2024年4月 6日 (土)

今日の増沢

腹八分目(オイオイ)でモクレン通りをひた走ると、途中にもソメイヨシノの並木が満開になっているところがあって、それだけでも春の訪れを充分感じさせてくれる。
そして駐車場に着くと、しまった満車状態だ!よくよく考えると今日は土曜。そして桜が満開であれば人が寄るのは当然の成り行き。いつもはもっと早くやって来て竿を出してImg_20240406_122000いるので、混雑に巻き込まれることはなかった。そこまで頭が回らないとは、私もいよいよ前期高齢者の資格は充分か。
それでも偶然空いたところがあって停めることが出来た。やれやれ。
そこから橋に向かって進む。さすがの人混みだ。桜は満開を過ぎて散り始めている感じ。それはそれで風情があるとも言える。
Img_20240406_122132Img_20240406_122116へら師は常連のT林さんとⅠ藤さんとそれ以外に数人。釣れてるのかなぁ。
橋を渡って写真を数枚撮り、さっさと帰宅。
Img_20240406_122219Img_20240406_122341そう言えば、今朝外を見たら霧がかかっていた。スマホにも濃霧注意とあったが、確かに注意が必要だろう。私が外出するまでに霧は晴れていたが。
 
写真をクリックしても拡大しません。悪しからず
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2024年3月31日 (日)

散々な放流協賛増沢池へらぶな釣り大会

Dscf3894去年の11月以降竿を出せなかった私が、遂に竿を出せる。それが今日の放流協賛増沢池へらぶな釣り大会。今までは大体9時頃と出足が遅く、そのせいでもないのだが結果は思わしくなかったので、今日は初めて5時半過ぎに駐車場着。ちょうど参加者の方々が橋に向かって進んでいるところ。当然場所取りは済んでいるのだろう。
大会事務局の東屋で受付を済ませ、ひょっとしたら空いているかもと「かつての私のいつもの場所」へと向かうが、残念先客あり。仕方なく旧柳の木の奥に向かうと、そこにも先客。そこから更に奥に向かうのは億劫なので(オイオイ)、切られた柳の木のところに入る事にした。しかぁ~し、これがその後の散々な出来事のプロローグになろうとは、その時には思いもしなかった。
Dscf3888Dscf3891さあ準備しよう。竿は15尺でセットの底から。餌はいつものバラグル。半年近くのブランクがあって、手順がバラバラでモタモタ。おまけに底取りを済ませたと6時17分に餌を打ち始めると、何とウキの馴染みが出ない。底取りもでたらめだった。焦ってやり直して再開は6時半頃か。私の左の人はじきに竿を曲げ、こりゃぁ私にもいい事がありそうだと餌を打つが、ウキは一向に動かない。そうこうしているうちに左隣は竿を曲げる。私はDscf3889Dscf3890ただ餌を打つだけ。右隣と更にその向こう(浅場)の2人は私と同じく静かなまま。左隣は9時頃までに4匹をゲットするが、私のウキはシーン状態。何かしなければと出来る事はしたつもりだが、全く状況は変わらない。で、遠くNぼりさんが「ドボン」で竿を曲げているらしいので、私もそれにあやかりたいと「ドボン」を選択するが、状況は変わらず。結局しばらくして底に戻したのだが、11時頃に餌を打ち切ってしまった。で、底は諦めて両グDscf3892ルの宙をやる事にする。竿は12尺に変更(15尺だと頭上の木の枝に当たる事がしばしば)。餌はこれまたいつものグルテンにバラケとしてカルネバを少々。そして早めの昼食を摂りながら再開するが、やはりそんなに甘くないのが増沢。打てども打てどもウキに動きなく、虚しく12時のサイレン(鳴ったかな?)を聞く羽目に。左隣もご自身が言っていたが、9時を過ぎるとウキが動かなくなってしまったようだ。右隣の向こうの人は昼過ぎに帰ってしまった。参加者かどうかは分からなかった。私は「ナンチャッテ底」も試してみたが、ウキが動いた試しなし。そうこうしているうちに左隣が復活。2匹を追加。裏山から鹿が出るどころの話ではない。そして勝手に仲間だと思っていた右隣も遂に竿を曲げた。後で知り合いと話しているのを聞くと、あたりは2回あってそのうちの1回でゲットしたらしい。こちらも裏山から何かが出て来たような。既に5時間以上餌を打っている私は体力の限界。1時頃に餌を打ち切ったDscf3893のでそのまま早上がりする事にした。ついでに、今までなら凸でも参加賞を貰わないと帰らなかった(おまけに今日は伊藤さとしさんの餌教室がある)のに、今日はそれさえも億劫になっていて、車に荷物を積むとさっさと池を離れた。最早精も根も尽き果てて帰宅。横になったらちょっと寝てしまった。早起きは3文の得どころではない今日一日でした。
 
またしばらく竿を出すチャンスがない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2024年3月14日 (木)

今日の増沢

Img_20240314_104106好天続きに加えて時間の余裕が出来たので、河津桜の後がどうなったか昼前に増沢の様子を見に行った。
途中、モクレン通りは名に恥じない満開のモクレンが楽しませてくれた。知らないうちに季節は移ろっているのだ。写真はありません。悪しからず。
Img_20240314_104342駐車場にはそれらしきへら師の車はない。O合さんやO橋さん、それにO石さんのO型ブラザーズはどうしているのかな。池に向かうと、へら師は橋の下看板横とダム?そばの計2人だけ。T林さんはまだ出勤していないようだ。
河津桜はすっかり葉桜になっており、ソメイヨシノの蕾は固いまま。
Img_20240314_104702水量が多く、私のかつてのいつもの場所がすぐには見つけられなかった。
おっ、今月末の釣り大会のポスターハケーン!伊藤さとしさんが来るのか。諸事情をクリア出来れば参加したいなぁ。
風があって見かけほど暖かくないので、さっさとお暇。ただ、帰りにベイシア詣でに行ったのは言うまでもない。
 
もう5ヶ月くらい竿を出していない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (3)

2024年3月13日 (水)

今日のメダカ

今日は好天でも風が強い。だがしかし、何故か急に外のメダカの水替えをしたくなった。
昼前なので昼食を済ませてからでも良さそうなのに、ここは強引に水替え。
外に出てみたら、何と2つとも雨除けが外れたままになっていた。
最近大雨が降ったので、冷たい水が多量に入り込んだかもしれない。ホント、申し訳ない。ただ、溢れていなかったのがせめてもの救いか。
ガラス水槽からは約24リットルを浚いまた汲み出した。前回同様底の沈殿物が多くて、汲み出したバケツの底も見えないくらいだ。
残念ながら☆になった2匹をハケーン。他にも人知れず溶けてしまったものがいるかもしれない。
何しろ姿が見えないのだ。一体どれくらいが冬を越したのだろうか。
もう少し暖かくなってからでないと詳細は分からない。
トロ舟ではもっと悲惨で、ほぼ姿を見ることが出来なかった。水は底を浚うだけでは大した量にならなかったので、汲み出して計12リットルくらいを交換。この容器に入れた時には数十匹はいた筈。果たして現状は?
室内はまた気が向いた時にでもするとしよう。そうしよう(以下同文)。
 
釣りに行きたいなぁ。増沢の皆さんにも会いたいなぁ。
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

昨日の増沢

Img_20240213_121345昨日、空いた時間に増沢の様子を見に行って来た。
そういえば、もう2月。河津桜が咲いている頃だ。
今日は思いの外気温も高いので、きっとへら師も多いのではないか。
しかぁ~し、駐車場にはT林さん以外には知ったへら師の車はない。
で、何故かそのまま公園を離れてベイシアに。実はついでにデコポImg_20240213_121500ンを買いに行こうと思い立ったのだが、肝心のお金がない!ことに気付いて断念。
ベイシアで必要最低限の買い物を済ませて帰る途中に、ふと気付いた。
俺は河津桜を見るために増沢に行ったのではないか?
慌てて増沢へと向かう。
車から降りて橋に向かうと、おっ、やはり河津桜が咲いているではないか。
ただ、既に満開を過ぎている感じ。
Img_20240213_121615写真を撮ったがパッとしない。スマホのカメラと私のアームのせいだね、きっと。
へら師も確認出来たのはたった2人。T林さんも竿を出してはいない様子。
さて、桜があれば梅もある。紅白の梅を撮ったのだが、桜と同じくパッとしない。まさにトホホ。
さっさと池を離れた私だった。
 
竿を出せるのはいつになるか?
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2024年1月23日 (火)

最近の事

最近の事とは言っても、諸事情により大した事はしてないので、つまりはメダカと増沢。
一昨日、室内の4つの容器の水替えを行った。
その際に大きくなったスネイルを除去したのだが、栄養失調なのか殻が薄くて掴むと容易につぶれてしまった。
Img_20240123_113327メダカの方も実際それぞれに何匹いるのか不明(ガラス水槽では確認出来た)なので、早く水温が上昇する季節になってもらいたいものだ。
外のメダカ達には悪いが、今日からグッと寒くなったので、とりあえず餌だけやっておいた。
さて、今日は通院後に久し振りに(と言うか今年初めて)増沢の様子を見に行った。
駐車場にはT林さんの車以外にへら師の車を見つける事は出来なかった。車外では日向はまあまあ暖かい気がするのに対して日陰は風もあって寒い事!
Img_20240123_113350橋まで行って池の様子を覗うと、湖面は波立っていていかにも寒そうだ。
そんな中、へら師は橋の下(しも)日向側ダム?そばと橋の上(かみ)看板横の松の木の辺りに1人ずつ。
T林さんらしき人はダム?そばのへら師と喋っている様子。
今日は気温が低い上に風も強いのでこのくらいの人なのだろう。
帰りには久し振りにベイシア詣でをした。
 
明日からもっと寒くなるらしい
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2023年11月23日 (木)

時間を使っても釣れないものは釣れない@増沢池

いつかのブログ読者さんに急かされる?ように今日は増沢へゴー!今日は何としても宙までやるぞ!最近は短時間の釣りがほとんどで、底しか出来なかった。しかぁ~し、さあ今日は楽しみだなぁと駐車場に着く手前で気が付いた。今日は祝日だった!これはヤバい、混んでいるかも。車を停めて急いで池の様子を見に行くと、あれれへら師は確認出来ただけで4人。だがしかし、私が入ろうとする日向側の要所?には先客。トホホと思いつつも車に戻って荷物を降ろし池に向かう。そうです、O合さんのいつもの場所が空いていたので、そこに入るつもり。途中橋の上から日陰側ワンドにいたT林さんと思Dscf3883Dscf3882われる先客に挨拶したが返事が芳しくなかった。何故かは後で。釣り座に着いて台を設置しようとしたら、どうも傾いてしまうようだ。でも今更どうこう出来る訳もなく、さっさと続行。今日は12尺の底から始めるぞ。餌はいつものバラグルで。それにしても暑いなぁ。こんなに暑いとは思わなかった。ささっと底を取っての開始は10時24分。どうかな、釣れるかな?しばらく餌打ちを続けていると、背後から声が。あれっ、T林さんだ。となると、向かいにいるのは誰なんだろう。おそらくは知らない人で、その人に大声で挨拶してしまった私って一体・・・。T林さんからは放流協賛バッジを分けてもらった。堰堤(ダム?そば)に入ればいいのにと言われたが、場所的に危なそうなのでと言い訳。その後餌を打ってはウキの動きを見ていたが、一向に返す様子もなく時間だけが過ぎるお約束の展開。だがしかし、ウキに返し?が出始めた気ガス。そして11時前にいきなりウキがズDscf3884ルッ!マズイと思いながらも合わせれば、やった掛かりました。ただ、スレの雰囲気。しかぁ~し、寄せてみればバッチグー。やれやれ、今日も凸を免れた。まだ時間はあるので、もう1匹。だがしかし、その後は全くウキに動きなく、途中「床休め」とトイレ休憩するも効なく12時のサイレン。今日は宙がメインなので、底はもう終わりにしよう。そうしよう(以下同文)。昼食後に終了Dscf3885とした。結果、底では実釣1時間30分余で1匹。もう1匹くらいは欲しかったなぁ。さあ、いよいよ今日のメインエヴェント、宙だ。竿はそのままにウキと仕掛けを交換。餌は底の残りと新たに作るα21・わたグル・新べらグルテン。ハリスは45cm+60cmくらいにしたつもり。「たな」は仕掛けのままで再開は12時21分だ。まずは底の残りを打ち切る。餌を捨てる事はしません、それが省資源釣法(キリッ!)。全くウキが動かなかったが、大体30分くらいで打ち切って、さあこれからが本番だ。しかぁ~し、餌が変わったところで状況が変わる訳もなく、次第に「たな」が深くなっていく私。そうです、「ナンチャッテ」へと自然移行するんです(オイオイ)。しかぁ~し、ウキが弱く動いた気がしたのが1回だけで、こりゃぁダメだと再び「たな」を上げて行く。すると、最初の位置から40cmくらい深いところでウキの動きが良くなって来た。だがしかし、たまに出るウキの動きに反応しても手応えなし。まさにトホホのDscf3886展開だ。と、1時半を過ぎた辺りでいきなりウキがズバッ!と消し込んでやっと1匹目。よし、これからだ。すると2時頃からいよいよウキが釣れそうな雰囲気で動き始めた。ここが勝負だ!だがしかし、これも合わせても合わせてもカラ。ズバッとウキが消し込んでもカラ。じっと手を見る・・・。残念ながら1匹も数を増やす事なく2時33分に餌を打ち切り無念の終了となってしまった。結果、宙では実釣2時間余で1匹。トータルでは実釣3時間半余で2匹の体たらく。Dscf3887グッタリして片付け。と思ったら、いきなり左腕がこむら返りのようになり、左足もすねが攣りそうになった。これを何とか誤魔化して片付けを終え、対面T林さん(今度は間違いない)に挨拶して車に戻る。今日が祝日とあって駐車場は満杯になっており、家族連れがわんぱくゲレンデでそり遊びを楽しんでいるようだ。そんな中、今日は来なくても良かったのではブツブツ言いながら帰る私だった。
 
次回はもうないのかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2023年11月14日 (火)

パッとしないがこんなものかな?@増沢池

今日はやるつもりはなかったが、通院後にあまりの好天でつい竿を出す気になってしまった。もちろん行先は増沢。諸事情により通院が遅くなってしまったので、開始が昼頃になりそうだ。それでも竿を出したいとは、私も昔に戻ったかな?駐車場にはT林さんの車があったので、その横に停めてまずは池の様子を見に行くと、橋の上から日向側階段下にK田さん、ワンドにS我さんか。O石さんがいつもと違う看板横にいたので、声を掛け隣に入らせてもらう事にした。車に戻るとT林さんが車から荷物を降ろしていたので、挨拶して私も車から荷物を降ろす。そしてT林さんはいつもの日陰側深場ワンドへ、私はImg_20231114_120010橋へと向かう。いつの間にか日向側に行く季節になっていた。坂を下り、O石さんに挨拶して横に入り、さあ準備だ。O石さんは始めたばかりとの事。私も久し振りで段取りが悪く、モタモタしながら振り出し12尺でバラグルセットの底開始は12時4分。やはり12時を過ぎてしまったか。仕方ない、終了は遅くとも3時として昼食を摂りながらの餌打ち開始。しかぁ~し、何故かウキが流される。それにウキの馴染みが大きい気ガス。おかしいなと思いつつも数投打ってやっと気が付いた。底を取ったまでは良かったのだが、何と餌落ちを合わせるのを忘れていた。遂にボケが始まったか?慌てて餌打ちを合わせて再開すれば、やれやれいつもの底になったゾ(オイオイ)。だがしかし、だからと言ってすぐに釣れると言う訳もなく、しばらく我慢の餌打ちが続く。トイレタイムのS我さんが寄ってくれた。1匹出たが、その後がないとの事。厳しいなぁ。それでも12時半を過ぎる頃からO石さんのウキが動き出したようで、裏山から鹿が出て来た私だったが、何と私のウキにも動きが!そして1回カラを打ったImg_20231114_123419後にチク、でやった掛かりました!これは嬉しい、嬉しいですよ。さあどんどん行こうではないか。しかぁ~し、その後2回くらいウキが動いたものの特に何もなく、次第にウキが動かなくなってしまう。K田さんが1時頃に帰ったが、ウキが動かないとボヤいていた。お疲れさまでした。さて、1時を過ぎる頃から右にある橋の影が忍び寄って来る。これが掛かると30分くらいは寒さに震える事になるのだ(今はまだそれほどでもないけどね)。そして遂に影が覆いかぶさって来たので、ここはトイレ休憩で逃げよう(「床休め」とも言うらしい)。久し振りに長い階段を上ったが、思った通りしんどかった。ハアハア言って用を足し、ハアハア言いながら釣り座に戻る。まだ影は去っていないが、ウキには日が当たっていてバッチグー(古~っ!)。すると1時半を過ぎる頃にウキに動きが。「床休め」の甲斐があったか?そしてウキが多分動いたのだろうけれど、良く分からずに体が反応して合わせたら、やっImg_20231114_133640た2匹目ゲットだ!だがしかし、1匹目と同じようにその後がない。2時頃になって橋の影が私を通り越してO石さんに掛かり、O石さんもそれに合わせてトイレタイム。私はその間にもう1匹と力が入るも、何と痛恨の根掛かりでハリス1本をロスト。しかも上ハリスなので本来は底取りからやり直すのだが、面倒なので(コラコラ)適当に合わせてウキの馴染み具合で調整。しかぁ~し、そんないい加減でへらが釣れる訳もなく、ただ餌打ちが続くだけ。と、ここで何とお久し振りのO合さん登場だ。最近はずっと西之谷に行っていたようだが、良くないとバッサリ。また増沢に来た際には宜しくお願いします。その後はさっぱりのまま2時29分にImg_20231114_142906_burst1餌を打ち終え、今日の釣りは終わりとした。結果、実釣2時間余(振り出し12尺のリリアンに結んだチチワが外れるアクシデントもあり)で2匹。どないだ、これ?片付け開始。じきにO石さんも餌を打ち終え終わりとした。片付けを終え、O石さんの片付けを待って2人で駐車場に戻る。今日はまだそれほどキツクないが、これから寒くなると結構しんどいよ。駐車場手前で挨拶して解散。予定ではベイシアに寄る筈だったが、すっかり忘れていて家に直帰した。
 
次回はいつ行けるかなぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2023年11月 4日 (土)

今日も増沢

3連休は好天続きで気温も高いらしい。
今日も秋とは思えないくらいの日和で、竿は出せないが様子を見に行くくらいならと通院後に西之谷!へゴー!
この陽気に誘われるように多くのへら師が竿を出していたが、最近こちらにいると言われたO橋さんの姿が見えなかったのでさっさと撤収。写真はありません。
そのまま帰りのルートに乗り、ベイシアに寄るのも億劫だと思いつつも増沢の様子くらいは見に行ってもいいんじゃね?と方向転換。
Img_20231104_115223あっ、T林さんは元よりK田さんとS我さんの車があるぞ。さっさと車を停めて橋を渡る。
坂の途中松の木にS我さんハケーン。挨拶して様子を訊くと、ノーあたりだそうな。この陽気で?
そして駐車場では気が付かなかったが、坂の下にはO石さんだ。これまた挨拶して様子を訊くと、先日私と会った際には4匹、昨日は何と8匹をゲットしたと言うではないか。Img_20231104_120109素晴らしいデスネ。
O石さんと話し込んでいると、遠く階段下にいるK田さんが竿を曲げるのが見えたので、話もそこそこに遊歩道へと入る。
対面深場ワンドではT林さん軍団?5人が並んでいたが、竿が曲がったかどうかは分からなかった。
Img_20231104_120700K田さんはもう2時間近く餌を打っていてやっとあたりが出たらしい。陽気に騙されてはいけないね。
もう昼なので、頑張ってと言って遊歩道を戻る。
O石さんは1回あたりを見たがカラだったと。昨日も2時くらいから急にウキが動き出したようなので、まさにこれからと言ったところか。
また宜しくとその場を離れたが、S我さんの姿が見えないので坂を上ると、S我さんはトイレの帰りだった。
さあ、帰るとするか。さっさと池を離れた。
 
来週は好天ならぬ荒天で始まるらしい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2023年11月 2日 (木)

今日の増沢

今日は朝方多少はひんやりしたが、それも束の間陽が差してくると気温が上昇。暖かいを通り越して暑ささえ感じるほどだ。
そんな中、竿を出すのは叶わなかったが見に行くくらいならと増沢へゴー!
駐車場にはT林さんと豊橋ナンバーの車。あっ、O石さんの車がある。
急いで車を停め橋まで行くと、いましたよO石さん。いつもの坂の下だ。
そこまで歩いて行くのは当然ながら、最近あまり外に出ないので脚の筋肉が衰えたのか、何だかそれだけで疲れた気ガス。
まずは挨拶。9月頃からポツポツ竿を出しているそうな。
私も回数がかなり少ないので、タイミングが合わずに会えなかった。
久し振りなのでメダカその他の話をしたいが、つい声が大きくなってしまいがちなのでここは遠慮。
Img_20231102_130107それでもウキは動いていてズルッと入るあたりを見たが、残念カラ。だがしかし、その後もう一度ズルッと入るのに合わせれば、やった掛かりました!ただ、スレていないか。
寄せてみればバッチリ食ってました。流石デス。
それを見てお暇。私はこれまた久し振りのベイシアへと向かうのであった。
 
この陽気でも5,6人しかいないとは
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧