2019年6月14日 (金)

強風で釣りにならず?@増沢池

メダカは可哀そうだが、それは置いといて。

通院後に増沢へ向かうが、あまりに風が強くてちょっと考え物だ。それでも駐車場に着けば、O合さんO石さんT林さんのお三方は既に来ている。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、まるで真冬のようなビュービューと強い風が吹きまくっている。橋も少し揺れているようだ。私が入りたい、かつてのいつもの場所は空いてはいるものの、ドバドバと波が押し寄せている様子を見ると、来なければ良かったのではと気持ちが萎えるが、そこは踏ん張って竿を出す事に。車に戻って荷物を降ろし池に向かうDscf0806と、とても竿を出す雰囲気ではない事が分かる。でもやりますよ。さっさと釣り台をセット。竿は短い方がいいだろうと9尺。もちろん底。餌はいつものバラグルセット、と思ったら、わたグルが切れている。で、α21単体でやる。底も取り辛いところを無理矢理多分これだと合わせて開始は10時36分。しかぁ~し、第一投からウキのシモリまた流され具合が凄すぎて一気にやる気が失せる。これは「ドボン」以外の選択肢はない。が、ドボンに流用出来る仕掛けは13尺しかないので、それは無理。仕方なく9尺のオモリを巻きなおしてユルユルにして代用。そしてトップ3目盛が出るようにセットして再開。かなりオモリを追加したつもりだったが、それでも多少は流されてしまうくらいに風・波が出ているのだ。しかぁ~し、じきにウキが動いた?これはやったでしょう!と合わせると、残念引きがない。それもその筈、大きなビニールの袋だった。ガクガクッ。とかしていると、11時頃にトイレタイムのついでにO合さんが様子を見に来てくれた。奥でも状況は同じでウキは動かないとの事。私はこの状況なら午前中で終わると告げた。O合さんが去ると、入れ替わるように1人やって来て、柳の木の奥に入った。この状況で今からやるとは素晴らしい?と、ここで餌を打ってウキが立つや否や消し込み、慌てて合わせればやった掛かったでしょう!しかぁ~し、竿を止めてみると引きがない。うわぁ、またもビニールか。寄せて道糸を持ち手繰り寄せると、途中から何やら見えて引きが出て来たではないか。何か掛かっている!しかも引きがへらではない。すぐそばまで来ているのになかなか寄らず、懸命に竿を操って寄せようとするものの、無理。立ち上がってもどうしDscf0807ようもない。個人的には5分以上格闘した感じで、やっと一瞬浮き上がって来た正体が判明。甲羅が40cm以上あるスッポンだ。しかも両鈎が掛かっていて、切れてくれよと祈っても切れず。それでも1本が切れたので道糸を持って手繰り寄せると、ようやくもう1本が切れた。ただただ疲れた。写真はかろうじて撮れたが、分かり辛いだろう。とにかく一段落。グッタリしてハリス総交換。そして再開は11時20分頃。気分は凸まっしぐら。しかぁ~し、まさに午前中のGTなのか、ウキに動きが出て来た。が、ウキDscf0808が動かないのにスレバラシ2回で鱗2枚。へらが寄っているのは間違いない。そして遂にその時が来た!ウキがスッと入るのに合わせれば、やったとうとう掛かりました!あれっ、引きが弱いな。まさかこれだけ苦労して放流か?上がって来たのはとりあえず放流ではないとしておこう。でないとやる気がDscf0809なくなるから。更にGTは続き、ほどなく2匹目。よしよし、これで十分帰れますね。そして12時のサイレン。しかぁ~し、その後あたりは出てもカラ。で、一旦トイレタイム。帰ってから昼食を摂り再開すると、何故かあたりが出て3匹目。よしこの調子なら第2目標くらいは行けるかも。しかぁ~し、その後はバッDscf0810チグーのあたりでも掛からず。一体何が変わってしまったのだろうか。そして12時47分に無念の終了となった。結果、実釣2時間10分で3匹。この風・波の中では充分でしょう。それにしても今日はカラが多かったなぁ。特に食い上げと思われるあたりでは3回ウキのボディまで見えそうになっても掛からDscf0811なかった。不思議だ。片付け。ここで何故か風・波が弱まった。何故だ、何故なんだぁと思ってもアフター・フェスティヴァル。片付けを終え、柳の木の奥に挨拶して車に戻る。最近はとみに体力の低下が目立つようになり、息切れもはなはだしい。もっと少ない荷物で釣りが出来るようになればいいのだが、ヘラブナ釣りでは無理か。さあ、メダカも気になるのでさっさと帰ろう。グッタリして帰途に付いた。
 
そして1つ前のメダカの記事に戻る
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

気負い過ぎて空回り@増沢池

やっと釣りが出来る環境になった。メダカはとりあえずエアレーションをかけておいて、増沢へゴー!しかぁ~し、今朝は一旦5時半頃に起きたのだが、記事を投稿してから再びうつらうつら。ハッと目が覚めたのは7時半過ぎでオヨヨ。急いで朝食を摂り出掛けたのだが、駐車場に着いたのは9時近い。O合さんKさんは来ているようだ。Dscf0797私はまずは橋まで行って日陰側いつもの場所に入れるか確認すると、ゲゲッ先客あり。仕方なく荷物を降ろしてとりあえずはいつもの場所方面に向かう。先客に挨拶して、旧爆釣ポイントに(無理矢理)入らせてもらう。先客は底でやっていて、竿を曲げ続けている。しかも放流ではない。私はどうだろうか。竿は11尺の底から入ろう。餌はいつもの夏・冬・マッハ。ウキはトップの細いもの。水は昨日の雨で泥色。風はない。遠く対面階段下にはKさん、こちら側深場整地された辺りの奥の方にはO合さん。底はささっと取って開始は9時18分。隣のように早く竿を曲げたいと言う気持ちばかりが先走ってしまうが、ウキは動かず。あっという間に開始30分。これは厳しいなぁ。しかぁ~し、ウキが返すようになって来Dscf0798た。そしてカラを2回打った後の10時前にやっと1匹目ゲット。放流でも何でもノー・プロブレム。一週間ぶりの手応えだった。ただ、ハリスがぐしゃぐしゃに絡んでおり、しばらくは根気よく解いていたのだが、解けず。しかも解けたとしてもパーマが掛かるのは必至。で、癇癪でDscf0799はなくハリスを交換。そして再開すると、しばらくして2匹目。これも放流だが文句は言いません。言いませんが・・・。しかぁ~し、その後は再びウキの動きが悪くなり、無理に合わせてスレバラシではオヨヨとしか言いようがない。開始1時間を過ぎ、ウキ下の微調を繰り返すものの芳しくない状況は続く。しかも、風向きが変わって左からゴミがわんさか流れてきてしまい、これに道糸やハリスが乗っかって釣りにならなくなって来たぞ。それでもDscf080010時半過ぎに3匹目をゲット。これは放流ではありませんよ、絶対。さて、餌の残り具合から第2目標は目指せなくはないが、難しそうだ。O合さんがトイレタイムのついでに寄ってくれた。今日は厳しく、まだ1匹との事。お互い頑張りましょう。しかぁ~し、その頑張りも虚しく10時59分に餌を打ち切って終了。結果、午前の部では実釣1時間40分で3匹。気Dscf0801合の空回りとはこの事か。隣が裏山鹿~。さあ、次は本来なら「トロ掛け」をやるつもりだったのだが、隣に気を遣えばやれないでしょう。まずはトイレに行って来よう。そうしよう(以下同文)。さあ、どうする!とにかく宙はやりたいが、あまりバラケる餌を打っても睨まれそうなので、ここは両グルの宙だ。これなら良いかなと勝手な判断。竿は9尺に変更し、餌はいつものα21・わたグル・新べらグルテンを通常なら1時間半分作る。そして再開は11時16分。とは言え、いきなり浅い「たな」で打っては隣に悪いので、まずは「ナンチャッテ」から入ろう。そしてジリジリと「たな」を上げて行く算段。そして再開するが、当然ながらウキは動かず。Kさんが早めの終了。橋の上から声を掛けて来た。今日はあまり良くないと言うので、あまりではなく「かなり」ですと返す。お疲れさまでした。さて、しばらく隣の様子を伺ってから、少しずつ「たな」を上げていつもの両グルの宙に。そして本来はバシバシと餌を打つのだが、やはり遠慮がちになってしまう。餌打ちのインターバルも当然の如く長くなって、ウキは全く動かない。O石さんがやって来て、対面看板横に入った。さて、12時のサイレンを機に再び「ナンチャッテ」に戻すと、あら不思議ウキが動き出したぞ。しかぁ~し、あたってもあたってもスレバラシばかり。その上ハリス切れまで出てしまっては Oh My God!どうせならと昼食を摂りながら続行する。しかぁ~し、状況は変わらず1時近く。「ナンチャッテ」のおかげで?餌がまだかなりある。これを上手に使い切るにはちゃんとした底をやろう。竿はそのままでウキと仕掛けを交換し、しっかりと底取り。そして再開は1時1分。ゴミは相変わらず行ったり来たりを繰り返しており、その隙間を狙っての餌打ちが続く。隣は午後になってからペースが落ちて来た。私もこのままでは午後の部は凸で終わりそうなので、何とかしないと。Dscf0802すると、ウキはすぐに返すようになった。これは「ナンチャッテ」で餌を打っておいたからか?そして返したウキがチクッと入れば嬉しや1匹目ゲットだ。しかもトータルでの第2目標にリーチ。今日はこれしか目指すものがない。すると、しばらくしてまたもチッ!というあたりでDscf08032匹目ゲット。悲しくもこれしかないミッションをクリア!でも両グルの底でもう3匹(単独での第2目標)は、残りの餌の量もあって無理かな。とりあえず打ってはみるけど・・・。すると、小さなあたりで竿が伸され、外れた。そして遠くで結構なサイズのへらが跳ねた。これが外Dscf0804れた奴かぁ。しかぁ~し、諦めはまだ早いと、その後1時半を過ぎて何と1匹追加出来た。しかも今日一番のサイズ。もういい、もういいでしょう。2時2分に餌が尽きて午後の部も終了。結果、午後の部では実釣2時間50分弱で3匹。1時になるまでの無駄な時間が響いた。トータルでは実釣4時間半弱で6匹。いずれもちゃんとした底で釣れたが、喜べなDscf0797いなぁ。片付け。隣は私が止めてじきに竿が曲がる。やはり私が邪魔だったんだと思うと申し訳ない。もしこれが逆の立場だったら、私は一応どうぞとは言っても気分は良くなかったかもしれない。ホント、申し訳ないアゲイン。片付けを終え、隣とO石さんに挨拶して車に戻る。もうグッタリ。腰も痛い。さあ、今日は久し振りにベイシアに寄って帰ろう。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
次回からもう少し早く来て余裕のある釣りをしよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

梅雨入りの前に竿を出す@増沢池-その2-

今日のミッションは3匹。これでトータルでの第3目標を目指す。更にもう2匹追加出来れば単独での第2目標。もっと欲を出せば、単独での第3目標といったところか。Dscf0787まずは様子見で餌をどんどん打って行く。すると、12時のサイレンを聞いてじきに弱く入るウキの動きで1匹目。ただ、グルテンで打つと何故かサイズが小さくなってしまう。この後もそんなに大きなものは出なかった。さて、その後もウキは弱くは動くのだが、なかなかあたりにならず。そDscf0788Dscf0789れでもポツポツと12時半過ぎまでに2匹を追加して、まずは第1ミッションクリア。もうこれ以上は望めないかもしれないなぁ。なかなかあたらないのDscf0790で、それではと1時前にグルテンカスが付いた鈎で打ってみたら、あたりはなくても掛かりました(いわゆる「掛かってます!」って奴ですね)。これは・・・。嬉しいことに変わりはないけれども、何故か寂しさが付きまとうのは何故だろう(分かってるくせに)。とにもかくにも単独での第2目標にはリーチとなった。すると、これも何故かは分からないが急にウキの動きが良くなったものの、ズバッ!ズバッ!と消し込み連発のカラでガクガクッ×ガクガクッ×・・・。「カラツン上等!」とか言いたい気もするが、そこまで心の余裕がない私、合わせる度にアーッ!と言う声が池全体に響いていたかもしれない。しかぁ~し、これまた何故かDscf0791Dscf07921時を過ぎてやっとあたりに合うようになり、ポツポツと2匹を追加すれば、第2ミッションもクリア。が、またも間が空くバラバラの展開。私に出来る事はDscf0793Dscf0794グルテンを柔らかくするだけ。すると、午後のGTが前倒しになったのか、再びあたりに合うようになって、餌が尽きた1時36分までに3匹を追加。残念Dscf0795ながら第3ミッションには届かなかった。ここでも空鈎で打ってみたが、今度はさっぱりでさっさと終了。結果、午後の部では実釣1時間40分で9匹。両グルとしてはまあまあではないか。トータルでは3時間40分で16匹となった。私にとって時間5匹はなかなか超えられない壁になってDscf0796いる。予定時刻を少しオーバーしているので、さっさと片付けを終えて車に戻る。さあ、帰ろう。今日はまあ前回並みとなったので、そんなに不満はない。これまたさっさと家路に就いた。
 
いよいよ梅雨入り。しばらく釣行はないので、メダカに専念だ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

梅雨入りの前に竿を出す@増沢池-その1-

昨日はY!天気で雨雲が掛かると出たので、雨が降るのではと躊躇して釣行しなかったが、今日は晴れ。午後から通院があるが、明日から梅雨入りしそうなので、その前に少しでも竿を出しておきたい。で、医院の予約を済ませてから増沢へゴー!駐車場着は9時頃か。O合さんの車はあるが、もうやっているのかな?車を停めて荷物を降ろしていたら、池の様子を見に行っていたらしいO合さんが帰って来た。ここ最近は底は良くなくて、昨日も3枚だった。場所は空いているかと訊くと、空いているとの事。Dscf0776それなら今日もかつてのいつもの場所に入ろう。しかぁ~し、池に降りて行くと、先客あり。更に柳の木の奥にも1人。空いていると言ったのにぃ・・・(空いていたのはおそらく深場整地された辺りの事だと思う)。仕方なくお二人に挨拶して、私は旧爆釣ポイントに入る事にする。今日は時間がないので、前後半宙でやるつもり。まずは11尺を出す。そして餌はカルネバ・マッハ。すると、私の準備中に右の先客が終了。訊くと、餌を打ち終えたからとは言うが、私が来たからかもしれない。弱ったなぁ。私は9時半に餌打ちを始め、数投打ったところで右隣が帰ったので、そそくさと場所を移動。そして再度台を据える。やはり頭上が気にならない場所がグー。ただし、太陽の直射がギンギン。暑いよ!それでも傘は出さず再開すると、じきにウキがモヤモヤ。そして小さく入るあたりらしきウキの動きに合わせれば、Dscf0777Dscf0778やった早くも掛かりました!しかもグーなサイズ。35cmはあるぞ。こりゃぁ幸先良い。さあどんどん行こう。前回並みに釣れればいいけどなぁ。そしてDscf0779Dscf078110時までにもう1匹追加すれば、今日もそこそこ釣れそうな気がして来たゾ。更に10時を過ぎて2匹を追加。まずは第2目標にリーチ。しかぁ~し、次Dscf0782のあたりでは凄い引きだったが、寄せてみればそれほどでもないサイズのスレでガクガクッ。しかぁ~し、腐りながらも餌を打てば、あたりの連荘!でやった5匹目もグーなサイズ。これでかなり気が楽になったゾ。ところが、その後は何故かウキの動きが悪くなってしまう。そんなところへKさん登場。今日は体調不良で竿は出さない。昨日はOさんも来ていたが、底は厳しかったとの事。O合さんと同じですね。Kさんが見ている前で何とか1匹をと張り切るが、何しろあたりが出ない。11時近くになってやっとあたりが出、これに合わせてはみたものの、スレでガクガクッ×ガクガクッ。Kさんは奥の様子を見に行ったが、私のウキDscf0784は芳しくない動きばかり。鱗を数枚ゲットしたのみ。再びKさんが戻って来たところで、やっと放流をゲットだ。5匹目から約1時間が経っている。まさにトホホ。Kさんは帰った。お疲れさまでした。それにしても、今日は厳しいなぁ。前回の半分しか釣れないぞ。おまけにそろそろ餌が終わDscf0785る。頼む、何とかあと1匹!すると、11時半近くになって午前中のGTなのか急にウキの動きが出て来て、ズバッ!という消し込みで7匹目。これは大きいゾ。さあ、餌の残りはあとわずか。少しでも数を増やしたいと頑張ってみても結果は出ず、餌が尽きた。で、いつものように鈎なしDscf0786で打ってみたら、いきなりズバッ!とウキが消し込み、やったと合わせるが残念ハリス切れで終了。時刻は11時42分。結果、午前の部では実釣2時間(移動時間等除く)で7匹。とにかく時間がない(遅くとも1時半には終了)ので、次だ次。と、その前にトイレタイム。それから竿と仕掛けはのそのままで、ハリスを30cm+45cmに変更し、餌はα21・わたグル・新べらグルテンを大体1時間半分作る。そうです、午後の部は両グルの宙。「たな」は変えずに再開は11時55分。餌を打ちながら昼食。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

そこそこ釣れたか@増沢池-その2-

午後の部のミッションは、とりあえずは3匹釣ってトータルでの第3目標を狙う。更に余裕があれば単独での第2目標、もっと欲をかいて単独での第3目標もあればいいかなくらいで。ちょっと深めの「たな」で開始するも、じきにウキは動き出す。ここまでは底と同じ。ただ、あたりらしき動きを見せるまでには相当の時間が掛かりそうな気Img_20190604_123439がする。それでも12時半を過ぎて小さく入るあたりで1匹目。良かったぁ、釣れて。それにしても9尺の時に比べてウキの立つ位置が遠いなぁ。と、ここで奥の方からザわさん登場。奥では結構竿が曲がっている様子。多分O合さん以外は宙だろう。さて、ザわさんが見ている前で何とかImg_20190604_125553Img_20190604_1257531匹を釣りたいところ。すると、1時近くに何と連荘!で2匹を追加。あっという間にミッションクリアはちょっと拍子抜けか。これは素晴らしい。と言っても私のアームとは無関係で、カルネバ・マッハのタッチがいいからではないだろうか(個Img_20190604_130922Img_20190604_132054人の見解です)。その後もポツポツと気が付けば単独での第2目標までクリア。ザわさんは1時半過ぎに帰った。岡ジャミお疲れさまでした。さて、更にImg_20190604_134030Img_20190604_135158あたりを拾っていくのだが、ザわさんがいなくなるとあたりも遠くなって来た。それでも2時までに3匹を追加すれば、予定をオーバーして単独での第Img_20190604_135409Img_20190604_1415333目標まで見えて来たか。そして午後のGTにはまだ少し早い気もするが、ポツポツとあたりを拾って単独での第3目標もクリア。更に餌が尽きた2時3Img_20190604_141910Img_20190604_1424479分までに2匹を追加して、嬉しや午後の部では実釣2時間20分余で12匹をゲット。これは竿のおかげでしょうか。同じ餌でも9尺の時にはそんなにImg_20190604_143353釣れた記憶がないから。そしてトータルでは実釣3時間50分で19匹。惜しい、時間5匹には微妙に届かなかった。それと、今日は放流がやや多かった気がする。でも、まあいいか。と、ここでトイレタイムのO合さんがやって来た。午後も厳しかったようだ。もう終わると言う。お疲れさまでImg_20190604_143930した。お先に失礼します。片付けを終えて車に戻る。最近は疲れが抜けにくくなっているが、これも老化が進んでいると言う事なのだろうか。さあ、今日は帰ってからビッグ富士に行くので、ベイシア詣ではありません。さっさと荷物を積み込み、さっさと家路に就いた。
 
メダカはまだ元気でした
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

そこそこ釣れたか@増沢池-その1-

今朝はメダカの生存を確認し、餌をあげてから通院。それから増沢へと向かう。10時半頃から始められればいいかな。駐車場にはO合さんT林さんの車。さて入れそうなところはあるかなと荷物を降ろしてかつてのいつもの場所方面へと向かうと、ゲゲッ、わたしのかつての(以下同文)には先客。それに柳の木の奥にはKさんがいるではないか。Kさんはこれから始めるところ。今日はやるつもりでなかったが、ちょっとだけ竿Img_20190604_1023421を出す。さて、奥の先客に挨拶し、私は旧爆釣ポイント付近に入らせてもらうとしよう。と、ここで先客が終わると言うではないか。まさか私がそばに入るので嫌がっての終了か。一応それらしく訊いてみたら、2時間で3匹出たので十分だと言う。ホントでしょうね。信じますよ。お疲れさまでした。で、私はかつてのいつもの場所へと移動。ついでに忘れて来たタオルを取りに戻る。さあ準備しよう。今日は11尺でやるぞ。餌はいつもの夏・冬・マッハ。ウキは極太のトップのものを採用。これじゃあたりが出ないかもね。大体底が合っていたので、開始は10時29分。それにしても水が汚いなぁ。油膜のようなものがべっとりだ。風・波はないのでウキの視認性に問題はなさそう。細いトップのものに替えようかな。すると、しばらくしてウキが返すようになったので、それはペンディング。これで釣るぞ。しかぁ~し、ウキの動き出しは早くてもあたるとは限らない。それに太いトップでは余計にあたりを捉Img_20190604_104431えられなさそうだ。それでもウキは返しまた弱くモヤモヤ。そして極小さく入った(と思われる)のを見逃さずに合わせれば、やったとりあえず釣れました!だが、これでは神経が疲れてしまう。で、ウキを細いトップのものに交換。ささっと底を合わせて再開すると、11時までにポツポツと2匹Img_20190604_105319Img_20190604_105706をゲット。これは正解でしょう。よし、このまま第2第3目標を目指そうではないか。だが、続かない。と、時間なのかO合さんがトイレタイムのついでに寄ってくれた。今日は厳しいようで、まだ2匹との事。O合さんが去った後に、ここで珍しいものを見た。右前方から何かがこちらに向かって泳いで来る。ゲゲッ、ビーヘーか?それにしては水が動き過ぎるし、何やら茶色のずんぐりした動物だ。あっ、顔の先が尖がっているし、前足がやけにデカい。これはモグラだ。ただでさえめったに見ないモグラが、しかも泳いでいるとは。これは写真に撮らなければ。で、岸近くに来たところで「たも」で掬いスマホを出そうとしていたら、モタモタしているうちに2回逃げられて、2回目に釣り台の下に入ったかと思ったら、そこから見失ってしまった。従って写Img_20190604_111237Img_20190604_111427真はありません。残念至極。さあ、気持ちを切り替えて続行だ。すると、何故か連荘で2匹をゲットすれば、よしよし第2目標クリア。餌がやや残り少Img_20190604_113404Img_20190604_114650ないが、何とか第3目標に届かないかな。しかぁ~し、あたりは続かない。11時半を過ぎ、1匹ゲットしてあと4投分。すると、ラス前々前に7匹目ゲット!あと3回で1匹ずつ、またはダブルでもいいですよ(オイオイ)。第3目標やーImg_20190604_115603い。しかぁ~し、食い上げまがいやカラツンで結局数を増やせず、11時56分に虚しく餌を打ち終えた。結果、午前の部では実釣1時間半弱で7匹。前回前々回よりはずっといい結果。これは竿を長くしたのとウキを替えたののどちらが影響しているのだろうか。さあ、次は宙。と、その前に昼食。トイレはタオルを取りに行ったときに済ませているのでノー・プロブレム。Kさんは予定があるからと帰った。お疲れさまでした。昼食後に竿はそのままでウキと仕掛けを交換。Kさんと同じく両ダンゴでやってみる。餌はカルネバ・マッハ。そして再開は12時18分だ。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

写真の削除

ココログから借りているブログの容量は2GBなのだが、何度となく満杯近くまでになっている。
で、最初は古い記事を削除すればいいと安易に考えて実行してみたが、容量が一向に増えない。
で、もう少し考えてみたら(最初からそうしろよ!)、何と記事の削除ではテキストだけが削除されるため、容量にはほとんど影響しないのだ。
容量に効いているのは写真だった。写真は記事の削除では削除されない事にはさすがに気付けなかった(トホホ)。
削除された記事は復活不可能なので、あ~あ、と言う感じ。
で、それなら増沢での釣行記事の写真を削除すればいいと思いつき、今まで数回やって来て寿命を延ばして来たのだった。
が、最近再び容量不足が危機的になったので、今日は思い切って2010年までの増沢釣行の写真をバッサリと削除した。随分手間がかかった。
削除しながら、あの頃は今より釣れていたなぁ等と感慨にふけってしまった。
どうして今はあまり釣れないのだろうか。肘から先がダメになっているのか。
とりあえずある程度は確保出来たので、今日のところはこれで終了。
 
メダカ2匹はまだ大丈夫
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

だんだん釣れなくなって来た@増沢池-その2-

今日のミッションはとりあえず2匹釣ってトータルでの第2目標をクリアする事。更に言えば、昨日とおなじくらい釣ってトータルでの第3目標にも行き着きたいところ。まずはいつも通りウキが馴染んだら1,2回誘ってから餌を切る、を繰り返していると、じきにウキが動き出す。これはいいぞ、昨日くらいは釣れるかもと、極甘な予感。しかぁ~し、これまた底の時と同じ、はたまた昨日と同じように、ウキのモヤモヤからのあたりにはなかなかならない。しかも、あたったかと思えばカラ。一気に難しい釣りになってしまった。やはり皆さんと同じように両ダンゴにすべきだったかとタラ・レバしてもアフDscf0771ター・フェスティバル。そのまま虚しく餌を打ち続けるが、12時半を過ぎて遂に決断(大袈裟)!「たな」を深くしてみる。すると、すぐにウキが動き出し、しばらくしてウキがズバッ!やったこれだと合わせれば、嬉しや1匹目ゲットだ。ちょうどそこへ岡ジャミKさん登場。今日は法事Dscf0772の後に見学にやって来た。と、ここで再びのズバッ!で連荘2匹目ゲット。これは素晴らしい。何故急にとは思うが、まあいいでしょう。Kさんは奥の様子を見に行ったが、それと並行するようにあたりが遠くなる。1時を過ぎてKさんが戻って来た。すると、何故か急に消し込みが出る。残念バラシたが、Kさんが幸せの女神なのか。更に次の餌打ちでもズバッ!残念これまたバラシ。しかぁ~し、その後は消し込みはなくなってしまう。そしてあたりはあっても一向に掛からない私の釣りに飽きて、Kさんはじきに帰った。岡ジャミお疲れさまでした。さて、Kさんがいる間にはちょっと恥ずかしくて出来なかったが、1時半を過ぎていつもの「ナンチャッテ」へと移行する。餌も残り少ないし、ここは「ナンチャッテ」と心中だ。すると、これまたじきにウキが返すようになり、あたりらしき動きまで出る。やはり底ではダンゴよりグルテンなのか。次回は両グルまたはバラグルセットでやってみよう。そうしよう(以下同文)。さて、その後もウキは動くのだが、肝心のあたりはカラまたはバラシで、さっぱりのまま2時を迎える。餌もあとわずか3投分。するDscf0773と、ここからが今日の真骨頂?まずはラス前々にあたり!そして遂に掛かりました!「ナンチャッテ」様様だなぁ。更に次の餌打ちでもあたり!そして掛かりましたよへらではない何かが。そうです、今年初めてと言っていい掌サイズのブルー。あのピキピキという引きが気持ちDscf0774をグーンと下げたので、ここはご退場頂きました。そして遂に最後の一投。すると、ウキが馴染んでからモヤモヤ。そしてチクッ!やったあたりの3連荘で「上がりべら」ゲットだ。う、嬉しかぁ・・・。時刻は2時15分。結果、午後の部では実釣2時間弱で4匹。トータルでは実釣3時Dscf0775間10分で7匹。なかなか厳しい結果となってしまった。そうそう、柳の木の奥の先客は静かに帰った。あまり竿が曲がらなかったようだ。片付け。今日は底でもっと釣れる筈やって来たものの、残念昨日と変わりなかった。ただ、両ダンゴでなければもう少し釣れるかもしれない。片付けを終え、車に戻る。今日はメダカが心配なのでベイシアにも寄らない。さっさと家路に就いた。
 
メダカについては2つ前の記事で
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

だんだん釣れなくなって来た@増沢池-その1-

今日は通院後の釣行は予定していなかったので、一旦帰宅してカメラを持ち、増沢へゴー!何故急に行く気になったかと言うと、予報が曇りで風も弱く気温も上がらないとあった事と、底の調子が凸スレスレなのが納得し難いから。ただ、時刻は10時を過ぎており、あまり長い時間は出来そうにない。駐車場にはO合さんとT林さんの車。まずは橋まで行って入れそうなところがあるか確認。私のかつてのいつもの場所が空Dscf0766いているので、これ幸いと車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。しかぁ~し、釣り座の両側にはへらの死骸。これを岸から離すのに必要な棒が、確か前に入ったところにあったのを思い出したので、それを取りに行くついでに奥の整地された辺りのへら師に挨拶。そして帰り道、柳の木の奥の先客の状況を訊こうと思ったら、何と足元に死骸がゴロゴロしているではないか。どうやらここが吹き溜まりのようだ。釣り座に戻り、棒で死骸を押し出す。こうしてオーバーフローから落とすのだ(それでいいのか?)。さあ準備しよう。最初はもちろん底から。昨日と同じ仕掛けで餌だけ夏・冬・マッハとする。そして再開は10時41分。12時前に底を終えれば、午後は宙で2時間位出来そうだ。さて、餌を打ち出したまでは良かったのだが、昨日と違ってウキは動き出さず。おかしいなぁ、いないのかなぁと思いながら餌打ちを続けると、11時を過ぎた開始30分ほどでやっとウキが返し始めた。さあこれからだと意気込むものの、ウキの動きは昨日と変わらずあたらない。そしてあたったとしても軽いバラシばかり。11時半近くになり、こりゃぁ今日は凸の予感がして来たゾ。マズイ、返り討ちが濃厚だ。しかぁ~し、やはり午前中のGTはあるようで、あたりが出始めた。しかぁ~し、しかぁ~し、バッチリのあたりで「変わり身の術」の連荘!あれは絶対にへらだ。木の枝ではない。更に次のあたりでようやく掛かったかと思いきや、今度はバラシでガクガクッ。それに今日も2時間分くらい作った筈の餌が残り少ない。おかしいなぁ、そんなに無駄に合わせたのかなぁ。と、ここでようやくあたりに合Dscf0767Dscf0768って1匹目ゲットだ。う、嬉しいゾーッ。すると午前中のGT間違いなしの連荘!で2匹目。これで昨日よりは数が出た(1から2。まさにトホホ)。しかぁ~し、餌が尽きて無念の終了。ガックリして餌の付いていない仕掛Dscf0769Dscf0770けを放り出し、終了の写真を撮る。そして竿を上げたら何と「掛かってます!しかも空鈎に」。もちろんカウントしますが、何か。更に欲を出して空鈎で打つと、スッとウキが入ってやった2匹目か?残念バラシたので、ここでホントの終了だ。時刻は11時53分。結果、午前の部では実釣1時間10分で3匹。うまい具合に餌が終わったので、午後は宙で2時間は出来るぞ。と、その前にトイレタイム。帰りに深場整地された辺りに寄って情報収集しようと思ったら、O合さんは底で2匹。他は皆さん宙で釣っているようだ。空鈎で釣れた事を報告し(人呼んで「カラバリときらめくストリングス♪」)、釣り座に戻ってまずは昼食。それから次の準備だ。他のへら師は両ダンゴのようだが、天邪鬼の私は両グルで行く。仕掛けがそうなっているからと言うのは秘密です?餌はいつものα21・わたグル・新べらグルテンで、バラケは作らない。ちょっと風・波が出始めたが、ノー・プロブレム。時刻は12時17分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

リベンジ?オー・ノー!@増沢池-その2-

「たな」は前回のままで開始は10時7分。まずはウキの馴染み具合を見ると、まあまあいいんじゃないの。そして2投目からウキが動き出した。しかぁ~し、すぐにもあたりDscf0751が出るかと思いきや、そうでもない。で、一応ウキが馴染んだら餌を切る、でやっていたのだが、10時半頃に餌を打ってふと下を向いたその瞬間に、竿先が水中に引き込まれたではないか。慌てて合わせれば、やった掛かってます?何だかパッとしないなぁ。あたりを見てDscf0752合わせるという形でなくては釣りは面白くないゾ。しかも、それからしばらくは底と同じようにフワフワ状態に。あたらない。11時近くにやっと2匹目ゲット。少なくとも宙で4匹は釣ってトータルでの第2目標くらいにはしないと。しかぁ~し、一向に状況は変わらない。そしてハリスDscf0753切れ連発。11時から11時半までにはたった1匹。そろそろ午前中のGT来るんじゃない?目標達成、成るんじゃない?どうだろう?あれっ、Kさんが終わったみたいで、橋の上から声を掛けて来た。今日はへらに遊んでもらえなかったとの事。お疲れさまでした。ん、何故か急にDscf0754Dscf0755ウキの動きが良くなったゾ。これが午前中のGTかも。そして1匹を追加すれば、嬉しやトータルでの第2目標クリアだ。しかも、餌Dscf0756が尽きる寸前には連荘!も出て宙だけで第2目標クリア。しかぁ~し、11時55分に餌が尽きた。結果、宙では実釣1時間50分弱で6匹。隣はK子さんと言う人らしいが、前回と同じく宙でバシバシへらを引っ張っている。裏山の鹿は何処?さて、腹が減っているが、まずはトイレDscf0757タイム。それから昼食を摂ろうとした時に12時のサイレン。さあ、次はどうしようか。予定では「トロ掛け」か天々主体の餌で両ダンゴとは思っていたが、ここで急に両グルの宙をやりたくなった。あれだけウキが動くのなら、ひょっとして行けるかも?竿と仕掛けはそのままで、ハリス長は40cm+60cmくらい(実測ではない)で交換。餌は定番のα21・わたグル・新べらグルテンだ。バラケは作らない。ここでのミッションはトータルでの第3目標クリア。そして再開は12時6分。風・波などなんのその、いざとなったらオーバースローも出来るのが強み。すると、これまたすぐにウキは動き出す。が、ダンゴの時よりもウキの動きは弱くあたりは出ない。ピラミッドパワーやらオセロの力を借りてもなかなか。それでもウキが馴染Dscf0758Dscf0759んだら誘いを掛ける、を繰り返すと12時半を間に2匹をゲット!ようやく目標達成が見えて来たか。しかぁ~し、再びあたらない時Dscf0760間となり、1時を過ぎて「たな」を深めにしたところ、1発目でズバッ!やった3匹目そしてトータルでの第3目標クリアだ。すると、それからしばらくは消し込み等出たものの、じきにウキの動きが悪くなった。で、私のやる事と言えば、そうです私が「ナンチャッテ」おじさんです。ウキ下をひたすら伸ばして、何となく底に着いたなぁというところで餌を振り切りで打つと、何とウキが返してしかもあたるではないか。残念最初はカラだったが、その後しばらくDscf0761して返したウキがモヤッ。これに反応すると、やった掛かりました!おおっ、今日一番のサイズではないか。「たも」からはみ出しているので、35cmオーバーは間違いなし。よし、両グルの宙だけでも第2目標にリーチなので、これは絶対にクリアしなければ。ただ、時刻は1時半Dscf0762を過ぎているので、このままだと餌の消費スピードがグッと落ちてしまい、予定時刻(大体2時)には終わらないぞ。で、再び宙に戻す。すると、これまた午後のGTにかかったのか、ズバッとウキが消し込んで目標達成。ホント、時合だけの男だね。更に2時を挟んで2匹をゲットしDscf0763Dscf0764て餌を打ち終えた。が、最近は終了後に空鈎で数回打つのが通例となっている(オイオイ)ので、今日も同じく打ち込んだら、何と1投目からウキが入り、次の餌打ちでは消し込み!しかぁ~し、今日は全くかすりもせず、2時17分に終了した。結果、両グルの宙では実釣2時間10分で7匹。宙のトーDscf0765タルでは実釣4時間で13匹。トータルでは実釣5時間余で14匹。柳の木の奥の先客は今日も黙って帰った。惜しい、最初の挨拶は出来るようになったのに(コラコラ)。片付け。今日は最初こそ風が涼しかったが、太陽の直射は厳しくじりじりと暑い時間を過ごした。この場所は時間帯によっては太陽の直射があるので、これからは深場に行った方がいいかもしれない(山?の上り下りがキツイんですけど)。片付けを終え、車に戻る。さて、今日はどうしようかな。ベイシアに寄ろうかな。まあ、とりあえず寄って帰ろう。そうしよう(以下同文)。車に荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
明日は、分かりません!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧