2019年9月22日 (日)

草刈りに遅刻

起きたら7時を過ぎていた。
これはヤバいと思いつつも、出掛けたのは7時半過ぎ。草刈りは6時からとあったような記憶があるので、多分間に合うだろうと池に着くと、何とおそらくは参加した方々であろうへら師が集まって談笑したり荷物を降ろして池に向かっているではないか。
ちょうどパラソルさんがいたので話を聞くと、今日は5時から始めたそうだ。そして日向側の遊歩道?辺りが刈ってあったとかでスムーズに草刈りが進んだようだ。
のんびり来た自分が恥ずかしくなったが、それでも少し話をしてから帰る事にした。
皆さんお疲れさまでした。
さあ、今日はこれから台風への備えとメダカの水替えがある。こちらものんびりしてはいられない。
 
台風の本番は明日になりそうだ
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

今日も同じような推移で凸スレスレ@増沢池

月曜以来竿を出していないので、今日を逃すと台風の影響で当分竿を出せなくなると、何とか通院後にやって来ました増沢。O合さんの車はあるものの、へら師は少なそうだ。トイレに行って池の様子を覗ってから車に戻ると、ちょうど来たところなのかT林さんが声を掛けて来た。今週(だけではないが)は釣れませんね。それぞれいつもの場所へと向かう。おおっ、涼しいぞ。まさに秋本番か。ただ、太陽の高度が下がったせいで対面の景色が湖面に映り込み、ウキの視認性は悪そうだ。さてさて、どれくDscf1090らいから対面に行くようになるのかな。O合さんに挨拶して話を聞くと、今週はまさに凸スレスレらしい。まだ2投目。昨日はKさんが来たようだ。私は釣り座に戻り、いつも同じではつまらないと12尺を出す。しかぁ~し、餌はいつものバラグルですが、何か。と、準備中に橋の上から声が。O石さんでした。今日はいつもより早いですね。しばらく散歩してから奥の方に入ったようだ。さて、11尺とそんなに違わない感じで底を取り、開始は10時29分。すると、それに呼応するかのように風・波が出て来たではないか。クッソー。ただ、それでもウキは少しずつ返しているので、少しは希望が持てる?いや、最近はずっとこんな感じで推移し、あたりを見るのはかなり難しいのが現状。O合さんもウキが動かないと言っている。そしてそのまま時間だけが過ぎるお約束の展開に。いつもは餌打ちのインターバルに留意して結構待つ事はしないのだが、今日の私はちょっと違う(ちょっとだけよ)。あたりが遠ければ待ちましょうと、餌打ちの間隔をいつもの数倍?に伸ばしてみる。更に、何と餌落ち目盛を調整したのだ。風で流されるので少しウキを沈める感じで合わせ直す。そして再開するが、じきに開始1時間。そろそろ午前中のGTがやって来るかもと淡い期待に胸弾ませる?が、そんなにこの池甘くはない。それでも両グルで打っていたら、1回だけ1目盛カチッと入るあたりが出たが、残念カラ。で、12時のサイレン。いよいよ今日こそXデーとなるのか?O合さんは休憩中だが、私は時間が惜しくて食べながらの釣り。すると、再度あたりが!しかぁ~し、これも残念カラ。しかも、しばらくして何気なく餌を切ろうとしたら、何とスレてしまいハリスを切られた。ガクガクッ。急いで交換するが、その時にそれまでよりハリス段差を少し短めにする。すると、3回目のカラを食らった辺りからウキの視認性がグッと悪化。これで本当に凸確定か?しかぁ~し、12時半を過ぎて見えにくいながらもウキが餌落ち付近まで返したDscf1091後にモヤっと入ったように見えてとりあえず合わせたら、やったとうとう掛かりました!う、嬉しかぁ。いやぁ、長かったなぁ。サイズもグー・グ・グー。これで一気に気が楽になった。どうやら今日の午前中のGTはずれて午後になったようだ。ただ、その後はそれまで多少は返していたウキの動きもなくなり、1時を過ぎて餌が終わる最後の一投では、ウキが今にもあたりそうとモヤモヤふわふわから、チクッ!やった「上がりべら」ゲットか?しかぁ~し、しかぁ~し、残念口周りにスレて「上がりスレ」。もうガクガクッ×ガクガクッ。おまけに写真を撮り忘れた。ただでさえ釣れないのだから、枯れ木も山の賑わいで載せたかったのだが、残念×残念。時刻は1時22分。結果、底では実釣3時間弱で1匹。まさにトDscf1092ホホだが、凸よりはましと言ったところか。時間的にはあまりにも中途半端なので、少し早いがこれで終わろうかと思ったら、O合さんから続行するように言われ、それでは竿を11尺に替えて両グルの宙でも小一時間やってみようかな。餌はわたグル+新ベラグルテン。そして再開するが、ウキは動き出さない。あ~あ、やるんじゃなかったと思いながらも30分ほど打ってみるものの、1回モヤっとしたかどうか。で、それではいつもの「ナンチャッテ」でもやろうかなとふとO合さんの方を見たら、何と片付け中ではないか。続行しろと言っておきながら何故・・・?確かに2時を過ぎてはいるが、寂しいじゃあーりませんか。奥の方では当然ながらの終了か。私は何とか1匹をとウキを見つめると、1回返しを見た。そしてもう1回はあたり?残念カラ。クーッ。片付けを終えたO合さんがちょっとだけ岡ジャミDscf1093に来たが、そんなに簡単じゃないと言って帰った。お疲れさまでした。そして私も2時38分に虚しく餌を打ち終えた。こちら日陰側にはもう誰もいない。対面には橋の上(かみ)に、いつも午後から来る人が1人。グッタリして片付けを終え、車に戻る。ずっと我慢していた膀胱は破裂しそうだ。さっさと荷物を積み、さっさとトイレタイム。そしてさっさと帰宅した。
 
このままではいつXデーが来てもおかしくない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

今日のメダカ

今日は家の25年無料点検の日。
いやぁ、大変だなぁ床下に入る人って。
とりあえずシロアリの被害はなかったが、防蟻処理をしたのが10年前なので、金はかかるが今回やって貰う事にした。

タイトルのメダカについては、専用容器でのヒエラルキーが出始めたので、一番大きな1匹(と言ってもたかが知れているが)を容器からバケツに移す事にした。これでバケツには退避メダカ1匹+針子4匹の計5匹、専用容器には針子8匹で、バケツ全体では13匹となった。
そうそう、退避メダカは最近やっとふっくらして来た。餌も前よりは食べるようになったので少し安心だ。
水槽の方はと言うと、相変わらず苔?が止まらない。次の日曜には水替えをするので、その時ある程度しっかりと苔?を取り去りたい。何しろ苔?を食べてもらう筈のタニシにも付いているからね。
 
明日は?行けたら行きますと言っておこう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

今日のメダカ(追記あり)

今日もいつも通り餌をやってから、水草洗面器(苔が生えていない方)を覗いたら、あれれ今日もまた1匹を発見したぞ。
これで専用容器内は8匹になった。やはり水草に付いていた卵が孵ったとしか考えられない。
たまたま洗面器に移した事で、食べられずに孵ったと言う事か。
ただ、専用の産卵床に付いた卵は、わざわざ外して専用容器に入れているのだが、未だ孵ったのを見た事がない。
何故か放っておいた方がいいようだ。
 
P.S.午後になってたまたま苔が生えた方の水草退避洗面器を見たら、何とそこにも針子が1匹いるではないか。これは最近移したばかりなので、ちょうど生まれる頃合いだったのかな。とにかくこれで専用容器内には9匹となり、そろそろサイズがやや大きめのものはバケツに移した方がいいかもね。
 
今日は涼しいけれど湿気があるね→午後から雨になった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

また1匹みっけ!

今日は都合で竿を出せないので、その代わりに通院後にまずは根洗のりんご園で紅玉を買おうと車を走らせた。
しかぁ~し、紅玉は出来が悪くて2等品しかないと言われた。気温が下がらないと色が付かず、放っておくと色づく前に割れてしまうのだそうだ。で、早いうちに2等品として収穫するしかないらしい。これも温暖化と関係あるのかもね。
それから増沢まで足を延ばすと、OさんO合さんがいつもの場所にいた。
昨日はお二人とも2匹をゲットしたとの事。裏山の鹿が出て来ましたよ。
今日もウキは動かないようだが、私が見ている間に1回だけO合さんのウキが入ったが、O合さんは合わせなかった。あたりではなかったのかも。
曇りで湖面も凪いでいるのでウキは見やすいが、如何せん湿気が凄い。さっさとお暇して、帰りにこれまた久し振りのマクドナルドでハンバーガーを買って帰った。
そしてメダカの様子を覗うと、あれれまた1匹見つけたぞ。不思議だなぁ。早速専用容器に移したが、だいぶ賑やかになって来たぞ。
それと、心配していたバケツの1匹も確認出来たので、まずはホッ。
 
明日から天気は下り坂とか。釣れないから別にいいかな(オイオイ)
    ↓        ↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

これなら凸と同じではないか?@増沢池

このところ凸スレスレ?が続いているので、今日こそ何とかしなければと出掛けました増沢。駐車場に着くと、Oさんが深場ワンド方面へ様子見に行くところ。私も車から降りて橋の方に向かう。へら師は対面日向側に2人、日陰側には柳の木の奥に2人か。いつもの場所は空いているので、これ幸いと車に戻ると、O合さんが来たところ。Oさんも戻って来て、お二人は深場ワンド方面、私はいつもの場所へと向かう。今日Dscf1085は暑くなるとの予報なので、熱中症には注意が必要だ。先客に挨拶して釣り座を構える。さあ準備しよう。湖面は凪いでいるが、太陽の高度が下がったので対面の景色が湖面に映り込んでウキの視認性はかなり悪そうだ。それでも11尺を出す。そしてセットの底から入る事に。前回は両ダンゴの宙という私にとっては無謀な試みで、沈没。今日はいつも通りとする。餌はいつものバラグル。ささっと底を取っての開始は9時16分。ん、ウキがじわじわ返しているぞ。そして2投目を打ったところで先客が竿を曲げた。う、裏山鹿~。それからウキに目を戻すと、あっウキが返している。そして弱くモゾッと入ったではないか?まさかとDscf1086思いながらも合わせると、やった掛かりました!まだ2投目なのに?おおっ、サイズもグーではないか。早くも凸の恐怖から逃れる事が出来てまずはホッ。今日は爆釣の予感?しかぁ~し、その後はまさに前回前々回とか最近の私の状況とほぼ同じ展開。即ちウキは返す事があるがあたりは出ない。これの繰り返し。あっという間に10時となり、Kさんが岡ジャミにやって来た。そしてOさんの方へ行くと言うので、私もちょうど開始1時間となった事だし後から付いて行く。Oさんはまだウキが動かず。O合さんも同じのようだ。釣り座に戻り再開。少しは状況が変わったかと思いきや、何も変わらずガクガクッ。そしてそのままズルズルと時間だけが過ぎて行く。もちろんその間にウキ下の微調やら餌付けやらの対応をしたのだが、全く効果なく12時のサイレンが鳴ってしまった。と、ここでザわさん登場。奥にはT林さん他数名が入ったようだ。ザわさんの針子は早くも卵を産んだとか。第3世代ですね。ザわさんはじきに帰り、私は底を諦めて餌を残して終了としDscf1087た。時刻は12時5分。結果、底では実釣2時間50分弱で1匹。つまり1匹目をゲットしてから2時間以上あたりを見ていないと言う事になる。まさにトホホだ。それでは午後の部と行こう。対面の映り込みに加えて背後の木の影が重なってウキの視認性がかなり悪くなったので、竿は9尺にする。そして餌は両グルテンだ。もちろんいつものブレンドで。ハリスは40cm+55cmくらい(個人の感想です)。そして12時26分に再開し、まずは底の残りを打ち切る。それからトイレタイム。戻ってから昼食を摂りながら餌を打ち始める。最初はウキが馴染んだら1,2回誘って餌を切るを繰り返すのだが、いつまで経ってもウキは動かない。で、知らず知らずのうちにウキ下は伸びて行き、あれよあれよと「ナンチャッテ」となる。しかぁ~し、こちらもウキは返しているようないないような(どっちだ!)。結局「ナンチャッテ」は諦めて再び宙に戻す。1時過ぎに先客2人は帰った。私はその後とにかく餌を打ち続けたのだが、ウキは返しもなく時間だけが過ぎるお約束の展開に。ここでバラケを少し作るのが普通なのだが、今日はそれさえも面倒と言うか、既に結果が出ているからと気持ちの張りが弱くなっていたのかもしれない。2時頃になり、ちょっと方針を変える。それは待つ釣り。両グルの宙は回転の速い釣りなのだが、バット師匠からウキが動かない時には通用しないと言われたのを思い出したから。で、待って待っていると確かにウキが弱く上下しているのが見えて来た。しかぁ~し、残念餌があと少し。今日は残業の意欲もないので、餌があるうちに釣れなければそれで終了だ。奥の方ではそろそろ帰り支度が始まっている。最近はやけに終わりが早くなった気がする。何故だろう。私は残り少ない餌を有効に使うべく「ナンチャッテ」でない底にする。すると、何と言う事でしょう、ウキが返したぞ。そして今日2回目のあたりを見た!残念カラだったが、頼む、何とか餌が尽きる前にもう一度あたってくれ。ん、私の釣り座の右前に亀が浮かんで来たぞ。これはミシシッピではなさそう。すぐに潜って消えたので、後2回の餌打ちに集中しよう。そうしよう、双子葉植物。しかぁ~し、ラス前ではウキは動かず遂に最後の一投。もう泣いても笑ってもあと1投だ。頼む、あたってくれ。すると、何と言う事でしょう、ウキがモヤモヤから少し返し、そこからチクッ!やった「上がりべら」ゲットだ!しかぁ~し、Dscf1088Dscf1089しかぁ~し、手応えは・・・。「上がり亀」でガクガクッ。しかも先ほど見たのと同じ奴だ。その上ハリスを切られてしまった。無念の終了は2時半ジャスト。結果は言うまでもありません。トータルでは実釣4時間50分で1匹。しかも4時間以上釣れていないので、気分は凸と変わらない。奥のへら師は帰った。池にはもう私しか残っていない。汗だくになって片付けを終え、車に戻る。もちろん誰もいません。グッタリして荷物を積み、トボトボとベイシアへと向かった。
 
明日は行けたら行きますとだけ言っておこう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

またも針子が生まれた

釣りから帰ってメダカの世話を始めた。
まずは水槽に不足分の水を足す。それから苔がビッシリ付いた水草を取り出して避難用の洗面器に移す。
更に壁の苔もこすり落としてから、外掛けフィルターを回して舞い上がった汚れを吸い取る。
只今実行中。順番が変なのは洗面器の数が限られているから。
で、今度はバケツのメダカの面倒を見ようと、上記とは違う水草用の洗面器を見たら、何と1匹の針子が動いているのではないか。
早速掬い上げて専用の容器に移す。これでバケツには退避メダカ1匹+大きめの針子3匹+専用容器内の針子6匹の計10匹がいる事になった。
ただ、大きめのメダカ3匹のうちの一番小さなものが見つからない。水草に隠れているのかな。
まさか油膜の除去でティッシュと一緒にゴミ箱に捨てられてしまったのか?まさかね。

釣りの結果は次の記事で
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

結局何だか分からない

Img_20190914_164938水の中で蠢いているものが何かを知るために、昔買ったインテルのQX3という顕微鏡を引っ張り出してみた。
しかぁ~し、これはWIN10には対応していないようで(ソフトを導入してから気付いた)、一向に動かず。
で、古臭いXPパソコンに入れ直して何とか見えるようになった。
が、元々オモチャに毛が生えたような代物なので、画素も粗いし倍率を上げるとピントが合わせ辛い(微調が効かない)。しかも写真を撮ろうと思ったらエラーでガクガクッ。
結局ハッキリ見えなかったので何だかは不明のまま。消化不良だなぁ。
 
他にも細かい何かが動き回っている。何だろう、メダカに悪影響はないと思うが
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

またも針子ハケーン!

毎日バケツと洗面器に浮かぶ油膜を取っているのだが、バケツには確か4匹(専用容器内除く)いる筈なのに、一番小さなのが見つからない。
ひょっとして油膜を取る際にティッシュにくっ付いて捨てられてしまったのか。
1回バケツに入れてある水草をどかして中をしっかり見る必要がありそうだ。
 
と思っていたら、水草退避用の洗面器に針子ハケーン!しかも2匹。
これは一体何処から?先日の水替えの際に水草も一部交換したのだが、その時に入って来たのかな。
いずれにせよ目出度い事に変わりはないので、早速専用容器に移動させよう。
 
いやいや、まだいたぞ。水草をどかして針子を掬っていたら、今まで見た中で一番小さな1匹を見つけた。計3匹。これらを全て専用容器に移した。これでバケツには退避メダカと針子8匹(バケツ内3匹と容器内5匹)の大所帯になってしまった。
 
P.S.更に驚いたのは、針子を探していたら、何やらもぞもぞ底を這っているような生物がチラホラ。これは何だ?メダカの餌になるのなら大歓迎だが、それにしてもこれも一体何処から出て来たのか?私は水草はカインズホームまたはジャンボエンチョーで購入していて、野にあるものを持って来てはいないのに、不思議でならない。空気中からやって来たのかも。
 
それにしても次から次へと湧くように増える針子、不思議でならない。
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

今日のタニシ

先日水槽からバケツに戻されたタニシ、1匹でバケツの壁に付いた苔?の大半を処理してくれている。
凄い食欲だ。水槽の方では大1匹と小1匹の計2匹がいるのに、壁と水草に付く苔?は一向に減らない。そうそう、極小エビちゃんんも3匹いたっけ。
何故かと考えたら、水槽は餌が豊富。水替えの際に毎回凄い食べ残しと思われる汚れが出る(餌は加減して与えているつもり)ので、苔?よりそちらの方が美味しいのだろう。
困ったな。予想外だ。今よりもっと餌を減らしても問題ないのかな。
 
しばらくしたら苔の付いた水草を交換しなければならない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧