« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月28日 (木)

今日のメダカ

昨日の全換水の結果がどうなっているか、今朝早速ガラス水槽を覗いてみると、残念1匹が☆になっていた。
昨日、水槽に投入した後、細い1匹がフラフラと泳いでいたが、今日☆になったのは多分その1匹と思われる。
他には特に弱ったものは見当たらなかったので、餌をやった。
もう少し様子見が必要だろう。
水の透明度が下がった気がするので、ぼちぼち水替えをした方がいいのかもね。
 
明日は通院後にメインの容器替えをするつもりだが、果たして
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2023年9月27日 (水)

遂に全換水!

トロ舟を買う事で、やっとやる気に火がついた。
で、今日はいよいよガラス水槽の全換水だ。
とは言うものの、相変わらずのグズグズで重い腰を上げたのが10時過ぎ。既に外は暑い。
Img_20230927_171537それでもやるぞ!とばかりに必要なものを揃えてゴー!
それにしても凄い濁りだ。グリーンウォーターとは言えないくらいに濃い色をしている。
これをどんどん汲み出しては捨てて簡単にメダカを掬えるほどの水量にする。
その前に大きなバケツに水槽の水と飼育水を混ぜたものを用意しておく。これに掬ったメダカを入れるのだ。
水位が数センチになったところで汲み出すのを止め、メダカを掬う。
数えた訳ではないが、100匹はいるような気ガス。
それから壁面と底面をゴシゴシ。随分汚れているなぁ。
Img_20230927_171509残った水は何度となく捨てては雑巾で取り除く。完全に捨てるのは難しいから。
そしていよいよ水を足していくのだ。
大体100リットル、いやそれ以上は入れた。そこへバケツごと浮かべて水合わせ。
ここまで書くと簡単に思えるが、12時を過ぎている。腹が、減った・・・(by 五郎さん)。
そして4時過ぎに、いよいよメダカ投入!
どうだ、新しい水は?透明で驚いているかもね。
とりあえず餌をやったら、上がって来て食べたのでまずはホッ。
だがしかし、それだけでは安心出来ない。しばらく様子見だ。
 
さあ、本番の容器入れ替えが迫る!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2023年9月26日 (火)

失敗したぁ~

Img_20230926_122024やっと重い腰を上げたメダカプロジェクト(大袈裟)。まずはジャンボエンチョーで水色のタライを買おうと思って行くと、何と店の外に並んでいたタライがないではないか。
ゲゲッと続いて見に行ったのは資材のところ。前に買ったトロ舟のところに容量の多いものがある筈だ。
あったあった80リットル。だが手が届かず店の人に手伝ってもらって何とか購入。だがしかし、ちょっと強度がない気ガス。
う~ん、失敗したか。と言うのは、このトロ舟を見る前に、実は店内で水色のタライを見つけていたのだった。
ただ、価格が・・・。確か店の外にある時と価格は変わっていない記憶があるのだが、いざ買う段になって腰が引けてしまい、結局安いトロ舟を購入してしまったこのしょぼさ。
さっき庭でこのトロ舟を洗ったのだが、確かにこれに水を入れると膨らんでしまうのは目に見えている。
失敗したなぁ。安物買いの銭失いとはまさにこの事。でも買ってしまったのだからこれで何とかするしかない。
メダカプロジェクトは一気に萎んでしまった。
 
室外ガラス水槽の全換水はこれからやるつもりだが・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2023年9月24日 (日)

特に書く事もない「放流協賛増沢池ヘラブナ釣り大会」@増沢池

Dscf3868今日は曇りで風も弱く絶好の釣り日和?こんな陽気なら汗まみれになる事もなかろうと出掛けました増沢。と言うのも、今日は放流協賛の釣り大会なのだ。本来は6時頃から始まるのに、私は8時過ぎにゴー!最初から行っても途中から行っても釣果は変わらないのだから(オイオイ)。駐車場は混んでいて停められないかと思いきや、空きがあった。さっさと停めて荷物を降ろし、まずは本部がある東屋へと向かう。そして受付を済ませ、いつもの場所が空いていないか進む。しかぁ~し、先客あり。ガクガクッ。それでは柳の木の奥辺りにでも入ろうかと進むと、そこにも先客。驚いたのは柳の木がなくなっていた事。先日深場で木が折れたのを片付けるついでに柳の木も始末されたらしい。仕方なく更に進んで塩ビ管横に入る事に。奥には3人いたが、そのうちの1人が何と杉チャンさんだった。久し振りで全く気付かず、挨拶されて気が付いた。宙でビシビシ餌を打っていた気ガス。さあ私も準備だ。今日は15尺を出そうと思って来たのだが、様子も分らずDscf3864Dscf3865いつもの12尺を出したのだが、どうやらこれが過ちの始まりだったとは・・・。餌のグルテンのうちα21が切れている事に気付いたのが餌を作り始めてから。仕方なくわたグル単体で。水深がいつもの場所よりかなり深いと思っていたら、それほどでもなかった。塩ビ管から流れ出る土砂のせいかも。ささっと底を取っての開始はジャスト9時。参加者は約40人で、この陽気では少ない感じ。まずはウキの馴染み具合を見ながら餌打ちすると、何と数投でウキが返したではないか。まさかとは思いつつもウキを見る視線は自然と厳しくなった。が、しかぁ~し、どうやら餌が溶けているせいだと気づく。するとそこから、ウキが返す以外の動きが全く出ないまま時間だけが過ぎるお約束の展開に。奥にいる参加者からも今日は厳しいと言われ、前回の火曜とは全く違う事にようやく気付いたが、おそらくはアフター・フェスティヴァル。ウキ下の微調とかやってみてもウキは動かず早1時間。更に刻々と時は進む。そして開始1時間半になったところで、やっと「ドボン」への変更。しかぁ~し、状況は全く変わらず、ほとほと嫌気が差して11時を過ぎたDscf3866ところで底は終了。餌が残っているが、次の宙の初めに付けて打ち尽くす予定。まずはトイレタイム。ついでに車に残して来た筈の「段差のバラケ」を取りに行こうと思ったら、しまった今日は家に置いて来たぞ。と言うのは前回前々回と「お」ではブルーの猛攻を受けてやる気が削がれた苦い思い出があるから。だがしかし、今日はそのブルーさえも懐かしい?仕方なくガッテン・天々・マッハでそれらしいものを作ったつもり。そして再開は11時20分。太陽の位置のせいなのか、ウキの視認性がグッと悪くなっている。杉チャンさんは釣り台から立ち上がって何とか視認性を確保しているようだ。う~ん、バラケ具合が全然違う。まとまりにくいあの餌にも意味があったのだ。その後も餌を打って行くが、ウキは全く動かず12時のサイレン。昼食を摂りながら懸命に餌打ち。「たな」を上下しても特に何かが変わる訳でもなく、最早やる気はなくなってしまった。底でも宙でもこれではなぁ・・・。幾ら大会とは言え、こんなにウキが動かないとはね。後でザわさんに訊いたら、昨日もこんな調子だったらしい。こうなると私に残されたミッションはたった一つ。それは餌を捨てずに打ち尽くして終わると言う事。そして無事?1時11分にバラケを打ち切った(終了は2時の予定)。さっDscf3867さと片付けして車に戻る。体中が固まっていてイテテテテ。そして東屋で終了及び成績発表を待つ。まあ私の場合参加賞さえ貰えればいいので。2時半頃結果集計が終わり、Nぼりさんが優勝。ザわさんの隣でやっていたとの事。ザわさんも2匹1.54kgと結果が出た。また、私同様凸も何人かいた様子。皆さんお疲れさまでした。私は足の裏が攣ってヒイヒイ言っていたが、参加賞を貰ってさっさと帰宅した。
 
明日は何とかメダカプロジェクトを進めたい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2023年9月20日 (水)

またもや中華製

Xiaomimijialed5360jpg_220x220jpg_中華製は非常に面白い。こんなに安くて大丈夫かと思えばそれなりの製品が送られてくる。
今回は首にかけるエアコン?2000円ちょっととあまりに安いので半信半疑で買ってみた。届いたのは写真のもの。
早速充電して電源オン!すると、確かに風は来るのだが、肝心の金属部分は一向に冷たくならない。
これは初期不良なのか?それともこれが仕様なのか?
製品について書かれているものを読めば、首筋に当たる部分は電源オンで冷えるように読める。ドイツ製の素子(多分ペルチェ素子?)を使用していると書かれているが、実際風についてはまあ書いてある通り。まあ、2000円でエアコンはないよな、と今更ながらの自虐。
かつて呼ばれていた「自虐的へら師」に相応しい製品かな。

レビューには冷却機能がないと非難轟々
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2023年9月19日 (火)

前回は雨、今回は雷・・・。ただ、衝撃?の1匹も@増沢池

昨日一昨日と法事があり、着慣れない礼服が重くて体中が疲れた。が、しかぁ~し、今日は一週間ぶりに釣行するぞ。通院後に増沢へゴー!駐車場にはT林さんとⅠ藤さんの車。O型ブラザーズは誰一人いない。さっさと荷物を降ろして池に向かう。暑くて汗まDscf3850Dscf3851みれと言う事はないが、それでも汗ばむ。いつもの場所でさあ準備だ。今日は底・宙ともに12尺で通すぞ。まずは底だ。餌は前回と同じくバラグルで。太陽の高度が下がって直射がないのが嬉しい。残暑でも蝉はツクツク法師に変わっている。ささっと底を取っての開始は10時46分。どうかな、前回並みもしくは前回以上の結果を望むが、果たして。様子を覗いながら餌を打つと、10投しないうちにウキが返した?何だか今日は行けDscf3852Dscf3853そうな気がする。すると11時を過ぎたところで1匹目。これは素晴らしい。サイズもまあまあだ。そしてほどなく2匹目。何だろう、最初から釣れると後がダメダメになると言われるが、今日はDscf3854Dscf3855そんなの関係ねぇ~っ!てか。その後もポツポツと2匹を追加すれば、開始30分経たないうちに何と4匹をゲット。この調子なら「つ」抜けは楽勝かもね。ただ、取らぬ狸の何とやらにはならないよう気を付けよう。しかぁ~し、何故かその後はウキの動きが悪くなる。と言っても普通Dscf3856Dscf3857に戻っただけですが、何か。その後11時半を過ぎるまでシーン状態だったものの、続けざまに2匹をゲットDscf3858すれば、嬉しや軽々第2目標クリアだ。そして開始1時間でもう1匹。前回を超える釣果には自分でもビックリだ。そして今日のハイライトは、これ。引きの弱さDscf3859から最初はブルーかと思っていたら、何とフナの仔ではないか。2000年にこの釣りを始めてから、この池で驚いたのは2回目。1回目はなんと10年以上前にハヤ(オイカワ)を釣った事。後にも先にもこの1匹だけ。この池にもいたんだねと感心したが、2回目の今日のフナにもビックリだ。このサイズならここで生えたに違いない。バスの猛攻をかわして、よくぞここまで大きくなったものだ。生き延びてくれと思いつつ放した。ただ、これはカウントすべきか?「つ」抜け間近なのでセンシティヴになっている私、ここは保留としよう(オイオイ)。そしてブルー2匹とバラシ1回の後の12時のサイレンを機にトイレタイム。戻って昼食を摂りながら続行するDscf3860Dscf3861と、ポツポツと2匹を追加して目標達成にリーチまで漕ぎ着けたものの、残念ウキの動きがバッタリで12時47分に餌を打ち切った。結果、午前の部では実釣2時間で9匹。妙なプライドでフナDscf3862仔はノーカウントとした。それにしても結果オーライ(もちろん私にとって、だが)でも最初の30分の勢いが続かなかったが残念だ。さあ、次は宙。前回ブルーの猛攻と雨で中止を余儀なくされたが、今日はそのリベンジをしたい。で、竿は12尺のままでやる。多分両グルになっている仕掛けを「お」用に変更し、餌も通常の半分に留める。予報通り午前中は割合穏やかだった湖面も波立ち始めた。そんな中、再開はジャスト1時。対面にいた2人連れは終わった。私は相変わらずまとまらないバラケを懸命に餌付けして打ち込むが、なかなか思うところにウキを立たせる事が出来ず、難儀。それでもしばらくしてウキが動き始め、今日こそへらをゲットだと意気込んでいると、やはり掛かって来たのはお約束のブルー。そして遠くからゴロゴロと雷の音。これも予報通りだ。どうしようかな、止めようかな。その後もウキを動かすのはブルーのみで次第に嫌気が差して来た。よし、今日は雷のせいにして終わろう。Dscf3863そうしよう、双子葉植物。バラケを捨てて撤収開始。時刻は1時23分。しかぁ~し、片付けを始めると雷の音がしなくなった。でももう再開はありません。片付けを終え車に戻る。こちらはいつも通りで息がハアハア。顔の近くに蚊が寄って来て気になって仕方ない。息を切らせて荷物を積み、今日もベイシア詣でが待っている。さっさと池を離れた。
 
いつになったら「お」でへらが釣れるのか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2023年9月12日 (火)

久し振りで勘が鈍い?そして雨・・・@増沢池

最後の釣行として覚えているのが7月8日の増沢。そこから約2カ月が経ってようやく釣行することが出来た。と言うか、今まで増沢に見に来る事はあっても竿を出すまでに至らなかったのは諸事情もさることながら、釣りへのパッションが落ちていた(多分暑さによる)のが大きい。今日の最高気温は31℃らしいので、これなら大丈夫と通院後に出掛けた。駐車場には相変わらずT林さんの車。数回見に来た時にも停まっていたので、多分皆勤賞だと思う。凄いね。いつものように荷物を下ろそうと思ったら、ゲゲッ「たも」を忘れて来た。もし釣れた場合、困るなぁ(オイオイ)。さっさと池に向かうと、おっ、水位がDscf3835Dscf3836少し高いか。いつもの場所の岸辺も水が来ている。それでもここ以外に入るつもりはないので、そろそろと向かう。すると、あと少しのところで滑った!危ない危ない、またポキッとなるところだった。既に汗。曇っているが風がなく、予報通りだ。さあ準備しよう。今日はまず12尺で底から入るぞ。かなり間が空いているので、トラブルを避けるつもりで振り出しを採用。買ってから1回しか使っていないが、まあ問題ないだろう。餌はいつものバラグル。ウキは昨日トップを替えたばかり。どうかな。開始は10時32分。ウキの餌落ちと馴染み具合は前と変わらない感じ。前よりワンランク細くしたのに変わらないか。まずはどんどん餌を打つ。ヘラの活性とかそんなもの考える余裕はない。すると、10投もしないうちにウキが返すようになった。意外と食い気があるのかな。そして開始20分くDscf3837Dscf3838らいで1匹目。これこれ、待ってましたよこの手応え。いやぁ、久し振りだなぁ。サイズはとにかく、とりあえずこれで帰れるぞ。ウキの動きはなくならず、11時を過ぎて2匹目。これも1匹目とほぼ同サイズ。久し振りなのに文句が出そうだ(コラコラ)。しかぁ~し、そんな余裕は何Dscf3840Dscf3841処へやら、続いて掛かって来たのはブルー。前にはあまりお目に掛かった記憶はないが、最近は状況が変わったのかもしれない。ただ、そんな杞憂もそれからじきの3匹目で解消された。ただサイズがなぁ。この調子なら時間5匹または「つ抜け」もあるかもね。汗を拭き拭き続Dscf3842Dscf3843行だ。しかぁ~し、11時半近くになって再びのブルー。さっさとご退場頂き続行。時間5匹は難しくなって来た。が、2匹目のブルーの後に4匹目。やっとそれらしいサイズが出たぞ。こうなるとやはり「たも」が欲しいなぁ。しかぁ~し、鈎を外そうとしたら、食っていない方の鈎が体に刺さっていたのかそちらが切れてガクガクッ。急いで交換しようと思ったが、ハテ上下どちらの鈎が取られたのかな?何となく上ハリスが切れた気がしても、何故か下ハリスとして交換してしまった。そして底取りはせず雰囲気で段差分ウキをずらして良しとする(オイオイ×コラコラ)。そして再開。だがしかし、案の定ウキの馴染みが何となくスッキリしないので、ウキを上下させて対応。それでいいのか(それでいいのだ!)?。するDscf3844Dscf3845と、じきに5匹目が出てホッとしたまでは良かったのだが、次第にウキの動きが悪くなって来た気ガス。そして予報通りと言うか風・波が出て来た。そして12時のサイレンと同時に掛かって来たのはまたもやブルー。ここでトイレタイム及び「床休め」を兼ねて一旦休憩とする。足元に注意しながらトイレを済ませた後に車に戻り、「段差のバラケ」を出して釣り座に戻る。そうです、今日の午後は「オカメ」をやるんです。餌は多分去年だったかな、買ったまま一度も使っていないもの。釣り座に戻り、昼食を摂りながら続行するが、ウキの動きは芳しDscf3846Dscf3847くない。最初の勢いは何処へやら、だ。それでも何とか6匹目(4匹目以降はまあまあのサイズ)をゲットし、余計なブルー1匹を釣って午前の部は終了となった。時刻は12時49分。結果、午前の部は実釣2時間10分余で6匹。果たしてまあまあと言えるのか?自分的には久しDscf3848振りでも釣れたので良しとしたいところ。途中T林さんが様子を見に来てくれたが、やはりブルーが邪魔をしている様子。何となく午後の部が心配になって来た。さあ、準備しよう。竿は9尺でハリスは10cm+45cmくらい。下鈎は「お」がかろうじて付くくらいの小サイズを採用。果たしてどんな結末が待っているか?1匹くらいはへらが掛かってくれることを祈りながらの再開は1時1分。湖面は再び穏やかになって来たものの、上空黒い雲が出て来た。何となくヤバい感じ。「段差のバラケ」はまとまりにくくて難儀しながら餌を打つ。すると数投でウキが入った!まさかと合わせれば、やはりそうだったかブルー。しかも、これがこの後ずっと続くのだからうんざりにもなると言うもの。で、写真はなしよ。ウキの動きはバッチリでも合わせても合わせてもブルー。しかも鈎を呑んでいる事が多くて外すのに一苦労どころではない。失敗したなぁ。数えていないが10匹近くは釣った気ガス。多分この辺りのブルーを釣りきらないとへらには変わらないと思う。最早やる気はほぼなくなってきたところで、やっとあたりに合いました!しかぁ~し、堪えているうちにハリス切れとなってしまい、ガクガクッ×ガクガクッ。更に慌てて交換したところに、ポツポツと雨がやって来た。どうしよう、このまま続行すべきか?上空黒雲が覆い、これは止めた方が良さそうだ。まだかなりあるDscf3849餌を捨てて撤収。時刻は1時47分。結果は言うまでもありません。汗がどっと出て来た。奥のT林さん達は頭上に木の枝があって多少の雨は防げるので、慌てる必要はないだろう。バタバタしながら片付けを終え、挨拶もほどほどに車に戻る。息が上がったのは急いでいたからばかりではないだろう。しかぁ~し、駐車場には雨の1滴もない。T林さん達も逃げて来た感じではないのでまだまだやる気だろう。私も奥に入れば良かったかと今更ながらのタラ・レバ。荷物を積み込み、これまた久し振りのベイシアへと向かうのであった。
 
明日明後日は所用により竿は出せません
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2023年9月 8日 (金)

嵐の前の静けさ

台風13号が接近していて、深夜に静岡県に上陸との予報。
朝方、竜巻が発生するかもとニュース速報が出たが、幸い我が家付近には発生しなかった模様。
昨晩、夕焼けが見れてビックリしたが、さすがに今朝から雨。ただ、予想されたような強い雨ではなくシトシトと降っている感じ。
本当のこの後台風がやって来るのか?
 
最近はさまざまな話題があった。バスケ、ジャニーズとか。
今までなら何か反応していたのに、最近は何故かどうでもいい感じになっている。
ブログの更新頻度も今までない鈍さ。これは老化なのかもしれない。
釣りも最後に行ったのが7月初めで、遂に休竿期間が2ヶ月になってしまった。増沢の様子を見に行く事はあってもそれ以上はないままに2ケ月。果たしていつ再開するのか?ひょっとして秋の大会がそれになるかも。
 
Img_20230905_095012最後にメダカ。
外のトロ舟2つのメダカ達は集約して大きなたらい(ジャンボエンチョーで購入予定)に移動させ、トロ舟2つはベランダに移動させて室内稚魚をそこに移すという一大プロジェクトは、現在停まっている。
暑くてやる気が起きないのが一番の理由だが、これも老化なのかもね。
ただし室内外の水替えだけは暑くてもやっているので、多分大丈夫。
ベランダのバケツでは針子+稚魚がいるが、先住者3匹がやけに大きくなっていて、そこそこ生まれていた針子の姿がだんだん減っている気ガス。
今日、餌をやりながら見ていると、先住者が針子に突進しているのが分かった。どうやら食べているようだ。
栄養豊富な餌?を食べているから急に大きくなったのか。
先住者は何処かに移すしかなさそうだ。それとも針子がいなくなるまで放置?
 
天候もあって歩く事がかなり減って来た
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »