2018年1月15日 (月)

予想通り@引佐天池

やッと出掛けられる陽気になったが、さて何処に行こうかな。増沢はずっと厳しいようで、あのバット師匠もデコポンを食らっているし、何より腰痛と足の痺れで長い距離を歩くのが大変だ。では、車を近くに停められる引佐天池にでも行くとしよう。そろそろとImg_20180115_100851池に着いたのは10時頃か。先客はオーバーフロー左の浅場に3人。挨拶してオーバーフロー右に入る。ポカポカ陽気で風も弱い絶好の釣り日和だ。ただ、先客が口々にウキが動かないと言っているのだけが気になるところ。今日は戦法を考えて来た。それは「段底」。ここで段底をやるのはおそらく初めて。昨夜の夢の中では爆釣していた?ので、まずは15尺を出す。餌は天々・ガッテン・夏のバラケと「玉」ハードの食わせ。ささっと底を取っての開始は10時18分。うん、バラケの抜け具合が思った通りだ。ただ、この状況では少し早いかもね。適当に手揉みしながら続行するものの、ウキは返すだけでその他の動きはなし。しばらくして1人やって来て、浅場に入った。その後特に何かがある事もなく、あっと言う間に1時間が経過。ここで考えた。このままなら凸必至。何かしなければ。で、ウキをトップの細いものに交換。視認性に問題はないし、底取りも大体合っていた。が、その後も全く状況が変わらず、先客もへらがいないとボヤくのが聞こえるだImg_20180115_121049け。ここで再度考えた。食わせを変えよう。いもグルを少しだけ作ってみる。しかぁ~し、バラケが抜けた際の馴染み具合が変わっただけ。虚しく12時のサイレンを聞く。昼食休憩などもっての外と、食べながら続行するものの、全く動かないウキを見続けるほど退屈なものはなく、バラケが相当残っているので、その後思い切って段底を中止。少しずつ「たな」を上げてセットの宙にしてみるが、これも全く功を奏さず、バラケを少し残して12時44分に一旦終了。次の予定は両グルの宙だが、先客が底でもそんなに長い竿を出しているように見えなImg_20180115_124405い(だから釣れていないと考える事が出来たのは終了してから)ので、竿を12尺に変更。餌はわたグル・新べらグルテンで、まずは適当な「たな」で再開はジャスト1時。とにかくウキを動かすべく、ウキが馴染んだら1回は誘いを掛け、「たな」を上下しながらウキに少しでも変化があればと目を凝らす。しかぁ~し、何も起こらないのはそれまでと同じ。堰堤右端には1人入っている。あっと言う間に2時を迎え、先客のうち2人が帰った。私のすぐ横の先客は「たも」が濡れていたようだが、へらを掬ったかどうかは不明。誰にも何も言わずに帰ったので、おそらく知り合いではなさそうだ。私の方はどうも宙では無理っぽいと、少しずつ「たな」を深くして「ナンチャッテ底」に移行するが、これもあまり期待はしていない。思ったのは、餌の消費が少なくなって終了が遅くなりそうだと言う事。2時半を過ぎ、残っていた先客2人が終了。多分皆さん凸。こちらは挨拶してくれた。お疲れさまでした。太陽は背後に回り、左からどんどん翳って来る。さっさと終わりたいのを、省資源釣法だからと餌を捨てずに続行するが、何か意味があるのか。ウキ下を伸ばして、ハリスをかなり寝かした状態にしたつもりでも、ウキは全く動かず。最早ただ餌を使い切る事だけがミッションとなっているのは否めない。遂に最後の一投。これはもう放置の放置。すると、翳って見難くなったウキがムズッと動いた気がして合わせると、やった遂に掛かりました!この瞬間、コンマ何秒の間に様々な思いが脳裏を駆け巡った。
①これぞ最後の一投。我慢してウキを見続けた甲斐があったというもの
②それにしても長かったなぁ、凸街道。遂にそこから脱却だ
③そして「上がりべら」ゲットだ!
しかぁ~し、「たも」を持とうとした瞬間に外れた・・・。Oh My God!「上がりべら」なImg_20180115_151420らぬ「上がりバラシ」で虚しく終了。今日初めて見たウキの動きだったが、ハリスが寝た状態だったので、おそらくスレたのだろう。時刻は3時14分。もう少しやってみれば、午後のGTもあってひょっとして釣れるかもしれないが、もうどうでも良くなっている。片付け。10日ぶりに竿を出したせいか、かなり疲れた。車まで荷物を運ぶのは大変なので、フェンス越しに荷物を置き、車で回収。そのまま家路に就いた。
 
このところなかなかお目に掛かれない凸3連発。もう少し休んだ方がいいかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年12月 6日 (水)

両グルの宙は不発@引佐天池 with 久し振りの岡ジャミザわさん

増沢で凸スレスレばかりではさすがに辛い。同じ凸なら違う池で、と言う事で、今日は引佐天池に向かう。心配なのは風が出そうだと言う事。気温が上がらないので、風は体感温度をグッと下げて厳しいから、もしあまりしも風が強ければ止めて帰るつもりでゴー!池に着くと先客は2人。1人は対面遊歩道の外れ、もう1人はオーバーフロー左浅場側で準備中。いつものように遊歩道入口付近に車を停め、オーバーフロー右に入ろうとしたが、先客の車が塞いでいて入れず、フェンス入口まで遠回りを強いらDscf8687れた。そのうえ挨拶にも返事なしでは気分が良くなる筈もない。それでも準備だ。竿は15尺の底から入る。餌は夏・冬・天々のバラケにわたグル・いもグルの食わせ。まだ日が当たらずかなり寒い。風も少しある。でも、台を据えてしまったからやるしかない。底取りに時間を掛け、開始は9時40分。早めに家を出たつもりだったが、あまり変わり映えしない時刻だ。さて、餌打ちを始めるとウキの馴染みが思うように出ない。あれだけ丁寧にやったつもりでも、結局は手直しが必要なのか(トホホ)。と、ここでいきなり隣が竿を曲げる。私と開始は変わらないのに、早っ!それでも開始30分ほどで、私もウキが動き始めた。そしてウキが2目盛返した後にチクッ!やったと合わせるがカラでガクガクッ。あれだけバッチリのあたりでカラとは・・・。しかも、その後はウキが動かなくなる。隣は再度竿を曲げたが、ハリス切れのようだ。対面は静か。そのまま皆淡々と餌を打ち続ける展開。しかぁ~し、よ!日が当たりだした10時半になろうとする頃に、馴染んだウキがそのまDscf8688まチクッ!ヤバイと思いながらも合わせれば、やった掛かりましたよ!ひょっとすると凸かもと不安だったが、とりあえず凸は脱した。しかもサイズはグー。やれやれ。しかぁ~し、何故かその後はウキの動きが出なくなる。返しはたまにあるが、それだけ。あっという間に11時。風が収まるとポカポカして気持ち良いが、少しでも風が出ればブルブル。更に時間は進み、11時半近く。増沢なら午前中のGT(今はありませんが、何か)、何とか当たって欲しいところではある。ここで、のど飴を取りに車に戻り、帰って再開すると、第一投で風・波でシモッたウキがズルッ。ちょうど余所見をしていて反応が遅れたが、とりあえず掛かりました!あれっ、何か引きがおかしい感じ。ひょっとしてスレ?あ~あ、Dscf8689腹から上がって来た。ガックリして「たも」に収めると、やった下鈎は口に掛かってました。上鈎が腹にスレていたので、おかしな動きになったのだ。2匹目ゲット!隣はハリス切れ以降追加がないので、少しだけいい気分(コラコラ)。と、対面が竿を曲げた!やったね、と思っていたらバラシで仕掛けが背後の木の枝に。場所的に危なそうなので、気を付けてと思いながら私は続行(オイオイ)。隣は知り合いのようだが、特に声を掛けるでもない。遂に12時のサイレン。すると、今度は隣が竿を曲げた!更に、サイズがグーのようで、対面に採寸すると声を掛ける。何だかなぁ。と、私の方もウキが返してからゆらゆらしていたウキがチクッ!これに合わせると、やった掛かりましたよ!うわっ、凄い引き。これはDscf8690今度こそスレなのか?懸命に堪え、何とか寄せてみると、やった口ですよ口。黒々した、いかにも地べらという感じ。いやぁ、良い引きだったなぁ。3匹目ゲットだ!しかぁ~し、その後は特に何もなく、12時21分に餌が尽きて午前の部は終了だ。結果、午前の部では実釣2時間40分で3匹。上出来だろう。さあ、次はお約束の両グルの宙。竿は12尺に替える。先にDscf8691餌を作ってから昼食にしよう。餌はα21・新べらグルテンに天々をバラケとして少々。と、ここでザわさん登場。引佐天池に行くとラインしたので、様子を見に来てくれた。相変わらずお忙しい中、わざわざスミマセン。しかも、コーヒーと肉まんを奢ってくれた。ありがとうございます。隣は帰った。何故かは不明(我々が五月蠅かったのかも)。さて、昼食と肉まんを食べてからの再開は12時50分。「たな」はやや深めで始めたが、じきにウキに動きが。ただ、なかなかあたりにならない。クーッ。ここであたらないとしばらくはダメと言うのが私の通常。頼む、何とかあたってくれ。すると、1回だけウキがグッと入ったが、残念カラ。その後は予想通りウキの動きがなくなり、1時半頃にザわさんも帰った。岡ジャミお疲れさまでした。そしてご馳走様でした。さて、何とかウキを動かすべく、ウキ下やらハリス長の変更を試みるものの、ウキは動き出さない。餌付けもセットにしたり両グルでピラミッドパワーとかもやってみるが、2時頃に翳り、また波立って来ると、ウキの視認性は最悪になる。最早お手上げ状態。対面は帰り、堰堤の両端には後から来た1人ずつが入っている。私はその後も寒さに震えながら餌打ちを続けたが、ウキは2度と動Dscf8692く事なく2時48分に餌を打ち終え無念の終了となってしまった。結果は言うまでもありません。片付け。両グル、何処でも同じ難しさ。やはりある程度は食いが立たないとダメなのかもね。片付けを終え、車に戻る。後半が寂しかったので寒さも一入。風邪を引くかもしれないくらいだ。さっさと荷物を積み。さっさと池を離れた。
 
明日は通院で竿を出しません
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

今日はまあまあ@引佐天池

やっと釣りに出掛ける気分になったので、それでは何処へ行こうか?増沢では相変わらず凸スレスレ?それでは、前回前後半で全く様相が違った引佐天池に行こう。池に着いたのは9時半頃か。既に道路に1台、遊歩道入口付近に3台停まっている。1台はバサーのようだ。公園の駐車場まではなかなかの距離なので、遊歩道入口から少し離れた空きスペースに駐車し、荷物を降ろして池に向かうと、先客はフェンス入口付近、オーバーフロー左と堰堤左端の浅場。先客に挨拶して、私はオーバーフDscf8592Dscf8593ロー右に入る。今日のミッションは、前回消し込みが出ても全く掛からなかった「粘麩ダンゴ」と、ネットで見つけたブレンドの両グルのいずれも宙。底はやりませんが、何か。竿は12尺で、まずは粘麩ダンゴから。餌は粘麩・天々。「たな」は仕掛けのままで開始は9時56分。隣は両ダンゴのようだが、後の2人は不明。それにしても、日が差すとまだまだ暑いが、曇ったり風が吹いたりすると肌寒くなる。果たして上着を脱いだ方が良いのか?さて、餌打ちを始めると、じきにウキが馴染み切ってから小さく返すようになった。これは行けそうか?でも前回の状況があるので、とにかく1匹を釣らないと。と、ここで隣が両ダンゴからセットに変更。そしてじきに竿が曲がった。私もやや深くした「たな」で開始30分ほどでズバッと言う消し込みが出たが、残念バラシ。う~ん、カラばかりだった前回よりはマシかな。でも、釣れないのは同じだけどね。あっ、堰堤左端の先客も竿を曲げたぞ。焦る。右側の先客はさっぱりのようで、ずっとブツDscf8594ブツ言っていた。さて、あたりそうであたらない状況にイライラしていた私だが、10時半を過ぎてウキが馴染みながらチクッと入ったのを見逃さずに合わせれば、やったとうとう掛かりました!サイズはまあまあだが、こんなに早く凸を脱したのがう、嬉しかぁ。しかぁ~し、そこからが長かった。ウキの動きはなくならないものの、あたりらしき動きにならず。とりあえず合わせたところでカラ、は当たり前だ。11時を過ぎ、隣はセットで多分3匹をゲット。セットでもそんなに釣れないのだから、両ダンゴの私が釣れなくてもおかしくない?浅場の先客も2匹目をゲット。何とか追い付きたいのはマウンテン・マウンテンだが、なかなか。それでも次第にウキDscf8595の動きが良くなった気がして、やはり午前中のGTはあるのかも、と合わせ続けると、11時半を過ぎてズバッ!でやった2匹目ゲット!ゲゲッ、浅場はまた竿を曲げたではないか!右の先客はぼやいたり鼻歌を歌ったりと、厳しい状況は変わらない様子。さて、午前中のGTであれば何とか便乗したい私だDscf8596ったが、ウキの動きはなくならず、ラス前々にまたしてもズバッ!でやった3匹目。3人が並んだ(個人の情報であり、確定していません)。が、何故かここで浅場の先客が終了。気付かないうちに静かに帰った。隣はセットから両ダンゴに戻すと、すぐに1匹をゲット。スンバラシイ。私は11時49分に餌がDscf8597尽きて終了。結果、粘麩ダンゴでは実釣2時間弱で3匹。前回とは比較にならないくらいウキも動いたし、結果も出た。よし、後半は予定通り、これまた前回パッとしなかった両グルでやるぞ。竿と仕掛けはそのままで、餌はネット通り新べらグルテン・わたグル・グルテン四季をそれぞれ1に対して水3。これを作ってから、バサーと浅場の先客が帰ったので、空いた遊歩道入口付近に車を移動させる。そして固まりかかったグルテンをほぐしてエアーを含ませる。これもネット通り。それから昼食を摂り、再開は12時9分。はてさてどんな状況が待っているのか、楽しみでもあり不安でもある。隣は両ダンゴでポツポツと竿が曲がっており、2桁突入は間違いないところ。私もとりあえずトータルでの第2目標を目指そう。しかぁ~し、ダンゴと違ってグルテンは集魚効果が薄い。今日のブレンドは果たしてどうだろうか。すると、最初こそウキの動きは大きめだったものの、次第に弱くなる。あDscf8598たれ!と祈っても(声に出ていたかもしれない)、弱くモヤモヤ。しかぁ~し、12時半を過ぎて、何と「掛かってます!」で1匹目ゲット。全くあたりらしきウキの動きが分からなかった。まさにトホホだが、カウントカウント。すると、それからじきに今度はウキが馴染みながらチクッと入ったのを痛恨の見逃し。Dscf8599クーッと思っていたら、何とそこからウキが馴染み切ってチクッ!これも見逃してガクガクッ×ガクガクッ。しかぁ~し、そこからズバッ!でやった3度目の正直だ。これには痺れたが、とりあえずトータルでの第2目標もクリアしたので、今日は安心して帰れるぞ。この両グルがいけるのか、それとも単に地合なのか?隣は相変わらず両ダンゴで好調。私もあたりそうであたらない状況が続く。1時を過ぎ、右の先客が終了した。そして黙って帰った。よほど結果が癪に障ったDscf8600ようだ(個人の感想です)。と、そのタイミングでウキがズルッと入り、ヤバイ!スレたかも、と思いつつ寄せてみれば、最近私が「ようつべ」で見ている Go!Go!九ちゃんフィッシング のヘラブナ釣りでの常套句「センターがっちりでございます!」。これは素晴らしい。と、ここで隣が話しかけて来た。両グルなのかと。そうですと答えれば、両グルでそんなにウキが動くのかと言われたので、それが面白いんですよと返事。まだ餌があるので、ひょっとしてトータルでの第3目標も夢ではないかも。しかぁ~し、そんなに甘くないのがこの池。次の消し込みでは鱗で、どうやら今日はここまでかな?と思っていると、これまた餌が尽きる寸前に、誘った後Dscf8601のズバッ!で「上がりべら」ゲットだ。私的にはもう何も言う事はありません。餌が尽きたので時刻を確認すると、何とまだ1時半。後半両グルでは2時間分くらい餌を作った筈だったが、予想外に早くなくなってしまったようだ。さてどうしよう。1時間くらい遊べる量を作って続行の選択肢もあるが、気持ち良く帰りたいので今日はここで終了としよう。結果、後半の両グルでは実釣1時間半Dscf8602で4匹。トータルでは実釣3時間半で7匹だ。片付け。隣はまだ続行の様子で、相変わらず竿をが曲がる。2桁突入は間違いない。凄いですねと訊くと、セットの方が多分あたりが出るが、サイズが小さい。両ダンゴでは餌付けを丁寧にするとあたらず、ラフ付けするとサイズアップするとの事。片付けを終え、挨拶して車に戻る。久し振りの早上がりで体力も温存出来たので、今日は家でゆっくりしよう。さっさと池を離れた。
 
明日は雨がありそうだし、用事もあるので竿は出さない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

岡ジャミ2連発@引佐天池 and @増沢池

今日も好天で釣りには絶好の日和なのだが、最近は疲れが残りやすくなっていて、グズグズしているうちに12時。ザわさんから引佐天池にいるとラインが来たので、家にいるよりはずっと良いだろうと岡ジャミに出掛けた。
Dscf8583Dscf8584ザわさんは昨日私が入ったのと同じ場所。へら師は他に3人。昨日オーバーフロー右にいた人は、堰堤真ん中くらいにいる。ザわさんの釣り座には影が忍び寄っており、ウキが見難くなるので場所を右にずらした方がと言ってみるが、トーナメンターの横では釣り辛いとそのまま。見ると、ウキは昨日より動いているが、それは餌付けとかと関係していると思われる。
しばらく見ていたが、数回あたってもカラ。それでは増沢の様子でも見に行こうかとその場からお暇し、362を東進。
3連休初日で好天とあれば、都田総合公園が混むのは当たり前。でも駐車スペースはまだ余裕があった。Oさんの車はあったがKさんはいないようだ。
11月にもなると、そろそろ紅葉が見られるようになっているが、もう少しかな。
Dscf8585Dscf8586そのまま橋を渡り、坂を下りて遊歩道へ。Oさんは定位置にいた。挨拶して様子を訊くと、今日は既に11匹!これは素晴らしい。ただ、11時くらいからウキの動きが悪くなったらしく、私が見ている時にはウキは動かなかった。
今日はかなり暑く、へら師のほとんどが傘を出している。私も汗が出て来たので、また宜しくとその場を離れ、家路に就くのだった。
 
明日も好天だが、竿を出すかどうかは決めかねている
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

午前中はそれでもまあまあだったのに@引佐天池 with 岡ジャミザわさん

最早増沢に行っていては凸を待つだけになっている。で、今日は思い切って引佐天池。大体9時半頃に開始出来ればと言う感じで9時頃に到着。先客は3人で、堰堤右に2人は既に餌を打っており、オーバーフロー右の1人は準備中。遊歩道入口付近に駐車し、荷物を降ろして池に向かう。オーバーフローの右に入りたかったが、それならもっと早く行けば良いのではというお叱りはスルー。オーバーフロー右の先客に挨拶Dscf8572Dscf8571して、私はオーバーフロー左に入る。それにしてもポカポカ陽気だ。湖面にゴミは多少あるものの、風・波はない。寒いと思って厚着して来たが、車に戻って薄手のものに替える。さて、右の先客はやけに長い竿を出しているぞ。ひょっとして釣れないのか?それなら私も15尺を出そう。もちろん底から。餌は相変わらずのバラグルセット。ちょっと底取りに手間取ったが、開始は9時31分。予定通りだ。隣も同じ頃に開始。さて、餌打ちを繰り返すものの、すぐにウキが動かないのは承知でも、何故か結果を求めてしまう今日の私。ウキが返す事もあるので、ひょっとしたら何かいるのか?それで、数投後に両グルで打ってみると、あれれウキが立ったまま馴染まないDscf8573ぞ。何かに引っ掛かっているのかな?と思っていたら、そこからグッと入って嬉しや1匹目ゲットだ。これは幸先良いが、底ではないので少し引っ掛かるなぁ。と思ったら、ほぼ同時に隣も竿を曲げたではないか。ひょっとして競り合いになるかも?いや、これは身の程知らずの傲慢な考えだった。それは後Dscf8574で分かる。10時頃に1人やって来て堰堤左端に入ったが、まさにジャストタイミング!両グルで打っていて、馴染んで返してチクッ!の2匹目ゲットだ。隣も同様に竿を曲げているが、静かに寄せているので、実際にはもっと釣っているのかもしれない。奥の2人は段底らしい。結構竿を曲げていた。さて、この調子なら第2目標は楽勝にクリア出来そうな気がしたが、何故かそこからウキの動きが悪くなるのはいつも通り。両グルで打ったからと言ってウキの動きが良くなる筈もない。隣も竿を曲げなくなった。そこで、私なりに考えた。バラケをどんどん打ってみよう(ハテ?)。両ダンゴ風にしてしばらく打ち続け、それからセットに戻して打ち始めると、効果が出たのか11時近くになってちょっと表現し辛いウキの動きにDscf8575Dscf8576合わせてやっと3匹目。隣も竿を曲げ始めた。更に11時を過ぎ、ウキが餌落ちまで返したと思いカラ合わせしてみたら、何と掛かってます!で4匹目。隣も竿を曲げてますよ。さあ、第2目標まであと少し。と、ここでザわさんご登場。別に連絡した訳でもないのに、素晴らしい。明日はここに来るかもと言っていた。さて、ウキの動きは午前中のGTなのかモヤモヤからチクッ!も出始めるが、一向に掛からなくなった。更に、話に夢中になって集中力が削がれたのか、見落としも出る。その間に隣はポツポツと3匹を追加。こりゃぁダメだ。堰堤左端の人も知らないうちに竿を曲げている。スンバラシイ。右端もポツポツ。Dscf8577私だけが蚊帳の外か。12時を過ぎ、いよいよ最後の一投。頼む!が、ウキは返してもそこからがない。で、先に終わりの写真を撮ってしまった。しかぁ~し、何と言う事でしょう、幾ら話に夢中でも、大きくウキが入ればこれを見逃す事はありません。「上がりべら」ゲットと共に第2目標クリアDscf8578だ。時刻は12時4分。結果、午前の部では実釣2時間半で5匹。サイズと言い増沢とは比べてはいけない状況(あくまで個人の感想です)。いやぁ、疲れたなぁ。さあ、次はお待ちかねの粘麩ダンゴで行くぞ!今までの様子から、宙では行けそうな気がする~(吟じました)。竿は12尺に変更。餌は粘麩+天々を1時間分。と言うのは、今後この池に来る事があるかは不明なので、やれる事はやっておこうと。それで、終了も大体3時を目安に。まずは餌打ちから、ウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返すと、じきにウキに動きが。そしてビックリする消し込みまで出たが、掛からず。でも、この調子なら何となくではあるが1匹くらいは出そうな感じ。期待して打ち続けると、その後も時折ズバッという消し込みが出るようになるが、これまた一向に掛かりません。1回だけ軽くスレたのみ。1匹釣るのを見たら帰ると言っていたザわさんも痺れを切らして1時頃帰った。お疲れさまでした。隣も竿を短くして、何やらセットのような仕掛け。後で段底らしいと分かったが、私がぼやぼやしている間に次々と竿を曲げ始めた。これにはビックリ。スンバラシイPART2。私はその後も餌に手水で柔らかくして吸い込みを良くしたつもりだったが、状況は変わらずもう1回バラDscf8579シが出ただけで、1時30分に無念の終了。あれだけウキが動いて凸とは・・・。他にやるべき事があったかもしれない(でしょうね!)。さあ、いよいよ泣いても笑っても最後の両グル。餌はわたグル+グルテン四季。と、池は晴れ渡っていたのに、左から影がひたひたと迫って来るではないか。堰堤左端は既に翳っている。それでも再開は1時39分。すると、まだへらが残っていたのか最初こそウキは動いていたが、次第に動きが悪くなる。隣は相変わらず竿を曲げ、裏の山に鹿が大繁殖。堰堤右の先客2人は帰った。釣れたと思う。午後は私だけがつまはじき状態。で、2時頃から天々を少し作ってみる。すると、じきにウキの動きが出て来てズバッ!やったとうとう掛かったか?しかぁ~し、凄い引きでなかDscf8580なか寄らず。しかも、懸命に寄せたところ、残念尻びれから見えて来た。ガクガクッ。本当に疲れ果てた。更に、しばらくして今度はハリス切れ、続いてバラシ。一向に掛からず、左手の握力がグッと下がるほど疲れた(トホホ)。更に更に、そのうち完全に翳ってしまい、ウキが対面の景色で見えにくくなってしまう。最早これまで・・・。それでも懸命に目を凝らすと、何となくウキが動いているようにも見えて気持ちは萎えない。そうこうしているうちに2時半を過ぎる。そろそろ終了予定時刻だが、バラケを作った分だけ餌が余っている。さすがに省資源釣法、これを捨てては終われまテン!打ち続けると、おおっとあたりが出ているように見える時Dscf8581があるぞ。しかぁ~し、掛かったのはまたも空合わせ。でも、何にしろ1匹は1匹。貴重だ。午後は2時間以上打ってやっと1匹。右も左も午後は竿を曲げていたので、やっとその仲間入りが出来た。が、その後は再びシーン状態。3時頃堰堤左端が終了し、右の先客に話しかけて来た。それで、隣がトーナメンターである事が判明。上手い訳だ。そんな人と競ろうと思った私って一体・・・。3時を過ぎて私以外が片付け。私は餌を打ち切り、最後の一投でカラを食らって終Dscf8582了。時刻は3時24分。結果、午後は実釣3時間弱で1匹。トータルでは実釣5時間半で6匹。隣はおそらく午後は10匹以上ゲットしたのでは。スンバラシイPART3。私も片付け。午前中はまあまあだったのに(もちろん私にとって、だが)、午後は散々の出来。何か工夫があったと思うが、それが何かは分からず。皆さん片付けを終え、互いに挨拶して解散。私はグッタリして家路に就いた。
 
明日もやるのか?祝日なので何処の池も混むと思うと・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

やはり他の池でも釣れない@引佐天池

連荘の釣行は久し振りだが、行先は引佐天池。嫌な爺さんが今日もいるかもしれない。到着は9時半過ぎ。先客は堰堤右端に2人。そのうちの1人がそうかもしれないが、まあ気にせずやろう。車を遊歩道入口付近に停め、池に向かう。一応先客に挨拶してオーバーフロー右側に入る。予報では曇りだが、それにしても暑い。台がトラブルになってはいけないので、少し高い位置にセット。竿は12尺の両ダンゴの底。餌はDscf8271Dscf8270真底・冬。ささっと底を取り、開始は10時2分。すると、何と言う事でしょう、第2投からウキが返した。しばらく待っていたが、あたらないので打ち返すと、3投目でチクッ!やった早くも1匹目ゲットか?しかぁ~し、凄い引きで堪えられずバラシ。オーバーフDscf8272ロー左に1人入った。さて、気を取り直して4投目。すると、今度はズバッ!とウキが消し込んで、やった今度こその1匹目ゲットだ!う、嬉しかぁ。しかも、次の餌打ちでまたもズバッ!ビックリして合わせるが、グイグイ引かれてのバラシでガクガクッ!それにしても、まだ開始してそんなに経っていないし、2投目からウキが動き、3連荘のあたりとは素晴らしいの一語。こりゃぁ爆釣の予感がプンプンするぞ。しかぁ~し、10時半近くになって、かなりグーなあたりだと思えたのだが、残念スレて上がって来た。ここまで4回あたりがあり、そのうち1匹しかゲット出来ていない。逆に厳しいのかもね。すると、そこからウキの動きがほとんどなくなってしまう。時折動くので、へらはいると思うのだが、あたらないのだ。やっと2匹目が出たDscf8274のは11時近く。しかも、雨粒が落ちて来たので、嫌だなぁと思いながらふと横を向いてしまい、視線を元に戻すとウキが消し込んでいたと言う事(トホホでも結果OK)。雨はすぐに上がった。いやぁ、なかなか痺れる展開だなぁ。しかぁ~し、そんな余裕をぶっこいていたのはそこまで。そこからは本当にシーン状態に。もちろん餌を柔らかくしたりウキ下を微調したりと、一応それらしい事はやってみるものの、効果なく時間だけが過ぎるお約束の展開。1回だけ誘いを掛けた時にチクッ!でやったと思えばすぐにバラシ。11時半過ぎからは午前中のGTかと思われる毎回のようなあたり!が出始めたのに、悔しやカラの連続。餌の消費がグDscf8275ンと早まり、予定通り12時のサイレンを聞いた後に餌が尽きて終了。時刻もぴったり12時2分の実釣2時間ジャストで2匹。最初の3連続あたりからは想像出来ない残念な結果となってしまった。さあ、次はどうしようかな。予定では仕掛けがそうなっているので両グルの宙だが、今まではこの池では良い印象があるものの、今日はどうか分からない。でも、やるぞ。昼食を済ませてから仕掛けとウキを交換。餌はわたグル・新べらグルテン底。しかぁ~し、いつも通りの分量で作ったのに、手触りに違和感。これでは持たないかも。でも、これから餌を作り直すとか何かを足すとかしないのが省資源釣法。このままで。少し深めの「たな」で再開は12時19分。すると、すぐにウキが動き出すのは底と同じ。しかもあたりらしきウキの動きまで出る。しかぁ~し、消し込みはあまりなくて、小さくグッと入る動きがほとんど。それに合わせるのだが、一向に掛からず。それでも12Dscf8276時半過ぎに1匹ゲットすれば、こりゃぁ行けそうだ?しかぁ~し、増沢なら掛かっていそうなウキの動きでも全く掛からない。しばらく打ち続けても状況は変わらず。1回鱗をゲットしただけ。そこで、まずは「たな」を上下。すると、どこでも同じようにウキが動くが、いずれもカラ。結局元に戻し、今度は30cm+50cmくらいのハリスのうち、長い方を数センチカットしてみる。が、あたりは出続けても掛からないのは同じ。そこで、今度は両ハリスを詰めてみる。30cm+45cmくらいを25cm+40cmくらいに。これ以上は詰められない(両グルの意味がなくなってしまう)ぞ。これで勝負だ。これもダメならもうやる事はない。しかぁ~し、状況に変わりなく、気が付けば開始1時間半が経過している。こんなにカラばかりなのは記憶にない。まさにお手上げ。その後も全くあたりに合わず、2時24分に無念の終了だ。結Dscf8277果、両グルでは実釣2時間余で1匹。最早何も言う事はない。右の先客2人はなんだかんだ言いながら竿を曲げており、裏山の歯医者バンザイと言ったところか。左は苦しんでいて、午前中に1匹午後に1匹掛けるのを見ただけ。4時近くに帰った。さあ、時間も時間だし、ここで終わってもいいが、実釣4時間余で3匹とは何となく気分が悪い。ここは両ダンゴでやってみよう。持つ餌の粘麩ダンゴは両グルと同じ推移を辿りそうなので、ガッテン・天々のダンゴを作る。そして再開は2時29分。いつも通りの量を作ったので、終了は4時半くらいと予想。右の先客のうち1人は帰り、入れ替わるように2人がやって来て堰堤右に並んだ。その3人の会話の中で、私が写真を撮っている事についてブツブツ言うのが聞こえて来た。両ダンゴをやらずに帰れば良かったか。でも、作った餌は捨てないのが省資源釣法(ここでも?)。気持ちをウキに集中させれば、じきにあたりが出始める。が、これまた両グルの時と同じ。両ダンゴの場合、両グルに比べ消し込むようなDscf8278
あたりがやや多かったが、掛からないのは同じ。何とか1匹目をゲットしたのは3時前。しかぁ~し、そこからは全くあたりに合わない。どれくらい経ったかは忘れたが、ここで「玉」にご登場願う。せっかくハリス段差が15cmくらいあるので、セットまがいで打ってみる事に。しかぁ~し、あたりは出るが掛からないのはそれまでと同じ。しばらくやってみたが、ダメと判断して打ち切り。再び両ダンゴに戻る。もう3時を過ぎている。増沢なら午後のGTあるかもと言うところだが、同じ事をやれば同じ結果になるだろう。思い切ってハリスを20cm+30cmくらいにカット。すると、地合もあるかもしれないが、3時半頃からウキに動きが。そして、モヤッとDscf8279Dscf8280ウキが動くのに手を出してしまい、一瞬しまったと思ったが、何とこれが掛かりました!通常はこういうウキの動きにはまず反応しない私だが、今日は結果オーライだ。トータルでの第2目標もクリア!嬉しかぁ。しかも、次の餌打ちでは連荘!でまさかの6匹目ゲット!これは素晴らしい。まさに午後のGTだ。ただ、私の場合GTは2匹と相場が決まっている?その後は元の木阿弥状態になってしまい、結局何も起こらないまま4時10分にDscf8281餌が尽きてしまった。結果、両ダンゴでは実釣2時間半余で3匹。トータルでは実釣6時間半で6匹。何だかなぁ。片付け。今日はもっと釣れる予定でやって来たが、何処も同じ厳しさだった。ただし、サイズがグッと大きくなっているので、そこだけは満足。片付けを終え、車に戻る。連荘はかなり疲れた。明日はさすがに無理だろう。天気もよくなさそうだしね。さあ、帰るとするか。ここはまた間を置いても良さそうだ。さあ、次の釣行は大楽地かな、それとも東西ノ池かな。3人の会話に出て来た「西の平」も面白いかもしれない。そろそろと家路に就いた。

いつ凸になるかと思うと・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

しばらくは行かないようにしよう@引佐天池

増沢でこっぴどい目に遭ったので、今日はリベンジと思ったが、返り討ちが怖くて?引佐天池に向かう。8時過ぎに出たので、余裕を持って8時半頃に到着。ゲゲッ、ホテイアオイと水草が池の半分くらいを覆っているぞ。オーバーフロー横に入ろうと思っていたが、Dscf7838Dscf7839せっかく一番乗りしたので堰堤右の深場に入ろう。目の前のゴミを「たも」で掬ってから、さあ準備だ。様子が分からないが、先日ザわさんのウキが動きっ放しだった事を思い出し、まずは底から行こうかな。竿は12尺、餌は夏・冬・マッハのダンゴ。準備中に2人やって来たが、1人はいつも深場にいる、決して挨拶を返さない人。今日も黙って私の左、バルブ近辺に入った。その後3人が来て、オーバーフロー辺りに入った。今日は暖かい筈なのに、長袖のシャツを着て来たのは大失敗かと思ったが、午後は曇って風も冷たく、結果オーライだった。開始は8時53分。すると、3投目からウキが動いた!これにはビックリ。しかぁ~し、その後出たあたりには全く掛からない。何故だ?それで、開始30分くらい経過した時点でウキ下を微調。すると、次の餌打ちであたり!そして掛かりました!しかぁ~し、やったと思ったがそれもほんの瞬間、バラシでガクガクッ。見れば大きな鱗。あ~あ、最初から場を荒らしてしまった。これでは釣れるものも釣れないなぁ。と思いつつ餌を打つと、何と言う事でしょう、バッチリのあたりで1匹目ゲット!こDscf7840Dscf7841Dscf7842れは嬉しい、嬉しいですよ。さあどんどん行こう。すると、ほどなく2匹目。ここはサイズがDscf7843グーなのがグー。更にしばらくして3匹目をゲットすれば、今日は爆釣だぁ。更に更に、しばらくウキの動きが静かになったものの、開始1時間が経過した頃に4匹目。予想だにしなかった第2目標にリーチとなるが、ここからあたりに全く合わず、次第にウキの動きも悪くなる。カラは元よりDscf7847バラシが数回。それでも10時半近くになって、何とか5匹目をゲット。何となく上ずっている感じがしていたが、まあいい、とりあえず第2目標クリア!しかぁ~し、そこから再びウキの動きがなくなって、最後の1投も虚しく10時50分に底は終了。結果、底では実釣2時間で5匹。相変わらずDscf7845のバッタリだが、まあまあではないか。さあ、次はどうしよう。そうだ、増沢でさっぱりだった両グルをやろう。竿は9尺、餌はα21・わたグル・新べらグルテン。マッハも少々。餌を作ってから早めの昼食。そして増沢と同じセッティングで再開は11時12分。すると、これまた何と言う事でしょうPART2、すぐにウキが動き出した。そして素晴らしいあたりも。しかぁ~し、底と同じく掛からない。カラ対策で餌付けを小さくするが、これが逆にまずかった。のほほんと餌打ちしていたが、開始30分くらいでよくよく見るとウキの馴染みが出ていないかも。ひょっとして餌が落ちてる?そこで、餌をしっかり付けてみると、ウキが馴染むや否やズバッと消し込みが出Dscf7846た!カラだったが、なんだぁこれか。じきに消し込みで1匹目をゲット。サイズはグー。しかぁ~し、ハリスが絡むトラブル。これがなかなか解けず、工場の12時のチャイムが聞こえて来るが、さっさとハリス交換すればへらも散らなかった筈なのに、根気良く?解いて再開。しかぁ~し、予想通りウキはシーン状態。懸命に餌打ちするとウキは動き出すが、その後もズバッ!がほとんどカラで、たまにバラシ。あっという間に12時半。すると、合わせ続けた甲斐があったのか、やっと2匹目。しかぁ~し、そこから再びウキの動きが悪化。更には消し込みでもDscf7847_2Dscf7848カラとバラシ。1匹目から2匹目までが約30分、2匹目から3匹目までが50分近く掛かっている。本当に両グルで良かったのか?1時を過ぎ、最早両グルで第2目標は難しくなっている。が、終了間際にこれまたズバッ!で4匹目Dscf7849をゲットして、形の上でだけ第2目標にリーチ。それからじきに餌が尽き、1時31分に両グルは終了。結果、両グルでは実釣2時間20分で4匹。最初は良かったのになぁ。さて、一応底も宙もやったので終ろうかな。いや、まだ時間が早い。ここは残業というより定時の延長と言う事で、両ダDscf7850ンゴをやってみよう。竿とウキ・仕掛けはそのままで、餌は特S単体。これを1時間半程度で終る量作り、再開は1時39分。目標は1匹で、トータルでの第3目標を目指す。すると、何と言う事でしょうPART2、第1投からあたったではないか。そしてほどなく消し込みで1匹目をゲットすれば、早くも目標クリア。こりゃぁ行けそうだ。ウキの動きはずっと続いて2時前に2匹目。2時を過ぎればDscf7851Dscf7852Dscf7853Dscf7854Dscf785510分で2匹をゲット!こんないい加減なダンゴでOKなのか?開始30分で4匹なんて素晴らし過ぎる!その後2時半近くに5匹目をゲットすれば、想定外の両ダンゴだけで第2目標クリア!このままなら単独での第3目標まで行けそうな気がしてきた。しかぁ~し、ここからが今日のハイライト?餌のタッチは最初と変わった感じはない(個人の感想です)のに、何故かウキの動きがそこからバッタリ。全く分からない。もちろん餌に手水やらモミモミやらタッチを変えてみるが、ウキは馴染んでシーン、の繰り返し。たまに思い出したように消し込んだりするものの、これがほぼ全てでカラ。あとはバラシが数回。「たな」を上下させてみても状況は変わらず、ウキを見過Dscf7856ぎた事もあってか、餌が尽きたのは3時31分と、5匹目から1時間何も釣れないままの寂しい終了だ。結果、両ダンゴでは実釣2時間弱(予定の30分オーバー)で5匹。トータルでは実釣6時間20分で14匹。3つの釣り方どれもが「痩せ馬の先走り」とやらで最初だけ。特に両ダンゴは途中からひどかったなぁ。ガックリして片付け。風が冷たい。左隣には午後から来た人が1人だけ残っている。片付けを終え、居残りの1人に挨拶して車に戻る。さあ帰ろう。ここでは書かないが、今日は気分が悪くなる出来事があった。で、しばらくこの池には来ないつもり。悪しからず。さっさと池を離れた。
 
増沢に行くのが怖い。まさかの凸があるかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

今日の出来事

昨日いきなりテレビに付けたHDDがおかしくなった。
それで、遂に代替品を買う事にする。ついでに今日はザわさんが引佐天池にいると言うので、見に行く。
先に天池に行くと、ザわさんは堰堤浅場にいた。隣はハッキリしないがいつも挨拶を無視する人か。今日も声を掛けたが返って来ず。
Img_20170506_140221Img_20170506_141533ザわさんは底でさっぱりのまま、午後から宙に変えて4匹。サイズはもちろんグー。ウキを見ていると動きっ放しだ。ただ、掛からないとの事。
Img_20170506_141615それでも見ている間に竿を曲げた。
また宜しくと池を跡にしてカインズホームへと向かうが、駐車場は混んでいる。それなら、まだ駐車出来そうなベイシア電器がそばにあるので、そちらで見てみよう。
面倒なので、3GBのものを適当に選んで帰宅。接続すればすぐにOK。
ついでに壊れたと思われるHDDをパソコンに接続すると、認識はするがアイコンが出なImg_20170506_151419_1い。
バッファロー製だが既に製造中止。HPから適当にドライバやらファームウェアをダウンロードして更新してみるが、ダメ。
それではと一度フォーマットしてみると、何とアイコンが現れた。テレビ接続時には何処かしらおかしかったのは間違いないが、まあ使えるので、パソコンに繋いでバックアップとして使えばいいや。

明日は何処へ行こうかな?
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

前半まあまあ後半トホホ@引佐天池 with 岡ジャミザわさん

増沢ではまだ放流が元気なようなので、他の池でも行って見ようと言う事で、いつもより少しだけ早く出掛けました引佐天池。しかぁ~し、念には念を入れて来た筈なのに不定期便。池にはいつもの先客。返事がないのは承知で挨拶。オーバーフロー右に入る。予Dscf7694報は晴れでも上空雲が多い。雨もちらっとありそうなので、一応の心構えをして準備。湖面は凪いでいて環境はグー。でも途中から風が出始め、ゴミが行ったり来たりで多少イライラする事があった。パラソルさんとザわさんにメールを打っておく。さて、竿は12尺の底から入ろう。餌はいつものバラグルセット。ささっと底取りして開始は9時20分。前回はパッとしなかったので、今回もそんなに期待せずに始めたが、数投後にウキが立つや否やの消し込みが出て、底ではないがへらはいると確信。後半が楽しみだ。先客はじきに竿を曲げたが、その後は出来るだけ気にしないようにして自分の釣りに集中。でも、ウキは動かず。底はダメなのか。いやいや、何となくではあるがウキが返しているように見えるぞ。しかぁ~し、前述したようにDscf7695風・波が出始めて細いトップのウキの視認性がやや悪化。それでも11時近くになって、シモッたウキがスッと入るように思えて合わせると、やった早くも?掛かりました!しかもグーなサイズ。とりあえずホッ。ただ、その後もウキの動きは小さい。それで、バラケを止めて両グルDscf7696Dscf7697にしてみたら、11時を過ぎて連続の消し込みあたりで2匹を追加。あんなあたりでも食ってるから不思議だ。10時を過ぎているが、ひょっとして午前中のGTなのかな?ただ、ウキの動きはその後もパッとしないのDscf7698で、セットに戻す。すると、開始1時間になろうとする頃には、ウキが1目盛くらい返し、そこからあたるかあたらないかのギリギリのラインで反応してしまい、しまったと思ったが掛かりました!先客と私以外誰もいないので、ほぼ貸切状態。それで前回とは全く異なる状況になっているのかも。想定外の第2目標にリーチ。しかぁ~し、その後は何故かウキの動きがなDscf7699くなる。それで、餌付けやらウキ下の微調やらに手を付けてみると、11時を過ぎて返したウキがそのままなので、餌が落ちたのかと空合わせしたら、やった「掛かってます」!でやっと第2目標クリア!いつもながらだが、何故穴が開くのだろう。これが分からない。それでも11時Dscf7700過ぎと言う事もあってウキの動きが出始め、返したウキを見ながら、ここからチクッというあたりが出ればなぁと思っていると、何とチクッとはっきりしたあたりが出た!これで気持ち良く6匹目をゲット。この調子なら第3目標も行けそうか。その後またも消し込みの連発で2匹を追加したDscf7701Dscf7702ものの、残念餌が残り少ないし、バラケが終る。果たして両グルだけで大丈夫なのか。すると、ウキは動いてもカラばかり。これではどうしようもない。あたりらしきウキの動きを全く拾えず、遂に最後の1投。頼む、何とDscf7703か1匹。すると、何と言う事でしょう、馴染んで返してチクッ!で見事「上がりべら」ゲットだ。う、嬉しかぁ。時刻は11時43分。結果、底では実釣2時間20分で9匹。これはなかなかでしょう。しかもグーなサイズばかりだ。ここで一旦休憩。昼食後に次の両グルの宙の準備。竿はDscf7704そのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21+新べらグルテン。マッハも少しだけ。「たな」は前回の西ノ谷のままで、再開は12時4分。前回は午後のGTになるまで全く釣れなかったので、何となく心配ではあるが、とにかく目標は1匹で、トータルでの第3目標クリアを目指す。そしてバラケを付けて打ち始めてみると、何と数投でウキがモヤモヤ。そしてグッと入る力強いあたりで早Dscf7705くも1匹目ゲット!おおっ、これは素晴らしい。サイズは底の時より小さくなったが、朝のウキの動きから予想したとおりの展開が待っているか?しかぁ~し、ここからが今日のハイライト。ウキはへらの気配を伝えてくれるが、一向にそれらしいウキの動きにはかすりもしない。と、ここでザわさん登場。私がラインを送ったばっかりに、わざわざご足労頂いた上に、何と食べ物までごっつぁんです!ホント、申し訳ありません。先日の増沢では良いところを見せられなかったので、ウキは動いているし、何とかグッドサイズをゲットすべく合わせ続けるが、全てカラ(ガクガクッ)。時間だけが過ぎるお約束の展開。次第に集中力もなくなってくる。それで、何かしなければと「たな」を弄り、またじゃがにぃさん直伝のオセロでやってみると、ウキはズバッと消し込むがこれまたバラシ。更には小さなウキの動きに合わせて掛かったものの、堪え切れずにハリス切れでガクガクッ×ガクガクッ。おまけにハリス交換で大丈夫な方のハリスもカットしてしまい、Oh My God!全くダメダメ状態のまま2時近くには先客が静かに帰った。じきにザわさんも岡ジャミ終了。釣るところは見せられませんでしたが、ウキの消し込みは出たので良かった(オイオイ)?お疲れ様でした。開始早々の1匹目から既に2時間近くが経過しており、最早打つ手なく残った餌を打ち切る事に専念するだけか。まさにトホホ状態。しかぁ~し、ウキの動きはまだあって、2時を過ぎて掛かったが、またもハリス切れ(ガクガクッ)。急いで交換すると、今度Dscf7706こそこその2匹目。サイズはさておいても、午後のGTではないだろうに何故今頃なのか。釣れた嬉しさよりも本当に疲れ果てた。ただ、まだ餌はあるので、もう少し頑張って数を増やしたいところ。しかぁ~し、冷たい風が吹き始めると状況が一変。ウキの動きがなくなってしまう。それで「たな」を上下すると、深めの方が動きが出る。そこで勝負だ!しかぁ~し、これまた一向に掛からないまま遂に3時。そして最後の1投。が、底に続いてそんな調子の良い話が続く訳もなく、虚しく終了。いや、まだグルテンカスが鈎に付いている。これをDscf7707再度打って、今度こそ「最後の1投」にしよう。すると、何と言う事でしょう、おそらくは午後のGTなのだろうが、これにへらが反応してウキがグッと入り、やった正真正銘の「上がりべら」ゲットだ!時刻は3時1分。結果、宙では実釣3時間で3匹!トータルでは実釣5時間20分でDscf770812匹。後半はきつかったなぁ。ガックリして片付け。前半がまあまあだっただけに、後半が辛過ぎる。もう少し他の対策はなかったのか。そもそも両グルの宙で良かったのか。片付けを終え、車に戻る。今日は2人しかいないので釣れたのが本当のところかもしれない。ただ、それを確かめるために再度来る気力はないので、次回は大楽地とかに行ってみよう。トボトボと家路に就いた。
 
P.S.パラソルさんからは、鳳来で好結果との返事があった。
 
引佐天池は少し間を置いてからにした方が良さそうな
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2017年4月 4日 (火)

思ったより釣れなくてトホホ@引佐天池 with 岡ジャミザわさん

諸事情の解消により、今日は絶対出掛けるでしょう。と言う訳で、やって来たのは予定通り引佐天池。しかぁ~し、既に堰堤浅い方、オーバーフロー左、深場に3人の先客。それぞれに挨拶するが、深場は2回声を掛けたが無視された。まあ、それはどうでもいDscf7634いや。オーバーフロー右に入って準備しよう。思ったより暑くてジャンパーを脱ぐ。竿は12尺で底から入る。餌はいつものバラグルセット。底取りに多少手間取ったが、開始は9時53分。左右両端の先客の竿が曲る。オーバーフローはまだ始めたばかり。何処かでここは釣れているとか聞いた記憶。ただ、それが私に当てはまるかはこれから分かる。しかぁ~し、ウキに動きなし。左の先客も同様か。その後、左の先客の知り合いが続々とやって来て、オーバーフロー左の浅場は5人が並んだ。今日は静かに釣ろうと思っていたが、無理だ。その後もウキは全くと言っていいほど動かない。気が付けば開始30分、いや1時間が経過。これはマズイ、まさかの凸が待っているのか。と、ここで背後から声が。ザわさんだ。昨日の私のブログで多分ここに来ているだろうと、用事のついでに寄ってくれた。すると、時合なのかもしれないが、ウキに動きが?いや、単に「風あたり」とでも呼ぶようなものではないか。それでも何かしらの変化があれば嬉しいもの。前向きに捉えて続行。しかぁ~し、あたりは出ず。そのうちに釣りより話に夢中になってしまい、竿から手を離して身振り手振りでDscf7635話していると、いきなりウキが消し込んだ!慌てて竿を持てば、やった掛かってます!ただ、あのウキの動きではスレてるかも。とにかく懸命に堪え「たも」に納めれば、スレではなく鈎を呑んでいた。やれやれ。とりあえず凸は免れたので、まずはホッ。サイズがグーなのがいいね、この池(倒置法)。それからじきに12時のチャイム。すると、またも話に夢中になっていると、今度はしっかりとあたりを捉えてDscf76362匹目ゲット!これは嬉しいよ。1匹目は向こう合わせのようなもんだからね。しかぁ~し、その後はウキは動く事はあってもあたらず、時間だけが過ぎるお約束の展開。仕事が一段落したザわさんは先日昭和池に行ったそうだ。隣の集団は豊橋方面からのようで、同じく昭和池が話題になっていた。日むらが多いようだ。さて、さっぱりのまま1時頃になってザわさんが岡ジャミ終了。長時間疲れ様でした。餌も残り少なくなり、あまり期待せずに餌打ちすれば、1回糸ずれのようなウキの動きが出ただけで1時9分に終了。結果、底では実釣3時間超で2匹。思ったより出なDscf7637かったが、凸回避ならまあまあか。さあ、次は宙。もちろん両グルで。と、その前にトイレ休憩と昼食。それからウキと仕掛けを交換。餌はα21・わたグル・新べらグルテンにマッハを少々。少し深めの「たな」で再開は1時28分。この辺りも桜はまだのようで、目の前には枯れたホテイアオイの集団がずらっと並んでいる。これがBODを上げて(酸欠になって)へらの動きも良くならないのではと思う。それでも開始してしばらくするとウキに動きが。しかぁ~し、増沢でもそうだったように、最初こそウキが動くが、その後はシーンとなるのが私の両グル。何故なんだろう。しかも、その後ウキの馴染み際に小さくウキが入るのを見逃さずに合わせたら、一瞬だけ掛かってバラシ。へらがいないと言う事ではなさそう。ただ食わないだけ。その後餌付けを変え「たな」を変えオモリの位置を変えて打ってみるが、一向にウキが動かず。すぐに2時。更に時間だけが刻々と過ぎて行く。最初からいた両端の2人は帰り、池には私と知り合い軍団4名が残ったが、軍団も釣果がばらついていて、釣れない人から順番に帰って行った気がする。私もその後はさっぱりのまま、遂に3時。太陽も背後で翳り始めて体感温度がグッと下がり、ジャンパーを羽織る。餌は後30分くらいか。いよいよラストスパート。すると、何と言う事でしょう、3時を過ぎてすぐにウキが動き出したではないか。もちろん大きく動くわけではないが、それまでほとんどなかった、ウキが馴染み切ってからすぐに1目盛くらい返すとか、馴染み切る寸前に小さく入るとか。もちろんそれらしいウキの動きには積極的に合わせて行くが、これが全くかすりもしない。厳しい~っ!しかぁ~し、いよいよ餌が残り少なくなった3時半近くになって、馴染み切ってDscf7638すぐのチクにやっと合いました!う、嬉しかぁ・・・。サイズも今日一番で腹も私くらい膨らんでいる(コラコラ)。宙でも凸を回避出来てホッとしたが、残った餌でもう1匹。すると、次の餌打ちでもチクに合いました!しかぁ~し、御姿が水面に出たところでバラシ。ガクガクッ。最後の1投でもあたらず、これで今日は終了か。いや、鈎にはまだグルテンが付いている。これを最後の1投にしよう。が、これもウキは動かず。ガッカリしながら空合わせして終ろうとすると、何故か「掛かってます」!これこれ、これこそ「上がりべら」でしょう。しかぁ~し、これまた御姿を目にした瞬間にバラシ。これが本当の「上がりバラシ」で本日は打ち止め。時刻は3時34分。結果、宙ではDscf7639実釣2時間余で1匹。トータルでは5時間超で3匹。タラ・レバではあるが底を続けていればもう少し違った結果になったかも。片付け。左には1人しか残っていないが、その人も終了したようだ。片付けを終え、挨拶して車に戻る。とにかく疲れた。さっさと帰ろう。荷物を積み、そろそろと池を離れた。
 
明日は増沢か?それとも他の池か?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧