« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月28日 (月)

本当に午後のGTはあるのか?@増沢池

今日で2月も終わり。今月は一体何回釣行しただろう。明日からまた天気が下り坂なので、今日こそ出掛けなければ。と言う事で出掛けました増沢。気温は10度を超えるようだが風がありそうなので、釣り用のインナーを着込んでゴー!駐車場にはO合さんO橋さん、それにO石さんのO型ブラザーズの車。急いで荷物を降ろして池に向かう。へら師Dscf2804Dscf2805はブラザーズ3人の他に看板横1人とダム?そば2人の計3人。この陽気でもこれだけなのか。さっさと歩いて皆さんの元へ。風はあっても寒くないぞ。それぞれ定位置にいるので、私はO石さんの右隣に入らせてもらう事にする。さあ準備しよう。竿は11尺で底から。餌はいつものバラグルだ。白波でウキが見難かろうと太いトップのウキを採用したら、意外に見やすいので細いトップで開始は10時16分。しかぁ~し、何故かウキの視認性が悪くなってしまったので再度太いトップのものに交換。確かに見やすくはなったが、果たしてあたりを拾えるのか。う~ん、風で太いトップが押されて流されてしまう。でも再び細いトップにするのもなぁ。時間はどんどん過ぎてあっという間に11時。まだ誰も竿を曲げない。O石さんとO合さんからウキが動くのは午後2時になってからと言われたが、何とか私だけでもウキが動かないかと勝手なお願い(誰に?)。しかぁ~し、無残にも時は進む。今日こそXデーの到来なのか?ただ、流されたウキが流れ着く先でモヤモヤしているようにも見える。これはそうなのか?それとも底の具合が良くなくて何かに掛かっているのか?11時半過ぎにオモリを追加して「ドボン」にしてみてもウキは動かず。どうせあたらないと手放しで早めの昼食を摂るが、残念12時のサイレンを聞き午前の部Dscf2810の凸確定を認めざるを得ない。結局一度もウキが動くのを確認する事なくバラケが尽きて午前の部は12時42分に終了。結果は言うまでもありません。こんな事なら来なけりゃ良かったと捨て台詞を独り言。そして気分転換を兼ねてトイレタイム。河津桜がようやく5~8分咲きくらいになったが、何故か橋の下(しも)ばかりで橋の上(かみ)は3分咲きくらいだ。釣り座に戻り次の準備。今日こそ何か違う釣り方をしようと帰り道に考えていたのだが、選択したのはまたも両グルの宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。バラケとしてガッテンを採用。そして再開は12時52分。午後になって急に風が強まりウキは底の時に増してドンブラコ。O型ブラザーズではO橋さんだけが竿を曲げている。O橋さんは2時頃に終了したが、4匹をゲットした。素晴らしいの一語。私はいつしかウキ下を伸ばし、気が付けば(オイオイ)「ナンチャッテ」に移行している。結局これかよっ!O石さんからそろそろ2時なので午後のGTがやってくると再度言われ、竿を持つ手にも力が入る私だが、状況が良くなる気配はなDscf2811い。が、しかぁ~し、2時半になろうとする頃、特にウキが動いたのを見た訳ではないが軽く合わせたら、おやっ、何か手応えがあるぞ。やった掛かってます!皆さんからお褒めの言葉を頂いたが私は気まずい沈黙。それはあたりを見ずに釣った事ではなく、スレていたから。静かに続行だ(トホホ)。そして2時半過ぎに片付けを終えたO合さんが岡ジャミにやって来たその時、私のウキが今日初めてあたりを出した。そして掛かりました!と思ったら何とO石さんもDscf2812竿を曲げているではないか。ツーショットだ。まさに午後のGT。それを見届けてO合さんとO橋さんは帰った。お疲れさまでした。O石さんは「上がりべら」ゲットと言う事で終了したが、片付けを終えて私の岡ジャミになってくれた。池にはもう我々以外のへら師はいない。と、午前の部と同じようにウキが流されて着いたところでモヤモヤから軽くモヤ。これに何故か反応したら、やっDscf2813た掛かりました!これがあたりなら午前中でも釣れていたかもとは、言っても仕方ない「タラ・レバ」でした。そしてこれを「上がりべら」として私も終了。時刻は2時51分。残った餌はカモにくれてやった。結果、午後の部では実釣2時間で2匹。凸寸前の私とO石さんはまさに午後のGTに救われたと言う事か。片付け。O石さんは私が片付けを終えるまで待っていてくれた。ありがとうございます。2人で駐車場に戻る。途中、O石さんの自宅近くにメダカ屋さんがあるとDscf2806Dscf2809言う話を聞いたので場所を教えてもらい、解散後の帰宅途中に寄ってみようと思ったのだが、残念見つけられなかった。次回詳しく訊いてみよう。
 
1回釣行するだけでグッタリするようになってしまった。これが廊下という奴か
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年2月27日 (日)

水替え

最近やや暖かくなって来た気がしたので、今日は思い切って外のガラス水槽の水替えを行なった。
しかぁ~し、これが大間違い?水槽の水は冷たく、やらない方がいいかもと一旦は考えたのだった。
が、前回の水替えが1月27日だったので、ちょうど1カ月が経っている。まあいいんじゃないかと自分を納得させて開始。
中にある隠れ家と「ろ材」を取り出してから水槽の内側をスポンジで拭く。冷た~い!
汚れではなく藻?の沈殿物が舞い上がるが、それを落ち着くまでしばらく待つ間にバケツに水道水とカルキ抜きを混ぜておく。
それからプロホースで底を浚う。結構汚れ(ではなく藻?の沈殿物)を吸い出した。☆になったメダカの姿はなかった。
用意しておいた水を足して終了。加えた水は大体12リットルくらいだった。
ここでようやくメダカの姿を見ることが出来た。元々は大10数匹に対して中小100匹くらいが暮らしていた筈だが、ざっと20匹くらいを確認出来ただけ。
春になってもっと多くの水を替えないと本当のところは分からない。それにしても一昨年S我さんから貰ったうちの赤いメダカは元気だなぁ。でっぷりと太った姿を見せてくれた。このままだと2回の冬を越した事になるので、是非とも頑張って生き抜いてもらいたい。

室外は本当に厳しい環境。頑張ってくれ!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年2月26日 (土)

妻、小学生になる。

10年前に交通事故で亡くなった妻が小学4年生になって元夫と娘の前に現れるファンタジー・ドラマ「妻、小学生になる。」を観ている。
こういうドラマは韓国ドラマにありそうなシチュエーションだが、日本で描かれると一味も二味も違って来る。
ちょっとウェットだったりして、ファンタジーに現実味を持たせ過ぎな気もする。
昨日は第6話。物語は佳境を迎えつつある。どうやら最後は妻が体を借りていた元の小学生に戻り、妻は天国へと旅立つ感じで終わるのではないかと勝手な予想。
こういうドラマが世間でどんな評価を得ているかは知らないが、私にとっては楽しみなドラマだ。
さっき TV’erで第1話を観直した。最近ではあの多部ちゃんのナギサさんに次ぐ、良く観るドラマとなっている。
それに、子役の子がなかなか上手いのもドラマを引き立てている。今後が楽しみだ。
 
まさにTO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年2月24日 (木)

極寒?の増沢

Img_20220224_140210このところ寒い日が続き、外に出るのも億劫になりがち。
しかぁ~し、今日はよんどころない事情があって外出せざるを得ず、それなら増沢の様子もついでに見に行こうと思い立った。用事を済ませて車はモクレン通りを北上。
ゲゲッ、まだ2時前なのに駐車場には知った車はない。いくら常連さんでもこの寒さには勝てないと言う事か。それでも河津桜の様子くらいは見て帰ろうと橋まで行くと、予想通り花はパラパラ。
Img_20220224_140530Img_20220224_140619満開には程遠い感じだ。
へら師は日向側ダム?そばと橋の上(かみ)に1人ずつと、日陰側には橋の下(した)にImg_20220224_1408021人。
橋の上(かみ)にいるのはひょっとしてO石さんかと思ったら、残念違った。車もなかったもんね。
花の写真だけ撮って早々に退却した。
 
ウクライナ情勢の今後は一体どうなるのか
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2022年2月20日 (日)

「せとか」と増沢の様子

美味しかったデコポンがそろそろ終了し、次は「せとか」と言う事で、おなじみの高林農園に行って来た。
Img_20220220_1310231地方発送もあると言うので、自宅用と妹のところへ送る分を買いに行った次第。
行く前に電話で発送用の在庫状況を確認したところあと5箱分だと言われて焦ったが、何とかなった。明日発送となった。
ついでに増沢の様子見に。河津桜は去年はもう今頃だと咲いていた記憶が。
天気は良いが風がやたらと強い。さすがにこれではへら師はいないのではと橋まで行くと、何と2人が強風下で竿を出している。
Img_20220220_13161411人はダム?そばでもう1人は橋の上(かみ)浅場。
あっ、浅場はS我さんではないか。
橋を渡って声を掛けると、それでも1匹はゲットしたとの事。頑張って下さい。
肝心の桜はと言うと、これが全然ダメ。ポツポツと花が見える程度。やはりこのところの寒さが効いているのだろうか。
一応それらしい花だけ撮ってさっさと家路に就いた。
明日も風は強いようだし、行くのは止めようかな。
 
カーリングは銀。勝ってもらう銅と負けてもらう銀では気持ちが違うそうだ。
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

ブルブル

いやぁ、今日は寒かったなぁ。
午前中には雪もチラホラ。
風が冷たくて痺れた。ゴミ出しも億劫になるくらいだった。
外のメダカは覆いを外さず餌をちょっとだけ撒いておいた。
当然竿を出す事など考えもせず。家で大人しくしていた。
そうそう、高木美帆さんが有終の美を飾った。実に素晴しい。
カーリングも、負けても韓国が負けて準決勝進出。悔し涙が嬉し涙に変わったか。
 
明日も寒さは続きそう
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2022年2月15日 (火)

日陰側は寒くてウキが見えなくて@増沢池

今日は曇りでも風が弱いとの予報。そうだ曇りなら日陰側に入っても日向側と変わらない筈。思い切って通院後にゴー!いつもよりかなり遅れているので、終了も3時過ぎになりそうだ。駐車場にはO橋さんO合さん、それにO石さんの車があるぞ。私は着替えがあるのでトイレ近くに駐車。あっ、Ⅰ藤さんとS我さん、それにO石さんが話し込んでいる。私はとりあえず多目的トイレ(別にヤバくないけど)で着替え、車に戻ると誰もいなくなっていた。それでは急いで日陰側かつてのいつもの場所に向かおう。曇りの筈が日が差している。これではウキが見辛いぞ。ヒイヒイ言いながら釣り座に到着。O橋さんとDscf2798Dscf2799O合さんは定位置、S我さんはその間。O石さんは坂の下。日向側には全部で10人くらい。まあまあの人出だ。さあ準備しよう。竿は13尺でバランスの底。餌はいつものバラグル。う~ん、対面の桜の木の枝が湖面に写り込んでウキがかなり見辛い。それに何より寒い。長靴で池に入っているので、そちらも冷たい。これでやれるのか?何とか底を取っての開始は10時56分。しかぁ~し、案の定ウキがほぼ見えない位置に立ってしまう。10分ほど頑張って打ってみたがダメだ。仕掛けがある11尺に変更しよう。変えるなら早い方がいい。ウキがかなり近くなった(約1.2m手前)ので、これなら見れそうだ。再開は11時25分。4時間やるとして3時半になってしまうなぁ。まあ仕方ない。とにかく餌を打つと、多少は流れてしまうがこれくらいなら我慢しないと。ん、ウキが返している?いやまだでしょう。おそらくは餌が落ちているのではないか。寒さに震えながら餌を打って行くと早くも12時のサイレン。もぐもぐタイムだ。早飯早〇は男の甲斐性とか昔言った気がする。と、急にウキが小さく上下し始め、これは合わせた方がいいのか?それとも?ええいままよ、と合わせたら、やった掛かりました!最初は引きがあまりなかったDscf2800ので放流かもと思っていたら、どんどん引きが強くなってビックリ。へらも餌を食った時は寝ぼけていたのかな。無事「たも」に収めてやれやれだ。O型ブラザーズは皆結果を出しており、私も仲間入り出来て良かったぁ。さあどんどん行こう。しかぁ~し、じきに同じようなウキの動きが1回あっただけ(その時はカラ)で、その後は全くシーン状態。1時になったのを機にトイレタイムで床休めとしてみたが、その後もさっぱりのままで1時33分に午前の部は終了。結果、午Dscf2801前の部では実釣2時間で1匹(あたりは2回)。とりあえずは日陰側に入った意味があったと言う事か。さあ次は午後の部の宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21+わたグルにバラケとしてマッハ少々。ハリスは35cm+50cmくらいになっていたのでそのままとする。「たな」も仕掛けのままで再開は1時46分。餌は大体1時間半で終わるくらいの量を作ったつもりなので、何とか3時には終われそうだ。午後になってかなり暗くなり、また風・波が強くなって寒さも倍増した感じ。せっせと餌を打つ。が、ウキは全く動かない。1回だけウキの近くでへらが跳ねたが、「たな」は浅いようだ。2時になって対面O合さんが終了。岡ジャミ化している。O橋さんも終わりそうな雰囲気。S我さんとその隣はもう少しやるようなので、最後の一人にならないよう終了時刻を調整しよう。K田さんが岡ジャミにやって来たがじきに帰った。寒いもんね。2時半近くになっていよいよO石さんやS我さん達も終わるようだ。Ⅰ藤さん御一行は既に帰っており、対面は誰もいなくなってしまった。が、日陰側奥のワンドに1人2人いるようなので一安心か。私は宙を諦めていつもの「ナンチャッテ」へと移行する事に。すると数投後にウキが返した!これだ、これしかないとウキを見つめるDscf2802と、ウキは更にフワッと返した後にグッと入った。これを見逃す筈もなくビシッと合わせれば、やった掛かりました!う、嬉しいぞい。ちょうど帰りがけのO合さんが橋の上で見ていたようで、声を掛けてくれた。お疲れさまです、また宜しくお願いします。その後続々とへら師が帰り、「ナンチャッテ」の効果もなくなったのでもう終わってもいいかな。3時9分にやっと餌を打ち終えた。Dscf2803結果、午後の部では実釣1時間20分で1匹(あたりはこれまた2回)。トータルでは実釣3時間20分で2匹。寒さに震えながら頑張りました。片付け。かなりグッタリしている。ただ、駐車場までは近いのでそれだけが救い。多少ハアハア言うくらいで車に戻る。面倒なので着替えはせずベイシアへも寄らずに帰途に就いた。
 
もう今週は行く状況にない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年2月12日 (土)

今日の増沢

今日は竿を出す予定はないが、浜北の高林農園直売所にデコポンを買いに行くついでにちょっと寄ってみようと思い立った。
今日は昨日にも増して好天、風もない。週末ともあれば混んでいるのではと思いながらも、まずは昨日が祝日で行けなかった通院。その帰りに直売所へ向かう。
人気のデコポンなので車が並んでいるのかと思いきや、すっと入れて拍子抜け。
「せとか」は週末に販売されると言うので、また来てみよう。
帰りにベイシアでちょっとした買い物を済ませ、それから増沢へと向かう。
うわぁ駐車場は車でビッシリだ。ちょうどT林さんが来ていて、今日が今年5回目の竿出しだと言う。私と変わりませんね。
Img_20220212_1045281それから橋まで行くと、思った通りへら師が日向側に並んでいる。その数ざっと16人。
日陰側にも4人いたので合計20人。私もかつては週末に張り切って出掛けて来るこちらの仲間だった。それが今では・・・。
今日も竿を出すと言っていたO石さんがいなかったのでさっさとお暇しようと駐車場に戻ると、バッチリのタイミングでO石さんがやって来た。
挨拶だけしてお別れ。頑張って下さい。そのまま帰宅した。
 
明日は雨になる予報。大人しくしていよう。そうしよう(以下同文)
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年2月11日 (金)

勇んで出掛けても逆効果か@増沢池-午後の部-

竿は12尺に変更し、餌はいつものグルテンにバラケとしてマッハを少々。そして開始は12時29分。仕掛けが「ナンチャッテ」のままだったので、試しに餌を付けて打ってみたら、空合わせで何と掛かりました!こりゃぁ最初から「ナンチャッテ」で行くと爆釣?しかぁ~し、寄せる途中で外れた・・・。ガクガクッ。その後数投打ってみたが応答なしだったので、目論見の通り「たな」を浅くする。そしてまずは打つ・打つ・打つ。すると、じきにウキがモヤモヤし始めた気がしたので午後の部も1匹ゲットは間違いなしか。既にO合さんは2匹目をゲットしており、O橋さんも午後からドボンに替えて1匹。更にバランスに戻して2匹目をゲットした。裏山の鹿がゾロゾロ。O石さんは貰ったウキで頑張っていたがトップが細過ぎて性に合わない?といつものウキに戻したらあたりを見る事が出来て2回バラシまで漕ぎ着けた。私は次第にウキの動きがなくなるのが不安になって来たものの、今日は「ナンチャッテ」に行かず宙で終わるつもり。そして数少ないウキの動きに1回だけ合ったが、残念齧り(かじり)のようで瞬時バラシた。するとその後はさっぱりのままなので、気分転換にトイレタイム。すると、戻ってみたら湖面が嘘のように凪いでいて、あの汚れも何処かに行ってしまった。これこれ、これが午後のGTだ。何としても1匹釣るぞ。しかぁ~し、2時。O石さんが3時までならやると言うので、私も追従。何としても凸を逃れて帰りたい。2時を過ぎるとO合さんとO橋さんがそろそろ片付け開始。私は懸命に餌を打ったせいか、それとも単に午後のGTなのかウキに動きが見えて来た。O石さんも結果が出て残業の効果ありか。片付けを終えたお二人が背後で岡ジャミ。私はお二人の期待に応えるべくウキの動き(おそらくあたり)に合わせてみるが一向に掛からず。お二人は2時半頃に帰った。お疲れさまでした。残った私とO石さんは懸命にウキを見続けたものの、波が再び出て来てウキの視認性が悪化した事もあって結局何も起こDscf2796Dscf2797らず、3時ジャストに終了となった。O石さんは結果が出て満足だが、私は後半凸で終了はさみしいの一語で片付け。河津桜はそろそろ開花と言っても良さそうだ。とりあえず写真だけ撮ってから2人で駐車場に戻る。体中が凝り固まって痛い。荷物を積んでから3回目のトイレ。そしてまた宜しくと挨拶して解散。私はベイシアへと向かった。
 
勇んで出掛けても裏切られるのが落ち
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

勇んで出掛けても逆効果か@増沢池-午前の部-

昨日の雨はもう残っておらず、今日も気温が上がり風も弱そうと言う事で出掛けました増沢。おっと、今日が祝日だと言う事を忘れていて通院しそうになったのはご愛敬。いつもより早めに駐車場に到着。あっ、O橋さんとO合さんの車が停まっている。まだ9時前なのに早いなぁ。私も急いで池に向かおう。さっさと荷物を降ろして橋まで行くと、看板横には咳払いとF田さんか。定位置にO合さんとO橋さんの姿が見える。ダム?そばにはいつものⅠ藤さん御一行。おっ、日陰側に1人いるぞ。この人は月曜にもいたな。遊歩道を進んでお二人に挨拶。私は前回O橋さんが入っていたところに入る。さあ準備しよう。昨日の雨と関係あるのか、湖面には無数の泡のようなもの。最初は池の真ん中付近にあったが、次第にこちらにやって来た。やいやい、汚いなぁ。さて竿は13尺の底から行くぞ。何としても底で釣りたい(「ナンチャッテ」は除く)。餌はいつものバラグルだDscf2789Dscf2790が、マッハに代えてガッテンを採用した。準備中にO石さん登場。これまた定位置に入った。これでO型ブラザーズ揃い踏みだぁ。私はさっさと底を取り9時39分に開始。ウキの馴染みが少ないのは底を深く取っているからだと思うが、そのまま。そして餌を打ち始める私だったが、予想通りウキは返しもない。と、10時前に早くもO合さんが竿を曲げる。素晴らしいデスネ。今日は晴れの予報だったが、上空雲が多く寒ささえ感じてしまう陽気。相変わらず湖面は汚いまま。ちょっと波が出れば綺麗になるのに。とか思っていると次第に波が出て来た。ウキの視認性が一気に悪化。それでも何となくではあるがウキが返しているように思えて来た。そして10時半頃に遂に出ましたウキの動き。糸ずれのような感じだったものの、へらはいる!やっとやる気になりました。勇んで出て来て凸で帰るのだけは避けたいところ。しかぁ~し、気温が上がらずトイレを我慢出来なくなって、Dscf2791Dscf2792仕方なく11時前に一旦中断。これが床休めになればいいがと思いつつ帰りに紅白の梅を撮って来た。ピントが合っていないのはご容赦願いたい。再開しても波は収まらず。そDscf2793んな中、ウキがモヤっと押さえるような動きを見せたのでスレても良いと合わせてみたら、やった掛かりました!う、嬉しかぁ。やっとバランスの底で釣れたぞ。これで後半はプレッシャーなしで餌を打てる。O石さんが早めに昼食を摂ると言うので、私も真似する。そして12時のサイレンが鳴ってしばらくしてから、シモッたウキがスッと入るのに合わせたら、やった掛かりました!こDscf2794Dscf2795れはグー・グ・グー。しかぁ~し、アッパーでガクガクッ。そして12時20分に餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣2時間半で1匹。とにかく結果が出たので今日はよしとしなければ。さあ、次こそ本命の両グルの宙、何としても1匹。これがミッションだ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年2月10日 (木)

北京オリンピックの事やメダカ

開会式について触れただけの北京オリンピック、競技についても少し書いてみる。

ジャンプの高梨沙羅ちゃん、よほどオリンピックとは相性が良くないのか今回も受難続き。かつての上村愛子さんを思い出してしまった。
挙句の果てに謝罪文まで掲載する始末。一体誰がそこまで追い込んだのか。

フィギュアの羽生君も災難を被ってしまった。4回転アクセルに固執したのが良くなかったのか。かつての真央ちゃんを連想してしまった。
でも頑張って最終的に4位にまで上がったのは素晴らしい。メンタルの強さを再認識した。
そうそう、鍵山君と宇野君のメダル獲得、おめでとう。これは書いておかないと。
 
スケートのショートトラックでは中国と韓国が泥仕合。どっちもどっちの感があるが、今回は韓国に少し分があるような気が。
 
まだまだ競技は残っているので、何かあれば書くつもり。
 
さて、今日は雨だが気温はそれほど下がっていないのか、室内飼育のメダカが珍しく水面近くに上がって来た。
随分久し振りに姿を見た気がする。
ただ、もちろん全てのメダカを見た訳ではない。どうだろう、姿を見せないメダカは元気だろうか。
それと、針子を少し大きくしたくらいの小さいままのメダカが何匹か見える。体力的にしんどいと思われるので、何とか冬を越して欲しいものだ。
 
オリンピックについては個人の感想に過ぎません
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年2月 9日 (水)

まさにゼロか1かの世界@増沢池

今日を逃すと明日から天気が悪くなるので、2週間ぶりに出掛けました増沢。こんな陽気はまずないので、おそらく多くのへら師が来ている筈。入れる場所はあるのかな?駐車場には確かに多くのへら師と思われる車。いつもより早めに家を出た筈なのに、これでも遅過ぎるのか。急いで荷物を降ろして池に向かうと、橋の上から見ても入れそうにない感じ。もちろん日陰側は空いていますが、何か。K田さんが対面日陰側橋の下にいた。看板横と坂の下を恨めし気に見て遊歩道を進むと、いつもの場所にO合さん。昨日Dscf2784は凸だったそうだ。そこから更に進むと、ワンドにはO橋さんともう1人(後でF田さんと言う人だと知った)。階段下と旧流れ出しにも先客。当然ながらダム?そばにはⅠ藤さん御一行。迷った挙句、私はO橋さんとF田さんの間に入らせてもらう事にした。F田さんは好調なようで、私が着いてからも竿を曲げた。さあ準備するとしよう。前回と同じく竿は13尺で段底。餌はセット専用バラケ+夏に「玉」ハード。ほぼ無風で湖面には油膜のような汚れ。ワンドになっているのである程度仕方ないが、でも嫌だ。ささっと底を取っての開始はジャスト10時。どうだろう、前回は全くウキが動かなかったが、今日は大丈夫ではと勝手な思い込みで餌を打つ。が、やはりと言うかウキに動きなし。O橋さんはバランスではあたりが出ないと言う。段底ならそれよりはましではないかと思って選択したのだが、どうやらそれも難しいようだ。ただ時間だけはあっという間に過ぎ去って行く。いつかは忘れたが午前中にO合さんが2回竿を曲げ、1回目はスレだったが2回目に凸を免れた。裏山から鹿がゾロゾロ。私は全くウキが動かないので、とりあえず12時のサイレンが鳴ったら強制終了する事にする。あとはあれしかない。11時半を過ぎた頃にO石さん登場。定位置に入る。私はDscf2785結局1回もウキの動きを見る事無く12時のサイレンで終了した。結果は言うまでもありません。さあ、次が本命の両グルの宙。湖面は凪いでいるのでウキは良く見える。きっと釣れるに違いない。竿は12尺に替え、餌のα21+わたグル+新べらグルテンを作ってからトイレタイム。F田さんは帰った。トイレから帰り、まずは昼食。そしていよいよ開始は12時29分。まずは段底の残りのバラケを使ってバラグルで打つ。う~ん、ウキが動かないぞ。こりゃぁ今日は凸で泣いて帰るのか。いやいやそんな事を言っている場合ではない、とにかく餌を打つ。しかぁ~し、あっという間に1時。既にバラケを打ち切ってしまったので、後は本来の両グルだが相変わらずウキは動かないので、ヤバい今日こそ凸まっしぐらで引き返せない感じ。O橋さんは午後からドボンに替えてすぐに1匹をゲット。どんどんプレッシャーが大きくなる。しかぁ~し、今日は天は我に味方した。1時を過ぎてしばらくした頃に何気なく餌をDscf2786切ると、やった手応えあり!掛かってます。ウキは全く動かなかったので、それくらい餌を吸い込む力が弱くなっているのか。と、ここでO橋さんがウキを替えると言う。ドボンでもウキの大きさが影響するとは知らなかった。奥は深いんだなぁ。で、それに釣られるように私も1時半頃にウキを小さくしてみる。かなり小さいのでオモリがほぼなくなってしまった。そして再開すると、確かにウキの動きが出て来たように感じられた(個人の感想です)が、あたりにはならず。で、最早これまでと私が2時過ぎにやった事、それは「ナンチャッテ」。適当にウキ下を伸ばして多分底に着いただろうと言うところで、餌を付けて打ってみる。すると、餌が底に着いてすぐに返し、これは・・・と竿を持つ手に力が入る。そしてそこから少し返したDscf2787後にチク!やった1投目からあたりました。もちろんシュパッと合わせれば、掛かりましたよ!う、嬉しかぁ。1匹目はあたりを見た訳ではないので、あたりに合わせて釣れる嬉しさよ。もちろん口に掛かってました。まだ餌はあるので、午後のGTに期待したいところ。と、O合さんが終了。O橋さんもそろそろ終わると言う。O石さんは3時頃までならやると言うので、私も頑張ってみよう。しかぁ~し、「ナンチャッテ」の効力は既に失せているのかウキの動きがなくなってしまった。2時半になってO橋さんが終了。O合さんは帰った。そしてO橋さんも帰り、私も3時2分に餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣2時間半で2匹(ただしあたりDscf2788は1回だけ)。凸でなくて良かったぁ。片付け。O石さんも終了した。片付け。すると、ここでザわさん登場だ。何故今頃なのかは不明だが、O石さんと3人で駐車場に戻った。河津桜は一部開花していてビックリ。月曜にはなかったのに。残念写真は撮らなかったが、これからどんどん開花が進むだろう。駐車場で挨拶して解散し、私は家路に就いた。
 
次はいつになる?しばらく間が空くのは仕方ないか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年2月 7日 (月)

デコポンと増沢の様子

遂に1週間以上竿を出さなくなってしまった。
これはマズイと言う事で、とりあえず見に行くだけは見に行ってみようと10時を過ぎているが増沢へゴー!
ついでに浜北の農園でデコポンを買うつもりで。
まずは362の坂を下りる途中の農園でデコポンを購入。
なにせ人気なので早く行かないとなくなってしまうかも。
我が家の分と妹のところに送る分を購入したが、農園の方から昨日(日曜)に発送の依頼が多くあったので今日の発送は難しいかもと言われた。
まあ人気なので仕方ないかもね。
Dscf2780それから増沢に戻ると、駐車場にはO合さんO石さんO橋さんの車。T林さんも来ているようだ。
さっさと橋まで行くと、O合さんは今日は看板横にいるようだ。いつもの場所には入れなかったのかな。
挨拶して様子を訊くと、最近はずっと厳しくて1時半から2時頃にかけてウキが動き、その時に釣らないと凸になるとの事。
今日は1匹掛かったもののスレだった。
そこから遊歩道を進んでO石さんは定位置。このところずっと厳しいようだ。私があげたメダカは生きてはいるものの大きくなっていないとの事。我が家と同じだ。何故だろう。
Dscf2781Dscf2782O橋さんも定位置で今日はまだウキが動かないらしい。竿を長くしても結果は変わらないので今日は11尺。
奥の方ではダム?そばにⅠ藤さん御一行。そばにT林さんが巡回中のようだ。
昼近くなったのでお暇する事に。O合さんのかつてと今の定位置にいた先客2人は帰った。厳しい事に変わりはない様子。
Dscf2783皆さんに順番に挨拶して車に戻る。今日は好天だが風は冷たく水もかなり冷え込んでいるようだった。
ただ、河津桜の蕾は膨らんで綻びかけている感じ。あと少しで花を見られるかも。

明日は行けたら行きますと言っておこう
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年2月 5日 (土)

イマジン

北京オリンピックの開会式、生で観る事はなく今朝の再放送で観てみた。
結構な金が掛かっていると思われる演出には感心したが、途中であの「イマジン」が流れた時にはひっくり返ってしまった。
イマジンだと?まさにおまゆうだ。
世界が一つになるって、まさか本気で言っているのか?今のウイグルの状況を見れば、まさに自虐なのかそれとも大掛かりなパロディなのと問いたくなる。
逆に、ひょっとしたら中国が世界を支配して1つの国にするとでも言うのか?怖くなるわ。
 
もう何も言う事はありません
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年2月 3日 (木)

スマホがやばい

買ってから5年くらい経った私のスマホが、いよいよヤバくなってきた。
いかれるのはやはりバッテリーのようで、フル充電すると表示が100%から落ちず、1日経ったくらいで使おうとするといきなり0%になって落ちるのだ。
普通なら3年程度で買い替えになるらしいのだが、物持ちがいい私はだましだまし使って来た。
だが、これではいつ充電がなくなるのか全く分からないので困ってしまう。
いよいよ買い替えを迫られるのか。
待てよ、NTTコミュニケーションなら1円で手に入れる事が出来るかもしれない。
どうせ最新の機能を期待している訳ではないので、例え型落ちでも1円なら充分だろう。
う~ん、悩むなぁ。まだ使えない事はないんだし、モバイルバッテリーを繋いでおけば何とかなるし。
と言う事で、今日も決断をずるずる延ばす私なのだった。
 
相変わらず寒いのでなかなか釣行出来ないでいる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年2月 2日 (水)

またも無駄な買い物?

今日届いた中華製ひげそり。アリ・エクスプレスで購入した。
安定の中華スタイル梱包。開けてみれば包装の段ボールもつぶれている。
Img_20220201_114753Img_20220201_114937まあ、中が壊れていなければノー・プロブレム。それくらいの気持ちでないと買えないよ、中華製は。
便利なのは、今荷物が何処にあるかというのが郵便追跡で分かると言う事。シリアルナンバーが振ってあるのでそれで分かる。何と言ってもあの国から買うのだから怖い怖い。
Img_20220201_235344取説は英語だったので何とか分かるが、まあひげそりなどそんなに変わった使用法はないのでそれくらいでいいだろう。
充電後早速使ってみたが、新品のため恐る恐る当てたせいか、あまり剃れていない気がする。
私のひげがあまり伸びていないからかもしれないので、もう少し放っておいてから試してみよう。

そうしよう、双子葉植物。
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »