2019年8月18日 (日)

今日のメダカ

今日はフィルター交換の日。
しかぁ~し、水槽をよく見たら、またも壁面に苔。更に底面フィルターのエアー通路には茶色のどろどろしたものがこびりついている。
で、フィルター交換の前にこれらを掃除。
それにしても、あのドロドロのものは一体何なのだろう。
ネットで見たら汚泥とかあって、これも水質保全に役立っているとかいないとか。
最近は餌をやり過ぎなのかも。
で、とりあえず除去。これは水槽内部の他のところにもあったので、苔を削ぎ取る際についでに除去。
更にタニシも苔を背負っていたので、これもゴシゴシと除去。ついでにレイアウトの石もゴシゴシ。
今は舞い上がったゴミを外掛けフィルターで吸い取っているところ。フィルターは最後のご奉公だ。
 
それにしても室内飼育は手間がかかり過ぎる。ちょっと考えを変えるかも
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

台風一過

昨日は被害に遭われた方々には申し訳ないが、特に何かあると言う事はなかった。

で、今日は釣りにでも出かけようかと思っていたら、台風前の状態に戻すべく簾を付けなおしたりその他もろもろをしていたら、時間が過ぎてしまった。
残念だが今日は釣りは止め。かなり暑くなっているので、止めた方が正解かも。
ただ、いつものT林さんとかはきっと竿を出しているだろうから、見に行けたら行くかな(これは実際には・・・)。

奇跡の針子1匹はまだ?元気だ。餌は普通のメダカの餌をやっているだけ。それが沈んでふにゃふにゃになったものを食べているのかもしれないが、とりあえず今のところは問題なさそう。
 
大事な事、昨日は終戦記念日だった。かの国では光復とか言うらしい。
寅さんの演説がややトーンダウンしたらしいといろいろなところに書かれているようだが、そんなの関係ねぇ~っ!
頭の中は何も変わっていない筈。気を緩めてはいけない。
 
明日はどうかな。行けるかな?
   ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

針子続報

プチパニックになって落ち着いて考える事が出来なかったのだが、何のためにブログを書いているのかがこういう時に分かる。
メダカのカテゴリーで調べると、7月16日に2匹を水槽からバケツに移動した(1匹はじきに☆になってしまったが・・・)のだが、その際に水草も一部移動したかどうかは記憶を辿っても不明。元々バケツにはあまり芳しくない水草を放り込んであったので。
でも、水草を移動させたとすれば、その際に卵がくっ付いていたくらいしか考えられない。
あとは一緒に移ったメダカと、瞬時ではあるが恋に落ちて子孫を残したのかもしれない。
いずれも想像の域を出ないが、とりあえず喜ばしい出来事なので、せっかく授かった子なのだから丁寧に育てて行こう。
 
他にもいるかどうかも調査しなければ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

針子誕生?

Img_20190814_155139さっきバケツの1匹しかいないメダカに餌をやろうとしたら、何やら小さなものが水面近くに動いていて、ヤバいぼうふらでも湧いたかと思っていると、メダカがそれを食べようとしているので、それならいいかと思いつつもよくよく見れば何と魚の形をしているではないか。
これはまさに「針子」か?
待てよバケツには1匹しかいないのにどうして生まれるのか。まさか処女懐胎(キリストか!)。
謎は深まるばかりだが、針子がメダカ(おそらくは親?)に食べられないよう、先日水槽のメダカのお腹に卵が付いているのを見つけた時にジャンボエンチョーで卵と針子の入れ物を買って来たので、それに移し替えたところ。
さあ、この先どうすればいいのか。餌は何をやればいいのか?それとまだ他に針子がいるのか?
バケツには水草が放り込んであるので、みつけるのは容易ではない。1匹はたまたま水面近くにいたし、メダカがそれを食べようとしていたので分かったに過ぎない。ひょっとして他は全て食べられた後かもしれない。

嬉しいのは嬉しいのだが、謎は深まるばかり
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

台風の影響なのか強風に悩まされて@増沢池

台風10号が迫っていて、水曜くらいから厳しい状況になるらしいので、今日を逃すと今週は竿を出せないかも。と言う事で、またまたやって来ました増沢。昨夜ちょっとしたトラブルがあって、今日はそれの対応をしなければならないのだが、それより大事なのが竿出し(オイオイ)。駐車場にはずらっとへら師の車。まずはいつもの場所が空いているか橋まで行って確認。よしよし、空いている。柳の木の奥はO合さんではなく別の人。その奥のワンドにはO合さん始めT林さんやI藤さんらしき人が見える。車にDscf1034戻り、荷物を降ろして池に向かう。おおっ、結構吹いているなぁ。汗ばむからだには気持ち良いが、釣りはやりにくそうだ。まずは底から行こう。竿は11尺でバラグルのセット。しかぁ~し、底取りが思うように出来ない。かなりシモるので、前回のトンボを参考にしてささっと合わせて開始は10時4分。ギリギリ10時に間に合ったとしておこう。しかぁ~し、予想していたとはいえ、ウキの流されはキツイ。右でウキを立たせ、正面で馴染み切るようにしたいのだが、私のアームでは難しそうだ。で、いつもながらの左にドンブラコ。相当な速さでウキが♪右から左へと流されるぅ♪(まだ謹慎中です)し、その際に底をなぞるので餌が落ちてしまう感じ。ウキが流されきったところで餌を切る、といつもより早めの餌打ちのインターバル。当然ながらウキに動きなし。ウキ下を微調してトップのシモリ具合を変えてみるが、あたらず。あっという間に30分が経過。もう少しこのままでやろう。と思っていたら、ウキが流されきって餌落ちの下まで返したところから弱くモヤっと入るDscf1035のに軽く合わせた(本人は空合わせのつもり)ら、何と掛かりました!これは素晴らしいが、もう少しちゃんとしたあたりは出ないのかと、欲張りは止まらない。ただ、時間的にはそろそろ午前中のGTかな。しかぁ~し、その後は3回あたりを見たが、2回はカラで1回はウキが立つや否やの消し込みでハリス切れと散々な結果しかなかったので、11時を過ぎて考えた。このままだと多分釣れないだろう。で、前にもやった記憶があるが、オモリを増やしてハリスを底に這わせる、いわゆる「ドボン」まがいにしてみた。オモリが遊動式になっていないのであたりが出るかどうか。ただ、マルキュー藤田さんのブログで、ドボンでもオモリは一緒に動くと書いてあった記憶がうっすらある(保証はありません)Dscf1036ので、きっと釣れると再開すれば、しばらくしてウキがビヨーンと返してトップの付け根まで出た!これは「食い上げ」!慌てて合わせればやった2匹目ゲットだ。よしよし、今度こそ午前中のGT、釣るぞ!しかぁ~し、ウキはその後2回消し込んだものの、全くかすりもせず。で、またも考えた。オモリが重すぎるのだ、きっと(倒置法)。で、追加したオモリを外してそのまま打ってみる、いわゆる何でしょうか「ハリスを這わせる底」か。すると、ウキはトップの付け根まで出てしかも流される。まあ当たり前と思っていたら、そのままズDscf1037ルッと入ったので合わせるとやった3匹目は11時半を過ぎている。これはこのやり方がいいのか、それとも単に時合なのか(おそらくは後者)。でもこのままでは絶対に流されるので、少しウキ下を調整して餌落ち付近まで馴染ませるようにしてみたら、12時近くになって流Dscf1038されきったウキがもぞもぞしていたので、まさかと思いながらも合わせると、やった4匹目ゲット。さあ、この調子でもう1匹。第2目標くらいは達成したいところだ。しかぁ~し、残念ながら12時のサイレンを聞いてもウキの動きは良くならず。そしてラス前にやった「上がりべら(終わる訳ではありません。念のため)」ゲットかと思ったあたりでは、引きが強くておかしいなと見ていたら、横向きに走っていてバラシ。そして最後の一投もカラで見事Dscf1039に終了させられた。時刻は12時12分。結果、午前の部では実釣2時間10分弱で4匹。あれだけ風・波が出る中ではまあまあではないか(自画自賛)。さあ、次は竿を9尺に替えて宙の予定。が、この風と波ではどうやら無理そうだ。でも、今日は持つダンゴを作ってやるだけやってみよう。その前にトイレタイム。向かう前に「粘麩」に水を加えておく。そして帰ってからそれにガッテン・天々・マッハを加えて混ぜれば持つダンゴの出来上がり。ついでに仕掛けも用意して、その後に昼食。そして少し深めの「たな」で開始は12時32分。今日のミッションはとりあえず1匹。しかぁ~し、予想外にウキが流されるので、じきに嫌になって10投くらいで宙を諦める。そして次にしたのが、「ナンチャッテ」底。しかぁ~し、これも餌が底に着いているにも関わらず、ウキが軽いせいか流される。で、それではと1時頃から午前の部でやったようにオモリを追加しての「ドボン」まがい。しかぁ~し、しかぁ~し、元よりオモリが少ないのでウキは止まらずシモッて沈没。で、で、それではと1時半頃に竿はそのままでウキと仕掛けを底のものに替える。これならオモリを追加すれば流されないに違いない。しかもオモリの巻きが悪くて遊動式?になっているのDscf1040で、これなら「ドボン」と言えるのではないか(それでいいのか?それでいいのだ!)。すると、何と言う事でしょう、しばらくしてウキがグッと入って1匹目ゲットだ。そしてトータルでの第2目標もクリアしてミッション完了!そうそう、柳の木の奥の先客は私の知る限り5匹を釣って静かに帰った。気が付かなかった。さて、目標もクリアしたのでもう帰っても良さそうだ。ただ、宙のつもりで作った餌はまだかなり残っている。これを打ち切って終わりDscf1041たいのが省資源釣法。すると、2時近くになってあたり!そして2匹目とだ。もういいでしょう、十分だ。で、残っている餌を丸めて一方は鈎に付けて打ち、他方は池に打ち込む。これくらいしないと餌はなくならないのだ。その後はウキはほぼ動かなくなり、2時32分に無事餌を打ち終える事が出来た。結果、午後の部では実釣ジャスト2時間で2匹。午後の方Dscf1042が風・波は強かったし(言い訳に過ぎません)、無駄な時間が多かったのでこの結果は仕方ないところか。トータルでは実釣4時間10分弱で6匹。前回よりは良かった。片付け。あっ、O合さんの姿がない。いつ帰ったのだろう。まあいい、片付けを終えて車に戻る。途中の階段は段差が低くしかも26段しかないのに、上り切ると息が弾む。何だこの体は?グッタリして荷物を積み込み、今日も今日とてベイシア詣でがあるので、さっさと池を離れた。
 
明日は梨を買いに行きたい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

今日のメダカ

あまりに暑くて冷房なしでは水槽の冷却ファンは機能しない。
そんな中、今日は水替えの日。
先日ちょっとだけやったのだが、そんなの関係ねぇ~っ!とばかりにプロホースで底を浚うと、出るは出るはの汚れ。
たった4匹の水槽なので、餌のやり過ぎなのかなぁ。それとも何処かに汚れの元があって、そこから絶えず汚れが発生しているのかも。
底面フィルターのチューブも汚れが出ているが、これは必要なものなのか。とりあえず取ってしまいましたが、何か。
ただいま外掛けフィルターで舞い上がったゴミその他を集めているところ。
来週には外掛けフィルターのフィルター交換がやって来る。ホント、掃除ばかりだ。
 
そうそう、1匹が抱卵しているのにやっと気付いた。これは間違いないが、一体どうすればいいのか。
隔離すべきなのか。もしそうだとしても、入れるものがない。また買い物になるのか?
いずれにせよ、このままだといじめっ子によって突かれて卵がやられてしまうのは目に見えている。
困った・・・。
 
バケツの1匹は最初は頭でっかちのひょろひょろだったのに、こまめに餌をやっていると少しずつふっくらしてきたみたいだ(個人の感想です)。
1匹では寂しいので、仲間を呼んでこようかな。
 
明日は竿を出せたら出しますと言いたいところだが・・・
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

遅く始めて焦りがあったか@増沢池

今日は通院後に増沢へ向かうつもりだったが、明日から医院がお盆休みになるので混み混み。で、増沢に向かったのがいつもより20分くらい遅れた。何とか10時半くらいに始める事が出来れば、それなりに楽しめると思いながらも、今日に限って信号でストップの繰り返し。駐車場着は10時を過ぎている。急いで車を停め、汗だくになりなDscf1025がら荷物を降ろして池に向かう。あれっ、柳の木の奥にO合さんがいないぞ。あっ、奥の方にそれらしき人が見える。しかぁ~し、そこまで挨拶に行く心の余裕はなく、さっさと準備開始だ。時間ばかり気にして、いつもと違って宙から入る。竿も11尺、餌もガッテン・天々と2種類だけ。そしてハリス長を22cm+32cmくらい(あくまで個人の見立てです)とし、開始は10時32分。ギリギリ間に合ったぞ。まずは餌の持ち具合を確認しながら、ウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返すと、じきにウキがモヤモヤ。ただ、あたりにならないのはいつもと同じ。何故かやたらと焦り出す私、とにかくウキが動けば合わせるという闇雲流で行くDscf1026が、当然ですが掛かりません。しかぁ~し、闇雲流も少しは役に立つようで、11時前に馴染んだウキが小さく力強く入るのに合わせたら、やった掛かりました!おおっ、サイズもグー。汗も引いて来て、さあ時刻も11時、午前中のGTいただきましょう。すると、確かに午前中のGTが来たのか、11時を過ぎて目にも鮮やかな消し込みでやった2匹目かと思いきや、やたらと暴れて何だかおかしいと思ったところに、向きがなぁ。そして「たも」に収めたところで鈎が外れた。これDscf1027Dscf1028はおそらくはスレでしょう。涙を呑んで?ノー・カウント。ただ、ウキの動きはまだなくならず、再度のズバッ!が出たものの、今度はハリス切れでガクガクッ。急いで交換して再開すると、何と連続してのあたりで2匹目ゲットだ。嬉しかぁ。しかぁ~し、12時近くにウキがズDscf1029ルッと入ればまたもスレでガクガクッ。腕だけが疲れる。そして虚しく12時のサイレンを聞く事に。開始1時間半経ってたったの2匹では、今日せっかく来た甲斐がない。何とかあと1匹、いや2匹と願いながらの餌打ち。すると、またもズバッというあたりが出て今度こそと思いきや、顔を拝んだ瞬間にバラシでガクガクッ×ガクガクッ。しかぁ~し、次の餌打ちで小さくウキが入るのに手をDscf1030出すと、やった掛かりました!サイズは放流チックになってしまったが、釣れてくれれば文句は言いませんよ。ただ、そこまで。餌を12時35分に打ち終えた。結果、午前の部では実釣2時間で3匹。竿は9尺の方が良かったのか、それとも餌か?疑問は尽きないが、時間がない。さっさと次だ次!予定では「トロ掛け」をやるつもりだったのだが、何故か急に両グルの宙をやりたくなった。Dscf1031で、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21・わたグル・新べらグルテンとお馴染みの配合。大体2時半くらいには終われそうな量を作った。そしてハリスを32cm+50cmくらいで「たな」はそのままで再開は12時40分。すると、何と言う事でしょう、すぐにウキが動き出したではないか。これは予想通りの展開か?しかぁ~し、残念それはブルーの仕業でした。やたらと細かいウキの動きに合わせ続けても、手のひらサイズとやや小さめの2匹をゲットすれば、早くもやる気がトーンダウン。それでも何かしなければとハリス長を2cmくらい詰めて再開すると、何と第一投でウキがズバッ!やったこれはへらでしょう、手応えが違うぞ。しかぁ~し、バラシでガクガクッ×ガクガクッ×・・・。するとそこから先はほぼ毎回のようにウキは動くのだが、肝心のあたりらしきウキの動きでは全くかすりもしない。更にお決まりの、次第にウキの動きが悪くなる展開でお手上げ状態に。1時半を過ぎたところで考えた。これはどうやら「ナンチャッテ」のお出ましが必要だろうと。で、ウキ下を少しずつずらしてウキの馴染み具合を(適当に)調整して再開すると、何となくウキが返している感じは分かるのだが、肝心のあたりは何処?2時を過ぎ、どうやら午後の部は寂しく凸まっしぐらと言ったところか。しかぁ~し、根性でウキDscf1032を見続ける私に神様のご利益があったみたいで、ウキが小さく弱く入るのに合わせたら、やったとうとう掛かりました!サイズもまあまあなので疲れも吹っ飛んだ気がしたが、残念その後はウキの動きもなくなって2時28分に無念の終了となった。未練がましく空鈎を打ってみるが、反応なし。結果、午後Dscf1033の部では実釣1時間50分弱でたったの1匹。まさにトホホだ。トータルでは実釣3時間50分で4匹。第2目標には届かず、しかも時間1匹の体たらく。ガックリして片付け。奥のへら師は先日同様早上がりしたようで、O合さんしかいないのか?分からない。片付けを終え、車に戻る。辛い。トイレに行きたいところをグッと堪えて(何故?)荷物を積み、今日も今日とてベイシアへ向かうべく池を離れた。
 
行かなかった事には出来ない私の性分
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

今日のメダカ

気が付かなかったのは私の落ち度、水草に苔?が繁茂していた。
これは水槽用のLEDライトを替えてからだと思われる。つまり明るくなり過ぎたのでは?と言う事。
餌のやり過ぎ?で養分が増えたのも原因かもしれない。
で、思い切って水草を除去・交換する事に。
ついでに水槽の壁をこすってみたら、こちらにも苔。
で、やるつもりのなかった掃除(水交換ではありません)までやる羽目になってしまった。只今外掛けフィルター稼働中。
迷惑なのはメダカ達だろう。環境がガラッと変わるのだから。
さっきジャンボエンチョーで新たな水草を買って来たところ。
フィルターの効果が出て来たところに投入するつもり。

バケツの水草は変化がないのに、水槽の方ばかりトラブルが起きるのは何故だろう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

相変わらず蒸し暑くて閉口@増沢池

今日も暑い。増沢以外の池は日陰になるところが少なく、特に引佐天池では直射日光を浴びるしかない(傘を差せばいいのだが)。で、なんだかんだ言っても増沢へゴー!駐車場にはへら師と思われる車が3、4台。さっさと不定期便を済ませてから池に向かうと、いつもの場所は直射日光が当たっている。傘を差したくないので、なしDscf1012でセッティング開始。へら師は対面に1人と、こちら日陰側には奥の深場塩ビ管付近に多分2名ともっと深場に1人を確認。台を据え、今日の仕掛け11尺の底を準備すると汗まみれだ。餌は両ダンゴだが、あまり食いが良くなさそうなので持ちを考慮してトロロの底釣り+夏とする。だらだらと汗を流しながらの開始は8時57分。すると、じきにO合さん登場。定刻だもんね。当然ながらいつもの柳の木の奥に入る。さて、打ち出したまでは良かったのだが、すぐに気付いた。ウキが最初から返している。いや、これは餌が抜けているのではないか。おかしいなぁ、持ちを良くするためにトロロの底釣りを採用したのではなかったのか。で、餌を指でかなりコネコネして付けて何とか持ちを確保。更にはウキ下を微調してDscf1013みると、あれっ、あたりらしきウキの動きもあるのかな。そして汗が引いて来た開始20分過ぎに、馴染み切ったところから小さくモヤっとしたのに反応したところ、やった早くも掛かりました!しかもサイズはグー。これは幸先良いぞ。ただ、今のようなあたりを取らなければDscf1014ならないとすると、今日はしんどそう。更に9時半を過ぎて、返したウキに誘いを掛けてみたらチクッ!で2匹目。これもそこそこのサイズだ。今日は明らかな放流と言うサイズは出なかったのがせめてもの収穫。しかぁ~し、鈎を呑んでいて外れず、暴れられて切られた(ガクガクッ)。急いで交換するが多少段差が変わった気がしてならない。すると、その後はウキが馴染んですぐに返すと、そこから先がない状態に。今日はいつものバラグルセットをわざわざ変更して両ダンゴでやっているのだが、このままでは状況は変わらないと踏んで、10時を過ぎたところで決断!何とここでグルテンを作る。もちろんα21+わたグルなのだが、少量の増加ではあっても、これで間違いなく午前中は底をやる事になる。それなりに結果を出さないと時間のロスで終わってしまいかねないので、これは大きな決断だ(大袈裟!)。しかぁ~し、待つ釣りになってじきの10時半をDscf1015Dscf1016またいで2匹を追加すれば、これは決断が正しかったか。しかぁ~し、しかぁ~し、時間的には午前中のGTになろうとしている筈なのに、ウキの動きがガクっと悪くなり、バラシ等で第2目標にはなかなか達せずイライラが募る。O合さんは竿は曲がるもののスレで未だ結果を出せずにいる。厳しいね。対面のへら師はいつの間にかいなくなり、代わっていつも対面浅場の人がやDscf1017って来た。暑い中ご苦労様ですとしか言いようがない。さて、4匹目から約40分の11時半近くになって、やっと第2目標をクリア。これ、本当にグルテンを作った意味があったのか?と今更ながら自問してみるが、午前中はもうこれで通すしかない。12時近くになってもうDscf10181匹追加したところで、どうやら底はお終いか。12時のサイレンを聞いても状況は変わらず、最後の一投も返したウキがズルッと入ってのバラシでガクガクッの終了。時刻は12時6分。結果、午前の部では実釣3時間10分で6匹。時間2匹ではなぁ。まあいい、次だ次。と、釣り台から離れたところで急にトイレに行きたくなってトイレタイム。帰ってから昼Dscf1019食を摂り、その後次の準備という、私にとってはいつもと違う手順となってしまった。これはあまり関係ないか(ハテ?)。さあ、O合さんからも上(宙の事)をやるのかと言われたが、その通りです。竿は9尺に変更し、餌はガッテン・天々・S-ブルー。本来は午前中と同期させるように「トロ掛け」をやるのが筋(どんな筋だ?)なのに、つい仕掛けの変更がない両ダンゴを選んでしまった。そして再開は12時26分。最近は両ダンゴであまりパッとしない状況が続いているので、何とそれを打開したいところではあるが、私のアームでは難しいのかもしれない。別の釣り方を選択すれば良かったとは、相変わらずのタラ・レバ。それでも餌Dscf1020を打ち続けるとそれなりにウキが動くようになり、1時を過ぎたところでズバッ!とウキが消し込んで1匹目は嬉しいの一語。どうだろう、何とか単独で第2目標を超えるようになりたいが、まずはトータルでの第3目標クリアを目指すのが順当ではないか(それでもあと3匹はかなりキツイ)。すると、まさに予感通りウキは動くのにあたりにはならずの状態が続Dscf1021く。1時半を過ぎたところでやっとズバッ!が出て2匹目ゲット。O合さんも午後になって竿が曲がるようになって来た。しかぁ~し、私の釣り座は再び直射日光の餌食となって暑い!早く餌を打ち終えて終わりたいのはマウンテン・マウンテンなのだが、それには結果を出さないといけない。まさに板挟み。ここでも底と同じようにバラシで数を増やせず2時となってしまう。が、時間的には午後のGTが来たのか、2時を過ぎたところでまたもズDscf1022バッ!で3匹目。これで一応目標にはあと1匹となったが、それまでを考えると状況はなかなか厳しそうだ。奥の方は何故か帰り始めたようで、へら師は対面場所を変えて看板横に入った1人と我々2人の計3人となってしまったみたいだ。何故かな、これからゲリラ豪雨でも来るのかな。さて、午後のGTかもと思いきや、その後はウキの動きが弱くてあたらDscf1023ず。まあ、餌を切ればいいかと思っていると、3匹目から10分ほどでズバッ!が出て4匹目。今日はあたりは全てズバッ!で気持ち良く釣れたのが嬉しい。さて、これで今日の目標はクリア出来た。こうなるともう1匹釣って単独での第2目標と行きたくなるのは人情。しかぁ~し、予定は終了とばかりにウキが動かなくなり、最後の一投もカラで虚しく終了となった。時刻は2時26分。結果、午後の部では実釣ジャスト2時間で4匹。う~ん、5匹Dscf1024の壁は今日も破れなかったか。ただ、トータルでは実釣5時間10分で第3目標に達したので、とりあえずは良かったとしておこう。片付け。それまでは涼しく?釣りが出来ていたのに、片付けを始めると汗がどっと出て来た。そしてO合さんに挨拶して車に戻ると再びの汗まみれ。辛いなぁ。ここはさっさと帰宅してシャワーでも浴びたいところなのだが、その前にベイシア詣でがある。顔の汗ぐらいは拭いてさっさと池を離れた。
 
ホント、熱中症で倒れないのが不思議なくらいの暑さだ。それにしてもへら師の面々は大したもんだなぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

アクセス数低迷

最近アクセスがグッと減っている。
メダカの記事が良くないのか。それとも釣り日記が増沢ばかりで飽きられたか?
かの国の事を載せると一時的にアクセスが増えるのだが、そればかりでは嫌韓(知韓ともいう)ブログになってしまうので本来の趣旨とはかけ離れてしまう。難しいところだ。
 
明日は竿を出したいが、増沢以外で何処に行けばいいのか
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧