« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月29日 (金)

今朝のメダカ

どうやら孵化は一段落したようで、今朝も1匹針子を見つけただけ。
まだ卵は残っているが、白カビにやられているのか孵る様子はなさそうだ。
水道水ではなくメチレンブルーを入れておけばと今更のタラ・レバ。
メチレンブルーはネットで購入したのだが、買った後でジャンボエンチョーに行ったら売っていて、しかも送料を引けばずっと安かった。こちらも確認しておけばと言っても仕方ないタラ・レバ連発でした。
Img_20220429_091432Img_20220429_091738新たな発泡スチロール容器では今のところ元気な針子を見ることが出来る。
今朝はかなり冷え込んでいたが、それでも外のガラス水槽では産卵が進んでいるようで、卵を十数個取ってトロ舟に入れておいた。
こちらの方はなかなか孵った針子を見る事がない。まだ早いのか、それともダメなのか。
今日は昼頃から雨になるとの予報。外ではどうしても雨水が入るので、水温の乱高下は卵にとっても針子にとってもキツイ筈。何とか頑張って孵って欲しいものだ。
 
連休中は何とか晴れの日があるようだ。竿を出す機会はあるかな?
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年4月28日 (木)

やる気が空回りで退散@増沢池

今日は曇りのち晴れの天気に、前回並みの結果を期待して増沢へゴー!昨夜は9尺と12尺の仕掛けも作った事だし、今日は爆釣だぁ。
北の空は今にも泣き出しそうだが、予報が晴れると言っているので晴れるのだろう。
しかぁ~し、モクレン通りをひた走っていると、ふと先日買ったグルテンその他の餌をまるまる家に置いて来た事に気付く。
ゲゲッ、何故だ。しかもその事で頭が混乱していたのか、気が付くといつも昼食を買うコンビニも通り過ぎていた。アウト!
Img_20220428_092846Img_20220428_093911最早やる気はなくなり、でもここまで来たらせめて増沢の様子くらいは見て帰ろう。それと他の餌でやってもいいかもと少しだけ前向きになったその時、今度は毎日飲まなければならない薬を飲み忘れた事に気づいてしまった。
もうダメだ。先日道具をフルで積み忘れた事があったが、その時は一旦帰って再度ゴー!が出来た。でも今日はやる気が全然戻らない。様子を見るだけ見て帰る事に再度決定だ。
駐車場にはO橋さんO合さんK田さんお三方の車。
K田さんは日陰側橋の下(した)。O橋さんは珍しく看板横に入っていて、私が橋の上(うえ)から見たらちょうど竿が曲がっていた。坂を下りてK田さんO橋さんに挨拶。そして遊歩道を進んでO合さんにも。
へら師は総勢7人ほど。予報とは違って本当に空は泣き出しそうだ。
見ていても虚しくなるだけなので、さっさとお暇して帰宅した。
天気が良くなるのでメダカの面倒でも見る事にしよう。そうしよう(以下同文)。
 
明日は天気が悪くなるけど、行けたら行きたいなぁ
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2022年4月27日 (水)

孵化爆発!?

2匹が孵化したあとはしばらく空きがあって、最近1匹孵化したのでおやおやと思っていたら、今日は一気に孵化が進んだようだ。
少なくとも20匹くらいが一斉に孵化。水温の影響が大きいと思われるが、まだ洗面器3つにある卵(一部はカビにやられているが)は数十個以上あるので、まだまだ孵化は起こると思う。今も卵はどんどん産まれているので。
早く予定通り室内ガラス容器から外のトロ舟に移さないと今後が思いやられるが、最近の天候ではなかなか出来ない。
今朝も昨日の雨で外のガラス水槽とトロ舟2つの水量を確認したら、ガラス水槽は元々100リットル入るのに加えて上部のほとんどを覆っているので多少水深が上がったくらいだったが、トロ舟はオーバーフロー用のスポンジが用をなしておらず1つが溢れていた。
とりあえず水位を下げるために汲んでは捨てておいたが、明後日からまた雨になるので連休中に移動させる事にしよう。
それと、それまでの間の針子は新たに発泡スチロール容器を用意して対応する事にする。
 
それにしても、予想していた事とは言え厳しい状況になって来た
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

午後になると状況が一変!私には両グルが合ってる?@増沢池-午後の部-

不安に駆られながら再開すると、何と言う事でしょう、2投目であたり!そして掛かりましDscf2994Dscf2995た!もう何でもいいが釣れたぞ。しかも地べらだ。さっきまでの両ダンゴは一体何だったのか。するとそれからじきに2匹目。オイオイ、どうなってるの。更にしばらくして3匹目。ここまで全てが地べらだ。まだ開始Dscf299630分も経っていない。それに引き換え・・・と午前中の体たらくを嘆くばかりだ。しかぁ~し、やはりグルテンだけでは寄りを保つのが難しいのか、ウキの動きが弱くなって来たところへ隣のS我さんが竿を曲げるのが見えて、つい「ナンチャッテ」へと移行してしまう私がいた。時刻は12時頃。ウキの馴染み具合を見て適当に「たな」を合わせて再開すると、ちょっとウキがDscf2997Dscf2998見辛いもののウキが動いているのが分かり、俄然やる気が出て来た。するとウキがモヤと動くのに合わせれば掛かる掛かDscf2999る掛かる。12時半までに地べらばかり3匹を追加すれば、午前中には思いもしなかった第2目標に到達したぞ。しかも時間5匹もクリアだ。ホントこれ、今日は午前中から底でやっていればと、またもや無駄なタラ・レバ。いやいや今日は宙で通すのがミッションだった。それをたまたまうまくいったからと言ってもなぁ。午後になると太陽の位置が良くなってウキに陽が当たるようになり、視認性が一気に向上。すると、ウキがモヤモヤしているのがよりDscf3001Dscf3002ハッキリと見えるようになった。が、これは放流が寄って来た証。ここからは放流が主体のあたりとなってなかなか合わなくなってしまう。それでも1時までに放流ばかり3匹をゲットすれば、いよいよ単独での第3目Dscf3003標にリーチだ。何度も言うようだが、午前中は一体・・・(以下省略)。隣のS我さんも好調を持続しているようで、いいペースで竿が曲がっているようだ(個人の感想です)。対面のお二人は良く分からない。そして1時を過ぎると再び地べらに戻って第3目標クリア!もう何も言う事Dscf3004はありません(そりゃそうだ!)。このまま行けばまだまだ釣れるぞ。ひょっとして夢の20もありかな?しかぁ~し、餌がもうない。まだ1時を回ったところ、餌を作ると言う選択肢もあるが、もういい。充分でしょう。しかぁ~し、ウキの動きはガシャガシャして空合わせのつもりがスレてしまうくらいだったのが、次第に静かになって来たので餌を打ち尽くしたところで終了Dscf3006Dscf3007するのがいいかもね。そうしよう(以下同文)。そして1時半までに1匹、1時半を過ぎてもう1匹(上がりベラは放流)釣ったところで餌が尽きた。時刻は1時41分。結果、午後の部では実釣2時間10分で12匹!放Dscf3008流混じりとは言え、これは気持ち良い。しかも両グルの宙が3匹に底取りが適当な「ナンチャッテ」で9匹だ。日陰なので汗がそんなに出なかった。片付け。そして隣のS我さんや対面のお二人に挨拶して車に戻る。今日は東海釣り具に餌を買いに行く予定なので早めの終了でもノー・プロブレムだったのだ。そうそう、ついでにサルカンも買わねば。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
移動の途中に左腕が攣ってえらく痛い目に遭った
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

勇んで出掛けても散々の結果@増沢池-午前の部-

今日は雨の間の晴れと言う事で、これは出掛けない訳には行かないでしょう。メダカに餌をやってから、いつもより多少早めに家を出る。既に暑い。駐車場にはO合さんとO橋さんの車。今日は最初から日陰側に入るつもりだが、お二人は何処にいるのかな?さっさと荷物を降ろして池に向かうと、お二人はいつもの場所。まだ着いたばかりなのかO合さんがO橋さんと話し込んでいる。挨拶してさあ今日は思うところがあって宙で通すぞ。準備しよう。竿は9尺で餌はグルバラ・マッハ。午前の部は何が何でもこれで通すつもり。時間帯なのか湖面には対面の緑が写り込んでちょっとウキが見辛いかな。開始はDscf29929時22分。O合さんも釣り座に戻って準備中だ。さて、予想通りと言うか餌の持ちが悪そうだ。仕方なく手水で混ぜ混ぜするがそんな事では解消しない。結局前回と同じように押し練りまでしてやっと思うような馴染みを出せた。時刻は開始30分を過ぎて10時。どうだろう、対面は底で釣れてるのかな。私の方はやっとウキが動き出した感じだが、何と前回と同じようにウキは動かないのにハリスが絡む。そして数回絡むと解くのが億劫になり、総交換しようとサルカンのところでハリスを切ったら、何とサルカンが切れてしまったではないか。OH MY GOD!ここで考えた。竿を11尺に替えるか、または11尺の仕掛けをつぶして9尺にするか。私が選んだのは9尺の仕掛けを作る事。しかぁ~し、ウキ止めを通してサルカンを結ぼうと思ったら、何とサルカンの在庫がないではないか。今になって・・・。先に材料を確認すべきだったのにとは、今更のタラ・レバ。最早やる気もなくなってしまった。対面ではトイレタイムのO橋さんがO合さんと話しているが、それによるとO合さんは放流混じりではあるが既に5匹をゲットしているとの事。私はまだ1匹も掛けていないのに・・・。結局9尺の仕掛けは後で作る事にして、竿を11尺に変更する。時刻はちょうど開始1時間。しかぁ~し、ハリス長が30数センチ+45センチくらいと両ダンゴにしては(私にしては)ちょっと長くて餌が持たないのではないかと思ったが、既にやる気を失くしているのでそのままで再開は10時37分。うわっ、さっきよりウキが見難いぞ。それでももうどうでもいいと再開すると、遠くて見難いがウキがモヤモヤし始めたか。だがあたりにはならず。やる気もないので昼食を摂りながら餌打ちすると1回だけあたりに合ったがバラシた。岡ジDscf2993ャミに来ていたK田さんが帰った。O合さんは午前中だけで7匹をゲットしたと言うから裏山から鹿がゾロゾロ。結局1匹も釣ることが出来ずに午前の部は終了となり、虚しく次の準備。時刻は11時24分。柳の木の手前には昼前からS我さんが入っている。9尺底で最終的には結構な数を釣ったようだ。竿と仕掛けは変わらないので、私はα21・わたグル・新べらグルテンの餌を作ってからトイレタイム。帰って再開は11時31分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

針子誕生!

このところ天候不順でメダカの卵も孵るか孵らないか不安だったが、今朝見たら2匹が孵っていた。
早速針子用容器に移し替えたが、1匹の動きが悪い。底に沈んだままだ。
もう1匹とは大きさに違いがあるので、まだ孵ったばかりなのかもしれない。
とりあえず針子用の餌をちょっとだけ入れて様子見とした。
他の卵はと言うと、ほとんどが目が出来ているものの、何個かが固まってしまったところには白カビが生えているところもある。
どうしようかな。水を入れ替えようかな。
 
明日から再び天気が下り坂。メダカの移設が止まったままだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

今年初めて「かつてのいつもの場所」に入った?@増沢池-午後の部-

さて、タイトルの今年初めてはひょっとして間違いかもしれない。寒い時に1回入ったかもしれない(ん?)。まあいいや、そこは。餌を打ち始めるとウキの馴染みがほぼ出ない事に気付く。前回はカルネバが入っていたのでボソでも多少は持ちが良かったのかもしれないが、今日はダメだ。で、指でコネコネしたり一部を押し練りしたりしてやっと1時半Dscf2987頃にウキが馴染み始めた。だがしかし、今度は持ちが良過ぎてカラばかりになるという事も。難しいなぁ。すると、確かにウキの動きも出て来てあたりに合った?のだが、これがスレでガクガクッ。底ではあたりに合った場合は100%食っていたのに(これホント。ダメな場合はバラシもあったがほとんどはカラ)、宙は最初からこれかよっ!だがしかし、腐らずに餌を打ってDscf2988いたらそれからじきの2時10分前に今度こその1匹目。ようやくトータルでの第3目標に到達したぞ。そして2時を迎える。開始1時間でたった1匹とは辛過ぎる。もう少し何とかならないものか。午後になっても風・波は止まずウキがかなり流されてしまう。出来るだけ右に打って餌が抜ける頃に正面に来るようにしたかったが、風の影響で(単に私が下手という事)ウキの立つ位置が一定しない。ただそれでもウキは動くので、上手に対応出来ればそこそこの結果にはなったと思う。2時を過ぎてO合さんが終了。今日はジャスト10匹だった。素晴らしいデスネ。またS我さんも終わったようだ。お二人ともお疲れさまでした。また宜しくお願いします。さて、O石さんもそろそろ終わるか。私はまだ餌があるので、それを打ち切るまでは帰れまテン!しかぁ~し、ハリス長が20数センチ+30数センチであるにも拘らず絡む事数回。遂に解けなくなってハリス交換のタイムロス。更にズバッ!とウキDscf2989が消し込んでのハリス切れ(決して合わせ切れではありません!)と、ここに来てトラブル連発。だがここを堪えて打ち続ければ、午後のGTかもしれないが2時半近くになってやっと2匹目。ここで片付けを終えたO石さんが帰った。お疲れさまでした。また宜しくお願いします。さて、2時半を過ぎて餌もいよいよあとわずか。ここでシモッたウキがスッと入るのに何気なく合わせたら、やった掛かりました!これがあの「上がりべら」って奴でしょう、きっと(倒置Dscf2990Dscf2991法)。そしてその後はさっぱりのままで2時56分に餌が尽き、無念の終了となった。結果、午後の部では実釣1時間50分余で3匹。トータルでは実釣4時間余で12匹かぁ。前回には届かなかった。片付け。かなり疲れている。ヨロヨロしながら片付けを終え、よたよたしながら車に戻る。もうグッタリなので何処へも寄らずに帰りたい。さっさと荷物を積みさっさと帰宅した。
 
次回は午後の部は両グルに戻してみようか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

今年初めて「かつてのいつもの場所」に入った@増沢池-午前の部-

昨日からの雨も止んで一気に蒸し暑くなった。心配していたトロ舟だったがオーバーフローはしておらず、まずはホッ。メダカに餌をやってから通院し、その後増沢へゴー!何とか10時半までに開始したいが、ちょっと難しいか。駐車場にはO合さんの車。日陰に停めるとちょうどO石さんが車から荷物を降ろしていた。挨拶して何処に入るかと訊くと、いつもの橋の下(した)と言うので、私はさっさと橋の左から降りて「かつてのいつもの場所」に進む。いつもより水位が上がっている。日陰側なので太陽の直射がなく、過ごしDscf2975Dscf2976易そう。対面O合さんとこちら側橋の下(した)のK田さんに挨拶し、さあ準備だ。あまり考える事なく11尺の底から入る事に。餌もいつものバラグル。底取りはちょうど背後の木の影が邪魔になって取り辛かったが、何とか出来て開始は10時32分。ギリギリセーフ。そうそう、私とK田さんの間に1人先客がいた。対面橋の下(した)にはO石さん、看板横の浅場側木の下にはS我さんが入った模様。さて、私の準備中にO合さんが竿Dscf2977を曲げたしK田さんは既に4匹をゲットしているので、ウキの動き出しは早いと安心していたら、これがさっぱり。焦るゼ。それでも開始15分くらいであたり!そして1匹目ゲットだ。これで一安心。さあどんどん行こう。ただ、何故かウキの返しが出難くいきなりのあたりが多かったのは前回と同じ。11時を挟んで2匹をゲットすれば、こりゃぁ「つ」抜けなど楽勝だと楽観的Dscf2978Dscf2979になる。が、そこから少し間が空いて、また次第に上空雲が多くなると共に風・波も出て来てウキの視認性が悪くなるし流されてあたりも遠くなった気がした。でも特に対策する事なく11時半近くになって4匹目をDscf2980ゲットするものの、どうやら放流のようだ。ホント、ブルーかと思ったよ(トホホ)。さあ、第3目標はちょっと難しくなった感じだが、とりあえず第2目標にリーチとなったのでそれはクリアしたいところ。ただ4匹目から明らかなように放流が混じり出したのか、ウキの動きに合わなくなって来た。で、まさか底が合っていないかもと開始1時間後の11時半頃に再度底を取る。合ってた(やれやれ)。やはりあたりに合わないのは放流のせいだろう。すると、5匹目Dscf2981Dscf2982は再び地べら。いいんじゃない?ただ、しばらくして再び放流をゲットしたので、対策として餌付けを小さくしようと思ったが、別に放流を釣るつもりはないのでここはそのまま普通に行こう。そうしよう、双子葉植物Dscf2983(MS氏お気に入りのフレーズなのでちょくちょく使います)。すると12時のサイレンと共に7匹目。どうかな、第3目標は行けそうかな。昼食を摂りながら続行すると、またもやウキの動きががちゃがちゃし始めあたりらしきウキの動きに合わなくなってくる。クーッ、辛いゼ。私とK田さんの間にいた先客は午前中に帰った。釣れたかどうかは不明。そうそう、K田さんはずDscf2984っと好調だったが穂先を抜かれて意気消沈。昼過ぎに帰った。まあまあ釣れたと言うから「つ」抜けは達成したに違いない。お疲れさまでした。また次回宜しくお願いします。さて、8匹目をゲットしていよいよ第3目標が近付いたかと思ったら、予想はしていたが午前中のGTはどうやら放流がメインのようで一向にあたりに合わなくなる。12時半を過ぎ、餌も残り少ない。第3目標は断念すべきか。しかぁ~し、ラス前にやっとあたりに合って9匹目はもちろんDscf2985Dscf2986放流でした。そしてそのまま餌を打ち切って終了は12時49分。結果、午前の部では実釣2時間15分強で9匹(うち放流3匹)。途中からウキがかなり流されるようになったが、第3目標には届かなかったもののまあまあの結果でしょう。次の準備は後にしてまずはトイレタイム。近くて楽になったが、勾配はきつくてしんどいぞ。戻って次の準備。もちろん両ダンゴの宙ですよ。竿を9尺に変更。餌はガッテン・天々・マッハと前回とは変えてみた。そして再開は1時3分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

暑い中看板横で@増沢池-午後の部-

ここでようやく昼食。ザわさんに断って食べながら餌打ち。すると、数投後に私が手離しの状態で消し込みが出た!ビックリしたが合わせる余裕などない。さっさと食べ終え再開するが、竿を持つとウキの動きが悪くなってしまう。ザわさんからは手を離すようにとか余所見をするようにと言われるが、もちろんやってもあたりは出ません。そして開始30分が経とうとする頃にO石さんがトイレタイム。と、それに合わせるようにザわさんも岡ジャミを終了し、2人で駐車場方面に向かった。私は何とかお二人がいるところで竿を曲Dscf2968げたかったが仕方ない。と思ったら、お二人が橋の上で喋っているのが聞こえて来たジャスト1時にズバッ!で1匹目ゲット。やれやれ、これで両ダンゴでやった意味があったと言うもの。しかぁ~し、そこから先が本日のハイライト。なんとウキは毎回のように動き、またあたりらしき動きも見せるのだが、これが一向に掛からないのだ。しかも1時半近くになってスレを連Dscf2969_20220420232901Dscf2970_20220420232901発。これは効きました。開始1時間でまだ1匹の体たらく。更にその後はほぼ毎回のようにあたるのだが、全く掛かりまテDscf2971ン!かろうじて2時までに1匹を追加するものの餌の経時変化には付いていけず、手水とグルグルに加えて練り練りもしてみる。すると、2時を過ぎて午後のGTが関係するかもしれないが、ポツポツと2匹をゲットした。2匹目はちょうど終わって帰る途中のO橋さんが様子を見に寄Dscf2972Dscf2973ってくれた時。見てもらえて良かったぁ。そして2時32分に餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣2時間で4匹。あたりの数から言えば底の時より圧倒的に多かったが、結果は寂しいもの。何らかの工夫があれDscf2974ばもっと釣れた筈。トータルでは実釣4時間40分で14匹。宙ではいい勉強をさせて貰ったので、次回も両ダンゴでやるぞ!片付けを終え、2人で駐車場に戻る。そして挨拶して解散。私はいつものベイシアへと向かった。
 
明日からしばらく天気が悪いので、メダカの移設はおあずけだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

暑い中看板横で@増沢池-午前の部-

今日を逃すと明日から天気が下り坂。と言う事で、メダカの移設は後回しで今日は増沢へゴー!久し振りに早く出られたので、開始は9時半頃になりそうだ。駐車場にはO橋さんの車。急いで荷物を降ろして橋を渡る。そして坂を下りる途中に考えた。今日は看板横にしよう。後半宙をやるつもり(しかも両ダンゴで)なので、いつもの場所ではO橋さんに迷惑が掛かりそうだ。で、荷物を置いてまずはO橋さんに挨拶。昨日はO合さんもDscf2955Dscf2956好調だったようで、お二人とも13匹だったとか。今日も既に1匹で、ウキも動いている。よし、これなら今日は行けそうだ。さっさと看板横に戻って準備開始。竿は11尺のセットの底で行くぞ。餌はいつものバラグル。水の色が悪い上に既に暑い。O橋さんは傘を差していたくらいなので、かなり暑いのは間違いない。これなら対面日陰側でも良かったのでは?ただ、へら師は私を含めて5人。この陽気で何故だろう。準備中にK田さん登場。今日は階段下で6尺底をやるらしい。昨日は流れ込みで10以上出たとの事。ますますやる気になって来たぞ。ささっと底を取っての開始は9時24分だ。しかぁ~し、予想に反してウキは動き出さない。まあまあ、そんなに早く動く筈もないか。で、とにかく打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、何故か根掛かり発生。しかも複数回。前回はそんな様子はDscf2957なかったのに、きっと水草が生えて来たのだろう。仕方なく釣り台を少し左に移動。時刻は大体開始30分後くらい。すると、何と言う事でしょう、いきなりウキが返し始めたではないか。そしてムズッといあたり?で10時までに1匹目ゲット。いやぁ、嬉しいなぁ。ウキの動きは相変わDscf2958Dscf2959らず出ないものの、10時を過ぎてポツポツと10時半までに2匹をゲット。返しはなかなか出なくていきなりあたるので大変だ。それに時間あたり5匹も出来ないし、O橋さんやO合さんのようにはならないか。10時半頃にO石さん登場。O合さんが来ないのは昨日の爆釣?で腕が疲れたからでは?Dscf2960Dscf2961と言っていた。と、O石さんがへらを連れて来てくれたのか、O石さんが来て時期に4匹目。そしてほどなく5匹目だ。開始1時間を過ぎてはいるが、とりあえず第2目標には到達したぞ。ただ、未だにウキが返すDscf2962場合はあたらず、あたりはいきなりは変わらない。それと、まだ4月なのに糸トンボが出て来た。気にしないようにしようと思っても気になるぅ。それからじきに6匹目をゲットして好調は持続している?しかぁ~し、ここからウキの動きが一気に悪くなる。ほぼ動かない。時間的には午前中のGTが近づいているのに、何故だ?遂に11時。で、ここは「床休め」でトイレタイムとしよう。ハアハア言って戻り再開すると、確かに「床休め」は効いたようで再開第一投であたり!しかぁ~し、カラでガクガクッ。それでもめげずに餌打ちを続けると、しばらくDscf2963Dscf2964して7匹目。そして11時半を過ぎたところで8匹目ゲットだ。この調子なら第3目標も夢じゃない?そんなところにザわさん登場。最近はあまり竿を出していないらしい。今月末には西大谷で大会があり、それがmasaさんの会の例会にもなっているので、それには参加したいと言う事だった。さ、あ、いよいよ第3目標が見えて来たぞ。しかぁ~し、釣り座を移動したにも拘らず、再び根掛Dscf2965Dscf2966かりが発生。で、餌打ちは餌を遠くに落とすように心がけると12時を挟んで2匹をゲット。遂に第3目標クリアだ。ザわさんが見ている前で釣れたのも嬉しい。それからしばらくして餌が尽き、午前の部は終了となった。時刻は12時13分。結果、午前の部では実釣2時間40分で10匹。ウキが動かDscf2967ない割には釣れた方では?さあ、次は宙。しかも両ダンゴだ。いつもと同じ両グルでは芸がない。竿を9尺に替え、ハリスを35cm+50cmくらいから25cm+35cmくらいに変えたつもりだが、実際はもう少し短くなったようだ。餌はガッテン・天々を2:2とカルネバ1に水1。そして再開は12時30分ジャスト。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年4月19日 (火)

遂に始動!

天気が回復して来たので、まだちょっと早いかもと思いながらもトロ舟(今まではプラ船と誤記)2つを外のガラス水槽の隣に設置した。
水量は大体1つに30リットルくらい。オーバーフロー用の束子もセットして準備万端。
セリアで買った110円の簾も用意して、余計なゴミとか入らないよう覆った。
そして片方には今日採取したばかり(底を浚った際に拾ったものも含む)の卵を入れておく。これが孵るかどうかは分からないが、しばらくは毎日ここに入れる事にする。
2つとも大体一週間くらい放置して塩素が抜けて水がこなれるのを待つつもりだが、木曜からまた雨になりそうなのでどうなる事やら。
今まで採取した卵はこちらに合流させずに室内の洗面器で様子を見るつもり。孵る前にガラス水槽からトロ舟に今いるメダカを移し、空いたところに発泡スチロール容器のうちの1つのメダカを移し、空いた容器に針子を入れるという作戦。
しかぁ~し、雨でガラス容器からの移設が遅れると先に孵ってしまう可能性があるので、その場合も考えておかないと。
 
明日は竿を出せたらいいな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年4月17日 (日)

昨夜と今日の事

Img_20220416_192923昨夜はピンクムーンとかで、MS氏からラインがあった。
しばらくすると忘れていたのだが、ふと思い出して窓を開けたら月が見えた。
が、特にピンクに見える訳でもないし、何故ピンクムーンなのか分からないまま写真を撮ろうとしたら、あまりに遠いせいかスマホではピントを合わせられない。結局ピンボケのような1枚をゲット。
さて、今日も天気は悪い。何となく憂鬱で何かやる気になる事もないが、それでもメダカの卵取りはやった。
午後になって暇だからと今度は水替え。室内ではいつもながらのやり方で。
早くプラ船にガラス水槽の連中を移動させたいが、この天気ではちょっと。
外も特に変わりなく底を浚ったら、何とまたもやプロホースの逆流防止弁のところに卵が溜まってしまった。
大体100個近くある感じで、繊維のようなもので固まっているのでこれを丁寧に解していたのだが、段々面倒になって適当にバラシて良しとした(オイオイ)。
明日も天気は悪そうなので、移動は無理そうだ。その間に卵が孵らない事を祈るだけ。
 
釣行もしばらくは無理か
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年4月15日 (金)

ニトリで買い物

Img_20220415_164015テレビCMを見て気になっていたニトリの枕を買って来た。
価格もそれほど高くないし、これでいびきの緩和に効果があればと思って。
それにしても上手に詰め込んであるなぁ。
一旦開けばもう元の箱には入らないだろう(まだ出してないけどね)。
さあ、明日は天気も回復しそうなので、メダカの面倒でもみようかな。
 
今日も卵を数十個。トータルでは幾つになるのやら
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

今日のメダカ

前に取った卵は一向に目が出て来ないのでダメだと思っていたら、今朝改めて見ると幾つか目が出ている。
で、それらを隔離して古い水とゴミを捨て、元に戻しておいた。
更に外のメダカに餌をやりに行ったら、産卵床にかなりの量の卵が産みつけられているではないか。
ざっと数十個。これから毎日この量の卵が産みつけられると、一体何個の卵の相手をしなければならなくなるのか。ちょっと考えただけで怖くなる。
でも、せっかく出来た命なので大事にしてやりたい。ザわさんから言われて今年はもう卵を取るのは止めようと思っていたのだが、MS氏も言っていたように、見つけてしまうと親に食べられないように親から離してしまう。
で、誰か卵の段階で貰ってくれる人がいればと思う。
去年は稚魚の一部をO石さんが引き取ってくれた(幸い皆年を越したようだ)が、O石さんのところでも卵が産まれているので今年は無理かな。早くプラ船を稼働させないと。
Img_20220413_091114Img_20220413_091157ところで、100均のセリアでメダカ用品を売っていると YOUTUBE で見たので、昨日の帰りにちょっとだけ買って来た。
それがこれ。スポイトは2つ買ったので、全部で550円。あと、ちょうどいい寸法の簾も売っていたので、次回買ってこよう。そうしよう、双子葉植物。

P.S.今日の午前中、出掛ける用事のついでに簾3つと雨が降った時のオーバーフロー用のスポンジを買って来た。簾は台風が去った後から使う事にする。
 
今週末は台風の影響で釣りは不可
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年4月12日 (火)

連荘で釣行するも@増沢池-午後の部-

竿は9尺に変更し、餌はいつものグルテンにバラケとしてマッハ少々。さあどうかな?昨日はパッとしなかったが、今日こそ爆釣の再来があるかも。まずは1匹だが、トータルでの第3目標(4匹ゲットで)、更に単独での第2目標くらいを考えても良さそうな気がするぅ♪餌打ち開始は1時2分。最初はバラケを付けて打つ・打つ・打つ。う~ん、何となくウキがモヤモヤし始めた気がするが、あたらないなぁ。その後も時折あたりが出てもカラをDscf2948Dscf2949繰り返すと1時半を過ぎてズバッ!やった1匹目ゲットだ。するとそれからじきに2匹目。オイオイ、調子が出て来たのか?Dscf2950Dscf2951そして2時前に3匹目。次第に大きなあたりではないウキの動きで掛かるようになって来た。ただ続かない。ポツーリポツリと言う感じで2時を過ぎて4匹目。やったとうとうトータルでの第3目標に到達したぞ。K田さんは早めに帰った。結果については聞けなかった。お疲れさまでした。また宜しくお願いします。そして2時を過ぎたのでO合さんが終了。午後は1匹だったとの事。大体午後にはあたりがなくなるとも。そしてO橋さんもいつもよりは長めに打っていたが終了。8尺の仕掛けのオモリから下を取られて、竿を10尺に替えてから調子が狂ったらしい。私はDscf2952Dscf2953午後のGTなのか、2時半までに2匹を追加。これで単独での第2目標もクリアしたぞ。そして昨日と数では並んだ。まあまあかな。そして2時35分に餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣1時間半強で6匹。トータルでは実釣3時間40分強で12匹。上出来でしょう。片付け。O合さんは帰りDscf2954O橋さんも片付け中。へら師は日向側ではO石さんだけになってしまった。日陰側ではまだ数人残っている。先に片付けを終えたので、O橋さんには先に行きますと言って遊歩道を進む。O石さんに話を聞くと、今日はウキが動かなかったとの事。これからトイレタイムの後にもう少しやって行くと言う。一緒に橋を渡ったところで挨拶して解散。私はベイシアではなくセリアに寄ってメダカ用品を買って帰った。
 
明日は行きません。連続釣行はしんど過ぎる
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

連荘で釣行するも@増沢池-午前の部-

昨日帰り際にO合さんから明日も来るようにと言われたのが頭に残っていて、今日も通院後に出掛けました増沢。大体10時半頃に開始出来ればと思いつつ車を停めると、O橋さんとO合さん、そして今日は早く来て日陰側橋の下(した)に入ると息巻いていたK田さんの車ハケーン。既に気温は上がっていて暑いくらいだ。さっさと荷物を降ろして池に向かう。橋の上(うえ)から見るとK田さんが真下に見える。看板横と坂の下は空いているが、今日はいつもの位置で爆釣を狙うつもり。まずはO合さんに挨拶。11尺底で今Dscf2939Dscf2940日もウキが動かないとの事。更に進んでO橋さんのところへ。8尺底で1匹出たがトイレタイムで状況がクリアされたらしい。さあ私も準備しよう。ちょっと迷ったが竿は11尺でバラグルのセット(底)から入る事にする。餌はいつもの。あまりに暑いのかO橋さんは傘を出している。私は面倒なので余程の事がない限り傘は出さないつもり。ささっと底をDscf2941取っての開始は10時31分。大体予定通りだ。とりあえず餌を打つ・打つ・打つ。すると、数投でウキに気配が。そして1目盛カチッと入るあたりで1匹目は開始10分経っていない。これは素晴らしい。でもあまり早くに釣れるとその後がないのが私の常。で、へらが寄っているのかDscf2942両グルで打ってみると、なんと「掛かってます!」で2匹目ゲットは開始15分。これは大丈夫か?こんな早くに両目が開くなんて。O合さんO橋さんも竿を曲げているので、こうなると夢は単独での第3目標とグングン膨らむ。すると、ほどなく3匹目ゲット。まだ開始30分経っていなDscf2943い。ほらほら目標の上方修正が出来そうだ。しかぁ~し、そんなヴェリースイートな考えはすぐに吹き飛ぶ。ここからウキの動きがほぼなくなり、たまにあたりが出ても全てカラ。もちろんウキ下の微調やら餌付けの変化等、私の思いつく対応はやったつもりだが、さっぱりのまま11時を過ぎる。O合さんもウキが動かないと言うのだが、O橋さんは我が道を行くと竿を曲げDscf2944る。う、裏山鹿~。あっという間に開始1時間。最初の勢いは何処へやら。しかぁ~し、ひょっとして午前中のGTが来たのかもと思えるウキの動きが出て来て、再度の「掛かってます!」でやっと4匹目は3匹目から約1時間。いやぁ、長かったなぁ。すると、まさに地合だけの男の面目躍如、それからしばらくして5匹目ゲット。第3目標には及ばないが単独での第2Dscf2945Dscf2946目標に到達したぞ。そして12時のサイレンが鳴る最中に6匹目!これは素晴らしい。ここで一旦トイレタイムとする。途中坂の下にO石さんがいたので様子を訊くと、とりあえず1匹は出たとの事。遠くK田さんは早起きは3文の得とばかり好調をキープしているようだと後でO合さんから聞いた。釣り座に戻り、床休めを期待しながら昼食を摂りながら餌打ちを再開すると、1投目こそウキがズルッと入って床休めの効果が期待されたが、その後は次第にウキが動かなくなる。Dscf2947更に両グルで打つとウキに動きが出てあたりらしきものも見えたが、これが一向に掛かりまシェン。クーッ、辛いゼ。そして虚しく餌を打ち終えたのが12時52分。トイレから帰ってほぼ1時間、何もなかったのと同じだ。これは辛い、辛いですよ。全くの尻すぼみだ。結果、午前の部では実釣2時間10分余で6匹。こんな状況で午後の部は大丈夫なのか。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

今日は慌ただしい日だった@増沢池-午後の部-

やはり前回の好結果が脳裏に蘇る。今日もここでそんな気持ち良い釣りが出来ますようにと餌打ち開始。すると、何と数投後にウキが消し込んだ。これには慌てたものの、残念掛からず。でも、この調子なら単独での第2目標くらいは少なくとも達成しそうだと獲らぬ狸の何とやら。しかぁ~し、ウキの動きは弱い。その後しばらくして再度のズバッ!があったが、それも掛からず。こりゃぁ目標の下方修正が必要かもしれない。ウキの動きDscf2934は相変わらず弱いまま。午後になって風が強くなり、ウキが流されるのも影響しているのかもね。それでも懸命に餌打ちすると、1時少し前に3度目のズバッ!でやったとうとう掛かりましたよ。やれやれ、これで宙をやった意味があった。だがしかし、その後は元の木阿弥状態。どうにもへらの気配が感じられないのだ。Dscf29351時半近くになってやっと2匹目をゲットし形の上ではトータルでの第3目標クリアとなったが、どうも宙は具合が良くないようだ。で、ついつい「ナンチャッテ」のお世話になるが、こちらが更にダメダメ。仕方なく宙に戻すと、多少状況が変わったようでウキがモヤモヤ。と、ここで今日一番の痛恨。餌を打ってちょっと餌ボウルに目をやった瞬間に腕に強い力が加わった。あたりだ!しかぁ~し、合わせが間に合わずハリス切れでガクガクッ。急いで交換するも段差が少し縮まった感じ。でもそんDscf2936なの関係ねぇ~っ!とばかりに餌を打てば2時前にやっと3匹目。ブルー釣り軍団がやって来て坂の下で談笑しながら釣っている。私の方は午後のGTかと思いきやあたりがなくなったものの、残りの餌を気にしながら餌打ちしているところへT林さん登場。奥のO合さんのところからへらを連れて来てやったと言われる。すると、確かに急にウキが動き出したようでズバッ!が連発。1回目はカラだったDscf2937Dscf2938が2回目は掛かりました!それを見てT林さんは坂を上って行ったが、実はT林さんには言わなかったが、これはスレていたのだった。でも午後のGTが来たのは確かなようで、2時半近くになって4匹目ゲット。何とかもう1匹釣って単独での第2目標くらいには到達したいところではImg_20200323_172511あったが、既に終わったK田さんとO合さんが背後霊となったところで餌を打ち終えてしまった。時刻は2時36分。結果、午後の部では実釣2時間で4匹。残念だ。トータルでは実釣4時間で12匹。なんだかなぁ・・・。喜ぶべきなんだろうか。K田さんとO合さんは帰った。お疲れさまでした。片付け。終わりの写真が見つからなかった(撮り忘れた?)ので、代わりに石松の餃子の写真。片付けを終え車に戻ると、O合さんK田さんが出発するところだった。私は横にいたT林さんに挨拶してベイシアへと向かった。
 
明日は通院後に来るか?それとも・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

今日は慌ただしい日だった@増沢池-午前の部-

今日は前回の好結果から、勇んでいつもより早い8時半頃出掛けましたよ増沢。しかぁ~し、9時頃に駐車場に着いてさあ荷物を下ろそうと思ったら、ない!何と積み忘れて来てしまったのだ。いつもなら積みっ放しなので気にする事はないのだが、先週土曜日に葬式に参列する際に釣り道具を積んだまま行くのはまずいかと思って一旦降ろしたのが間違いの元だった。玄関に置いておいたので出掛ける際に気付きそうなものだが、多分視界には入ったのに脳で認識しなかったのだろう。積んであるに違いないと言う先入観に捉われてしまった。仕方なく帰宅して積み込み再び増沢へ。駐車場にはO合さんとK田さんの車。急いで荷物を降ろして池に向かう。と、ここでまた余計な?考えがむくむDscf2923くと出て来た。そうだ、先週O橋さんが看板横で15匹ゲットしたとか聞いた覚えがあるので、今日は看板横に入ろう。そうしよう(以下同文)。荷物を置いてまずはO合さんのところへと向かい挨拶。まだ1投目とか。遠くK田さんが珍しく日向側にいる。見れば日陰側には橋の下(した)近辺から塩ビ管まで6人くらいが並んでいるではないか。いよいよ日陰側のシーズンなのかな。釣り座に戻り、さあ準備だ。竿は11尺で餌はいつものバラグル。ささっと底を取っての開始は10時6分。本当なら9時半には開始していた筈なのにとは、いつものタラ・レバでした。Dscf2924Dscf2925しかぁ~し、何となくではあるがウキが動きそう?すると、開始20分であたり!そして掛かりました。更に次の餌打ちでもあたり!連荘だ。これはいい、これは素晴らしい。O合さんに大きな声Dscf2926で言いたいくらいだ。が、続かない。おかしいなぁ、へらはいると思うんだけど。それでも餌を打ち続けると、10時半を過ぎて3匹目。連荘はなかったが、開始30分余で3匹なら2桁は楽勝か。しかぁ~し、へらが寄り過ぎた?のか、次第にあたりが複雑になる。こんな事はいつもの場所ではありえない。よし、まずは第2目標。続いて第3目標にまで行けたらいいなと欲が出て来る。すると、11時を過ぎDscf2927Dscf2928てまたもや連荘!あっという間に第2目標クリア。いいんじゃない、いいんじゃないかな。だがしかし、午前中のGTはあっという間に去ったのか、そこからウキの動きがなくなってしまう。ただへらはまだいそうなので、ウキ下を弄ったり餌付けを変えたりしているうちに11時半少し前、O合さんがトイレタイムのついでに寄ってくれた。いつもの場所ではあたりが遠いらしDscf2929い。まだ1匹。やはりここは場所がいいのかな。そしてO合さんが帰ってじきに6匹目ゲット。午前中のGTはぼんやりしているが、まだ開始1時間半、何とかもう1匹、いや2匹。しかぁ~し、バラケが少なくなった。これは最後の方で使うために取っておく。3回分だ。そして両グルで再開すると、地合なのかあたりが頻発するが全くかすりもせず。これは困った。おそらくは放流だろう。ブツブツ言いながら餌を打っていると12時のサイレン。今日はO石さんは来ないようだ。また、この時刻本来なら昼食なのだが、ここは餌も残り少ない事だし何とか打ち切って終わりにしよう。そして遂に残りの3回分バラケを付けて打つ。すると、何と言う事でしょう、すぐさまあたり!そして掛かりました。う~ん、やはり放流だったか。あれだけあたっても両グルではDscf2930Dscf2931餌が安定しないので掛からなかったのかな(それまではずっと地べら)。さあ、あと2投。すると、何と言う事でしょうPART2、連荘で地べらに戻ったではないか。よ~しよし、いよいよ最後の一投だが、既にダブルでもない限り「つ」抜け達成は不可能だが、それでも何とか3連荘で締めくくりたいところ。すると、何と言う事でしょうPART3、あたり、そして掛かりましDscf2932Dscf2933た!やった「上がりべら」ゲットだ?しかぁ~し、残念目にスレていた。ガクガクッ。時刻は12時9分。結果、午前の部では実釣2時間で8匹。何かしら手を打てば「つ」抜けも出来たかもしれないが、私にはそのノウハウがなかった。でもこれだけ釣れれば御の字だ。さあ、ずっと我慢していた用を足す。ハアハア言って戻り急いで竿を11尺から9尺に変更し、ウキと仕掛けも同時に交換。餌はいつものグルテンにバラケとしてマッハ少々。昼食を摂りながらの再開は12時33分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

今日のメダカ

今日は再び外のガラス水槽の水替えを行った。
底を浚った後に水槽の半分以上を汲み出して新たな水と交換したが、多少色が薄くなった程度でガックリだ。
室内ではガラス水槽が再び白濁りが出ている。で、約3分の2を交換してからフィルターを回したので多少は濁りが取れた気がする。
それと、先日買って来たトロ船(約40リットル)2つを洗って乾かし、ダミーの水を入れて放置。
1回食器用洗剤で洗ったくらいでは何かしらの匂いが残るので、まだ揮発しているものがあるのだろうか。
匂いが気にならなくなるまで新たにメダカを投入するのは控えよう。
それと、先日拾った卵とその後投入した産卵床に付いていた数個の卵は水道水を入れた洗面器に入れて観察中だが、一向に目が出て来ずまたカビが生えて来たのでおそらくダメだろう。残念だが仕方ない。
 
明日は行けたら行きたいなぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年4月 7日 (木)

そろそろ「はたき」の季節なのか@増沢池-午後の部-

前回はあたりはあってもさっぱりだったので、今日こそ釣るぞ!と言っても相手がある事、詳しくはへらに聞いてもらわないと。まずは何とか1匹と、バラケを付けて打つ・打つ・打つ。するとじきにウキが動き出したのでまずはホッ。しかぁ~し、その後あたりがDscf2909出てもカラまたはバラシ。やはり状況は私に不利なのか、ハリス長を弄った方が良いのでは?と様々な雑音が頭を過る。が、1時少し前にズバッ!というあたりで1匹目。とりあえず精神安定にはなったが、この先どうなるかは神のみぞ知るところ。しかぁ~し、今日は前回とは全く違う展開になった。1時を過ぎる頃から状況が好転。ズバッ!ズバッ!と連荘でゲットDscf2910Dscf2911し、トータルでの第2目標をクリア。これは何だろう。底ではあたりが遠かったが、宙が今日の本命なのか。その後残念なスレがあって一旦休憩みたいになったが、何故かすぐに復活して1時半までに3匹をズバDscf2913Dscf2912ッ!ズバッ!ズバッ!で追加。自分でもビックリするくらいのウキの動き。あっという間の出来事で単独での第2目標クリアと共に、トータルでの第3目標まで視野に入って来たではないか。こんな状況は年に何回Dscf2914Dscf2915もある事はない。まさに今日は早く来て良かったと言う事だ。「早起きは3文の得?」って奴ですか。まだ「空回り」にはなっていないが、私の場合調子が出てくると何かしらのトラブルが発生するので、十分注Dscf2916Dscf2917意が必要だ。とか考えていたら、1時半を過ぎても好調が持続し、ズバッ!ズバッ!ズバッ!とあっという間にトータルでの第Dscf29183目標をクリアすると同時に単独での第3目標にリーチ!もう何も言う事はありません。そして遂にズバッ!でやったとうとう単独での第3目標クリアだ?しかぁ~し、「たも」の前でへらが向きを変えたら外れた・・・。確かに食っていたのに「悔しいです!」。しかも次の餌打ちでまたもズバッ!になったがこれもバラシ。いよいよ恐れていたトラブルが発生しそうな気がするぅ~♪ただ、今日は様子が今までとは全く違った。これだけバラシが連発するとあたりが遠のくのが私の常だが、何とじきにウキの動きが復活したではないか。そして2Dscf2919時までにもう1匹を追加すれば、遂に単独での第3目標に届いたぞ。しかぁ~し、ここで痛恨のトラブル。何故か鈎を外す際にハリス切れを起こしてしまった。これで好調が途切れる(トホホ)。急いで交換したが段差が思ったより広がってしまい、かと言って再度交換するのは時間の無駄?で、気にいらないまま続行と決める。2時を過ぎているのでO合さんが終了。O石さんはポツポツではあるが数を増やしていて、終了までに5匹をゲットした。相変わらず素晴らしいデスネ。私もそろそろ餌が尽きるので、それまでに何とか1匹、いや2匹をゲットして有終の美を飾りたいところ。午後のGTに近付いたのでそれくらいはあっても「いDscf2920Dscf2921いと思います!」。ただ、やはり段差が気になって仕方ないが、それでもウキの動きはなくならず、ポツポツと2匹をゲットして2時21分に餌を打ち終える事が出来た。結果、午後の部では実釣2時間で12匹。こんDscf2922な事は滅多にないので、帰りは交通事故に気を付けよう。トータルでは実釣4時間20分で15匹。いやぁ、肩が痛いなぁ(オイオイ)。片付け。O合さんは帰り、O石さんも終わった。へら師は我々以外には対面T林さんだけになっている。先に片付けを終えた私は、O石さんと対面T林さんに挨拶して駐車場に戻る。急がなければ腰にも響かない事が分かったので、そろりそろりと戻ったら、O合さんが車に荷物を積んでいた。お疲れさまでした。また来週宜しくお願いします。挨拶して、私はベイシアへと向かった。
 
明日はジャンボエンチョーでトロ船でも買ってこようか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

そろそろ「はたき」の季節なのか@増沢池-午前の部-

今日は朝から張り切って増沢へゴー!天気がいいのは気持ち良い。いつもならグズグズで出発が9時過ぎになってしまうのに、今日は8時半過ぎと気合が入っている。駐車場には9時頃到着すると、ポツポツとへら師と思われる中に知り合いはO合さんの車だけ?この天気でこれだけなのか。急いで荷物を降ろして池に向かうと、ちょうどO合さんがキャリアを引いて遊歩道を進んでいた。私は後を追いまずは挨拶。昨日はO橋さんがDscf2904看板横で15匹をゲットしたと聞きビックリ。それでは私は何処に入ろうかと考えたが、O橋さんがいないので台を設置しやすいその定位置に入らせてもらう。さあ準備だ。湖面は凪、既に暖かい。O合さんからは気合が空回りする事があるので注意するようにと揶揄われる。さて竿は11尺で行こう。前回は9尺でパッとしなかったが、今日は何とかなる筈。餌はいつものバラグルで開始は9時34分。時折岸辺でバシャッと言う音。はたいているんだろう。そうなるとあまり短い竿ではあたらないので11尺ならグーでは?と思いつつ餌を打ってもウキは動かない。と思ったら、開始して間もなくO合さんの竿が曲がった!ええ~っ?もう釣れたのか。いきなりプレッシャーを掛けられる。私も早く寄せたいと餌を打つが、なかなかウキは動き出さない。焦るゼ。その後ウキが馴染む前と馴染んでからの糸ずれと思われるウキの動きDscf2905があったが、それだけ。あっという間に開始1時間。それでも何となくウキに動きが出て来たような・・・。と思ったらあたった!そして掛かりました。いやぁ、1匹目が長かったなぁ。と、横を見たらO合さんの竿も曲がっているではないか。今追い付いたと思っていたのにぃ。ところが、午前中のGTはまだ早いと思っDscf2906たら、それからじきに2匹目。今度こそ追い付いたぞ。しかぁ~し、その後がない。時刻は11時を過ぎた。O石さんがやって来て定位置に入り、K田さんが岡ジャミに。対面橋の下(した)で底をやっている人は水面に30匹くらいのへらが群れていて釣りにならないらしい。半分裏山鹿~。そしてK田さんがO石さんの背後霊になっていた11時半過ぎ、やっとあたりが出ましたよ。2匹目からほぼ1時Dscf2907間。それにしても釣れないね。ただ、何とか第2目標くらいまでは伸びないかと餌を打つものの、その後虚しく12時のサイレンを聞いたところで餌が尽きた。結果、午前の部では実釣2時間20分強で3匹。気負って来てもこの程度か。まさしくO合さんの言う通りだなぁ。グッタリしてトイレタイム。ハアハア言って戻り、Dscf2908まずは竿を9尺に変更してウキと仕掛けも交換。午後の部の準備だ。ちょっと迷ったものの今日も両グルの宙で行こう。このところパッとしない結果が続いているが、やはり慣れた釣り方がいい。餌はいつものグルテンにバラケとしてマッハ少々。昼食後「たな」は仕掛けのままで再開は12時23分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年4月 6日 (水)

今日のメダカ

今日は釣行は止めてメダカの面倒を見る事にした。
室内ではガラス水槽の水替えを少しだけ。また白濁りが発生しているようなので。3分の1交換を2回やった。
それと、スネイル退治。冬の間は出て来なかったのに、少し暖かくなるとこれだ。一体何処に隠れていたのか。
発泡スチロール容器も含め、餌への食い付きが良くなっているのは間違いない。
外のガラス水槽では外光を思い切ってたっぷり与え、更に水槽の半分くらいの水を一気に交換した。
でも一向に透明度は増さない。底まで見えないのでトホホだ。
しかぁ~し、底を浚ったプロホースを掃除していたら、逆流防止の弁のところに卵ハケーン!
数粒だったが、驚きだ。もう産卵する時期になったのか。
特に何も産卵床を用意してなかったので、何処かに産んだものが底に溜まったのだろう。
今年は卵を取る事は止めようと思っていたが、見るとそうもいかなくなって洗面器に移した。
そして水槽には産卵床を投入。
今室内ガラス水槽にいるメダカを室外に移すためにジャンボエンチョーでトロ船を買うつもりだったので、ガラス水槽⇒トロ船、発泡スチロール容器⇒ガラス水槽として空いた発泡スチロール容器に針子を入れる事にした。
今年も大変な年になりそうだ。
 
急用が出来たのでどうしようかと思ったが、とりあえず明日は竿を出したい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年4月 5日 (火)

春爛漫でも釣果は・・・@増沢池-午後の部-

今日はずっと好天が続き何となく好結果が期待されたのだが、世の中そんなに甘くない。O合さんは午後になってウキの動きがなくなったらしい。O橋さんも午後はバッタリのようだ。そんな中、両グルの宙は効果があるのか?K田さんは2時前に帰った。今日はかなり釣れたようだが特に何も言わずに帰った。お疲れさまでした、また宜しくお願いします。さて、1時半過ぎの開始なので、餌は3時頃には終わるくらいの量を作ったつもり。それで何とか1匹は釣ってトータルでの第2目標には達したいところだ。まずはいつも通り餌を打つ・打つ・打つ。う~ん、やはりバラケを作らないと無理かな?と思っていたらしばらくしてウキに動きが。そして小さくあたった気がしたが掛からず。するとその後は次第にウキが動かなくなるいつものパターン。マズイ、このままでは午後の部は凸で終Dscf2900わりそうだ。しかぁ~し、2時を過ぎたところで弱くモヤっと動くウキに合わせたら、やったようやく掛かりました!これでとりあえずミッションクリアだ(オイオイ)。さあこれからはおまけの時間。ウキの動きを見ながら餌付けを変えて行く。午後になると確かにウキの動きが悪くなって、2時過ぎにO合さんは終わり、O橋さんもギヴ・アップと言って2時半頃に終わった。私の方は2時頃からウキの動きが良くなってズバッ!ズバッ!とあたりが出始めたが、全てバラシの上に遂にハリス切れまで出てしまい、ここでようやく懸案のハリス長を45cm+65cm?くらいから35cm+55cm?くらいに変更したつもり。しかぁ~し、交換の間にへらがいなくなったのかウキの動Dscf2901きがなくなる。ここで懸命に餌打ちすると、やっとウキが動き出した。そして3時少し前、O合さんもO橋さんも帰った後に2匹目ゲットだ。危うく餌を打ち尽くすところだった。O石さんは陽が落ちるまで頑張ると言っていたが、3時前に1匹出て無事終了出来た。私は3時17分に餌を打ち終えて終了したものの、未練がましくグルテンカスの付いた仕掛けを放り込んでおいて片付け。すると、何と言う事でしょう、ズバッ!とウキが消し込んだではないか。慌てて合わせれば、やった「上がりべDscf2902Dscf2903ら」ゲットか?しかぁ~し、痛恨のスレでガクガクッ。数を増やす事は出来なかった。結果、午後の部では実釣1時間40分強で2匹。あたりはあったのになぁ。トータルでは実釣4時間20分で6匹。「つ」抜けなど思い上がりも甚だしかった。片付けを終え、O石さんと駐車場に戻る。池にはもうへら師はいない。駐車場手前で挨拶して解散。私はさっさと家路に就いた。
 
明日は休竿。メダカの面倒でも見ようかな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

春爛漫でも釣果は・・・@増沢池-午前の部-

昨日から急に暖かくなって、やる気も出て来た。で、今日も通院後にゴー!薄手のジャンパーでも充分だ。この陽気のせいかへら師と思われる車は多そう。とりあえず橋まで行くと、良かったO合さんとO橋さんの間は空いている様子。前回並みの結果を期待して足取りも軽い。そして遊歩道でO合さんに話を聞くと、既に2匹をゲットしている。これDscf2892Dscf2893はやる気が出ますよ。しかぁ~し、いつもの場所に荷物を置いてO橋さんに話を聞くと、ゲゲッ、ウキが動いていないと言うではないか。ちなみにO合さんは11尺、O橋さんは8尺。私は今日は前回のO石さんの結果から9尺を採用するつもりなのだが、何時ものように11尺でやった方がいいのかもしれない。しかぁ~し、それでは面白くない。やはり予定通り9尺で行こう。前回折れたウキのトップは付け替えているが、ちょっと曲がっているのでどうかなぁ。いつものバラグルを作ってから餌落ちと底取り。その途中にO石さんがやって来た。昨日も来て5匹だった。それと対面橋の下にはK田さんがいた。全く気付かなかった。O石さんは今日は10尺を出すと言いながら、見ると8尺になっていてビックリ。さて、かなり暖かい(と言うより暑い!)中、開始は10時43分。何故かウキの馴染みはあまり出ない。どうかな、ウキは動きそうかな。まずは餌を打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、特に何もない。焦るゼ。その後もウキはたまに返す?のだがそれだけ。O橋さんは相変わらずウキが動かないと言っていて、私に遅れて開始したO石さんも同様。結局O石さんは1時間ほどやったところで10尺に替えた。竿の変更はなかなかやらないので、O石さんの決断には驚きだ。私の方はそろそろ午前中のGTかなと思っていたら、Dscf289411時を過ぎる頃から何となくウキが動き出した気がして、11時半少し前にあたり!やっと出ました1匹目。やれやれ、だ。さあ午前中のGTよ、やって来い!O合さんは3匹目をゲットしていて何とか追い付きたいところだが、相変わらずウキの動きは悪い。しかぁ~し、11時半を過ぎて返したウキが黒帯分震えた気がして合わせれば、やった2匹目ゲットだ。更に消し込みあたりが出たが、残念ハリス切Dscf2895Dscf2896れ(断っておきますが、決して合わせ切れではありません)。急いで直したが、多少段差は変わったかもしれない。それでも12時のサイレンと共に3匹目をゲットすれば、ひょっとして第2目標くらいはクリア出来るかもと極甘な予感。ここで一旦トイレタイム。途中K田さんに様子を訊くと、そこそこ釣れているらしい。そこそこと言う事はバッチリですね、裏山鹿~。帰ってから昼食を摂りながら懸命にウキを見続けるが、どうにも動かずさわりさえも出ないままDscf289712時半を過ぎる。と、ここで急にウキに動きが出て来た。が、残念あたりと思われるウキの動きが全てカラ。クーッ、今日はなかなか厳しいぞ。そして1時少し前にやっとあたったかと思いきや、残念アッパーだった。トホホ・・・。O合さんは4匹目をゲットしており、何とかそこまで追い付きたい。しかぁ~し、ウキの動きはなくなってしまい、餌も残り少なくなってきた。それでも1時過ぎにやっと4匹目。ただDscf2898Dscf2899それが精一杯で、1時27分に虚しく餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣2時間半強で4匹。竿を長くしていればと相変わらずのタラ・レバ。さあ、次はお約束の宙。前々回は好調だったものの前回はパッとしない結果。今日は悪くとも前回をオーバーしないと。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はいつものグルテンでバラケは作らない。そして再開は1時34分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年4月 1日 (金)

今日は予報通り?午後から寒くなった@増沢池-午後の部-

今日は午前中陽が当たって暑ささえ感じる時があったが、全体的には花曇りで風が吹くと背後から花吹雪が舞い落ちる。実に風流だ。さて、ワクワクして開始すると、予想通りすぐにウキが動き始めた。だがしかし、前回はウキがスパッと消し込んでのあたりでポツポツと釣れたのに対し、今日は強いあたりがなかなか出ないうちにO石さんが8匹目をゲット!すんごいプレッシャー。私もこんなモヤモヤするウキの動きを期待していた訳ではないので、気持ちが焦れる。それに午後になると雲の量が増し、白波と相俟ってウキの視認性もかなり悪くなった。O石さんも同様だがウキが近いので何とかなっているDscf2888Dscf2889様子。1時半を過ぎてやっと私に大きなあたり!そして1匹目ゲットだ。最早よれよれの状態。その後もう1匹をゲットしてようやくトータルでの第3目標にリーチとなり、少なくとも単独での第2目標くらいはクリアしたいところ。しかぁ~し、2時頃にO石さんがトイレタイムの際に様子をに来た際に、ウキが思いっ切り消し込んで堪え切れず今日3回目のハリス切れ。3回のハリス切れなど今年になって初めてだ。いや、最近ではとんと経験していない。まあ、へらの動きが良くなった事と関係あるのだろう(ホント?)。言い訳しておくと、決して「合わDscf2890せ切れ」ではありません。これホント。その後2時を過ぎて小さなあたりで3匹目をゲットすれば、やっと、やっとの思いでトータルでの第3目標クリアだ。2時を過ぎているのでO合さんが終了。しばらく岡ジャミしてから2時半過ぎに帰った。お疲れさまでした。また来週宜しくお願いします。さて、トイレから帰ったO石さんはウキが動かないと言いながらも1匹を追加。私も何とかもう1匹ゲットして前回並みの結果にしたい。が、トイレも我慢出来ず2時半頃にトイレタイムを余儀なくされる。帰って再開すると、ウキは弱く動きはするがあたらず。そして悪い事に3時近くになって雨粒が落ちて来た。終了して片付け中のO石さんからは大丈夫と言われるが、ここで降らDscf2891れると帰りが遠くて参ってしまうので、ここは涙を呑んで終了だ。時刻は2時53分。結果、午後の部では実釣1時間35分で3匹。想定外の結果だ。まさにガクガクッ。雨粒に急かされて片付け。そしてO石さんと駐車場に戻る。へら師はもう誰もいない。O石さんとは駐車場前で挨拶して別れ、私はさっさと帰宅した。
 
メダカも餌に食い付くようになって来た
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

今日は予報通り?午後から寒くなった@増沢池-午前の部-

やっと出掛ける事が出来た今日、通院後に増沢へゴー!駐車場には来ている筈?のO橋さんの車はなかったものの、O合さんは来ているようだ。曇っているので日陰側でも良かったが、今日も前回と同じように両グルの宙であたりを取りたいと橋を渡る。へら師は日陰側は橋の下ひゅきんに2人だけ。日向側ではダム?付近に数人とO合さんが定位Dscf2879置。天候不順で少ないのかなぁ。とりあえずO合さんに挨拶すると、昨日は7匹一昨日は6匹だったと言うではないか。底も捨てきれないなぁ。O橋さんが来ていないので、それでは私がそこに入らせてもらおう。ただしO橋さんの定位置では釣り台の前脚が底に届かないので、やや左(浅場側)にずれて設置。竿は11尺でいつものバラグルの底。湖面は多少の波はあってもノー・プロブレム。水深があるのでウキは近い。そして開始は10時31分。う~ん、ウキが流されるなDscf2880ぁ。でも何となくウキが返しているようにもみえるぞ。ここは真剣にウキを見つめると、開始15分くらいであたり!そして1匹目ゲットだ。よしよし、この調子で♪「つ」抜けまで行けそうな気がするぅ~♪あると思います!だがしかし、ウキはなかなか動いてくれない。そして11時を過ぎると、トイレタイムのO合さんと一緒に来たのはO石さんだ。昨日は5匹だったとの事。今日は8尺でやってみるそうだ。実は私も9尺でやろうと思ったのだが、ゴミを拾いそうな気がして止めた。しかぁ~し、O石Dscf2881Dscf2882さんの選択は間違いではなかった。私はその後11時半までに2匹を追加。悪くても第2目標くらいには届きそうだなと、獲らぬ狸の何とやら。そして12時のサイレンが鳴るまでにもう2匹をDscf2883Dscf2884追加すれば、嬉しや第2目標クリアだ。それにしても今日はあたりがカチッとしていて気持ち良い。数回カラもあったがなんのその。ここで一旦トイレタイム。上空雲が多くなって体感温度も下がり気味。さて床休めが効くかどうか。一方O石さんは開始早々から12時までに2匹をゲット。これは素晴らしい。私はトイレから帰って昼食を摂りながら餌を打つと、2投目で6Dscf2885Dscf2886匹目ゲット。しかぁ~し、その頃から何かしらの異変を感じていた。それでも12時半過ぎに7匹目をゲットして、ちょっと第2目標には届かないかもしれないが、何とか数を増やしたいところ。しかぁ~し、ここから全く状況がおかしくなる。ウキの動きはまさに午前中(細かく言うと午前中ではないが)のGTで、これは爆釣の予感さえ感じたのだが、何とバッチリのあたりでスレバラシ連発。更に、何と何とハリス切れまで連発してしまったではないか。その上、2回目のハリス切れでは何と何と何とウキのトップまで折れる始末。ここで急にやる気がなくなり、底は終了だ。餌も残り少ないし、何より午後の部の宙が楽しみで仕方ないのDscf2887だ。時刻は12時57分。結果、午前の部では実釣2時間20分で7匹かぁ。もっと釣れても良かった気がする。しかぁ~し、今日のハイライトは私ではなくO石さんだった。私がトラブルでもたつく間に、何と5匹を追加して私に並んだのだ。これはもう素晴らしいの一語。私は竿を9尺に替え、両グルの宙の準備。餌はα21・わたグル・新べらグルテンにバラケとしてマッハ少々。そして再開は1時9分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »