2016年6月25日 (土)

花とロボホン

P1000319Docu0051雨が上がったので、椿に行って花を貰ってきた。今回はピンクのハイビスカス。
と、ここで驚いたのは、ロボホンがディスプレイされていた事。残念ながら中味は空っぽのようだったが、つい手が出てしまった。
お店の人がカタログを持っていってと言うので貰ってきたが、既にネットで見ているので特には不用。
スマホにしてはちょっと嵩張るので、持ち運びには抵抗があるが、家で使う分には楽しそう。ようつべには既に入手した人の動画が出ている。
やはり気になるのは価格だが、税抜き20万弱(本体価格はあのペッパー君と同じくらい)で、更には何とかクラブに入らないと使えない。毎月幾らか払う。結局その他もろもろで毎月結構な金額が出て行くので、ただ買って終わりではないところが辛い。
まあ、とりあえずは見るだけで良しとしよう。
 
「ピエール瀧のしょんないTV」でも出ていた
   ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年5月22日 (木)

斧と猫の話

今日は風が強いので竿を出すのは止めた。そうそう、一昨日Oさんが斧で1枚出したようだ。38cm。ネヴァー・ギヴアップの賜物。いつもとは違って、フェンスとガードレールの間に入っていたと岡ジャミに行ったKさんから聞いたが、いずれにせよ素晴らしい。私もそこなら入れそうだ。そろそろ行く?
さて、飼い猫が子供を犬から救った映像がテレビでも流れた。久し振りにいい話を見た。


 
猫っていいなぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2013年1月 9日 (水)

ちょっといい話 & 「イノセント・ラブ」が終わった

Docu0006今日の静岡新聞に載っていた、けなげな猫の話が泣かせる。ここまで主人に愛されていたのかと思うと、うらやましささえ感じるほどだ。
さて、昨日ではあるが「イノセント・ラブ」が終わった。最終話はまあこんなものだろうが、それにしても全ての元凶だった主人公の父親が死なないと物語は終わらなかったのかという思いが残る。それと、前にも書いたが、ソン・オクスクさんの怪演?にはしびれた。この人はあの冬ソナでヨン様の母親役をやった人。最近はこの脇役と呼ばれる人達ばかりが気になって仕方ない。本当にいろいろな役をやるので、日本では考えられないほどだ。また、うまい。何度も言うが、日本のドラマももっと海外向けに、しかも1クール10話で終わるような短いものではなく、少なくとも2クール26話くらいは持たせてくれないと。本当につまらなくて、全く観なくなってしまったのは残念だ。
 
忠猫って言葉を定着させないと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)