2018年9月23日 (日)

CRAFT COFFEE

Img_20180923_210237今日は草刈りの日だったが、全く行く気にならず欠席。関係各位には申し訳ありません。
さて、「ハイ食材室」というところで新製品の「CRAFT COFFEE」とやらを購入した。3種類2本ずつ計6本。1本250mlで大体400円だから、結構な値段だ。
早速いただいてみたが、鉛の舌もまあまあと言っている。写真はコロンビア サントゥアリオ」。
 
足の具合が一向に改善しない。今後どうすればいいのか
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

テンションだだ下がり

今月に入ってから、家人の送迎、更には私の体調不良により通院日数も増えた上に天候不順で竿を出す機会がかなり減った。前回の釣行からは一週間以上が経過している。
いつもなら早く竿を出したいとうずうずするのだが、何故か気持ちが逸らないのだ。
いつかKさんが言っていたように、一旦竿を出すのを止めると、そのうちどうでも良くなってしまうと言うのがピッタリしている感じ。
こんな事は過去に何回かあったものの、何とか脱却して現在に至っているが、今回は何となく今までとは違うように思えてならない。
今も通院帰りで何とかこれを書いている。

しばらくは釣り以外の記事で埋めて行くしかない?
    ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

今年の目標

最近は天候不順に加え、自分の通院その他、更に家人の送迎等も増え、なかなか竿を出しにくい状況になって来た。
このままでは年間釣行100回という目標は達成が難しそうだ。
私は2000年にヘラブナ釣りを始めたのだが、データによると年間の釣行が100回に満たないのは開始年(この時は開始が5月を過ぎていた)と足首を骨折した2013年の2回だけ。それが、特に大きな問題もないのに8月終了時点で70回に達していないのだ。しかもエヴリデイ・アングラーなのに。
今後気持ちを引き締めていかないと、何もないのに目標未達という事になりかねない。
まあ、他の人からしたらどうでもいい事だけど。

明日は行けそうか?なかなか難しい
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月12日 (水)

雨へのトラウマで早逃げ@増沢池

昨日は好天でも用事があって竿を出せなかったので、今日は曇りで晩から雨との予報でも出掛けました増沢。いつもより早めに家を出たつもりだったが、池に着いたのは8時半過ぎ。既にあたりさわりグループは来ているようで、それなら今日は「かつての」いつもの場所にでも入ってみるとするか。もしⅠ藤さん2号がいたら旧爆釣ポインDscf9567トで。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、まだ雨は残っているのか水が流れている。池は泥色で風が出ている。水量はやや多い感じ。気温が上がらなくて秋みたいだ。さあ準備しよう。深場ワンドで13尺を出せば根掛かりせずに底釣りが出来るなぁと思っていたが、ここなら12尺でも良さそうだ。餌は夏・冬・天々(マッハを切らしているから)のバラケとα21・わたグルのバラケ。ささっと底を取っての開始は9時10分。うわぁ、やっぱりウキが流されるなぁ。でも、何となくウキが返しているようにも見えるぞ。しばらく打ち続けると、ウキが餌落ちまでグッと戻した。あたれ!と祈るが残念。その後もウキは馴染んでから1目盛くらい返す事がしばしば。そして遂に餌落ち付近まで返したウキが黒帯くらいのチクッ!やったと合わせるものの、カラでガクガクッ。とにかく今日はそれらしいウキの動きもかなり少ない上に、合わせても合わせてもカラ。しかも、10時にあとわずかという時間にやっとあたりに合ったかと思えば、お約束なのか小さなブルーが掛かって来てガクガクッ×ガクガクッ。体調も芳しくないので、かなりやる気がトーンダウンしてDscf9568いる。それでも10時を過ぎて、かなり左に流されたウキが、シモリながらもスッと入ってやった1匹目ゲット!う、嬉しかぁ。見れば奥の方にはⅠ藤さん1号らしきへら師が竿を曲げている。対面看板横の先客も。私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳かと思っていたので、本当に嬉しいのだ。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、ウキが馴染んですぐのムズッ!ではスレバラシ。すると、ウキの動きDscf9569が一気に悪化(トホホ)。それでも10時半を過ぎて、そろそろ午前中のGTかなと思っていたら、馴染んで返して小さくチクッ!が出ましたよ。やった2匹目。すると、次の餌打ちでも馴染んですぐのチクッ!やった連荘?しかぁ~し、またもやブルー。最近になって、ブルーがかなり岸から離れたところまで餌を取りに行くようになった感じ。これは深場ワンドでもあった。更にしばらくしてのあたりでは再びのブルー。遂にブルーがへらを追い越してしまった。そして午前中のDscf9570GTなどもっての外と言う感じで餌が尽きたのは11時9分。結果、セットの底では実釣2時間で2匹。まさにトホホだ。Ⅰ藤さん1号らしきへら師は、私が見る度に竿を曲げている感じで、対面の先客もポツポツ。アームの差が歴然で辛かぁ・・・。さあ、気分を変えて次だ次。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。両ダンゴの宙をやる。餌はへらスイミー・ガッテン・マッハ。ささっと早めの昼食を済ませ、「たな」は前回のままで再開は11時23分。しかぁ~し、何故か風・波が強くなってウキの視認性がかなり悪くなった。予報では雨は6時過ぎとなっているので、まだ大丈夫と打ち続けると、時折馴染んだウキが入るように見えて合わせるのだが、全く手応えなし。「たな」を上下しても同様。あっという間に12時のサイレンが鳴り響く。で、両グルでは必ず1回はトライする「ナンチャッテ底」をやってみると、ウキが馴染み切る手前で小さく入っているように見える時があって、とりあえず合わせるがカラ。しばらく打っていたものの、次第にウキが動かなくなって来たので、何を思ったのかハリスを25cm+35cmくらいから35cm+50cmくらいに伸ばしてみる。もちろん餌は持ちを良くするようにコネコネ。しかぁ~し、特に変わりなく、「ナンチャッテ底」を諦めて「たな」を適当にセットし直して宙に戻す。さあ、まだ餌はあるのでラストスパートだ。しかぁ~し、しかぁ~し、白波の中泡付けが出ているように見えたのだが、これがどうやら雨粒。ゲゲッ、雨?確かに雨が落ちて来ている。まだ本降りにはならないが、一応スマホの Y!天気で確認すると、朝にはなかった筈の雨雲がじきにこの辺りに次々とやって来るではないか。これはもう撤収でしょう。何と言っても大楽地の件以降、雨にはからっきし弱くなっている私なのだから。餌を捨て、Dscf9571片付け開始は12時54分。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間半で凸。トータルでは実釣3時間半で2匹。これは何だろう、ほぼ凸と言ってもいいか(そんな事はない)。見れば奥の方でⅠ藤さん1号も片付けている。何と言っても雨にはトラウマがあるので、焦る。何とか片付けを終え、車に戻ればまずはホッ。さあ、今日もベイシア詣でと行きたいが、雨は大丈夫なのか。とりあえず車を走らせると、店の正面が空いていたので、そこに停めれば万が一ザアザア降りになっても凌げるだろう。と言う事で、今日は早逃げの釣りでした。
 
明日の事を思うと、またもや憂鬱になってしまう
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年9月11日 (火)

明日は行こうかな

このところ、体調不良に加えて天気が悪く、更には家人の送迎があって出掛けられなかった。
幸い明日は何も予定がなく、天気も持ちそうなので、増沢にでも行こうかな。
明後日は通院に加えて検査もあるし、それに家人の送迎更には天気も悪くなりそうで、今週は明日しかなさそうだ。
日曜にはザわさんの所属するビッグバンドのライヴがあるので、体調は出来るだけ良い状態で行きたいところ。
 
かなり気持ちはブルーになっているが、せめて竿をだすくらいは・・・
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年9月10日 (月)

今日も雨

このところずっと雨。今週中も雨で竿が出せるかどうか。
かと言って、家に籠っていても仕方ないと、どこかに出掛けた方がいいのかもしれないが、残念ながら気持ちも盛り上がらず。
で、結局は家にいる。
そうだ、ハリスを巻こう。すっかり忘れていた。
これくらいしか思い付かないが、まずはやる事が見つかって良かった良かった。
 
って、それでいいのか(それでいいのだ!)
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

体調がすぐれない

このところずっと体調不良が続いている。
釣り日記にはあまり書いていないが、釣りの最中も実はしんどいのだ。
腰から来る足の指先の痺れ以外にも様々な症状が出ている。
で、気分まですぐれない。単に夏バテとはいえない気もする。
明日は通院日だが、その後釣りをしたいようなしたくないような。
 
頑張って竿を出してみようか
    ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木)

やはり両ダンゴは難しい@増沢池 with いつものへら師

今日の朝3時頃に北海道で大きな地震があり、亡くなった方もおられるような被害が出ている。原発は今のところ大丈夫らしいが、早く停電を復旧させないと福島の二の舞になってしまう。

そんな中、不謹慎と言われるかもしれないが、今晩からしばらく雨が続くとの予報に、我慢出来なくなって増沢へゴー!駐車場にはKさんの車があるが、はてさて何処に入っているのかな?私は最近お気に入りになっている(帰りが意外と楽)深場ワンドへと向かう。正面にはいつも通りK林君の釣り座があるが、いない。下りて行くと、右に先客が2人いて、そちらで談笑?している。挨拶して私は「最近の」いつもの場所に入る。あっ、Kさんは対面にいた。曇っているとはいえ、大丈夫か?さて、今日はどうImg_20180906_091816Img_20180906_091751_2しようかな。湖面は凪いでいてウキの視認性は問題ないが、まずは9尺で「トロ掛け」と行こう。と言うのは、まず9尺宙の仕掛けが「トロ掛け」になっているから。更には前回「トロ掛け」で調子が上がりつつあった(個人の感想です)のに、雨の気配で撤収したので悔いが残っているから。餌はガッテン・天々にトロロ。「たな」は前回より深めに取っての開始は9時25分。しかぁ~し、バラケが持たない感じなので、天々を追加。すると、3投目でウキがグッと入り、やったと合わせるが残念スレたようでハリス切れ。クーッ。急いで交換して再開すると、ウキはまだ動いているぞ。しかぁ~し、先に竿を曲げたのは両ダンゴのK林君。今日もやられたか。しかも、モヤモヤするウキのDscf9550動きから選んで合わせたつもりがブルーでガクガクッ。それでもウキが馴染んでから小さく入るあたり?で9時半過ぎに1匹目ゲットだ。そうそう、こうでなくっちゃ。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、ここからが今日のハイライト?あたってもあたっても掛かるのはブルー。何と5連荘で早くもやる気がトーDscf9551ンダウンだ。9尺は失敗だったか。竿を12尺くらいに替えてブルーの攻撃から逃れた方がいいのかも。とか思いながらも面倒で続行すると、続行は正解だったようで、10時近くに2匹目。と、ここでO石さん、T林さんが続けてやって来て、それぞれ指定席に入った。さて、私のウキは動いてはいるのだDscf9552Dscf9553が、その後もブルーとへらを交互にゲットして、4匹目は今日一番のサイズ。時間的にも午前中のGTか。しかぁ~し、続いてのブルーが鈎を呑んでいて、これを外せずハリス切れ(ガクガクッ)。急いで交換したが、ハリス段差がそれまでより多少短くなってしまった感じ。でDscf9554もそのままで続行だ(オイオイ、段差が大事じゃなかったのか?)。すると、やはりウキの動きが悪くなったような気がしたが、今日はあまり段差に拘らなくても良かったようで、11時前に5匹目。やった第2目標クリアだ。ただ、やはり段差が気になって仕方なく、結局上ハリスを詰めて段差を広げると、Dscf9555Dscf9556今度こその午前中のGTで、11時から11時半までの30分間に、あたりに合って5匹を追加。見事第3Dscf9557Dscf9558目標もクリアして、気持ち良かぁ。しかぁ~し、そこからバッタリとなってしまい、代わってK林君がDscf9559次々と竿を曲げ始めた。クーッ!PART2。そしてそのまま数を増やす事なく、11時56分に餌が尽きて無念の終了。ラス前オーラスと消し込みが出たが、もう1匹は釣りたかったなぁ。結果、「トロ掛け」では実釣2時間半で10匹。いつもなら万々歳なのだが、最後が尻すぼみでちょっと・・・。まあ、それはそDscf9560れ。ささっと昼食。Kさんは12時のサイレンが鳴る頃にはいなくなっていた。その後岡ジャミに現れなかったので、釣れたかどうかは不明。さあ、次はどうしよう。両ダンゴでやりたいが、ブルーのオンパレードは御免被るので、ここは竿を12尺に替えよう。餌はガッテン・天々にへらスイミーを半量。「たな」は9尺の時をおもいだしながらセットしての開始は12時9分。時間帯なのか、皆さん竿が曲がらなくなって来た。そんな中、最初からポツーリポツリと底で釣っているO石さんは周りの様子には無関係のようだ。さて、餌打ちを始めると、じきにウキに動きが。ただ、掛かるまでは分からない。ブルーも充分ありうるから。すると、開Dscf9561始10分経たないうちにグッとウキが入っての1匹目。よしよし、この調子なら両ダンゴでも行けそうな気がするぅ~♪しかぁ~し、見ると上鈎がない。ハリス切れでなく、巻いた部分が抜けた感じ(オヨヨ・・・)。もうハリスがあと2本しかないのに、これか。急いで交換するが、ひょっとしたら久し振りの現場施工もあるかもね。それでもウキはモヤモヤから時折あたりらしき動きを見せ、12Dscf9562Dscf9563時半を過ぎて2匹を追加。これは素晴らしい。餌が良かったのかな。しかぁ~し、次のあたりでバラすと、そこから先はウキはそれまで通りにモヤモヤするものの、全くあたりらしき動きにはならず。更に、たまにそれらしき動きになっても手応えなし。一気に状況が悪化してしまった。T林さんからもウキの動きが悪いと言われ、私の対応は餌に手水と混ぜ混ぜだけ。次第に餌が粘って来たのが良くないのは重々承知だが、何かを足したりしないのが省資源釣法(キリッ!)。そのまま打ち続ければ、まさに餌打ちマシン。あっという間に1時を過ぎ、更に1時半。右の先客2人は帰っている。ここで、K林君とT林さんのフォレストコンビの「たな」がかなり深いのに気づく(今頃かよっ!)。で、右へ倣え(左Dscf9564だけど)と一気にウキをずらしてみる。すると、何と言う事でしょう、再開第一投でウキがモヤモヤしながら入り、そこからのチクッ!で、やっと出ました4匹目。これは嬉しいでしょう。T林さん曰く「エレベーター現象」との事。ただ、これは続かないのが一般のようで、その後もウキは動くがあたらず。で、1時50分に餌を打ち終えて両ダンゴは終了。結果、両ダンゴでは実釣1時間40分で4匹。トータルでは実釣4時間10分で14匹。やはり両ダンゴは厳しかった。まだ時間に余裕はあるものの、気持ちが付いていかないので終了だ。片付け。今日もへら師Dscf9565Dscf9566は少なく、私を含めて7人。昨日見に来た時には4人。その前、先週の金曜には7人。2桁にはならない。やはり他の池に比べて釣れないのだろうか。片付けを終え、しばらくT林さんのウキを見ていたが、「止め」が出てからモヤモヤと入って行くまではバッチリなのに、馴染む頃にはモヤモヤしかなくなっている感じ。難しいね、両ダンゴ。お三方に挨拶して車に戻る。さあ、今日もベイシアに行くとするか。さっさと荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
深い「たな」も面白いが、餌を持たせるにはどうすれば?
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

台風一過の増沢

昨夜の雷雨が嘘のように静かな朝を迎えた。
湿気がムンムンしている中、家人を医院に送った後、気になっていた増沢の様子を見に行った。
駐車場には数台のへら師と思われる車。
深場ワンド方面に下りて行くと、いつものようにK林君が竿を出している。
へら師はK林君の左に1人と、右に2人。多分Ⅰ藤さん1号ともう1人。
Img_20180905_093331Img_20180905_093339それと、対面看板横にも1人いる。暑そうだ。
水は思ったほど濁ってはおらず、また水嵩も普通だ。本当に雨が降り注いだのかと思うくらい。
ただ、雨でへらが散った(オーバーフローから落ちた?)のか、ウキの動きが悪いようで、K林君の左の先客の竿が曲がったが、ブルーだった。
そうそう、先日はあれから雨はすぐに止んで、6時頃まで大丈夫だったと聞いた。
汗も滲むし、これから散髪に行くのでまた宜しくとその場を去った。
 
明日は出来るかな?週末は雨だし・・・
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2018年8月31日 (金)

止める勇気なのか、それとも単に釣れないからか@増沢池 with 深場ワンドの皆さん and 竿を出さずに帰ったKさん

今日はまだ天気に余裕があるので、月末と言う事もあるし出掛けました増沢。本当は大楽地にでも行こうかと思っていたのだが、結局いつも通り。駐車場に着くと、車は少Dscf9540ない。Kさんの車ハケーン。さて何処にいるのかな。今日は最初から深場ワンドに入ろうと思っていたので、さっさと荷物を降ろして池に向かう。予想通りK林君が坂の正面。あとは見える範囲で3人いるが、Kさんは何処かな?荷物をいつもの場所に置き、先客に挨拶しながら「かつての」いつもの場所方面へと移動。「かつての」いつもの場所にはいつもの人。挨拶して様子Dscf9541を訊くと、良くないようだ。ただ、泡だけは出ている。と、正面日向側坂の下に1人と、そこに岡ジャミしているのはKさんではないか。どうやら日向側でやるつもりだったようだが、岡ジャミに化けている。さて、釣り座に戻って準備だ。今日は終日曇りと予報にあるが、晴れている。風は少し出ているが、これくらいがちょうどいい感じ。さあ、竿は9尺で両ダンゴの宙から行くとしよう。餌はガッテン・天々に、古くて効果があるか不明の「粘りの素」をパラパラ。さあどうか?「たな」は前回のままで開始は9時3分。と、第一投からウキがモヤモヤ。う~ん、ちょっと餌が持たない気がする。で、数投後にマッハを追加してボソタッチに変更。すると、ウキの馴染みはしっかり出るようになるが、動きはそれほどでもない。Kさんがやって来て岡ジャミ。昨日は柳の木のところで3時間で8匹。まあまあじゃないですかと言うと、いやいや釣りにならなかったとの事。それでは8匹くらい釣って喜んでいる私の立場は・・・。対面坂の下のK子さんは「ドボン」で既に20匹近くをゲットしているらしい。暑さを堪えればそういう結果もあるのか。さて、しばらく打ち続けると、1回だけかすった。しかぁ~し、先に竿が曲がったのはK林君。流石です。私もあたりらしきウキの動きに合わせてるんだけどなぁ。Kさんは9時40分頃に帰った。岡ジャミDscf9542お疲れさまでした。餌にはいつものように手水とガサガサ(かきまわす音)。と、10時近くになってやっとあたりに合いました。やれやれ、凸でなくなったぞ。周りにへら師がいると、緊張してしまう私。今日の目標を達成した(オイオイ)のが嬉しくて嬉しくて・・・。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、そんなにDscf9543簡単に釣れる筈もない。見えないが、いつもの人は帰ったんだろうなぁ。その後もウキは動き、時折あたりらしき動きも見せる中、10時半近くになって2匹目。更に気が楽になった。ただ、その後はウキの動きが芳しくなくなって10時45分に餌を打ち切った。結果、第1ラウンドでは実釣1時間40分で2Dscf9544匹。ここは風の通りがいいので、汗も早く引く。さあ、次はどうしようか。前回と同じく両グルを小一時間やってみるとしよう。餌はα21・わたグル。時間をおかずに開始したところへ、今日はやや遅めのご出勤のT林さん登場。まずは亀に餌やりタイム。さて、私の方はすぐにウキが動き出したまでは良かったのだが、その後が良くない。両ダンゴと同じハリス長なので、アピールがやや足りない感じだ。で、オモリの位置をずらして疑似的にハリス長を10cmくらい長くしてみると、ウキの動きが一変。馴染んだ後に誘うとズバッ!まで出るが、一向Dscf9545に掛からないのはそれまでと同じ。それでも合わせ続けると、開始して1時間近く経った11時半過ぎにようやく1匹目。う、嬉しかぁ。ひょっとして午前中のGTが来たかも。が、餌がもうない。最初から小一時間と決めていたので仕方ないが、11時54分に餌を打ち切ってしまった。結果、第2ラウンドでは実釣Dscf95461時間余で1匹。午前の部では実釣2時間50分で3匹。前回は両グルでもう少し釣れたのだが、まあこんなものだろう。一旦休憩して昼食。それから次は「トロ掛け」だ。ハリスを縮め、段差は5cmないくらい。餌はガッテン・天々(実はマッハを使い切ってしまった)のバラケと、これまた今日で使い切りのベイシアのトロロ。大分古くて繊維が短そうだ。「たな」は変えずに再開は12時のサイレンが鳴ってじきの12時4分。すると、じきにウキが動き出したのにはビックリ。そしていきなりの消し込みまで出るが、残念掛からず。そうこうしているうちに、どうもトロロの持ちが悪いような気がして来た。あたりそのものが減って来たのだ。そしてかすかにスレる事数回。私の右にいた先客は帰った。なかなか厳しい状況の中、ポツポツと竿を曲げていた。さて、いつもとは逆の展開ではないかと思いつつ、少し「たな」を上げてみると、ウキの動きは多少良くなったものの、あたりらしき動きはDscf9547見せない(見過ごしているのかも)。で、再び「たな」を深くして、更にハリス段差を広げてみる。すると、これが功を奏したのか、ウキが馴染む途中でのズバッ!でやった1匹目は12時40分を過ぎている。まだまだ行けそうだ。すると、ほどなく馴染み切ったウキがスバッ!やった2匹目ゲット。しかもちゃんとDscf9548トロロを食っている。対策が実ったか。これでトータルでの第2目標もクリア!なかなか厳しい中(個人の感想です)、よくぞここまで来たもんだ。しかぁ~し、K林君とT林さんから、雲行きが怪しいというお言葉。そう言えば先客が帰る前から時折ゴロゴロという音が鳴り響いていたのを思い出した。確かに上空には黒い雲が。何となくヤバイ雰囲気ではある。Y!天気で雨雲の様子を見ると、Dscf9549引佐インター辺りにかなりの雨を降らせそうな雨雲があって、結構な速さで東に進んでいるではないか。お二人は撤収(K林君は雨が止めば再開らしい)の準備。私も今はウキの動きが良くなってはいるが、そんなに釣れている訳でもないので、これは「止める勇気」とはちょっと違うものの、12時58分に片付け開始。結果、午後の部では実釣50分余で2匹。トータルでは実釣約3時間40分で5匹。私的には急いで片付けを終え、先に片付けを済ませたT林さんの後を追うように、雨が来る前にと車に戻る。すると、何と言う事でしょう、車に荷物を積むタイミングで大粒の雨が落ちて来た。まさにジャストタイミング~(グー・グ・グー)。さっさと荷物を積んでベイシアへと向かった。までは正解だったのだが、ベイシアから出て来たら、ピーカンになっているではないか。わずかの我慢だったか。でも、今更竿を出すなんて絶対に出来ない!で、そろそろと家路に就く私だった。
 
今夜は猛烈な雨が明日の朝まで続くらしい(あくまで予報)
    ↓        ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧