2019年6月19日 (水)

今朝のメダカ

昨夜まで5匹が揃って元気。あとから投入された4匹は無事1週間を迎えられると喜んでいたのだが、今朝になって1匹が沈んでいた。
残念の極み。一体何故だろう。
残った4匹は長生きしてほしい。そして更に新しい仲間を迎えたいところ。
 
P.S.さっき見たら、1匹が水槽の端の水草の上近くに寄って静かにしている。これもダメなのか?
 
陽が当たらないところが良くないのかも
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

明日から雨だと言うので出掛けたが@増沢池-その2-

昨日と同じ「たな」で再開は12時37分。午後の部のミッションはとりあえず3匹釣ってトータルでの第3目標を目指す。バラケを昨日より少なめに作ったので、遅くとも2時半頃には終わりたい(その後特に用事はないが)。ただ、餌の量が少なめなので、ちょっと柔らかい。これで果たして持つのか?う~ん、ちょっと持たないか。しっかり付けて打てば何とか持った。すると、じきにウキがモヤモヤ。これは・・・。すると、開始10Dscf0843Dscf0844数分でウキがズバッ!やった早くも1匹目ゲット。やれやれ、これで凸はなくなった。更に1時前には2匹目が出て、あれれ今日は昨日よりハイペースで、ひょっとしたら短い時間でも「つ」抜けするかもDscf0845ね。しかぁ~し、そこから先がない。ウキの動きが止まってしまう。で、下ハリスを詰めたり「たな」を上下したりして1時半過ぎにようやく3匹目ゲット。やっとミッションをクリアしたぞ。あとは単独での第2目標、更に欲を言えば単独での第3目標はどうだろう。それからじきにもDscf0846う1匹ゲットすれば、少なくとも単独での第2目標くらいは行けそうだ。しかぁ~し、その際に「たも」の中で暴れられて下ハリスを切られてしまった。で、急いで交換したところ、またも下ハリスが長めになってしまった。しばらくそのままで打ち続けたものの、ウキはモヤモヤするばかり。やはり1cmが微妙に効くのかもと1cm詰めてみる事にすると、これが効いてDscf08472時を過ぎて5匹目。単独での第2目標にも到達したので、あとは昨日と同じ「つ」抜けまで行けるかな?と、ここで対面Kさんが終了。帰り際に橋の上から声を掛けてくれた。今日はあまり芳しくなかったとの事だが、訊かなかったがそこそこは釣れたようだ。お疲れさまでした。遠くOさんも終了したようだ。荷物を積み終えたKさんと談笑し、帰った。お疲れさまでした。さて、2時半を過ぎたようなので、予定オーバーが現実のものとなってしまった。仕方なくバラケを10投分くらい丸めて残りは断腸の思いで捨てる。これで最後の勝負だ。1人やって来て、かつてOT氏が入っていた場所から更に浅場に入った。Dscf0848Dscf0849と、そろそろ午後のGTなのか急にウキが動き出し、ズルッ、ズバッ!の連荘で2匹をゲットしたところへ、終了したO合さんがトイレタイムのついでに様子を見に来てくれた。今日はあたりが少なかったとの事。でも5匹は出たのだからいいでしょう。お疲れさまでした。私はその後バラケのある限り粘ったものの、残念何も追加出来ず2時51分に無念の終了。結果、宙では実Dscf0850釣2時間15分くらいで7匹。トータルでは実釣4時間半弱で14匹。今日も放流はいなかった。一体何処へ行ったのかな?片付け。おっ、対面O石さんも終わったようだ。お疲れさまでした。私も片付けを終え、車に戻る。そして荷物を積んでいると、O石さんがやって来た。私より早く終わった筈なのに・・・。少し話をすると、今日はあたりが少なく2匹だったとの事。明日は午前中は雨はないと言うので、ゲゲッと驚いてしまった。雨ではないのか・・・。ただし午後から天気が不安定になるらしいので、どのみち私は竿を出しません。O石さんとは挨拶して別れ、私は一目散に家路へと就いたのだった。
 
もし明日が晴れでも竿を出しません(キリッ!)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

明日から雨だと言うので出掛けたが@増沢池-その1-

今日は天気が良くても明日から崩れるとの予報に、連荘で出掛けました増沢。通院後なので場所が空いているか不安だったが、駐車場に着いてすぐに橋から池の様子を覗うと、ゲゲッ、私が入りたい「かつてのいつもの場所」にいる先客だけでなく、柳の木の奥、更にそこから深場整地された辺りに5,6人。その奥にOさんの姿が見える。対面には階段下にKさん。ダム?そばにも1人いるぞ。確かに池に付いたのは10時頃だが、それにしても今日はへら師が多いなぁ。昨日はこんなにいなかったぞ。私はDscf0834申し訳ないが旧爆釣ポイントに入らせてもらおう。荷物を降ろして池に向かい、先客に挨拶して一旦は荷物を降ろしたものの、先客がちょっとこちら寄りに入っているので、私も頭上の木の枝が気になるが、先客からやや離れて陣取る。水は泥色のまま、風は多少出ている。さあ準備しよう。底の状態が気になるが、まずは9尺を出す。そしていつものバラグルセットでやるぞ。両ダンゴは最近あまり芳しくないので。底をささっと取っての開始は10時16分。すると、開始早々からウキが返すではないか。これは素晴らしい。早くも釣れそうな気がするぅ♪しかぁ~し、最初に掛かって来たのは長い木の枝。こんなのが近くにあると釣り辛いなぁ。が、それよりもっとしんどい事が待っていた。ここからが今日のハイライト。何と4連続バラシ!でガクガクッ。とその間に先客が終了した。私が来たからなのか(もしそうなら勘弁して欲しい)?それなら何としても先客がいる間に1匹をと思ったのだが、結果は出ず。ガックリ。で、関係あるかどうかは不明だが、スレを防ぐためにDscf0835下ハリスを1cmくらい詰める。先客は既に帰っているが、もうそんな事はどうでもいい(オイオイ)、とにかく1匹だ。スレバラシ4連発の後でもウキはまだ動いていて、開始30分くらいで1匹目ゲット。やれやれ、疲れたなぁ。すると、午前中のGTがやって来たのだろうか、そDscf0836Dscf0837の後も11時をまたいで2匹を追加すれば、やっと落ち着いて来たぞ。特に3匹目はあまりにも小さなあたりだったので、ずっとこんなあたりを取り続けるのは精神的に無理。何とかもっと分かりやすいあたりが出るようにとウキ下を微調していると、ハリスを縮める際に玉こぶで結んでいたハDscf0838リスが次のあたりで抜けてしまった。ガクガクッ×ガクガクッ。更にフワッと戻したウキがスッと流れるように入り、これに合わせるとやった4匹目ゲットか?しかぁ~し、残念目にスレでガクガクッ。これまでウキはずっと動いていたのに、掛かったのはまだ3匹だけ。今日もDscf0839厳しいのぉ。しかぁ~し、しかぁ~し、ガックリしながら11時半過ぎの次の餌打ちで、やったグッドサイズのダブルだ!これはなかなか珍しい。グー・グ・グー。これで一気に第2目標クリア。う、嬉しかぁ。まだ餌が十分ある(それも変だが)ので、さあどんどん行こうではないか。しかぁ~し、ここから急にウキが動かなくなる。時間的には午前中のGTの筈なのに、ウキの返しさえ減って来た。それでも餌打ちのインターバルに留意しながら餌を打ち続Dscf0840Dscf0841けると、12時近くになってやっと6匹目。ここで12時のサイレンを機に釣りながら昼食。腹が減っては何とやら、だ。そしてもう1匹追加すれば、第3目標も見えて来た感じだったが、ちょっと無理。バラケを使い果たしてもグルテンが残っていたので、省資源釣法では決して許される行為ではなDscf0842いのだが、これを捨てる。そして終了。時刻は12時24分。結果、底では実釣2時間10分弱で7匹。私的には両ダンゴの時合ではなかったと言う事か。さあ、次は宙。と、その前にトイレタイム。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換。昨日と同じ「トロ掛け」をやる。O石さんがやって来て看板横に入っている。今日は釣れてますか?
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

今朝のメダカ

今朝もとりあえずは元気でいる。
が、一部水面すれすれで泳いでおり、動きも弱そうだ。
餌をあげても全体的に食いつきが良くなさそう。
エアが足りないのかな。
底面フィルターとエアレーションの両方でやっているのだが、少し強くした方がいいのか。
 
これから通院と釣行
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

早起きしてもダラダラと長時間やっては意味がない?@増沢池-その2-

Kさんは午前中に終了した。40上を3枚ゲットしたが、枚数としては少なかったとの事。お疲れさまでした。奥の方にはT林さんやO石さんがいるようだ。さて、バラケは約2時間分作り、ハリスは10cm+15cmくらいにした筈だったが、下ハリスがやや長そうだ。でもそのままで餌打ち始め!すると、じきにウキがモヤモヤ。だがあたらず。クーッ。きっとハリス段差が影響しているに違いないと思いながらも、特に何かする訳でもなく餌を打ち続けると、あたりらしきウキの動きでバラシ。でもそのまま。するDscf0822Dscf0823と、1時近くになってズバッ!で1匹目ゲット。こうなると段差の件は何処へやら。更に1時を過ぎて2匹目をゲットすれDscf0824ば、段差このままでいいんじゃない?しかぁ~し、1時半近くのズバッ!では、何と個人的には「トロ掛け」で初めてのバックオーライが出てビックリ。こんな事もあるんだ。で、これを機に下ハリスを1cm詰めてみる。すると、そこから先はしっかりとしたあたりになって、1時Dscf0825Dscf0826半から2時までにポツポツと2匹をゲット。トータルでの第3目標クリアと共に、単独での第2目標が見えて来たぞ。そしてDscf0827Dscf08282時を過ぎてもウキの動きは変わらず、30分で3匹。遂に単独での第2目標もクリア。ただ、おかしい事に餌がまだある。確Dscf0829か2時間ほどで打ち終えるくらいの量を作った筈なのに、何故だ?Oさんは2時半頃に終了し、帰ったようだ。お疲れさまでした。さて、餌の量は私の勘違いで、いつもならカップ4に水1で作るのを、袋に書いてあるようにカップ5に水1で作ってしまったのが大失敗。ただ、省資源釣法では作った餌は捨てられないので、いやでも延長となった。それでもDscf0830Dscf0831午後のGTはあるのか、3時までにもう2匹をゲットすれば、単独での第3目標まで視野に入って来たぞ。これは止められDscf0832まヘンなぁ。しかぁ~し、3時を過ぎて「つ」抜けを達成したまでは良かったのだが、その際に鈎を呑みこんでいて外れずハリス切れ。おまけにもう一方も切れてしまい、Oh My God!もう鈎が1本しかないので、それを上ハリスとし、下ハリスにはセット用の小さな鈎のハリスを付ける。そして再開するが、何故か午後のGTは去ってしまったようで、ウキの動Dscf0833きはかなり悪化。そして満足にあたらないままバラケを打ち切って3時半に終了。結果、「トロ掛け」では実釣3時間弱で10匹。トータルでは実釣6時間半で17匹。もうグッタリだ。片付け。看板横とダム?そばはもういない。奥の方はどうなのかな。まだ誰かの声は聞こえるので、皆帰った訳でもなさそうだ。片付けを終え、車に戻る。まだT林さんの車があった。さあ、今日は久し振りのベイシア詣で。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
明日もやれたらやります
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

早起きしてもダラダラと長時間やっては意味がない?@増沢池-その1-

今日明日を逃すと再び雨模様となるので、今日は是非とも行かなくては。と言う事で、出掛けました増沢。駐車場にはOさんKさんの車。不定期便を済ませてから橋まで行って池の様子を覗うと、あれれへら師の姿がない。私のかつてのいつもの場所Dscf0812も空いているので、これ幸いと車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。準備の前に塩ビ管付近まで行って奥の方にいるOさん、それに対面階段下のKさんに挨拶。お二人ともまだ始めたばかりだと言う。へら師はあとダム?そばの1人だけ。私も入れて4人とは、多少早い時間とは言っても少なくないか?釣り座に戻り、今日もやや風があるので竿は短めの9尺で行く。まずは底から。餌はいつものダンゴ。底は大体で開始は8時33分。すると、数投でウキが返した。おっ、これは爆釣のサインか?しかぁ~し、その後がないまましばらくして、ちょっとウキが動いたかなと合わせると、やった掛かりました!ああっ、外れた・・・。いや、ハリス切れでした。ハリスのストックがないので昨夜巻く筈だったのを、すっかり忘れていてあと2本しかない。そのうちの1本を使って再開すると、今度はいきなりのズバッ!でやった今度こそ。しかぁ~し、バラシでガクガクッ。そして9時を過ぎる。今日はDscf0813O合さんは来ないのかな。ウキは動き始めているので、何とか1匹。すると、返したウキがモヤッ。これに反応して1匹目ゲット。いやぁ、疲れたなぁ。すると、これは朝方のGTなのか、その後もウキは動いて、じきに2匹目。サイズもグーでよしよし。しかぁ~し、その後はDscf0814またもモヤモヤからの餌が抜けてお終いのパターン。1回バラシが出たが、それ以外はカラ。もちろん手を拱いていた訳ではなく、私なりに対応したつもりだったが、残念どうにもならず10時7分に餌を打ち切ってしまった。結果、底では実釣1時間半で2匹。これはかなり厳しいぞ。看板横に1人、こちら側深場整地された辺りにもポツポツへら師が入ってDscf0815いる。さあ、次は宙。「トロ掛け」をやりたいが、その前に両ダンゴをやっておこう。遠くKさんが誰かに40cmクラスを釣ったと話しているのが聞こえてきて、私もお相伴に与りたいところ。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はカルネバ・マッハ。しかぁ~し、10時15分に開始してから30分ほどは釣りにならず。まずは仕掛けが両グルの宙になっているので、両ハリスを5cmくらい詰める。それから餌が持たないので練る・練る・練る。それでもウキの馴染みは思うように出ないので、更に練ってようやく思うような馴染みとなったが、それまでに30分ほど掛かってしまった。そして10時半過ぎから風・波が収まって来るとウキの動Dscf0816Dscf0817きが見えて来た。そして11時過ぎにズバッ!からの1匹目ゲット。そろそろ午前中のGTなのかじきに2匹目。これは素晴らしい。さあどんどん行こう(worn out expressions)。しかぁ~し、ウキは動いても掛かDscf0818Dscf0819らず。11時半を過ぎてようやく3匹目。これでトータルでの第2目標まで漕ぎ着けた。次は両ダンゴだけで第2目標クリアと行きたいところ。すると、やはり午前中のGTなのか、しばらくして4匹目。いよいよリーチ!しかぁ~し、餌が残り少なくなって来た。そして12時のサイレン。残った餌を丸めDscf0820てあと何投出来るか考える。で、何故か小さめに付けた餌でウキが立つや否やの消し込みでやった「終わりべら」ゲットだ。しかもサイズはグー。そしてほどなく餌を打ち切った。時刻は12時11分。結果、両ダンゴの宙では実釣2時間弱で5匹。トータルでは実釣3時間半Dscf0821で7匹。30分に1匹の割では厳しすぎるでしょう。さあ、まだ時間はある。次はお待ちかねの「トロ掛け」だ。まだ風・波も出ているが、今日は強行だ。と、その前にトイレタイム。そして昼食を摂ってから次の準備。餌はS-ブルーとベイシアで買ったフジッコのトロロ。「たな」は両ダンゴの時と同じで開始は12時34分。
 
TO BE CONTINUED!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

今朝のメダカ

とりあえず皆元気だ。
先週の水曜以来、星になった1匹以外にちょっと弱った風の1匹があったが、未だ大丈夫。
餌をやって釣行し、さきほど帰宅。皆元気だ。
で、餌をやったが、あまり食いつきが良くない。何故だろう。
そうそう、ろ過のやり方をまた変える事にした。
底面フィルターはそのまま単独で動かす。
今まで底面フィルターから出てくる水を物理ろ過していた外掛けのフィルターも単独動作とし、これは流量が大きいので1日に10分~30分程度動かすことで水槽の水を全量ろ過する計算。
点けっ放しがメダカに良くないのは承知しているので、時間限定で。
さて、どうなるかな。
 
明日も通院後に釣行出来れば今日の反省の元同じ釣り方で
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

今朝のメダカ

昨夜は冷えたのか、水温がやや低め。
餌をやっても全体的に食いつきが良くない。
それと、1匹がやや不安な状況。お腹がぺしゃんこだ。
星になったメダカのほとんどがお腹がぺしゃんこなので、これはヤバい状態だ。
今日はフィルター交換の日なのだが、やっても大丈夫か?
 
ろ過がほとんど機能していないようなので、元のように戻すか考えている
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

今朝のメダカ

今朝はやや肌寒くて目が覚めた。
水温も22℃くらいで、メダカにとってもしんどいのかも。
で、全体に動きが悪い。
餌にもそんなに食いついてこない感じだ。
今日はこんな感じで推移するのかな。
 
こんな時期でもヒーターの準備が必要?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

強風で釣りにならず?@増沢池

メダカは可哀そうだが、それは置いといて。

通院後に増沢へ向かうが、あまりに風が強くてちょっと考え物だ。それでも駐車場に着けば、O合さんO石さんT林さんのお三方は既に来ている。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、まるで真冬のようなビュービューと強い風が吹きまくっている。橋も少し揺れているようだ。私が入りたい、かつてのいつもの場所は空いてはいるものの、ドバドバと波が押し寄せている様子を見ると、来なければ良かったのではと気持ちが萎えるが、そこは踏ん張って竿を出す事に。車に戻って荷物を降ろし池に向かうDscf0806と、とても竿を出す雰囲気ではない事が分かる。でもやりますよ。さっさと釣り台をセット。竿は短い方がいいだろうと9尺。もちろん底。餌はいつものバラグルセット、と思ったら、わたグルが切れている。で、α21単体でやる。底も取り辛いところを無理矢理多分これだと合わせて開始は10時36分。しかぁ~し、第一投からウキのシモリまた流され具合が凄すぎて一気にやる気が失せる。これは「ドボン」以外の選択肢はない。が、ドボンに流用出来る仕掛けは13尺しかないので、それは無理。仕方なく9尺のオモリを巻きなおしてユルユルにして代用。そしてトップ3目盛が出るようにセットして再開。かなりオモリを追加したつもりだったが、それでも多少は流されてしまうくらいに風・波が出ているのだ。しかぁ~し、じきにウキが動いた?これはやったでしょう!と合わせると、残念引きがない。それもその筈、大きなビニールの袋だった。ガクガクッ。とかしていると、11時頃にトイレタイムのついでにO合さんが様子を見に来てくれた。奥でも状況は同じでウキは動かないとの事。私はこの状況なら午前中で終わると告げた。O合さんが去ると、入れ替わるように1人やって来て、柳の木の奥に入った。この状況で今からやるとは素晴らしい?と、ここで餌を打ってウキが立つや否や消し込み、慌てて合わせればやった掛かったでしょう!しかぁ~し、竿を止めてみると引きがない。うわぁ、またもビニールか。寄せて道糸を持ち手繰り寄せると、途中から何やら見えて引きが出て来たではないか。何か掛かっている!しかも引きがへらではない。すぐそばまで来ているのになかなか寄らず、懸命に竿を操って寄せようとするものの、無理。立ち上がってもどうしDscf0807ようもない。個人的には5分以上格闘した感じで、やっと一瞬浮き上がって来た正体が判明。甲羅が40cm以上あるスッポンだ。しかも両鈎が掛かっていて、切れてくれよと祈っても切れず。それでも1本が切れたので道糸を持って手繰り寄せると、ようやくもう1本が切れた。ただただ疲れた。写真はかろうじて撮れたが、分かり辛いだろう。とにかく一段落。グッタリしてハリス総交換。そして再開は11時20分頃。気分は凸まっしぐら。しかぁ~し、まさに午前中のGTなのか、ウキに動きが出て来た。が、ウキDscf0808が動かないのにスレバラシ2回で鱗2枚。へらが寄っているのは間違いない。そして遂にその時が来た!ウキがスッと入るのに合わせれば、やったとうとう掛かりました!あれっ、引きが弱いな。まさかこれだけ苦労して放流か?上がって来たのはとりあえず放流ではないとしておこう。でないとやる気がDscf0809なくなるから。更にGTは続き、ほどなく2匹目。よしよし、これで十分帰れますね。そして12時のサイレン。しかぁ~し、その後あたりは出てもカラ。で、一旦トイレタイム。帰ってから昼食を摂り再開すると、何故かあたりが出て3匹目。よしこの調子なら第2目標くらいは行けるかも。しかぁ~し、その後はバッDscf0810チグーのあたりでも掛からず。一体何が変わってしまったのだろうか。そして12時47分に無念の終了となった。結果、実釣2時間10分で3匹。この風・波の中では充分でしょう。それにしても今日はカラが多かったなぁ。特に食い上げと思われるあたりでは3回ウキのボディまで見えそうになっても掛からDscf0811なかった。不思議だ。片付け。ここで何故か風・波が弱まった。何故だ、何故なんだぁと思ってもアフター・フェスティヴァル。片付けを終え、柳の木の奥に挨拶して車に戻る。最近はとみに体力の低下が目立つようになり、息切れもはなはだしい。もっと少ない荷物で釣りが出来るようになればいいのだが、ヘラブナ釣りでは無理か。さあ、メダカも気になるのでさっさと帰ろう。グッタリして帰途に付いた。
 
そして1つ前のメダカの記事に戻る
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧