« 前回の再来を期待して日陰側に入ったのだが@増沢池-午前の部- | トップページ | 今朝のメダカ »

2022年5月 2日 (月)

前回の再来を期待して日陰側に入ったのだが@増沢池-午後の部-

まずはバラケなしでどんどん打ってみるが、ウキは動かず。仕方なくマッハを少々作ってみるが、柔らかめに出来上がったので全然持たない。却って良くなさそう。とか思っているとウキに動きが出て来てあまり力強くはないもののあたりらしき動きも見せるようになった。が、これも一向に掛からず。あっという間に1時を過ぎて1時半。こりゃダメだ。午後の部は凸で終わりそう。このまま続けてもどんどん惨めになる気がしてならない。で、開始1時間となったところで、いつもの「ナンチャッテ」へと移行。これしかないのかよっ!と言われても返す言葉もない。しかぁ~し、前回はすぐにウキが動き出したのに今回はさっぱり。竿の長さが違うのも影響しているに違いない。それでもよくよく見ると小さくではあるがウキが返している。で、ウキ下を調整(微調整ではありません。ナンチャッテなので)していると2時。そろそろ皆さん終わりの感じ。K田さんは既に片付け中。O合さんも終わって片付けを終え、私の背後霊となっている。すんごいプレッシャーだったDscf3019が、2時半近くになってやっと小さなあたりに合って1匹目ゲットだ。それを見てO合さんは帰った。K田さんは既に帰っている。お二人ともお疲れさまです。また宜しくお願いします。対面O石さんも2時を過ぎて終了。用事があるからと帰った。お疲れさまでした(以下同文)。O橋さんは14匹ゲットしたものの、午後は2匹だったようだ。私はその後1回あたりに合ったがハDscf3020リス切れ。そして3時1分に虚しく餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣2時間20分で1匹。まさにトホホだ。トータルでは実釣4時間40分で9匹、第3目標には届かなかった。グッタリして片付け。O橋さんは奥の方に行っているので、片付けを終えてさっさと車に戻った。そしてさっさと荷物を積み込みベイシアへと向かったのは言うまでもない。
 
宙で通した方が良かったか。それとも底で続行すべきだったか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 前回の再来を期待して日陰側に入ったのだが@増沢池-午前の部- | トップページ | 今朝のメダカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前回の再来を期待して日陰側に入ったのだが@増沢池-午前の部- | トップページ | 今朝のメダカ »