« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月31日 (土)

探し物

今月の頭からずっと探し物をしている。
いよいよ今年も押し迫って来たので、最後のお願いとばかりに中掃除(大掃除は諸事情により不可)をしてみたが、残念出て来なかった。
一体何処に消えたのだろう。分からないまま年を越す事になりそうだ。

気持ち良く年を越えたいと思っていたのだが・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年12月26日 (月)

久し振りの増沢

今日は通院が午後なのでそれまでに増沢の様子でも見に行こうかと思い立った。
ついでに業務スーパーで買い物も。
池に着いたのは11時過ぎ。風が強くて寒い。
Img_20221226_112859駐車場を見渡してもへら師と思われるのはK田さん、T林さんそれにもう1台。
皆勤賞のO合さんはどうしたのだろう。前回見に来た時もいなかった。
暖かいコーヒーを買って池に向かうと、橋の上から見てK田さんはO橋さんのいつもの場所にいるようだ。
T林さんはダム?そばで3人のうちの残り1人と話し中。
何とかK田さんのところに辿り着くと、既に缶コーヒーはぬるくなっている。残念だ。
まずは挨拶して様子を訊くと、これまで何度か来たが結果は毎回1匹との事。厳しい~!四ツ池では放流が釣れていると教えてくれた。
O橋さんやO石さんには会っていないようだ。O合さんとは先週末に会ったとの事。
しばらく見ていたが、風がなければまあまあ気持ち良いのだが、ちょっとでも風が吹くと寒いのでさっさとお暇。一直線に帰宅した。
 
今年はもう竿を出す機会はない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年12月18日 (日)

ちょっとだけ

先週の事をちょっとだけ。
Img_20221215_104927
木曜は用事の前にちょっとだけ増沢の様子を見に行った。
しかぁ~し、T林さんの車はあるがO合さんを始めとするO橋さんK田さんの車はない。
奥の方にO石さんと思われる車。他に1台。
まずは橋まで行って様子を覗うと、やはりへら師は日向側ダム?そばに1人だけ。そばで話し込んでいるのはT林さんか。
車に戻り公園を出てダム?付近に停め直してダム?そばを見に行くと、グッドタイミングでへら師が竿を曲げた。
そこへO石さん登場。今日は竿を出すようだ。
しばらく見ていたが、おっと用事があるのでいつまでもいる訳には行かない。
挨拶してお暇した。

同じ木曜の夜には、どんなところか1回行ってみたかった「和食処あつみ」。
予約以外はカウンターしかなかったが、たまたま予約の時間にはまだ余裕があると言われて個室に入る事が出来た。
品数が多くてどれも美味しかった。満足満足。
Img_20221215_175208Img_20221215_175211
 
今週は車検。もう7年目になる
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年12月14日 (水)

年内の更新

先週の釣行以来、ちょっとした事があって更新が滞っている。
多分年内は新たな記事はない。
その事の連絡でした。
 
皆さんは良いお年を
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2022年12月 7日 (水)

途中から急にやる気が失せて@増沢池

今日は気温が上がらず風も強いとの予報なのだが、昨日行かないといいつつも行けなかった(実は行くつもりだった)ので、頑張って増沢へゴー!何とか10時には始めるつもりで駐車場に着くと、あれれへら師と思われる車はいつもダム?そばにいる人達のようだ。それでもせっかく来たのだからと防寒バッチリで池に向かう。看板横と坂の下には誰もおらず、O石さんのいつもの場所に1人だけ。後は思った通りダム?そばだ。先客にDscf3596挨拶して私はS我さんが作ってくれた釣り座に入る。予報通り風があるのであまり長い竿は出したくないが、かと言って前回9尺で凸だった事を思えば11尺くらいが適当だろう。ささっと準備開始。まずは底から。餌はいつものバラグル。しかぁ~し、何と穂先が裂けている事に気付く。ありえねぇ~っ!仕方なく12尺に変更だ。だがしかし、仕掛けが未完成。なのでオモリを合わせるところから始めたら10時を過ぎてしまった。それでも何とか準備が終わったところで、今度はトイレタイムを強いられる。まさにトホホ。戻って10時28分に開始。しかぁ~し、都合良く?ギラギラタイム。もう~っ・・・。へら師はO合さんのいつもの場所と階段下が増えた。ギラギラを首を振りつつやり過ごしながらウキを見ると、開始しばらくしてからウキが返しているように思えて来た。ただ多少流されるので底をなぞっているのかもしれない。または餌が溶けたとか。いずれにせよウキが返す瞬間を見ていないので、分からないままDscf3597餌打ちが続く。あっという間に11時。ギラギラはまだ目の前。仕方なくギラギラを避けて打つ。すると、何と言う事でしょうシモッたウキがスッと入りこれを見逃さずに合わせれば、やった掛かりました!う、嬉しいゾーイ。とりあえず凸は脱したのでまずはホッ。もう少しすればギラギラも正面からずれるので、それまでDscf3598の辛抱だ。するとそれからじきにギラギラの合間に馴染んだウキがモゾ。これに合わせて2匹目ゲットだ。やれやれ、これで一安心。思ったよりへらがいるようなので、ギラギラさえなくなれば爆釣も夢ではない?T林さんの巡回やK田さんの岡ジャミもあって気持ちも穏やかになるが、予定通りギラギラがずれると思っていたようなウキの動きは出ない。1回だけK田さんが見ている前でウキが動いたが、全く手が出ず合わせが遅れてしまった。岡ジャミのプレッシャーに弱い私だった。K田さんは帰り、私は何としても数を増やしたいところではあったが、全くパッとしないまま12時近く。すると、馴染んだウキが何故か餌落ち付近まで返している。おかしいなぁ、餌がDscf3599抜けたのかなぁと見ていると、そこから更にウキが返してトップの付け根付近まで。食い上げ!慌てて合わせればやった3匹目ゲットだ。そして12時のサイレン。上空最初は晴れていたが次第に雲が増えて来てウキもギラギラがなくても見辛くなる時も。昼食を摂りながら続行するがウキの動きは見られなかった(と思うよ)。そして遂に餌を打ち切った。時刻は12時30分。結果、午前の部では実釣2時間弱で3匹。全てグーなサイズで放流はなかった。さあ次は宙?だがしかし、底の竿と仕掛けを片付けているうちに、急にやる気が失せてしまった。で、片付け開始。Dscf3600イテテ体中が固くなっていて動かしにくくなっている。気温が上がらなくて体が固まってしまったせいもあるものの、釣り台が思ったより後ろに傾いていて腰がやられたようだ。イテテイテテと言いながら片付けを終え、先客に挨拶して車に戻る。途中看板横にO石さんがいたので頑張って下さいと言ってその場を離れた。そしてハアハア言いながら車の元へ。あれっ、S我さんの車があるぞ。一体何処に入っていたのかな。気が付かなかったらスミマセン。さあ明日は来るか?来ないか?それは明日になったら考えよう、そうしよう(以下同文)。車はベイシアへと向かった。
 
そのうち本当に釣りが出来なくなるかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年12月 5日 (月)

曇りで風もなく上々のコンディションでも凸まっしぐら@増沢池

今日は曇りでも雨にはならないとの予報に、勇んで出掛けました増沢。まだ放流は動いているのか?そして何より釣れるのか?駐車場にはO合さんとK田さんの車。今日は曇りなので日陰側にでも入ってみようと思っていたが、駐車場に着く寸前から空が明るくなった。どうしよう、このまま晴れだったらわざわざ日陰に入るのは馬鹿らしい。で、急遽方針を変更して日向側に向かう。途中看板横と橋の下に先客。そのまま進むといつものDscf3589場所にO合さん。まだ始めたばかりだと。更に進んでワンドにはO橋さんのいつもの場所にK田さん。今日は珍しく9尺を出している。私はK田さんの左に入ってさあ準備だ。予定としては11尺または12尺を振ろうと思っていたが、前回を思い出して9尺に変更だ。餌はいつものバラグル。ささっと底を取っての開始は10時28分。遠くO合さんからウキが動かないとの声。隣のK田さんも同様。しばらく打ってみると確かにウキはシーン状態。ただ、何となくではあるがウキが返して弱く入るようにも見える時がある。これは・・・と緊張しながら続行すると、11時を過ぎたところでウキが馴染みながらズルッ!慌てて合わせるとやった早くも掛かりましDscf3590た?しかぁ~し、やはりと言うか蟹。しかも鈎を外そうとしてタオルで掴むと、そのタオルを掴んで離さない。更に綾取りのように両ハサミに道糸まで掴んでいるではないか。仕方なく力を入れてハサミを開こうとしたら、何と両ハサミを取ってしまった。スマンスマン。これで蟹から仕掛けを解放出来たが、まだクシャクシャに絡んでいるのでそれを丁寧に解く。随分時間が掛かってしまい、更にはハリスがチリチリパーマ状態。でもそのまま続行。何故ならそれが省資源釣法だから(キリッ!)。しかぁ~し、その後は全くウキが動かず。空も雲に覆われてしまい体感温度がグッと下がった。12時近くになって気分転換を兼ねてトイレタイムとするが、その後も全くウキが動かない。早めの昼食を摂りながら懸命に餌打ちするものの、虚しく12時のサイレンを聞く事に。K田さんは一時期あたりを見たようだが、カラ。O合さんは昼食後に1匹出して上機嫌。こちら2人はしょんぼり状態で餌を打つ。しばらくしてO石さん登場。定位置に入った。私は一度だけウキが馴染む途中であたったが、それだけ。局面の打開をすべく「ドボン」のお世話になるがこちらもシーン状態。結局ほぼあたりを見る事なく底をDscf3591打ち切る。餌の残りは午後の部で使う事に。時刻は12時43分。餌の残りは午後の部で使う事に。K田さんは数回あたりを見たようだが、それが蟹だと分かってガクガクッの様子。さて私の方はと言うと、竿はそのままで今日は両グルの宙でやる。前回は両ダンゴでパッとしなかったので・・・。餌はα21+わたグル。まずは底の残りの餌を打ち切る。が、途中でウキがモヤモヤし始めた。そして開始30分の1時過ぎに小さく弱いウキの動きに手を出せば、やったとうとうDscf3593掛かりました。だがしかし、浮き上がるへらの様子がおかしい。終わって片付け中のK田さんからは口、口と言われるが、残念片方は馬場さん(アッパー)でもう片方は腹にスレていた。まだ凸は解消されていない。K田さんは帰った。懲りずにまた明日来るらしい。お疲れさまでした。O合さんは2匹目を出して気持ち良く帰れそうだ。私はやっと新しい餌を打ち始める。が、相変わらずウキが動かないので「たな」を上下する迷走状態に。だがしかし、新しい餌でウキに動きが出始めた。これは餌のおかげか、それとも単に地合なのか。そして時折ズバッと消し込むあたりが出始めたのだが、これが全くかすりもしない。クーッ・・・。何とかして凸を脱して帰りたいのDscf3593だが、無理か。2時前にO合さんが終了した。私はそろそろ餌が残り少なくなったので、気力を振り絞って餌を打つ。O石さんからは2時を過ぎるとあたりが出る、所謂午後のGTが来ると言うのでここが踏ん張りどころ。すると、何と言う事でしょうあたりに合いました!しかも今度こそ食ってます。う、嬉しかぁ。これでDscf3594本当に帰れるぞ。更にしばらくしてまたもやあたりに合いました。これはもう「地合だけの男」の本領発揮だ。片付けを終えたO合さんが私の様子を見に来てくれたが、その頃にはもうウキの動きは悪くなっていた。まさに「地合だけの男」(以下同文)。そして私のGTは相変わらず2匹が当然と言えば当然か。O合さDscf3595んは帰り、O石さんも終わった。私も2時21分に無事?餌を打ち終えた。結果、午後の部では実釣1時間半で2匹。もう十分です。片付け。そして片付けを終えたO石さんと駐車場に戻る。またも愚痴になるが、本当に腰がしんどい。途中何度も腰を伸ばさないと進めないのだ。トイレタイムのO石さんとは橋を渡ったところで解散し、私はグッタリして家路に就くのだった。
 
今夜はクロアチア戦を観た方がいいのか?それとも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2022年12月 4日 (日)

最近の事

Img_20221204_131621最近は全く気持ちが乗らず、ほぼ家でゴロゴロ状態。天気が悪いのもあったが、あのサッカー大会もリアルタイムで観る事さえなかった。
だがしかし、このままではせっかく長く続けて来たブログが止まってしまう。
それで、気力を振り絞って(大袈裟!)更新だ。
 
まずはサッカー。素晴らしいね日本。今夜(明日?)にはベスト8を賭けてクロアチアと対戦だ。
私は観るかな?観ないかもしれない。
 
続いて渡辺徹さん死去。ずっと体調が悪かったのは知っていたが、まさか急に亡くなるとは思ってもいなかった。
まだ61歳とか。私よりずっと若いのに、残念だ。
ご冥福をお祈りします。

メダカについては特にない。寿命なのかポツポツと☆になるものがいるが、私にはどうにも出来ない。
最近は気温がグッと下がって来て餌もあまり(と言うかほぼ)食べないようだ。
あまり刺激しないように静かに見守ろう。
 
ここには書かないがいろいろあって釣行もままならない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »