネットでも同様の症状が出ている方がいるようで、その人のブログでは結論にまで至っていない。
UBUNTU とアダプター(ドングル?)の相性?があるのかも。
ちゃんとしたアダプターを購入した人は、たとえそれが WINDOWS 対応であっても動作するようだ。
が、私が買ったのはアマゾンで一番安い(300円くらい)もので、これがダメなのかも。
国産の知られたメーカーのものを買えばいいかもしれないが、1000円以上するのでちょっと考えてしまう。
それでもしダメだったら、泣くに泣けないからね。
ちなみに、格安アダプターは同じPC(VAIO)の WIN10 では動いていたので、やはりこれのせいなのか。
 
買うか買わないか、ファイナルアンサーは?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

UBUNTU その後(メモリ編)

UBUNTU の事ではないのだが、VAIO(PCG-61611N) のメモリが本来は4GBなのに、WIN7 の頃からずっと2GBしか認識せずおかしいなぁと思いつつもそのままにしていた。多分 WINDOWS が使っているのだろうと。この時点でもっと突っ込んで調べていたらとは、まさにアフター・フェスティヴァル。
で、今回 UBUNTU に変えればメモリも4GBに戻るかと一縷の望みを抱いていたのだが、変わらず。
他に BLUETOOTH の問題(こちらはまだ解消せず)とかあって後回しにされていたのだが、さっき急にメモリそのものがダメになっているのではと思い立った。
で、こわごわ裏にしてネジを外すと、あれれ2GBが2枚なのに上の1枚が浮いているように見えるぞ。まさかそんな事がと抜こうとしたら、やはり挿さっていないのだ。これにはビックリ。まさか SONY ともあろう大会社でそんなミスがあるのか?
一旦抜き、UBUNTU を立ち上げたら、メモリは2GBのまま。これだ、原因は!
つまり2枚のうち1枚はずっと挿さっておらず使えないままだった(多分10年以上)のだ。
しかぁ~し、原因は分かっても挿し直す事がなかなか出来ない。無理に押すとコネクタがいかれそうだとは、昔その関係の会社にいた記憶が教えてくれる。
何度も挿し直し(あまり力を入れず)ては電源を入れるを繰り返した(ずっと認識は2GBのまま)後で、思い切って力一杯押してみたらカチッと入ったではないか。
そして恐る恐る UBUNTU を立ち上げたら、何と4GBとなっている。やったぁ・・・。
おそらく製品検査や出荷検査の際には接触の関係で合格となっていたのだろう。接触不良ってよくあるんだよなぁ(遠い目)。
10年の時間を返してくれと言いたいところだが、済んだこととして捉えよう。そうしよう、双子葉植物。

まだまだ UBUNTU 立ち上げの道は終わらない(まさかハードまでとは根)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月17日 (土)

UBUNTU その後

今朝立ち上げてみた。う~ん、立ち上がりが遅いなぁ。WIN10 の時よりは早い?いやいやそんな事はなさそうだ。
立ち上がるまで一体何をしてるんだろうか。
まあ、それはいいとしても、まだまだスッキリするには程遠い。
日本語入力も手間取った。と言うより、何処に何があるのかまださっぱり状態なのだ。
それと、今トラブっているのは BLUETOOTH 。
外付けの送受信機が原因なのか、ペアリングが出来ないのだ。
BLUETOOTH で対応機器(私の場合、中華製アンプ)が探せないでいる。WIN10 の時は多少トラブったものの今はノー・プロブレムなのだが。
ひょっとしてドライバとかの問題なのか。ネットでは手順に従ってやれば繋がると書かれているのに、一向に相手を見つけられないまま。
これは時間が掛かりそうだ。
あとは音楽と動画のプレイヤー。これはこれから。
 
今更後戻りは出来ない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

UBUNTU 入れちゃった!

一旦は電源オフとしたものの、どうせあまり使ってないのだからと思い切って UBUNTU をインストールする事にした。
深夜であまり頭も動いておらず、もしトラブったら朝まで掛かりそうと不安なままゴー!
やはり想像した通りすんなりとは行かず、それでも首を傾げながら何とか出来た。
だが、WIN10 の時より動作が軽くなったという感じは今のところない。メモリの量も増えなかった。それでもようつべの画面がスムーズに動くのはグー。
立ち上がりも意外とモタモタしていて、ちょっとイライラする。これは OS というより PC そのものが関係しているのかな。
まあ、しばらく使って行かないとその辺りは解消するものなのかも分からないので、辛抱強くやって行こう。
もう元には戻れないのだから。
 
コマンド入力も覚えないと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

UBUNTU

妹から貰った VAIO は WIN7 から WIN10 に無料アップデートしたものの、CPU が昔過ぎてあまりの立ち上がりと動作の遅さに耐えられず何かいい方法があればと思っていたところ、ようつべで UBUNTU なる OS をハケーン。
なんでも LINUX とやらの派生型らしい。
ミーハーな私は早速取り入れてみる事に。ただ、いきなりインストールしてトラブっても困るので、とりあえず使ってみるモードがあるのでそれをやってみた。
まずは UBUNTU をダウンロードし、RUFUS なるソフトで USBメモリに書き込む。そしてそれを VAIO に挿すと言うもの。
しかぁ~し、USBメモリに落とすところまでは素直に進んだのだが、VAIO の BIOS を書き換えるところでトラブってしまった。
ブートの優先順位変更(USB メモリを最上位に)と外部からのブートが出来るようにする2つが思うように設定出来ず、何度も電源を入切してしまった。まさにトホホ。
後で思えばそんなに難しい事ではなかったのだが、ちょっとしたトラブルでパニくってしまう私、今日もヒヤヒヤで何とか UBUNTU のお試しモードに辿り着くことが出来た(やれやれ)。
ネット接続はしなかったので、本当にちょっとだけ(ちょっとだけよ by 加トちゃん)触ったと言う感じ。
どうしようかな、思い切って書き換えてしまおうかな。一応ブラウザとオフィスソフトは入っているので、それ以上やる事が特にない私にはそれで充分かもしれない。
2025年までは無料で面倒をみてくれるというので、やってみようかな。とは思いつつも電源を切った私でしたとさ。
 
やってみただけで満足?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

来てます?

今日の午後、ふいに炭酸水が欲しくなった。
ついでにビールとコーヒーも買っておこうかな。あっ、しまった、財布に金がない。
で、近くの信金で金を卸してから行こうと思ったまでは良かったのだが・・・。
玄関から車に乗り込んで気が付いた。キャッシュカードを忘れて来た!
忌々しいが家に戻り、カードを持って出発。
しかぁ~し、店に入り買い物の途中で気が付いた。金を卸してない!
それまでカートに積んだ物(当初の目的の炭酸水)はギリギリ財布の中身で払えたので良かった?のだが、それにしても何だろう、これ。
まさに「来てます!」状態ではないか。
トホホで帰宅する途中、今度こその信金で金を卸したが、もう店には戻らないぞ(意地でも)。

本当に来てたらヤバいとしか言いようがない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

意気込んで出掛けると大体@増沢池-その2-

Dscf2320まだ作り立てでちょっと柔らかいものの、粘りはあるので餌は持ちそうだ。すると、何と言う事でしょう、数投後にいきなりウキが消し込んで1匹目。な、なんだこれは?餌を作り替えただけなのに、こんなに状況が変わるのか?このやわやわの餌がお気に入りなのか?すると、そこからじきに2匹目。更には宙でのDscf2321Dscf2322「掛かってます!」で3匹目。これは腹パンだった(まるで私のよう、ってか!)。まだ開始して10分も経っていないぞ。あっという間の宙のトータルでの第2目標をクリアし、しかも底も含めたトータルでは「つ」抜けも視野に入って来たではないか。ありえねぇ~っ。が、ここで一旦ウキの動きが弱まりあたりも止まる。まあ、私の場合いつまでもあたりが貰える事がなDscf2323Dscf2324いので、そんなに落胆はしない。しかぁ~し、1時半頃に急に連荘が出て単独での第2目標クリアだ。しかもトータルでは「つ」抜けも達成。この間わずか30分ほど。一体午前中は何だったんだろう。しかぁ~し、再びウキの動きが悪くなってしまい、消し込みでもカラとなる。固まDscf2325Dscf2326って釣れるなんて事はなくなったが、それでも2時を挟んで2匹をゲットすれば、見えて来たかな単独での「つ」抜け。O合さんは一時バラシを連発しても場が荒れず、その後もあたりが出続ける好調な時間があったが、鱗のゲット以降ウキは静かになってしまった様子。遠くO橋さんの様子は分からないが、ほとんど人が入らない場所で奮闘しているようだ。O石さんは結局来なかった。どうしたのかな。さて、一投単独での「つ」抜けまであと3匹とまでなったものの、餌が残り少ない。あまり期待はせずにいよう。午前中に比べてグッと状況Dscf2327が良くなったので、「つ」抜けはなくても充分だ(ホントか?)。すると、7匹目からじきに8匹目。ここでやはり私も人の子、「つ」抜けが欲しくなって来た。ただ餌がもうない。O合さんは終わり、O石さんのいつもの場所には若者?が入っていてO合さんがレクチャーしている。私は餌が終わる寸前に9匹目をゲットすれDscf2328ば、もう最後の一投分しかない餌に最大限の期待をかける。頼む、こんな事は滅多にない。あたってくれ・・・。すると、底の時にもあったように出ました消し込み!やったこれこそ正真正銘の「上がりべら」ゲットか?しかぁ~し、カラでガクガクッ。見事な終了となった。が、こんな事は滅多にない(2回言いました)私、悪あがきで餌なしで打ってみる。そしてちょっと余所見をしていたら、ガタンと音がして慌てて竿を掴めば、やった掛かってます!やった、やったぞ、船木ぃ(by 原田雅彦さDscf2329Dscf2330ん)。時刻は2時24分。結果、2回目の宙では実釣1時間20分で10匹。嬉しい×嬉しい×・・・。トータルでは実釣5時間弱で15匹(ただし底ではたったの2匹(トホホ))。気負って出掛けて来た甲斐があったと言うもの。片付け。O合さんは若者?のウキを見つめている。片付けを終え、対面T林さんとこちらO合さんと若者に挨拶して遊歩道を進み、これまた片付け中のO橋さんの元へ。今日は5匹が精一杯だったとの事。お疲れさまでした。また宜しくお願いします。今日はベイシア詣ではないので、さっさと荷物を積み込み、さっさと池を離れた。
 
陽に長時間あたると疲れる
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

意気込んで出掛けると大体@増沢池-その1-

今日はやや風が強いものの明日から天気が下り坂と言う事で、張り切って出掛けました増沢。今日こそいつもO橋さんが入るところに入って爆釣だぁ。ただ、大体が張り切って出掛けて良い事があったためしがない。それでも逸る気持ちを抑えつつ車は駐車場へ。まだ8時半過ぎ。おっ、Ⅰ藤さん御一行と咳払いは既に来ている様子。O合さんはまだだ。急いで荷物をキャリアに積み替え、さっさと橋を渡る。坂の下に先客あり。とりあDscf2312えず挨拶。そのまま遊歩道を進み、遂に入るぞ。O橋さんだけでなくS我さんも短竿で好結果を出しているので、私がここで貧果に終わるのは許されない。ちょっと地面が湿っているが、急いで準備開始。竿は9尺の両ダンゴの底で行くぞ。餌は夏・冬・マッハ。既に風・波があるのは承知の上。準備中にO合さん登場。先週は8匹出た日があったとの事。これは行けそうか?ささっと底を取っての開始は9時18分だ。まずはウキの馴染み具合を見ながら餌打ち。少し左に流されるが、これくらいは我慢の範疇。じきにO橋さんがやって来て、橋の下(しも)浅場に入った。私の方はウキに動きなく、時間だけが過ぎるお約束の展開(懐かしい表現!)。気が付くと10時を過ぎている。ヤバい、やはり場所でなくアームの問題だったか。O合さんもウキがさっぱりらしい。遠くO橋さんはどうなのだろう。ひょっとして両ダンゴがダメでグルテンが必要なのかもDscf2313と、少し不安になる。が、今日はダメでも両ダンゴで通すぞ。と、10時半近くになっていきなりウキが消し込んだ!ゲゲッと思いながらも合わせると、やったとうとう掛かりました!底のあたりを取りたかったが、それより凸を回避出来た方が嬉しい。やれやれだ。しかぁ~し、その後は再びのシーン状態。ウキ下を微調したり餌付けを工夫したりしてみても、どうにもならず11時近い。そろそろ餌が終わる。2時間のつもりで作った筈が、勘違いで1時間半分だった(オイオイ)。そして遂に最後の一投。頼む、何とかあたりを見せてくれ!すると、何と言う事でしょう、最後の最後Dscf2314Dscf2315にやっとあたりが出ました!そして掛かりました!時刻は10時55分。結果、底では実釣1時間40分弱で2匹。やはりジンクスは当たっていたか。でもまぁ凸でなかっただけ良しとしなければ。さあ、次は宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はカルネバ・GD・ガッテン・マッハ。GDがなくなったので不足分をガッテンで埋めた。「たな」は仕掛けのままで再開は11時5分だ。ちょっと配合に難があったのか、ウキの馴染みが今までと違う気がする。が、指でコネコネしながら餌を打って行くと、じきにウキが動き出した。波の中でもあたりらしき動きは分かる、分かるぞ。と、ここでそれまでウキが動かないとぼやいていたO合さんの竿が曲がった!そろそろ午前中のGTが来たのかもね。するとその後ポツポツと2匹を追加してしまい、あっという間に追い抜かれてしまったではないか。まさにガクガクッ。それDscf2316Dscf2317でも私のウキはまだ弱くでは動いており、弱く入るあたり?で11時半過ぎに1匹目。更にもっと小さなウキの動きで2匹目は1匹目から約10分。ん、これは行けそうか?すると12時のサイレDscf2318ンが鳴る前に出ました3匹目。これでトータルでの第2目標に到達したぞ。12時のサイレンと同時に昼食開始。腹が 減った・・・(by 孤独のグルメ)。しかぁ~し、それまで出ていたウキの動きがどんどん少なくなってしまったではないか。何故かは不明だが、それでも餌を打ち続けるのが宙。そして12時半頃にトイレタイム。階段を上り下りするのと橋を渡るのではどちらが大変か確認するため、今日は橋を渡ってみた。すると、距離がかなり違うのか階段の上り下りよりしんどいと思ったのは私だけでしょうか。釣り座に戻り最後のお願いとばかりに餌を打ってみたが、ウキDscf2319は動けどもあたりにはならず。1時ジャストに無念の終了となってしまった。結果、宙では実釣1時間50分ほどで3匹。トータルでは実釣3時間半で5匹かぁ。意気込んでやって来てこれではなぁ。ただ、まだ1時。もう1回宙をやろう。餌はGDがなくなったのでカルネバ・ガッテンで1時間半分作る。「たな」は変えずに再開は1時5分くらいかな。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

昨日の続き

さて今日は、2つある発泡スチロール容器の水替え。
こちらはざっくりと。
まずは楊貴妃?2匹がいる容器から水草を取り出す。うわぁ、かなり増えているぞ。栄養過多なのかな。
これではメダカの行動範囲が狭まってしまいそう。
そして底を網で浚い、半分ほど水を汲み出す。
うっすら緑色をしているが、これがいわゆるグリーンウォーターなのか(自信はない)。
それから汲み置き&脱カルキの水を入れる。温度とか気にせず入れてしまったが、今更元に戻せないのでノー・プロブレム。
もう1つの容器も同様に水を入れ替えたが、こちらは元々4匹のヒメダカにS我さんから貰った4匹を加えたもの。
ただ、相変わらず暗くてハッキリ何匹いるかが分からないまま水替えを終了。それでいいのか(それでいいのだ! by バカボンのパパ)。
ざっと4,5匹はいたようだ。

発泡スチロール容器の方は、あまり水替えをしなくても良さそう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

急に寒くなった

昨日はそこそこの気温だったが、今朝はだいぶ冷え込んだようだ。
でも、そんなの関係ねぇ~っ!とばかりに急な水替え。
特に気になっている、ガラス水槽のメダカの数。
元々4匹いたヒメダカに、S我さんから貰ったラメ入り4匹の計8匹で暮らしていた筈。
そして悲しい出来事が2度あって、今は6匹の筈なのに、最近5匹しか確認出来ていなかったのだ。
まあ水草に隠れている事もあるかなと今日は水草を除けてみたのだが、どう数えても5匹しかいない。
最早確認のしようがないのだが、3匹が☆になったのは間違いないようだ。
そしてそのうちの1匹は残念ながらエビちゃんや仲間に食われてしまったのだろう。
更に残念なお知らせ。ずっと水槽で頑張っていたタニシが動かない。殻を閉じたままだ。
スネイルがあれだけ獲っても獲っても減らないのに、タニシが逝ってしまうとは。
生きものを飼うというのは悲しい出来事も全て込みになっているという事を思い知らされた。
 
発泡スチロール容器の方も数の確認をしたいが
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

場所を変えてみたら良い事があった?@増沢池-午後の部-

まずはトイレタイム。帰ってから次の準備だ。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は前回と同じ。何となく不安なままで再開は1時ジャスト。とりあえずいつも通りに餌を打つ・打つ・打つ。が、予定通りと言うかウキは動かず。それでもめげずに打ち続けると、1時半頃にようやくウキがモヤモヤからグッと入り、やった1匹目ゲットかと合わせたものの凄い引きで竿先が水中に引き込まれた!これを堪えたら一旦は力が抜け、さあ寄せようと思ったところで再び強い引きになり、堪え切れずのハリス切れ。もうガクガクッ。急いで交換したら、段差が少し広がってしまったがノー・プロブレムPART2(オイオイ)、そのまま続行だ。すると、あれだけ場が荒れればへらは散ってしまったかと思いきや、じきDscf2303Dscf2304にウキが動き出したのにはビックリ。そして1時台には何と2匹をゲットすれば、あっという間にトータルでの第2目標クリアとなって、これは予想外の展開だ。両サイドのバシャバシャは終わらないものの、餌のそばにも寄ってくれたへらには感謝感謝。遠くO橋さんは「つ」抜けを狙うところまで来て、何故か失速。代わってO合さんがスパート。O石さんは1匹をゲットしたもののその後がない様子。少し周りが見られるようになったのは心の余裕が出たからかな。2時を過ぎたところでO橋さんが終了。「つ」抜けには1匹足らなかったようだ。おDscf2305Dscf2306疲れさまでした。私は2時を過ぎてポツポツと2時半までに4匹をゲットし、宙だけで第2目標をクリアし、Dscf2307Dscf2308更には「つ」抜けを狙えるところまで来たのは望外の結果か。カラが多くまたサイズ的にはやや不満が残るものの、午前中を思えば文句は言えない。2時半にはO合さんも終了。昨日の鬱憤を晴らせたかな。O石さんはまだ餌があると続行している。私は2時半を過ぎて1匹を追Dscf2309加すれば、やった「つ」抜け達成だ。まだウキは動いているので、もう1匹釣って終わりたいところ。片付けを終えたO合さんは岡ジャミにやって来たので、いいところを見せたかったが急に失速してあたりが出なくなってしまった。そして2時54分に虚しく餌を打ち終えた。O合さんは帰った。釣れるところを見せられずスミマセン。また宜しくお願いします。片付け。へら師は私とO石さんしかいなくなっていDscf2310Dscf2311る。片付けを終えてO石さんのところに行くと、今日は全くウキが動かないと言う。見れば最近のO石さんとは全く違う状況で、確かにウキが動いていない。とりあえず1匹は出ているので、そろそろ餌が終わったら終わると言うが、頑張って下さい。挨拶して車に戻る。前にも書いたが、♪行きはよいよい帰りは怖い♪のようにしんどいなぁ。ハアハア言って車に戻る。さあ、今日もベイシアが私を呼んでいる。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を離れた。
 
場所を変えてもアームが変わらなければ・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

場所を変えてみたら良い事があった?@増沢池-午前の部-

今日も何とか出掛けることが出来た。季節は新緑がまぶしく、まるで5月のよう。モクレンは葉が生い茂り桜は散って葉が出つつある。そろそろツツジも咲き始めている。少し出が遅れたので、駐車場に着いたのは9時半過ぎ。あっ、O橋さんの車ハケーン。O合さんも来ている。今日はO橋さんがいつも入るところでやってみようと思っていたが、早くも目論見が崩れた。それでは階段下くらいではどうかな。キャリアをゴロゴロ引きずって橋を渡る。へら師は日陰側は深場流れ込みに咳払いだけ。日向側は看板横に1人と、Dscf2297O合さんO橋さんは定位置。Ⅰ藤さん御一行はおらず、代わって1人だけがダム?そばに。予報では風がある程度出るとあったが、そうでもなさそう。お二人に挨拶すると、O橋さんは昨日も来て爆釣だったとO合さんが教えてくれた。代わりにO合さんは凸だったとの事。釣り座の予定は崩れたが、それではと階段下に向かう。以前12尺で底がガタガタだった嫌な思い出があるものの、先日K田さんが9尺の底をやっていたので、私も今日は9尺で行こう。餌もいつものバラグルで準備開始。すると、何と言う事でしょう、私の釣り座の両側の水草でバシャバシャとはたきが始まり出したではないか。これはヤバい、餌に見向きもしなさそうだ。早くもやる気がトーンダウン。それでもささっと底を取っての開始は10時19分。しかぁ~し、やはり?根掛かり発生。底取りの際には掛からなかったのにぃ。釣り台を前にずらして再開するが、底取りはやり直さずウキの馴染み具合を見て適当に調整。と、遠くで早くもO橋さんの竿が曲がるのが見えた。こちらはウキに動きなく、何となく凸で泣く泣く帰るイメージが湧いて来た。Dscf2298しかも11時前にはウキが馴染むや否や今日最初のあたり?ダメ感満載で合わせれば、ガックリミシシッピの野郎だった。ウキの動きはそれだけで、しかもその後はその前までと同じくバッタリ状態。O橋さんは好調に竿を曲げ続け、O合さんも竿が曲がった。私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳。焦っても始まらないのは分かっていても、焦る。とにかく餌を打ち続けるが、ウキはシーン状態。釣れないと時間の経過が早く、モタモタしていると12時のサイレンが鳴ってしまう。頼む、ウキよ動いてくれと念じるものの、もう11時半。前回もこのくらいまでウキが動かなかったので、そろそろ動くのではと極甘の予想で今更ながら底を取り直す。しかぁ~し、遂に12時のサイレンが聞こえて来た。ヤバい、本当に凸で帰りそうだ。O石さんがやって来ていつもの場所に入った。最近はずっといい感じで釣りをしているが、今日はどうかな(なんて他人の心配をするほど余裕はない)。昼食を頬張りながら餌を打つと、ようやくウキが動いているように思えて来た。が、あたっても「変わり身の術」で木の枝。餌も残り少なくなって来た。と、ここでやっと私にも幸運の女神がほほ笑んだ?あたりかどうかは分からなかったDscf2299Dscf2300が、ウキが動いたので合わせたら、やったとうとう掛かりました!放流でもノー・プロブレム。う、嬉しかぁ。すると、何と言う事でしょう、次の餌打ちでもウキの動き(敢えてあたりとは言わず)に合わせて連荘!しかも地べらだ。嬉しかぁ×嬉しかぁ。バラケがなくなったので両グルで打ち、遂に最後の一投。両目が開いたのでもうどうでもいいと思ったが、ウキが立ってすぐに消し込み、ヤバいと思いながら合わせれば、嬉しや「上がりべら」ゲットだ。時刻はDscf2301Dscf230212時42分。結果、午前の部では実釣2時間20分で3匹(しかも3匹は最後の20分で釣れた)。まあ、終わりよければ全て良しと言う事で。ただ、遠くのお二人には全く及ばないのは間違いないところ。午後の部の宙に期待しよう。そうしよう、双子葉植物。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

釣り方も餌も同じなのにこれ@増沢池

今日は釣行の予定はなかったのだが、あまりの好天に誘われてついつい出掛けました増沢。と言っても家を出たのは9時頃。 何とか10時前には竿を出したい。駐車場には既にO合さんの車。さっさと駐車して荷物を下ろし、キャリアに積み替える。気温が上がりそうなので日陰側でも良いのだが、キャリアをゴロゴロ引いて橋を渡る。日陰側には深場流れ込みに咳払い。あと橋の上(かみ)のかなり浅場に1人入っていた。日向側は坂の下に1人といつもの場所にO合さん。遠くダム?そばにはⅠ藤さん御一行。キャリImg_20210405_0948051アがガタガタ揺れて荷物が何度も崩れた。やっといつもの場所に到着。O合さんは準備が終わったところ。今日は11尺。金曜はO石さんが爆釣したらしい。私はいつもの振り出しではなく継ぎの9尺を出す。そしてまずは底から。餌は相変わらずのバラグル。風の向きが悪く底が取り辛かったが、何とか取れて開始は9時49分。どうかな、前回並みには釣れそうかな(と言っても3匹ですが、何か)。しかぁ~し、ウキは一向に動き出さず。O合さんも同じことを言っていたが、何と食い上げで1匹目ゲット!今日もやられた・・・。私も早く1匹目を見たいところなのに、ウキは一向に動かず。いや動かないのではなく向かい風でシモリがひどく、あたってからの返しと思われるウキの動きだけが分かる感じ(あくまで個人の感想です)。気が付くと11時近く。もう1時間打っているのか。ゼロと1とでは大違い。早く1匹をと気持ちが先走るものの、何と午前中のGTが来たかと思いきや、バッチリのあたりがスレバラシ連発。11時半頃にO合さんがトイレタイム。この間に何とか1匹をと思っていると、ズバッ!と言う消し込みでやImg_20210405_113207った今度こそと合わせたものの、やはりバラシでガクガクッ×ガクガクッ。最早これまでか、と餌を打つのも面倒臭くなっていると、何故か次のあたりで今度こそ掛かりました!サイズはまあまあだが、これは嬉しいでしょう。O合さんが帰って来てからも地合なのかウキは動く。が、何故かスレバラシ。頼む、まともなあたりでもう1匹をと祈りつつ餌を打てば、フワッと返したウキがグッImg_20210405_115033と入ってやっと2匹目ゲット。ちょうどO石さんがやって来たところで、バッチリ見せつけることが出来た(オイオイ)。しかぁ~し、最近のO石さんも好調ぶりは嘘ではなかった。午後になってからウキの動きが半端ない。私の方はバラケを打ち尽くしたところでトイレタイム。戻ってからは残りのグルテンを打ってみたが、残念「床休め」にもならず12時29分に無念の終了だ。結果、午前Img_20210405_122949の部では実釣2時間40分で2匹。スレバラシは5回以上あった(個人の記憶です)。さあ、次は宙。前回のような気持ち良い消し込みで釣りたいところ。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は前回と同じで「たな」もそのまま。再開は12時40分だ。まずはとりあえずの打つ・打つ・打つ。だがなかなかウキの返しが出ない。一旦弱くなっていた風・波が再び出始めてウキの視認性がかなり悪くなったが、これはどのへら師も同じだろう。それでも1時頃になるとウキがモヤモヤし始めて、あたれImg_20210405_130408と心の中で叫んだ(声にはならなかったと思うよ)ところ、モヤモヤからグッと入れば、嬉しや宙での1匹目。さあどんどん行こうと餌を打ってみると、ウキが馴染んでから弱くモヤとする事はあってもあたりにはならず。O合さんは午後になってようやくあたりが出た様子。それに引き換えO石さんはポツポツとあたりを拾ってあっという間に2匹をゲット。更にしばらくして3匹目。好調は持続しているようだ。私はこうなったら「闇雲流」でどんどん合わせて行くと、1匹目Img_20210405_134337から40分で弱く入るウキの動きで2匹目ゲット。時間的に前回のような結果は望めないのがハッキリして、それならばトータルでの第2目標(あと1匹)くらいはクリアしよう。しかぁ~し、どうもウキの動きに無駄があるように思えて仕方ない。前回ハリスを切られて交換した際に、段差が大きくなってしまったのをそのままでやっているのがどうも良くないのではと思い始め、2時になったのを機に思い切って段差を数センチ詰めてみる。すると、何と言う事でしょう、ズバImg_20210405_140442Img_20210405_140733ッ!ズバッ!と連荘で2匹をゲット出来たではないか。何かやってみるもんだね。とりあえず目標はクリア出来たので、後は餌を打ち切るだけ。と、ここでO合さんが終了。今日はウキが動かなかったので、餌が尽きたところで強制終了した様子。しばらくO石さんの岡ジャミになっていたが、あまりにウキが動くので驚いていた。そしてO石さんが4匹目をゲットしたところで帰った。お疲れさまでした。私の方は午後のGTに期待したのだが残念ウキの動きは良くならず、2時29分に餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣1時間50分で4匹。トータルでは実釣4時間半で6匹かぁ。前回と同じ釣り方同じ餌で気温もほぼ同じの状況下でも何かが違ったのかこの結Img_20210405_143611果。だから釣りは面白いのかもしれない。片付けしながらO合さんとO石さんの岡ジャミをしていたら、先に書いたようにO石さんのウキが動きっ放しで、O合さんが見た4匹目のすぐ後の5匹目も見ることが出来た。しかぁ~し、餌がもう終わると言う事で最後の一投に賭けた(餌を打つO石さんも見ているだけの私も)のだが、残念あたりに合わず終了となった。片付けを終えていた私はO石さんに挨拶して車に戻る。結構距離があって辛いので、そろそろ日陰側に移ろうかな。ただ、まだウキは見難いからもう少し後にしようかな。さっさと荷物を積み替え、さっさと池を跡にした。
 
明日から気温が急降下。果たしてへらの動きはどうなる?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

今週は

今週は火水と竿を出す事が出来た。何となく普通の感じに見えるのだが、実は言えないけどいろいろあって、精一杯の釣行だった。
来週は月曜に出せるかどうか。
とりあえず今日も家にいるので、ハリスでも巻いておくか。
 
昨日はメダカの水替え、と言っても底は浚わず水だけを替えた。
底を浚うのはもっと間を空けてから。簡単な水替えをやる事で、水の匂いも軽減されるだろう。
 
まるでツイッターか!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »