2024年4月19日 (金)

福満楼

Img_20240418_115547別にどうでもいい話だが、昨日は福満楼で昼食を摂った。
入口のボードでご飯大盛り無料とあったので、早速注文時に大盛りを宣言。
しかぁ~し、出て来たのはこれが大盛り?きっと大盛りなんだろうと食べてしまったが、気になって前回の写真と比べてみたら、前回は普通盛りだがあまり変わらない感じ。やはり間違えたのかなぁ。
 
これでも充分ではあるが
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

採卵

数日前に室内ガラス水槽で餌をやっていると、やけに太った1匹をハケーン。ん、抱卵してる!
そうか、もうそんな時期なのか。
まだ何も準備をしてなかったので、急いで産卵床を室内外全ての容器に入れた。
そして今日、どうかなと見てみると、ポツポツと卵を見つけた。
洗面器に水を張り、メチレンブルーを1滴いれてその中に採卵した卵を入れた。
まだ最初なのか、全部で10粒くらいだった。ただ、これから爆発的に産卵が始まるのは目に見えている。
どうしようかな、適当なところで採卵を止めようかな。それとも頑張って採れるものは採って孵そうかな。
悩みの季節が始まった。
 
暑いが雨も凄く、外の容器はあふれそうだ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

今日のメダカ

Img_20240411_144010今日、やっと室内ガラス水槽の水替えをした。
前回のような単なる水替えではなく、思い切った内容。
まずは水草を取り去り、壁面をこすってこびり付いた汚れ等を取る。
水がかなり汚れた。ついでに繁殖しっ放しのスネイルも除去。
それから久し振りにポンプを動かして水を綺麗にしたつもり。
そしてプロホースで約10リットルを浚い、交換。大体3分の2くらいかな。
通常は3分の1くらいなので、随分思い切った交換だ。
エアとポンプを作動させて、舞い上がったゴミその他は掬い取る。
メダカにはしんどい思いをさせたが、結果として良かったと思ってもらえそうだ(しばらくは様子見だけど)。
水草を戻し、これで完了。小一時間掛かってしまった。
 
発泡スチロール容器の方は減った分を足すに留めた
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

今日のメダカ

今日も暖かい穏やかな日。こんな日には、そうメダカの水替えだ。
外の2つの容器(ガラス水槽とトロ舟)を思い切って掃除する。
まずはガラス水槽の内壁をこそげ取る。あっ、思ったより水が冷たいぞ。
これはヤバい、水替えをしない方がいいかも。いや、もう始めてしまったのだから後には引けない。舞い上がっている汚れが落ち着くまでの間にトロ舟の水替え。
底を浚ってみると、意外に汚れが少なくてバケツに溜まらない。で、後は汲み出しに変更してバケツ2杯分(約25リットル)を交換した。
底に沈んでいるメダカは1匹ハケーンしたが、それ以外に☆になったものは見当たらなかった。なのに全数はおそらく2,30匹と言う感じ。
このトロ舟に最初に入れたのはおそらく100匹近かった筈。☆になったもの以外は一体何処に行ったのか。
続いてガラス水槽。いつも通り底を浚うと大体バケツ2杯分になったが、それではいつもと変わらない(いつも通りだからね)ので、更に汲み出してバケツ5杯分くらい。計バケツ7杯分くらいを交換した。
こちらも底に沈んでいたものが数匹。全数は50いないのではないか。
さあ、後は室内4つの容器(発泡スチロール容器3つとガラス水槽)を換えるだけだ。
しかぁ~し、外の水替えで1時間半くらい掛かったので、かなり疲れた。で、今日はこれくらいにしておいてやろう(って、オイオイ)。

最近急にアクセスが増えた。しかも尋常ではない数。一体何があったのか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

今日の増沢

腹八分目(オイオイ)でモクレン通りをひた走ると、途中にもソメイヨシノの並木が満開になっているところがあって、それだけでも春の訪れを充分感じさせてくれる。
そして駐車場に着くと、しまった満車状態だ!よくよく考えると今日は土曜。そして桜が満開であれば人が寄るのは当然の成り行き。いつもはもっと早くやって来て竿を出してImg_20240406_122000いるので、混雑に巻き込まれることはなかった。そこまで頭が回らないとは、私もいよいよ前期高齢者の資格は充分か。
それでも偶然空いたところがあって停めることが出来た。やれやれ。
そこから橋に向かって進む。さすがの人混みだ。桜は満開を過ぎて散り始めている感じ。それはそれで風情があるとも言える。
Img_20240406_122132Img_20240406_122116へら師は常連のT林さんとⅠ藤さんとそれ以外に数人。釣れてるのかなぁ。
橋を渡って写真を数枚撮り、さっさと帰宅。
Img_20240406_122219Img_20240406_122341そう言えば、今朝外を見たら霧がかかっていた。スマホにも濃霧注意とあったが、確かに注意が必要だろう。私が外出するまでに霧は晴れていたが。
 
写真をクリックしても拡大しません。悪しからず
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

タイレストランで昼食

Img_20240406_115829今日は通院後に増沢の桜の様子を見に行こうと思っていたが、その前にずっと気になっていたタイレストランで昼食を摂ろうと思い立った。
そこには私の思い違いかもしれないがベトナム料理の店も並んでいた筈だったが、なかった。
まだ11時を過ぎたばかりだから、客もそんなに入っていないのではとやや緊張して(初めて入る店だしタイ料理も初めてなので)入店すると、こじんまりして10人ほどで一杯になってしまうほどの店には既に5人(女性3人組とカップル1組)が座っていた。
何をどう注文すればよいのか分からず、メニューからとりあえず腹に溜まりそうなタイ式チャーハン「 カオパット」を注文。
しかぁ~し、注文したものを待っている間に考えた。この店に次に来るかどうか分からないので、せっかくタイレストランに来たのなら、お約束の「トムヤムクン」を頼まない訳にImg_20240406_113429は行かないだろうと追加で注文。何だか「孤独のグルメ」のようだ。料理はほぼ1000円以上となかなかの値段。
しばらく待ってチャーハンが登場。メニューに書いてある通りしっとりとした感触。米に噛み応えはなく何だか物足りない感じだが美味しい事に変わりはなく、あっという間に食べてしまった。それから少し遅れて「トムヤムクン」登場。う~ん、辛さの中にどことなく異国情緒を感じるのは味付けなのか。辛さは汗が噴き出すほどではなく、額にうっすらImg_20240406_114131Img_20240406_114842と言う感じ。だがしかし、スープなのでそれだけでは物足りない。まさに泥縄式の注文になってしまったが、更に追加で米の麺を注文し、それをスープに投入した。
これで充分満足。私が帰る時にはテーブル席は埋まっていた。3品で2700円と私にしては思い切った昼食となったが、また来たいと思ったのは嘘ではない。さあ、続いて増沢の様子を見に行こう。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2024年3月31日 (日)

散々な放流協賛増沢池へらぶな釣り大会

Dscf3894去年の11月以降竿を出せなかった私が、遂に竿を出せる。それが今日の放流協賛増沢池へらぶな釣り大会。今までは大体9時頃と出足が遅く、そのせいでもないのだが結果は思わしくなかったので、今日は初めて5時半過ぎに駐車場着。ちょうど参加者の方々が橋に向かって進んでいるところ。当然場所取りは済んでいるのだろう。
大会事務局の東屋で受付を済ませ、ひょっとしたら空いているかもと「かつての私のいつもの場所」へと向かうが、残念先客あり。仕方なく旧柳の木の奥に向かうと、そこにも先客。そこから更に奥に向かうのは億劫なので(オイオイ)、切られた柳の木のところに入る事にした。しかぁ~し、これがその後の散々な出来事のプロローグになろうとは、その時には思いもしなかった。
Dscf3888Dscf3891さあ準備しよう。竿は15尺でセットの底から。餌はいつものバラグル。半年近くのブランクがあって、手順がバラバラでモタモタ。おまけに底取りを済ませたと6時17分に餌を打ち始めると、何とウキの馴染みが出ない。底取りもでたらめだった。焦ってやり直して再開は6時半頃か。私の左の人はじきに竿を曲げ、こりゃぁ私にもいい事がありそうだと餌を打つが、ウキは一向に動かない。そうこうしているうちに左隣は竿を曲げる。私はDscf3889Dscf3890ただ餌を打つだけ。右隣と更にその向こう(浅場)の2人は私と同じく静かなまま。左隣は9時頃までに4匹をゲットするが、私のウキはシーン状態。何かしなければと出来る事はしたつもりだが、全く状況は変わらない。で、遠くNぼりさんが「ドボン」で竿を曲げているらしいので、私もそれにあやかりたいと「ドボン」を選択するが、状況は変わらず。結局しばらくして底に戻したのだが、11時頃に餌を打ち切ってしまった。で、底は諦めて両グDscf3892ルの宙をやる事にする。竿は12尺に変更(15尺だと頭上の木の枝に当たる事がしばしば)。餌はこれまたいつものグルテンにバラケとしてカルネバを少々。そして早めの昼食を摂りながら再開するが、やはりそんなに甘くないのが増沢。打てども打てどもウキに動きなく、虚しく12時のサイレン(鳴ったかな?)を聞く羽目に。左隣もご自身が言っていたが、9時を過ぎるとウキが動かなくなってしまったようだ。右隣の向こうの人は昼過ぎに帰ってしまった。参加者かどうかは分からなかった。私は「ナンチャッテ底」も試してみたが、ウキが動いた試しなし。そうこうしているうちに左隣が復活。2匹を追加。裏山から鹿が出るどころの話ではない。そして勝手に仲間だと思っていた右隣も遂に竿を曲げた。後で知り合いと話しているのを聞くと、あたりは2回あってそのうちの1回でゲットしたらしい。こちらも裏山から何かが出て来たような。既に5時間以上餌を打っている私は体力の限界。1時頃に餌を打ち切ったDscf3893のでそのまま早上がりする事にした。ついでに、今までなら凸でも参加賞を貰わないと帰らなかった(おまけに今日は伊藤さとしさんの餌教室がある)のに、今日はそれさえも億劫になっていて、車に荷物を積むとさっさと池を離れた。最早精も根も尽き果てて帰宅。横になったらちょっと寝てしまった。早起きは3文の得どころではない今日一日でした。
 
またしばらく竿を出すチャンスがない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2024年3月28日 (木)

四ツ池から福満楼

昨日ザわさんからラインで四ツ池を見に行ってみたらと言われ、ちょうど今日は午前中時間が取れたので早速出掛けてみる事にした。
Img_20240328_115032Img_20240328_115010Img_20240328_114916いやぁ、久し振りだなぁ四ツ池。最後に来たのはタナゴ釣りで、これもザわさんに勧められたから(だったかな?)。
今日は午後から雨になるので、へら師の数は少ないのかと思っていると、そこそこいたのでビックリ。
ただ、知った人は一人もいなかった。
写真を撮ってそそくさと退散。ちょうど時間もいいので、お昼は福満楼で摂る事にしよう。そうしよう(以下同文)。
Img_20240328_121803多分混んでいると思っていたら意外やそうでもなく、Aランチのしょうゆラーメンを注文。
これまたさっさと食べて店を跡にした。
日曜の大会は今のところ参加出来そうだ。ほぼ5か月ぶりに竿を出す事になるので、結果は期待しない(いつもだけどね)。どんな参加賞が貰えるのかな。
 
O石さんにも連絡しておこうかな
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2024年3月19日 (火)

今日のメダカ

今日、ふいに思い立って室内のメダカ容器の水替えをした。
出窓にある3つの発泡スチロール容器では、スポイトで底を浚い、大体1リットルくらいずつを交換した。
その後、メダカ達が水面近くに上がって来たが、まさか具合が悪くなったのかと心配。
明日になれば分かるかな。
ガラス水槽では、プロホースで底を浚ってから大体5リットル(3分の1)を交換。
しかぁ~し、終わってから気付いたのだが、内壁面をこするのを忘れていた。
まあいい、もう少し暖かくなってからにしよう。そうしよう、双子葉植物。

今週の天気は荒れ模様
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2024年3月14日 (木)

今日の増沢

Img_20240314_104106好天続きに加えて時間の余裕が出来たので、河津桜の後がどうなったか昼前に増沢の様子を見に行った。
途中、モクレン通りは名に恥じない満開のモクレンが楽しませてくれた。知らないうちに季節は移ろっているのだ。写真はありません。悪しからず。
Img_20240314_104342駐車場にはそれらしきへら師の車はない。O合さんやO橋さん、それにO石さんのO型ブラザーズはどうしているのかな。池に向かうと、へら師は橋の下看板横とダム?そばの計2人だけ。T林さんはまだ出勤していないようだ。
河津桜はすっかり葉桜になっており、ソメイヨシノの蕾は固いまま。
Img_20240314_104702水量が多く、私のかつてのいつもの場所がすぐには見つけられなかった。
おっ、今月末の釣り大会のポスターハケーン!伊藤さとしさんが来るのか。諸事情をクリア出来れば参加したいなぁ。
風があって見かけほど暖かくないので、さっさとお暇。ただ、帰りにベイシア詣でに行ったのは言うまでもない。
 
もう5ヶ月くらい竿を出していない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (3)

より以前の記事一覧